TED日本語 - リサ・ブー: 読書で心が広がる

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

子どもの頃の夢が...叶わなかったとき、何をしますか? リサ・ブーはアメリカでの新しい生活に慣れるにつれて、視野を広げて彼女の新しい道を作るため、本に頼りました。本の魔法についての素敵な彼女自身の話を通し、読書へのユニークな向き合い方を紹介します。

Script

私は体操選手になるためのトレーニングを 1970年代の2年間中国の湖南省で受けていました 私が一年生のとき 政府は 体育学校へ私を転校させようとしました しかも無償で でも 厳格な母は「それは許しません」と 両親は私に 彼らと同じ エンジニアになるよう言いました 文化大革命を生き延びた後 彼らが 幸せになる唯一の道とかたくなに信じたのが 安定した高収入な職でした 私がその仕事を好むかどうかは重要ではありません

でも 私の夢は中国戯曲の歌手になることでした これは想像でピアノを弾いている私です 戯曲の歌手になるには 子どもの頃から 曲芸の訓練が必要で 私は戯曲の学校に行けるようあらゆる手を尽くしました 校長先生やラジオDJにさえ 思いを伝えました ただ 大人は誰も私の考えに賛成しませんでした 誰も私が真剣であることを信じませんでした 友達だけが私を応援してくれましたが彼らはまだ子どもで 私同様 力不足でした そして 15歳になり 訓練を始めるには遅すぎる年齢になりました 私の夢はもう叶うことがありません 私は怖くなりました 残りの人生で望めるのが 二流の幸せでしかないなんて

でも それには堪えられませんでした なので 私は他の夢を探すことに決めました 夢を私に教えてくれる人はいません そこで 私は本に頼りました

私は両親の教えに対する飢えを 作家と音楽家の一家による この本で満たしました[ 『君よ弦外の音を聴け』 ]

儒教では従順さが求められる中私が目指すべき 自立した女性像を示してくれたのは この本[『ジェーン・エア』]

そして効率の大切さを学んだのは この本[ 『一ダースなら安くなる』 ]

これらを読んだ後海外留学することを決めました

[『三毛全集』三毛 ] [『歴史から学ぶ』南瑾 ]

私は1995年にアメリカに来ました ここに来て初めて読んだ本は何か? もちろん 中国では販売が禁じられていた本 『大地』には中国の農民の生活が描かれています これはプロパガンダには都合が悪いですよね 聖書はおもしろい けど変わってる (笑) これは また別の機会に話しましょう ただ「あなたの父と母を尊敬しなさい」という 十戒の中の第五戒は私を変えました 「尊敬って 服従とは全然違うし ずっと良い」と私は思いました これは 儒教の教えに背く罪悪感から私を解放し 私の両親との関係をやり直す きっかけを作りました

また 新しい文化との出会いから 比較読書の習慣を始めました これは多くの洞察を与えてくれます たとえば 私は最初この地図はおかしいと思っていました これが中国の学生が使用するものだからです 私は知りませんでした 中国が世界の中心にある必要はないことを 地図は誰かの視点で書かれているのです 比較読書は新しいものではありません 学問の世界では標準的な方法です 研究分野として 比較宗教学や 比較文学などさえあります

比較と対照により ある内容を より完璧に理解できます そこで研究に活用されている 比較読書を日常生活にも活かせないかと考え 2冊の本をペアで読むことを始めました これらの本には[ 『ベンジャミン・フランクリン』] [『ジョン・アダムズ』] 同じ出来事に巻き込まれた人々や 経験を共有した仲間について書かれています [『キャサリン・グラハム わが人生』][『スノーボール: ウォーレン・バフェット伝』] 私はまた異なるジャンルの同じ物語を比較しました (笑) [『欽定訳聖書』] [『子羊』] 異なる文化の似た物語も比較しました ジョーゼフ・キャンベルの素晴らしい本のように[『神話の力』] 例えば キリストと仏陀はともに 3つの誘惑を乗り越えました キリストの言う誘惑は 経済 政治 精神 仏陀は 全て心理的なもので 欲望 恐怖 社会的義務これは興味深い

