TED日本語 - ジェーン・マクゴニガル: ゲームで10年長生きしましょう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マクゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています。

Script

私はゲーマーなので ゴールを設定するのが好きです 特別な使命とか 秘密の目的みたいな それで今日の講演にも使命を用意しました この場にいる人 みんなの寿命を 7分半伸ばします 文字通り 皆さんは この講演を聴けば 7分半長生きするんです

なんか疑っている人もいるみたいですね いいですよそれが可能だと 証明する数式がちゃんとあるんです 今はまだ分からないでしょうけど 後で説明しますので最後の数字にだけ 注目してください この7.68245837分というのが 使命達成の暁に 私が皆さんにプレゼントするものです

皆さんにも秘密の使命があります それは このおまけの7分半の使い道を 見つけるということです 何かいつもとは違うことに使うべきだと思います これはボーナスで 元々なかったものなんですから

私はゲームデザイナーなので 「どうせ その時間で何を - させたがっているか分かるぞ ゲームをしろって言うんだ」と思っているかもしれませんね もっともな推測です 私はずっとみんなにもっとゲームしましょうと 言い続けてきたわけですから たとえば最初のTEDTalkの時は 地球全体で週210億時間をゲームに費やすべきだと 提案したのでした

210億時間といったら相当な時間です それだからこそ あのTEDTalkの後 世界の人たちから寄せられたコメントで一番多かったのが これだったんです 「ジェーン ゲームも結構だけど 死の間際になっても アングリーバードでもっと遊びたいと思うの?」 そういう考えはすごく一般的ですゲームは時間の無駄で 後で後悔することになる・・・どこへ行っても耳にします これは実話なんですがほんの数週間前 このタクシーの運転手は 私と友人がゲームカンファレンスのために 町に来たと知ると 振り向いて言ったんです 「ゲームは大嫌いだね人生の無駄遣いだ 人生の最後に後悔するところを考えてみなよ」

この問題を真剣に考えたいのです ゲームは世界を良くする力であって欲しいし ゲームに費やした時間をゲーマーたちに 後悔して欲しくはありません だから最近この問題をよく考えています 人生最後の時に 私たちはゲームしていた時間を 後悔するのでしょうか?

驚くかも知れませんが 実はこの疑問に対する 科学的な調査結果があったんです 人生の最後を迎える人たちを 世話するホスピスの看護師が 死の間際に人がよく後悔することを 最近記事に書きました 今日は皆さんにそれをお教えします 人が死の間際によく後悔する5つのことです

1番 あんなに仕事ばかりするんじゃなかった 2番 友達と連絡を絶やさずにいればよかった 3番 もっと自分を幸せにしてあげればよかった 4番 本当の自分を表す勇気を持てばよかった 5番 他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった

私の知る限り もっとゲームをやればよかったと 言っていた患者さんはいなかったわけですが でもこの5つの後悔の話を聞いて そこにある人間の深い欲求はゲームで満たすことができる - そう気付きました

「あんなに仕事ばかりするんじゃなかった」 というのは 多くの場合 もっと家族や 成長しつつある 子どもたちと 過ごすべきだったということでしょう いっしょにゲームをするのは家族にとって良い点が たくさんあります ブリガムヤング大学家政学部の 最近の研究によると 子どもたちとビデオゲームをして 多くの時間を過ごした両親は 実生活でも子どもたちとより強い絆を持っていることが分かりました

「友達と連絡を絶やさずにいればよかった」 何億という人たちが ファームビルやワーズ・ウィズ・フレンズのようなソーシャルゲームを通して 友達や家族と日常的な連絡を保っています ミシガン大学の最近の研究で明らかになったのは こういったゲームが人間関係を保つ上で 非常に強力なツールになるということです いっしょにゲームをすることで 疎遠になりがちな人たちとも 関係を維持することができるのです

「もっと自分を幸せにしてあげればよかった」 最近 東カロライナ大学で行われた 画期的な臨床試験の話を思わずにいられません 患者の不安や抑鬱を解消する上で オンラインゲームが薬よりも高い効果を示したのです 毎日30分オンラインゲームをするだけで 気分や長期的な幸福度が 劇的に改善されたのです

「本当の自分を表す勇気を持てばよかった」 アバターというのは本当の自分を 英雄的な理想化された姿で表現する方法です ロビー・クーパーが撮影したこのゲーマーと その分身の写真が それをよく表しています スタンフォード大学では5年にわたる調査から 理想化されたアバターでゲームをすることで 実生活での考え方や行動も変化し より勇敢で野心的になり 目標に集中するようになると報告しています

「他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった」 ゲームがこれを実現しているのか分かりません スーパーマリオのクエスチョンマークを付けておきました 後でまた取り上げます

何でゲームデザイナーが 死の間際の後悔の話なんかしているのかと 思っているかもしれませんね 確かに私はホスピスで働いたこともなければ 自分自身 死に直面したこともありません でも最近死にたいと思いながら3ヶ月ベッドで過ごしました 本当に死にたいと思っていたんです

お話ししましょう 2年前のことですが 頭を強く打って脳震盪を起こしました 脳震盪が治らず 30日過ぎても 絶えざる頭痛 吐き気 めまい 物忘れ 頭に霞がかかったような状態が続きました 医者は頭を癒すには 休息が必要だと言って 症状の引き金となることを禁じました だから 読書も駄目 書くのも駄目 ゲームも駄目 仕事もメールも駄目 走っても駄目 お酒もコーヒーも駄目 言い換えると 生きている意味がないような状態です

面白おかしく話していますが 真面目な話 脳の外傷が自殺願望に繋がることは よくあるんです 3人に1人に起き 私にも起きました 私の脳が言い始めたのですジェーン 死にたいでしょ? きっと治らないわ もう痛みが消えることはないのよ

その声があまりに強く 絶えることがないので 自分の命を本当に心配し始めました はっきり覚えていますが 34日目に こう思ったんです もう自殺するか これをゲームにするしかない

どうしてゲームなのか? 10年以上ゲームの心理学を研究してきて分かったことがあります ちゃんと学術研究があるんですが ゲームをするときには 私たちはよりクリエイティブになり 意志が強くなり 楽観的になり 他の人に助けを求めやすくなるんです 現実の問題の解決にこのゲーマーの 特性を生かしたくて作ったのが回復ロールプレイングゲーム 「脳震盪ハンター・ジェーン」です

これが私の新しい秘密の自分となり ハンターとして最初にしたのは 一卵性双生児の妹のケリーにこう言うことでした 「頭を治すためにゲームをやってるんだけど あんたにも一緒にやってほしいの」 そう言う方が助けを求めやすかったんです

妹がこのゲームの最初の仲間になり 続いて夫のキアシュが加わりました みんなで悪者を見つけてやっつけました 悪者というのは私の症状を引き起こし 治癒を遅らせるもの 明るい光や 人混みなんかです そしてパワーアップを集めて発動させました これは最悪の日だろうと 多少とも気分を改善し生産的にしてくれるものです 飼っている犬を10分間抱きしめるとか ベッドから出て近所を一回りするとか

ゲームは単純です 秘密の自分になり 仲間を集め 悪者と戦い パワーアップを発動させる ゲームは単純でも やり始めてほんの数日で 鬱や不安の霧が晴れたのです 消えたんです奇跡のようでした 頭痛や認知的な症状が魔法のように治った わけではありません それは1年以上続き 私の人生でも一番辛い時期でした でも症状があり痛みがあっても 気に病まなくなったんです

それからこのゲームで驚くようなことが起きました 私はブログを書き ビデオをアップロードして 遊び方を説明しました でもみんな脳震盪を起こしているわけじゃないし 「ハンター」になりたいわけでもありません だからゲームの名前を「スーパー・ベター」に変えました

すぐに世界中のいろんな人から反響がありました みんな秘密の自分に変身して 仲間を集め 「スーパ・ベター」になって 癌や慢性痛や鬱やクローン病に 立ち向かったんです ALSのような不治の病の人までこのゲームをやっていたんです 彼らが寄せてくれたメッセージやビデオで このゲームが 私同様に彼らにも力になっていることが 分かりました 「力と勇気を感じるようになった」 「友達や家族と理解が深まった」 「痛みや人生最大の困難に 直面しながらも 幸福を感じられるようになった」

これはどういうことなのでしょう? こんなに単純なゲームが これほど深刻な時には生死にかかわる状況で 力強い効果を発揮するのはなぜなのか 自分で体験していなければ きっと信じられなかったと思います ここでも科学的な裏付けがあるのが分かりました 人によっては 深刻な出来事の後より強く より幸せになるんです それが私たちに起きたことだったんです

このゲームは科学者が 「心的外傷後の成長」と呼ぶ体験を促していたのです あまり聞き慣れない言葉ですね よく聞くのは 「心的外傷後ストレス症候群」です でも科学者たちは心的外傷を起こす出来事が いつまでも私たちを苛むわけではないのを明らかにしました 逆にそれをバネにして 自分の長所を引き出し 幸せな人生を歩むこともできるのです

心的外傷後の成長を体験した人が よく口にする 5つのことがあります 「優先順位が変わり 幸せを追求するのを怖れなくなった」 「友達や家族と より親密になった」 「自分自身がよくわかるようになり本当の自分を知った」 「人生に意味や目的を感じられるようになった」 「自分の目標や夢に専念できるようになった」

聞き覚えがありませんか? 心的外傷後の成長の5つの特徴は 死の間際に後悔する5つのことのちょうど反対なんです 面白いですよね? 心的外傷を起こす出来事が後悔せずに人生を送る能力を 開放したかのようです

でもどういう仕組みなんでしょう? どうしたら心的外傷を成長に繋げられるのか? 心的外傷なしで 心的外傷後の成長の利点だけ得られたら もっといいですよね? 頭を強く打ったりすることなしに・・・ そのほうがいいと思いません?

