TED日本語 - ジャレド・フィックリン: 新しい音楽の見かた(色で見る! 炎で見る!)

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

デザイナーのジャレド・フィックリンが、音楽を鮮烈に視覚化します。色による表現、さらにはTEDステージに初めて火を持ち込んで、音が私達にどのような感覚を与えるのかを明らかにします。さらにそこからスケートボード場の音の分析に進み、音が私達の創造性をどう高めるかを分析します。 ジャレド・フィックリンはフロッグ・デザインでユーザーインターフェースを設計しています。趣味として、光や形や火による音楽の表現を追求しています。

Script

私が 情熱を注いでいるのは音楽とテクノロジーと物作りです これらを組み合わせて 音を視覚化することが趣味になりました 時には 火も扱います

これはルーベンスチューブです 私が作った物の一つです ご覧ください 2.4mほどの金属管で約100個の穴があり ― 片側はスピーカ反対はタンクへの配管です プロパンガスです それでは火をつけてみましょう 次に周波数550Hzの音を流します ご覧ください

(音)

ありがとう (拍手) 物理法則に拍手するのはいいとしてここで起きたことは ― (笑) 音のエネルギーが 空気とガスの分子を通して プロパンの燃焼性に影響を与え 波形を作り出します 圧力の高い部分と低い部分が 交互に ― つまり周波数が見えます 高さは振幅を表します それでは音の周波数を変えて 炎がどう変化するか見てみましょう

(周波数を上げる)

共振周波数になると定在波が生じて 炎のサイン曲線が表れます 室内なので もう消しましょう ありがとう (拍手)

「フレイムテーブル」も持ってきました ルーベンスチューブと同様に 音の物理特性を視覚化できます たとえば固有モードです 火を点けて どうなるか見てみましょう

おっ (笑) テーブルの圧力が上がる間に指摘しておきたいのは 音は直線状に進むのではなく あらゆる方向に進むということです ルーベンスチューブが音波を線状に切り出すのに対して フレイムテーブルは音波を 平面的に切り出すと言えます 複雑さを細かく表せるのでジェフ・ファリーナのギター演奏を 見るにはうってつけです

(音楽)

繊細なダンスのようです よく見ると ― (拍手) 固有モードが見えたかも知れません 炎とジャズは 相性がいいことにも気づくでしょう 火と相性がいいものはたくさんあります ただ 火は土台に過ぎません 目でも聞けることを 火が示しているのです 私が面白いと思うのはテクノロジーを使って 目の特性を生かしながら音を見えるようにできること ― たとえば時間を無視できることです

私はレンダリングアルゴリズムを使って ニルヴァーナの曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の 周波数を 目で見えるように1つのイメージにしました この技術を使うと大脳視覚野が パターン認識に優れていることもわかります 同じアルバムの別の曲を見るとニルヴァーナが反復を用いていることが よくわかります 周波数の分布 つまり色から このバンドの特長である清-濁-清 という音のパターンがわかります これはアルバム全体を1つのイメージにしたものです とても力強いイメージです

どのくらい力強いかというと 次の4曲を見て ― ちなみにこれが「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」ですが ― 音を聞かなくても おおむね正しく 筋金入りのニルヴァーナ・ファンが気に入りそうなのはこの曲 ― フー・ファイターズの「アイル・スティック・アラウンド」だと言える程です リード・シンガーのデイヴ・グロールは ニルヴァーナのドラマーをしていました 2曲は確かに似ていますが もっぱら私が関心があるのは 曲を見た目で買う日が来るかもしれないという発想です

さらに音のデータを見ましょう これはスケートボード場で録音しました テキサス州オースチンにある ― メイベル・デイビス・スケートパークです(スケートボードの音) 今 聞こえる音は 障害物に取り付けた8つのマイクで録りました 雑音のようですが 実際は どの技も特徴的な音で始まり ― 成功するとポンという音 ― 失敗すると こすれる音や 転がる音で終わります レールに乗る技はゴングのように響き 人の声は特徴的な周波数を占めます

だから ここの音を視覚化したら こんな感じになります これが40分にわたる録音の全てです このアルゴリズムでわかることは 技の多くは失敗し レールを使った技は 歓声を伴うことが多いということですさらに細かく見ると 移動パターンを知ることができます スケーターはこの方向に滑りますこの方が障害が簡単だからです

これは録音中盤でマイクがとらえました ところが後半で少年が現れ ― 上にあるコースを使いトール・レールの上で とても難しい技を始めました 興味深いことに この瞬間 ― 他のスケーター全員がコースの方向を90度変えて彼に場所を譲ったのです パークには細かい作法があり 影響力をもつ人がいます そういう人は 腕がすごいとか赤いパンツ姿と相場は決まっています この日マイクが捉えたのはそんな作法です