外国語を学びたいのであればあなたの大好きな本を 2つの言語で読むこともお勧めです[『荘子の方法』] [『老子: 流れる水の如し』] 翻訳の中でが失われるものがある代わりに得るものも多くありました 例えば 翻訳を通して中国語で"幸せ(快楽)"は 文字通り"快速の喜び"と言うことを知りましたあらら 中国語で"花嫁(新娘)"は"新しい母"おっと (笑)

本は 過去と現在をつなぐ 魔法の扉を与えてくれます 私は孤独や無力感を再び感じることはありません 多くの人の苦しみに比べたら 夢破れることはたいしたことではありません 私は今 信じています夢の目的は 実現することだけではないと 最も重要な目的は夢がどこから来るか 情熱はどこから来るか 幸せはどこから来るかを気付かせてくれることです あきらめた夢さえ私にこれらを与えてくれます

本のおかげで 私は今日ここにいて 幸せで いつも目的を持って迷うことなく 暮らせています 皆様のそばに本がいつもありますように

ありがとうございます

(拍手)

ありがとうございます (拍手)

So I was trained to become a gymnast for two years in Hunan, China in the 1970s. When I was in the first grade, the government wanted to transfer me to a school for athletes, all expenses paid. But my tiger mother said, "No." My parents wanted me to become an engineer like them. After surviving the Cultural Revolution, they firmly believed there's only one sure way to happiness: a safe and well-paid job. It is not important if I like the job or not.

But my dream was to become a Chinese opera singer. That is me playing my imaginary piano. An opera singer must start training young to learn acrobatics, so I tried everything I could to go to opera school. I even wrote to the school principal and the host of a radio show. But no adults liked the idea. No adults believed I was serious. Only my friends supported me, but they were kids, just as powerless as I was. So at age 15, I knew I was too old to be trained. My dream would never come true. I was afraid that for the rest of my life some second-class happiness would be the best I could hope for.

But that's so unfair. So I was determined to find another calling. Nobody around to teach me? Fine. I turned to books.

I satisfied my hunger for parental advice from this book by a family of writers and musicians. [ "Correspondence in the Family of Fou Lei" ]

I found my role model of an independent woman when Confucian tradition requires obedience. [ "Jane Eyre" ]

And I learned to be efficient from this book. [ "Cheaper by the Dozen" ]

And I was inspired to study abroad after reading these.

[ "Complete Works of Sanmao" (aka Echo Chan) ] [ "Lessons From History" by Nan Huaijin ]

I came to the U.S. in 1995, so which books did I read here first? Books banned in China, of course. "The Good Earth" is about Chinese peasant life. That's just not convenient for propaganda. Got it. The Bible is interesting, but strange. (Laughter) That's a topic for a different day. But the fifth commandment gave me an epiphany: "You shall honor your father and mother." "Honor," I said. "That's so different, and better, than obey." So it becomes my tool to climb out of this Confucian guilt trap and to restart my relationship with my parents.

Encountering a new culture also started my habit of comparative reading. It offers many insights. For example, I found this map out of place at first because this is what Chinese students grew up with. It had never occurred to me, China doesn't have to be at the center of the world. A map actually carries somebody's view. Comparative reading actually is nothing new. It's a standard practice in the academic world. There are even research fields such as comparative religion and comparative literature.

Compare and contrast gives scholars a more complete understanding of a topic. So I thought, well, if comparative reading works for research, why not do it in daily life too? So I started reading books in pairs. So they can be about people -- [ "Benjamin Franklin" by Walter Isaacson ] [ "John Adams" by David McCullough ] -- who are involved in the same event, or friends with shared experiences. [ "Personal History" by Katharine Graham ] [ "The Snowball: Warren Buffett and the Business of Life," by Alice Schroeder ] I also compare the same stories in different genres -- (Laughter) [ Holy Bible: King James Version ] [ "Lamb" by Chrisopher Moore ] -- or similar stories from different cultures, as Joseph Campbell did in his wonderful book. [ "The Power of Myth" by Joseph Campbell ] For example, both the Christ and the Buddha went through three temptations. For the Christ, the temptations are economic, political and spiritual. For the Buddha, they are all psychological: lust, fear and social duty -- interesting.