この現象をもっと理解したくて 科学文献を読み漁って分かったことがあります 心的外傷後の成長に寄与する 4種類の回復力があって それを高めるために毎日できる 科学的に裏付けられた方法があるんです しかも心的外傷は不要です

その4種類の力を説明してもいいんですが それより自分で体験して欲しいんです 今から全員で この力をつけていきましょう これからやるのは 簡単なゲームです お約束した7分半のボーナスを このゲームで手に入れるんです 「スーパー・ベター」の最初の4つのクエストを 皆さんに やり遂げていただきます きっとできますそう信じています

じゃあ始めますよ最初のクエストです どちらか1つ選んでください立ち上がって3歩進むか 両の拳を握って高く頭の上に 5秒間 突き上げてください始め! 両方やっている人もいますね頑張り屋さんですね いいですよ(笑)

良くできましたこれは肉体的回復力+1です 皆さんの体が ストレスに強くなって 早く回復できるようになるということです 肉体的回復力を高める一番良い方法は じっとしていないということです それだけでいいんです じっと座っていない時間の1秒1秒が 心臓や肺や脳を積極的に健康にするんです

次のクエストにいきますよ 指をちょうど50回鳴らすか 100から7ずつ減らして数えてください 始め!

(指を鳴らす音)

諦めないで

(指を鳴らす音)

お互いの声でカウントを 間違わないで

(笑)

いいですねこんなの初めて見ました 肉体回復力のボーナスポイントです良くできました 今のは精神的回復力+1です 集中力 自制 決意 意志力を高められます 意志力は筋肉のようなものであることが科学的研究から 分かっています 鍛えるほど強くなるんです 小さな挑戦だろうと諦めずにやれば 指を50回鳴らすとか100から7ずつ減らしていくといった つまらないことでも 意志力を高められることが科学的に示されています

良くできました3つ目のクエストです この場所では やれるのが決まってしまうんですが 2つから選びます 屋内にいるなら窓から外を 屋外にいるなら窓の中を覗きます もしくはYouTubeかGoogleで 好きな動物の赤ちゃんの画像を 見つけてください

携帯で探してもいいし 動物の名前を - 言ってくれたら探して画面に出します 何が見たいですか? ナマケモノ キリン ゾウ ヘビでは見てみましょう 赤ちゃんイルカに 赤ちゃんラマご覧ください いかがですか? もう1つ出しましょう赤ちゃんゾウです 拍手してる人がいますね 素晴らしい皆さんが今

感じているのは 感情的回復力+1です 好奇心や愛のような力強い ポジティブな感情を引き起こす力です 動物の赤ちゃんを見たときとか それがまさに必要なときに起きる感情です

科学文献で見つけた秘訣をお教えしましょう ネガティブな感情1つに対して ポジティブな感情3つを 1時間か1日か1週間のうちに体験するなら 健康や 問題解決能力が 劇的に向上します これは3対1のポジティブな感情の比率と呼ばれています 「スーパー・ベター」の中でもお気に入りの秘訣です

最後のクエストです 誰かと6秒間握手するか 誰かに感謝の気持ちを メールかFacebookかTwitterで送りましょう 始め!

(おしゃべりの声)

いい感じ いい感じ 続けて いいですね 皆さん これは社会的回復力+1です 友達やご近所や家族やコミュニティから 力を与えられます 社会的回復力を高める良い方法は感謝の気持ちです 触れあうのは もっと良いです

もう1つ秘訣をお教えしましょう 誰かと6秒間握手すると 信頼のホルモンであるオキシトシンの血中濃度が 劇的に上がります 握手した人たちは生物化学的に 互いに好きになり 助け合いやすくなります 効果はすぐには消えないので 休み時間の交流の機会に活用してください

(笑)

皆さんは4つのクエストをクリアしました では私の方も7分半のボーナス寿命を与える ミッションを完了できたか見てみましょう もう1つ科学豆知識をご紹介します この 肉体的 精神的 感情的 社会的の4つの回復力を 日常的に高めている人は そうでない人より 10年長く生きることが分かっています 本当です 3対1の ポジティブな感情の 比率を守り 1時間以上続けて座らず 気にかけている誰かと毎日連絡を取り 意志力を高める小さな目標に挑戦するなら そうしない人より10年長く生きて 最初にお見せした計算式が導かれます

アメリカやイギリスで平均寿命は78.1歳ですが 1,000以上の査読付き科学論文から 4つの回復力を 高めることで これを10年伸ばせることが分かっています だから1年当たりでは 4つの回復力によって 寿命を0.128年 - つまり46日 あるいは67,298分伸ばせます 言い換えると 4つの回復力で1日当たり 184分 1時間当たり7.68245837分 寿命を伸ばせるということです

やりましたね7分半は皆さんのものです 皆さん自分で勝ち取ったんです

(拍手)

すごいでしょう ねぇ 待って まだ秘密のミッションが 残っています この7分半の寿命のボーナスを どう使うつもりですか?

こんなのはどうでしょう この時間は魔法のランプにお願いするのに似ています 最初にプラス100万個の願い事を頼むことだってできるんです いいアイデアでしょう? だから今日 この7分半を使って 楽しい気分になり 体を動かし 好きな人と連絡を取り 小さなパズルに挑戦するなら 自分の回復力を高め さらに時間を手に入れられます

しかも それをずっと続けていけるんです 毎日の1時間1時間 人生の1日1日を 最後の時までずっと しかもその時は 元々よりも10年先に伸びています そして最後の時を迎えても もはや あの5つの後悔をすることはないでしょう 力と回復力をつけて自分の夢に忠実な 人生を送っているからです それに余分の10年があればもっとゲームをする時間だって とれるでしょう

ありがとうございました

(拍手)

I'm a gamer, so I like to have goals. I like special missions and secret objectives. So here's my special mission for this talk: I'm going to try to increase the life span of every single person in this room by seven and a half minutes. Literally, you will live seven and half minutes longer than you would have otherwise, just because you watched this talk.

Okay, some of you are looking a little bit skeptical. That's okay, because check it out -- I have math to prove that it is possible. And it won't make a lot of sense now. I'll explain it all later, just pay attention to the number at the bottom: plus-7.68245837 minutes that will be my gift to you if I'm successful in my mission.

Now, you have a secret mission too. Your mission is to figure out how you want to spend your extra seven and a half minutes. And I think you should do something unusual with them, because these are bonus minutes. You weren't going to have them anyway.

Now, because I'm a game designer, you might be thinking to yourself, I know what she wants us to do with those minutes, she wants us to spend them playing games. Now this is a totally reasonable assumption, given that I have made quite a habit of encouraging people to spend more time playing games. For example, in my first TEDTalk, I did propose that we should spend 21 billion hours a week as a planet playing video games.

Now,21 billion hours, it's a lot of time. It's so much time, in fact, that the number one unsolicited comment that I have heard from people all over the world since I gave that talk, is this: Jane, games are great and all, but on your deathbed, are you really going to wish you spent more time playing Angry Birds? This idea is so pervasive -- that games are a waste of time that we will come to regret -- that I hear it literally everywhere I go. For example, true story: Just a few weeks ago, this cab driver, upon finding out that a friend and I were in town for a game developer's conference, turned around and said -- and I quote -- "I hate games. Waste of life. Imagine getting to the end of your life and regretting all that time."

Now, I want to take this problem seriously. I mean, I want games to be a force for good in the world. I don't want gamers to regret the time they spent playing, time that I encouraged them to spend. So I have been thinking about this question a lot lately. When we're on our deathbeds, will we regret the time we spent playing games?

Now, this may surprise you, but it turns out there is actually some scientific research on this question. It's true. Hospice workers, the people who take care of us at the end of our lives, recently issued a report on the most frequently expressed regrets that people say when they are literally on their deathbeds. And that's what I want to share with you today -- the top five regrets of the dying.

Number one: I wish I hadn't worked so hard. Number two: I wish I had stayed in touch with my friends. Number three: I wish I had let myself be happier. Number four: I wish I'd had the courage to express my true self. And number five: I wish I'd lived a life true to my dreams, instead of what others expected of me.

Now, as far as I know, no one ever told one of the hospice workers, I wish I'd spent more time playing video games, but when I hear these top five regrets of the dying, I can't help but hear five deep human cravings that games actually help us fulfill.

For example, I wish I hadn't worked so hard. For many people, this means, I wish I'd spent more time with my family, with my kids when they were growing up. Well, we know that playing games together has tremendous family benefits. A recent study from Brigham Young University School of Family life reported that parents who spend more time playing video games with their kids have much stronger real-life relationships with them.

I wish I'd stayed in touch with my friends. Well, hundreds of millions of people use social games like FarmVille or Words With Friends to stay in daily contact with real-life friends and family. A recent study from [ University of Michigan ] showed that these games are incredibly powerful relationship-management tools. They help us stay connected with people in our social network that we would otherwise grow distant from, if we weren't playing games together.

