TED日本語 - デヴィッド・スタインドル=ラスト: 幸せになりたいなら、感謝しよう

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「私たち全ての人間に共通することは、幸せになりたいという気持ちを持っていることだ」と、修道僧であり諸宗教の研究者であるデヴィッド・スタインドル=ラストは言います。「幸せは感謝の心から生まれる」と彼は説きます。ゆとりを持ち、自分の方向性を見極め、そして何よりも感謝の気持ちを持つことについて、彼の教えが心に響きます。

Script

皆さんは 私について それも とても個人的なことで知っていることがあります 私もまた 皆さんについて 知っていることがあります 皆さんの関心事の中でも特に重要なことです 私たちには知っていることがあります 世界のどこで出会った人であれ 道ですれ違った人であれすべての人について その人が何をしていようと 何と闘っていようと その原動力となっているものを知っているのです それは私たち皆が持っている― 幸せになりたいという気持ちです これは皆 同じなのです 幸せをどのように考えるか その考え方は違っても 幸せになりたいという気持ちは 私たち皆が共有しているものなのです

さて 本日のテーマは感謝の心ですが 幸せと感謝の心には どんな関係があるのでしょうか? 多くの人が言うでしょう「そんなの簡単だ」 「人は幸せな時に感謝をする」 でも もう一度考えてみてください 幸せな人が感謝しているというのは本当でしょうか? 幸せになるために全てを手に入れても また別の物や もっと多くの物を欲しがるために 幸せでない人が 大勢いるということを 私たちは皆 知っていますね 私たちは また 誰もが決して望まないような不運を たくさん背負っていながら 心の底から幸せな人たちを知っています 彼らは幸せに溢れていて驚かされます なぜでしょう? 彼らに感謝の心があるからです 幸せが 感謝をもたらすのではなく 感謝が私たちを幸せにしてくれるのです もし 幸せが感謝をもたらすと考えているなら 考え直してください 感謝が私たちを幸せにしてくれるのです

さて それでは 感謝とは一体 何なのでしょう? どのような仕組みで起こるのでしょうか 振り返ってみてください 皆さん 経験から心当たりがあるはずですよ 誰でも 自分にとって 貴重な体験をしているものです とても貴重である経験が 与えられているという ありがたい組み合わせなのです 貴重であると同時に 真の授かり物でなくてはなりません 買った訳ではなく勝ち取ったのでもない 取引や努力で得た訳でもない あなたに授けられた物です この2つが同時にやってきたとき 自分にとって本当に貴重で しかも それが無償で与えられていると気づいたとき 私の心に自然と 感謝の気持ちが 湧いてきます 幸せの感情も自然と湧き上がってきます 感謝の気持ちはこのように起こるのです

ここで重要なことは このような経験は稀である必要はなく 感謝が単なる経験である必要もないのです 感謝の気持ちを持って生きることができるはずです 感謝して生きるそれなのです では 感謝して生きるにはどうすればいいのでしょう? 一瞬一瞬が授けられているのだと 体感し 意識することです 授かり物です勝ち取ったのではありません そこにあなたの力は働いていません その瞬間がまた与えられる保証は どこにもありません しかし それこそが私たちに授けられた もっとも貴重なものなのです この一瞬に すべての可能性が秘められているのです もし 今この瞬間が なかったとしたら 私たちは 何の機会も与えられず 何も経験できません この一瞬は 授かり物なのです 授けられた瞬間なのです

この授けられた瞬間に秘められた贈り物― それは「機会」です 本当にありがたいのは与えられた事物ではなく その機会なのです もし その物が別の所にあって それを楽しんだりそれで何かをしたりする 機会を得られなかったら 感謝の気持ちは持てないのです 機会は すべての授かり物の中に存在します こんな諺がありますね 「逃したチャンスは戻って来ない」 もう一度 考えてみましょう 一瞬一瞬が新しい授かり物で何度も繰り返されます もし この瞬間の機会を逃しても 次の瞬間が与えられまた次の瞬間がやってきます この機会を利用することもできれば 逃すこともできます もし その機会を生かすことができれば それが幸せへの鍵となります 幸せへのマスターキーを しっかり つかむのです どの一瞬にも 授かったことに対して感謝できます

では 私たちはいかなることにも感謝できるでしょうか? それは 無理です 暴力や戦争 迫害や搾取には感謝できません 個人的なレベルでは 友達を失うことや裏切り 死別などに感謝はできないでしょう すべてに感謝できる訳ではないとはいえ― 与えられた全ての瞬間に秘められた機会には 感謝できるのです たとえ 非常に難しい状況に 直面したとしても その難局に立ち向かい 与えられたその機会に応えることができます 意外と悪くないものですよ 実際に見て 経験すると 大抵の場合 与えられたものは 楽しむ機会なのだと気づきます それを逃してしまうのは 人生を急ぎすぎて 立ち止まらずその機会を認識していないからです

しかし 時には 大きな困難に襲われることもあります そんな時は その困難という機会に立ち向かうことが課題なのです 痛みを伴うこともありますがそれを学ぶことによって 立ち向かえるようになります 例えば 忍耐を学ぶということです 平和への道は 短距離走ではなく マラソンのようだと言われます 忍耐力が必要で 難しいことです それは自分の意見や信念のために 立ち上がることかもしれません その機会が私たちに与えられているのです 学ぶ 耐える 立ち上がる その機会が与えられているのです でも機会は機会でしかなく 私たちが称賛するのは その機会を生かす人たちです 機会を生かし― 人生を意味あるものにしている人たちです 失敗しても次の機会が与えられます いつでも次の機会があるのです これが人生の素晴らしく豊かなところです

