TED日本語 - マーティン・ヴィルヌーブ: 私が不可能な映画を製作した方法について

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マーティン・ヴィルヌーブ: 私が不可能な映画を製作した方法について

TED Talks

私が不可能な映画を製作した方法について
How I made an impossible film
マーティン・ヴィルヌーブ
Martin Villeneuve

内容

映画制作者のマーティン・ヴィルヌーブが、カナダのSF大作である『Mars & Avril』を事実上無一文で製作した方法について語ります。 魅力的なトークの中で、彼の未来に対する個性的で創意に富んだビジョンが、どうやって資金面、運営面の制約に、様々な方法を用いて打ち勝ったか説明します。

Script

I made a film that was impossible to make, but I didn't know it was impossible, and that's how I was able to do it.

"Mars et Avril" is a science fiction film. It's set in Montreal some 50 years in the future. No one had done that kind of movie in Quebec before because it's expensive, it's set in the future, and it's got tons of visual effects, and it's shot on green screen. Yet this is the kind of movie that I wanted to make ever since I was a kid, really, back when I was reading some comic books and dreaming about what the future might be.

When American producers see my film, they think that I had a big budget to do it, like 23 million. But in fact I had 10 percent of that budget. I did "Mars et Avril" for only 2.3 million.

So you might wonder, what's the deal here? How did I do this? Well, it's two things. First, it's time. When you don't have money, you must take time, and it took me seven years to do "Mars et Avril." The second aspect is love. I got tons and tons of generosity from everyone involved. And it seems like every department had nothing, so they had to rely on our creativity and turn every problem into an opportunity.

And that brings me to the point of my talk, actually, how constraints, big creative constraints, can boost creativity.

But let me go back in time a bit. In my early 20s, I did some graphic novels, but they weren't your usual graphic novels. They were books telling a science fiction story through images and text, and most of the actors who are now starring in the movie adaptation, they were already involved in these books portraying characters into a sort of experimental, theatrical, simplistic way.

And one of these actors is the great stage director and actor Robert Lepage. And I just love this guy. I've been in love with this guy since I was a kid. His career I admire a lot. And I wanted this guy to be involved in my crazy project, and he was kind enough to lend his image to the character of Eugene Spaak, who is a cosmologist and artist who seeks relation in between time, space, love, music and women. And he was a perfect fit for the part, and Robert is actually the one who gave me my first chance. He was the one who believed in me and encouraged me to do an adaptation of my books into a film, and to write, direct, and produce the film myself.

And Robert is actually the very first example of how constraints can boost creativity. Because this guy is the busiest man on the planet. I mean, his agenda is booked until 2042, and he's really hard to get, and I wanted him to be in the movie, to reprise his role in the movie. But the thing is, had I waited for him until 2042, my film wouldn't be a futuristic film anymore, so I just couldn't do that. Right? But that's kind of a big problem. How do you get somebody who is too busy to star in a movie?

Well, I said as a joke in a production meeting -- and this is a true story, by the way - I said, "Why don't we turn this guy into a hologram? Because, you know, he is everywhere and nowhere on the planet at the same time, and he's an illuminated being in my mind, and he's in between reality and virtual reality, so it would make perfect sense to turn this guy into a hologram."

Everybody around the table laughed, but the joke was kind of a good solution, so that's what we ended up doing.

Here's how we did it. We shot Robert with six cameras. He was dressed in green and he was like in a green aquarium. Each camera was covering 60 degrees of his head, so that in post-production we could use pretty much any angle we needed, and we shot only his head. Six months later there was a guy on set, a mime portraying the body, the vehicle for the head. And he was wearing a green hood so that we could erase the green hood in postproduction and replace it with Robert Lepage's head. So he became like a renaissance man, and here's what it looks like in the movie.

