TED日本語 - ナサニエル・カーン: ドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」を語る

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ナサニエル・カーンがドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」からの映像を紹介します。このドキュメンタリー映画は父であるルイス・カーンを理解するための探求の旅です。芸術と愛の関わりを理解したい人すべてに向けられた映画です。

Script

この映画作りに関して ひとつ言いたいのは マイケル・モーションや 音楽に関する 素晴らしいトークを聞くと そこには物語風の流れがあり 音楽は時間の中に存在するといえます 映画も時間の中に存在しており 感情的に経験すべき体験なのです 私はこの映画作りで 今までに見た どんなドキュメンタリーも 結局は知識を学ぶことであり 出演者や考えに駆り立てられていると感じました それに対し この映画は感情によって駆り立てながら 私の旅を追いたかったのです ですから 出演者に話をさせ シーンを構成するのではなく 順々にいろいろな人に会っていきます 彼らが登場するのは一度だけ 再び登場する事はないので まさに旅の記録だと言えます それは人生のようなもので 一度入り込んだら 出られなくなります

お見せしたいシーンが二つあります まずは寄せ集めで作ったもので 今夜ここにいる3人の方に お話いただきました 実際には違った登場の仕方で もっと大きな場面に含まれています 彼らは見事に息が合っています そして 父の短いシーンが出てきて 父にとって大事なものを話します 人生における偶然の出来事です 父は人生における最高な事は偶然の出来事で 計画したものではない と感じたと思うのです そして3人のシーンに続いて 私にとっては父の傑作である バングラデシュのダッカにある建物が出てきます 父はダッカに国会議事堂を建てました 映画の撮影に使われたのは初めてなので 楽しんで その建物を見ていただけるでしょう 我々がそこにおける最初の映画撮影班となりました

その壮麗な建物の映像をお見せしますが 心に留めておいてもらいたいのは 全てが手で建てられた事で クレーンを使い始めたのは去年のことです 竹の足場を組んで 全て手作業で建てられました コンクリート入りの籠を頭に乗せて運び 型枠へ流し込んでいました バングラデシュの国会議事堂は 建築に23年かかりました 彼らは非常に誇りに思っているようです 完成にはタージマハールと同じ年月がかかり 残念ながら父は完成を目にすることはなかったのです 父は1974年に亡くなりました この建物が完成したのは1983年です ですから父の死後 何年も建築が続いていました 映像を見ながら考えてほしいのは 人生において努力しているものとは時として終わりを見る事ができません

父に関して心を打たれたのは 父には信念があって このような事を彼のやり方で行うことで 何か良い事が生まれると思っていました 一時期パキスタンとの戦争が起こり 建設は中断しましたが 父は働き続けました 終戦後 バングラデシュの人々には この建物が必要だろう と思ったからです では二つのシーンをお見せします 始めてください (拍手)

R・S・ワーマン: ペンシルベニア大学での彼の講義は今でも覚えている 家に帰って来て両親に言ったのさ “今日会った人は あまり仕事がなくて なんだか変な声をしてる人だけど 大学の先生をしてるんだ 彼の名前は聞いたことないと思うけど 彼はいつか有名になるから 今日という日を覚えておいてほしい 彼はとにかくすごい男なんだよ”

フランク・ゲーリー: 彼はイングリッド・バーグマンと色恋沙汰があったって聞いたけど 本当?

ナサニエル・カーン: もしそうなら ラッキーな男だね

(笑)

カーン: 本当に聞いたの?

ゲーリー: うん 彼がローマにいた時ね

モシェ・サフディ: 彼は真の放浪者だったよ 私が現役の頃 彼は旅から戻り事務所に来るんだ 一心不乱に数日仕事をして また旅へ出てしまう 彼と夜中の3時まで仕事をしたことがあったけど 彼には放浪者的感覚があったね 鉄道駅で亡くなったことほど悲惨なものはないけれど まさに彼の人生を物語っているよ 私は飛行機の中や 空港で死んだり ジョギング中に身元不明の状態で死ぬことを よく考える 彼が死んだ記憶が 頭から離れない理由がよくわからない 彼は心底 放浪者だった

ルイス・カーン: 我々の存在とは なんて偶然に富んでいるんだろう 状況にどれだけ影響されていることか

男: 毎朝 ここで散歩をするんだ そして街の美しさや雰囲気を楽しんでる ここはバングラデシュで一番素敵な場所さ この建物には誇りを持ってるんだ

誇りがある?