では どうしたらこの素晴らしさを 生かせるようになるでしょうか 私たち一人ひとりが感謝して生きる方法は どうすれば見つかるのでしょう たまに感謝するのではなく 一瞬一瞬に感謝する方法です どうすれば良いのでしょう とても単純な方法です 実は子供の頃に良く言われていた簡単なことです 横断歩道を渡る時に習いましたね 止まる 見る 進む それだけのことです しかし私たちはめったに立ち止まりませんね 私たちは人生を駆け抜け止まらないのです 止まらないために機会を逃します 立ち止まらなくてはなりません心を静かにするのです 私たちは人生にも「とまれ」の標識を 立てておかなければなりません

数年前 私はアフリカに滞在して 戻ってきてから 水に気を留めるようなりました 私がいたアフリカの地域には飲める水がありませんでした 蛇口をひねるたびに 胸がいっぱいになりました 電気をつけるたびに とてもありがたくて 幸せを感じました でも その感覚は長続きしません そこで 電気のスイッチと蛇口に シールを貼りました 蛇口をひねるたびに「水」を意識するためです やり方はそれぞれです思いつくままに 自分に合う方法で構いません とにかく皆さんの人生に「とまれ」は必要なのです そして 立ち止まったら 次は 見ることです 目を大きく開いて よく見るのです 耳を澄まし嗅覚も研ぎ澄ましましょう すべての感覚を大きく開いて 与えられたこの素晴らしい豊かさを受け入れましょう 終わりはありません 与えられた物を楽しむ それが人生なのです

すると 心も開くのです 与えられた機会に心を開きましょう 他の人を助け 幸せにする機会にも心を開きます なぜなら 私たちにとって一番の幸せは 皆が幸せであることだからです 機会に心を開くと 行動につながります これが3つ目です 止まる 見る そして進むつまり行動に移すのです 私たちにできることは 今この瞬間私たちに与えられているのです 大抵は楽しむための機会ですが 時にはもっと難しいものである場合もあります

しかし 何であろうと機会を利用すれば 何とかなるものです 人間は創造的ですからね そして この「止まる 見る 進む」という― ちょっとした意識が 世界に革命をもたらすほどの力を持った種なのです というのも 私たちは今この瞬間 意識改革の真っ只中にいます この変化に皆さんは驚くでしょう 「感謝」や「感謝の気持ち」という言葉を あまりによく聞くので私はいつも驚いています 様々なところで目にします 飛行機に乗れば「感謝」レストランに行けば「感謝」 「感謝」と名のついたカフェやワイン そうそうトイレットペーパーでさえ 「ありがとう」なんて名前のがあります(笑) 感謝への意識が高まっているのです 人々が 感謝の大切さと 世界への影響力に気づき始めたためです これは非常に重要な形で 世界を変える可能性があります なぜなら 感謝の気持ちがあれば恐れることはなく 恐れることがなければ 暴力的にはならないのです 感謝の気持ちがあれば行動の元となるのは― 不足感ではなく満足感ですから 分かち合う心も生まれます 感謝の気持ちがあれば 人々の違いを楽しみ 全ての人を尊重するでしょう これが世の中の力関係のピラミッドを 変えていきます

平等になる訳ではありませんが 平等に尊重されるようになります そこが重要です 世界の未来はネットワーク型になります ピラミッド型でも逆ピラミッド型でもありません 私の言っている革命とは 暴力のない革命です とても革新的で 革命の概念さえも 根本から変えるような革命です なぜなら 普通の革命では ピラミッドを逆さまにするだけですから 底辺にいた人たちが頂点に立ち それ以前とまったく同じことが 繰り返されるのです 必要なのは小さなグループのネットワークです お互いを知っていて― 交流し合う 小さなグループ それが 感謝の世界なのです

感謝の世界は喜び溢れる人々の世界 感謝する人々は喜び溢れる人々です 喜び溢れる人々が増えれば増えるほど 私たちの世界は喜び溢れるものになります 感謝する生き方のためのネットワークを運営していますが ネットワークは急速に広がってきています なぜ拡大したのか分かりませんでした 感謝の気持ちが湧いたら キャンドルを灯すよう呼びかけました 10年で 1500万本のキャンドルが灯りました 人々は気づき始めているのです 感謝の世界が幸せな世界だということに そして私たちは皆 「止まる 見る 進む」を行うだけで 世界を幸せなものに変える機会を 得るのです これが私の望みです この話を聞いて自分もやってみたいと 少しでも思ったら実行してください 「止まる 見る 進む」

ありがとうございました

(拍手)

There is something you know about me, something very personal, and there is something I know about every one of you and that's very central to your concerns. There is something that we know about everyone we meet anywhere in the world, on the street, that is the very mainspring of whatever they do and whatever they put up with, and that is that all of us want to be happy. In this, we are all together. How we imagine our happiness, that differs from one another, but it's already a lot that we have all in common, that we want to be happy.

