TED日本語 - ヴィンセント・ムーン、ナナ・ヴァスコンセロス: 世界に潜む音楽の儀式

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ヴィンセント・ムーン、ナナ・ヴァスコンセロス: 世界に潜む音楽の儀式

TED Talks

世界に潜む音楽の儀式
The world's hidden music rituals
ヴィンセント・ムーン、ナナ・ヴァスコンセロス
Vincent Moon and Nana Vasconcelos

内容

フランスの映像作家ヴィンセント・ムーンは、リュックとノートパソコンとカメラだけを持って世界中を旅します。彼は、エレベーター内のアーケイド・ファイア、アパートのキッチンのボン・イヴェール、そしてワンテイクで撮ったチェチェンのスーフィーの儀式や、ペルーのアヤワスカの儀式の映像を撮影してきました。ここで彼が説明するのは、人々が映像と音楽によって、自分たちの文化を新たな視点から捉えるようになる様子です。それに続いて、ジャズ界の巨匠ナナ・ヴァスコンセロスがパフォーマンスを披露します。

Script

Vincent Moon: How can we use computers, cameras, microphones to represent the world in an alternative way, as much as possible? How, maybe, is it possible to use the Internet to create a new form of cinema? And actually, why do we record?

Well, it is with such simple questions in mind that I started to make films 10 years ago, first with a friend, Christophe Abric. He had a website, La Blogotheque, dedicated to independent music. We were crazy about music. We wanted to represent music in a different way, to film the music we love, the musicians we admired, as much as possible, far from the music industry and far from the cliches attached to it. We started to publish every week sessions on the Internet. We are going to see a few extracts now.

From Grizzly Bear in the shower to Sigur Ros playing in a Parisian cafe. From Phoenix playing by the Eiffel Tower to Tom Jones in his hotel room in New York. From Arcade Fire in an elevator in the Olympiades to Beirut going down a staircase in Brooklyn. From R.E.M. in a car to The National around a table at night in the south of France. From Bon Iver playing with some friends in an apartment in Montmartre to Yeasayer having a long night, and many, many, many more unknown or very famous bands.

We published all those films for free on the Internet, and we wanted to share all those films and represent music in a different way. We wanted to create another type of intimacy using all those new technologies. At the time,10 years ago actually, there was no such project on the Internet, and I guess that's why the project we were making, the Take Away Shows, got quite successful, reaching millions of viewers.

After a while, I got a bit -- I wanted to go somewhere else. I felt the need to travel and to discover some other music, to explore the world, going to other corners, and actually it was also this idea of nomadic cinema, sort of, that I had in mind. How could the use of new technologies and the road fit together? How could I edit my films in a bus crossing the Andes? So I went on five-year travels around the globe. I started at the time in the digital film and music label collection Petites Planetes, which was also an homage to French filmmaker Chris Marker. We're going to see now a few more extracts of those new films.

From the tecno brega diva of northern Brazil, Gaby Amarantos to a female ensemble in Chechnya. From experimental electronic music in Singapore with One Man Nation to Brazilian icon Tom Ze singing on his rooftop in Sao Paolo. From The Bambir, the great rock band from Armenia to some traditional songs in a restaurant in Tbilisi, Georgia. From White Shoes, a great retro pop band from Jakarta, Indonesia to DakhaBrakha, the revolutionary band from Kiev, Ukraine. From Tomi Lebrero and his bandoneon and his friends in Buenos Aires, Argentina, to many other places and musicians around the world.

My desire was to make it as a trek. To do all those films, it would have been impossible with a big company behind me, with a structure or anything. I was traveling alone with a backpack -- computer, camera, microphones in it. Alone, actually, but just with local people, meeting my team, which was absolutely not professional people, on the spot there, going from one place to another and to make cinema as a trek. I really believed that cinema could be this very simple thing: I want to make a film and you're going to give me a place to stay for the night. I give you a moment of cinema and you offer me a capirinha. Well, or other drinks, depending on where you are.

