TED日本語 - エリック・バーロウ、ショーン・ゴーリー: 広げる価値のあるアイデアの地図作り

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

2万4千ものアイデアとはどんなものでしょうか。生態学者のエリック・バーローと物理学者のショーン・ゴーリーは、世界中のTEDxトークの記録にアルゴリズムを適用し、アイデアの地図を私たちに示しながら、アイデアがどのようにグローバルに繋がっているのかを示します。

Script

エリック・バーロウ:私は生態学者でショーンは物理学者です 私達は複雑なネットワークを研究しています 私たちが数年前出会った時2人共 戦争の生態について TEDで話した事を知り 会う前から同じ考えで 通じ合っている事が解りました TEDxもそうですが 世界中に何千もの トークメディアが出現していますが それ等の繋がりや グローバルな会話とはどんなものでしょう ショーンが私たちの研究を簡単にお話しします

ショーン・ゴーリー:2万4千ものTEDxトークを 147カ国から集めました そして これらのトークの背景にある 潜在的なアイデアの数学的構造を見つけ それ等のトークがどうお互い 繋がり合っているのか知りたかったのです

勿論 それには 多くのデータが必要です その素晴らしいデーターとはYouTubeです 基本的にYouTubeから公開情報を取り出す事が出来ます コメントや再生回数どこで誰が見ているか コメントの内容も解ります その上 音声テキスト変換を使い トークの原稿全体を取り出す事が出来ます 私の様な訛のあっても大丈夫です そんな原稿を取り出し すごい事が出来るのです 自然言語処理アルゴリズムをつかって 鍵となる考えを一行ごとに コンピュータで読み込みます そして鍵となるコンセプトを取り出し アイデアの数学的構造の様な形にします それを私達は「ミーモム」と呼びます 「ミーモム」は簡単に言うと あるアイデアが元になった数学なのです これを使ってとても面白い分析ができます それをここでお見せしたいのです

1つ1つのアイデアに「ミーモム」があり それはそれぞれユニークですが 勿論お互いアイデアを借り合い 時にはアイデアを盗んだり 確かに相互関係にあります そこで数学的に 一つのトークから「ミーモム」をとり 他の個々のトークから取ったものと比べます もし類似点があれば リンクで繋ぎグラフに表します 私とエリックが繋がった様にです

それが理論です それでは 実際にどんな働きをするのか見てみましょう ここにあるのは過去4年間の TEDxトークの足跡です 世界中に爆発的に広がってます ニューヨークからずっとニュージーランドまで これらのトップ25%を分析し その繋がりの起点から 見ていきました イメージと美について話しているキャメロンとラッセルは ヨーロッパで繋がりました 会話は中東の話から発しイスラエルとパレスチナの にぎやかな会話に広がりました そしてもう少し一般的な雑談とも思えるような ビッグデータ的なものも得られました 真にグローバルな軌跡です

ここで私達がぶつかったのは 地図的表現の限界です でも幸運にもコンピュータ技術で 多次元の空間を扱えます ネットワーク表現を使い これに物理演算エンジンを適用します 同じ様なトークはお互いぶつかり合い 異なるものは飛び離れ 本当に美しいイメージが残ります

ここで大切なのは個々のノードはトークを表していて 同じ様なアイデアは結ばれます 全てのトークスクリプトを 機械が読んで作っています 現れて来るトピックはタグやキーワードから 作ったものではありません 関連し合うアイデアの ネットワーク構成から生まれたものです 続けて下さい

その通り先を急ぎ過ぎたので 彼が補足してくれました 「教育」と「語り聞かせ」が「ソーシャルメディア」と 三画に繋がっています 「医療」のすぐ側は勿論 「頭脳」です これは予想できますが この2つのスペースが繋ぎ合う 割と近くに「ビデオゲーム」があるのです

私が特に大切に思う 「環境」の塊をお見せしましょう もっと解像度を上げられないか ズームインしてみます ここに入って物理演算エンジンを使い 現れて来たのは・・・ この1つの会話は いくつかの小さなものの集まりだとわかります この構造からわかるのは 私たちが大切なトピックを 表すのに使う単語や言葉の フラクタル的な挙動です ここでは「食料経済学」と「地元の食材」が上部にあり 「温室効果ガス」や「太陽光発電」に「核廃棄物」もあります 小規模な会話が 共通の言葉やアイデアで 互いに結びつき 環境に関するより大きな考えを築いています 勿論ここからズームインすれば 若者が何を見ているか解ります 彼らは「核融合」や「エネルギー技術」を見ています 言わばこれらが彼らの 環境についての会話と共鳴するトピックなのです 性別に分けてみると 女性は「食糧経済学」にとても同調しており また そこに「希望と楽観」も見てとれます