Now my topic is gratefulness. How is the connection between happiness and gratefulness? Many people would say, well, that's very easy. When you are happy, you are grateful. But think again. Is it really the happy people that are grateful? We all know quite a number of people who have everything that it would take to be happy, and they are not happy, because they want something else or they want more of the same. And we all know people who have lots of misfortune, misfortune that we ourselves would not want to have, and they are deeply happy. They radiate happiness. You are surprised. Why? Because they are grateful. So it is not happiness that makes us grateful. It's gratefulness that makes us happy. If you think it's happiness that makes you grateful, think again. It's gratefulness that makes you happy.

Now, we can ask, what really do we mean by gratefulness? And how does it work? I appeal to your own experience. We all know from experience how it goes. We experience something that's valuable to us. Something is given to us that's valuable to us. And it's really given. These two things have to come together. It has to be something valuable, and it's a real gift. You haven't bought it. You haven't earned it. You haven't traded it in. You haven't worked for it. It's just given to you. And when these two things come together, something that's really valuable to me and I realize it's freely given, then gratefulness spontaneously rises in my heart, happiness spontaneously rises in my heart. That's how gratefulness happens.

Now the key to all this is that we can not only experience this once in a while. We can not only have grateful experiences. We can be people who live gratefully. Grateful living, that is the thing. And how can we live gratefully? By experiencing, by becoming aware that every moment is a given moment, as we say. It's a gift. You haven't earned it. You haven't brought it about in any way. You have no way of assuring that there will be another moment given to you, and yet, that's the most valuable thing that can ever be given to us, this moment, with all the opportunity that it contains. If we didn't have this present moment, we wouldn't have any opportunity to do anything or experience anything, and this moment is a gift. It's a given moment, as we say.

Now, we say the gift within this gift is really the opportunity. What you are really grateful for is the opportunity, not the thing that is given to you, because if that thing were somewhere else and you didn't have the opportunity to enjoy it, to do something with it, you wouldn't be grateful for it. Opportunity is the gift within every gift, and we have this saying, opportunity knocks only once. Well, think again. Every moment is a new gift, over and over again, and if you miss the opportunity of this moment, another moment is given to us, and another moment. We can avail ourselves of this opportunity, or we can miss it, and if we avail ourselves of the opportunity, it is the key to happiness. Behold the master key to our happiness in our own hands. Moment by moment, we can be grateful for this gift.

Does that mean that we can be grateful for everything? Certainly not. We can not be grateful for violence, for war, for oppression, for exploitation. On the personal level, we can not be grateful for the loss of a friend, for unfaithfulness, for bereavement. But I didn't say we can be grateful for everything. I said we can be grateful in every given moment for the opportunity, and even when we are confronted with something that is terribly difficult, we can rise to this occasion and respond to the opportunity that is given to us. It isn't as bad as it might seem. Actually, when you look at it and experience it, you find that most of the time, what is given to us is opportunity to enjoy, and we only miss it because we are rushing through life and we are not stopping to see the opportunity.

But once in a while, something very difficult is given to us, and when this difficult thing occurs to us, it's a challenge to rise to that opportunity, and we can rise to it by learning something which is sometimes painful. Learning patience, for instance. We have been told that the road to peace is not a sprint, but is more like a marathon. That takes patience. That's difficult. It may be to stand up for your opinion, to stand up for your conviction. That's an opportunity that is given to us. To learn, to suffer, to stand up, all these opportunities are given to us, but they are opportunities, and those who avail themselves of those opportunities are the ones that we admire. They make something out of life. And those who fail get another opportunity. We always get another opportunity. That's the wonderful richness of life.

So how can we find a method that will harness this? How can each one of us find a method for living gratefully, not just once in a while being grateful, but moment by moment to be grateful. How can we do it? It's a very simple method. It's so simple that it's actually what we were told as children when we learned to cross the street. Stop. Look. Go. That's all. But how often do we stop? We rush through life. We don't stop. We miss the opportunity because we don't stop. We have to stop. We have to get quiet. And we have to build stop signs into our lives.

When I was in Africa some years ago and then came back, I noticed water. In Africa where I was, I didn't have drinkable water. Every time I turned on the faucet, I was overwhelmed. Every time I clicked on the light, I was so grateful. It made me so happy. But after a while, this wears off. So I put little stickers on the light switch and on the water faucet, and every time I turned it on, water. So leave it up to your own imagination. You can find whatever works best for you, but you need stop signs in your life. And when you stop, then the next thing is to look. You look. You open your eyes. You open your ears. You open your nose. You open all your senses for this wonderful richness that is given to us. There is no end to it, and that is what life is all about, to enjoy, to enjoy what is given to us.

And then we can also open our hearts, our hearts for the opportunities, for the opportunities also to help others, to make others happy, becausenothing makes us more happy than when all of us are happy. And when we open our hearts to the opportunities, the opportunities invite us to do something, and that is the third. Stop, look, and then go, and really do something. And what we can do is whatever life offers to you in that present moment. Mostly it's the opportunity to enjoy, but sometimes it's something more difficult.

