TED日本語 - ドン・タプスコット: オープンな世界における4つの原則

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

若い世代は、生まれたときからつながる技術に浸かっており、その結果、世界は今まで以上にオープンで透明になってきている、と未来学者のドン・タプスコットは述べます。この刺激的な講演では、4つの主要な原則を挙げ、オープンな世界がこれまでよりも遥かに良いものになりうる理由を説明します。

Script

オープンとは 機会や可能性を表す言葉です 青天井 オープン型暖炉 オープン ソース 自由貿易政策 (無料で飲める)オープンバー(笑)

世界はどこもかしこもオープンになってきていて それ自体は良い事です

なぜこのような事が起きているのでしょう? 技術革命が世界をオープンにしているのです

昔のインターネットはコンテンツを見せるための プラットフォームでした 今やインターネットは データ処理のためのプラットフォームです インターネットは 巨大な世界規模のコンピューターになりつつあり 接続して 動画のアップロードや Google検索 何かをリミックスする度に 我々が共有するこの巨大な世界規模のコンピュータを プログラムしているのです 人類はこの機械の製作によって 新しい方法で協力し合うことが可能となりました コラボレーションは地球規模で起こり得るのです

今や新しい世代も世界を開こうとしています 15年程前に子供たちに関する調査を始めた頃 ―実際は20年以上前になるのですが― 私の子供たちが こんなにも複雑な技術を 苦もなく使いこなしていることに気づき 始めはこう思いました 「私の子供たちは天才だ!」(笑) でも彼らの友人も 同様だったことがわかり 仮説は誤りと判明しました 数百人の子供たちを調査した結果 一つの結論に至りました これがデジタル時代において ビットを産湯に使った初めての世代なのだと 私は彼らをネット世代と呼びました この子供たちは特別で存在の見えない 技術を恐れません 空気のようなものです 私が冷蔵庫を怖がらないのと同じようなものです そして... (笑)

そしてデジタルネイティブの 第一世代ほど強力にあらゆる組織を変える集団は他にありません 私はデジタル移民です 言葉を学ばなければなりませんでした

世界的な経済危機もまたオープンな世界へと導きます 産業時代に生まれた不透明な機関は全て 昔ながらの企業や政府も メディアもウォール街も 様々な形で停滞したり機能停止したり 退化したり破たんしたりしています こうして世界中のプラットフォームが燃え上がっているのです ウォール街について考えてみてください ウォール街の伝統的な手法によって グローバル資本主義は危うく破綻しかけました

石油プラットフォームの火災と同じで おそらくその場に留まることのほうが 他所に動いて根本的な変革を受け入れることよりも 高くつくことになります 我々の機関はすべて変革しオープンにする必要があります

このように技術や若くて新しい世代の人たちによる後押しに加え 新しいグローバルな経済環境による 需要によって 世界はオープンになりつつあります

今は 私が思うに 人類史における転換期に差しかかっており 新しい原則に沿ってようやく 産業時代からの多くの機関を再構築する時期に入ったと考えます

ではオープンとは何でしょう オープンというときには様々な意味が存在します それぞれが文明の変革につながる原則を 持ち合わせているのです 一つ目はコラボレーションです これは組織における境界に 穴が開いて流動的になるという意味で オープンになることです

この写真に映っている男性のとある話を紹介します 彼の名はロブ・マキューエンです シンクタンクの仕事で集めた 世界中の驚くべき事例から 紹介します と言いたいところですが 彼の話を知っている理由は 近所に住んでいるからです (笑) 通りの向かいに引っ越してきた彼が 隣人を招いたカクテルパーティーで 「ドン・タプスコットさん あなたの本を読みましたよ」 と話しかけられました 「ありがとう ご職業は?」 「元は銀行員で 今は金の採掘をしています」 そして私にとても面白い話をしてくれたのです ある金鉱を入手したものの社内の地質部門では 金の在りかがわかりませんでした 資金を投じてデータを追加しても どこを掘ったら良いか決められないのです 数年後 失望のあまり諦めかけた時に ある日 彼は突然ひらめきました 「地質部門に金の在りかがわからなくても 他の人なら分かるかもしれない」 そこで彼は「大胆な」ことを行ったのです 地質データをインターネットに公開し ゴールドコープ・チャレンジというコンテストを開催したのです 賞金は50万ドル 課題は そこに金はあるのか あるのなら その場所は?というものでした(笑)

世界中から応募が集まりました 聞いたこともないような技術が用いられて 50万ドルの懸賞金の成果として ロブ・マキューエンは 34億ドルの金脈を探し当てました 彼の会社の市場価値は 9000万ドルから100億ドルになり 近所に住んでるから良くわかるんですが 彼はごきげんに暮らしています(笑)

人材は組織内で求めるものというのが普通の考え方です 会社の最も貴重な資産は毎晩帰っていく社員なのです 彼は人材について違う視点を持っていました 彼らにとっての仲間とは誰なのか考えたのです 地質学部門はクビになってもよさそうですがそんなことはありませんでした いくつかの有力な提案は地質の専門家からではなく コンピュータ科学者やエンジニアからでした 優勝したのは 地中のどこに金が存在しているか確認できる 鉱山の3次元モデルを作った コンピュータ・グラフィックの会社でした

彼の話で ソーシャル・メディアからソーシャルな生産活動が 始まっていることがわかります インターネットへの接続のみに留まらず 新しい生産手段が作られつつあるのです 彼が作り出したイデアゴラは 特別な知性を持つ人にとってはオープンな市場であり広場であり 組織の構造を その根本から問う変革の一部でした また 革新を生み出し 物やサービスを作り出すために また外の世界と関わるために持てる力をどのように結集させるかを 示したものでした 行政の場合で言えば いかに公共の価値を生み出すかということです オープンであるとはコラボレーションのことなのです

二つ目に オープンとは透明性のことです 先ほどの話と異なり ここで紹介するのは 組織の利害関係者や 従業員 顧客 ビジネスパートナー 株主にかかわる情報の コミュニケーションの話です

いたるところで 機関は裸にされています 多くの人がウィキリークスに怒っていますが それは氷山の一角にすぎません ジュリアン・アサンジ氏に限らず 今や多くの人たちが 強力なツールを使って 何が起きているのか 調査し 周囲に知らせ 不特定多数の意見をまとめることが可能なのです あらゆる機関は裸にされつつあります

いずれ裸にされるのなら そこから導かれる答えもあります その一つは キレイな体を維持すべし (笑) 丸裸になるなら 備えておいた方が良いですね

備えるというのはつまり優れた価値を持つということです 価値はかつてないほど重視されます 良い製品があると言ったとします 良いに越したことはないですが価値も必要です 組織の骨格やDNAとして 誠実さがなければ 信頼を築くこともできません 信頼はこの新しいネットワーク世界に不可欠な要素です

これは良いことで悪いことはではないんです 日光は殺菌には最高ですが この厄介な世界には日光がたくさん必要です

オープンの三つ目の意味とその原則は 共有です これは透明性とはまた異なります 透明性は情報伝達に関わるものです 共有とは 資産や知的財産を手放すということです

これについて様々な有名な話があります IBMは4億ドル分のソフトウェアを Linuxの活動に提供し 数十億ドルの見返りを得ました

世間一般の通念は 「私たちの知的財産は私たちのものだ それを侵害しようとする人たちは 弁護士を使って訴えるぞ」というものです レコード会社はこの方法ではうまくいきませんでしたよね? 破壊的な技術が登場したときに それに対処したビジネスモデルの革新を行わず 法的な解決を目指しました エルビスやビートルズを広めた業界が 今や若者相手の裁判を行い 崩壊の危機に陥っています

私たちは知的財産について 考えを変える必要があります

一つ例を紹介します 製薬業界は今 深刻な問題に直面しています まず 薬の開発段階で革新的な発明があまりありません これは人類の健康上の大問題ですが 製薬業界はさらに大きな問題に直面しています いわゆる「特許の崖」から落ちる寸前なのです ご存知でしたか? 製薬業界は次の12ヶ月間で 収益の20から35パーセントを 失うことになります どうすればいいでしょう? クリップなどの消耗品の削減を図るべきでしょうか?違います

科学研究の全体モデルを変える必要があるのです 製薬業界は 資産を共有する必要があります 競争以前の基礎研究は共有し始めるのです 彼らは臨床試験のデータを 共有し始めるべきです それによって 産業だけに留まらず人類全体のために 大きな潮流を生み出すことが できるでしょう

オープンの四つ目の 意味と原則は 力を与えることです 母性を発揮せよと言っているのではありません 知識や知性は力になります 知が拡散すればするほど これに伴って 力が 分配され 分散され 分割されるのです 今 世界中で起きています オープンな世界は自由をもたらします

アラブの春を例にしましょう 社会変革におけるソーシャル・メディアの 役割についての議論はひと段落しました ひとことで言えば チュニジアです そして その後いろいろな方面に広がりました チュニジアの革命では 新しいメディアが革命を起こした訳ではありません 人々の不満が発端だったのです ソーシャル・メディアが革命を生み出した訳ではありません 革命は仕事や希望を求め 支配されるのはもう嫌だという 若い世代の人々が起こしました

