TED日本語 - ジュリー・テイモア: 「スパイダーマン」「ライオン・キング」とその創作にかけた人生

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジュリー・テイモア: 「スパイダーマン」「ライオン・キング」とその創作にかけた人生

TED Talks

「スパイダーマン」「ライオン・キング」とその創作にかけた人生
Spider-Man, The Lion King and life on the creative edge
ジュリー・テイモア
Julie Taymor

内容

ディレクターのジュリー・テイモアが、「フリーダ」「テンペスト」「ライオン・キング」のような素晴らしい作品の映像とともに、映画と演劇に情熱を注いだ人生を語ります。ブロードウェイショー「スパイダーマン Turn Off the Dark」に対する批判のさなかに撮影された本講演では、創作の過程で物語の本質を描きつつも、唯一のものを創り出すなかで感じる葛藤について、ありのままに語ります。

Script

(Music)

[ "Oedipus Rex" ]

[ "The Lion King" ]

[ "Titus" ]

[ "Frida" ]

[ "The Magic Flute" ]

[ "Across The Universe" ]

(Applause)

Julie Taymor: Thank you. Thank you very much. That's a few samples of the theater, opera and films that I have done over the last 20 years.

But what I'd like to begin with right now is to take you back to a moment that I went through in Indonesia, which is a seminal moment in my life and, like all myths, these stories need to be retold and told, lest we forget them. And when I'm in the turbulent times, as we know, that I am right now, through the crucible and the fire of transformation, which is what all of you do, actually. Anybody who creates knows there's that point where it hasn't quite become the phoenix or the burnt char.

(Laughter) And I am right there on the edge, which I'll tell you about, another story.

I want to go back to Indonesia where I was about 21,22 years, a long time ago, on a fellowship. And I found myself, after two years there and performing and learning, on the island of Bali, on the edge of a crater, Gunung Batur. And I was in a village where there was an initiation ceremony for the young men, a rite of passage. Little did I know that it was mine as well.

And as I sat in this temple square under this gigantic beringin banyan tree, in the dark, there was no electricity, just the full moon, down in this empty square, and I heard the most beautiful sounds, like a Charles Ives concert as I listened to the gamelan music from all the different villagers that came for this once-every-five-years ceremony. And I thought I was alone in the dark under this tree. And all of a sudden, out of the dark, from the other end of the square, I saw the glint of mirrors lit by the moon. And these 20 old men who I'd seen before all of a sudden stood up in these full warrior costumes with the headdress and the spears, and no one was in the square, and I was hidden in the shadows. No one was there, and they came out, and they did this incredible dance.

"Huhuhuhuhuhuhuhahahahaha."

And they moved their bodies and they came forward, and the lights bounced off these costumes. And I've been in theater since I was 11 years old, and performing, creating, and I went, "Who are they performing for with these elaborate costumes, these extraordinary headdresses?" And I realized that they were performing for God, whatever that means.

But somehow, it didn't matter about the publicity. There was no money involved. It wasn't going to be written down. It was no news. And there were these incredible artists that felt for me like an eternity as they performed. The next moment, as soon as they finished and disappeared into the shadows, a young man with a propane lantern came on, hung it up on a tree, set up a curtain. The village square was filled with hundreds of people. And they put on an opera all night long. Human beings needed the light. They needed the light to see.

So what I gained and gathered from this incredible, seminal moment in my life as a young artist was that you must be true to what you believe as an artist all the way through, but you also have to be aware that the audience is out there in our lives at this time, and they also need the light. And it's this incredible balance that I think that we walk when we are creating something that is breaking ground, that's trying to do something you've never seen before, that imaginary world where you actually don't know where you're going to end up, that's the fine line on the edge of a crater that I have walked my whole life.

What I would like to do now is to tell you a little bit about how I work. Let's take "The Lion King." You saw many examples of my work up there, but it's one that people know.