I wish I'd let myself be happier. Well, here I can't help but think of the groundbreaking clinical trials recently conducted at East Carolina University that showed that online games can outperform pharmaceuticals for treating clinical anxiety and depression. Just 30 minutes of online game play a day was enough to create dramatic boosts in mood and long-term increases in happiness.

I wish I'd had the courage to express my true self. Well, avatars are a way to express our true selves, our most heroic, idealized version of who we might become. You can see that in this alter ego portrait by Robbie Cooper of a gamer with his avatar. And Stanford University has been doing research for five years now to document how playing a game with an idealized avatar changes how we think and act in real life, making us more courageous, more ambitious, more committed to our goals.

I wish I'd led a life true to my dreams, and not what others expected of me. Are games doing this yet? I'm not sure, so I've left a question mark, a Super Mario question mark. And we're going to come back to this one.

But in the mean time, perhaps you're wondering, who is this game designer to be talking to us about deathbed regrets? And it's true, I've never worked in a hospice, I've never been on my deathbed. But recently I did spend three months in bed, wanting to die. Really wanting to die.

Now let me tell you that story. It started two years ago, when I hit my head and got a concussion. Now the concussion didn't heal properly, and after 30 days I was left with symptoms like nonstop headaches, nausea, vertigo, memory loss, mental fog. My doctor told me that in order to heal my brain, I had to rest it. So I had to avoid everything that triggered my symptoms. For me that meant no reading, no writing, no video games, no work or email, no running, no alcohol, no caffeine. In other words -- and I think you see where this is going -- no reason to live.

Of course it's meant to be funny, but in all seriousness, suicidal ideation is quite common with traumatic brain injuries. It happens to one in three, and it happened to me. My brain started telling me, Jane, you want to die. It said, you're never going to get better. It said, the pain will never end.

And these voices became so persistent and so persuasive that I started to legitimately fear for my life, which is the time that I said to myself after 34 days -- and I will never forget this moment -- I said, I am either going to kill myself or I'm going to turn this into a game.

Now, why a game? I knew from researching the psychology of games for more than a decade that when we play a game -- and this is in the scientific literature -- we tackle tough challenges with more creativity, more determination, more optimism, and we're more likely to reach out to others for help. And I wanted to bring these gamer traits to my real-life challenge, so I created a role-playing recovery game called Jane the Concussion Slayer.

Now this became my new secret identity, and the first thing I did as a slayer was call my twin sister -- I have an identical twin sister named Kelly -- and tell her, I'm playing a game to heal my brain, and I want you to play with me. This was an easier way to ask for help.

She became my first ally in the game, my husband Kiyash joined next, and together we identified and battled the bad guys. Now this was anything that could trigger my symptoms and therefore slow down the healing process, things like bright lights and crowded spaces. We also collected and activated power-ups. This was anything I could do on even my worst day to feel just a little bit good, just a little bit productive. Things like cuddling my dog for 10 minutes, or getting out of bed and walking around the block just once.

Now the game was that simple: Adopt a secret identity, recruit your allies, battle the bad guys, activate the power-ups. But even with a game so simple, within just a couple days of starting to play, that fog of depression and anxiety went away. It just vanished. It felt like a miracle. Now it wasn't a miracle cure for the headaches or the cognitive symptoms. That lasted for more than a year, and it was the hardest year of my life by far. But even when I still had the symptoms, even while I was still in pain, I stopped suffering.

Now what happened next with the game surprised me. I put up some blog posts and videos online, explaining how to play. But not everybody has a concussion, obviously, not everyone wants to be "the slayer," so I renamed the game SuperBetter.

And soon I started hearing from people all over the world who were adopting their own secret identity, recruiting their own allies, and they were getting "super better" facing challenges like cancer and chronic pain, depression and Crohn's disease. Even people were playing it for terminal diagnoses like ALS. And I could tell from their messages and their videos that the game was helping them in the same ways that it helped me. They talked about feeling stronger and braver. They talked about feeling better understood by their friends and family. And they even talked about feeling happier, even though they were in pain, even though they were tackling the toughest challenge of their lives.

Now at the time, I'm thinking to myself, what is going on here? I mean, how could a game so trivial intervene so powerfully in such serious, and in some cases life-and-death, circumstances? I mean, if it hadn't worked for me, there's no way I would have believed it was possible. Well, it turns out there's some science here too. Some people get stronger and happier after a traumatic event. And that's what was happening to us.

The game was helping us experience what scientists call post-traumatic growth, which is not something we usually hear about. We usually hear about post-traumatic stress disorder. But scientists now know that a traumatic event doesn't doom us to suffer indefinitely. Instead, we can use it as a springboard to unleash our best qualities and lead happier lives.

Here are the top five things that people with post-traumatic growth say: My priorities have changed. I'm not afraid to do what makes me happy. I feel closer to my friends and family. I understand myself better. I know who I really am now. I have a new sense of meaning and purpose in my life. I'm better able to focus on my goals and dreams.

Now, does this sound familiar? It should, because the top five traits of post-traumatic growth are essentially the direct opposite of the top five regrets of the dying. Now this is interesting, right? It seems that somehow, a traumatic event can unlock our ability to lead a life with fewer regrets.

But how does it work? How do you get from trauma to growth? Or better yet, is there a way to get all the benefits of post-traumatic growth without the trauma, without having to hit your head in the first place? That would be good, right?

I wanted to understand the phenomenon better, so I devoured the scientific literature, and here's what I learned. There are four kinds of strength, or resilience, that contribute to post-traumatic growth, and there are scientifically validated activities that you can do every day to build up these four kinds of resilience, and you don't need a trauma to do it.

Now, I could tell you what these four types of strength are, but I'd rather you experience them firsthand. I'd rather we all start building them up together right now. So here's what we're going to do. We're going to play a quick game together. This is where you earn those seven and a half minutes of bonus life that I promised you earlier. All you have to do is successfully complete the first four SuperBetter quests. And I feel like you can do it. I have confidence in you.

So, everybody ready? This is your first quest. Here we go. Pick one: Stand up and take three steps, or make your hands into fists, raise them over your head as high as you can for five seconds. Go! All right, I like the people doing both. You are overachievers. Very good. (Laughter)

Well done, everyone. Now that is worth plus-one physical resilience, which means that your body can withstand more stress and heal itself faster. Now we know from the research that the number one thing you can do to boost your physical resilience is to not sit still. That's all it takes. Every single second that you are not sitting still, you are actively improving the health of your heart, and your lungs and brains.

Everybody ready for your next quest? I want you to snap your fingers exactly 50 times, or count backwards from 100 by seven, like this: 100,93 ... Go!

(Snapping)

Don't give up.

(Snapping)

Don't let the people counting down from 100 interfere with your counting to 50.

(Laughter)

Nice. Wow. That's the first time I've ever seen that. Bonus physical resilience. Well done, everyone. Now that's worth plus-one mental resilience, which means you have more mental focus, more discipline, determination and willpower. We know from the scientific research that willpower actually works like a muscle. It gets stronger the more you exercise it. So tackling a tiny challenge without giving up, even one as absurd as snapping your fingers exactly 50 times or counting backwards from 100 by seven is actually a scientifically validated way to boost your willpower.

So good job. Quest number three. Pick one: Now because of the room we're in, fate's really determined this for you, but here are the two options. If you're inside, find a window and look out of it. If you're outside, find a window and look in. Or do a quick YouTube or Google image search for "baby [ your favorite animal. ]"

Now, you could do this on your phones, or you could just shout out some baby animals, I'm going to find some and put them on the screen for us. So, what do we want to see? Sloth, giraffe, elephant, snake. Okay, let's see what we got. Baby dolphin and baby llamas. Everybody look. Got that? Okay,one more. Baby elephant. We're clapping for that? That's amazing.

All right, now what we're just feeling there is plus-one emotional resilience, which means you have the ability to provoke powerful, positive emotions like curiosity or love, which we feel when we look at baby animals, when you need them most.

And here's a secret from the scientific literature for you. If you can manage to experience three positive emotions for every one negative emotion over the course of an hour, a day, a week, you dramatically improve your health and your ability to successfully tackle any problem you're facing. And this is called the three-to-one positive emotion ratio. It's my favorite SuperBetter trick, so keep it up.

All right, pick one, last quest: Shake someone's hand for six seconds, or send someone a quick thank you by text, email, Facebook or Twitter. Go!

(Chatting)

Looking good, looking good. Nice, nice. Keep it up. I love it! All right, everybody, that is plus-one social resilience, which means you actually get more strength from your friends, your neighbors, your family, your community. Now, a great way to boost social resilience is gratitude. Touch is even better.

Here's one more secret for you: Shaking someone's hand for six seconds dramatically raises the level of oxytocin in your bloodstream, now that's the trust hormone. That means that all of you who just shook hands are biochemically primed to like and want to help each other. This will linger during the break, so take advantage of the networking opportunities.

(Laughter)

Okay, well you have successfully completed your four quests, so let's see if I've successfully completed my mission to give you seven and a half minutes of bonus life. And here's where I get to share one more little bit of science with you. It turns out that people who regularly boost these four types of resilience -- physical, mental, emotional and social -- live 10 years longer than everyone else. So this is true. If you are regularly achieving the three-to-one positive emotion ratio, if you are never sitting still for more than an hour at a time, if you are reaching out to one person you care about every single day, if you are tackling tiny goals to boost your willpower, you will live 10 years longer than everyone else, and here's where that math I showed you earlier comes in.