So if you know a foreign language, it's also fun to read your favorite books in two languages. [ "The Way of Chuang Tzu" Thomas Merton ] [ "Tao: The Watercourse Way" Alan Watts ] Instead of lost in translation, I found there is much to gain. For example, it's through translation that I realized "happiness" in Chinese literally means "fast joy." Huh! "Bride" in Chinese literally means "new mother." Uh-oh. (Laughter)

Books have given me a magic portal to connect with people of the past and the present. I know I shall never feel lonely or powerless again. Having a dream shattered really is nothing compared to what many others have suffered. I have come to believe that coming true is not the only purpose of a dream. Its most important purpose is to get us in touch with where dreams come from, where passion comes from, where happiness comes from. Even a shattered dream can do that for you.

So because of books, I'm here today, happy, living again with a purpose and a clarity, most of the time. So may books be always with you.

Thank you.

(Applause)

Thank you. (Applause)

Thank you. (Applause)

So I was trained to become a gymnast/ for two years/ in Hunan,/ China/ in the 1970s.//

私は体操選手になるためのトレーニングを 1970年代の2年間中国の湖南省で受けていました

When I was in the first grade,/ the government wanted to transfer/ me/ to a school/ for athletes,/ all expenses paid.//

私が一年生のとき 政府は 体育学校へ私を転校させようとしました しかも無償で

But my tiger mother said,/ "No."//

でも 厳格な母は「それは許しません」と

My parents wanted me/ to become an engineer/ like them.//

両親は私に 彼らと同じ エンジニアになるよう言いました

After surviving the Cultural Revolution,/ they firmly believed/ there's only one sure way/ to happiness:/ a safe and well-paid job.//

文化大革命を生き延びた後 彼らが 幸せになる唯一の道とかたくなに信じたのが 安定した高収入な職でした

It is not important/ if I like the job or not.//

私がその仕事を好むかどうかは重要ではありません

But my dream was to become a Chinese opera singer.//

でも 私の夢は中国戯曲の歌手になることでした

That is me/ playing my imaginary piano.//

これは想像でピアノを弾いている私です

An opera singer must start training young/ to learn acrobatics,/ so I tried everything/ I could to go to opera school.//

戯曲の歌手になるには 子どもの頃から 曲芸の訓練が必要で 私は戯曲の学校に行けるようあらゆる手を尽くしました

I even wrote to the school principal and the host of a radio show.//

校長先生やラジオDJにさえ 思いを伝えました

But no adults liked the idea.//

ただ 大人は誰も私の考えに賛成しませんでした

誰も私が真剣であることを信じませんでした

Only my friends supported me,/ but they were kids,/ just as powerless/ as I was.//

友達だけが私を応援してくれましたが彼らはまだ子どもで 私同様 力不足でした

So/ at age 15,/ I knew/ I was too old/ to be trained.//

そして 15歳になり 訓練を始めるには遅すぎる年齢になりました

My dream would never come true.//

私の夢はもう叶うことがありません

I was afraid/ that for the rest of my life/ some second-class happiness would be the best/ I could hope for.//

私は怖くなりました 残りの人生で望めるのが 二流の幸せでしかないなんて

But that's so unfair.//

でも それには堪えられませんでした

So I was determined to find/ another calling.//

なので 私は他の夢を探すことに決めました

Nobody around to teach me?// Fine.//

夢を私に教えてくれる人はいません

I turned to books.//

そこで 私は本に頼りました

I satisfied my hunger/ for parental advice/ from this book/ by a family of writers and musicians.// [ "Correspondence/ in the Family of Fou Lei"/ ]//

私は両親の教えに対する飢えを 作家と音楽家の一家による この本で満たしました[ 『君よ弦外の音を聴け』 ]

I found my role model of an independent woman/ when Confucian tradition requires obedience.// [ "Jane Eyre"/ ]//

儒教では従順さが求められる中私が目指すべき 自立した女性像を示してくれたのは この本[『ジェーン・エア』]

And I learned to be efficient/ from this book.// [ "Cheaper/ by the Dozen"/ ]//

そして効率の大切さを学んだのは この本[ 『一ダースなら安くなる』 ]

And I was inspired to study abroad/ after reading these.//

これらを読んだ後海外留学することを決めました

[ "Complete Works of Sanmao"/ (aka Echo Chan) ] [ "Lessons/ From History"/ by Nan Huaijin ]//

[『三毛全集』三毛 ] [『歴史から学ぶ』南瑾 ]

I came to the U.S./ in 1995,/ so/ which books did I read here first?//

私は1995年にアメリカに来ました ここに来て初めて読んだ本は何か?