いろんな面白いことができるんです 次はエリックにお願いしましょう

ええ ここで言いたいのは こうした観点はYouTubeの 単なるタグ検索だけでは得られないと言う事です 「環境」からグローバルな話題全体に ズームアウトしトークを一望してみます 通常 これ程の量の情報に遭遇すると 単純化する為にいくつかの方法を取ります こう検索するかもしれません 今一番人気のあるトークは? すると数個が現れてきます 感謝に関するトーク 健康や栄養に関するトーク そして勿論ポルノについてですね 去年は感謝に関するものでしたが 今年はどんなトークが人気があるか?と見てみると 新しい人気トップの候補が現れます インターネット上のプライバシーについてです

いいですね 解りやすいです でも このような検索にひっかからない もっと創造的な内容のものもあるんです この様なものをどうやって表面に持ってくるか? アイデアのネットワーク構造に戻れば これが可能です ここに現れるトピックを作っているのは ネットワーク構造だとお話ししましたが ここから2つを選んで -- 例えば「都市」と「遺伝学」を選び この全く異なる分野をうまく繋ぐトークはあるか探します この創造的リミックスの様なものが イノベーションの特徴とも言えます これはジェシカ・グリーンのもので 建物の微生物生態学についです 全く新しい分野を築いています これら2つのトピックに戻り どのトークが 各々のトピックの中心にあるかもわかります 都市の塊で最も中心にあるのは エコロジー都市についてのミッチ・ジョアキムのもので 「遺伝学」の塊の中心には クレイグ・ベンターの合成生物学のトークがあります これらはそれぞれの分野の中で多くのトークを繋げています 反対の方に行ってみましょう あらゆる分野を広く 総合したトークはどうでしょう これには生態的多様性から見ました 例えば 暴力の歴史についてのスティーブ・ピンカーのトークは とても総合的です

もちろん 大変ユニークで はるか彼方の独自の場所に属するトークもあります コリーン・フラナガン指数と私達は呼びます ご存知でしょうか彼女はアーティストですが 「アイデアの世界の果て」は どんな所か彼女に尋ねてみました ベーコンの様な匂いがする場所だそうです 私には解りませんが このようなネットワークのパターンを使って ユニークなトークや 様々な分野をうまく統合したもの トピックの中心になっているもの 完全に異なる分野をうまく繋げているものが探せます 人気のあるものだけに注目していたら このようなものは見つからなかったでしょう これ等全ては複雑な構造や 繋がり方のパターンから探し出されたものです

全くその通りです 私たちは非常に複雑な世界に 生きるようになり 様々なアルゴリズムを使って世界を簡素化して 対応しています これらのアルゴリズムは便利ですが 限られたものなのでもっと良い方法があるはずです 複雑さは無秩序ではなく 数学的構造があると解れば その考えを使い アイデアの世界を探り 何が語られ 何が語られていないかを知り もう少し人間らしく生き 願わくば少し賢くもなるのです

有り難うございました

(拍手)

Eric Berlow: I'm an ecologist, and Sean's a physicist, and we both study complex networks. And we met a couple years ago when we discovered that we had both given a short TED Talk about the ecology of war, and we realized that we were connected by the ideas we shared before we ever met. And then we thought, you know, there are thousands of other talks out there, especially TEDx Talks, that are popping up all over the world. How are they connected, and what does that global conversation look like? So Sean's going to tell you a little bit about how we did that.

Sean Gourley: Exactly. So we took 24,000 TEDx Talks from around the world,147 different countries, and we took these talks and we wanted to find the mathematical structures that underly the ideas behind them. And we wanted to do that so we could see how they connected with each other.

And so, of course, if you're going to do this kind of stuff, you need a lot of data. So the data that you've got is a great thing called YouTube, and we can go down and basically pull all the open information from YouTube, all the comments, all the views, who's watching it, where are they watching it, what are they saying in the comments. But we can also pull up, using speech-to-text translation, we can pull the entire transcript, and that works even for people with kind of funny accents like myself. So we can take their transcript and actually do some pretty cool things. We can take natural language processing algorithms to kind of read through with a computer, line by line, extracting key concepts from this. And we take those key concepts and they sort of form this mathematical structure of an idea. And we call that the meme-ome. And the meme-ome, you know, quite simply, is the mathematics that underlies an idea, and we can do some pretty interesting analysis with it, which I want to share with you now.