I start with the notion of the ideograph. An ideograph is like a brush painting, a Japanese brush painting. Three strokes, you get the whole bamboo forest. I go to the concept of "The Lion King" and I say, "What is the essence of it? What is the abstraction? If I were to reduce this entire story into one image, what would it be?" The circle. The circle. It's so obvious. The circle of life. The circle of Mufasa's mask. The circle that, when we come to Act II and there's a drought, how do you express drought? It's a circle of silk on the floor that disappears into the hole in the stage floor. The circle of life comes in the wheels of the gazelles that leap.

And you see the mechanics. And being a theater person, what I know and love about the theater is that when the audience comes in and they suspend their disbelief, when you see men walking or women walking with a platter of grass on their heads, you know it's the savanna. You don't question that. I love the apparent truth of theater. I love that people are willing to fill in the blanks. The audience is willing to say, "Oh, I know that's not a real sun. You took pieces of sticks. You added silk to the bottom. You suspended these pieces. You let it fall flat on the floor. And as it rises with the strings, I see that it's a sun. But the beauty of it is that it's just silk and sticks. And in a way, that is what makes it spiritual. That's what moves you. It's not the actual literal sunrise that's coming. It's the art of it.

So in the theater, as much as the story is critical and the book and the language, the telling of the story, how it's told, the mechanics, the methods that you use, is equal to the story itself. And I'm one who loves high tech and low tech. So I could go from -- For instance, I'll show you some "Spider-Man" later, these incredible machines that move people along. But the fact is, without the dancer who knows how to use his body and swing on those wires, it's nothing.

So now I'm going to show you some clips from the other big project of my life this year, "The Tempest." It's a movie. I did "The Tempest" on a stage three times in the theater since 1984,'86, and I love the play. I did it always with a male Prospero. And all of a sudden, I thought, "Well, who am I gonna get to play Prospero? Why not Helen Mirren? She's a great actor. Why not?" And this material really did work for a woman equally as well. So now, let's take a look at some of the images from "The Tempest."

(Music)

(Video) Prospera: Hast thou, spirit, performed to the point the tempest that I bade thee?

Ariel: I boarded the king's ship. In every cabin, I flamed amazement.

Prospera: At first sight, they have changed eyes.

Miranda: Do you love me?

Ferdinand: Beyond all limit.

HM: They are both in either's powers.

Trinculo: Misery acquaints a man with strange bedfellows.

(Music)

Looking for business, governor?

Caliban: Hast thou not dropped from heaven?

Stephano: Out of the moon, I do assure thee.

Prospera: Caliban!

Caliban: This island is mine.

Prospera: For this, be sure, tonight thou shalt have cramps. Antonio: Here lies your brother no better than the earth he lies upon.

Sebastian: Draw thy sword. And I, the king, shall love thee.

Prospera: I will plague them all, even to roaring.

Ariel: I have made you mad.

Prospera: We are such stuff as dreams are made on. and our little life is rounded with a sleep.

(Music)

JT: Okay.

(Applause)

So I went from theater, doing "The Tempest" on the stage in a very low-budget production many years ago, and I love the play, and I also think it's Shakespeare's last play, and it really lends itself, as you can see, to cinema. But I'm just going to give you a little example about how one stages it in theater and then how one takes that same idea or story and moves it into cinema.

The ideograph that I talked to you about before, what is it for "The Tempest"? What, if I were to boil it down, would be the one image that I could hang my hat on for this? And it was the sand castle, the idea of nurture versus nature, that we build these civilizations -- she speaks about it at the end, Helen Mirren's Prospera -- we build them, but under nature, under the grand tempest, these cloud-capped towers, these gorgeous palaces will fade and there will -- leave not a rack behind.