インターネットが ビジネスや行政における取引や協同する際の コストを引き下げたように 反政府活動や抵抗運動 それに暴動のコストも思わぬ形で 下げることができるようになりました

チュニジア革命においては 政権側の狙撃兵が路上の非武装の 学生を殺害していました そこで学生たちは モバイル端末を使って 写真を撮って 位置を測量すると 友軍部隊に送り 狙撃兵を排除させたのです ソーシャルメディアは ネットの交流だけではありません 若者たちにとって 殺人者から非武装の人たちを守るための 軍用ツールだったのです これは自衛のためのツールなのです

こうしている間にも シリアでは若者たちが殺されており 3ヶ月前までは 路上で負傷したら 救急車があなたを 病院まで搬送し例えば足の骨折で受診しても 頭に弾丸を打ち込まれて帰される状態でした

そこでこのような20代の人たちが 代替の救急システムを作りました 彼らはTwitterや 誰でも使えるツールを使って けが人が発生したら 手配した車に乗せて 簡易の診療所に運んで治療を受けさせ 処刑はされないというシステムを構築しました 今や大きな変革の時代を迎えました

問題がないわけではありません 2年前まで 人類史上の全ての革命には指導者が存在し 旧体制が崩壊した際には その指導者と組織が 権力を掌握していました 一方 このWiki革命は あまりにも一瞬にして起こるため 政治的空白を生み出します 政治は空白を嫌いよからぬ勢力が空白を埋めることにもなります たいていは 旧体制や 過激派や原理主義勢力などです これは 現在のエジプトで見る事ができます

しかし それでも構わないのです なぜなら状況は前進しているからです 電車は駅を出発しました猫は袋から逃げました 馬は馬小屋から逃げましたもっと ありますか?(笑) 歯磨き粉はチューブから出ました もう元には戻せないのです オープンな世界は力と自由を与えているのです

TEDGlobal の4日間が終わる頃には 歴史の転換期が肯定的なものであり オープンな方へ向かっていると結論づけることになるでしょう

数百年遡ってみると 世界中どこもかしこもとても閉鎖的な社会でした 農耕社会であり 生産や政治システムは封建主義と呼ばれ 知識は教会や貴族に独占されていました 人々は無知で 進歩という概念がなかったのです 生まれて 自分の人生を生き 死ぬのです

しかしその後 ヨハネス・グーテンベルクが 素晴らしい発明をもたらし 徐々に社会が開かれていったのです 人々が自ら学び始めた結果 封建社会における諸機関は 行き詰まり 進歩がなく破綻しているように見られました 人々が知識を持つと教会が医学の知識を 独占していることも腑に落ちないようになり

やがて宗教改革を迎えます マルティン・ルターは印刷機のことを 「神の最大級の恩典」と呼びました 企業や 科学 大学 特に 産業革命の実現は 全て良いことでした

しかし その代償もありました

そして今 再び 技術の変革期に直面していますが 今回は少し様相が違います 印刷機で 誰もが文書を読めるようになりましたが インターネットでは 誰もが情報を発信できるようになるのです 印刷機は記録された知識へのアクセスを可能にしました インターネットは情報や知識だけではなく 地球規模における 他の人たちの知性も アクセスできるようになりました

私にとって 今は情報時代ではなく ネットワーク化した知性の時代なのです 広大な見通しを得る時代であり コラボレーションの時代です 組織における境界は変化しつつあり 透明性という日光が 文明を浄化しながら 新たな共有財の力を 共有し 理解する時代であり 自由と力を個人に与える 時代なのです

それでは 皆さんに 最後に最近 私が取り組んでる 研究を紹介します 未来がどのような形となるのか理解するため 様々な組織を調査しましたが 最近は自然界からも学んでいます

ご存知のように 蜂も 魚も群れで行動します エディンバラ周辺の イギリスの湿原地に生息するムクドリは 群舞します 群舞 (murmuration) は鳥たちの羽音(murmuring) に由来しています ムクドリは 日中は半径20マイルの範囲に広がって それぞれに過ごします そして 夜になるとムクドリは集まり 自然界の中で最も見事な現象を作り上げます これが群舞です この現象を研究している科学者たちは 衝突する所を見たことがないと言います この現象にはある効果があります 鳥たちを外敵から守るのです 右側をご覧下さい 鳥たちの団結によって捕食者は追い払われています これはムクドリの捕食者の立場であれば 恐ろしい状況でしょう ここにはリーダーシップは存在しますが 決まったリーダーはいません

これは一種の突飛なアナロジーでしょうか? それともこれから学べることがあるでしょうか? ええ 群舞の働きから いくつかの原則を見出せます これらはおおむね今日皆さんにご紹介した原則です これは巨大なコラボレーションです オープンです 位置や軌跡 危険性などに限らず 食料源などといったあらゆる情報を共有しているのです 本当の意味での相互依存関係が存在し 鳥の一羽一羽が どうやってか集団の利益が自分の利益だと理解しています

たぶん私たちも 崩壊しつつある世界ではビジネスも成功しないことを 理解すべきかもしれません

でも 私はこういったものを見ると 大変勇気づけられます アラブの春の若者やあちこちで進行中の同様の状況のことを 考えてみてください

そしてこんな考えについて想像してみてください もし私たちがこの世界に 無線や光ファイバーで構成された 広大なネットワークを通じて繋がり合えたとしたら 情報や知識を共有するだけの枠を超えられるでしょうか? 私たちの知性を共有し始めることが出来るでしょうか? 個人やグループ もしくはチームを上回る 集合知のようなものを作り出し 地球規模における意識のようなものを生み出すことは可能でしょうか? これができれば 世界の抱える大問題に取り組むことができるでしょう

こういったものを見ると 私はとても勇気づけられますもしかしたら 私たちの子供たちが受け継ぐこの小さな ネットワーク化した オープンな世界が 今の世界よりも良いものであって この新しいネットワーク化した知性の時代が 展望に満ちた 危機的状況を回避する 時代であるかもしれないと考えるのです

是非実現しようではありませんかありがとうございました

(拍手)

Openness. It's a word that denotes opportunity and possibilities. Open-ended, open hearth, open source, open door policy, open bar. (Laughter)

And everywhere the world is opening up, and it's a good thing.

Why is this happening? The technology revolution is opening the world.

Yesterday's Internet was a platform for the presentation of content. The Internet of today is a platform for computation. The Internet is becoming a giant global computer, and every time you go on it, you upload a video, you do a Google search, you remix something, you're programming this big global computer that we all share. Humanity is building a machine, and this enables us to collaborate in new ways. Collaboration can occur on an astronomical basis.

Now a new generation is opening up the world as well. I started studying kids about 15 years ago, -- so actually 20 years ago now -- and I noticed how my own children were effortlessly able to use all this sophisticated technology, and at first I thought, "My children are prodigies!" (Laughter) But then I noticed all their friends were like them, so that was a bad theory. So I've started working with a few hundred kids, and I came to the conclusion that this is the first generation to come of age in the digital age, to be bathed in bits. I call them the Net Generation. I said, these kids are different. They have no fear of technology, because it's not there. It's like the air. It's sort of like, I have no fear of a refrigerator. And - (Laughter)

And there's no more powerful force to change every institution than the first generation of digital natives. I'm a digital immigrant. I had to learn the language.

The global economic crisis is opening up the world as well. Our opaque institutions from the Industrial Age, everything from old models of the corporation, government, media, Wall Street, are in various stages of being stalled or frozen or in atrophy or even failing, and this is now creating a burning platform in the world. I mean, think about Wall Street. The core modus operandi of Wall Street almost brought down global capitalism.

Now, you know the idea of a burning platform, that you're somewhere where the costs of staying where you are become greater than the costs of moving to something different, perhaps something radically different. And we need to change and open up all of our institutions.

So this technology push, a demographic kick from a new generation and a demand pull from a new economic global environment is causing the world to open up.

Now, I think, in fact, we're at a turning point in human history, where we can finally now rebuild many of the institutions of the Industrial Age around a new set of principles.

Now, what is openness? Well, as it turns out, openness has a number of different meanings, and for each there's a corresponding principle for the transformation of civilization. The first is collaboration. Now, this is openness in the sense of the boundaries of organizations becoming more porous and fluid and open.