次はスケートボードの物理から理論物理学へ移りましょう 私はスティーブン・ホーキングの大ファンで ケンブリッジでの講義8時間分を使ってオマージュを制作しようと考えました この連続講義で ホーキング氏はコンピュータを使って話しています だから文の終わりを特定するのは簡単です そこで私はステアリングアルゴリズムを作りました これで講義を取り込み ― 個々の語の振幅を用いてX軸上の点を動かします さらに文の音調の変化をとらえて その点をY軸にそって上下させます

この傾向線を見ると 物理法則について 解答より 疑問の方が多いことがわかります 文末に達すると そこに星を付けます 文が多いので たくさん星があります 音声を全て表示すると こうなります これがスティーブン・ホーキングの宇宙です

(拍手)

8時間に渡るケンブリッジでの講義を 一枚のイメージにしたものです 私はこれを大変気に入っていますが いい加減だと考える人が多いので インタラクティブ版を作りました 講義における時間的な位置を使って 三次元空間に 星を配置し 自作のソフトとKinectで 講義の中に入ることができるようにしました Kinectに向けて手を振り 操作します 手を伸ばして星に触れると その星を生成した元の文が再生できます

「各部分が完全な像を構成するような 唯一の配置があります」

ありがとう (拍手) ここには1,400個の星があります 講義を楽しく探究できます オマージュにふさわしいでしょうか

最後に制作中の作品をご覧ください クローズド・キャプションの登場から30年 ― 強化版を作る機会を得ました みんなTEDトークをオンラインで見ますが 音を消して クローズド・キャプションを ― ONにしたものを見てみましょう

TEDのテーマ曲には字幕がありません 字幕がなくても たくさん見ていれば 頭の中で テーマと拍手が聞こえるでしょう ここで始まり 盛り上がって消えます 拍手が特に大きい時もあります ビル・ゲイツですら不安そうに息をしてから トークが始まります

もう一度ビデオを見ましょう 今度は私はしゃべりません 音声はありませんが 音を視覚的に描画して 画面下部にリアルタイムで表示します 皆さんの目は何を「聞く」ことができるでしょうか

すごいことだと思います 1度見ただけでもパターンが見つけられますが 何度か見ると 皆さんの脳は パターンを情報に置き換えることに慣れ 音調や音質 話すペースがわかるようになります 字幕からはとらえられないものです ホラー映画でありがちな ― 何者かが後ろから迫ってくる場面も 見えるようになります これらの情報は 音声がオフの場合や聞こえない場合に役立つでしょう また耳が聞こえない人は聞こえる人に比べて 音を見ることに 長けていると思うのです まだ仮説で はっきりわかりません 単なるアイデアです

最後になりますが ―音はあらゆる方向に広がります アイデアも同じです ありがとうございます (拍手)

My passions are music, technology and making things. And it's the combination of these things that has led me to the hobby of sound visualization, and, on occasion, has led me to play with fire.

This is a Rubens' tube. It's one of many I've made over the years, and I have one here tonight. It's about an 8-foot-long tube of metal, it's got a hundred or so holes on top, on that side is the speaker, and here is some lab tubing, and it's connected to this tank of propane. So, let's fire it up and see what it does. So let's play a 550-herz frequency and watch what happens.

(Frequency)

Thank you. (Applause) It's okay to applaud the laws of physics, but essentially what's happening here -- (Laughter) -- is the energy from the sound via the air and gas molecules is influencing the combustion properties of propane, creating a visible waveform, and we can see the alternating regions of compression and rarefaction that we call frequency, and the height is showing us amplitude. So let's change the frequency of the sound, and watch what happens to the fire.

(Higher frequency)

So every time we hit a resonant frequency we get a standing wave and that emergent sine curve of fire. So let's turn that off. We're indoors. Thank you. (Applause)

I also have with me a flame table. It's very similar to a Rubens' tube, and it's also used for visualizing the physical properties of sound, such as eigenmodes, so let's fire it up and see what it does.

Ooh. (Laughter) Okay. Now, while the table comes up to pressure, let me note here that the sound is not traveling in perfect lines. It's actually traveling in all directions, and the Rubens' tube's a little like bisecting those waves with a line, and the flame table's a little like bisecting those waves with a plane, and it can show a little more subtle complexity, which is why I like to use it to watch Geoff Farina play guitar.

(Music)

All right, so it's a delicate dance. If you watch closely - (Applause) If you watch closely, you may have seen some of the eigenmodes, but also you may have seen that jazz music is better with fire. Actually, a lot of things are better with fire in my world, but the fire's just a foundation. It shows very well that eyes can hear, and this is interesting to me because technology allows us to present sound to the eyes in ways that accentuate the strength of the eyes for seeing sound, such as the removal of time.

So here, I'm using a rendering algorithm to paint the frequencies of the song "Smells Like Teen Spirit" in a way that the eyes can take them in as a single visual impression, and the technique will also show the strengths of the visual cortex for pattern recognition. So if I show you another song off this album, and another, your eyes will easily pick out the use of repetition by the band Nirvana, and in the frequency distribution, the colors, you can see the clean-dirty-clean sound that they are famous for, and here is the entire album as a single visual impression, and I think this impression is pretty powerful.