Books banned in China,/ of course.//

もちろん 中国では販売が禁じられていた本

"The Good Earth"/ is about Chinese peasant life.//

『大地』には中国の農民の生活が描かれています

That's just not convenient for propaganda.// Got it.//

これはプロパガンダには都合が悪いですよね

The Bible is interesting,/ but strange.//

聖書はおもしろい けど変わってる

(Laughter)/ That's a topic/ for a different day.//

(笑) これは また別の機会に話しましょう

But the fifth commandment gave me/ an epiphany:/ "You shall honor your father and mother."//

ただ「あなたの父と母を尊敬しなさい」という 十戒の中の第五戒は私を変えました

"Honor,/"/ I said.// "That's so different,/ and better,/ than obey."//

「尊敬って 服従とは全然違うし ずっと良い」と私は思いました

So it becomes my tool/ to climb out of this Confucian guilt trap/ and to restart my relationship/ with my parents.//

これは 儒教の教えに背く罪悪感から私を解放し 私の両親との関係をやり直す きっかけを作りました

Encountering a new culture also started my habit of comparative reading.//

また 新しい文化との出会いから 比較読書の習慣を始めました

It offers many insights.//

これは多くの洞察を与えてくれます

For example,/ I found this map/ out of place/ at first/ because this is/ what Chinese students grew up/ with.//

たとえば 私は最初この地図はおかしいと思っていました これが中国の学生が使用するものだからです

It had never occurred to me,/ China doesn't have to be at the center of the world.//

私は知りませんでした 中国が世界の中心にある必要はないことを

地図は誰かの視点で書かれているのです

Comparative reading actually is nothing new.//

比較読書は新しいものではありません

It's a standard practice/ in the academic world.//

学問の世界では標準的な方法です

研究分野として 比較宗教学や 比較文学などさえあります

比較と対照により ある内容を より完璧に理解できます

So I thought,/ well,/ if comparative reading works for research,/ why not do it/ in daily life too?//

そこで研究に活用されている 比較読書を日常生活にも活かせないかと考え

So I started reading/ books/ in pairs.//

2冊の本をペアで読むことを始めました

So they can be about people --/ [ "Benjamin Franklin"/ by Walter Isaacson ] [ "John Adams"/ by David McCullough ] --/ who are involved in the same event,/ or friends/ with shared experiences.//

これらの本には[ 『ベンジャミン・フランクリン』] [『ジョン・アダムズ』] 同じ出来事に巻き込まれた人々や 経験を共有した仲間について書かれています

[ "Personal History"/ by Katharine Graham ] [ "The Snowball:/ Warren Buffett and the Business of Life,/"/ by Alice Schroeder ]/ I also compare the same stories/ in different genres --/ (Laughter) [ Holy Bible:/ King James Version ] [ "Lamb"/ by Chrisopher Moore ] --/ or similar stories/ from different cultures,/ as Joseph Campbell did in his wonderful book.// [ "The Power of Myth"/ by Joseph Campbell ]/ For example,/ both the Christ/ and the Buddha went through three temptations.//

[『キャサリン・グラハム わが人生』][『スノーボール: ウォーレン・バフェット伝』] 私はまた異なるジャンルの同じ物語を比較しました (笑) [『欽定訳聖書』] [『子羊』] 異なる文化の似た物語も比較しました ジョーゼフ・キャンベルの素晴らしい本のように[『神話の力』] 例えば キリストと仏陀はともに 3つの誘惑を乗り越えました

キリストの言う誘惑は 経済 政治 精神

For the Buddha,/ they are all psychological:/ lust,/ fear and social duty --/ interesting.//

仏陀は 全て心理的なもので 欲望 恐怖 社会的義務これは興味深い

So/ if you know a foreign language,/ it's also fun to read/ your favorite books/ in two languages.//