But whatever it is, if we take this opportunity, we go with it, we are creative, those are the creative people, and that little stop, look, go, is such a potent seed that it can revolutionize our world. Because we need, we are at the present moment in the middle of a change of consciousness, and you will be surprised if you -- I am always surprised when I hear how many times this word "gratefulness" and "gratitude" comes up. Everywhere you find it, a grateful airline, a restaurant gratefulness, a cafe gratefulness, a wine that is gratefulness. Yes, I have even come across a toilet paper that the brand is called Thank You. (Laughter) There is a wave of gratefulness because people are becoming aware how important this is and how this can change our world. It can change our world in immensely important ways, because if you're grateful, you're not fearful, and if you're not fearful, you're not violent. If you're grateful, you act out of a sense of enough and not of a sense of scarcity, and you are willing to share. If you are grateful, you are enjoying the differences between people, and you are respectful to everybody, and that changes this power pyramid under which we live.

And it doesn't make for equality, but it makes for equal respect, and that is the important thing. The future of the world will be a network, not a pyramid, not a pyramid turned upside down. The revolution of which I am speaking is a nonviolent revolution, and it's so revolutionary that it even revolutionizes the very concept of a revolution, because a normal revolution is one where the power pyramid is turned upside down and those who were on the bottomare now on the top and are doing exactly the same thing that the ones did before. What we need is a networking of smaller groups, smaller and smaller groups who know one another, who interact with one another, and that is a grateful world.

A grateful world is a world of joyful people. Grateful people are joyful people, and joyful people, the more and more joyful people there are, the more and more we'll have a joyful world. We have a network for grateful living, and it has mushroomed. We couldn't understand why it mushroomed. We have an opportunity for people to light a candle when they are grateful for something. And there have been 15 million candles lit in one decade. People are becoming aware that a grateful world is a happy world, and we all have the opportunity by the simple stop, look, go, to transform the world, to make it a happy place. And that is what I hope for us, and if this has contributed a little to making you want to do the same, stop, look, go.

Thank you.

(Applause)

There is something/ you know about me,/ something very personal,/ and there is something/ I know about every one of you/ and that's very central/ to your concerns.//

皆さんは 私について それも とても個人的なことで知っていることがあります 私もまた 皆さんについて 知っていることがあります 皆さんの関心事の中でも特に重要なことです

There is something/ that we know about everyone/ we meet anywhere/ in the world,/ on the street,/ that is the very mainspring of whatever they do/ and whatever they put up/ with,/ and that is/ that all of us want to be happy.//

私たちには知っていることがあります 世界のどこで出会った人であれ 道ですれ違った人であれすべての人について その人が何をしていようと 何と闘っていようと その原動力となっているものを知っているのです それは私たち皆が持っている― 幸せになりたいという気持ちです

In this,/ we are all together.//

これは皆 同じなのです

How we imagine our happiness,/ that differs from one another,/ but it's already/ a lot/ that we have all/ in common,/ that we want to be happy.//

幸せをどのように考えるか その考え方は違っても 幸せになりたいという気持ちは 私たち皆が共有しているものなのです

Now/ my topic is gratefulness.//

さて 本日のテーマは感謝の心ですが

How is the connection between happiness and gratefulness?//

幸せと感謝の心には どんな関係があるのでしょうか?

Many people would say,/ well,/ that's very easy.//

多くの人が言うでしょう「そんなの簡単だ」

When you are happy,/ you are grateful.//

「人は幸せな時に感謝をする」

But think again.//

でも もう一度考えてみてください

Is it really/ the happy people/ that are grateful?//

幸せな人が感謝しているというのは本当でしょうか?

We/ all know quite a number of people/ who have everything/ that it would take to be happy,/ and they are not happy,/ because they want something else/ or they want more of the same.//

幸せになるために全てを手に入れても また別の物や もっと多くの物を欲しがるために 幸せでない人が 大勢いるということを 私たちは皆 知っていますね

And we/ all know people/ who have lots of misfortune,/ misfortune/ that we/ ourselves would not want to have,/ and they are deeply happy.//

私たちは また 誰もが決して望まないような不運を たくさん背負っていながら 心の底から幸せな人たちを知っています

They radiate happiness.// You are surprised.//

彼らは幸せに溢れていて驚かされます

Why?// Because they are grateful.//

なぜでしょう? 彼らに感謝の心があるからです

So it is not happiness/ that makes us/ grateful.//

幸せが 感謝をもたらすのではなく

It's gratefulness/ that makes us happy.//

感謝が私たちを幸せにしてくれるのです

If you think/ it's happiness/ that makes you grateful,/ think again.//

もし 幸せが感謝をもたらすと考えているなら 考え直してください

It's gratefulness/ that makes you happy.//

感謝が私たちを幸せにしてくれるのです

Now,/ we can ask,/ what really do we mean/ by gratefulness?//

さて それでは 感謝とは一体 何なのでしょう?