In Peru, they drink pisco sour. Well, when I arrived in Peru, actually, I had no idea about what I would do there. And I just had one phone number, actually, of one person. Three months later, after traveling all around the country, I had recorded 33 films, only with the help of local people, only with the help of people that I was asking all the time the same question: What is important to record here today? By living in such a way, by working without any structure, I was able to react to the moment and to decide, oh, this is important to make now. This is important to record that whole person. This is important to create this exchange. When I went to Chechnya, the first person I met looked at me and was like, "What are you doing here? Are you a journalist? NGO? Politics? What kind of problems are you going to study?" Well, I was there to research on Sufi rituals in Chechnya, actually -- incredible culture of Sufism in Chechnya, which is absolutely unknown outside of the region. As soon as people understood that I would give them those films -- I would publish them online for free under a Creative Commons license, but I would also really give them to the people and I would let them do what they want with it. I just want to represent them in a beautiful light. I just want to portray them in a way that their grandchildren are going to look at their grandfather, and they're going to be like, "Whoa, my grandfather is as cool as Beyonce." (Laughter) It's a really important thing. (Applause)

It's really important, because that's the way people are going to look differently at their own culture, at their own land. They're going to think about it differently. It may be a way to maintain a certain diversity. Why you will record? Hmm. There's a really good quote by American thinker Hakim Bey which says, "Every recording is a tombstone of a live performance." It's a really good sentence to keep in mind nowadays in an era saturated by images. What's the point of that? Where do we go with it? I was researching. I was still keeping this idea in mind: What's the point? I was researching on music, trying to pull, trying to get closer to a certain origin of it. Where is this all coming from? I am French. I had no idea about what I would discover, which is a very simple thing: Everything was sacred, at first, and music was spiritual healing. How could I use my camera, my little tool, to get closer and maybe not only capture the trance but find an equivalent, a cine-trance, maybe, something in complete harmony with the people?

That is now my new research I'm doing on spirituality, on new spirits around the world. Maybe a few more extracts now. From the Tana Toraja funeral ritual in Indonesia to an Easter ceremony in the north of Ethiopia. From jathilan, a popular trance ritual on the island of Java, to Umbanda in the north of Brazil. The Sufi rituals of Chechnya to a mass in the holiest church of Armenia. Some Sufi songs in Harar, the holy city of Ethiopia, to an ayahuasca ceremony deep in the Amazon of Peru with the Shipibo. Then to my new project, the one I'm doing now here in Brazil, named "Hibridos." I'm doing it with Priscilla Telmon. It's research on the new spiritualities all around the country. This is my quest, my own little quest of what I call experimental ethnography, trying to hybrid all those different genres, trying to regain a certain complexity.

Why do we record? I was still there. I really believe cinema teaches us to see. The way we show the world is going to change the way we see this world, and we live in a moment where the mass media are doing a terrible, terrible job at representing the world: violence, extremists, only spectacular events, only simplifications of everyday life. I think we are recording to regain a certain complexity. To reinvent life today, we have to make new forms of images. And it's very simple.

Muito obrigado.

(Applause)

Bruno Giussani: Vincent, Vincent, Vincent. Merci. We have to prepare for the following performance, and I have a question for you, and the question is this: You show up in places like the ones you just have shown us, and you are carrying a camera and I assume that you are welcome but you are not always absolutely welcome. You walk into sacred rituals, private moments in a village, a town, a group of people. How do you break the barrier when you show up with a lens?

VM: I think you break it with your body, more than with your knowledge. That's what it taught me to travel, to trust the memory of the body more than the memory of the brain. The respect is stepping forward, not stepping backward, and I really think that by engaging your body in the moment, in the ceremony, in the places, people welcome you and understand your energy.

BG: You told me that most of the videos you have made are actually one single shot. You don't do much editing. I mean, you edited the ones for us at the beginning of the sessions because of the length, etc. Otherwise, you just go in and capture whatever happens in front of your eyes without much planning, and so is that the case? It's correct?

VM: My idea is that I think that as long as we don't cut, in a way, as long as we let the viewer watch, more and more viewers are going to feel closer, are going to get closer to the moment, to that moment and to that place. I really think of that as a matter of respecting the viewer, to not cut all the time from one place to another, to just let the time go.