外国語を学びたいのであればあなたの大好きな本を 2つの言語で読むこともお勧めです[『荘子の方法』] [『老子: 流れる水の如し』]

[ "The Way of Chuang Tzu"/ Thomas Merton ] [ "Tao:/ The Watercourse Way"/ Alan Watts ]/ Instead of lost in translation,/ I found/ there is much/ to gain.//

翻訳の中でが失われるものがある代わりに得るものも多くありました

For example,/ it's through translation/ that I realized "happiness"/ in Chinese literally means "fast joy."// Huh!//

例えば 翻訳を通して中国語で"幸せ(快楽)"は 文字通り"快速の喜び"と言うことを知りましたあらら

"Bride"/ in Chinese literally means "new mother."// Uh-oh.//

中国語で"花嫁(新娘)"は"新しい母"おっと

(笑)

Books have given me/ a magic portal/ to connect with people of the past and the present.//

本は 過去と現在をつなぐ 魔法の扉を与えてくれます

I know/ I shall never feel lonely or powerless again.//

私は孤独や無力感を再び感じることはありません

Having a dream shattered/ really is nothing/ compared/ to/ what many others have suffered.//

多くの人の苦しみに比べたら 夢破れることはたいしたことではありません

I have come to believe/ that coming true is not the only purpose of a dream.//

私は今 信じています夢の目的は 実現することだけではないと

Its/ most important purpose is to get us/ in touch/ with where dreams come from,/ where passion comes from,/ where happiness comes from.//

最も重要な目的は夢がどこから来るか 情熱はどこから来るか 幸せはどこから来るかを気付かせてくれることです

Even a shattered dream can do that/ for you.//

あきらめた夢さえ私にこれらを与えてくれます

So/ because of books,/ I'm here/ today,/ happy,/ living again/ with a purpose and a clarity,/ most of the time.//

本のおかげで 私は今日ここにいて 幸せで いつも目的を持って迷うことなく 暮らせています

So may/ books be always with you.//

皆様のそばに本がいつもありますように

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございます (拍手)

Thank you.// (Applause)//

gymnast

体操教師,体育専門家;体操選手

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

athlete

競技者,運動家;強壮な人;《英》陸上競技選手

expense

〈U〉『支出』,出費

〈C〉出費の原因

〈U〉《時にan,》(…の)『費用』《+『of』+『名』》

〈U〉損失,犠牲

《複数形で》経費,諸経費

paid

payの過去・過去分詞

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

cultural revolution

文化革命

《the C-R-》(中国の)文化大革命

firmly

しっかりと

確固として

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

opera

『オペラ』,歌劇

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

imaginary

『想像』[『上』]『の』,仮空の,実在しない

piano

『ピアノ』

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

acrobatic

軽業的な,曲芸的な

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

principal

(重要性・地位・価値などが)『第1の』;おもな,主要な

『長』,かしら;重要人物,主役

《しばしばP-》(小・中学校,高校の)『校長』;(特に《英》でcollegeの)学長,(時に)学寮長

《単数形で》(interest(利子),revenue(運用収益)と区別して)『元金』,基本財産

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

powerless

力の無い,無能な

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

second-class

『二流の』;劣った(inferior)

《米》(郵便物が)第2種の,《英》普通郵便の

(乗り物などで)2等の

2等で

《米》第2種郵便で,《英》普通郵便で

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

calling

〈U〉呼ぶこと,叫ぶこと

〈U〉《文》天職,職業

(天職に対する)強い義務感,使命感《+『for』+『名』》;(…にしたい)強い義務感《+『to』do》

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

parental

親の,親としての,親にふさわしい

親のような

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

correspondence

(…の間の)『一致』,調和類似《+『between』+『名』》;(…との)一致《+『with』(『to』)+『名』》

(…との)『文通』,通信《+『with』+『名』》

《集合的に》(書かレタ・取り交わされた)手紙,書簡

lei

レイ(ハワイで首にかける花輪)