And how does it work?//

どのような仕組みで起こるのでしょうか

I appeal to your own experience.//

振り返ってみてください

We/ all know from experience/ how it goes.//

皆さん 経験から心当たりがあるはずですよ

We experience something/ that's valuable/ to us.//

誰でも 自分にとって 貴重な体験をしているものです

Something is given to us/ that's valuable/ to us.//

とても貴重である経験が

And it's really given.//

与えられているという

These two things have to come together.//

ありがたい組み合わせなのです

It has to be something valuable,/ and it's a real gift.//

貴重であると同時に 真の授かり物でなくてはなりません

You haven't bought it.// You haven't earned it.//

買った訳ではなく勝ち取ったのでもない

You haven't traded it/ in.// You haven't worked for it.//

取引や努力で得た訳でもない

It's just given to you.//

あなたに授けられた物です

And when these two things come together,/ something/ that's really valuable/ to me and I realize it's freely given,/ then/ gratefulness spontaneously rises in my heart,/ happiness spontaneously rises in my heart.//

この2つが同時にやってきたとき 自分にとって本当に貴重で しかも それが無償で与えられていると気づいたとき 私の心に自然と 感謝の気持ちが 湧いてきます 幸せの感情も自然と湧き上がってきます

That's/ how gratefulness happens.//

感謝の気持ちはこのように起こるのです

Now/ the key/ to all this is/ that we can not only experience this once/ in a while.//

ここで重要なことは このような経験は稀である必要はなく

We can not only have grateful experiences.//

感謝が単なる経験である必要もないのです

We can be people/ who live gratefully.//

感謝の気持ちを持って生きることができるはずです

Grateful living,/ that is the thing.//

感謝して生きるそれなのです

And how can we live gratefully?//

では 感謝して生きるにはどうすればいいのでしょう?

By experiencing,/ by becoming aware/ that every moment is a given moment,/ as we say.//

一瞬一瞬が授けられているのだと 体感し 意識することです

It's a gift.// You haven't earned it.//

授かり物です勝ち取ったのではありません

You haven't brought it about/ in any way.//

そこにあなたの力は働いていません

You have no way of assuring/ that there will be another moment given to you,/ and yet,/ that's the most valuable thing/ that can ever be given to us,/ this moment,/ with all the opportunity/ that it contains.//

その瞬間がまた与えられる保証は どこにもありません しかし それこそが私たちに授けられた もっとも貴重なものなのです この一瞬に すべての可能性が秘められているのです

If we didn't have this present moment,/ we wouldn't have any opportunity/ to do anything or experience anything,/ and this moment is a gift.//

もし 今この瞬間が なかったとしたら 私たちは 何の機会も与えられず 何も経験できません この一瞬は 授かり物なのです

It's a given moment,/ as we say.//

授けられた瞬間なのです

Now,/ we say the gift/ within this gift is really the opportunity.//

この授けられた瞬間に秘められた贈り物― それは「機会」です

What you are really grateful/ for is the opportunity, not the thing/ that is given to you,/ because/ if that thing were somewhere else/ and you didn't have the opportunity/ to enjoy it,/ to do something/ with it,/ you wouldn't be grateful/ for it.//

本当にありがたいのは与えられた事物ではなく その機会なのです もし その物が別の所にあって それを楽しんだりそれで何かをしたりする 機会を得られなかったら 感謝の気持ちは持てないのです

Opportunity is the gift/ within every gift,/ and we have this saying,/ opportunity knocks only once.//

機会は すべての授かり物の中に存在します こんな諺がありますね 「逃したチャンスは戻って来ない」

Well,/ think again.//

もう一度 考えてみましょう

Every moment is a new gift,/ over and over again,/ and/ if you miss the opportunity of this moment,/ another moment is given to us,/ and another moment.//

一瞬一瞬が新しい授かり物で何度も繰り返されます もし この瞬間の機会を逃しても 次の瞬間が与えられまた次の瞬間がやってきます

We can avail ourselves of this opportunity,/ or we can miss it,/ and/ if we avail ourselves of the opportunity,/ it is the key/ to happiness.//

この機会を利用することもできれば 逃すこともできます もし その機会を生かすことができれば それが幸せへの鍵となります

Behold/ the master key/ to our happiness/ in our own hands.//

幸せへのマスターキーを しっかり つかむのです

Moment/ by moment,/ we can be grateful/ for this gift.//

どの一瞬にも 授かったことに対して感謝できます

Does/ that mean/ that we can be grateful for everything?//

では 私たちはいかなることにも感謝できるでしょうか?

Certainly not.//

それは 無理です

We can not be grateful/ for violence,/ for war,/ for oppression,/ for exploitation.//

暴力や戦争 迫害や搾取には感謝できません

On the personal level,/ we can not be grateful/ for the loss of a friend,/ for unfaithfulness,/ for bereavement.//

個人的なレベルでは 友達を失うことや裏切り 死別などに感謝はできないでしょう

But I didn't say/ we can be grateful/ for everything.//

すべてに感謝できる訳ではないとはいえ―

I said/ we can be grateful/ in every given moment/ for the opportunity,/ and even/ when we are confronted with something/ that is terribly difficult,/ we can rise to this occasion/ and respond to the opportunity/ that is given to us.//

与えられた全ての瞬間に秘められた機会には 感謝できるのです たとえ 非常に難しい状況に 直面したとしても その難局に立ち向かい 与えられたその機会に応えることができます

It isn't as bad/ as it might seem.//

意外と悪くないものですよ

Actually,/ when you look at it/ and experience it,/ you find/ that most of the time,/ what is given to us is opportunity/ to enjoy,/ and we only miss it/ because we are rushing through life/ and we are not stopping to see/ the opportunity.//

実際に見て 経験すると 大抵の場合 与えられたものは 楽しむ機会なのだと気づきます それを逃してしまうのは 人生を急ぎすぎて 立ち止まらずその機会を認識していないからです