So each idea has its own meme-ome, and each idea is unique with that, but of course, ideas, they borrow from each other, they kind of steal sometimes, and they certainly build on each other, and we can go through mathematically and take the meme-ome from one talk and compare it to the meme-ome from every other talk, and if there's a similarity between the two of them, we can create a link and represent that as a graph, just like Eric and I are connected.

So that's theory, that's great. Let's see how it works in actual practice. So what we've got here now is the global footprint of all the TEDx Talks over the last four years exploding out around the world from New York all the way down to little old New Zealand in the corner. And what we did on this is we analyzed the top 25 percent of these, and we started to see where the connections occurred, where they connected with each other. Cameron Russell talking about image and beauty connected over into Europe. We've got a bigger conversation about Israel and Palestine radiating outwards from the Middle East. And we've got something a little broader like big data with a truly global footprint reminiscent of a conversation that is happening everywhere.

So from this, we kind of run up against the limits of what we can actually do with a geographic projection, but luckily, computer technology allows us to go out into multidimensional space. So we can take in our network projection and apply a physics engine to this, and the similar talks kind of smash together, and the different ones fly apart, and what we're left with is something quite beautiful.

EB: So I want to just point out here that every node is a talk, they're linked if they share similar ideas, and that comes from a machine reading of entire talk transcripts, and then all these topics that pop out, they're not from tags and keywords. They come from the network structure of interconnected ideas. Keep going.

SG: Absolutely. So I got a little quick on that, but he's going to slow me down. We've got education connected to storytelling triangulated next to social media. You've got, of course, the human brain right next to healthcare, which you might expect, but also you've got video games, which is sort of adjacent, as those two spaces interface with each other.

But I want to take you into one cluster that's particularly important to me, and that's the environment. And I want to kind of zoom in on that and see if we can get a little more resolution. So as we go in here, what we start to see, apply the physics engine again, we see what's one conversation is actually composed of many smaller ones. The structure starts to emerge where we see a kind of fractal behavior of the words and the language that we use to describe the things that are important to us all around this world. So you've got food economy and local food at the top, you've got greenhouse gases, solar and nuclear waste. What you're getting is a range of smaller conversations, each connected to each other through the ideas and the language they share, creating a broader concept of the environment. And of course, from here, we can go and zoom in and see, well, what are young people looking at? And they're looking at energy technology and nuclear fusion. This is their kind of resonance for the conversation around the environment. If we split along gender lines, we can see females resonating heavily with food economy, but also out there in hope and optimism.

And so there's a lot of exciting stuff we can do here, and I'll throw to Eric for the next part.

EB: Yeah, I mean, just to point out here, you can not get this kind of perspective from a simple tag search on YouTube. Let's now zoom back out to the entire global conversation out of environment, and look at all the talks together. Now often, when we're faced with this amount of content, we do a couple of things to simplify it. We might just say, well, what are the most popular talks out there? And a few rise to the surface. There's a talk about gratitude. There's another one about personal health and nutrition. And of course, there's got to be one about porn, right? And so then we might say, well, gratitude, that was last year. What's trending now? What's the popular talk now? And we can see that the new, emerging, top trending topic is about digital privacy.

So this is great. It simplifies things. But there's so much creative content that's just buried at the bottom. And I hate that. How do we bubble stuff up to the surface that's maybe really creative and interesting? Well, we can go back to the network structure of ideas to do that. Remember, it's that network structure that is creating these emergent topics, and let's say we could take two of them, like cities and genetics, and say, well, are there any talks that creatively bridge these two really different disciplines. And that's -- Essentially, this kind of creative remix is one of the hallmarks of innovation. Well here's one by Jessica Green about the microbial ecology of buildings. It's literally defining a new field. And we could go back to those topics and say, well, what talks are central to those conversations? In the cities cluster,one of the most central was one by Mitch Joachim about ecological cities, and in the genetics cluster, we have a talk about synthetic biology by Craig Venter. These are talks that are linking many talks within their discipline. We could go the other direction and say, well, what are talks that are broadly synthesizing a lot of different kinds of fields. We used a measure of ecological diversity to get this. Like, a talk by Steven Pinker on the history of violence, very synthetic.

And then, of course, there are talks that are so unique they're kind of out in the stratosphere, in their own special place, and we call that the Colleen Flanagan index. And if you don't know Colleen, she's an artist, and I asked her, "Well, what's it like out there in the stratosphere of our idea space?" And apparently it smells like bacon. I wouldn't know. So we're using these network motifs to find talks that are unique, ones that are creatively synthesizing a lot of different fields, ones that are central to their topic, and ones that are really creatively bridging disparate fields. Okay? We never would have found those with our obsession with what's trending now. And all of this comes from the architecture of complexity, or the patterns of how things are connected.