そうさ バングラデシュの国のイメージだからね

建築家について何か知ってますか?

建築家? 建築家に関して聞いた事はあるよ

私がここに来たのも 私は彼の息子なんです 彼は私の父なんです

ルイス・ファラカーンがお父さん?

ファラカーンじゃなくてカーンです

そうそう ルイス・カーンね

(笑)

お父さんか! 健在ですか?

25年前に他界しました

来てくれて とても嬉しいよ

ありがとう

父は完成を見れなかった 見る前に亡くなってしまった

シャムサル・ウェアズ: 我々のような国のために建築するのは無理に近かった 50年前は水田の他には何もなかった 彼をここへ呼んだものだから 彼は責任を感じたんです 彼はここでモーゼになりたくて 民主主義を与えてくれた 彼は政治家ではないけれど このように 私たちが 立ち上がれる場所から民主制を制定してくれた そのように 非常に関連があるんです 彼はバングラデシュの国富や この建物を建て終えられるかなんて 気にしなかった でも完成までたどり着いたのです これは彼が世界一貧しい国において成し遂げたものです

彼は人生を犠牲にしました

そうですね この為に人生をかけました その彼の偉大さを 我々は忘れはしないでしょう でも 彼も人間でした 家族の人生を満足させられなかったことは 偉大な人たちには避けられないことです でも彼の息子はこの事を理解し 父を恨んだり 無視されていたとは思わないと思います 彼の気のかけ方は非常に変わっていましたが それを理解するには時間が必要です 彼の人生の社会的側面は 子どものようでした 彼は何事にもノーと 言えなかったが為に 今日 この建物があるのです このようにしか彼を理解することはできません 彼を心から理解する近道や 方法は他にないのです でも 彼がこの建物を我々に授けてくれたから 常に彼を感じるのです このように 彼は愛をくれました きっと貴方には正しい愛をあげられなかっただろうけど 我々には正しい愛をくれたんです そこが大事なんです 貴方は理解しなくちゃいけない 彼には大いなる愛があって 彼は皆を愛していた 皆を愛する為に 彼は時として 本当に愛する人と過ごせなかった 彼のような才覚ある男性には仕方のない事です

(拍手)

One thing I wanted to say about film making is -- about this film -- in thinking about some of the wonderful talks we've heard here, Michael Moschen, and some of the talks about music, this idea that there is a narrative line, and that music exists in time. A film also exists in time; it's an experience that you should go through emotionally. And in making this film I felt that so many of the documentaries I've seen were all about learning something, or knowledge, or driven by talking heads, and driven by ideas. And I wanted this film to be driven by emotions, and really to follow my journey. So instead of doing the talking head thing, instead it's composed of scenes, and we meet people along the way. We only meet them once. They don't come back several times, so it really chronicles a journey. It's something like life, that once you get in it you can't get out.

There are two clips I want to show you, the first one is a kind of hodgepodge, its just three little moments,four little moments with three of the people who are here tonight. It's not the way they occur in the film, because they are part of much larger scenes. They play off each other in a wonderful way. And that ends with a little clip of my father, of Lou, talking about something that is very dear to him, which is the accidents of life. I think he felt that the greatest things in life were accidental, and perhaps not planned at all. And those three clips will be followed by a scene of perhaps what, to me, is really his greatest building which is a building in Dhaka, Bangladesh. He built the capital over there. And I think you'll enjoy this building, it's never been seen -- it's been still photographed, but never photographed by a film crew. We were the first film crew in there.

So you'll see images of this remarkable building. A couple of things to keep in mind when you see it, it was built entirely by hand, I think they got a crane the last year. It was built entirely by hand off bamboo scaffolding, people carrying these baskets of concrete on their heads, dumping them in the forms. It is the capital of the country, and it took 23 years to build, which is something they seem to be very proud of over there. It took as long as the Taj Mahal. Unfortunately it took so long that Lou never saw it finished. He died in 1974. The building was finished in 1983. So it continued on for many years after he died. Think about that when you see that building, that sometimes the things we strive for so hard in life we never get to see finished.