But once/ in a while,/ something very difficult is given to us,/ and when this difficult thing occurs to us,/ it's a challenge/ to rise to that opportunity,/ and we can rise to it/ by learning something/ which is sometimes painful.//

しかし 時には 大きな困難に襲われることもあります そんな時は その困難という機会に立ち向かうことが課題なのです 痛みを伴うこともありますがそれを学ぶことによって 立ち向かえるようになります

Learning patience,/ for instance.//

例えば 忍耐を学ぶということです

We have been told/ that the road/ to peace is not a sprint,/ but is more like a marathon.//

平和への道は 短距離走ではなく マラソンのようだと言われます

That takes patience.// That's difficult.//

忍耐力が必要で 難しいことです

It may be to stand up/ for your opinion,/ to stand up/ for your conviction.//

それは自分の意見や信念のために 立ち上がることかもしれません

That's an opportunity/ that is given to us.//

その機会が私たちに与えられているのです

To learn,/ to suffer,/ to stand up,/ all these opportunities are given to us,/ but they are opportunities,/ and those/ who avail themselves of those opportunities are the ones/ that we admire.//

学ぶ 耐える 立ち上がる その機会が与えられているのです でも機会は機会でしかなく 私たちが称賛するのは その機会を生かす人たちです 機会を生かし―

They make something/ out of life.//

人生を意味あるものにしている人たちです

And those/ who fail get another opportunity.//

失敗しても次の機会が与えられます

We always get another opportunity.//

いつでも次の機会があるのです

That's the wonderful richness of life.//

これが人生の素晴らしく豊かなところです

So/ how can we find a method/ that will harness this?//

では どうしたらこの素晴らしさを 生かせるようになるでしょうか

How can each/ one of us find a method/ for living gratefully,/ not just once/ in a while/ being grateful,/ but moment/ by moment to be grateful.//

私たち一人ひとりが感謝して生きる方法は どうすれば見つかるのでしょう たまに感謝するのではなく 一瞬一瞬に感謝する方法です

How can we do it?//

どうすれば良いのでしょう

It's a very simple method.//

とても単純な方法です

It's so simple/ that it's actually/ what we were told as children/ when we learned to cross/ the street.//

実は子供の頃に良く言われていた簡単なことです 横断歩道を渡る時に習いましたね

Stop.// Look.// Go.//

止まる 見る 進む

That's all.//

それだけのことです

But how often do we stop?//

しかし私たちはめったに立ち止まりませんね

We rush through life.// We don't stop.//

私たちは人生を駆け抜け止まらないのです

We miss the opportunity/ because we don't stop.//

止まらないために機会を逃します

We have to stop.// We have to get quiet.//

立ち止まらなくてはなりません心を静かにするのです

And we have to build/ stop signs/ into our lives.//

私たちは人生にも「とまれ」の標識を 立てておかなければなりません

When I was in Africa/ some years ago/ and then came back,/ I noticed water.//

数年前 私はアフリカに滞在して 戻ってきてから 水に気を留めるようなりました

In Africa/ where I was,/ I didn't have drinkable water.//

私がいたアフリカの地域には飲める水がありませんでした

Every time/ I turned on/ the faucet,/ I was overwhelmed.//

蛇口をひねるたびに 胸がいっぱいになりました

Every time/ I clicked on the light,/ I was so grateful.// It made me so happy.//

電気をつけるたびに とてもありがたくて 幸せを感じました

But after a while,/ this wears off.//

でも その感覚は長続きしません

So I put little stickers/ on the light switch/ and/ on the water faucet,/ and every time/ I turned it on,/ water.//

そこで 電気のスイッチと蛇口に シールを貼りました 蛇口をひねるたびに「水」を意識するためです

So leave it/ up/ to your own imagination.//

やり方はそれぞれです思いつくままに

You can find/ whatever works best/ for you,/ but you need stop signs/ in your life.//

自分に合う方法で構いません とにかく皆さんの人生に「とまれ」は必要なのです

And when you stop,/ then/ the next thing is to look.//

そして 立ち止まったら 次は 見ることです

You look.// You open your eyes.//

目を大きく開いて よく見るのです

You open your ears.// You open your nose.//

耳を澄まし嗅覚も研ぎ澄ましましょう

You open all your senses/ for this wonderful richness/ that is given to us.//

すべての感覚を大きく開いて 与えられたこの素晴らしい豊かさを受け入れましょう

There is no end/ to it,/ and that is/ what life is all about,/ to enjoy,/ to enjoy/ what is given to us.//

終わりはありません 与えられた物を楽しむ それが人生なのです

And then/ we can also open our hearts,/ our hearts/ for the opportunities,/ for the opportunities also to help others,/ to make others happy,/ becausenothing makes us more happy/ than when all of us are happy.//

すると 心も開くのです 与えられた機会に心を開きましょう 他の人を助け 幸せにする機会にも心を開きます なぜなら 私たちにとって一番の幸せは 皆が幸せであることだからです

And when we open our hearts/ to the opportunities,/ the opportunities invite us/ to do something,/ and that is the third.//

機会に心を開くと 行動につながります これが3つ目です

Stop,/ look,/ and then go,/ and really do something.//

止まる 見る そして進むつまり行動に移すのです

And what we can do/ is/ whatever life offers to you/ in that present moment.//

私たちにできることは 今この瞬間私たちに与えられているのです

Mostly/ it's the opportunity/ to enjoy,/ but sometimes/ it's something more difficult.//