The guy in the picture here, I'll tell you his story. His name is Rob McEwen. I'd like to say, "I have this think tank, we scour the world for amazing case studies." The reason I know this story is because he's my neighbor. (Laughter) He actually moved across the street from us, and he held a cocktail party to meet the neighbors, and he says, "You're Don Tapscott. I've read some of your books." I said, "Great. What do you do?" And he says, "Well I used to be a banker and now I'm a gold miner." And he tells me this amazing story. He takes over this gold mine, and his geologists can't tell him where the gold is. He gives them more money for geological data, they come back, they can't tell him where to go into production. After a few years, he's so frustrated he's ready to give up, but he has an epiphany one day. He wonders, "If my geologists don't know where the gold is, maybe somebody else does." So he does a "radical" thing. He takes his geological data, he publishes it and he holds a contest on the Internet called the Goldcorp Challenge. It's basically half a million dollars in prize money for anybody who can tell me, do I have any gold, and if so, where is it? (Laughter)

He gets submissions from all around the world. They use techniques that he's never heard of, and for his half a million dollars in prize money, Rob McEwen finds 3.4 billion dollars worth of gold. The market value of his company goes from 90 million to 10 billion dollars, and I can tell you, because he's my neighbor, he's a happy camper. (Laughter)

You know, conventional wisdom says talent is inside, right? Your most precious asset goes out the elevator every night. He viewed talent differently. He wondered, who are their peers? He should have fired his geology department, but he didn't. You know, some of the best submissions didn't come from geologists. They came from computer scientists, engineers. The winner was a computer graphics company that built a three dimensional model of the mine where you can helicopter underground and see where the gold is.

He helped us understand that social media's becoming social production. It's not about hooking up online. This is a new means of production in the making. And this Ideagora that he created, an open market, agora, for uniquely qualified minds, was part of a change, a profound change in the deep structure and architecture of our organizations, and how we sort of orchestrate capability to innovate, to create goods and services, to engage with the rest of the world, in terms of government, how we create public value. Openness is about collaboration.

Now secondly, openness is about transparency. This is different. Here, we're talking about the communication of pertinent information to stakeholders of organizations: employees, customers, business partners, shareholders, and so on.

And everywhere, our institutions are becoming naked. People are all bent out of shape about WikiLeaks, but that's just the tip of the iceberg. You see, people at their fingertips now, everybody, not just Julian Assange, have these powerful tools for finding out what's going on, scrutinizing, informing others, and even organizing collective responses. Institutions are becoming naked,

and if you're going to be naked, well, there's some corollaries that flow from that. I mean,one is, fitness is no longer optional. (Laughter) You know? Or if you're going to be naked, you'd better get buff.

Now, by buff I mean, you need to have good value, because value is evidenced like never before. You say you have good products. They'd better be good. But you also need to have values. You need to have integrity as part of your bones and your DNA as an organization, because if you don't, you'll be unable to build trust, and trust is a sine qua non of this new network world.

So this is good. It's not bad. Sunlight is the best disinfectant. And we need a lot of sunlight in this troubled world.

Now, the third meaning and corresponding principle of openness is about sharing. Now this is different than transparency. Transparency is about the communication of information. Sharing is about giving up assets, intellectual property.

And there are all kinds of famous stories about this. IBM gave away 400 million dollars of software to the Linux movement, and that gave them a multi-billion dollar payoff.

Now, conventional wisdom says, "Well, hey, our intellectual property belongs to us, and if someone tries to infringe it, we're going to get out our lawyers and we're going to sue them." Well, it didn't work so well for the record labels, did it? I mean, they took - They had a technology disruption, and rather than taking a business model innovation to correspond to that, they took and sought a legal solution and the industry that brought you Elvis and the Beatles is now suing children and is in danger of collapse.

So we need to think differently about intellectual property.

I'll give you an example. The pharmaceutical industry is in deep trouble. First of all, there aren't a lot of big inventions in the pipeline, and this is a big problem for human health, and the pharmaceutical industry has got a bigger problem, that they're about to fall off something called the patent cliff. Do you know about this? They're going to lose 20 to 35 percent of their revenue in the next 12 months. And what are you going to do, like, cut back on paper clips or something? No.

We need to reinvent the whole model of scientific research. The pharmaceutical industry needs to place assets in a commons. They need to start sharing precompetitive research. They need to start sharing clinical trial data, and in doing so, create a rising tide that could lift all boats, not just for the industry but for humanity.

Now, the fourth meaning of openness, and corresponding principle, is about empowerment. And I'm not talking about the motherhood sense here. Knowledge and intelligence is power, and as it becomes more distributed, there's a concomitant distribution and decentralization and disaggregation of power that's underway in the world today. The open world is bringing freedom.

Now, take the Arab Spring. The debate about the role of social media and social change has been settled. You know,one word: Tunisia. And then it ended up having a whole bunch of other words too. But in the Tunisian revolution, the new media didn't cause the revolution; it was caused by injustice. Social media didn't create the revolution; it was created by a new generation of young people who wanted jobs and hope and who didn't want to be treated as subjects anymore.

But just as the Internet drops transaction and collaboration costs in business and government, it also drops the cost of dissent, of rebellion, and even insurrection in ways that people didn't understand.

You know, during the Tunisian revolution, snipers associated with the regime were killing unarmed students in the street. So the students would take their mobile devices, take a picture, triangulate the location, send that picture to friendly military units, who'd come in and take out the snipers. You think that social media is about hooking up online? For these kids, it was a military tool to defend unarmed people from murderers. It was a tool of self-defense.

You know, as we speak today, young people are being killed in Syria, and up until three months ago, if you were injured on the street, an ambulance would pick you up, take you to the hospital, you'd go in, say, with a broken leg, and you'd come out with a bullet in your head.

So these 20-somethings created an alternative health care system, where what they did is they used Twitter and basic publicly available tools that when someone's injured, a car would show up, it would pick them up, take them to a makeshift medical clinic, where you'd get medical treatment, as opposed to being executed. So this is a time of great change.

Now, it's not without its problems. Up until two years ago, all revolutions in human history had a leadership, and when the old regime fell, the leadership and the organization would take power. Well, these wiki revolutions happen so fast they create a vacuum, and politics abhors a vacuum, and unsavory forces can fill that, typically the old regime, or extremists, or fundamentalist forces. You can see this playing out today in Egypt.

But that doesn't matter, because this is moving forward. The train has left the station. The cat is out of the bag. The horse is out of the barn. Help me out here, okay? (Laughter) The toothpaste is out of the tube. I mean, we're not putting this one back. The open world is bringing empowerment and freedom.

I think, at the end of these four days, that you'll come to conclude that the arc of history is a positive one, and it's towards openness.

If you go back a few hundred years, all around the world it was a very closed society. It was agrarian, and the means of production and political system was called feudalism, and knowledge was concentrated in the church and the nobility. People didn't know about things. There was no concept of progress. You were born, you lived your life and you died.

But then Johannes Gutenberg came along with his great invention, and, over time, the society opened up. People started to learn about things, and when they did, the institutions of feudal society appeared to be stalled, or frozen, or failing. It didn't make sense for the church to be responsible for medicine when people had knowledge.

So we saw the Protestant Reformation. Martin Luther called the printing press "God's highest act of grace." The creation of a corporation, science, the university, eventually the Industrial Revolution, and it was all good.

But it came with a cost.

And now, once again, the technology genie is out of the bottle, but this time it's different. The printing press gave us access to the written word. The Internet enables each of us to be a producer. The printing press gave us access to recorded knowledge. The Internet gives us access, not just to information and knowledge, but to the intelligence contained in the crania of other people on a global basis.

To me, this is not an information age, it's an age of networked intelligence. It's an age of vast promise, an age of collaboration, where the boundaries of our organizations are changing, of transparency, where sunlight is disinfecting civilization, an age of sharing and understanding the new power of the commons, and it's an age of empowerment and of freedom.

Now, what I'd like to do is, to close, to share with you some research that I've been doing. I've tried to study all kinds of organizations to understand what the future might look like, but I've been studying nature recently.

You know, bees come in swarms and fish come in schools. Starlings, in the area around Edinburgh, in the moors of England, come in something called a murmuration, and the murmuration refers to the murmuring of the wings of the birds, and throughout the day the starlings are out over a 20-mile radius sort of doing their starling thing. And at night they come together and they create one of the most spectacular things in all of nature, and it's called a murmuration. And scientists that have studied this have said they've never seen an accident. Now, this thing has a function. It protects the birds. You can see on the right here, there's a predator being chased away by the collective power of the birds, and apparently this is a frightening thing if you're a predator of starlings. And there's leadership, but there's no one leader.

Now, is this some kind of fanciful analogy, or could we actually learn something from this? Well, the murmuration functions to record a number of principles, and they're basically the principles that I have described to you today. This is a huge collaboration. It's an openness, it's a sharing of all kinds of information, not just about location and trajectory and danger and so on, but about food sources. And there's a real sense of interdependence, that the individual birds somehow understand that their interests are in the interest of the collective.

Perhaps like we should understand that business can't succeed in a world that's failing.

Well, I look at this thing, and I get a lot of hope. Think about the kids today in the Arab Spring, and you see something like this that's underway.

And imagine, just consider this idea, if you would: What if we could connect ourselves in this world through a vast network of air and glass? Could we go beyond just sharing information and knowledge? Could we start to share our intelligence? Could we create some kind of collective intelligence that goes beyond an individual or a group or a team to create, perhaps, some kind of consciousness on a global basis? Well, if we could do this, we could attack some big problems in the world.

And I look at this thing, and, I don't know, I get a lot of hope that maybe this smaller, networked, open world that our kids inherit might be a better one, and that this new age of networked intelligence could be an age of promise fulfilled and of peril unrequited.