SG: So that's exactly right. We've got ourselves in a world that's massively complex, and we've been using algorithms to kind of filter it down so we can navigate through it. And those algorithms, whilst being kind of useful, are also very, very narrow, and we can do better than that, because we can realize that their complexity is not random. It has mathematical structure, and we can use that mathematical structure to go and explore things like the world of ideas to see what's being said, to see what's not being said, and to be a little bit more human and, hopefully, a little smarter.

Thank you.

(Applause)

Eric Berlow:/ I'm an ecologist,/ and Sean's a physicist,/ and we both/ study complex networks.//

エリック・バーロウ:私は生態学者でショーンは物理学者です 私達は複雑なネットワークを研究しています

And we met a couple years ago/ when we discovered/ that we had both given a short TED Talk/ about the ecology of war,/ and we realized/ that we were connected by the ideas/ we shared/ before we ever met.//

私たちが数年前出会った時2人共 戦争の生態について TEDで話した事を知り 会う前から同じ考えで 通じ合っている事が解りました

And then/ we thought,/ you know,/ there are thousands of other talks out there,/ especially/ TEDx Talks,/ that are popping up/ all/ over the world.//

TEDxもそうですが 世界中に何千もの トークメディアが出現していますが

How are they connected,/ and what does/ that global conversation look like?//

それ等の繋がりや グローバルな会話とはどんなものでしょう

So Sean's going to tell you/ a little bit/ about how we did that.//

ショーンが私たちの研究を簡単にお話しします

Sean Gourley:/ Exactly.// So we took 24,000 TEDx Talks/ from around the world,/147 different countries,/ and we took these talks/ and we wanted to find/ the mathematical structures/ that underly the ideas/ behind them.//

ショーン・ゴーリー:2万4千ものTEDxトークを 147カ国から集めました そして これらのトークの背景にある 潜在的なアイデアの数学的構造を見つけ

And we wanted to do/ that/ so we could see/ how they connected with each other.//

それ等のトークがどうお互い 繋がり合っているのか知りたかったのです

And so,/ of course,/ if you're going to do/ this kind of stuff,/ you need a lot of data.//

勿論 それには 多くのデータが必要です

So the data/ that you've got/ is a great thing called YouTube,/ and we can go down/ and basically pull all the open information/ from YouTube,/ all the comments,/ all the views,/ who's watching it,/ where are they/ watching it,/ what are they/ saying in the comments.//

その素晴らしいデーターとはYouTubeです 基本的にYouTubeから公開情報を取り出す事が出来ます コメントや再生回数どこで誰が見ているか コメントの内容も解ります

But we can also pull up,/ using speech-to-text translation,/ we can pull the entire transcript,/ and that works even/ for people/ with kind of funny accents/ like myself.//

その上 音声テキスト変換を使い トークの原稿全体を取り出す事が出来ます 私の様な訛のあっても大丈夫です

So we can take their transcript/ and actually do some pretty cool things.//

そんな原稿を取り出し すごい事が出来るのです

We can take natural language processing algorithms/ to kind of read through with a computer,/ line/ by line,/ extracting key concepts/ from this.//

自然言語処理アルゴリズムをつかって 鍵となる考えを一行ごとに コンピュータで読み込みます

And we take those key concepts and they/ sort of form/ this mathematical structure of an idea.//

そして鍵となるコンセプトを取り出し アイデアの数学的構造の様な形にします

And we call/ that the meme-ome.//

それを私達は「ミーモム」と呼びます

And the meme-ome,/ you know,/ quite simply,/ is the mathematics/ that underlies an idea,/ and we can do some pretty interesting analysis/ with it,/ which I want to share/ with you now.//

「ミーモム」は簡単に言うと あるアイデアが元になった数学なのです これを使ってとても面白い分析ができます それをここでお見せしたいのです

So each idea has its own meme-ome,/ and each idea is unique/ with that,/ but of course,/ ideas,/ they borrow from each other,/ they kind of steal sometimes,/ and they certainly build on each other,/ and we can go through mathematically/ and take the meme-ome/ from one talk/ and compare it/ to the meme-ome/ from every other talk,/ and/ if there's a similarity/ between the two of them,/ we can create a link/ and represent/ that as a graph,/ just like Eric/ and I are connected.//