(Music)

(Video) Robert Lepage: [ As usual, Arthur's drawing didn't account for the technical challenges. I welded the breech, but the valve is still gaping. I tried to lift the pallets to lower the pressure in the sound box, but I might have hit a heartstring. It still sounds too low. ] Jacques Languirand: [ That's normal. The instrument always ends up resembling its model. ] (Music)

Martin Villeneuve: Now these musical instruments that you see in this excerpt, they're my second example of how constraints can boost creativity, because I desperately needed these objects in my movie. They are objects of desire. They are imaginary musical instruments. And they carry a nice story with them. Actually, I knew what these things would look like in my mind for many, many years. But my problem was, I didn't have the money to pay for them. I couldn't afford them. So that's kind of a big problem too. How do you get something that you can't afford?

And, you know, I woke up one morning with a pretty good idea. I said, "What if I have somebody else pay for them?" (Laughter)

But who on Earth would be interested by seven not-yet-built musical instruments inspired by women's bodies? And I thought of Cirque du Soleil in Montreal, because who better to understand the kind of crazy poetry that I wanted to put on screen? So I found my way to Guy Laliberte, Cirque du Soleil's CEO, and I presented my crazy idea to him with sketches like this and visual references, and something pretty amazing happened. Guy was interested by this idea not because I was asking for his money, but because I came to him with a good idea in which everybody was happy. It was kind of a perfect triangle in which the art buyer was happy because he got the instruments at a cheaper price, because they weren't even made. He took a leap of faith. And the artist, Dominique Engel, brilliant guy, he was happy too because he had a dream project to work on for a year. And obviously I was happy because I got the instruments in my film for free, which was kind of what I tried to do. So here they are.

And my last example of how constraints can boost creativity comes from the green, because this is a weird color, a crazy color, and you need to replace the green screens eventually and you must figure that out sooner rather than later. And I had, again, pretty much, ideas in my mind as to what the world would be, but then again I turned to my childhood imagination and went to the work of Belgian comic book master Francois Schuiten in Belgium. And this guy is another guy I admire a lot, and I wanted him to be involved in the movie as a production designer. But people told me, you know, Martin, it's impossible, the guy is too busy and he will say no. Well, I said, you know what, instead of mimicking his style, I might as well call the real guy and ask him, and I sent him my books, and he answered that he was interested in working on the film with me because he could be a big fish in a small aquarium. In other words, there was space for him to dream with me. So here I was with one of my childhood heroes, drawing every single frame that's in the film to turn that into Montreal in the future. And it was an amazing collaboration to work with this great artist whom I admire.

But then, you know, eventually you have to turn all these drawings into reality. So, again, my solution was to aim for the best possible artist that I could think of. And there's this guy in Montreal, another Quebecois called Carlos Monzon, and he's a very good VFX artist. This guy had been lead compositor on such films as "Avatar" and "Star Trek" and "Transformers," and other unknown projects like this, and I knew he was the perfect fit for the job, and I had to convince him, and, instead of working on the next Spielberg movie, he accepted to work on mine. Why? Because I offered him a space to dream. So if you don't have money to offer to people, you must strike their imagination with something as nice as you can think of.

So this is what happened on this movie, and that's how it got made, and we went to this very nice postproduction company in Montreal called Vision Globale, and they lent their 60 artists to work full time for six months to do this crazy film.

So I want to tell you that, if you have some crazy ideas in your mind, and that people tell you that it's impossible to make, well, that's an even better reason to want to do it, because people have a tendency to see the problems rather than the final result, whereas if you start to deal with problems as being your allies rather than your opponents, life will start to dance with you in the most amazing way. I have experienced it. And you might end up doing some crazy projects, and who knows, you might even end up going to Mars.

Thank you.

(Applause)

私は 製作不可能な映画を作りました でも不可能だなんて思わなかったから 出来たことだと思います

『Mars & Avril』はSF映画です 舞台は 50年後のカナダ・モントリオール ケベックで この種の映画を手がけた人はいませんでした 資金が掛かりますし 未来が舞台となれば 膨大な数の視覚効果が必要で グリーンバックで撮影が行われます でも 子供の頃から ずっと こんな映画を 本当に 作りたかったんです 子供の頃コミック・ブックを読みながら 未来はどうなるんだろうと想像を巡らせていました

アメリカのプロデューサーはこの映画を見ると かなりの予算をかけたと思います 2,300万ドル位でしょうか でも 実際の予算はその1割でした 『Mars & Avril』は230万ドルで製作しました