And that really struck me about my father, in the sense that he had such belief that somehow, doing these things giving in the way that he gave, that something good would come out of it, even in the middle of a war, there was a war with Pakistan at one point, and the construction stopped totally and he kept working, because he felt, "Well when the war is done they'll need this building." So, those are the two clips I'm going to show. Roll that tape. (Applause)

Richard Saul Wurman: I remember hearing him talk at Penn. And I came home and I said to my father and mother, "I just met this man: doesn't have much work, and he's sort of ugly, funny voice, and he's a teacher at school. I know you've never heard of him, but just mark this day that someday you will hear of him, because he's really an amazing man."

Frank Gehry: I heard he had some kind of a fling with Ingrid Bergman. Is that true?

Nathaniel Kahn: If he did he was a very lucky man.

(Laughter)

NK: Did you hear that, really?

FG: Yeah, when he was in Rome.

Moshe Safdie: He was a real nomad. And you know, when I knew him when I was in the office, he would come in from a trip, and he would be in the office for two or three days intensely, and he would pack up and go. You know he'd be in the office till three in the morning working with us and there was this kind of sense of the nomad in him. I mean as tragic as his death was in a railway station, it was so consistent with his life, you know? I mean I often think I'm going to die in a plane, or I'm going to die in an airport, or die jogging without an identification on me. I don't know why I sort of carry that from that memory of the way he died. But he was a sort of a nomad at heart.

Louis Kahn: How accidental our existences are really and how full of influence by circumstance.

Man: We are the morning workers who come, all the time, here and enjoy the walking, city's beauty and the atmosphere and this is the nicest place of Bangladesh. We are proud of it.

NK: You're proud of it?

Man: Yes, it is the national image of Bangladesh.

NK: Do you know anything about the architect?

Man: Architect? I've heard about him; he's a top-ranking architect.

NK: Well actually I'm here because I'm the architect's son, he was my father.

Man: Oh! Dad is Louis Farrakhan?

NK: Yeah. No not Louis Farrakhan, Louis Kahn.

Man: Louis Kahn, yes!

(Laughter)

Man: Your father, is he alive?

NK: No, he's been dead for 25 years.

Man: Very pleased to welcome you back.

NK: Thank you.

NK: He never saw it finished, Pop. No, he never saw this.

Shamsul Wares: It was almost impossible, building for a country like ours. In 30,50 years back, it was nothing, only paddy fields, and since we invited him here, he felt that he has got a responsibility. He wanted to be a Moses here, he gave us democracy. He is not a political man, but in this guise he has given us the institution for democracy, from where we can rise. In that way it is so relevant. He didn't care for how much money this country has, or whether he would be able to ever finish this building, but somehow he has been able to do it, build it, here. And this is the largest project he has got in here, the poorest country in the world.

NK: It cost him his life.

SW: Yeah, he paid. He paid his life for this, and that is why he is great and we'll remember him. But he was also human. Now his failure to satisfy the family life, is an inevitable association of great people. But I think his son will understand this, and will have no sense of grudge, or sense of being neglected, I think. He cared in a very different manner, but it takes a lot of time to understand that. In social aspect of his life he was just like a child, he was not at all matured. He could not say no to anything, and that is why, that he can not say no to things, we got this building today. You see, only that way you can be able to understand him. There is no other shortcut, no other way to really understand him. But I think he has given us this building and we feel all the time for him, that's why, he has given love for us. He could not probably give the right kind of love for you, but for us, he has given the people the right kind of love, that is important. You have to understand that. He had an enormous amount of love, he loved everybody. To love everybody, he sometimes did not see the very closest ones, and that is inevitable for men of his stature.

(Applause)

One thing/ I wanted to say/ about film making is --/ about this film --/ in thinking about some of the wonderful talks/ we've heard here,/ Michael Moschen,/ and some of the talks/ about music,/ this idea/ that there is a narrative line,/ and/ that music exists in time.//

この映画作りに関して ひとつ言いたいのは マイケル・モーションや 音楽に関する 素晴らしいトークを聞くと そこには物語風の流れがあり 音楽は時間の中に存在するといえます

A film also exists in time;/ it's an experience/ that you should go through emotionally.//

映画も時間の中に存在しており 感情的に経験すべき体験なのです

And in making this film/ I felt/ that so many of the documentaries/ I've seen were all/ about learning something,/ or knowledge,/ or driven by talking heads,/ and driven by ideas.//

私はこの映画作りで 今までに見た どんなドキュメンタリーも 結局は知識を学ぶことであり 出演者や考えに駆り立てられていると感じました

And I wanted this film/ to be driven by emotions,/ and really to follow my journey.//