At least, it's powerful enough that if I show you these four songs, and I remind you that this is "Smells Like Teen Spirit," you can probably correctly guess, without listening to any music at all, that the song a die hard Nirvana fan would enjoy is this song, "I'll Stick Around" by the Foo Fighters, whose lead singer is Dave Grohl, who was the drummer in Nirvana. The songs are a little similar, but mostly I'm just interested in the idea that someday maybe we'll buy a song because we like the way it looks.

All right, now for some more sound data. This is data from a skate park, and this is Mabel Davis skate park in Austin, Texas. (Skateboard sounds) And the sounds you're hearing came from eight microphones attached to obstacles around the park, and it sounds like chaos, but actually all the tricks start with a very distinct slap, but successful tricks end with a pop, whereas unsuccessful tricks more of a scratch and a tumble, and tricks on the rail will ring out like a gong, and voices occupy very unique frequencies in the skate park.

So if we were to render these sounds visually, we might end up with something like this. This is all 40 minutes of the recording, and right away the algorithm tells us a lot more tricks are missed than are made, and also a trick on the rails is a lot more likely to produce a cheer, and if you look really closely, we can tease out traffic patterns. You see the skaters often trick in this direction. The obstacles are easier.

And in the middle of the recording, the mics pick this up, but later in the recording, this kid shows up, and he starts using a line at the top of the park to do some very advanced tricks on something called the tall rail. And it's fascinating. At this moment in time, all the rest of the skaters turn their lines 90 degrees to stay out of his way. You see, there's a subtle etiquette in the skate park, and it's led by key influencers, and they tend to be the kids who can do the best tricks, or wear red pants, and on this day the mics picked that up.

All right, from skate physics to theoretical physics. I'm a big fan of Stephen Hawking, and I wanted to use all eight hours of his Cambridge lecture series to create an homage. Now, in this series he's speaking with the aid of a computer, which actually makes identifying the ends of sentences fairly easy. So I wrote a steering algorithm. It listens to the lecture, and then it uses the amplitude of each word to move a point on the x-axis, and it uses the inflection of sentences to move a same point up and down on the y-axis.

And these trend lines, you can see, there's more questions than answers in the laws of physics, and when we reach the end of a sentence, we place a star at that location. So there's a lot of sentences, so a lot of stars, and after rendering all of the audio, this is what we get. This is Stephen Hawking's universe.

(Applause)

It's all eight hours of the Cambridge lecture series taken in as a single visual impression, and I really like this image, but a lot of people think it's fake. So I made a more interactive version, and the way I did that is I used their position in time in the lecture to place these stars into 3D space, and with some custom software and a Kinect, I can walk right into the lecture. I'm going to wave through the Kinect here and take control, and now I'm going to reach out and I'm going to touch a star, and when I do, it will play the sentence that generated that star.

Stephen Hawking: There is one, and only one, arrangement in which the pieces make a complete picture.

Jared Ficklin: Thank you. (Applause) There are 1,400 stars. It's a really fun way to explore the lecture, and, I hope, a fitting homage.

All right. Let me close with a work in progress. I think, after 30 years, the opportunity exists to create an enhanced version of closed captioning. Now, we've all seen a lot of TEDTalks online, so let's watch one now with the sound turned off and the closed captioning turned on.

There's no closed captioning for the TED theme song, and we're missing it, but if you've watched enough of these, you hear it in your mind's ear, and then applause starts. It usually begins here, and it grows and then it falls. Sometimes you get a little star applause, and then I think even Bill Gates takes a nervous breath, and the talk begins.

All right, so let's watch this clip again. This time, I'm not going to talk at all. There's still going to be no audio, but what I am going to do is I'm going to render the sound visually in real time at the bottom of the screen. So watch closely and see what your eyes can hear.

This is fairly amazing to me. Even on the first view, your eyes will successfully pick out patterns, but on repeated views, your brain actually gets better at turning these patterns into information. You can get the tone and the timbre and the pace of the speech, things that you can't get out of closed captioning. That famous scene in horror movies where someone is walking up from behind is something you can see, and I believe this information would be something that is useful at times when the audio is turned off or not heard at all, and I speculate that deaf audiences might actually even be better at seeing sound than hearing audiences. I don't know. It's a theory right now. Actually, it's all just an idea.