BG: Tell me in a few words about your new project, "Hibridos," here in Brazil. Just before coming to TEDGlobal, you have actually been traveling around the country for that. Tell us a couple of things.

VM: "Hibridos" is -- I really believe Brazil, far from the cliches, is the greatest religious country in the world, the greatest country in terms of spirituality and in experimentations in spiritualities. And it's a big project I'm doing over this year, which is researching in very different regions of Brazil, in very different forms of cults, and trying to understand how people live together with spirituality nowadays.

BG: The man who is going to appear onstage momentarily, and Vincent's going to introduce him, is one of the subjects of one of his past videos. When did you do a video with him?

VM: I guess four years ago,four years in my first travel.

BG: So it was one of your first ones in Brazil. VM: It was amongst the first ones in Brazil, yeah. I shot the film in Recife, in the place where he is from.

BG: So let's introduce him. Who are we waiting for?

VM: I'll just make it very short. It's a very great honor for me to welcome onstage one of the greatest Brazilian musicians of all time. Please welcome Nana Vasconcelos.

BG: Nana Vasconcelos!

(Applause)

(Music)

Nana Vasconcelos: Let's go to the jungle.

(Applause)

コンピュータと カメラとマイクを使い これまでとは できるだけ違った方法で 世界を表現することは できるでしょうか? どうすれば インターネットを使って 新たな形式の映画を作ることが 可能になるでしょうか? そもそも なぜ我々は 映像に記録するのでしょうか?

そんな単純な疑問を抱きながら 私は10年前に映画を撮り始めました 初めは友人の クリストフ・アブリクと一緒でした 彼はインディーズ音楽専門サイト ― “La Blogotheque” を 運営していました 私たちは音楽に のめり込んでいました できるだけ今までとは 違う形で音楽を表現し 大好きな音楽や 尊敬するミュージシャンたちを 映像に収める際に 音楽業界やそこにつきまとう 月並みな描写とは 距離をおきたいと考えました 私たちは演奏を 毎週インターネットに 公開し始めました ここでいくつかお見せしましょう

シャワー室で演奏する グリズリー・ベア パリのカフェで演奏するシガー・ロス エッフェル塔の傍らで 演奏するフェニックス ニューヨークのホテルの 一室ではトム・ジョーンズ オランピアード駅のエレベーターでは アーケイド・ファイア ブルックリンでは 階段を降りるベイルート 車の中では R.E.M. 夜の南フランスで テーブルを囲む ザ・ナショナル モンマルトルのアパートメントで 友人たちと演奏する ボン・イヴェール 長い夜を楽しく過ごす イェーセイヤー その他 有名無名のバンドを 本当にたくさん 撮影しました

私たちはこの映像をすべて ネットで無料公開しました 映像を全部共有して 今までとは違うやり方で 音楽を表現したかったのです あらゆる最新技術を駆使して これまでとは違う親密さを 作り出したかったのです 10年前には まだネット上に そういうものはなかったので 私たちのプロジェクト “Take Away Shows" は かなりの成功を収め 視聴者は数百万人に達しました

しばらくして私はちょっと ― どこかに出かけたくなりました 旅に出て 違った音楽を発見しながら 世界の辺境を訪ね歩きたいという 衝動にかられたのです それに私の頭の中には 「放浪する映画」という アイデアがありました 新しいテクノロジーと路上を どう結びつけられるだろう? アンデス山脈を横断するバスの車中で 映画を編集するには どうしたらいいだろう? こうして私は5年に渡る 世界旅行に出かけました その頃 デジタル映画音楽レーベル “Collection Petites Planetes” を始めました これは映像作家クリス・マルケルへの オマージュでもあります それでは その映像の中から さらにいくつかご覧ください