それに対し この映画は感情によって駆り立てながら 私の旅を追いたかったのです

So instead of doing the talking head thing,/ instead/ it's composed of scenes,/ and we meet people/ along the way.//

ですから 出演者に話をさせ シーンを構成するのではなく 順々にいろいろな人に会っていきます

We only meet them once.//

彼らが登場するのは一度だけ

They don't come back/ several times,/ so it really chronicles a journey.//

再び登場する事はないので まさに旅の記録だと言えます

It's something/ like life,/ that once you get in it/ you can't get out.//

それは人生のようなもので 一度入り込んだら 出られなくなります

There are two clips/ I want to show/ you,/ the first one is a kind of hodgepodge,/ its just three little moments,/four little moments/ with three of the people/ who are here tonight.//

お見せしたいシーンが二つあります まずは寄せ集めで作ったもので 今夜ここにいる3人の方に お話いただきました

It's not the way/ they occur in the film,/ because they are part of much larger scenes.//

実際には違った登場の仕方で もっと大きな場面に含まれています

They play off/ each other/ in a wonderful way.//

彼らは見事に息が合っています

And that ends with a little clip of my father,/ of Lou,/ talking about something/ that is very dear/ to him,/ which is the accidents of life.//

そして 父の短いシーンが出てきて 父にとって大事なものを話します 人生における偶然の出来事です

I think/ he felt/ that the greatest things/ in life were accidental,/ and perhaps not planned at all.//

父は人生における最高な事は偶然の出来事で 計画したものではない と感じたと思うのです

And those three clips will be followed by a scene of perhaps/ what,/ to me,/ is really his greatest building/ which is a building/ in Dhaka,/ Bangladesh.//

そして3人のシーンに続いて 私にとっては父の傑作である バングラデシュのダッカにある建物が出てきます

He built the capital/ over there.//

父はダッカに国会議事堂を建てました

And I think/ you'll enjoy this building,/ it's never been seen --/ it's been still photographed,/ but never photographed by a film crew.//

映画の撮影に使われたのは初めてなので 楽しんで その建物を見ていただけるでしょう

We were the first film crew/ in there.//

我々がそこにおける最初の映画撮影班となりました

So you'll see images of this remarkable building.//

その壮麗な建物の映像をお見せしますが

A couple of things to keep in mind/ when you see it,/ it was built entirely/ by hand,/ I think/ they got a crane/ the last year.//

心に留めておいてもらいたいのは 全てが手で建てられた事で クレーンを使い始めたのは去年のことです

It was built entirely/ by hand/ off bamboo scaffolding,/ people/ carrying these baskets of concrete/ on their heads,/ dumping them/ in the forms.//

竹の足場を組んで 全て手作業で建てられました コンクリート入りの籠を頭に乗せて運び 型枠へ流し込んでいました

It is the capital of the country,/ and it took 23 years/ to build,/ which is something/ they seem to be very proud of over there.//

バングラデシュの国会議事堂は 建築に23年かかりました 彼らは非常に誇りに思っているようです

It took as long/ as the Taj Mahal.//

完成にはタージマハールと同じ年月がかかり

Unfortunately/ it took so long/ that Lou never saw it finished.//

残念ながら父は完成を目にすることはなかったのです

He died in 1974.//

父は1974年に亡くなりました

The building was finished in 1983.//

この建物が完成したのは1983年です

So it continued on/ for many years/ after he died.//

ですから父の死後 何年も建築が続いていました

Think about that/ when you see/ that building,/ that sometimes/ the things/ we strive for so hard/ in life/ we never get to see/ finished.//

映像を見ながら考えてほしいのは 人生において努力しているものとは時として終わりを見る事ができません

And that really struck me/ about my father,/ in the sense/ that he had such belief/ that somehow,/ doing these things/ giving in the way/ that he gave,/ that something good would come out of it,/ even/ in the middle of a war,/ there was a war/ with Pakistan/ at one point,/ and the construction stopped totally/ and he kept working,/ because he felt,/ "Well/ when the war is done they'll need this building."//

父に関して心を打たれたのは 父には信念があって このような事を彼のやり方で行うことで 何か良い事が生まれると思っていました 一時期パキスタンとの戦争が起こり 建設は中断しましたが 父は働き続けました 終戦後 バングラデシュの人々には この建物が必要だろう と思ったからです