So in the theater, I started the play, it was a black sand rake, white cyc, and there was a little girl, Miranda, on the horizon, building a drip castle, a sand castle. And as she was there on the edge of that stage,two stagehands all in black with watering cans ran along the top and started to pour water on the sand castle, and the sand castle started to drip and sink, but before it did, the audience saw the black-clad stagehands. The medium was apparent. It was banal. We saw it. But as they started to pour the water, the light changed from showing you the black-clad stagehands to focusing, this rough magic that we do in theater, it focused right on the water itself. And all of a sudden, the audience's perspective changes. It becomes something magically large. It becomes the rainstorm. The masked actors, the puppeteers, they disappear, and the audience makes that leap into this world, into this imaginary world of "The Tempest" actually happening.

Now the difference when I went and did it in the cinema, I started the actual movie with a close-up of a sand castle, a black sand castle, and what cinema can do is, by using camera, perspective, and also long shots and close-ups, it started on a close-up of the sand castle, and as it pulled away, you saw that it was a miniature sitting in the palm of the girl's hands. And so I could play with the medium, and why I move from one medium to another is to be able to do this.

Now I'm going to take you to "Spider-Man."

(Music)

(Video) Peter Parker: - Standing on the precipice, I can soar away from this. -

JT: We're trying to do everything in live theater that you can't do in two dimensions in film and television.

PP: - Rise above yourself and take control. -

George Tsypin: We're looking at New York from a Spider-Man point of view. Spider Man is not bound by gravity. Manhattan in the show is not bound by gravity either. PP: - Be yourself and rise above it all. -

Ensemble: - Sock! Pow! - - Slam! Scratch!-

Danny Ezralow: I don't want you to even think there's a choreographer. It's real, what's happening. I prefer you to see people moving, and you're going, "Whoa, what was that?"

(Music)

JT: If I give enough movement in the sculpture, and the actor moves their head, you feel like it's alive. It's really comic book live. It's a comic book coming alive.

(Music)

Bono: They're mythologies. They're modern myths, these comic book heroes.

PP: - They believe. -

(Screams)

(Music)

(Applause)

JT: Ohhhh. What was that? Circus, rock 'n' roll, drama. What the hell are we doing up there on that stage?

Well,one last story, very quickly. After I was in that village, I crossed the lake, and I saw that the volcano was erupting on the other side, Gunung Batur, and there was a dead volcano next to the live volcano. I didn't think I'd be swallowed by the volcano, and I am here. But it's very easy to climb up, is it not? You hold on to the roots, you put your foot in the little rocks and climb up there, and you get to the top, and I was with a good friend who was an actor, and we said, "Let's go up there. Let's see if we can come close to the edge of that live volcano." And we climbed up and we got to the very top, and we're on the edge, on this precipice, Roland disappears into the sulfur smoke at the volcano at the other end, and I'm up there alone on this incredible precipice. Did you hear the lyrics? I'm on the precipice looking down into a dead volcano to my left. To my right is sheer shale. It's coming off. I'm in thongs and sarongs. It was many years ago. And no hiking boots. And he's disappeared, this mad French gypsy actor, off in the smoke, and I realize, I can't go back the way that I've come. I can't.

So I throw away my camera. I throw away my thongs, and I looked at the line straight in front of me, and I got down on all fours like a cat, and I held with my knees to either side of this line in front of me, for 30 yards or 30 feet, I don't know. The wind was massively blowing, and the only way I could get to the other side was to look at the line straight in front of me.

I know you've all been there. I'm in the crucible right now. It's my trial by fire. It's my company's trials by fire. We survive because our theme song is "Rise Above." Boy falls from the sky, rise above. It's right there in the palm of both of our hands, of all of my company's hands. I have beautiful collaborators, and we as creators only get there all together. I know you understand that. And you just stay going forward, and then you see this extraordinary thing in front of your eyes.

Thank you.

