TED日本語 - エリック・ハースマン: テキストメッセージによる危機の報告

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TEDU 2009で、エリック・ハースマンがグーグル・マップのマッシュアップ「ウシヒディ」について語ります。ウシヒディは、2008年の選挙後の暴力についてケニヤ人が報告・追跡するのを可能にし、その後も他の国々で命を救うために開発が続けられています。

Script

これからアフリカでの成功についてお話しします 一年半前、 スワヒリ語で「宣誓」を意味する 「ウシヒディ」の 常勤メンバー5人のうち4人が TEDフェローでした 一年前、ケニヤでは選挙の後に暴力行為がありました その時に我々は、3日間で 携帯電話を使って誰もが自分の周りで 何が起きているかの情報を 送信できるシステムのプロトタイプを完成させました 我々はアフリカで分かっていること、 皆が持っているデバイス、 携帯電話を共通の基盤として そこから出発しました 「警官隊がデモ隊に実弾と催涙ガスを発射して…」といった報告が来ます これは昨年1月17日の記事のうちの二つです 我々のシステムは未熟で、非常に基本的なものでした 人々から集めたデータを用いたマッシュアップで それらを地図に載せました

しかし、それからもっとやることがあると思いました それまでに開発したものを使って それを元に、世界のどこでも使えるプラットフォームを作りました これが開発チームで ガーナ、マラウィ、ケニヤなど アフリカ各地から来た人達で構成されています アメリカ出身の人もいます 我々は途上国だけでなく、先進国向けにスマートフォンでも 使えるものを開発中です

これが正しいと思っています つまり アフリカで成功すれば、どこでも上手くいく だからアフリカで開発して 最前線へ持っていく 現在ではコンゴ民主共和国でも使われています アフリカ中のNGOでも使われています それぞれ小さなプロジェクトを持つNGOたちです つい先月、ガザのアルジャジーラでも 使われ始めました でも、実はこのことを話しに来たのではありません

次の大きなことを話したいのです つまり 我々は、リアルタイムに 現場の事実の証言をレポートする 能力を手に入れた、ということです これを最近のムンバイでの事件で目撃しました レポートするのが、消費するより ずっと楽になりました 情報がありすぎたら、どうしますか? これはムンバイについて3日間の間に書かれた Twitterのレポートです 何が重要かどうやって決めるのでしょう? あなたが読んでいるものの正確さはどれくらいですか? つまり、分かったのは、非常に多くの 危機情報が無駄に消費されているということです なぜなら、今現在何かを実際にやるには 情報が多すぎるからです 我々が実際に気にしているのは 最初の3時間だけです 我々は最初の3時間をみているのです 流入しつつある情報にどう対処するか? 実際に起きていることはわからない その場所や世界中で 人々はまだ興味があって 何が起きているか知ろうとします しかし分からない

そこで我々ウシヒディが作ったのは この情報をクラウドソースすることでした このTwitterをみてください 情報過剰になっています たくさんの情報を受けている それはいい だが、それで? そこで、ここで面白いことができると思いました これに対処する小規模チームがあります 我々はクラウドソースフィルターを 作れると思っています クラウドを使って情報に当てはめるのです 情報を格付けし、情報を提供する それぞれの人を格付けし より正確で重みづけされた 情報が手に入ります それで我々は、あることが真実かどうかの 確率についてよりよい理解が得られるのです このようなイノベーションが、率直に言って アフリカから起きていることが興味深いです 思いもしなかった場所からもたらされています 若く優秀な開発者たち それを取り巻くコミュニティがこれを作ろうと決めたのです ということで、どうもありがとう TEDファミリーのメンバーでとてもハッピーです (拍手)

So I'm here to tell you a story of success from Africa. A year and a half ago,four of the five people who are full time members at Ushahidi, which means "testimony" in Swahili, were TED Fellows. A year ago in Kenya we had post-election violence. And in that time we prototyped and built, in about three days, a system that would allow anybody with a mobile phone to send in information and reports on what was happening around them. We took what we knew about Africa, the default device, the mobile phone, as our common denominator, and went from there. We got reports like this. This is just a couple of them from January 17th, last year. And our system was rudimentary. It was very basic. It was a mash-up that used data that we collected from people, and we put it on our map.