So,/ those are the two clips/ I'm going to show.//

では二つのシーンをお見せします

Roll/ that tape.//

始めてください

(拍手)

Richard Saul Wurman:/ I remember hearing/ him/ talk/ at Penn.//

R・S・ワーマン: ペンシルベニア大学での彼の講義は今でも覚えている

And I came home/ and I said to my father and mother,/ "I just met this man:/ doesn't have much work,/ and he's sort of ugly, funny voice,/ and he's a teacher/ at school.//

家に帰って来て両親に言ったのさ “今日会った人は あまり仕事がなくて なんだか変な声をしてる人だけど 大学の先生をしてるんだ

I know/ you've never heard of him,/ but just mark this day/ that someday/ you will hear of him,/ because he's really/ an amazing man."//

彼の名前は聞いたことないと思うけど 彼はいつか有名になるから 今日という日を覚えておいてほしい 彼はとにかくすごい男なんだよ”

Frank Gehry:/ I heard/ he had some kind of a fling/ with Ingrid Bergman.// Is/ that true?//

フランク・ゲーリー: 彼はイングリッド・バーグマンと色恋沙汰があったって聞いたけど 本当?

Nathaniel Kahn:/ If he did/ he was a very lucky man.//

ナサニエル・カーン: もしそうなら ラッキーな男だね

(笑)

NK:/ Did/ you hear/ that,/ really?//

カーン: 本当に聞いたの?

FG:/ Yeah,/ when he was in Rome.//

ゲーリー: うん 彼がローマにいた時ね

Moshe Safdie:/ He was a real nomad.//

モシェ・サフディ: 彼は真の放浪者だったよ

And you know,/ when I knew him/ when I was in the office,/ he would come in/ from a trip,/ and he would be in the office/ for two or three days intensely,/ and he would pack up and go.//

私が現役の頃 彼は旅から戻り事務所に来るんだ 一心不乱に数日仕事をして また旅へ出てしまう

You know/ he'd be in the office/ till three/ in the morning/ working with us/ and there was this kind of sense of the nomad/ in him.//

彼と夜中の3時まで仕事をしたことがあったけど 彼には放浪者的感覚があったね

I mean as tragic/ as his death was in a railway station,/ it was so consistent/ with his life,/ you know?//

鉄道駅で亡くなったことほど悲惨なものはないけれど まさに彼の人生を物語っているよ

I mean I often think I'm going to die/ in a plane,/ or I'm going to die/ in an airport,/ or die jogging/ without an identification/ on me.//

私は飛行機の中や 空港で死んだり ジョギング中に身元不明の状態で死ぬことを よく考える

I don't know/ why I/ sort of carry/ that from that memory of the way/ he died.//

彼が死んだ記憶が 頭から離れない理由がよくわからない

But he was a sort of a nomad/ at heart.//

彼は心底 放浪者だった

Louis Kahn:/ How accidental/ our existences are really/ and how full of influence/ by circumstance.//

ルイス・カーン: 我々の存在とは なんて偶然に富んでいるんだろう 状況にどれだけ影響されていることか

Man:/ We are the morning workers/ who come,/ all the time,/ here/ and enjoy the walking,/ city's beauty/ and the atmosphere/ and this is the nicest place of Bangladesh.//

男: 毎朝 ここで散歩をするんだ そして街の美しさや雰囲気を楽しんでる ここはバングラデシュで一番素敵な場所さ

We are proud of it.//

この建物には誇りを持ってるんだ

NK:/ You're proud of it?//

誇りがある?

Man:/ Yes, it is the national image of Bangladesh.//

そうさ バングラデシュの国のイメージだからね

NK:/ Do you know anything/ about the architect?//

建築家について何か知ってますか?

Man:/ Architect?// I've heard about him;/ he's a top-ranking architect.//

建築家? 建築家に関して聞いた事はあるよ

NK:/ Well actually/ I'm here/ because I'm the architect's son,/ he was my father.//

私がここに来たのも 私は彼の息子なんです 彼は私の父なんです

Man:/ Oh!// Dad is Louis Farrakhan?//

ルイス・ファラカーンがお父さん?

NK:/ Yeah.// No not Louis Farrakhan,/ Louis Kahn.//

ファラカーンじゃなくてカーンです

Man:/ Louis Kahn,/ yes!//

そうそう ルイス・カーンね

(笑)

Man:/ Your father,/ is he alive?//

お父さんか! 健在ですか?