1つ1つのアイデアに「ミーモム」があり それはそれぞれユニークですが 勿論お互いアイデアを借り合い 時にはアイデアを盗んだり 確かに相互関係にあります そこで数学的に 一つのトークから「ミーモム」をとり 他の個々のトークから取ったものと比べます もし類似点があれば リンクで繋ぎグラフに表します 私とエリックが繋がった様にです

So that's theory,/ that's great.//

それが理論です それでは

Let's see/ how it works in actual practice.//

実際にどんな働きをするのか見てみましょう

So/ what we've got here now is the global footprint of all the TEDx Talks over the last four years/ exploding out/ around the world/ from New York/ all the way down/ to little old New Zealand/ in the corner.//

ここにあるのは過去4年間の TEDxトークの足跡です 世界中に爆発的に広がってます ニューヨークからずっとニュージーランドまで

And what we did on this is we analyzed the top 25 percent of these,/ and we started to see/ where the connections occurred,/ where they connected with each other.//

これらのトップ25%を分析し その繋がりの起点から 見ていきました

Cameron Russell/ talking about image and beauty connected over/ into Europe.//

イメージと美について話しているキャメロンとラッセルは ヨーロッパで繋がりました

We've got a bigger conversation/ about Israel and Palestine/ radiating outwards/ from the Middle East.//

会話は中東の話から発しイスラエルとパレスチナの にぎやかな会話に広がりました

And we've got something/ a little broader/ like big data/ with a truly global footprint reminiscent of a conversation/ that is happening everywhere.//

そしてもう少し一般的な雑談とも思えるような ビッグデータ的なものも得られました 真にグローバルな軌跡です

So/ from this,/ we kind/ of run up/ against the limits of what we can actually do with a geographic projection,/ but luckily,/ computer technology allows us/ to go out/ into multidimensional space.//

ここで私達がぶつかったのは 地図的表現の限界です でも幸運にもコンピュータ技術で 多次元の空間を扱えます

So/ we can take in/ our network projection/ and apply a physics engine/ to this,/ and the similar talks kind of smash together,/ and the different ones fly apart,/ and what we're left/ with is something quite beautiful.//

ネットワーク表現を使い これに物理演算エンジンを適用します 同じ様なトークはお互いぶつかり合い 異なるものは飛び離れ 本当に美しいイメージが残ります

EB:/ So I want to just point out/ here/ that every node is a talk,/ they're linked/ if they share similar ideas,/ and that comes from a machine reading of entire talk transcripts,/ and then/ all these topics/ that pop out,/ they're not from tags and keywords.//

ここで大切なのは個々のノードはトークを表していて 同じ様なアイデアは結ばれます 全てのトークスクリプトを 機械が読んで作っています 現れて来るトピックはタグやキーワードから 作ったものではありません

They come from the network structure of interconnected ideas.// Keep going.//

関連し合うアイデアの ネットワーク構成から生まれたものです 続けて下さい

SG:/ Absolutely.// So I got a little quick/ on that,/ but he's going to slow/ me down.//

その通り先を急ぎ過ぎたので 彼が補足してくれました

We've got/ education connected to storytelling triangulated next to social media.//

「教育」と「語り聞かせ」が「ソーシャルメディア」と 三画に繋がっています

You've got,/ of course,/ the human brain right next to healthcare,/ which you might expect,/ but also/ you've got video games,/ which is sort of adjacent,/ as those two spaces interface with each other.//

「医療」のすぐ側は勿論 「頭脳」です これは予想できますが この2つのスペースが繋ぎ合う 割と近くに「ビデオゲーム」があるのです

But I want to take/ you/ into one cluster/ that's particularly important/ to me,/ and that's the environment.//

私が特に大切に思う 「環境」の塊をお見せしましょう

And I want to kind/ of zoom/ in on that/ and see/ if we can get a little more resolution.//

もっと解像度を上げられないか ズームインしてみます

So/ as we go in here,/ what we start to see, apply the physics engine again,/ we see/ what's one conversation is actually composed of many smaller ones.//

ここに入って物理演算エンジンを使い 現れて来たのは・・・ この1つの会話は いくつかの小さなものの集まりだとわかります

The structure starts to emerge/ where we see a kind of fractal behavior of the words/ and the language/ that we use to describe/ the things/ that are important/ to us/ all/ around this world.//

この構造からわかるのは 私たちが大切なトピックを 表すのに使う単語や言葉の フラクタル的な挙動です

So you've got food economy and local food/ at the top,/ you've got greenhouse gases,/ solar and nuclear waste.//