But then we decided we needed to do something more. We needed to take what we had built and create a platform out of it so that it could be used elsewhere in the world. And so there is a team of developers from all over Africa, who are part of this team now -- from Ghana, from Malawi, from Kenya. There is even some from the U.S. We're building for smartphones, so that it can be used in the developed world, as well as the developing world.

We are realizing that this is true. If it works in Africa then it will work anywhere. And so we build for it in Africa first and then we move to the edges. It's now been deployed in the Democratic Republic of the Congo. It's being used by NGOs all over East Africa, small NGOs doing their own little projects. Just this last month it was deployed by Al Jazeera in Gaza. But that's actually not what I'm here to talk about.

I'm here to talk about the next big thing, because what we're finding out is that we have this capacity to report eyewitness accounts of what's going on in real time. We're seeing this in events like Mumbai recently, where it's so much easier to report now than it is to consume it. There is so much information; what do you do? This is the Twitter reports for over three days just covering Mumbai. How do you decide what is important? What is the veracity level of what you're looking at? So what we find is that there is this great deal of wasted crisis information because there is just too much information for us to actually do anything with right now. And what we're actually really concerned with is this first three hours. What we are looking at is the first three hours. How do we deal with that information that is coming in? You can't understand what is actually happening. On the ground and around the world people are still curious, and trying to figure out what is going on. But they don't know.

So what we built of course, Ushahidi, is crowdsourcing this information. You see this with Twitter, too. You get this information overload. So you've got a lot of information. That's great. But now what? So we think that there is something interesting we can do here. And we have a small team who is working on this. We think that we can actually create a crowdsourced filter. Take the crowd and apply them to the information. And by rating it and by rating the different people who submit information, we can get refined results and weighted results. So that we have a better understanding of the probability of something being true or not. This is the kind of innovation that is, quite frankly -- it's interesting that it's coming from Africa. It's coming from places that you wouldn't expect. From young, smart developers. And it's a community around it that has decided to build this. So, thank you very much. And we are very happy to be part of the TED family. (Applause)

So I'm here/ to tell you/ a story of success/ from Africa.//

これからアフリカでの成功についてお話しします

A year/ and a half ago,/four of the five people/ who are full time members/ at Ushahidi,/ which means "testimony"/ in Swahili,/ were TED Fellows.//

一年半前、 スワヒリ語で「宣誓」を意味する 「ウシヒディ」の 常勤メンバー5人のうち4人が TEDフェローでした

A year ago/ in Kenya/ we had post-election violence.//

一年前、ケニヤでは選挙の後に暴力行為がありました

And in that time/ we prototyped and built,/ in about three days,/ a system/ that would allow anybody/ with a mobile phone/ to send in information and reports/ on what was happening around them.//

その時に我々は、3日間で 携帯電話を使って誰もが自分の周りで 何が起きているかの情報を 送信できるシステムのプロトタイプを完成させました

We took/ what we knew about Africa,/ the default device,/ the mobile phone,/ as our common denominator,/ and went from there.//

我々はアフリカで分かっていること、 皆が持っているデバイス、 携帯電話を共通の基盤として そこから出発しました

We got reports/ like this.//

「警官隊がデモ隊に実弾と催涙ガスを発射して…」といった報告が来ます

This is just a couple of them/ from January 17th,/ last year.//

これは昨年1月17日の記事のうちの二つです

And our system was rudimentary.// It was very basic.//

我々のシステムは未熟で、非常に基本的なものでした

It was a mash-up/ that used data/ that we collected from people,/ and we put it/ on our map.//