(Applause)

(音楽)

『オイディプス王』

『ライオン・キング』

『ティトゥス』

『フリーダ』

『魔笛』

『アクロス・ザ・ユニバース』

(拍手)

どうもありがとうございます 私が過去20年間に手がけた 演劇 オペラ 映画の一部をご覧いただきました

最初に 私がインドネシアで 体験したことを 紹介したいと思います 私の人生にとって大きな出来事でした この話は 神話のごとく 忘れられないように 何度も語られる必要があります 誰もが苦しい体験や転換期には 今の私のように つらい時間を経験します 皆さん 同じだと思います 物を創る人は 自分の創っているものが不死鳥になるか 灰になるか分からない時があることを知っています

(笑) 私は まさに追い詰められていますが それはまた別の機会にお話しします

インドネシアに話を戻します 当時 私は21歳か22歳で大昔になりますが 奨学金をもらいました そこで2年間過ごした後 バリ島のバトゥール山の火口近くで 学び 演じていました 私がいた村では 若者のための儀式がありました 成人の節目となる行事です 私にとっても節目となるなんて夢にも思いませんでした

私は暗闇の中 お寺の広場にある 大きな菩提樹の木の下に座っていました 電気もなく ただ満月があるだけの 何もない広場でした 私はチャールズ・アイヴズのような 世にも美しい音を聞いたのです 5年に1度の儀式のために すべての村から集まった人々が奏でる ガムランの音を聞いていました 暗闇の木の下に自分しかいないと思っていたのですが そのとき突然 広場の反対側の暗闇で 月の光で鏡がきらめくのを目にしました どこかで見たことのある年配の人々が20人 突然 鎧を身にまとって 兜と槍を持って立ち上がりました 広場は無人で 私は闇のなかに紛れていました 誰もいない場所に 彼らは出てきました そして信じられないようなダンスを踊ったのです

「フーーーーーハーーーー」

体を動かしながら前に進んできました 月の光が鎧に反射していました 私は11歳のときから劇場で演じたり 作品を作ってきたので思ったのです 「彼らはこの凝った衣装と 見事な兜で 誰のために踊っているのだろう?」 きっと神様に向けて踊っているのだろうと思いました

人にどう言われようと気にしない雰囲気がありました お金は動かないし 記録されることも報道されることもないのですから 彼らが踊っているとき 私には その芸術家たちの存在が永遠に続くかのように思えました そして 彼らが踊り終えて 暗闇の中に消えるやいなや ランプを持った若い男が現れ ランプを木にかけて 幕を設置すると その村の広場は数百人の人でいっぱいになり 彼らは一晩中 歌劇を演じました 人間には光が必要だったのです 光がなければ見えません

私が若い芸術家として この人生において貴重な瞬間から学んだのは 芸術家として自分の信じる物に 常に誠実でなければならないということ しかし ご存知のように 人生の この瞬間にも観客がいて そして観客のためにも光が必要です それが 私がかつてないものや 常識を打ち破る物を 創りだそうとするとき 自分でも何ができるかわからないような 想像の世界を創ろうとするときに 火口の淵ぎりぎりを歩くかのように 今まで信念をもって 重視してきたものです

では ここで私の創造プロセスを 少しお話します 『ライオン・キング』を例にとってみましょう 先ほど私の作品をいくつかご覧いただきましたが この作品は皆さんご存知でしょう

まず表意文字の考えから始めましょう 表意文字とは筆絵 つまり日本の水墨画のようなものです 3画で竹やぶを描くことができます 『ライオン・キング』について言うなら 「その概念は何なのか? それを抽象化したらどうなるのか? その物語全体を一つのイメージにしたら どんなイメージになるのか?」 それは環で 間違いなく環でしょう 生命の環 ムファサの仮面の環 第2幕に登場する環 は干ばつです どうやって干ばつを表現するか? 床の上においた絹の環が 舞台の床の穴から消えるようにしました 跳躍するガゼルの 車輪も環を用いました