And let me end by saying that sound moves in all directions, and so do ideas. Thank you. (Applause)

My passions are music,/ technology/ and making things.//

私が 情熱を注いでいるのは音楽とテクノロジーと物作りです

And it's the combination of these things/ that has led me/ to the hobby of sound visualization,/ and,/ on occasion,/ has led me/ to play with fire.//

これらを組み合わせて 音を視覚化することが趣味になりました 時には 火も扱います

This is a Rubens/' tube.// It's one of many/ I've made over the years,/ and I have one here tonight.//

これはルーベンスチューブです 私が作った物の一つです ご覧ください

It's about an 8-foot-long tube of metal,/ it's got a hundred or so holes/ on top,/ on that side is the speaker,/ and here is some lab tubing,/ and it's connected to this tank of propane.//

2.4mほどの金属管で約100個の穴があり ― 片側はスピーカ反対はタンクへの配管です プロパンガスです

So,/ let's fire/ it up/ and see/ what it does.//

それでは火をつけてみましょう

So let's play a 550-herz frequency/ and watch/ what happens.//

次に周波数550Hzの音を流します ご覧ください

(音)

Thank you.// (Applause)/ It's okay/ to applaud the laws of physics,/ but essentially/ what's happening here --/ (Laughter) --/ is the energy/ from the sound/ via the air and gas molecules is influencing the combustion properties of propane,/ creating a visible waveform,/ and we can see the alternating regions of compression and rarefaction/ that we call frequency,/ and the height is showing us amplitude.//

ありがとう (拍手) 物理法則に拍手するのはいいとしてここで起きたことは ― (笑) 音のエネルギーが 空気とガスの分子を通して プロパンの燃焼性に影響を与え 波形を作り出します 圧力の高い部分と低い部分が 交互に ― つまり周波数が見えます 高さは振幅を表します

So let's change/ the frequency of the sound,/ and watch/ what happens to the fire.//

それでは音の周波数を変えて 炎がどう変化するか見てみましょう

(周波数を上げる)

So every time/ we hit a resonant frequency/ we get a standing wave and/ that emergent sine curve of fire.//

共振周波数になると定在波が生じて 炎のサイン曲線が表れます

So let's turn/ that off.// We're indoors.//

室内なので もう消しましょう

Thank you.// (Applause)//

ありがとう (拍手)

I also have with me/ a flame table.//

「フレイムテーブル」も持ってきました

It's very similar/ to a Rubens/' tube,/ and it's also used for visualizing the physical properties of sound,/ such as eigenmodes,/ so let's fire/ it up/ and see/ what it does.//

ルーベンスチューブと同様に 音の物理特性を視覚化できます たとえば固有モードです 火を点けて どうなるか見てみましょう

Ooh.// (Laughter)/ Okay.// Now,/ while the table comes up/ to pressure, let me note here/ that the sound is not traveling in perfect lines.// It's actually traveling/ in all directions,/ and the Rubens/' tube's a little/ like bisecting those waves/ with a line,/ and the flame table's a little/ like bisecting those waves/ with a plane,/ and it can show a little more subtle complexity,/ which is/ why I like to use/ it/ to watch Geoff Farina play guitar.//

おっ (笑) テーブルの圧力が上がる間に指摘しておきたいのは 音は直線状に進むのではなく あらゆる方向に進むということです ルーベンスチューブが音波を線状に切り出すのに対して フレイムテーブルは音波を 平面的に切り出すと言えます 複雑さを細かく表せるのでジェフ・ファリーナのギター演奏を 見るにはうってつけです

(Music)//

(音楽)

All right,/ so it's a delicate dance.//

繊細なダンスのようです

If you watch closely/ - (Applause)/ If you watch closely,/ you may have seen some of the eigenmodes,/ but also/ you may have seen/ that jazz music is better/ with fire.//

よく見ると ― (拍手) 固有モードが見えたかも知れません 炎とジャズは 相性がいいことにも気づくでしょう

Actually,/ a lot of things are better with fire/ in my world,/ but the fire's just a foundation.//

火と相性がいいものはたくさんあります ただ 火は土台に過ぎません

It shows very well/ that eyes can hear,/ and this is interesting/ to me/ because technology allows us/ to present sound/ to the eyes/ in ways/ that accentuate the strength of the eyes/ for seeing sound,/ such as the removal of time.//

目でも聞けることを 火が示しているのです 私が面白いと思うのはテクノロジーを使って 目の特性を生かしながら音を見えるようにできること ― たとえば時間を無視できることです

So here,/ I'm using/ a rendering algorithm/ to paint the frequencies of the song "Smells Like Teen Spirit"/ in a way/ that the eyes can take them in/ as a single visual impression,/ and the technique will also show the strengths of the visual cortex/ for pattern recognition.//

私はレンダリングアルゴリズムを使って ニルヴァーナの曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の 周波数を 目で見えるように1つのイメージにしました この技術を使うと大脳視覚野が パターン認識に優れていることもわかります

So/ if I show you/ another song/ off this album,/ and another,/ your eyes will easily pick out/ the use of repetition/ by the band Nirvana,/ and in the frequency distribution,/ the colors,/ you can see the clean-dirty-clean sound/ that they are famous for,/ and here is the entire album/ as a single visual impression,/ and I think/ this impression is pretty powerful.//