大抵は楽しむための機会ですが 時にはもっと難しいものである場合もあります

But whatever it is,/ if we take this opportunity,/ we go with it,/ we are creative,/ those are the creative people,/ and/ that little stop,/ look,/ go,/ is such a potent seed/ that it can revolutionize our world.//

しかし 何であろうと機会を利用すれば 何とかなるものです 人間は創造的ですからね そして この「止まる 見る 進む」という― ちょっとした意識が 世界に革命をもたらすほどの力を持った種なのです

Because we need,/ we are at the present moment/ in the middle of a change of consciousness,/ and you will be surprised/ if you --/ I am always surprised/ when I hear/ how many times/ this word "gratefulness"/ and "gratitude"/ comes up.//

というのも 私たちは今この瞬間 意識改革の真っ只中にいます この変化に皆さんは驚くでしょう 「感謝」や「感謝の気持ち」という言葉を あまりによく聞くので私はいつも驚いています

Everywhere/ you find it,/ a grateful airline,/ a restaurant gratefulness,/ a cafe gratefulness,/ a wine/ that is gratefulness.//

様々なところで目にします 飛行機に乗れば「感謝」レストランに行けば「感謝」 「感謝」と名のついたカフェやワイン

Yes, I have even come across a toilet paper/ that the brand is called Thank You.// (Laughter)/ There is a wave of gratefulness/ because people are becoming aware how important/ this is/ and how this can change our world.//

そうそうトイレットペーパーでさえ 「ありがとう」なんて名前のがあります(笑) 感謝への意識が高まっているのです 人々が 感謝の大切さと 世界への影響力に気づき始めたためです

It can change our world/ in immensely important ways,/ because/ if you're grateful,/ you're not fearful,/ and/ if you're not fearful,/ you're not violent.//

これは非常に重要な形で 世界を変える可能性があります なぜなら 感謝の気持ちがあれば恐れることはなく 恐れることがなければ 暴力的にはならないのです

If you're grateful,/ you act out of a sense of enough and not of a sense of scarcity,/ and you are willing/ to share.//

感謝の気持ちがあれば行動の元となるのは― 不足感ではなく満足感ですから 分かち合う心も生まれます

If you are grateful,/ you are enjoying the differences/ between people,/ and you are respectful/ to everybody,/ and/ that changes/ this power pyramid/ under which we live.//

感謝の気持ちがあれば 人々の違いを楽しみ 全ての人を尊重するでしょう これが世の中の力関係のピラミッドを 変えていきます

And it doesn't make for equality,/ but it makes for equal respect,/ and that is the important thing.//

平等になる訳ではありませんが 平等に尊重されるようになります そこが重要です

The future of the world will be a network, not a pyramid, not a pyramid turned upside down.//

世界の未来はネットワーク型になります ピラミッド型でも逆ピラミッド型でもありません

The revolution of which I am speaking is a nonviolent revolution,/ and it's so revolutionary/ that it even revolutionizes the very concept of a revolution,/ because a normal revolution is one/ where the power pyramid is turned upside down/ and those/ who were on the bottomare now/ on the top/ and are doing exactly the same thing/ that the ones did before.//

私の言っている革命とは 暴力のない革命です とても革新的で 革命の概念さえも 根本から変えるような革命です なぜなら 普通の革命では ピラミッドを逆さまにするだけですから 底辺にいた人たちが頂点に立ち それ以前とまったく同じことが 繰り返されるのです

What we need/ is a networking of smaller groups,/ smaller and smaller groups/ who know one another,/ who interact with one another,/ and that is a grateful world.//

必要なのは小さなグループのネットワークです お互いを知っていて― 交流し合う 小さなグループ それが 感謝の世界なのです

A grateful world is a world of joyful people.//

感謝の世界は喜び溢れる人々の世界

Grateful people are joyful people,/ and joyful people,/ the more and/ more joyful people/ there are,/ the more and more/ we'll have a joyful world.//

感謝する人々は喜び溢れる人々です 喜び溢れる人々が増えれば増えるほど 私たちの世界は喜び溢れるものになります

We have a network/ for grateful living,/ and it has mushroomed.//

感謝する生き方のためのネットワークを運営していますが ネットワークは急速に広がってきています

We couldn't understand/ why it mushroomed.//

なぜ拡大したのか分かりませんでした

We have an opportunity/ for people/ to light a candle/ when they are grateful/ for something.//

感謝の気持ちが湧いたら キャンドルを灯すよう呼びかけました

And there have been/ 15 million candles lit in one decade.//

10年で 1500万本のキャンドルが灯りました

People are becoming aware/ that a grateful world is a happy world,/ and we/ all have the opportunity/ by the simple stop,/ look,/ go,/ to transform the world,/ to make it/ a happy place.//

人々は気づき始めているのです 感謝の世界が幸せな世界だということに そして私たちは皆 「止まる 見る 進む」を行うだけで 世界を幸せなものに変える機会を 得るのです

And that is/ what I hope for us,/ and/ if this has contributed a little/ to making you want to do/ the same, stop,/ look,/ go.//