この仕掛けは見えるようにしています 演劇家として 舞台で愛してやまないのは 観客が舞台を見て 納得してくれるときです 頭に草や木をかぶった 男女が歩いてくるのを見れば それがサバンナだとわかるでしょう 誰も疑問を感じたりしません 演劇のなかのそんな明確な事実が大好きです 観客が説明のない箇所を補っていくのが大好きなのです 観客はもちろんわかっています 「それは実際の太陽じゃないよね」と 何本かの細長い棒の 先端にシルク生地を留めて それをステージに平らに寝かせます それが ひもによって持ち上がれば太陽になります でも実際はシルク生地と棒で出来ていて ある意味 これが精神的な意味を投影して 感動を呼びます 見えているのは実際の日の出ではありませんが そこが素晴らしい点です

ですから劇場では物語 つまり脚本や セリフも重要ですが 伝える方法 どのように話されるか 仕掛けなど それを伝える手段も 物語と同じぐらい重要なのです 私は どんな技術も好きな人間なので 色々やってみました・・・ 例えば あとでお見せする『スパイダーマン』の 人を動かす大きな仕掛けは 実際には そのボディやワイヤーの使い方を 理解しているダンサーがいなければ 意味がありません

これから私が手がけている 今年の大きなプロジェクトの映像を何本かお見せします 『テンペスト』 映画ですが ステージで3回『テンペスト』を手がけました 1984年から86年に公開された 大好きな演劇です プロスペローはいつも男性でしたが ふと思ったのです 「誰にプロスペローを演じてもらおう? ヘレン ・ ミレンは?素晴らしい俳優だしやってもらおう」 実際に この題材は女性にもぴったりでした とりあえず『テンペスト』からの映像を ご覧いただきます

(音楽)

プロスペラ:妖精よ 私の命令通り嵐を起こしたか?

エアリエル:王の船に乗り込み 炎となって脅しました

プロスペラ:この二人 一目で恋に落ちた

ミランダ:私を愛しているの?

ファーディナンド:限りなく

プロスペラ:二人とも相手の虜

トリンキュロー:不幸なときは誰とでも手を組めるものだ

(音楽)

見てちょうだい 総督

キャリバン:天から来たのか?

ステファノー:月からな ウソじゃない

プロスペラ:キャリバン !

キャリバン:この島は俺のものだ

プロスペラ:言ったね? 罰として今夜は痙攣を起こさん アントーニオ:ここに横たわる兄君は土くれと変わりない

セバスチャン:剣を抜け 王として目をかけてやる

プロスペラ:三人とも地獄の底まで苦しめてやる

エアリエル:錯乱させてやった

プロスペラ:我々は夢と同じ ささやかな一生は眠りに始まり眠りに終わる

(音楽)

さて

(拍手)

私は何年も前に 『テンペスト』を 非常に低予算の 舞台から始めました この劇が大好きだったし シェイクスピアの最後の劇だと思います ご覧の通りこれが映画にピッタリなんです どうやって劇場で舞台を創って そのアイデアや物語を 映画にするのかについて 少し説明したいと思います

先ほどお話した表意文字の話ですが 『テンペスト』のそれは何でしょう? 物語を煮詰めれば 確固とした 1つのイメージになるでしょうか? 我々が築いた国家権威は砂の城であり 人々は自然にあるべきか 教化(文明化)されるべきかをテーマとしています ヘレン ・ ミレン演じるプロスペラが最後に語る言葉です 人々は 自然の下 大きな嵐の中 文明を築き上げますが 雲に覆われた塔や 豪華な宮殿はやがて朽ち果てて 何も残りません

劇場で このシーンの演劇を始めました 黒い熊手と白い背景を使って ミランダという女の子が 砂の城を作っています ミランダは舞台の端にいて 2人の黒子が じょうろを手に走ってきて 砂の城に水をかけます 城は崩れ始めます その際に 観客には黒子が見えていて 黒子が仲介しているのは明らかでした しかし 彼らが水をかけ始めたとき 黒子を見せていた照明が切り替わって これは舞台で良く使うトリックですが 水だけに照明があたるのです 観客の感覚は それだけで変わります それが何か恐ろしく大きなものになります 暴風雨になるのです 仮面をつけた俳優も 人形師もいなくなって 観客は その世界に引き込まれます 『テンペスト』の嵐がまさに起こっている架空の世界です