なぜ そんな事ができたのかと 不思議に思われているかもしれません 秘訣は2つあります 先ずは時間です お金が無い時は時間を掛けなければいけません 私の場合 『Mars & Avril』の完成まで7年の歳月が掛かりました 2つ目の秘訣は 愛です 製作に関わった方々から寛大な支援を受けました 映画スタッフは予算も何も無かったので 皆の創造力に委ねられました そして 全ての問題が好機に転換しました

これが今日の 話の本題に繋がります 創作上の制約が どのように創造性の向上につながるかです

先ずは 少し時間を巻き戻しましょう 私が20代前半の頃グラフィック小説を手がけました 一般的なグラフィック小説とは違い 文章や写真を使って SF物語を 伝えるものでした 映画化した 『Mars & Avril』に出演している 多くの役者が 既に この小説のキャラクターに扮して 実験的 演劇的 単純化した方法で 携わっていました

その中の 一人は素晴らしい舞台監督で俳優でもある ロベール・ルパージュです 彼のことは 大好きです 子供の頃から 大好きだったんです 彼のやる仕事に とても憧れていて 私のクレイジーなプロジェクトに参加してもらえたらと思っていたら ウジェーヌ・スパークというキャラクターに 彼のイメージを使わせてくれました このキャラクターは宇宙論を研究するアーティストで 時間、空間、愛、音楽、女性の間に存在する関係を追求しています ロベールは この役にぴったりでした 実は 最初のチャンスを与えてくれのはロベールでした 彼が 私を信じてくれたんです そして 私のグラフィック小説を映画化し 自分で脚本・監督・製作するよう 後押ししてくれました

実は 制約が創造性を向上させることの 最初の例になったのもロベールでした なぜなら 彼は地球上で一番忙しい人なんです 彼の予定は2042年までビッシリ詰まっていて なかなか時間をとってもらえません でもこの映画でも 本と同じ役を演じてもらいたかった でも問題は 2042年まで待ったら この映画が 未来映画では無くなってしまいますね? ですから 彼の予定が空くまで待つわけにはいきません これは大きな問題です こんなに忙しい人に映画に出演してもらうには どうしたらいいでしょうか?

製作会議で冗談めかしに言ったんですが ちなみに 本当の話です 「ロベールをホログラムにしたらどうかな? 彼は同じ時間に 地球上のあらゆる所にいたり いなかったりするし 私の中では 彼は神のような存在で 現実と仮想世界の狭間にいるような人なので 彼をホログラムにするのは 完璧に的を得ているんだ」って

会議にいた 全員が笑いました でも この冗談で上手く行けそうだということになり 実際 この方法で問題を解決しました

まず6台のカメラでロベールを撮影します 彼には緑色の服を着て緑色の水槽のような場所に 入ってもらってもらいます 頭部60度の範囲を各カメラで撮影したので 撮影後の編集作業で 必要なアングルをほぼ網羅できました 撮影したのは彼の頭部のみです 6ヵ月後 実際のセットで演ずるのは 彼の体となる代役で これが頭を乗っける体になります 代役の頭には緑の覆いを被せてあるので 編集時に この部分を削除し ロベール・ルパージュの頭とすげかえるわけです これで 博学者っぽくなりました 映画では こんな風になります

(音楽)

ロベール・ルパージュ: いつものごとく アルチュールの設計図には 技術的な問題は加味されていないようだ 隙間を塞いでみたが まだ弁から空気が漏れる サウンドボックス内の圧力を下げるのにリードのパレットを持ち上げてみたが 琴線に触れてしまったかもしれない 音がまだ低すぎる ジャック・ランギランド: 当たり前だよ 楽器というものはモデルに 似てくるからな (音楽)

今ご覧いただいた シーンに 出てくる楽器が 制約が 創造性を向上させる 2つ目の例です 私の映画の中で不可欠な 欲望の対象ともいえる 想像上の楽器です この楽器にまつわる素敵な逸話があります 実はこの楽器がどのようなものか 頭の中で想像していました 問題は この楽器を作るお金が無かったこと とても手が届きませんでした ですから ある意味 大問題だったわけです 手の届かないものを どうやって手に入れるか?