Let's do this. Thank you.

(Applause)

Openness.// It's a word/ that denotes opportunity and possibilities.//

オープンとは 機会や可能性を表す言葉です

Open-ended, open hearth,/ open source,/ open door policy,/ open bar.// (Laughter)//

青天井 オープン型暖炉 オープン ソース 自由貿易政策 (無料で飲める)オープンバー(笑)

And everywhere/ the world is opening up,/ and it's a good thing.//

世界はどこもかしこもオープンになってきていて それ自体は良い事です

Why is this happening?//

なぜこのような事が起きているのでしょう?

The technology revolution is opening the world.//

技術革命が世界をオープンにしているのです

Yesterday's Internet was a platform/ for the presentation of content.//

昔のインターネットはコンテンツを見せるための プラットフォームでした

The Internet of today is a platform/ for computation.//

今やインターネットは データ処理のためのプラットフォームです

The Internet is becoming a giant global computer,/ and every time/ you go on it,/ you upload a video,/ you do a Google search,/ you remix something,/ you're programming/ this big global computer/ that we/ all share.//

インターネットは 巨大な世界規模のコンピューターになりつつあり 接続して 動画のアップロードや Google検索 何かをリミックスする度に 我々が共有するこの巨大な世界規模のコンピュータを プログラムしているのです

Humanity is building a machine,/ and this enables us/ to collaborate in new ways.//

人類はこの機械の製作によって 新しい方法で協力し合うことが可能となりました

Collaboration can occur on an astronomical basis.//

コラボレーションは地球規模で起こり得るのです

Now/ a new generation is opening up/ the world/ as well.//

今や新しい世代も世界を開こうとしています

I started studying/ kids about 15 years ago, --/ so actually/ 20 years ago now --/ and I noticed/ how my own children were effortlessly able/ to use all this sophisticated technology,/ and at first/ I thought,/ "My children are prodigies!"// (Laughter)/ But then/ I noticed/ all their friends were like them,/ so that was a bad theory.//

15年程前に子供たちに関する調査を始めた頃 ―実際は20年以上前になるのですが― 私の子供たちが こんなにも複雑な技術を 苦もなく使いこなしていることに気づき 始めはこう思いました 「私の子供たちは天才だ!」(笑) でも彼らの友人も 同様だったことがわかり 仮説は誤りと判明しました

So I've started working/ with a few hundred kids,/ and I came to the conclusion/ that this is the first generation/ to come of age/ in the digital age,/ to be bathed in bits.//

数百人の子供たちを調査した結果 一つの結論に至りました これがデジタル時代において ビットを産湯に使った初めての世代なのだと

I call them/ the Net Generation.//

私は彼らをネット世代と呼びました

I said,/ these kids are different.//

この子供たちは特別で存在の見えない 技術を恐れません

They have no fear of technology,/ because it's not there.//

It's like the air.//

空気のようなものです

It's sort of like,/ I have no fear of a refrigerator.//

私が冷蔵庫を怖がらないのと同じようなものです

And - (Laughter)//

そして... (笑)

And there's no more powerful force/ to change every institution/ than the first generation of digital natives.//

そしてデジタルネイティブの 第一世代ほど強力にあらゆる組織を変える集団は他にありません

私はデジタル移民です

I had to learn/ the language.//

言葉を学ばなければなりませんでした

The global economic crisis is opening up/ the world/ as well.//

世界的な経済危機もまたオープンな世界へと導きます

Our opaque institutions/ from the Industrial Age,/ everything/ from old models of the corporation,/ government,/ media,/ Wall Street,/ are in various stages of being stalled/ or frozen/ or in atrophy/ or even failing,/ and this is now creating a burning platform/ in the world.//

産業時代に生まれた不透明な機関は全て 昔ながらの企業や政府も メディアもウォール街も 様々な形で停滞したり機能停止したり 退化したり破たんしたりしています こうして世界中のプラットフォームが燃え上がっているのです

I mean,/ think about Wall Street.//

ウォール街について考えてみてください

ウォール街の伝統的な手法によって グローバル資本主義は危うく破綻しかけました

Now,/ you know the idea of a burning platform,/ that you're somewhere/ where the costs of staying/ where you are become greater/ than the costs of moving to something different,/ perhaps/ something radically different.//

石油プラットフォームの火災と同じで おそらくその場に留まることのほうが 他所に動いて根本的な変革を受け入れることよりも 高くつくことになります

And we need to change/ and open up/ all of our institutions.//

我々の機関はすべて変革しオープンにする必要があります

So this technology push,/ a demographic kick/ from a new generation/ and a demand pull/ from a new economic global environment is causing the world/ to open up.//

このように技術や若くて新しい世代の人たちによる後押しに加え 新しいグローバルな経済環境による 需要によって 世界はオープンになりつつあります

Now,/ I think,/ in fact,/ we're at a turning point/ in human history,/ where we can finally now rebuild many of the institutions of the Industrial Age/ around a new set of principles.//

今は 私が思うに 人類史における転換期に差しかかっており 新しい原則に沿ってようやく 産業時代からの多くの機関を再構築する時期に入ったと考えます

Now,/ what is openness?//

ではオープンとは何でしょう

Well,/ as it turns out,/ openness has a number of different meanings,/ and for each there's a corresponding principle/ for the transformation of civilization.//

オープンというときには様々な意味が存在します それぞれが文明の変革につながる原則を 持ち合わせているのです

The first is collaboration.//

一つ目はコラボレーションです

Now,/ this is openness/ in the sense of the boundaries of organizations/ becoming more porous and fluid and open.//

これは組織における境界に 穴が開いて流動的になるという意味で オープンになることです

The guy/ in the picture here,/ I'll tell you/ his story.//

この写真に映っている男性のとある話を紹介します

His name is Rob McEwen.//

彼の名はロブ・マキューエンです

I'd like to say,/ "I have this think tank,/ we scour the world/ for amazing case studies."//

シンクタンクの仕事で集めた 世界中の驚くべき事例から 紹介します と言いたいところですが

The reason/ I know/ this story is/ because he's my neighbor.// (Laughter)/ He actually moved across the street/ from us,/ and he held a cocktail party/ to meet the neighbors,/ and he says,/ "You're Don Tapscott.//

彼の話を知っている理由は 近所に住んでいるからです (笑) 通りの向かいに引っ越してきた彼が 隣人を招いたカクテルパーティーで 「ドン・タプスコットさん あなたの本を読みましたよ」

I've read some of your books."//

と話しかけられました

I said,/ "Great.// What do you do?"//

「ありがとう ご職業は?」

And he says,/ "Well/ I used to be a banker/ and now/ I'm a gold miner."//

「元は銀行員で 今は金の採掘をしています」

And he tells me/ this amazing story.//

そして私にとても面白い話をしてくれたのです

He takes over/ this gold mine,/ and his geologists can't tell him/ where the gold is.//

ある金鉱を入手したものの社内の地質部門では 金の在りかがわかりませんでした

He gives them/ more money/ for geological data,/ they come back,/ they can't tell him/ where to go into production.//

資金を投じてデータを追加しても どこを掘ったら良いか決められないのです

After a few years,/ he's so frustrated/ he's ready/ to give up,/ but he has an epiphany one day.//

数年後 失望のあまり諦めかけた時に ある日 彼は突然ひらめきました

He wonders,/ "If my geologists don't know/ where the gold is,/ maybe/ somebody/ else does."//

「地質部門に金の在りかがわからなくても 他の人なら分かるかもしれない」

So he does a "radical"/ thing.//

そこで彼は「大胆な」ことを行ったのです

He takes his geological data,/ he publishes it/ and he holds a contest/ on the Internet called the Goldcorp Challenge.//

地質データをインターネットに公開し ゴールドコープ・チャレンジというコンテストを開催したのです

It's basically/ half a million dollars/ in prize money/ for anybody/ who can tell me,/ do/ I have any gold,/ and/ if so,/ where is it?// (Laughter)//

賞金は50万ドル 課題は そこに金はあるのか あるのなら その場所は?というものでした(笑)

He gets submissions/ from all/ around the world.//

世界中から応募が集まりました

They use techniques/ that he's never heard of,/ and for his half a million dollars/ in prize money,/ Rob McEwen finds 3.4 billion dollars worth of gold.//

聞いたこともないような技術が用いられて 50万ドルの懸賞金の成果として ロブ・マキューエンは 34億ドルの金脈を探し当てました

The market value of his company goes from 90 million/ to 10 billion dollars,/ and I can tell you,/ because he's my neighbor,/ he's a happy camper.// (Laughter)//

彼の会社の市場価値は 9000万ドルから100億ドルになり 近所に住んでるから良くわかるんですが 彼はごきげんに暮らしています(笑)