さて そのシーンを 映画で作ると 手法は異なります 私は実際に 黒い砂の城のクローズアップから始めました 映画でできることは カメラを使用して視点を切り替え ロングショットとクローズアップを用いることです 砂の城のクローズアップで始まり カメラが城から離れていくと その城が女の子の手のひらに 置かれているとわかるのです 映画では異なる伝達方法を使えます だから色々な方法を 試してみるのです

では『スパイダーマン』をご覧頂きましょう

(音楽)

ピーター・パーカー:♪ 断崖に立って ここから飛んでいける ♪

生の演劇では 映画やテレビの 二次元の世界では できないことまで 何でもやろうとします

♪ 自らを奮い起こし 支配しろ ♪

ジョージ・ツィピン:私たちはスパイダーマンの目でニューヨークを見るんです スパイダーマンは重力に縛られません ショーのなかのマンハッタンも重力に縛られません ♪ 自らを信じて奮い立て ♪

♪ たたけ! ドン! ♪ ♪ はじけ! 引っかけ! ♪

ダニエル・エズラロー :振り付け師の存在すら忘れて欲しいのです 実際に起こっていることが本物なんです 人の動きを見て欲しいです 「わー あれは何だ?」ってね

(音楽)

彫刻に十分な動きを加えて 俳優が それを動かすと 生きているように見えます まさに生きたマンガですマンガに息吹が与えられたのです

(音楽)

ボノ:彼らは神話ですよ 彼らは現代の神話 マンガの英雄です

♪ 彼らは信じる ♪

あー!

(音楽)

(拍手)

うーっ あれは何でしょう? サーカス ロックンロール ドラマ 私たちが舞台でやっていることって何でしょう?

最後に 一つだけ短いお話をします 私がインドネシアの村に滞在中 湖の向こうで 火山が噴火するのを見ました 反対側のバトゥール山です そこには活火山と死火山が並んでました そのとき 火山に飲み込まれなかったので 今ここにいます でも登るのは とても簡単でした 根っこをつかんで 小さな岩に足をかけて 登っていけば頂上にたどり着く事ができるのです 私は俳優である良き友人がいたので 「行ってみよう」という話になりました 「活火山にどこまで近づけるか 試してみよう」と そこで登って 頂上にたどり着きました 断崖絶壁の上です ローランドは反対側の火山の硫黄の煙で 見えなくなって 1人で その驚くような絶壁に立っているのです 歌詞を聞いていただけましたか? 絶壁の上から 見下ろすと 左側には死んだ火山の火口が見え 右側はで頁岩でボロボロと崩れていきます 私はビーチサンダルと腰巻きという格好でした昔の話です ハイキングブーツなどなかった フランス人のクレイジーなジプシー俳優が 煙のなかに消えて 私は思ったのです 来た道を戻る事などできないと

だからカメラとビーチサンダルを捨て 目の前にある真っすぐな線を見つめて 猫のように四つん這いになりました その目の前の線の両側に ひざでしがみついて 30メートルか10メートルか覚えていません 風が強く吹いていました 私は ただ反対側にたどりつくために 目の前の真っすぐな線を見つめるだけでした

あなたがたも そんな経験がありますよね 私は試練を経験しています 炎の試練です 私の会社の試練です でも私たちは切り抜けますテーマソングは『Rise Above』(超越せよ)ですから 空から落ちた少年が舞い上がるのです 未来は私たちの手のうちに 私の会社の手のうちにあるのです 私には素敵な仲間がいるからクリエイターとして 高みにたどり着けるのです わかりますよね どうか前に進み続けてください そうすれば いつかすごいものを 目にすることができます

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画