ここでは「食料経済学」と「地元の食材」が上部にあり 「温室効果ガス」や「太陽光発電」に「核廃棄物」もあります

What you're getting/ is a range of smaller conversations,/ each connected to each other/ through the ideas/ and the language/ they share,/ creating a broader concept of the environment.//

小規模な会話が 共通の言葉やアイデアで 互いに結びつき 環境に関するより大きな考えを築いています

And of course,/ from here,/ we can go/ and zoom in/ and see,/ well,/ what are young people looking at?//

勿論ここからズームインすれば 若者が何を見ているか解ります

And they're looking/ at energy technology and nuclear fusion.//

彼らは「核融合」や「エネルギー技術」を見ています

This is their kind of resonance/ for the conversation/ around the environment.//

言わばこれらが彼らの 環境についての会話と共鳴するトピックなのです

If we split along gender lines,/ we can see females/ resonating heavily/ with food economy,/ but also out there/ in hope and optimism.//

性別に分けてみると 女性は「食糧経済学」にとても同調しており また そこに「希望と楽観」も見てとれます

And so/ there's a lot of exciting stuff/ we can do here,/ and I'll throw to Eric/ for the next part.//

いろんな面白いことができるんです 次はエリックにお願いしましょう

EB:/ Yeah,/ I mean,/ just to point out/ here,/ you can not get this kind of perspective/ from a simple tag search/ on YouTube.//

ええ ここで言いたいのは こうした観点はYouTubeの 単なるタグ検索だけでは得られないと言う事です

Let's now/ zoom back/ out/ to the entire global conversation/ out of environment,/ and look at all the talks together.//

「環境」からグローバルな話題全体に ズームアウトしトークを一望してみます

Now often,/ when we're faced with this amount of content,/ we do a couple of things/ to simplify it.//

通常 これ程の量の情報に遭遇すると 単純化する為にいくつかの方法を取ります

We might just say,/ well,/ what are the most popular talks out there?//

こう検索するかもしれません 今一番人気のあるトークは?

And a few rise/ to the surface.//

すると数個が現れてきます

There's a talk/ about gratitude.//

感謝に関するトーク

There's another one/ about personal health and nutrition.//

健康や栄養に関するトーク

And of course,/ there's got/ to be one/ about porn,/ right?//

そして勿論ポルノについてですね

And so then/ we might say,/ well,/ gratitude,/ that was last year.//

去年は感謝に関するものでしたが

What's trending now?// What's the popular talk now?//

今年はどんなトークが人気があるか?と見てみると

And we can see/ that the new, emerging, top trending topic is about digital privacy.//

新しい人気トップの候補が現れます インターネット上のプライバシーについてです

So this is great.// It simplifies things.//

いいですね 解りやすいです

But there's so much creative content/ that's just buried at the bottom.//

でも このような検索にひっかからない もっと創造的な内容のものもあるんです

And I hate that.// How do we/ bubble stuff/ up to the surface/ that's maybe really creative and interesting?//

この様なものをどうやって表面に持ってくるか?

Well,/ we can go back/ to the network structure of ideas/ to do that.//

アイデアのネットワーク構造に戻れば これが可能です

Remember,/ it's/ that network structure/ that is creating these emergent topics,/ and let's say/ we could take two of them,/ like cities and genetics,/ and say,/ well,/ are there/ any talks/ that creatively bridge these two really different disciplines.//

ここに現れるトピックを作っているのは ネットワーク構造だとお話ししましたが ここから2つを選んで -- 例えば「都市」と「遺伝学」を選び この全く異なる分野をうまく繋ぐトークはあるか探します

And that's --/ Essentially,/ this kind of creative remix is one of the hallmarks of innovation.//

この創造的リミックスの様なものが イノベーションの特徴とも言えます

Well here's one/ by Jessica Green/ about the microbial ecology of buildings.//

これはジェシカ・グリーンのもので 建物の微生物生態学についです

It's literally defining/ a new field.//

全く新しい分野を築いています

And we could go back/ to those topics/ and say,/ well,/ what talks are central to those conversations?//

これら2つのトピックに戻り どのトークが 各々のトピックの中心にあるかもわかります

In the cities cluster,/one of the most central was one/ by Mitch Joachim/ about ecological cities,/ and in the genetics cluster,/ we have a talk/ about synthetic biology/ by Craig Venter.//

都市の塊で最も中心にあるのは エコロジー都市についてのミッチ・ジョアキムのもので 「遺伝学」の塊の中心には クレイグ・ベンターの合成生物学のトークがあります

These are talks/ that are linking many talks/ within their discipline.//

これらはそれぞれの分野の中で多くのトークを繋げています

We could go the other direction/ and say,/ well,/ what are talks/ that are broadly synthesizing a lot of different kinds of fields.//