You know,/ conventional wisdom says/ talent is inside,/ right?//

人材は組織内で求めるものというのが普通の考え方です

Your most precious asset goes out/ the elevator/ every night.//

会社の最も貴重な資産は毎晩帰っていく社員なのです

彼は人材について違う視点を持っていました

He wondered,/ who are their peers?//

彼らにとっての仲間とは誰なのか考えたのです

He should have fired his geology department,/ but he didn't.//

地質学部門はクビになってもよさそうですがそんなことはありませんでした

You know,/ some of the best submissions didn't come from geologists.//

いくつかの有力な提案は地質の専門家からではなく

They came from computer scientists,/ engineers.//

コンピュータ科学者やエンジニアからでした

The winner was a computer graphics company/ that built a three dimensional model of the mine/ where you can helicopter underground/ and see/ where the gold is.//

優勝したのは 地中のどこに金が存在しているか確認できる 鉱山の3次元モデルを作った コンピュータ・グラフィックの会社でした

He helped us/ understand/ that social media's becoming social production.//

彼の話で ソーシャル・メディアからソーシャルな生産活動が 始まっていることがわかります

It's not about hooking up/ online.//

インターネットへの接続のみに留まらず

This is a new means of production/ in the making.//

新しい生産手段が作られつつあるのです

And this Ideagora/ that he created,/ an open market,/ agora,/ for uniquely qualified minds,/ was part of a change,/ a profound change/ in the deep structure and architecture of our organizations,/ and how we/ sort of orchestrate capability to innovate,/ to create goods and services,/ to engage with the rest of the world,/ in terms of government,/ how we create public value.//

彼が作り出したイデアゴラは 特別な知性を持つ人にとってはオープンな市場であり広場であり 組織の構造を その根本から問う変革の一部でした また 革新を生み出し 物やサービスを作り出すために また外の世界と関わるために持てる力をどのように結集させるかを 示したものでした 行政の場合で言えば いかに公共の価値を生み出すかということです

Openness is about collaboration.//

オープンであるとはコラボレーションのことなのです

Now secondly,/ openness is about transparency.//

二つ目に オープンとは透明性のことです

This is different.// Here,/ we're talking/ about the communication of pertinent information/ to stakeholders of organizations:/ employees, customers,/ business partners,/ shareholders,/ and so on.//

先ほどの話と異なり ここで紹介するのは 組織の利害関係者や 従業員 顧客 ビジネスパートナー 株主にかかわる情報の コミュニケーションの話です

And everywhere,/ our institutions are becoming naked.//

いたるところで 機関は裸にされています

People are all bent/ out of shape/ about WikiLeaks,/ but that's just the tip of the iceberg.//

多くの人がウィキリークスに怒っていますが それは氷山の一角にすぎません

You see,/ people/ at their fingertips now,/ everybody,/ not just Julian Assange,/ have these powerful tools/ for finding out/ what's going on,/ scrutinizing,/ informing others,/ and even organizing/ collective responses.//

ジュリアン・アサンジ氏に限らず 今や多くの人たちが 強力なツールを使って 何が起きているのか 調査し 周囲に知らせ 不特定多数の意見をまとめることが可能なのです

Institutions are becoming naked,//

あらゆる機関は裸にされつつあります

and/ if you're going to be naked,/ well,/ there's some corollaries/ that flow from that.//

いずれ裸にされるのなら そこから導かれる答えもあります

I mean,/one is,/ fitness is no longer optional.// (Laughter)/ You know?// Or/ if you're going to be naked,/ you'd better get buff.//

その一つは キレイな体を維持すべし (笑) 丸裸になるなら 備えておいた方が良いですね

Now,/ by buff/ I mean,/ you need to have/ good value,/ because value is evidenced like never before.//

備えるというのはつまり優れた価値を持つということです 価値はかつてないほど重視されます

You say/ you have good products.//

良い製品があると言ったとします

They'd better be good.//

良いに越したことはないですが価値も必要です

But you also need to have/ values.//

You need to have/ integrity/ as part of your bones and your DNA/ as an organization,/ because/ if you don't,/ you'll be unable/ to build trust,/ and trust is a sine qua non of this new network world.//

組織の骨格やDNAとして 誠実さがなければ 信頼を築くこともできません 信頼はこの新しいネットワーク世界に不可欠な要素です

So this is good.// It's not bad.//

これは良いことで悪いことはではないんです

Sunlight is the best disinfectant.//

日光は殺菌には最高ですが

And we need a lot of sunlight/ in this troubled world.//

この厄介な世界には日光がたくさん必要です

Now,/ the third meaning/ and corresponding principle of openness is about sharing.//

オープンの三つ目の意味とその原則は 共有です

Now/ this is different/ than transparency.//

これは透明性とはまた異なります

透明性は情報伝達に関わるものです

Sharing is about giving up/ assets,/ intellectual property.//

共有とは 資産や知的財産を手放すということです

And there are all kinds of famous stories/ about this.//

これについて様々な有名な話があります

IBM gave away/ 400 million dollars of software/ to the Linux movement,/ and that gave them/ a multi-billion dollar payoff.//

IBMは4億ドル分のソフトウェアを Linuxの活動に提供し 数十億ドルの見返りを得ました

Now,/ conventional wisdom says,/ "Well,/ hey,/ our intellectual property belongs to us,/ and/ if someone tries to infringe/ it,/ we're going to get out/ our lawyers/ and we're going to sue/ them."//

世間一般の通念は 「私たちの知的財産は私たちのものだ それを侵害しようとする人たちは 弁護士を使って訴えるぞ」というものです

Well,/ it didn't work so well/ for the record labels,/ did it?//

レコード会社はこの方法ではうまくいきませんでしたよね?

I mean,/ they took -/ They had a technology disruption,/ and rather than taking a business model innovation to correspond to that,/ they took/ and sought a legal solution/ and the industry/ that brought you/ Elvis/ and the Beatles is now suing children/ and is in danger of collapse.//

破壊的な技術が登場したときに それに対処したビジネスモデルの革新を行わず 法的な解決を目指しました エルビスやビートルズを広めた業界が 今や若者相手の裁判を行い 崩壊の危機に陥っています

So we need to think differently/ about intellectual property.//

私たちは知的財産について 考えを変える必要があります

I'll give you/ an example.//

一つ例を紹介します

製薬業界は今 深刻な問題に直面しています

First of all,/ there aren't a lot of big inventions/ in the pipeline,/ and this is a big problem/ for human health,/ and the pharmaceutical industry has got a bigger problem,/ that they're/ about to fall off/ something called the patent cliff.//

まず 薬の開発段階で革新的な発明があまりありません これは人類の健康上の大問題ですが 製薬業界はさらに大きな問題に直面しています いわゆる「特許の崖」から落ちる寸前なのです

Do you know about this?//

ご存知でしたか?

They're going to lose/ 20 to 35 percent of their revenue/ in the next 12 months.//

製薬業界は次の12ヶ月間で 収益の20から35パーセントを 失うことになります

And what are you/ going to do, like, cut back/ on paper clips or something?// No.//

どうすればいいでしょう? クリップなどの消耗品の削減を図るべきでしょうか?違います

We need to reinvent/ the whole model of scientific research.//

科学研究の全体モデルを変える必要があるのです

The pharmaceutical industry needs to place/ assets/ in a commons.// They need to start sharing/ precompetitive research.//

製薬業界は 資産を共有する必要があります 競争以前の基礎研究は共有し始めるのです

They need to start sharing/ clinical trial data,/ and in doing so,/ create a rising tide/ that could lift all boats,/ not just/ for the industry/ but/ for humanity.//

彼らは臨床試験のデータを 共有し始めるべきです それによって 産業だけに留まらず人類全体のために 大きな潮流を生み出すことが できるでしょう

Now,/ the fourth meaning of openness,/ and corresponding principle,/ is about empowerment.//

オープンの四つ目の 意味と原則は 力を与えることです

And I'm not talking/ about the motherhood sense/ here.//

母性を発揮せよと言っているのではありません

Knowledge and intelligence is power,/ and/ as it becomes more distributed,/ there's a concomitant distribution and decentralization and disaggregation of power/ that's underway/ in the world today.//

知識や知性は力になります 知が拡散すればするほど これに伴って 力が 分配され 分散され 分割されるのです 今 世界中で起きています

The open world is bringing freedom.//

オープンな世界は自由をもたらします

Now,/ take the Arab Spring.//

アラブの春を例にしましょう

The debate/ about the role of social media/ and social change has been settled.//

社会変革におけるソーシャル・メディアの 役割についての議論はひと段落しました

You know,/one word:/ Tunisia.//

ひとことで言えば チュニジアです

And then/ it ended up/ having a whole bunch of other words too.//

そして その後いろいろな方面に広がりました

But in the Tunisian revolution,/ the new media didn't cause the revolution;/ it was caused by injustice.//

チュニジアの革命では 新しいメディアが革命を起こした訳ではありません 人々の不満が発端だったのです

Social media didn't create the revolution;/ it was created by a new generation of young people/ who wanted jobs/ and hope/ and who didn't want to be treated/ as subjects anymore.//

ソーシャル・メディアが革命を生み出した訳ではありません 革命は仕事や希望を求め 支配されるのはもう嫌だという 若い世代の人々が起こしました

But/ just as the Internet drops transaction and collaboration costs/ in business and government,/ it also drops the cost of dissent,/ of rebellion,/ and even/ insurrection/ in ways/ that people didn't understand.//