So, the average life expectancy in the U.S. and the U.K. is 78.1 years, but we know from more than 1,000 peer-reviewed scientific studies that you can add 10 years of life to that by boosting your four types of resilience. So every single year that you are boosting your four types of resilience, you're actually earning .128 more years of life or 46 more days of life, or 67,298 more minutes of life, which means every single day, you are earning 184 minutes of life, or every single hour that you are boosting your four types of resilience, like we just did together, you are earning 7.68245837 more minutes of life.

Congratulations, those seven and a half minutes are all yours. You totally earned them.

(Applause)

Yeah! Awesome. Wait, wait, wait. You still have your special mission, your secret mission. How are you going to spend these seven and a half minutes of bonus life?

Well, here's my suggestion. These seven and a half bonus minutes are kind of like genie's wishes. You can use your first wish to wish for a million more wishes. Pretty clever, right? So, if you spend these seven and a half minutes today doing something that makes you happy, or that gets you physically active, or puts you in touch with someone you care about, or even just tackling a tiny challenge, you are going to boost your resilience, so you're going to earn more minutes.

And the good news is, you can keep going like that. Every hour of the day, every day of your life, all the way to your deathbed, which will now be 10 years later than it would have otherwise. And when you get there, more than likely, you will not have any of those top five regrets, because you will have built up the strength and resilience to lead a life truer to your dreams. And with 10 extra years, you might even have enough time to play a few more games.

Thank you.

(Applause)

I'm a gamer,/ so I like to have goals.//

私はゲーマーなので ゴールを設定するのが好きです

特別な使命とか 秘密の目的みたいな

So here's my special mission/ for this talk:/ I'm going to try to increase/ the life span of every single person/ in this room/ by seven/ and a half minutes.//

それで今日の講演にも使命を用意しました この場にいる人 みんなの寿命を 7分半伸ばします

Literally,/ you will live seven and half minutes longer/ than you would have otherwise,/ just because you watched this talk.//

文字通り 皆さんは この講演を聴けば 7分半長生きするんです

Okay,/ some of you are looking a little bit skeptical.//

なんか疑っている人もいるみたいですね

That's okay,/ because check/ it out --/ I have math/ to prove/ that it is possible.//

いいですよそれが可能だと 証明する数式がちゃんとあるんです

And it won't make a lot of sense now.//

今はまだ分からないでしょうけど

I'll explain it all later,/ just pay attention/ to the number/ at the bottom:/ plus-7.68245837 minutes/ that will be my gift/ to you/ if I'm successful/ in my mission.//

後で説明しますので最後の数字にだけ 注目してください この7.68245837分というのが 使命達成の暁に 私が皆さんにプレゼントするものです

Now,/ you have a secret mission too.//

皆さんにも秘密の使命があります

Your mission is to figure out/ how you want to spend/ your extra seven and a half minutes.//

それは このおまけの7分半の使い道を 見つけるということです

And I think/ you should do something unusual/ with them,/ because these are bonus minutes.// You weren't going to have/ them anyway.//

何かいつもとは違うことに使うべきだと思います これはボーナスで 元々なかったものなんですから

Now,/ because I'm a game designer,/ you might be thinking to yourself,/ I know/ what she wants us/ to do with those minutes,/ she wants us/ to spend them/ playing games.//

私はゲームデザイナーなので 「どうせ その時間で何を - させたがっているか分かるぞ ゲームをしろって言うんだ」と思っているかもしれませんね

Now/ this is a totally reasonable assumption,/ given/ that I have made quite a habit of encouraging people/ to spend more time/ playing games.//

もっともな推測です 私はずっとみんなにもっとゲームしましょうと 言い続けてきたわけですから

For example,/ in my first TEDTalk,/ I did propose/ that we should spend 21 billion hours/ a week/ as a planet playing video games.//

たとえば最初のTEDTalkの時は 地球全体で週210億時間をゲームに費やすべきだと 提案したのでした

Now,/21 billion hours,/ it's a lot of time.//

210億時間といったら相当な時間です

It's so much time,/ in fact,/ that the number one unsolicited comment/ that I have heard from people all/ over the world/ since I gave/ that talk,/ is this:/ Jane,/ games are great and all, but/ on your deathbed,/ are you really going to wish/ you spent more time playing Angry Birds?//

それだからこそ あのTEDTalkの後 世界の人たちから寄せられたコメントで一番多かったのが これだったんです 「ジェーン ゲームも結構だけど 死の間際になっても アングリーバードでもっと遊びたいと思うの?」

This idea is so pervasive --/ that games are a waste of time/ that we will come to regret --/ that I hear it literally everywhere/ I go.//

そういう考えはすごく一般的ですゲームは時間の無駄で 後で後悔することになる・・・どこへ行っても耳にします

For example,/ true story:/ Just a few weeks ago,/ this cab driver,/ upon finding out/ that a friend/ and I were in town/ for a game developer's conference,/ turned around/ and said --/ and I quote --/ "I hate games.// Waste of life.// Imagine/ getting to the end of your life/ and regretting all that time."//

これは実話なんですがほんの数週間前 このタクシーの運転手は 私と友人がゲームカンファレンスのために 町に来たと知ると 振り向いて言ったんです 「ゲームは大嫌いだね人生の無駄遣いだ 人生の最後に後悔するところを考えてみなよ」

Now,/ I want to take/ this problem seriously.//

この問題を真剣に考えたいのです

I mean,/ I want games/ to be a force/ for good/ in the world.//

ゲームは世界を良くする力であって欲しいし

I don't want gamers/ to regret the time/ they spent playing,/ time that/ I encouraged them/ to spend.//

ゲームに費やした時間をゲーマーたちに 後悔して欲しくはありません

So I have been thinking about this question/ a lot lately.//

だから最近この問題をよく考えています

When we're on our deathbeds,/ will we regret the time/ we spent playing/ games?//

人生最後の時に 私たちはゲームしていた時間を 後悔するのでしょうか?

Now,/ this may surprise you,/ but it turns out/ there is actually some scientific research/ on this question.//

驚くかも知れませんが 実はこの疑問に対する 科学的な調査結果があったんです

It's true.// Hospice workers,/ the people/ who take care of us/ at the end of our lives,/ recently issued a report/ on the most frequently expressed regrets/ that people say/ when they are literally on their deathbeds.//

人生の最後を迎える人たちを 世話するホスピスの看護師が 死の間際に人がよく後悔することを 最近記事に書きました

And that's/ what I want to share/ with you/ today --/ the top five regrets of the dying.//

今日は皆さんにそれをお教えします 人が死の間際によく後悔する5つのことです

Number one:/ I wish/ I hadn't worked so hard.//

1番 あんなに仕事ばかりするんじゃなかった

Number two:/ I wish/ I had stayed in touch/ with my friends.//

2番 友達と連絡を絶やさずにいればよかった

Number three:/ I wish/ I had let myself be happier.//

3番 もっと自分を幸せにしてあげればよかった

Number four:/ I wish/ I'd had the courage/ to express my true self.//

4番 本当の自分を表す勇気を持てばよかった

And number five:/ I wish/ I'd lived a life true/ to my dreams,/ instead of what others expected of me.//

5番 他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった

Now,/ as far/ as I know,/ no one ever told one of the hospice workers,/ I wish/ I'd spent more time/ playing video games,/ but when I hear these top five regrets of the dying,/ I can't help but hear five deep human cravings/ that games actually help us fulfill.//

私の知る限り もっとゲームをやればよかったと 言っていた患者さんはいなかったわけですが でもこの5つの後悔の話を聞いて そこにある人間の深い欲求はゲームで満たすことができる - そう気付きました

For example,/ I wish/ I hadn't worked so hard.//

「あんなに仕事ばかりするんじゃなかった」

For many people,/ this means,/ I wish/ I'd spent more time/ with my family,/ with my kids/ when they were growing up.//

というのは 多くの場合 もっと家族や 成長しつつある 子どもたちと 過ごすべきだったということでしょう

Well,/ we know/ that playing games together has tremendous family benefits.//

いっしょにゲームをするのは家族にとって良い点が たくさんあります

A recent study/ from Brigham Young University School of Family life reported/ that parents/ who spend more time/ playing video games/ with their kids have much stronger real-life relationships/ with them.//

ブリガムヤング大学家政学部の 最近の研究によると 子どもたちとビデオゲームをして 多くの時間を過ごした両親は 実生活でも子どもたちとより強い絆を持っていることが分かりました

I wish/ I'd stayed in touch/ with my friends.//

「友達と連絡を絶やさずにいればよかった」

Well,/ hundreds of millions of people use social games/ like FarmVille or Words/ With Friends/ to stay in daily contact/ with real-life friends and family.//

何億という人たちが ファームビルやワーズ・ウィズ・フレンズのようなソーシャルゲームを通して 友達や家族と日常的な連絡を保っています

A recent study/ from [ University of Michigan ] showed/ that these games are incredibly powerful relationship-management tools.//

ミシガン大学の最近の研究で明らかになったのは こういったゲームが人間関係を保つ上で 非常に強力なツールになるということです

They help us/ stay connected with people/ in our social network/ that we would otherwise grow distant from,/ if we weren't playing games together.//