NK:/ No, he's been dead/ for 25 years.//

25年前に他界しました

Man:/ Very pleased to welcome you back.//

来てくれて とても嬉しいよ

NK:/ Thank you.//

ありがとう

NK:/ He never saw/ it finished,/ Pop.//

父は完成を見れなかった

No, he never saw this.//

見る前に亡くなってしまった

Shamsul Wares:/ It was almost impossible,/ building for a country/ like ours.//

シャムサル・ウェアズ: 我々のような国のために建築するのは無理に近かった

In 30,50 years back,/ it was nothing,/ only paddy fields,/ and/ since we invited him here,/ he felt/ that he has got a responsibility.//

50年前は水田の他には何もなかった 彼をここへ呼んだものだから 彼は責任を感じたんです

He wanted to be a Moses here,/ he gave us/ democracy.//

彼はここでモーゼになりたくて 民主主義を与えてくれた

He is not a political man,/ but in this guise/ he has given us/ the institution/ for democracy,/ from where we can rise.//

彼は政治家ではないけれど このように 私たちが 立ち上がれる場所から民主制を制定してくれた

In that way/ it is so relevant.//

そのように 非常に関連があるんです

He didn't care for how much money/ this country has,/ or/ whether he would be able to ever finish this building,/ but somehow/ he has been able to do it,/ build it,/ here.//

彼はバングラデシュの国富や この建物を建て終えられるかなんて 気にしなかった でも完成までたどり着いたのです

And this is the largest project/ he has got in here,/ the poorest country/ in the world.//

これは彼が世界一貧しい国において成し遂げたものです

NK:/ It cost him/ his life.//

彼は人生を犠牲にしました

SW:/ Yeah,/ he paid.// He paid his life/ for this,/ and that is/ why he is great/ and we'll remember him.//

そうですね この為に人生をかけました その彼の偉大さを 我々は忘れはしないでしょう

But he was also human.//

でも 彼も人間でした

Now/ his failure to satisfy the family life,/ is an inevitable association of great people.//

家族の人生を満足させられなかったことは 偉大な人たちには避けられないことです

But I think/ his son will understand this,/ and will have no sense of grudge,/ or sense of being neglected,/ I think.//

でも彼の息子はこの事を理解し 父を恨んだり 無視されていたとは思わないと思います

He cared in a very different manner,/ but it takes a lot of time/ to understand that.//

彼の気のかけ方は非常に変わっていましたが それを理解するには時間が必要です

In social aspect of his life/ he was just like a child,/ he was not at all matured.//

彼の人生の社会的側面は 子どものようでした

He could not say no/ to anything,/ and that is/ why,/ that he can not say no/ to things,/ we got this building today.//

彼は何事にもノーと 言えなかったが為に 今日 この建物があるのです

You see,/ only that way/ you can be able to understand him.//

このようにしか彼を理解することはできません

There is no other shortcut,/ no other way to really understand him.//

彼を心から理解する近道や 方法は他にないのです

But I think/ he has given us/ this building/ and we feel all the time/ for him,/ that's/ why,/ he has given love/ for us.//

でも 彼がこの建物を我々に授けてくれたから 常に彼を感じるのです このように 彼は愛をくれました

He could not probably give the right kind of love/ for you,/ but for us,/ he has given the people/ the right kind of love,/ that is important.//

きっと貴方には正しい愛をあげられなかっただろうけど 我々には正しい愛をくれたんです そこが大事なんです

You have to understand/ that.//

貴方は理解しなくちゃいけない

He had an enormous amount of love,/ he loved everybody.//

彼には大いなる愛があって 彼は皆を愛していた

To love everybody,/ he sometimes did not see the very closest ones,/ and that is inevitable/ for men of his stature.//

皆を愛する為に 彼は時として 本当に愛する人と過ごせなかった 彼のような才覚ある男性には仕方のない事です

(拍手)

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

instead

『その代りとして』,それよりも

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

chronicle

年代記(過去のでき事の年代順の記録)

《the C-》歴代志(旧約聖書中の一書)