ある朝 かなり良いアイデアと共に目覚めました 「誰かに それを払わせたらどうだろう?」って (笑)

でも 一体どこの誰が女性の体に― インスパイアされたまだ作られもしていない 7つの楽器に興味を持つでしょうか? そこで モントリオールのシルク・ドゥ・ソレイユが思いつきました スクリーンに映し出したいクレイジーな― 詩みたいなものを一番理解してくれると思ったからです それで シルク・ドゥ・ソレイユのCEOであるギー・ラリベルテに会って こんなスケッチとビジュアル資料を使って 私のクレイジーなアイデアを披露したんです すると とても素敵なことが起こりました ギーは 私がお金を求めたからではなく 皆がハッピーになれる 良いアイデアを 持って来たから 興味を持ってくれました ハッピーになったのは 実は3人で 1人目はアートバイヤー 彼は まだ作られていない楽器を安値で買えて ハッピーでした 賭けをしたわけです 2人目の アーティストのドミニク・エンゲルは素晴らしい方で 彼も一年掛けて 取り組める夢のプロジェクトにハッピーで もちろん 私もハッピーでした 映画のための楽器を念願どおり タダで手に入れました 完璧にお互いのニーズが合いました こちらが その楽器です

制約が創造性を向上させる 私の最後の例を お話します 緑に由来します 不思議で クレイジーな色ですよね いずれグリーンスクリーンを画像に置き換えなければいけません どんな画像にするか早いうちに決める必要があります 私の頭の中には様々なアイデアがあって 世界がどうなるかをほぼ決めていました これも子供時代の空想に立ち帰り ベルギーのコミックの達人を思いつきました ベルギーのフランソワ・スクイテンです この方のこともとても尊敬していて プロダクション・デザイナーとして彼にも映画に 関わって欲しいと思っていました でも 周りの人に「マーティン 彼は忙し過ぎるから どうせ断られるよ」と言われました それでも 彼のスタイルを真似するくらいなら 本人に電話して頼もうと決め 私の本も贈りました すると映画の製作に参加したいと言う 返事が来ました なぜなら彼は小さな水槽で大きな魚になれる 夢を追いかけることができるからです なんと 私の子供時代のヒーローと 映画の1コマ1コマの絵を描いて 未来のモントリオールを創り上げたのです 彼のような 敬愛する偉大なアーティストとの 仕事は 素晴らしい 協同作業でした

でも 究極的にはこの絵を 実際に作らなくてはいけません そこで また私の解決策は 私の中の最高のアーティストを見つけることでした モントリオールにいる カルロス・モンソンは ケベック人で とても才能のある視覚効果アーティストです この分野を 牽引するアーティストで 『アバター』 『スタートレック』『トランスフォーマー』 その手の無名の作品も手がけました 私の映画製作にピッタリだと確信しました ですから 次のスピルバーグ映画で 仕事をする代わりに 私と働いてくれるよう 説得しました 承諾してくれました なぜかって?それは彼に夢を追いかけるチャンスをあげたからです ですから 皆さんに差し出せる お金が無かったら 考えられるありったけの素晴らしい力で その人の 想像力を刺激してみてください

以上が この映画にまつわる出来事で どうやって製作が実現したかです その後 モントリオールにあるビジョングローバルと言う とても素晴らしい ポストプロダクション会社に巡り合いました 私のクレイジーな映画のためそこに所属する 60名のアーティストを フルタイムで6ヶ月も貸してくれたんです

ですから 皆さんにお伝えしたいことは クレイジーなアイデアがあって 周りの人から 不可能だと言われたら むしろ ぜひ挑戦してください なぜなら人は成果よりも 問題を見てしまう傾向があるからです 問題を敵と考えるのではなく 味方にすることで 人生は思いもしなかったように すばらしく踊り始めるでしょう 私が経験済みです そうすれば クレイジーなプロジェクトをやって 気づいたら 火星にだって 行けるかもしれません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画