インターネットが ビジネスや行政における取引や協同する際の コストを引き下げたように 反政府活動や抵抗運動 それに暴動のコストも思わぬ形で 下げることができるようになりました

You know,/ during the Tunisian revolution,/ snipers associated with the regime were killing unarmed students/ in the street.//

チュニジア革命においては 政権側の狙撃兵が路上の非武装の 学生を殺害していました

So the students would take their mobile devices,/ take a picture,/ triangulate the location,/ send/ that picture/ to friendly military units,/ who'd come in/ and take out/ the snipers.//

そこで学生たちは モバイル端末を使って 写真を撮って 位置を測量すると 友軍部隊に送り 狙撃兵を排除させたのです

You think/ that social media is about hooking up/ online?//

ソーシャルメディアは ネットの交流だけではありません

For these kids,/ it was a military tool/ to defend unarmed people/ from murderers.//

若者たちにとって 殺人者から非武装の人たちを守るための 軍用ツールだったのです

It was a tool of self-defense.//

これは自衛のためのツールなのです

You know,/ as we speak today,/ young people are being killed in Syria,/ and up/ until three months ago,/ if you were injured on the street,/ an ambulance would pick you up,/ take you/ to the hospital,/ you'd go in,/ say,/ with a broken leg,/ and you'd come out/ with a bullet/ in your head.//

こうしている間にも シリアでは若者たちが殺されており 3ヶ月前までは 路上で負傷したら 救急車があなたを 病院まで搬送し例えば足の骨折で受診しても 頭に弾丸を打ち込まれて帰される状態でした

So these 20-somethings created an alternative health care system,/ where/ what they did/ is they used Twitter/ and basic publicly available tools/ that/ when someone's injured,/ a car would show up,/ it would pick them up,/ take them/ to a makeshift medical clinic,/ where you'd get medical treatment,/ as opposed to being executed.//

そこでこのような20代の人たちが 代替の救急システムを作りました 彼らはTwitterや 誰でも使えるツールを使って けが人が発生したら 手配した車に乗せて 簡易の診療所に運んで治療を受けさせ 処刑はされないというシステムを構築しました

So this is a time of great change.//

今や大きな変革の時代を迎えました

Now,/ it's not without its problems.//

問題がないわけではありません

Up/ until two years ago,/ all revolutions/ in human history had a leadership,/ and when the old regime fell,/ the leadership/ and the organization would take power.//

2年前まで 人類史上の全ての革命には指導者が存在し 旧体制が崩壊した際には その指導者と組織が 権力を掌握していました

Well,/ these wiki revolutions happen so fast/ they create a vacuum,/ and politics abhors a vacuum,/ and unsavory forces can fill/ that,/ typically/ the old regime,/ or extremists,/ or fundamentalist forces.//

一方 このWiki革命は あまりにも一瞬にして起こるため 政治的空白を生み出します 政治は空白を嫌いよからぬ勢力が空白を埋めることにもなります たいていは 旧体制や 過激派や原理主義勢力などです

You can see this playing out/ today/ in Egypt.//

これは 現在のエジプトで見る事ができます

But that doesn't matter,/ because this is moving forward.//

しかし それでも構わないのです なぜなら状況は前進しているからです

The train has left the station.// The cat is out of the bag.//

電車は駅を出発しました猫は袋から逃げました

The horse is out of the barn.// Help/ me out here,/ okay?//

馬は馬小屋から逃げましたもっと ありますか?(笑)

(Laughter)/ The toothpaste is out of the tube.//

歯磨き粉はチューブから出ました

I mean,/ we're not putting/ this one back.//

もう元には戻せないのです

The open world is bringing empowerment and freedom.//

オープンな世界は力と自由を与えているのです

I think,/ at the end of these four days,/ that you'll come to conclude/ that the arc of history is a positive one,/ and it's towards openness.//

TEDGlobal の4日間が終わる頃には 歴史の転換期が肯定的なものであり オープンな方へ向かっていると結論づけることになるでしょう

If you go back/ a few hundred years,/ all/ around the world/ it was a very closed society.//

数百年遡ってみると 世界中どこもかしこもとても閉鎖的な社会でした

It was agrarian,/ and the means of production and political system was called feudalism,/ and knowledge was concentrated in the church and the nobility.//

農耕社会であり 生産や政治システムは封建主義と呼ばれ 知識は教会や貴族に独占されていました

People didn't know about things.//

人々は無知で

There was no concept of progress.//

進歩という概念がなかったのです

You were born,/ you lived your life/ and you died.//

生まれて 自分の人生を生き 死ぬのです

But then/ Johannes Gutenberg came along with his great invention,/ and,/ over time,/ the society opened up.//

しかしその後 ヨハネス・グーテンベルクが 素晴らしい発明をもたらし 徐々に社会が開かれていったのです

People started to learn/ about things,/ and when they did,/ the institutions of feudal society appeared to be stalled,/ or frozen,/ or failing.//

人々が自ら学び始めた結果 封建社会における諸機関は 行き詰まり 進歩がなく破綻しているように見られました

It didn't make sense/ for the church/ to be responsible/ for medicine/ when people had knowledge.//

人々が知識を持つと教会が医学の知識を 独占していることも腑に落ちないようになり

So we saw the Protestant Reformation.//

やがて宗教改革を迎えます

Martin Luther called the printing press "God's highest act of grace."//

マルティン・ルターは印刷機のことを 「神の最大級の恩典」と呼びました

The creation of a corporation,/ science,/ the university,/ eventually/ the Industrial Revolution,/ and it was all good.//

企業や 科学 大学 特に 産業革命の実現は 全て良いことでした

But it came with a cost.//

しかし その代償もありました

And now,/ once again,/ the technology genie is out of the bottle,/ but this time/ it's different.//

そして今 再び 技術の変革期に直面していますが 今回は少し様相が違います

The printing press gave us/ access/ to the written word.//

印刷機で 誰もが文書を読めるようになりましたが

The Internet enables each of us/ to be a producer.//

インターネットでは 誰もが情報を発信できるようになるのです

印刷機は記録された知識へのアクセスを可能にしました

The Internet gives us/ access,/ not just/ to information and knowledge, but to the intelligence contained in the crania of other people/ on a global basis.//

インターネットは情報や知識だけではなく 地球規模における 他の人たちの知性も アクセスできるようになりました

To me,/ this is not an information age,/ it's an age of networked intelligence.//

私にとって 今は情報時代ではなく ネットワーク化した知性の時代なのです

It's an age of vast promise,/ an age of collaboration,/ where the boundaries of our organizations are changing,/ of transparency,/ where sunlight is disinfecting civilization,/ an age of sharing and understanding the new power of the commons,/ and it's an age of empowerment/ and of freedom.//

広大な見通しを得る時代であり コラボレーションの時代です 組織における境界は変化しつつあり 透明性という日光が 文明を浄化しながら 新たな共有財の力を 共有し 理解する時代であり 自由と力を個人に与える 時代なのです

Now,/ what I'd like to do/ is,/ to close,/ to share with you/ some research/ that I've been doing.//

それでは 皆さんに 最後に最近 私が取り組んでる 研究を紹介します

I've tried to study/ all kinds of organizations/ to understand/ what the future might look like,/ but I've been studying nature recently.//

未来がどのような形となるのか理解するため 様々な組織を調査しましたが 最近は自然界からも学んでいます

You know,/ bees come in swarms and fish come in schools.//

ご存知のように 蜂も 魚も群れで行動します

Starlings,/ in the area/ around Edinburgh,/ in the moors of England,/ come in something called a murmuration,/ and the murmuration refers to the murmuring of the wings of the birds,/ and throughout the day/ the starlings are out over a 20-mile radius sort of doing their starling thing.//

エディンバラ周辺の イギリスの湿原地に生息するムクドリは 群舞します 群舞 (murmuration) は鳥たちの羽音(murmuring) に由来しています ムクドリは 日中は半径20マイルの範囲に広がって それぞれに過ごします

And at night/ they come together/ and they create one of the most spectacular things/ in all of nature,/ and it's called a murmuration.//

そして 夜になるとムクドリは集まり 自然界の中で最も見事な現象を作り上げます これが群舞です

And scientists/ that have studied/ this have said they've never seen an accident.//

この現象を研究している科学者たちは 衝突する所を見たことがないと言います

Now,/ this thing has a function.//

この現象にはある効果があります

It protects the birds.//

鳥たちを外敵から守るのです

You can see on the right here,/ there's a predator/ being chased away/ by the collective power of the birds,/ and apparently/ this is a frightening thing/ if you're a predator of starlings.//

右側をご覧下さい 鳥たちの団結によって捕食者は追い払われています これはムクドリの捕食者の立場であれば 恐ろしい状況でしょう

And there's leadership,/ but there's no one leader.//

ここにはリーダーシップは存在しますが 決まったリーダーはいません

Now,/ is this some kind of fanciful analogy,/ or could we actually learn something/ from this?//

これは一種の突飛なアナロジーでしょうか? それともこれから学べることがあるでしょうか?