いっしょにゲームをすることで 疎遠になりがちな人たちとも 関係を維持することができるのです

I wish/ I'd let myself be happier.//

「もっと自分を幸せにしてあげればよかった」

Well,/ here/ I can't help but think of the groundbreaking clinical trials recently conducted at East Carolina University/ that showed/ that online games can outperform pharmaceuticals/ for treating clinical anxiety and depression.//

最近 東カロライナ大学で行われた 画期的な臨床試験の話を思わずにいられません 患者の不安や抑鬱を解消する上で オンラインゲームが薬よりも高い効果を示したのです

Just 30 minutes of online game play/ a day was enough/ to create dramatic boosts/ in mood and long-term increases/ in happiness.//

毎日30分オンラインゲームをするだけで 気分や長期的な幸福度が 劇的に改善されたのです

I wish/ I'd had the courage/ to express my true self.//

「本当の自分を表す勇気を持てばよかった」

Well,/ avatars are a way/ to express our true selves,/ our most heroic, idealized version of who we might become.//

アバターというのは本当の自分を 英雄的な理想化された姿で表現する方法です

You can see/ that in this alter ego portrait/ by Robbie Cooper of a gamer/ with his avatar.//

ロビー・クーパーが撮影したこのゲーマーと その分身の写真が それをよく表しています

And Stanford University has been doing research/ for five years now/ to document/ how playing a game/ with an idealized avatar changes/ how we think and act in real life,/ making us more courageous,/ more ambitious,/ more committed/ to our goals.//

スタンフォード大学では5年にわたる調査から 理想化されたアバターでゲームをすることで 実生活での考え方や行動も変化し より勇敢で野心的になり 目標に集中するようになると報告しています

I wish/ I'd led a life true/ to my dreams, and not/ what others expected of me.//

「他の人の期待に合わせるのでなく 自分の夢に忠実に生きればよかった」

Are games doing this yet?// I'm not sure,/ so I've left a question mark,/ a Super Mario question mark.//

ゲームがこれを実現しているのか分かりません スーパーマリオのクエスチョンマークを付けておきました

And we're going to come back/ to this one.//

後でまた取り上げます

But in the mean time,/ perhaps/ you're wondering,/ who is this game designer to be talking to us/ about deathbed regrets?//

何でゲームデザイナーが 死の間際の後悔の話なんかしているのかと 思っているかもしれませんね

And it's true,/ I've never worked in a hospice,/ I've never been on my deathbed.//

確かに私はホスピスで働いたこともなければ 自分自身 死に直面したこともありません

But recently/ I did spend three months/ in bed,/ wanting to die.//

でも最近死にたいと思いながら3ヶ月ベッドで過ごしました

Really wanting to die.//

本当に死にたいと思っていたんです

Now let me tell you/ that story.//

お話ししましょう

It started two years ago,/ when I hit my head/ and got a concussion.//

2年前のことですが 頭を強く打って脳震盪を起こしました

Now/ the concussion didn't heal properly,/ and after 30 days/ I was left with symptoms/ like nonstop headaches,/ nausea,/ vertigo,/ memory loss,/ mental fog.//

脳震盪が治らず 30日過ぎても 絶えざる頭痛 吐き気 めまい 物忘れ 頭に霞がかかったような状態が続きました

My doctor told me/ that in order to heal my brain,/ I had to rest/ it.//

医者は頭を癒すには 休息が必要だと言って

So I had to avoid/ everything/ that triggered my symptoms.//

症状の引き金となることを禁じました

For me/ that meant no reading,/ no writing,/ no video games,/ no work or email,/ no running,/ no alcohol,/ no caffeine.//

だから 読書も駄目 書くのも駄目 ゲームも駄目 仕事もメールも駄目 走っても駄目 お酒もコーヒーも駄目

In other words --/ and I think/ you see/ where this is going --/ no reason to live.//

言い換えると 生きている意味がないような状態です

Of course/ it's meant to be funny,/ but in all seriousness,/ suicidal ideation is quite common/ with traumatic brain injuries.//

面白おかしく話していますが 真面目な話 脳の外傷が自殺願望に繋がることは よくあるんです

It happens to one/ in three,/ and it happened to me.//

3人に1人に起き 私にも起きました

My brain started telling/ me,/ Jane,/ you want to die.//

私の脳が言い始めたのですジェーン 死にたいでしょ?

It said,/ you're never going to get better.//

きっと治らないわ

It said,/ the pain will never end.//

もう痛みが消えることはないのよ

And these voices became so persistent/ and so persuasive/ that I started to legitimately fear for my life,/ which is the time that/ I said to myself/ after 34 days --/ and I will never forget this moment --/ I said,/ I am/ either going to kill/ myself/ or I'm going to turn/ this/ into a game.//

その声があまりに強く 絶えることがないので 自分の命を本当に心配し始めました はっきり覚えていますが 34日目に こう思ったんです もう自殺するか これをゲームにするしかない

Now,/ why a game?//

どうしてゲームなのか?

I knew from researching the psychology of games/ for more/ than a decade/ that/ when we play a game --/ and this is in the scientific literature --/ we tackle tough challenges/ with more creativity,/ more determination,/ more optimism,/ and we're more likely/ to reach out to others/ for help.//

10年以上ゲームの心理学を研究してきて分かったことがあります ちゃんと学術研究があるんですが ゲームをするときには 私たちはよりクリエイティブになり 意志が強くなり 楽観的になり 他の人に助けを求めやすくなるんです

And I wanted to bring/ these gamer traits to my real-life challenge,/ so I created/ a role-playing recovery game called Jane/ the Concussion Slayer.//

現実の問題の解決にこのゲーマーの 特性を生かしたくて作ったのが回復ロールプレイングゲーム 「脳震盪ハンター・ジェーン」です

Now/ this became my new secret identity,/ and the first thing/ I did as a slayer was call my twin sister --/ I have/ an identical twin sister named Kelly --/ and tell her,/ I'm playing/ a game/ to heal my brain,/ and I want you/ to play with me.//

これが私の新しい秘密の自分となり ハンターとして最初にしたのは 一卵性双生児の妹のケリーにこう言うことでした 「頭を治すためにゲームをやってるんだけど あんたにも一緒にやってほしいの」

This was an easier way/ to ask for help.//

そう言う方が助けを求めやすかったんです

She became my first ally/ in the game,/ my husband Kiyash joined next,/ and together/ we identified and battled the bad guys.//

妹がこのゲームの最初の仲間になり 続いて夫のキアシュが加わりました みんなで悪者を見つけてやっつけました

Now/ this was anything/ that could trigger my symptoms/ and therefore slow down/ the healing process,/ things/ like bright lights/ and crowded spaces.//

悪者というのは私の症状を引き起こし 治癒を遅らせるもの 明るい光や 人混みなんかです

We also collected/ and activated power-ups.//

そしてパワーアップを集めて発動させました

This was anything/ I could do on even my worst day/ to feel just a little bit good,/ just a little bit productive.//

これは最悪の日だろうと 多少とも気分を改善し生産的にしてくれるものです

Things/ like cuddling my dog/ for 10 minutes,/ or getting out of bed/ and walking around the block just once.//

飼っている犬を10分間抱きしめるとか ベッドから出て近所を一回りするとか

Now/ the game was that simple:/ Adopt a secret identity,/ recruit your allies,/ battle the bad guys,/ activate the power-ups.//

ゲームは単純です 秘密の自分になり 仲間を集め 悪者と戦い パワーアップを発動させる

But even/ with a game so simple,/ within just a couple days of starting to play,/ that fog of depression and anxiety went away.// It just vanished.// It felt like a miracle.//

ゲームは単純でも やり始めてほんの数日で 鬱や不安の霧が晴れたのです 消えたんです奇跡のようでした

Now/ it wasn't a miracle cure/ for the headaches or the cognitive symptoms.//

頭痛や認知的な症状が魔法のように治った わけではありません

That lasted for more than a year,/ and it was the hardest year of my life/ by far.//

それは1年以上続き 私の人生でも一番辛い時期でした

But even/ when I still had the symptoms,/ even/ while I was still in pain,/ I stopped suffering.//

でも症状があり痛みがあっても 気に病まなくなったんです

Now/ what happened next/ with the game surprised me.//

それからこのゲームで驚くようなことが起きました

I put up/ some blog posts and videos online,/ explaining/ how to play.//

私はブログを書き ビデオをアップロードして 遊び方を説明しました

But not everybody has a concussion,/ obviously,/ not everyone wants to be "the slayer,/"/ so I renamed the game/ SuperBetter.//

でもみんな脳震盪を起こしているわけじゃないし 「ハンター」になりたいわけでもありません だからゲームの名前を「スーパー・ベター」に変えました

And soon/ I started hearing/ from people all/ over the world/ who were adopting their own secret identity,/ recruiting their own allies,/ and they were getting "super better"/ facing challenges/ like cancer and chronic pain,/ depression and Crohn's disease.//

すぐに世界中のいろんな人から反響がありました みんな秘密の自分に変身して 仲間を集め 「スーパ・ベター」になって 癌や慢性痛や鬱やクローン病に 立ち向かったんです

Even people were playing it/ for terminal diagnoses/ like ALS.//

ALSのような不治の病の人までこのゲームをやっていたんです

And I could tell from their messages/ and their videos/ that the game was helping them/ in the same ways/ that it helped me.//

彼らが寄せてくれたメッセージやビデオで このゲームが 私同様に彼らにも力になっていることが 分かりました

They talked about feeling stronger/ and braver.//

「力と勇気を感じるようになった」

They talked about feeling better understood by their friends and family.//

「友達や家族と理解が深まった」

And they even talked about feeling happier,/ even though they were in pain,/ even though they were tackling the toughest challenge of their lives.//

「痛みや人生最大の困難に 直面しながらも 幸福を感じられるようになった」

Now/ at the time,/ I'm thinking/ to myself,/ what is going on/ here?//

これはどういうことなのでしょう?