(一般に)物語,記録

…'を'年代記に載せる;…'を'記録にとどめる

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

hodgepodge

(いろいろな物の)ごったまぜ

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

accidental

『偶然の』,思いがけない

(音楽の)臨時記号

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

Bangladesh

バングラデシュ人民共和国(インド半島東部の国;首都Dacca)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

crew

(船・飛行機の)『乗組員』[全員];(高級船員を除いた)船員,(高級乗務員を除いた)搭乗(とうじょう)員

(共同の仕事をする)従業員[全員],作業団[全員]

(ボートレースの)クルー

《話》仲間,連中

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

crane

ツル(鶴)

起重機,クレーン

自在かぎ

(よく見ようとして)〈首〉'を'伸ばす

首を伸ばす

bamboo

『竹』;竹材;〈C〉(1本の)竹

scaffolding

(1個,または幾組かを組み合わせた)足場,足場組み

足場材料

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

basket

『かご』,『バスケット』

(…の)かご1杯(basketful)《+『of』+『名』》

(バスケットボールで)ゴールの網

得点

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

Taj Mahal

タジマハール(インドのAgraにある霊廟)

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

so long

さようなら

finished

《補語にのみ用いて》仕上がった,完成した

《名詞の前にのみ用いて》みごとな,申し分ない

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

strive

『大いに努力する』,励む

(…と)『戦う』,(…に)抵抗する《+against+『名』》

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

Pakistan

パキスタン(イスラム教共和国;首都はIslamabad)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

totally

全く,完全に

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

applause

『拍手かっさい』;称賛

Saul

サウル(旧約聖書でイスラエル初代の王;新約聖書で使従パウロのもとの名)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

Frank

フランク人(6世紀にゴール人を征服し広大な王国を建設してFranceという名称の起源となったゲルマン人)

fling

《副詞[句]を伴って》…‘を'『投げる』,ほうり出す

《副詞[句]を伴って》〈頭・腕・身体など〉‘を'投げかける,投げるように動かす

(ほうり出すように)急に(荒々しく)動く

(…を)『振って投げること』;振り動かすこと《+『of』+『名』》

(定期間の)したいほうだい,かって気まま

身ぶりの活発なスコットランドのダンス

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

laughter

『笑い』,笑い声

Rome

『ローマ』(現イタリア首都;古代ローマ帝国の首都);(古代)ローマ帝国(Roman Empire)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

nomad

《しばしば複数形で》遊牧民

放浪者

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

intensely

激しく,熱心に

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

railway

《英》=railroad

〈C〉《米》(一般に)線路,軌道

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

airport

『空港』

jog

…‘を'軽く揺り動かす;…‘を'ちょっと押す(突く)

〈記憶など〉‘を'呼び起こす,刺激する

(特に健康法として)ゆっくり走る

とぼとぼと歩き続ける《+『on』(『along』)》

軽い揺さぶり(つつき,刺激)

てくてく(ことこと)歩き;(馬の)緩歩(jog trot)

identification

〈U〉同一であることの確認(証明),身元確認,身分証明

身分証明書

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

Louis

ルイ14世(1638‐1715;フランス王(1643‐1715))

ルイ16世(1754‐1793;フランス王(1774‐1792)で,フランス革命により断頭台で処刑された)

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

top-ranking

第一流の,第一位の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

dad

『おとうちゃん』

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

pleased

『喜んだ』,うれしい,満足した

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

ware

《文》《複数形で》商品

〈U〉陶器

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

paddy

〈U〉米;もみ

(またpaddy field)〈C〉稲田,水田

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

Moses

モーセ(旧約聖書でヘブライの預言者・立法者;シナイ山でエホバから十戒を授かった)

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

guise

外観,様子

見せかけ,うわべ

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

paid

payの過去・過去分詞

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

association

〈U〉(…との)『交際』,付き合い《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,『共同』,関連《+『with』+『名』》

〈C〉組合,協会,会社

〈U〉連想;〈C〉《しばしば複数形で》連想されるもの

grudge

(…に対する)『恨み』,遺恨《+『against』+『名』》

…‘を'『与えるのを惜しむ』

neglect

…‘を'『無視する』,かまわない,ほっておく

(特に不注意で)…‘を'怠る』,忘れる(disregard)

(…の)『無視』,怠慢,(…を)ほったらかしにすること《+『of』+『名』》

無視(放置)されていること(状態)

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

shortcut

近道

probably

『たぶん』,『おそらく』

enormous

『巨大な』,ばく大な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

stature

『背』(せい),身長(height)

(身体の,また道徳的・知的な)発達,成長,進歩

関連動画