Well,/ the murmuration functions to record/ a number of principles,/ and they're basically/ the principles/ that I have described to you today.//

ええ 群舞の働きから いくつかの原則を見出せます これらはおおむね今日皆さんにご紹介した原則です

This is a huge collaboration.//

これは巨大なコラボレーションです

It's an openness,/ it's a sharing of all kinds of information,/ not just/ about location and trajectory and danger/ and so on,/ but about food sources.//

オープンです 位置や軌跡 危険性などに限らず 食料源などといったあらゆる情報を共有しているのです

And there's a real sense of interdependence,/ that the individual birds somehow understand/ that their interests are in the interest of the collective.//

本当の意味での相互依存関係が存在し 鳥の一羽一羽が どうやってか集団の利益が自分の利益だと理解しています

Perhaps/ like we should understand/ that business can't succeed in a world/ that's failing.//

たぶん私たちも 崩壊しつつある世界ではビジネスも成功しないことを 理解すべきかもしれません

Well,/ I look at this thing,/ and I get a lot of hope.//

でも 私はこういったものを見ると 大変勇気づけられます

Think about the kids/ today/ in the Arab Spring,/ and you see something/ like this that's underway.//

アラブの春の若者やあちこちで進行中の同様の状況のことを 考えてみてください

And imagine,/ just consider this idea,/ if you would:/ What if we could connect ourselves/ in this world/ through a vast network of air and glass?//

そしてこんな考えについて想像してみてください もし私たちがこの世界に 無線や光ファイバーで構成された 広大なネットワークを通じて繋がり合えたとしたら

Could we go beyond just sharing information and knowledge?//

情報や知識を共有するだけの枠を超えられるでしょうか?

Could we start to share/ our intelligence?//

私たちの知性を共有し始めることが出来るでしょうか?

Could/ we create some kind of collective intelligence/ that goes beyond an individual/ or a group/ or a team/ to create,/ perhaps,/ some kind of consciousness/ on a global basis?//

個人やグループ もしくはチームを上回る 集合知のようなものを作り出し 地球規模における意識のようなものを生み出すことは可能でしょうか?

Well,/ if we could do this,/ we could attack some big problems/ in the world.//

これができれば 世界の抱える大問題に取り組むことができるでしょう

And I look at this thing,/ and,/ I don't know,/ I get a lot of hope/ that maybe/ this smaller, networked, open world/ that our kids inherit might be a better one,/ and/ that this new age of networked intelligence could be an age of promise fulfilled and of peril unrequited.//

こういったものを見ると 私はとても勇気づけられますもしかしたら 私たちの子供たちが受け継ぐこの小さな ネットワーク化した オープンな世界が 今の世界よりも良いものであって この新しいネットワーク化した知性の時代が 展望に満ちた 危機的状況を回避する 時代であるかもしれないと考えるのです

Let's do this.// Thank you.//

是非実現しようではありませんかありがとうございました

(拍手)

denote

…‘を'示す,表す;…‘の'記号である

opportunity

『機会』,好機

open-ended

(時間・数量などに)制限のない,無制限の

広い解釈ができる

hearth

〈C〉『炉床』(暖炉の前に突き出した石やれんがの床)

〈U〉(家庭生活の象徴としての)炉辺,家庭

火床(ほど)(溶鉱炉などの下部で溶けた金属を集める所)

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

laughter

『笑い』,笑い声

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

computation

計算;〈C〉(その結果出た)算定額

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

computer

『計算機』;『電子計算機』

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

prodigy

非凡な人,天才,神童・(…の)驚異・奇跡

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

bath

『入浴』;水浴び

(また《おもに米》『bathtub』,《話》『tub』)浴槽(よくそう),ふろ[がま]

『浴室』(bathroom);

《複数形で》(古代の)大浴場

(化学作用を与えるための)浴液;電解そう

‥'を'入浴させる

入浴する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

refrigerator

『冷蔵庫』;冷凍室(また《おもに英話》fridge,《米古》icebox)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

immigrant

(外国からの)『移住者』,移民,入植者

帰化植物

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

economic

『経済の』

『経済学の』

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

opaque

不透明な

にぶい,光沢のない,くすんだ

不明確な,あいまいな(obscure)

愚鈍な

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

Wall Street

ウォール街(New York 市にある米国金融の中心地)

米国金融界(市場)

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

stall

(1頭を入れる)馬小屋(牛舎)の一仕切り

(部屋の中の)小仕切り

《おもに英》《しばしば複合語を作って》売店,屋台商,露店;商品陳列台

(教会の内陣または聖歌隊度にある)聖職者席

《通例複数形で》《英》(劇場・映画館の)1階前方の[特別]席

(飛行機の)失速,(車の)失速,エンスト

(指を保語するゴム製などの)指サック

《話》(時間かせぎの)口実,ごまかし,引き延ばし

(特に,太らせるために)〈家畜〉‘を'小屋に入れる

〈障害などが〉…‘を'止める,妨げる

(積み過ぎなどのために)〈エンジン・車など〉‘を'止める,‘に'エンストを起こさせる

(特に,口実・ごまかしなどによって)〈人〉‘を'待たせる,引き止める《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

〈エンジン・車などが〉止まる;〈飛行機が〉失速する

(特に,口実・ごまかしなどによって)引き延ばす,ごまかす,確答(決定)を避ける

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

atrophy

(栄養不良などによる)萎縮(いしゅく)

(一般的に)衰退,退化

萎縮する,衰退する

…'を'萎縮させる,衰退させる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

modus operandi

仕事のやり方,手続,常套手段・(特に犯罪者の)手口 (略 MO)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

capitalism

資本主義

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

demographic

人口統計学の

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

corresponding

一致する,対応する,相当する

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

boundary

『境界線』,境(border)

限界

porous

多孔性の,穴の多い

透過性の

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

think tank

頭脳集団(各分野の学者から成る総合的研究組織)

scour

(きれいにするために)…‘を'こする,磨く

(…の)〈汚れなど〉‘を'こすって洗い流す《+『of』+『名』》;(…の)〈汚れなど〉‘を'こすって落とす《+『名』+『off』+『名』》

〈水流が〉〈水路〉‘を'作る

こする,磨く

こすること,磨き洗い

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

cocktail party

カクテルパーティー

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

gold

『金』,黄金(おうごん)

《集合的に》『金貨』(gold coins)

金銭,富,財宝

黄金色,金色

《しばしば…of goldの形で》(金のように)価値のあるもの;純真,親切

『金の』,金製の

金色の

miner

鉱夫,坑夫

geologist

地質学者

datum

dataの単数形

既知の事実

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

contest

『争い』,闘争

『競争』,競技,コンテスト

(手に入れようと)…'を'『争う』(fight for)

…‘に'異議を唱える,反論する

(…を争って…と)競争する《+『with』(『against』)+『名』》

(…と)議論する《+『with』(『against』)+『名』》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

basically

基本的に,根本的に;元来は

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

submission

服従,屈服,降伏

従順

(考慮・決定を求めて書類などの)提出,提示《+of+名》

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

camper

キャンプをする人;夏季キャンプ参加児童

キャンパー(キャンプの設備のある車,また車で引くキャンプ設備車)

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

precious

『高価な』;『貴重な』,大切な

『かけがえのない』,無駄にできない

『愛する』,いとしい(dear・beloved)

《話》《名詞の前にのみ用いて》《強調・皮肉に》とびきりの,大した

いやに気取った,凝り過ぎの

とても,非常に

かわいい人

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

elevator

《米》『エレベーター』,昇降機(《英》lift)

(揚げ下ろしの設備のある)穀物倉庫

(飛行機の)昇降舵(だ)

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

geology

〈U〉地質学

〈C〉(ある地方の)地質

〈C〉地質学書

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

dimensional

(長さ・幅・厚さなどの)寸法の

(数学で)…次元の

helicopter

『ヘリコプター』

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

hook

(物を引っ掛けたり,つるしたりするための)『掛けくぎ』;『留め金』,ホック

つり針(fishhook)

かぎ状の物(引用符(‘'),音符のひげの部分など);かぎ形の道具(かまなど)

川の湾曲;かぎ形の岬;(動・植物の)かぎ形の器官(突起)

(野球・ボウリング・ゴルフなどの)フックボール(きき腕と反対方向へカーブする)

(ボクシングの)フック(腕をかぎ形にして横から打つ打ち方)

(かぎなどで)…‘を'引っ掛ける,留める,つるす;〈魚〉‘を'釣る

…‘を'かぎ状に曲げる

〈人〉‘を'引っ掛ける,だます

(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'フックで投げる(打つ)

(ボクシングで)…‘を'フックで打つ

かぎで掛かる,ホックで留まる;(かぎのように)引っ掛かる

〈ボールが〉かぎ形に曲がる

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

agora

(古代ギリシアの)市民集会;(その)集会場,広場;市場

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

orchestrate

…‘を'オーケストラ用に作曲(編曲)する

(努力・材料など)‘を'結集する,編成する,整える

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

secondly

第一に,次に(in the second place)