同じアルバムの別の曲を見るとニルヴァーナが反復を用いていることが よくわかります 周波数の分布 つまり色から このバンドの特長である清-濁-清 という音のパターンがわかります これはアルバム全体を1つのイメージにしたものです とても力強いイメージです

At least,/ it's powerful enough/ that if I show you/ these four songs,/ and I remind you/ that this is "Smells Like Teen Spirit,/"/ you can probably correctly guess,/ without listening to any music at all,/ that the song/ a die hard Nirvana fan would enjoy/ is this song,/ "I'll Stick Around"/ by the Foo Fighters,/ whose lead singer is Dave Grohl,/ who was the drummer/ in Nirvana.//

どのくらい力強いかというと 次の4曲を見て ― ちなみにこれが「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」ですが ― 音を聞かなくても おおむね正しく 筋金入りのニルヴァーナ・ファンが気に入りそうなのはこの曲 ― フー・ファイターズの「アイル・スティック・アラウンド」だと言える程です リード・シンガーのデイヴ・グロールは ニルヴァーナのドラマーをしていました

The songs are a little similar,/ but mostly/ I'm just interested/ in the idea/ that someday maybe/ we'll buy a song/ because we like the way/ it looks.//

2曲は確かに似ていますが もっぱら私が関心があるのは 曲を見た目で買う日が来るかもしれないという発想です

All right,/ now/ for some more sound data.//

さらに音のデータを見ましょう

This is data/ from a skate park,/ and this is Mabel Davis skate park/ in Austin,/ Texas.// (Skateboard sounds)/ And the sounds/ you're hearing/ came from eight microphones attached to obstacles/ around the park,/ and it sounds like chaos,/ but actually/ all the tricks start with a very distinct slap,/ but successful tricks end with a pop,/ whereas unsuccessful tricks/ more of a scratch and a tumble,/ and tricks/ on the rail will ring out/ like a gong,/ and voices occupy very unique frequencies/ in the skate park.//

これはスケートボード場で録音しました テキサス州オースチンにある ― メイベル・デイビス・スケートパークです(スケートボードの音) 今 聞こえる音は 障害物に取り付けた8つのマイクで録りました 雑音のようですが 実際は どの技も特徴的な音で始まり ― 成功するとポンという音 ― 失敗すると こすれる音や 転がる音で終わります レールに乗る技はゴングのように響き 人の声は特徴的な周波数を占めます

So/ if we were to render/ these sounds visually,/ we might end up/ with something/ like this.//

だから ここの音を視覚化したら こんな感じになります

This is all 40 minutes of the recording,/ and right away/ the algorithm tells us/ a lot more tricks are missed than are made,/ and also/ a trick/ on the rails is a lot more likely/ to produce a cheer,/ and/ if you look really closely,/ we can tease out/ traffic patterns.//

これが40分にわたる録音の全てです このアルゴリズムでわかることは 技の多くは失敗し レールを使った技は 歓声を伴うことが多いということですさらに細かく見ると 移動パターンを知ることができます

You see the skaters often trick in this direction.// The obstacles are easier.//

スケーターはこの方向に滑りますこの方が障害が簡単だからです

And in the middle of the recording,/ the mics pick this up,/ but later/ in the recording,/ this kid shows up,/ and he starts using/ a line/ at the top of the park/ to do some very advanced tricks/ on something called the tall rail.//

これは録音中盤でマイクがとらえました ところが後半で少年が現れ ― 上にあるコースを使いトール・レールの上で とても難しい技を始めました

And it's fascinating.// At this moment/ in time,/ all the rest of the skaters turn their lines/ 90 degrees/ to stay out of his way.//

興味深いことに この瞬間 ― 他のスケーター全員がコースの方向を90度変えて彼に場所を譲ったのです

You see,/ there's a subtle etiquette/ in the skate park,/ and it's led by key influencers,/ and they tend to be the kids/ who can do the best tricks,/ or wear red pants,/ and on this day/ the mics picked/ that up.//

パークには細かい作法があり 影響力をもつ人がいます そういう人は 腕がすごいとか赤いパンツ姿と相場は決まっています この日マイクが捉えたのはそんな作法です

All right,/ from skate physics/ to theoretical physics.//

次はスケートボードの物理から理論物理学へ移りましょう

I'm a big fan of Stephen Hawking,/ and I wanted to use/ all eight hours of his Cambridge lecture series/ to create an homage.//

私はスティーブン・ホーキングの大ファンで ケンブリッジでの講義8時間分を使ってオマージュを制作しようと考えました

Now,/ in this series/ he's speaking with the aid of a computer,/ which actually makes identifying/ the ends of sentences fairly easy.// So/ I wrote a steering algorithm.//