I mean,/ how could/ a game/ so trivial intervene so powerfully/ in such serious,/ and in some cases life-and-death,/ circumstances?//

こんなに単純なゲームが これほど深刻な時には生死にかかわる状況で 力強い効果を発揮するのはなぜなのか

I mean,/ if it hadn't worked for me,/ there's no way/ I would have believed it was possible.//

自分で体験していなければ きっと信じられなかったと思います

Well,/ it turns out/ there's some science here too.//

ここでも科学的な裏付けがあるのが分かりました

Some people get stronger and happier/ after a traumatic event.//

人によっては 深刻な出来事の後より強く より幸せになるんです

And that's/ what was happening to us.//

それが私たちに起きたことだったんです

The game was helping us experience/ what scientists call post-traumatic growth,/ which is not something/ we usually hear about.//

このゲームは科学者が 「心的外傷後の成長」と呼ぶ体験を促していたのです あまり聞き慣れない言葉ですね

We usually hear about post-traumatic stress disorder.//

よく聞くのは 「心的外傷後ストレス症候群」です

But scientists now know/ that a traumatic event doesn't doom us/ to suffer indefinitely.//

でも科学者たちは心的外傷を起こす出来事が いつまでも私たちを苛むわけではないのを明らかにしました

Instead,/ we can use it/ as a springboard/ to unleash our best qualities/ and lead happier lives.//

逆にそれをバネにして 自分の長所を引き出し 幸せな人生を歩むこともできるのです

Here are the top five things/ that people/ with post-traumatic growth say:/ My priorities have changed.// I'm not afraid/ to do/ what makes me happy.//

心的外傷後の成長を体験した人が よく口にする 5つのことがあります 「優先順位が変わり 幸せを追求するのを怖れなくなった」

I feel closer/ to my friends and family.//

「友達や家族と より親密になった」

I understand myself better.// I know/ who I really am now.//

「自分自身がよくわかるようになり本当の自分を知った」

I have a new sense of meaning and purpose/ in my life.//

「人生に意味や目的を感じられるようになった」

I'm better able/ to focus on my goals and dreams.//

「自分の目標や夢に専念できるようになった」

Now,/ does this sound familiar?//

聞き覚えがありませんか?

It should,/ because the top five traits of post-traumatic growth are essentially the direct opposite of the top five regrets of the dying.//

心的外傷後の成長の5つの特徴は 死の間際に後悔する5つのことのちょうど反対なんです

Now/ this is interesting,/ right?//

面白いですよね?

It seems/ that somehow,/ a traumatic event can unlock our ability/ to lead a life/ with fewer regrets.//

心的外傷を起こす出来事が後悔せずに人生を送る能力を 開放したかのようです

But how does it work?//

でもどういう仕組みなんでしょう?

How do you get from trauma/ to growth?//

どうしたら心的外傷を成長に繋げられるのか?

Or better yet,/ is there/ a way/ to get all the benefits of post-traumatic growth/ without the trauma,/ without having to hit your head/ in the first place?//

心的外傷なしで 心的外傷後の成長の利点だけ得られたら もっといいですよね? 頭を強く打ったりすることなしに・・・

That would be good,/ right?//

そのほうがいいと思いません?

I wanted to understand/ the phenomenon better,/ so I devoured the scientific literature,/ and here's/ what I learned.//

この現象をもっと理解したくて 科学文献を読み漁って分かったことがあります

There are four kinds of strength,/ or resilience,/ that contribute to post-traumatic growth,/ and there are scientifically validated activities/ that you can do every day/ to build up/ these four kinds of resilience,/ and you don't need a trauma/ to do it.//

心的外傷後の成長に寄与する 4種類の回復力があって それを高めるために毎日できる 科学的に裏付けられた方法があるんです しかも心的外傷は不要です

Now,/ I could tell you/ what these four types of strength are,/ but I'd rather/ you experience them firsthand.//

その4種類の力を説明してもいいんですが それより自分で体験して欲しいんです

I'd rather/ we/ all start building/ them up together right now.//

今から全員で この力をつけていきましょう

So here's/ what we're going to do.//

これからやるのは

We're going to play/ a quick game together.//

簡単なゲームです

This is/ where you earn those seven and a half minutes of bonus life/ that I promised you/ earlier.//

お約束した7分半のボーナスを このゲームで手に入れるんです

All you have to do/ is successfully complete/ the first four SuperBetter quests.//

「スーパー・ベター」の最初の4つのクエストを 皆さんに やり遂げていただきます

And I feel like you can do it.// I have confidence/ in you.//

きっとできますそう信じています

So,/ everybody ready?// This is your first quest.// Here/ we go.//

じゃあ始めますよ最初のクエストです

Pick one:/ Stand up/ and take three steps,/ or make your hands/ into fists,/ raise them/ over your head as high/ as you can for five seconds.// Go!//

どちらか1つ選んでください立ち上がって3歩進むか 両の拳を握って高く頭の上に 5秒間 突き上げてください始め!

All right,/ I like the people/ doing both.// You are overachievers.//

両方やっている人もいますね頑張り屋さんですね

Very good.// (Laughter)//

いいですよ(笑)

Well done,/ everyone.// Now/ that is worth/ plus-one physical resilience,/ which means/ that your body can withstand more stress/ and heal itself faster.//

良くできましたこれは肉体的回復力+1です 皆さんの体が ストレスに強くなって 早く回復できるようになるということです

Now/ we know from the research/ that the number one thing/ you can do to boost your physical resilience is to not sit still.//

肉体的回復力を高める一番良い方法は じっとしていないということです

That's all it takes.//

それだけでいいんです

Every single second/ that you are not sitting still,/ you are actively improving the health of your heart,/ and your lungs and brains.//

じっと座っていない時間の1秒1秒が 心臓や肺や脳を積極的に健康にするんです

Everybody ready/ for your next quest?//

次のクエストにいきますよ

I want you/ to snap your fingers exactly/ 50 times,/ or count backwards/ from 100/ by seven,/ like this:/ 100,93 ...//

指をちょうど50回鳴らすか 100から7ずつ減らして数えてください

Go!//

始め!

(指を鳴らす音)

Don't give up.//

諦めないで

(指を鳴らす音)

Don't let the people/ counting down/ from 100 interfere/ with your counting/ to 50.//

お互いの声でカウントを 間違わないで

(笑)

Nice.// Wow.// That's the first time/ I've ever seen that.//

いいですねこんなの初めて見ました

Bonus physical resilience.// Well done,/ everyone.//

肉体回復力のボーナスポイントです良くできました

Now/ that's worth/ plus-one mental resilience,/ which means/ you have more mental focus,/ more discipline,/ determination and willpower.//

今のは精神的回復力+1です 集中力 自制 決意 意志力を高められます

We know from the scientific research/ that willpower actually works like a muscle.//

意志力は筋肉のようなものであることが科学的研究から 分かっています

It gets stronger the more/ you exercise it.//

鍛えるほど強くなるんです

So tackling/ a tiny challenge/ without giving up,/ even one/ as absurd/ as snapping your fingers exactly/ 50 times/ or counting backwards/ from 100/ by seven is actually a scientifically validated way/ to boost your willpower.//

小さな挑戦だろうと諦めずにやれば 指を50回鳴らすとか100から7ずつ減らしていくといった つまらないことでも 意志力を高められることが科学的に示されています

So good job.// Quest number three.//

良くできました3つ目のクエストです

Pick one:/ Now/ because of the room/ we're in,/ fate's really determined this/ for you,/ but here are the two options.//

この場所では やれるのが決まってしまうんですが 2つから選びます

If you're inside,/ find a window/ and look out of it.//

屋内にいるなら窓から外を

If you're outside,/ find a window/ and look in.//

屋外にいるなら窓の中を覗きます

Or do a quick YouTube or Google image search/ for "baby [ your favorite animal.// ]"//

もしくはYouTubeかGoogleで 好きな動物の赤ちゃんの画像を 見つけてください

Now,/ you could do this/ on your phones,/ or you could just shout out/ some baby animals,/ I'm going to find/ some/ and put them/ on the screen/ for us.//

携帯で探してもいいし 動物の名前を - 言ってくれたら探して画面に出します

So,/ what do we want to see?//

何が見たいですか?

Sloth,/ giraffe,/ elephant,/ snake.// Okay,/ let's see/ what we got.//

ナマケモノ キリン ゾウ ヘビでは見てみましょう

Baby dolphin and baby llamas.// Everybody look.//

赤ちゃんイルカに 赤ちゃんラマご覧ください

Got/ that?//

いかがですか?