反対の方に行ってみましょう あらゆる分野を広く 総合したトークはどうでしょう

We used a measure of ecological diversity/ to get this.//

これには生態的多様性から見ました

Like,/ a talk/ by Steven Pinker/ on the history of violence,/ very synthetic.//

例えば 暴力の歴史についてのスティーブ・ピンカーのトークは とても総合的です

And then,/ of course,/ there are talks/ that are so unique/ they're kind of out/ in the stratosphere,/ in their own special place,/ and we call/ that the Colleen Flanagan index.//

もちろん 大変ユニークで はるか彼方の独自の場所に属するトークもあります コリーン・フラナガン指数と私達は呼びます

And/ if you don't know Colleen,/ she's an artist,/ and I asked her,/ "Well,/ what's it/ like out there/ in the stratosphere of our idea space?"//

ご存知でしょうか彼女はアーティストですが 「アイデアの世界の果て」は どんな所か彼女に尋ねてみました

And apparently/ it smells like bacon.//

ベーコンの様な匂いがする場所だそうです

I wouldn't know.//

私には解りませんが

So/ we're using/ these network motifs/ to find talks/ that are unique,/ ones/ that are creatively synthesizing a lot of different fields,/ ones/ that are central/ to their topic,/ and ones/ that are really creatively bridging disparate fields.//

このようなネットワークのパターンを使って ユニークなトークや 様々な分野をうまく統合したもの トピックの中心になっているもの 完全に異なる分野をうまく繋げているものが探せます

Okay?// We never would have found those/ with our obsession/ with what's trending now.//

人気のあるものだけに注目していたら このようなものは見つからなかったでしょう

And all of this comes from the architecture of complexity,/ or the patterns of how things are connected.//

これ等全ては複雑な構造や 繋がり方のパターンから探し出されたものです

SG:/ So that's exactly right.//

全くその通りです

We've got ourselves/ in a world/ that's massively complex,/ and we've been using algorithms/ to kind of filter/ it down so/ we can navigate through it.//

私たちは非常に複雑な世界に 生きるようになり 様々なアルゴリズムを使って世界を簡素化して 対応しています

And those algorithms,/ whilst being kind of useful,/ are also very, very narrow,/ and we can do better/ than that,/ because we can realize that/ their complexity is not random.//

これらのアルゴリズムは便利ですが 限られたものなのでもっと良い方法があるはずです 複雑さは無秩序ではなく

It has mathematical structure,/ and we can use/ that mathematical structure/ to go and explore things/ like the world of ideas/ to see/ what's being said,/ to see/ what's not being said,/ and to be a little bit more human and,/ hopefully,/ a little smarter.//

数学的構造があると解れば その考えを使い アイデアの世界を探り 何が語られ 何が語られていないかを知り もう少し人間らしく生き 願わくば少し賢くもなるのです

Thank you.//

有り難うございました

(拍手)

ecologist

生態学者

physicist

物理学者

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

ecology

生態学(生物と生活環境との関連を研究する学問)

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

met

meetの過去・過去分詞

especially

『特に』,特別に;きわだって

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

data

『資料』,事実;情報

datum

dataの単数形

既知の事実

basically

基本的に,根本的に;元来は

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

transcript

写し,コピー,写本,謄本;《おもに米》[学業]成績証明書

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

accent

〈C〉〈U〉『アクセント』,『強勢』;アクセント記号

〈C〉(言葉の)なまり

《複数形で》『口調』,音調(tone)

〈C〉〈U〉強調,重視

…‘に'アクセントをおく;…‘に'アクセント符号をつける

…'を'強調する,目立たせる

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

computer

『計算機』;『電子計算機』

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

similarity

〈U〉類似,相似(resemblance)

〈C〉類似点

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

graph

グラフ,図表

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

footprint

足跡

explode

〈火薬など爆発物が〉『爆発する』,破裂する

(怒り・笑いなどで)〈人が〉爆発する《+『with』(『in』)+『名』》

〈人口などが〉急激に増す

〈物〉‘を'破裂させる;〈火薬など〉‘を'爆発させる

〈習慣・迷信・学説など〉‘を'くつがえす,‘が'誤りであることを証明する

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

New Zealand

『ニュージーランド』(オーストラリア南東方の英国自治領;南北両島から成る;首都Wellington;《略》『N.Z.』)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

Russell

ラッセル(『Bertrand~』;1872‐1970;英国の哲学者・数学者)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