この連続講義で ホーキング氏はコンピュータを使って話しています だから文の終わりを特定するのは簡単です そこで私はステアリングアルゴリズムを作りました

It listens to the lecture,/ and then/ it uses the amplitude of each word/ to move a point/ on the x-axis,/ and it uses the inflection of sentences/ to move a same point up and down/ on the y-axis.//

これで講義を取り込み ― 個々の語の振幅を用いてX軸上の点を動かします さらに文の音調の変化をとらえて その点をY軸にそって上下させます

And these trend lines,/ you can see,/ there's more questions/ than answers/ in the laws of physics,/ and when we reach the end of a sentence,/ we place a star/ at that location.//

この傾向線を見ると 物理法則について 解答より 疑問の方が多いことがわかります 文末に達すると そこに星を付けます

So there's a lot of sentences,/ so a lot of stars, and after rendering all of the audio,/ this is/ what we get.//

文が多いので たくさん星があります 音声を全て表示すると こうなります

This is Stephen Hawking's universe.//

これがスティーブン・ホーキングの宇宙です

(拍手)

It's all eight hours of the Cambridge lecture series taken in/ as a single visual impression,/ and I really/ like this image,/ but a lot of people think/ it's fake.//

8時間に渡るケンブリッジでの講義を 一枚のイメージにしたものです 私はこれを大変気に入っていますが いい加減だと考える人が多いので

So I made a more interactive version,/ and the way/ I did/ that is I used their position/ in time/ in the lecture/ to place these stars/ into 3D space,/ and with some custom software and a Kinect,/ I can walk right/ into the lecture.//

インタラクティブ版を作りました 講義における時間的な位置を使って 三次元空間に 星を配置し 自作のソフトとKinectで 講義の中に入ることができるようにしました

I'm going to wave/ through the Kinect here/ and take control,/ and now/ I'm going to reach out/ and I'm going to touch/ a star,/ and when I do,/ it will play the sentence/ that generated/ that star.//

Kinectに向けて手を振り 操作します 手を伸ばして星に触れると その星を生成した元の文が再生できます

Stephen Hawking:/ There is one,/ and only one,/ arrangement/ in which the pieces make a complete picture.//

「各部分が完全な像を構成するような 唯一の配置があります」

Jared Ficklin:/ Thank you.// (Applause)/ There are 1,400 stars.//

ありがとう (拍手) ここには1,400個の星があります

It's a really fun way/ to explore the lecture,/ and,/ I hope,/ a fitting homage.//

講義を楽しく探究できます オマージュにふさわしいでしょうか

All right.// Let me/ close with a work/ in progress.//

最後に制作中の作品をご覧ください

I think,/ after 30 years,/ the opportunity exists to create/ an enhanced version of closed captioning.//

クローズド・キャプションの登場から30年 ― 強化版を作る機会を得ました

Now,/ we've all seen a lot of TEDTalks online,/ so let's watch one now/ with the sound turned off/ and the closed captioning turned on.//

みんなTEDトークをオンラインで見ますが 音を消して クローズド・キャプションを ― ONにしたものを見てみましょう

There's no closed captioning/ for the TED theme song,/ and we're missing/ it,/ but/ if you've watched enough of these,/ you hear it/ in your mind's ear,/ and then/ applause starts.//

TEDのテーマ曲には字幕がありません 字幕がなくても たくさん見ていれば 頭の中で テーマと拍手が聞こえるでしょう

It usually begins here,/ and it grows/ and then/ it falls.//

ここで始まり 盛り上がって消えます

Sometimes/ you get a little star applause,/ and then/ I think/ even Bill Gates takes a nervous breath,/ and the talk begins.//

拍手が特に大きい時もあります ビル・ゲイツですら不安そうに息をしてから トークが始まります

All right,/ so let's watch/ this clip again.//

もう一度ビデオを見ましょう

This time,/ I'm not going to talk/ at all.//

今度は私はしゃべりません

There's still going to be no audio,/ but what I am going to do/ is I'm going to render/ the sound visually/ in real time/ at the bottom of the screen.//

音声はありませんが 音を視覚的に描画して 画面下部にリアルタイムで表示します

So watch closely/ and see/ what your eyes can hear.//

皆さんの目は何を「聞く」ことができるでしょうか

This is fairly amazing/ to me.//

すごいことだと思います

Even/ on the first view,/ your eyes will successfully pick out/ patterns,/ but on repeated views,/ your brain actually gets better/ at turning these patterns/ into information.//

1度見ただけでもパターンが見つけられますが 何度か見ると 皆さんの脳は パターンを情報に置き換えることに慣れ

You can get the tone and the timbre and the pace of the speech,/ things/ that you can't get out of closed captioning.//

音調や音質 話すペースがわかるようになります 字幕からはとらえられないものです

That famous scene/ in horror movies/ where someone is walking up/ from behind is something/ you can see,/ and I believe/ this information would be something/ that is useful/ at times/ when the audio is turned off/ or not heard at all,/ and I speculate/ that deaf audiences might actually even be better/ at seeing sound/ than hearing audiences.//