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

pertinent

直接の関係がある

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

stakeholder

(勝負がつくまで)賭(かけ)金を預かる人

管財人

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

shareholder

株主

naked

(体の全部,または一部が)『裸の』

『はぎ取られた』,むき出しにされた

(目が)肉眼の,裸眼の

《名詞の前にのみ用いて》(事が)赤裸裸の,あからさまの

bent

bendの過去・過去分詞

曲がった

《補語にのみ用いて》(…の)決心をした,(…に)熱中した《+on+名(doing)》

《英俗》不正直な

(…に対する)性癖,性向,好み《+for+名》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

fingertip

指先

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

corollary

(数学で)系

《文》必然的結果,帰結

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

fitness

(…を)適性,ふさわしさ《+『for』+『名』》

体調の良いこと

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

optional

選択が自合の,随意の

buff

〈U〉もみ皮(牛・水牛などから採った黄褐色の皮;レンズなどをみがくのに用いる)

〈U〉黄褐色

〈U〉(物をみがくのに用いる皮を張った)とぎ革

〈U〉《話》《おもに英》素肌(すはだ)

〈C〉《話》ファン,…狂(fan)

もみ皮製の

黄褐色の

〈金属〉'を'もみ皮でみがく

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

integrity

完全,無欠

高潔,清廉,誠実

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

unable

(…することが)『できない』

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

sine qua non

不可欠のもの,必要条件

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

sunlight

日光(sunshine)

disinfectant

消毒液,滅菌剤

消毒用の,滅菌(殺菌)する

troubled

心配そうな,当惑した

乱れた,荒れた

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

property

動産

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

payoff

(給料,借金,掛け金などの)支払い;支払日

(悪事の)報酬,わいろ

(一連の行為などの)結末,(話の)やま

(悪事の)報い,罰

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

infringe

<権利>‘を'侵害する,<法律>‘に'違反する

(…を)侵害する,(…に)違反する

lawyer

『弁護士』;法律学者

sue

(…の件で)〈人など〉‘を'告訴する,訴える《+名〈人〉+for+名》

(…の件で)告訴する,訴える《+for+名》

(…を)請う,請求する,懇願する《+for+名》

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

disruption

混乱,中断,分裂,崩壊[状態]

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

pipeline

(石油・ガスなどの)輪送パイプ

《米》情報ルート

〈石油など〉‘を'パイプラインで運ぶ

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

cliff

(海に臨む)『がけ』,絶壁

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

commons

《古》平民,庶民

《the C-》《英》下院(the House of Commons);《集合的に》下院議員

(大学の大食堂での)共同食事

《単数扱い》(特に大学の)大食堂

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

tide

〈U〉〈C〉『潮[の干満]』,(潮の干満によって起こる)潮流

〈C〉(世論などの)『風潮』,全体的傾向,形勢

〈C〉潮(のように押し寄せてくる…)《+of+名》

〈U〉《古》時,季節

《『tide over』+『名』》(困難・障害を)乗り切る

(難しい時期を)〈人〉を助けて乗り切らせる,‘に'なんとかやっていかせる《+名+over+名》

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

motherhood

母であること,母性;母権

《集合的に》母

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

concomitant

付随する,同時に起こる;(…に)伴う《+『with』(『to』)+『名』》

(…に)付随する物,(…の)つきもの;《複数形で》(…に)付随する事情《+『of』(『to』)+『名』》

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

settled

変りのない,固定した

人の住んでいる

清算済みの

Tunisia

チュニジア(アフリカ北部の共和国;首都 Tunis)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

transaction

〈U〉《the ~》(業務などの)『処理』,処置《+of+名》

〈C〉業務,商取り引き

〈C〉《複数形で》(学術協会などの)報告書

dissent

(…と)『意見が違う』,(…に)異議を唱える,従わない《+『from』+『名』》

(英国国教会の)教義に従わない

(…との)『意見の相違』,異議,不同意《+『from』+『名』》

《しばしば『D-』》英国国教会からの分離,国教反対

rebellion

(統治者・政府に対する)『反乱』,(権威に対する)反抗《+『against』+『名』》

insurrection

暴動,反乱

sniper

狙撃(そげき)する人

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

regime

政治体制;制度

=regimen

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

unarmed

武器のない,武装しない;無防備の

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

triangulate

…‘を'三角形に分ける

…‘の'三角測量をする

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

murderer

殺人者,人殺し,謀殺犯

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

injure

…‘を'『傷つける』,‘に'損害を与える

〈感情・名声など〉‘を'『傷つける』,害する

ambulance

救急車

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

hospital

『病院』

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

bullet

『弾丸』,銃弾,小銃弾

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

makeshift

当座の間に合わせの物,代用品

間に合わせの,一時しのぎの

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

vacuum

真空

《単数形で》‘空虚',‘空所',空白

(現実から隔離された)孤立状態

《米》=vacuum cleaner

‘…を'電気そうじ機でそうじする

電気掃除機をかける

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

abhor

…'を'ひどくきらう,嫌悪する

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

extremist

(特に政治上の)過激論者,過激主義者

fundamentalist

根本主義者

根本主義の

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

bag

袋状の物

(女性の)ハンドバッグ;旅行かばん,スーツケース

(…の)1袋分の量《+『of』+『名』》

(野球の)走塁ベース

獲物入れ;(猟の)獲物

…'を'袋に入れる

《話》〈獲物〉'を'捕える

《話》'を'失敬する,こっそりもらう

(からの袋のように)だらりと下がる,だぶだぶする

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

barn

(農家の)『納家』(なや),物置

《米》家畜小屋(家畜・飼料を収容する大きな建物で,映画館ほどの大きさのものもある)

《米》電車(バス)車庫

ばかでかくてがらんとした建物

okay

=OK,O.K.

toothpaste

練り歯磨き

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

arc

『弧』,円弧

電弧(2点間を弧状に流れる電流)

弧を描く

電弧を生じる

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

towards

toward

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

agrarian

土地の,耕地の,農地の

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

feudalism

封建制度,封建主義

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

nobility

《the nobility》《複数扱い》『貴族階級』(英国の貴族階級は「duke公爵,marquis候爵,earl伯爵,viscount子爵,baron男爵」がある.baronetは准男爵,knightは騎士)

貴族の位;貴族の身分

『高貴さ』,気高さ

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

feudal

『封建[制度]の』,封建時代

領地の,封土の

《話》(対人関係・行動などが)封建的な

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

failing

欠点,弱点;失敗,落第;破産

…がないので,がない場合には

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

Protestant

新教徒,プロテスタント

新教[徒]の,プロテスタントの

reformation

(政治・制度などの)改善,改正,改革《+『of』+『名』》

改心

《the 『R-』》宗教改革(16‐17世紀に全ヨーロッパに起こったCatholic Churchに対する改革運動;この結果として新教(Protestant churches)が生まれた)

martin

イワツバメ

Luther

ルーテル,ルター(『Martin~』;1483‐1546;ドイツの宗教改革者)

printing press

(大型の)印刷機

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Industrial Revolution

産業革命(18世紀末から19世紀初頭にかけて英国を中心に興った)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

genie

(イスラム神話の)魔神,妖精(魔術を持ち,人または動物に変身できる)

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

producer

『生産者』;産出地

(劇・映画などの)製作者,プロデューサー

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

disinfect

〈衣類・部屋など〉‘を'消毒する,滅菌(殺菌)する

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

swarm

(大きな一団となって飛んで(動いて)いる昆虫などの)『群れ』《+of+名》

(人・動物・物の)『群れ』,多数《+of+名》

〈ミツバチが〉巣分かれする,分封する

『群れをなして動く』

〈場所が〉(で…)一杯になる,あふれる《+with+名》

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

starling

ホシムクドリ(人家の近くに群生する鳴鳥)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

Edinburgh

エジンバラ(スコットランドの首都)

moor

《英》荒れ地,荒野(こうや)(特にイングランド・スコヅトランド地方のヒース(heather)などが一面に生えた湿地)

England

『イングランド』(Great Britain島からScotlandとWalesを除いた部分;首都London)

『英国』,イギリス本国

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

radius

半径

(行動・活動・能力なのどの)及ぶ範囲《+『of』+『名』》

橈骨(とうこつ)(上腕の骨の一つ)

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

no one

『だれも』…『ない』

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

fanciful

空想上の,架空の,実在しない

(デザインなどが)奇抜な,風変わりな

空想的な,気まぐれな

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

interdependence

互いに頼り合うこと,相互依存

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

inherit

(…から)〈財産・権利・称号など〉‘を'『相続する』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈体質・性質など〉‘を'『受け継ぐ』《+『名』+『from』+『名』》

(前任者・前代から)…‘を'受け継ぐ,継承ぐ,継承する《+『名』+『from』+『名』》

財産を相続する

peril

〈U〉(差し迫った大きな)『危険』,危難,危機

〈C〉危険をもたらすもの

…‘を'危険にさらす

unrequited

報われない,無報酬の

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画