Okay,/one more.// Baby elephant.//

もう1つ出しましょう赤ちゃんゾウです

We're clapping/ for that?//

拍手してる人がいますね

That's amazing.//

素晴らしい皆さんが今

All right,/ now/ what we're just feeling/ there is plus-one emotional resilience,/ which means/ you have the ability/ to provoke powerful, positive emotions/ like curiosity or love,/ which we feel/ when we look at baby animals,/ when you need them most.//

感じているのは 感情的回復力+1です 好奇心や愛のような力強い ポジティブな感情を引き起こす力です 動物の赤ちゃんを見たときとか それがまさに必要なときに起きる感情です

And here's a secret/ from the scientific literature/ for you.//

科学文献で見つけた秘訣をお教えしましょう

If you can manage to experience/ three positive emotions/ for every one negative emotion/ over the course of an hour,/ a day,/ a week,/ you dramatically improve your health/ and your ability/ to successfully tackle any problem/ you're facing.//

ネガティブな感情1つに対して ポジティブな感情3つを 1時間か1日か1週間のうちに体験するなら 健康や 問題解決能力が 劇的に向上します

And this is called the three-to-one positive emotion ratio.//

これは3対1のポジティブな感情の比率と呼ばれています

It's my favorite SuperBetter trick,/ so keep it up.//

「スーパー・ベター」の中でもお気に入りの秘訣です

All right,/ pick one,/ last quest:/ Shake someone's hand/ for six seconds,/ or send someone/ a quick thank/ you/ by text,/ email,/ Facebook or Twitter.// Go!//

最後のクエストです 誰かと6秒間握手するか 誰かに感謝の気持ちを メールかFacebookかTwitterで送りましょう 始め!

(おしゃべりの声)

Looking good,/ looking good.//

いい感じ いい感じ

Nice,/ nice.//

続けて

Keep/ it up.// I love it!//

いいですね

All right, everybody,/ that is plus-one social resilience,/ which means you actually get more strength/ from your friends,/ your neighbors,/ your family,/ your community.//

皆さん これは社会的回復力+1です 友達やご近所や家族やコミュニティから 力を与えられます

Now,/ a great way to boost social resilience is gratitude.//

社会的回復力を高める良い方法は感謝の気持ちです

Touch is even better.//

触れあうのは もっと良いです

Here's one more secret/ for you:/ Shaking someone's hand/ for six seconds dramatically raises the level of oxytocin/ in your bloodstream,/ now/ that's the trust hormone.//

もう1つ秘訣をお教えしましょう 誰かと6秒間握手すると 信頼のホルモンであるオキシトシンの血中濃度が 劇的に上がります

That means/ that all of you/ who just shook hands are biochemically primed to like/ and want to help/ each other.//

握手した人たちは生物化学的に 互いに好きになり 助け合いやすくなります

This will linger during the break,/ so take advantage of the networking opportunities.//

効果はすぐには消えないので 休み時間の交流の機会に活用してください

(笑)

Okay,/ well/ you have successfully completed your four quests,/ so let's see/ if I've successfully completed my mission/ to give you/ seven and a half minutes of bonus life.//

皆さんは4つのクエストをクリアしました では私の方も7分半のボーナス寿命を与える ミッションを完了できたか見てみましょう

And here's/ where I get to share/ one more little bit of science/ with you.//

もう1つ科学豆知識をご紹介します

It turns out/ that people/ who regularly boost these four types of resilience --/ physical, mental, emotional and social --/ live/ 10 years longer/ than everyone else.//

この 肉体的 精神的 感情的 社会的の4つの回復力を 日常的に高めている人は そうでない人より 10年長く生きることが分かっています

So this is true.//

本当です

If you are regularly achieving the three-to-one positive emotion ratio,/ if you are never sitting still/ for more/ than an hour/ at a time,/ if you are reaching out/ to one person/ you care about every single day,/ if you are tackling tiny goals/ to boost your willpower,/ you will live 10 years longer/ than everyone else,/ and here's/ where that math/ I showed you earlier comes in.//

3対1の ポジティブな感情の 比率を守り 1時間以上続けて座らず 気にかけている誰かと毎日連絡を取り 意志力を高める小さな目標に挑戦するなら そうしない人より10年長く生きて 最初にお見せした計算式が導かれます

So,/ the average life expectancy/ in the U.S./ and the U.K. is 78.1 years,/ but we know from more than 1,000 peer-reviewed scientific studies/ that you can add 10 years of life/ to that/ by boosting your four types of resilience.//

アメリカやイギリスで平均寿命は78.1歳ですが 1,000以上の査読付き科学論文から 4つの回復力を 高めることで これを10年伸ばせることが分かっています

So every single year/ that you are boosting your four types of resilience,/ you're actually earning/ .128 more years of life or 46 more days of life,/ or 67,298 more minutes of life,/ which means every single day,/ you are earning 184 minutes of life,/ or every single hour/ that you are boosting your four types of resilience,/ like we just did together,/ you are earning 7.68245837 more minutes of life.//

だから1年当たりでは 4つの回復力によって 寿命を0.128年 - つまり46日 あるいは67,298分伸ばせます 言い換えると 4つの回復力で1日当たり 184分 1時間当たり7.68245837分 寿命を伸ばせるということです

Congratulations,/ those seven and a half minutes are all/ yours.// You totally earned them.//

やりましたね7分半は皆さんのものです 皆さん自分で勝ち取ったんです

(拍手)

Yeah!// Awesome.//

すごいでしょう

Wait,/ wait, wait.//

ねぇ 待って

You still have your special mission,/ your secret mission.//

まだ秘密のミッションが 残っています

How are you going to spend these seven and a half minutes of bonus life?//

この7分半の寿命のボーナスを どう使うつもりですか?

Well,/ here's my suggestion.//

こんなのはどうでしょう

These seven and a half bonus minutes are kind of like genie's wishes.//

この時間は魔法のランプにお願いするのに似ています

You can use your first wish/ to wish for a million more wishes.//

最初にプラス100万個の願い事を頼むことだってできるんです

Pretty clever, right?//

いいアイデアでしょう?

So,/ if you spend these seven and a half minutes/ today/ doing something/ that makes you happy,/ or that gets you physically active,/ or puts you/ in touch/ with someone/ you care about,/ or even just tackling/ a tiny challenge,/ you are going to boost/ your resilience,/ so you're going to earn/ more minutes.//

だから今日 この7分半を使って 楽しい気分になり 体を動かし 好きな人と連絡を取り 小さなパズルに挑戦するなら 自分の回復力を高め さらに時間を手に入れられます

And the good news is,/ you can keep going/ like that.//

しかも それをずっと続けていけるんです

Every hour of the day,/ every day of your life,/ all the way/ to your deathbed,/ which will now be 10 years later/ than it would have otherwise.//

毎日の1時間1時間 人生の1日1日を 最後の時までずっと しかもその時は 元々よりも10年先に伸びています

And when you get there,/ more than likely,/ you will not have any of those top five regrets,/ because you will have built up/ the strength and resilience/ to lead a life truer/ to your dreams.//

そして最後の時を迎えても もはや あの5つの後悔をすることはないでしょう 力と回復力をつけて自分の夢に忠実な 人生を送っているからです

And with 10 extra years,/ you might even have enough time/ to play a few more games.//

それに余分の10年があればもっとゲームをする時間だって とれるでしょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

okay

=OK,O.K.

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

skeptical

疑い深い,懐疑的な

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

bonus

ボーナス,特別手当;特別配当金

桂品,おまけ

《話》思いがけない喜び[を与えるもの]

anyway

=anyhow

designer

『設計者』,デザイナー

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

totally

全く,完全に

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

encouraging

『元気付ける』,励ましとなる,奨励する

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

planet

『惑星』,遊星

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

pervasive

広がる,みなぎる;普及する

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

regret

…‘を'『後悔する』;…‘を'残念に思う

〈人が〉〈失われたもの〉‘を'惜しむ,悲しむ

〈U〉(…に対する)『後悔』,悔い;残念な気持ち,遺憾《+『at』(『for, over』)+『名』(doing)》

〈U〉(…に対する)悲しみ,哀惜,哀悼の意《+『over』(『for』)+『名』》

〈C〉《複数形で》(招持などへのていねいな)断り[状];(断るための)遺憾の言葉

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

cab

《おもに米》タクシー(=taxicab)

昔のつじ馬車

(トラック・機関車などの)運転台,運転室

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

upon

『…の上に』

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

lately

『近ごろ』,最近

deathbed

死の床;臨終

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

hospice

(特に僧院に付属している参拝者・巡礼者の)宿泊所

(病人・貧困者などの)収容所

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

frequently

『しばしば』,たびたび

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

dying

dieの現在分詞

死にかかっている,ひん死の

消えかかっている,滅びかけている

臨終の

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

courage

『勇気』,度胸

self

(他人と区別して)『自己』,自分,自身

〈C〉(人・物の)本質,個性;性格の一面

〈U〉私利,私欲,私心

同じ材料でできた,共ぎれの

instead

『その代りとして』,それよりも

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

no one

『だれも』…『ない』

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

craving

(…に対する)切望《+『for』+『名』》;(…したいという)熟望《+『to』 do》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

Michigan

ミシガン州(米国中北部の州;州都はLansing;{略}『Mich,MI』)

ミシガン湖(『Lake~』;米国の五大湖の1つ)

incredibly

信じられないほど

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

Carolina

カロライナ地方(米国東南部大西洋岸のNorth Carolina州とSouth Carolina州;両州をまとめてThe Carolinasともいう)

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

boost

しり押し,後押し

値上げ,増加

(後ろ・下から)…'を'押し上げる

…'を'後援する,‘に'力を入れる

〈値段など〉'を'引き上げる,増やす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

long-term

長期の,長い目で見ての

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

avatar

(インドの神話に出てくる)神の化身(けしん),権化(ごんげ)

heroic

『英雄的な』,勇ましい,大胆な,高潔な

(神話・伝説中の)英雄の行為を歌った

誇張した

誇張した言葉(動作)

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

alter ego

(自分の)分身,親友

portrait

(…の)『肖像画』,肖像(人物)写真《+『of』+『名』》

(人物などの)言葉による描写《+『of』+『名』》

cooper

cooperative

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

courageous

『勇気のある』,『勇敢な』

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

committed

献身展な,忠実な;(…に)献身展な《+『to』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…すると)約束している《+『to』 do『ing』=+『to』 do》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

question mark

疑問符(?)