ホラー映画でありがちな ― 何者かが後ろから迫ってくる場面も 見えるようになります これらの情報は 音声がオフの場合や聞こえない場合に役立つでしょう また耳が聞こえない人は聞こえる人に比べて 音を見ることに 長けていると思うのです

I don't know.// It's a theory right now.//

まだ仮説で はっきりわかりません

Actually,/ it's all just an idea.//

単なるアイデアです

And let me/ end by saying/ that sound moves/ in all directions,/ and so do ideas.//

最後になりますが ―音はあらゆる方向に広がります アイデアも同じです

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございます (拍手)

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

hobby

(他の人と多少変わった)『趣味』,道楽

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

lab

実験室(laboratory)

tubing

〈U〉管状の物

《集合的に》管類

〈C〉(ある長さの1本の)管

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

propane

プロパン[ガス]

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

applause

『拍手かっさい』;称賛

okay

=OK,O.K.

applaud

『拍手かっさいする』,拍手してほめる

…‘に'『拍手かっさいする』;…'を'拍手してほめる

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

physics

『物理学』

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

laughter

『笑い』,笑い声

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

via

『…経由で』で,を経て

…によって

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

combustion

燃焼

(化学的な)燃焼

(熱と光を伴う)急激な酸化

(高温や光を伴わない)ゆっくりした酸化

property

動産

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

alternate

『交互の』,かわるがわるの

一つおきの(every other)

代わりの,どれか一つの

《米》代わり[の人](substitute)

〈両者が〉交替する;(…と)交替する,互い違いになる《+『with』+『名』》

…'を'交互にさせる

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

compression

圧搾,圧傷;要約

rarefaction

(気体の)希薄化,希薄状態

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

amplitude

広さ,大きさ

十分,豊富

(振子の)最大振幅;(電波・音波などの)振幅

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

high frequency

高周波

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

resonant

(音・声が)鳴り響く,反響する

《補語にのみ用いて》(場所・物体が)(…で)共鳴する《+『with』+『名』》

(音・声などが)豊かな

standing

〈U〉〈C〉『身分』,地位;名声,評伴;立場

〈U〉継続,存続(duration)

『立っている』,立ったままで行う

動かない,止まった

絶え間まなく続く,永続的な;固定した,いつもの;常備の,常設の

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

emergent

見えてくる,現れる

sine

(数学で)正弦,サイン(《略》『sin』)

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

indoors

『室内に』(『で』),『屋内に』(『で』)

flame

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『炎』

〈U〉炎のような輝き;炎色

〈C〉《おもに文》(…の)(燃えるような)情熱,激情《+『of』+『名』》

『炎をあげて燃える』,燃えさかる《+『up』》

(炎のように)照え映える《+『up』》

〈怒り・情熱などが〉燃え上がる;〈人が〉かっと怒り出す《+『out』(『up, forth』)》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

bisect

…'を'2分する,2等分する

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

farina

穀粉(スープ・プディングなどに用いる)

guitar

『ギター』

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

accentuate

〈語・音節〉‘に'アクセントをおく,'を'特に強く発音する

…'を'目立たせる,強調する

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

removal

(…か,…を)移動すること《+『of』+『名』》

移転,引っ越し

(…の)解任,免職(dismissal)《+『of』+『名』》

render

《『render』+『名』〈目〉+『形』〈補〉》…‘を'(…の状態に)『する』)make)

…‘を'行う,果たす

(…に対して)…‘を'返す《+『名』+『for』+『名』》

'‘を'公式に宣言する,言い渡す

(…に)〈計算書など〉‘を'提出する,送付する《+『名』+『to』+『名』》

(文章や絵画で)…‘を'表現する

(…に)…‘を'翻訳する(translate)《+『名』+『into』+『名』》

‘を'演奏する,演ずる(perform)

〈脂肪など〉‘を'溶かす,溶かして精製する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

teen

=teenage

=teenager

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

album

(写真・切手・切り抜きなどを貼る)『アルバム』

(いくつかの曲・劇などを収録した)組レコード,アルバム

画帳

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

repetition

(…‘を')『繰り返すこと,反複すること』;(…の)暗唱《+『of』+『名』》

(;の)写し,複写,模写(copy),模倣《+『of』+『名』》

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

nirvana

〈U〉《『N-』》ねはん(仏教の用語)

〈C〉〈U〉苦痛・悩み・世俗を超越していること(した場所)

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

probably

『たぶん』,『おそらく』

correctly

正しく,正確に;正確に言えば

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

fighter

戦う人,戦士,闘士

プロボクサー

(またfighter plane)戦闘機

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

drummer

鼓手,ドラム奏者

《米俗》地方を巡回するセールスマン

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

data

『資料』,事実;情報

datum

dataの単数形

既知の事実

skate

=ice skate

=roller skate

『スケートをする』,氷滑りをする

Texas

テキサス州(米国西南部の州;州都は Austin;{略}Tex.,TX)

skateboard

スケートボード(路上などで遊ぶ車輪付きの長方形の板)