Palestine

パレスチナ(地中海東岸にあった古代イスラエルの国土でキリスト教の聖地;聖書名はCanaan;1948年にイスラエルとヨルダンに分割)

radiate

〈太陽などが〉『光(熱)を放つ』,輝く

(…から)〈光・熱などが〉『放射する』,輻射する《+『from』+『名』》

〈道路などが〉(…から)放射状に広がる《+『out from』+『名』》

〈光・熱など〉‘を'放射する,発する

〈喜び・愛など〉‘を'発散させる,表に出す

outwards

=outward

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

reminiscent

《補語にのみ用いて》(…を)思い出させる,しのばせる+《+『of』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》思い出の;追憶にふける

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

projection

〈U〉突き出[させ]ること;〈C〉突起

(影・映像などの)透写;◇映画・スライドの)映写;〈C〉投影図,投射図

〈U〉発射,射出

〈C〉予測,予知

〈U〉〈C〉(自分の考え・感情を)人に投影すること

luckily

『運よく』,幸運にも

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

physics

『物理学』

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

smash

…‘を'『粉々にする』(shatter);…‘を'打ち砕いて(…に)する《+『名』+『to』(『into』)+『名』》・…‘を'ガン(ガシャン)と打つ(打ちつける);…‘の'(…を)強打する《+『名』+『on』+『名』》・…‘を'完全に壊する,打ち負かす《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(テニス・卓球などで)〈球〉‘を'スマッシュできめる・〈物が〉『粉々に砕ける』《+『up』》;砕けて(…に)なる《+『to』(『into』)+『名』》・(…に)ガン(ガシャン)とぶつかる,衝突する《+『into』(『through』,『against』)+『名』》・(テニス・卓球などで)スマッシュを打つ

(…が)『粉々になること』,粉砕,衝突;(物の)壊れる音,(衝突の)大音響《+『of』+『名』(do『ing』)》・大成功,大当たり

(テニス・卓球などで)スマッシュ・大成功の,大当たりの・ガシャンと;まともに

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

keyword

キーワード(意味の解釈,暗号文の解明などの際にかぎとなる主要な語)

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

triangulate

…‘を'三角形に分ける

…‘の'三角測量をする

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

media

mediumの複数形

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

adjacent

《文》近接の,隣接している;(…に)すぐ近くの《+『to』+『名』》

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

greenhouse

温室

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

nuclear fusion

核融合

resonance

音(声)が鳴り響くこと,音(声)の豊かさ

(物理学で)共鳴;共振

(音・声の)共鳴

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

gender

(名詞・代名詞の)性

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

resonate

〈音が〉反響する,鳴り響く

〈部屋などが〉共鳴する

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

optimism

楽天主義

楽観,のんき

exciting

(物事が)『興奮させる』

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

simplify

…‘を'簡単にする,平易にする,単純にする

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

gratitude

(…に対する)『感謝』[の気持ち]《+『to』+『名』〈人〉,+『for』+『名』〈事〉》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

porn

=pornography

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

creative

『創造力のある』

『独創的な』

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

emergent

見えてくる,現れる

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

hallmark

(金・銀の純度を証明する)極印(ごくいん);(一般に)品質証明印

(…の)品質を証明するもの,特徴となるもの《+『of』+『名』》

…‘に'極印を押す,折り紙をつける;…‘の'品質を証明する

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

ecological

生態学の

synthetic

総合の,統合的な

合成の,人造の

にせの,作りごとの

(言語が)総合的な(統語的関係を表すのに,独立した語より屈折形を広く用いるもの)

合成品,人造物

biology

『生物学』

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

broadly

広く,あまねく

明白に;露骨に

大まかに

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

stratosphere

成層圏(地上約60kmまで広がる大気層)

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

colleen

《アイルランド英語》娘,少女;《米》アイルランド娘

index

(本・雑誌などの)『索引』;図書目録

指し示すもの,印

(計器などの)指針

指数・虜

《the I-》(カトック教会の)禁所目録

〈本など〉‘に'索引をつける

〈語など〉‘を'索引に載せる

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

bacon

『ベーコン』

motif

モチーフ

文学・芸術作品の表現の中心となる主題

楽曲の主題

デザインなどに繰り返して用いられる主模様

disparate

本質的に異なる,異種の

okay

=OK,O.K.

obsession

〈U〉(悪魔・妄想などが)つきまとうこと;(悪魔・妄想などに)つきまとわれること

〈C〉(…についての)妄想,強迫観念《+『about』+『名』》

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

massively

どっしりと,重々しく,重苦しく

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

whilst

=while

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画