これが私の望みです この話を聞いて自分もやってみたいと 少しでも思ったら実行してください 「止まる 見る 進む」

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

mainspring

(時計などの)主ぜんまい

主因,主要動機

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

differ

『違う』,『異なる』

『意見を異にする』

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

misfortune

〈U〉『不運』,『不幸』

〈C〉(…にとっての)『不幸』(『不運』)『なでき事』,災難(calamity)《+『of』+『名』》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

radiate

〈太陽などが〉『光(熱)を放つ』,輝く

(…から)〈光・熱などが〉『放射する』,輻射する《+『from』+『名』》

〈道路などが〉(…から)放射状に広がる《+『out from』+『名』》

〈光・熱など〉‘を'放射する,発する

〈喜び・愛など〉‘を'発散させる,表に出す

surprised

驚いた,びっくりした

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

goes

goの三人称単数現在

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

given

giveの過去分詞

定められた,一定の;(数学などで)与えられた

《補語にのみ用いて》(…)する癖がある,(…に)熱中する《+『to』+『名』(do『ing』)》

(公文書で何月何日に)作成された,交付された

…と仮定すると,もし…とすると

…があれば;…を考慮しても

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

freely

『自由に』;かってに

『惜しげなく』,十分に

率直に;無遠虜に

自分から進んで

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

assure

〈人・自分〉‘に'『確信させる』,『保証する』,分からせて安心させる

〈事柄・地位など〉'を'『確実にする』(ensure)

《英》…に保険をかける(insure)

opportunity

『機会』,好機

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

avail

《通例否定文に用いて》(…に)『役に立つ』,用が足りる《+『with』+『名』》

〈人〉‘に'役立つ,'を'利する

《文》利益,効用

behold

…'を'見る,ながめる;注視する

見よ(look)

master key

マスターキー(1個で多種の錠をあけられる親かぎ;合いかぎはa duplicate key)

doe

(シカ・カモシカ・ヤギ・ウサギなどの)雌

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

oppression

〈U〉〈C〉(…を)『虐げること』,『圧迫すること』,(…に対する)圧迫,圧制《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)苦難,困苦《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉重苦しい気分,圧迫感

exploitation

(鉱山・資源などの)開発;活用《+『of』+『名』》

(…の)利己的な利用,(労働などの)搾取《+『of』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

bereavement

喜び(望みなど)を奪われること;肉親(親して人)に先立たれること

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

patience

(苦しみに耐える)『忍耐』,忍耐力,しんぼう

《英》=solitaire

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

sprint

短距離競走

(ゴール前などの)全力疾走

(短距離を)全速力で走る(こぐ)

marathon

(また『marathon race』)《しばしばM-》マラソン競走(標準距離は42.195km)

(一般に)長距離競争;耐久競争

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

conviction

〈U〉〈C〉『確信』,自信

〈U〉《文》説得力,確信を抱かせること

〈U〉有罪宣告;〈C〉有罪判決

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

admire

…‘に'『感嘆する』,感嘆して見とれる,'を'賞賛する

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

richness

豊かさ,富裕;豊富,じゅうぶんなこと

(土地など)産出力の多いこと,肥沃(ひよく)

貴重,高価,ぜいたく

(声の)張り;(色の)あざやかさ;(においが)強い;(味が)こくのあること

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

lives

lifeの複数形

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

drinkable

飲める,飲用に適した

faucet

(たる・水道の)飲み口,蛇口(じゃぐち),コック

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

sticker

ステッカー,のり付きラベル

《米》いが;とげ

《話》粘り強い人

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

creative

『創造力のある』

『独創的な』

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

potent

《文》(特に政治的に)有力な,強力な

(薬・酒などが)効きめのある

(議論などが)説得力のある,力強い

(男性が)性交可能な

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

gratitude

(…に対する)『感謝』[の気持ち]《+『to』+『名』〈人〉,+『for』+『名』〈事〉》

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

airline

航空路(airway)

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

wine

〈U〉〈C〉『ワイン』,ぶどう酒

〈U〉〈C〉(種々の)果実酒

ワインカラー,赤紫色

〈人〉‘を'ワインでもてなす

ワインカラーの,赤紫色の

toilet paper

トイレットペーパー

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

immensely

広大に,ばく大に

《話》非常に,とても(greatly)

fearful

『恐ろしい』,こわい

《補語にのみ用いて》心配して,気づかって

恐ろしがる,心配そうな

《おもに英話》たいへんな,ひどい

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

scarcity

〈U〉〈C〉(…の)欠乏,不足(特に)食糧難,ききん《+『of』+『名』》

〈U〉まれなこと,珍しいこと

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

respectful

礼儀正しい,ていねいな

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

pyramid

(エジプト・メキシコなどの)『ピラミッド』

ピラミッド形の物

(幾何の)角錐(かくすい)

ピラミッド形になる

〈物価などが〉上昇する,増加する

…‘を'ピラミッド形にする(積み上げる)

equality

(数量・程度・価値・大きさなどで)『等しいこと』,均等;(特に,権利・責任などにおいて)(…間の…の)『平等』《+『of』+『名』+『between』+『名』》

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

upside

上側,上部,上方

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

speaking

話をする,談話の

物を言いそうな,表情たっぷりの

話すこと;談話;演説

nonviolent

非暴力[主義]の

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

joyful

『うれしい』,喜びに満ちた

candle

『ろうそく』

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

decade

『10年間』

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画