ブラジル北部 テクノブレガの歌姫 ガビ・アマラントス チェチェンの女性アンサンブル シンガポールで実験的電子音楽を 演奏する One Man Nation サンパウロの自宅の屋上で歌う ブラジルの巨匠 トン・ゼー アルメニアの素晴らしい ロック・バンド The Bambir グルジアの首都トビリシの レストランでの伝統音楽 インドネシア ジャカルタの素晴らしい レトロポップバンド ホワイト・シューズ ウクライナ キエフの 革新的バンド DakhaBrakha 友人とバンドネオンを奏でる アルゼンチン ブエノスアイレスの トミ・レブレロ その他 世界中いろいろな場所の ミュージシャンたちです

私は旅をしながら 制作したいと思っていました こういった映像を撮るためには 大企業をバックにつけ 組織的にやっても だめだったでしょう 私はリュック1つに コンピュータとカメラと マイクを入れて 一人旅をしていました そして全くの素人の 地元の人たちと私だけで その場でチームを組んでいったのです 場所を転々と変えて旅しながら 映画を撮りました 私が心から信じていたのは 映画をもっとシンプルなものに できるはずだということです 「映画を撮りたいから 一晩泊めてください」とか 「映像と交換にカイピリーニャを おごってください」という感じです 場所によって 他の酒になりますが

ペルーでは みんな ピスコサワーを飲みます 私がペルーについた時は 何をするかなんて 全く考えていませんでした 手元には電話番号がたった1つ あるだけでした でも3か月後には 国中を旅してまわった結果 33本の映画ができていました 地元の人たちの 協力だけが頼りでした 「今日ここで映像に記録する価値が あるものは何ですか?」という 質問に答えてくれた 人々の協力だけです そんな風に過ごしながら 組織も作らず作業したおかげで その瞬間瞬間に応じて 判断できました 「今 撮るべきだ」とか 「その人の全人格を記録すべきだ」とか 「このやりとりは するべきだ」 といった判断です 私がチェチェンに行った時 最初に出会った人が 私を見て言いました 「ここで何をしているんだ? ジャーナリストか? NGOか?政治家か? どんな問題を 調査するつもりなんだ?」 でも実際に調べに来たのは チェチェンのスーフィーの儀式と スーフィズム文化の素晴らしさでした これは この地方以外では 全く知られていないものです 私が撮った映像を 渡すことにしていると 彼らが知ると・・・ そもそも映像は CCライセンスにもとづいて 無料公開していましたが 土地の人々にも直接渡して 自由に使えるようにしていました 私は美しい光の中で 彼らを表現できれば十分ですから それに私が人々を撮影する時には その人たちの孫が映像を見て こう言いたくなるように 撮りたいのです 「おじいちゃん素敵 ビヨンセみたいだ」って(笑) これがとても大切なのです (拍手)

本当に大切です なぜなら こうすることで 自分たちの文化や地域に対する 見方が変わるからです 考え方も変わっていくでしょう これは文化の多様性を維持する ひとつの方法かも知れません さて なぜ映像を 記録するのでしょうか? アメリカの思想家ハキム・ベイが うまいことを言っています 「あらゆる記録は ライブ・パフォーマンスの 墓碑に過ぎない」 覚えておく価値のある いい言葉です 現代は映像が あふれる時代ですから 記録することに どんな意味があるのか? それを使って どこに向かうのか? 私は調査しながら 考え続けていました そこにどんな意味があるのか? 音楽について調べながら 糸をたぐるように その起源の一端に 迫ろうとしていました すべてはどこから来たのか? フランス人の私に 何が発見できるかは わかりませんでしたが 実はシンプルなことなんです つまり あらゆるものが神聖で 音楽は魂を癒やすものなのです 私のカメラ この小さな道具を どのように使えば もっと近づいて トランスの儀式を撮るだけでなく それと同じ価値をもつ 人々と完全に調和した状態 ― 言わば「シネ・トランス」を 捉えられるのだろうか?