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

Confucian

孔子の;儒教の

儒者

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

obedience

(人,命令,規則などに対する)『従順』,服従;(…に)忠実なこと《+『to』+『名』》

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

abroad

『海外へ(で)』,『外国に(で)』

《古》戸外へ

『広く』;(うわさなどが)『広まって』

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

echo

〈C〉〈U〉『反響』[音];『こだま』,山びこ

〈C〉〈U〉(意見・心情などに対する)共鳴,反応

〈C〉〈U〉(他人の行為・意見などの)繰り返し,まね《+『of』+『名』》;(…からの)影響《+『from』+『名』》;〈C〉まねをする人

〈場所が〉…‘を'『反響させる』

〈人の言葉・意見〉‘を'『そのまま繰り返す』,そっくりまねる

(…で)〈場所・音・声が〉『反響する』《+『with』+『名』(do『ing』)》

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

peasant

(ヨーロッパなどの小さい農地を所有して耕作する)『農夫』;借地農民,小作農

《軽蔑して》小百姓;無学者

convenient

(物事が)『便利な』,使いやすい

《補語にのみ用いて》(場所が)(…に)近い,近くて便利な《+『to』(『for』)+『名』》

propaganda

(特定の主義・主張の)『宣伝』;宣伝活動

Bible

《the~》『聖書』

〈C〉《b-》権威ある書籍

〈C〉《しばしばb-》(諸宗数の)聖典

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

commandment

神の命令,おきて,戒律

obey

〈人〉‘に'『服従する』

〈命令・法律など〉‘に'『従う』,‘を'守る

…‘に'従って動く

服従する;命令に従う

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

guilt

『有罪』;『罪』;犯罪[行為]

罪の意識,やましさ

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

comparative

『比較の』,比較による

比較的,かなりの

比較級の

比較級

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

scholar

『学者』

《話》学のある人,博学の人

奨学生,特待生

《文・古》小学生,生徒

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

Benjamin

ベニヤミン(旧約聖所でイスラエルの祖のJacobの末子)

Franklin

フランクリン(Benjamin Franklin;1706‐90; 米国の政治家・外交官・著述家・物理学者、避雷針の発明者)

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

graham

(ふすまを除かない)全麦の

snowball

(雪合戦などの)雪の玉,雪つぶて

(削り氷を球にして味をつけた)スノーボール

白い球状の小花をつける低木の類(ガマズミなど)

…‘に'雪の玉を投げつける

雪げるまのように成長する(ふくれあがる);雪だるまのようにふくれ上がって(…)になる《+『into』+『名』》

warren

(ウサギなどの)飼育場

ごみごみした地区(建物)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

genre

(芸術・文学作品における)形式,種類,様式,ジャンル

風俗画

日常生活を描いた;風俗画の

Holy Bible

聖書(the Bible)

King James Version

=Authorized Version

Lamb

ラム(『Charles~』;1775‐1834;英国の文人・随筆家・批評家)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

Joseph

ヨセフ(Jacobの子;;旧約聖書「創世記」)

聖ヨセフ(聖雑マリアの夫;新約聖書「マタイによる福音書」)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

Christ

『イエスキリスト』

おや,何だって(驚き,怒りを表す下品な語)

《no, yesの前において強意的に用いて》

Buddha

仏陀(ぶつだ)

temptation

〈U〉『誘惑』

〈C〉誘惑するもの

economic

『経済の』

『経済学の』

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

lust

(…に対する)『強い欲望』,渇望《+『for』(『of』)+『名』》

色欲,肉欲

(…を)切望する,渇望する《+『after』(『for』)+『名』》

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

watercourse

水流,川,小川

運河

watt

ワット(電力の単位)

instead

『その代りとして』,それよりも

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

bride

花嫁,新婦

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

portal

〈C〉(堂々とした)門,入り口

《複数形》《文》(大きな建物の)正門,表玄関

《複数形》《文》(…の)発端《+『of』+『名』》

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

lonely

(人が)『ひとりの』,孤独の

『寂しい』,心細い

(物が)孤立した;場所が)人里離れた,人があまり実かない

shatter

〈物〉‘を'『粉々に打ち砕く』,粉砕する

(回復の余地なく)〈計画・健康・希望など〉‘を'『壊す』

『粉々になる』

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

clarity

(思想・文体などの)明快さ,明瞭

(音色の)清澄

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画