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

concussion

〈U〉〈C〉(打撃,衡突などによる)衡撃,震動

〈U〉〈C〉脳震とう

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

headache

『頭痛』

《話》悩みの種

nausea

吐き気

強いけんお(loathing)

vertigo

めまい

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

fog

霧,もや

霧状(の…),(…の)霧《+『of』+『名』》

(写真のネガの)曇り,かぶり

…‘を'霧(霧状のもの)でおおう

《話》《受動態で》〈人・頭など〉‘を'混乱させる

霧(もや,かすみなど)で包まれる(曇る)

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

running

走ること,競走,(野球の)走累

走っている

流れている

連続している,絶え間のない

(機械などが)動いている

走りながら行う

うみの出る,汁を出す

続けて,連続して

alcohol

『アルコール』,酒精

『アルコール飲料』,酒

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

seriousness

まじめ,本気

重大さ;危篤

suicidal

自殺の,自殺のもとになる

(行為などが)自殺的な

(人が)自殺しやすい

ideation

観念の形成,観念化

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

traumatic

外傷性の;精神的損傷の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

persistent

(反対・困難にもくじけず)『あくまでもやり抜く』,ねばり強い,執ような

いつまでも続く,持続する(lasting)

persuasive

説得できる,説得力のある

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

decade

『10年間』

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

creativity

独創性

determination

〈U〉『決心』,決意,決断力

〈U〉(…の)『決定』,決着《+『of』+『名』》

〈C〉(法律上の)(…の)判決,裁決,終結《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)測定[法]《+『of』+『名』》

optimism

楽天主義

楽観,のんき

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

trait

特性,特質,特色

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

slayer

殺害者(killer)

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

first thing

まず最初に,朝一番に

twin

『双生児の一人』;《複数形で》双生児,ふたご

よく似た人(物)の片方;《複数形で》対

ふたごの;対の

〈ある都市〉‘を'(…と)姉妹関係にする《+名+with+名》

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

ally

(…と)…'を'『同盟』(連合)『させる』《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

同盟国

味方

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

cuddle

〈人・物〉'を'抱きしめる,抱きしめてかわいがる

くっつき合う

寄り添うこと,抱擁

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

cognitive

認識の(に関する,を要する)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

suffering

〈U〉(肉体的・精神的)『苦痛』

〈C〉《しばしば複数形で》苦悩している状態,苦難

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

obviously

明らかに,明白に

rename

…‘の'名を付け替える,‘に'新しい名前を付ける

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

chronic

(病気が)長期にわたる,慢性の

《名詞の前にのみ用いて》常習の,癖になった

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

terminal

『終りの』,末端の

毎期の,定期の;学期末の

『死に至る』,

末端

(電池の)端子

(町の中心に近い)空港バス発着場;(一般に,鉄道・バスの)終点,終着駅

diagnosis

診断[書]

(問題の原因などの)判断,分析

(問題の)解決;結論

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

lives

lifeの複数形

trivial

『ささいな』,取るに足らない,つまらない

平凡な,普通の,ありふれた

intervene

(ある事と事,時と時,場所と場所の)『間に起こる』,間に人る《+『between』(『in』)+『名』》

(相対するもの間に)仲裁に入る,(…に)干渉する《+『in』(『between』)+『名』》

〈事が〉じゃまに入る

powerfully

力強く,強力に,強烈に

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

doom

(通例悪い)『運命』

『破滅』(ruin);死(death)

(神の)最後の審判

(厳しい刑罰などを)〈人〉‘に'宣告する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

《受動態で》…‘を'運命づける

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

indefinitely

『漠然と』,あいまいに

springboard

(水泳の)飛び込み;(体操の)跳躍台

(…への)出発点《+『to』+『名』》

unleash

…‘の'皮ひもおはずす

…‘を'[どっと]解き放つ

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

priority

〈U〉(時間・順序で)(…より)先(前)であること《+『of』(『to』)+『名』》

〈C〉優先するもの(こと)

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

unlock

〈戸.箱など〉‘の'錠を開ける

〈つかんでいた手など〉'を'離す

〈秘密など〉'を'もらす,打ち明ける

錠が開く

拘束が解かれる(緩む)

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

trauma

外傷

精神的外傷(心に永久的な傷を残すような衝撃)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

devour

…‘を'『むさぼり食う』,がつがつ食う

〈疫病・火事・水などが〉…‘を'飲み込むようにして滅ぼす,飲み込む

…‘を'むさぼるように読む(聞き入る,見詰める)

《しばしば受動態で》〈感情が〉〈人〉‘を'とりこにする

learned

『学問のある』,博学な

学問的な,学術的な

《名詞的に;the~》学者たち

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

resilience

はね返り;弾力[性]

(病気や不幸などからの)回復

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

scientifically

科学的に,学術的に

validate

…‘を'法的に有効とする

…‘を'正当であると証明する

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

firsthand

直接の,じかに得た

直接に,じかに

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

fist

『握りこぶし』,げんこつ

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

laughter

『笑い』,笑い声

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

withstand

…‘に'『抵抗して耐える』,持ちこたえる,‘を'がまんする

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

actively

活発に;積極的に

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

interfere

(‥に)『干渉する』,口出しをする(meddle)《+『in』(with』)+『名』)『wh-節』(『句』,do『ing』)》

(仕事・状況などの)『妨げとなる』,邪魔になる《+『with』+『名』(do『ing』)》

Nice

ニース(フランス南東部の地中海に臨む港市;避寒・保養地)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

willpower

意志力,精神力,自制力

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

absurd

『道理に合わない』(unreasonable);ばかばかしい(foolish)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

fate

〈U〉『運命』,宿命

〈U〉(運命として定められた)最期,破滅,(特に)死

《the Fates》(ギリシア・ローマ神話の)運命の三女神(Clotho,Lachesis,Atropes)

…‘を'運命づける

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

sloth

〈U〉怠惰,ものぱさ

〈C〉ナマケモノ(熱帯アメリカに住む哺乳(ほにゅう)動物)

giraffe

ジラフ,キリン

elephant

『ゾウ』

(共和党の象徴としての)象

snake

『ヘビ』(『蛇』)

(蛇のように)ずるく陰険な人

へび(配水管などの詰まった物を取り除く道具)

蛇行する,くねくねと続く

〈体など〉‘を'くねらす

《米》〈材木など〉‘を'引っぱる,引きずる

dolphin

『イルカ』

シイラ(温帯水域に産する大型の細長い魚)

llama

ラマ(南米産ラクダの一種;その毛は織物の材料となる)

clap

(短く鋭い)ピシャリ(パチン,バタン,ガタン)という音

《単数形で》平手打ち

〈手〉'を'『パチン』(『パチパチ』)『とたたく』

…'を'ピシャリ(パチン)とたたく(打ちつける)

(激励・あいさつとして)〈人〉'を'ポンとたたく

(ある方向・状態に)…'を'急に動かす,さっと送る

(…に)手をたたく《+『for』+『名』》

ピシャン(パチン,バタン)と音を立てる

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

provoke

…‘を'『怒らせる』,不きげんにする

(ある状態に)〈人〉‘を'『駆り立てる』

〈けんか・議論・関心・感情など〉‘を'『引き起こす』

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

dramatically

劇的に,非常に効果的に

facing

〈U〉(壁などの)表面仕上げ,化粧張り

〈U〉(着年の)へり取り,へり飾り

《複数形で》(軍服のえりやそで口につけ,兵種・職種を示す)縫い取り,定色

ratio

『比』,比率,『割合』;『比例』

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

chat

〈C〉〈U〉《話》(…との)『雑談』,談笑《+『with』+『名』》

〈C〉ツグミ類の鳥

(…について)『談笑する』《+『away』+『about』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

gratitude

(…に対する)『感謝』[の気持ち]《+『to』+『名』〈人〉,+『for』+『名』〈事〉》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

bloodstream

(体内の)血流

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

hormone

ホルモン

prim

きちんとした

(女性が)取り澄ました

linger

(ぐずぐずして)『なかなか立ち去らない』《+『on』》

〈病人が〉(危篤状態で)生き続ける《+『on』》

なかなか無くならない《+『on』》

(…に)手間どる《+『over』+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

life expectancy

期待寿命[余命], 平均余命 (=expectation of life)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

congratulation

《複数形で》(また『congrats』)(…に対する)『祝いの言葉』,祝辞《+『on』+『名』》

〈U〉『祝い』,祝賀

applause

『拍手かっさい』;称賛

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

genie

(イスラム神話の)魔神,妖精(魔術を持ち,人または動物に変身できる)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

physically

物質的に;身体上;物理的に

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

関連動画