それこそが 今 新たに取り組んでいる 世界中の新しい信仰心の調査です もう少し映像をお見せしましょう インドネシア タナ・トラジャの葬送儀式 エチオピア北部の 復活祭の儀式 よく知られているジャワ島の トランスの儀式ジャティラン ブラジル北部のウンバンダ チェチェンのスーフィーの儀式 アルメニアの神聖教会でのミサ エチオピアの聖地ハラールの スーフィー音楽 ペルー国内アマゾンの奥地 シピボ族の アヤワスカの儀式 そしてここブラジルで 制作中の新作が “Hibridos”で プリシラ・テルモンとの共同制作です この作品ではブラジル国内の 様々な形の新しい信仰心を調べています 私はこのささやかな探求を 「実験的民族誌」と呼んでいます いろいろな分野を 全部掛け合わせて 少しでも複雑さを 取り戻そうとする試みです

なぜ私たちは映像を記録するのか? 私はまだそこにこだわっていました 映画は私たちに ものの見方を 教えてくれるはずです 表現方法が 世界の見方を 変えていくのです 私たちが生きる現代 ― マスメディアが描く世界は 本当にひどいものです 暴力や過激派 派手なだけの出来事や 日常生活をただ単純化したもの・・・ 私は 映像を記録することは ある種の複雑さを 取り戻すことだと思います 現代の生活を作り変えるために 私たちは新しい形式の 映像を作る必要があります そして それはとても シンプルなことなのです

どうもありがとう

(拍手)

(ブルーノ・ジュッサーニ) ヴィンセント どうもありがとう 次のパフォーマンスを準備する間に 質問をさせてください あなたは今見せてくれた いろいろな場所に カメラを担いで出向いたんですよね たぶん歓迎されたとは思いますが いつも心から受け入れられた わけではないでしょう その村や街や集団の 神聖な儀式や内輪だけの瞬間に 足を踏み入れるわけですから レンズを向けながら出向く時に 見えない壁を どう乗り越えるんですか?

(ヴィンセント・ムーン) 私は頭を使うより 体を使って壁を乗り越えます 旅することでそれを学びました 頭で覚えたことよりも 体で覚えたことを信頼するんです 敬意とは一歩退くことではなく 一歩踏み出すことです その瞬間 その儀式 その場所に 全身で関わることで みんな歓迎してくれるし 熱意を理解してくれます

(ジュッサーニ)あなたは映像を ほとんどワンテイクで撮っていて あまり編集はしないそうですね セッションの冒頭で流した映像は 時間などの関係で 編集してもらいましたが そういう事情がない限り あなたは現場に行って あまり計画を立てず 目の前で起こることを 撮影していると言っても いいでしょうか?

(ムーン)私の考えはこうです 映像にカットを入れず 観客が見るのに任せていれば 観客がもっと その瞬間やその場所に 近づいていける気がします これは観客に対する 敬意の問題だと思います カットしてあちこちを つなぎあわせるのではなく 時間の流れに任せるんです

(ジュッサーニ) ここブラジルで制作中の新作 “Hibridos” について 少し教えてください このTEDGlobalに来る直前まで あなたは撮影で 国中を旅していましたよね それについて教えてください

(ムーン)“Hibridos” ですが・・・ 私はブラジルが 世界でも屈指の敬虔な国で 信仰心においても その実践においても 極めて偉大な国だと 心から思います これは今年ずっと取り組んでいる 大規模なプロジェクトで ブラジル国内の さまざまな地域で さまざまな祭礼を調べて いかに人々が 信仰と共に生きるのかを 理解しようとしています

(ジュッサーニ)この後 ステージに登場する人物を ヴィンセントが紹介してくれますが 彼は以前被写体になった 人々のひとりです 彼を撮影したのはいつですか?

(ムーン)確か4年前に 私が初めて旅をした時です

(ジュッサーニ)ブラジルで 撮影した中では初期のビデオですね (ムーン)はい 初期の1本です 彼の出身地である レシフェで撮影しました

(ジュッサーニ)それでは 紹介をお願いします

(ムーン)手短にしましょう ブラジルが生んだ 最高のミュージシャンのひとりを このステージに招くのは とても光栄です お迎えください ナナ・ヴァスコンセロスです

(ジュッサーニ) ナナ・ヴァスコンセロスです

(拍手)

(音楽)

ジャングルに行こう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画