スケートボードですべる

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

chaos

〈U〉(天地創造以前の)混とん

〈U〉(一般に)『混乱状態』,無秩序;〈C〉混乱したもの

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

slap

『平手打ち』,平たい物で打つこと

(平手打ちなどの)ピシャリという音

…‘を'『平手でビシャリと打つ』;…‘の'(…を)平手打ちする《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

(…に)…‘を'すばやく(ぞんざいに,むぞうさに)置く《+『名』+『on』+『名』》

ピシャリと音を立てて打つ

まっすぐに,まともに

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

unsuccessful

不成功の,失敗の;(…に)失敗する《+in+塁(do・ing)》

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

tumble

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》『ころがる』,倒れる

ころげ回る,のたうち回る《+about》

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》ころがるようにして行く(来る)

くずれ落ちる,崩壊する《+down》

(体操)とんぼ返りを打つ,くるくる回転する

〈価格が〉急落する

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'ほうり投げる

…‘を'めちゃくちゃにする

〈C〉転倒,転落

〈U〉《しばしば A ~》混乱,乱雑ごちゃごちゃ

〈C〉とんぼ返り

rail

〈C〉(かきね・柵(さく)などの)『横棒』,横木;手すり,らんかん,《複数形で》柵,かき

〈C〉(鉄道の)『レール』

〈U〉(輸送機関としての)『鉄道』

〈C〉(物を掛けたりするための)横木,横棒

…‘を'横木(手すり)で囲む,‘に'柵を付ける《+『in(off)』+『名』》

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

gong

どら;(一般に)皿型の鐘,ゴング

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

occupy

〈場所・空間〉‘を'『占める』,ふさぐ;〈時間〉‘を'とる,占める

〈地位〉‘を'占める

〈軍隊〉…‘を'占領する,占拒する

(ある時間)…‘に'居る

《受動態で,またはoneselfを目的にして》(…で)〈人〉‘の'時間をとる,‘を'手いっぱいにさせる《+『名』+『by』(『with, in』)+『名』(do『ing』)》

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

tease

〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう

《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる

〈布〉‘に'毛羽を立てる

(紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく

人(動物)をしつこくいじめる(からかう)

いじめる人,からかう人

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

skater

スケートをする人

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

etiquette

『礼儀』,『作法』,エチケット

(同業者仲間の)礼儀,仁義

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

pant

『あえぐ』,息を切らす

《現在分詞の形で》熱望する,強く望む

…‘を'あえぎながら言う《+『out』(『forth』)+『名,』+『名』+『out』(『forth』)》

『あえぎ』,息切れ;動悸(どうき)

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

homage

尊敬,敬意,服従

(中世に臣下が主君に対して行った)忠誠の誓い

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

x-axis

(グラフの)x軸,横軸

y-axis

(グラフの)y軸,縦軸

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

custom

〈U〉〈C〉(社会の)『習慣』,『風習』,慣例

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』

〈U〉(客の商人に対する)ひいき,愛顧,引き立て《集合的に》得意先

《複数形で》関税;《the customs》税関

注文で作った,あつらえの

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

arrangement

〈U〉(…の)『整理』,『配置』,配列《+『of』+『名』》

〈C〉整理(配列)した物

〈C〉整理(配置,配列)の仕方

《複数形で》(…の)手はず,準備《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉協定,取り決め;和解,合意

〈U〉(音楽の)編曲;〈C〉編曲した曲

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

fitting

適切な

〈U〉(機械などの)組立て

仮縫いを着てみること

(組み立てる)部品,付属品

《通例複数形で》家具,調度品;備品,設備

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

opportunity

『機会』,好機

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

enhance

…‘の'程度(仮値など)を高める

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

theme song

(ミュージカル・映画などの)主題歌

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

repeated

繰り返して言われる(行われる)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

timbre

音色,音質

pace

〈C〉『1歩』;歩幅(ほぼ75‐100cm)

〈C〉〈U〉『歩調』,速度,ペース

〈C〉《単数形で》(馬の)側対歩(同じ側の前後の脚を同時に上げ下げする歩き方)

…‘を'一定の歩調で歩き回る

…‘を'歩いて測る,歩測する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

…‘の'速度を調整する

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(普通の速さで)歩く,ゆっくりと行ったり来たりする

〈馬が〉側対歩で歩く

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

speculate

(…について)『推測する』,思い巡らす《+『about』(『on, upon』)+『名』(do『ing』)》

(株・土地などに)『投機する』《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《『speculate』+『that節』》…と推測する

deaf

『耳が遠い』,耳が不自由な

《the deaf;名詞的に》耳が不自合な人々

《補語にのみ用いて》(…を)『聞こうとしない』(…に)むとんじゃくである《+『to』+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

関連動画