人々から集めたデータを用いたマッシュアップで それらを地図に載せました

But then/ we decided/ we needed to do/ something more.//

しかし、それからもっとやることがあると思いました

We needed to take/ what we had built/ and create a platform/ out of it/ so that it could be used elsewhere/ in the world.//

それまでに開発したものを使って それを元に、世界のどこでも使えるプラットフォームを作りました

And so/ there is a team of developers/ from all/ over Africa,/ who are part of this team now --/ from Ghana,/ from Malawi,/ from Kenya.//

これが開発チームで ガーナ、マラウィ、ケニヤなど アフリカ各地から来た人達で構成されています

There is even some/ from the U.S.//

アメリカ出身の人もいます

We're building/ for smartphones,/ so that it can be used in the developed world,/ as well as/ the developing world.//

我々は途上国だけでなく、先進国向けにスマートフォンでも 使えるものを開発中です

We are realizing/ that this is true.//

これが正しいと思っています つまり

If it works in Africa then/ it will work anywhere.//

アフリカで成功すれば、どこでも上手くいく

And so/ we build for it/ in Africa first/ and then/ we move to the edges.//

だからアフリカで開発して 最前線へ持っていく

It's now been deployed in the Democratic Republic of the Congo.//

現在ではコンゴ民主共和国でも使われています

It's being used by NGOs/ all over East Africa,/ small NGOs/ doing their own little projects.//

アフリカ中のNGOでも使われています それぞれ小さなプロジェクトを持つNGOたちです

Just/ this last month/ it was deployed by Al Jazeera/ in Gaza.//

つい先月、ガザのアルジャジーラでも 使われ始めました

But that's actually not/ what I'm here/ to talk about.//

でも、実はこのことを話しに来たのではありません

I'm here/ to talk about the next big thing,/ because/ what we're finding out/ is/ that we have this capacity/ to report eyewitness accounts of what's going on/ in real time.//

次の大きなことを話したいのです つまり 我々は、リアルタイムに 現場の事実の証言をレポートする 能力を手に入れた、ということです

We're seeing/ this/ in events/ like Mumbai recently,/ where it's so much easier/ to report now/ than it is to consume it.//

これを最近のムンバイでの事件で目撃しました レポートするのが、消費するより ずっと楽になりました

There is so much information;/ what do you do?//

情報がありすぎたら、どうしますか?

This is the Twitter reports/ for over three days just covering/ Mumbai.//

これはムンバイについて3日間の間に書かれた Twitterのレポートです

How do you decide/ what is important?//

何が重要かどうやって決めるのでしょう?

What is the veracity level of what you're looking/ at?//

あなたが読んでいるものの正確さはどれくらいですか?

So/ what we find/ is/ that there is this great deal of wasted crisis information/ because there is just too much information/ for us/ to actually do anything/ with right now.//

つまり、分かったのは、非常に多くの 危機情報が無駄に消費されているということです なぜなら、今現在何かを実際にやるには 情報が多すぎるからです

And what we're actually really concerned/ with is this first three hours.//

我々が実際に気にしているのは 最初の3時間だけです

What we are looking at is the first three hours.//

我々は最初の3時間をみているのです

How do we deal with that information/ that is coming in?//

流入しつつある情報にどう対処するか?

You can't understand/ what is actually happening.//

実際に起きていることはわからない

On the ground/ and around the world people are still curious,/ and trying to figure out/ what is going on.// But they don't know.//

その場所や世界中で 人々はまだ興味があって 何が起きているか知ろうとします しかし分からない

So/ what we built of course,/ Ushahidi,/ is crowdsourcing this information.//

そこで我々ウシヒディが作ったのは この情報をクラウドソースすることでした

You see this/ with Twitter,/ too.// You get this information overload.//

このTwitterをみてください 情報過剰になっています

So you've got a lot of information.// That's great.//

たくさんの情報を受けている それはいい

But now/ what?//

だが、それで?

So we think/ that there is something interesting/ we can do here.//

そこで、ここで面白いことができると思いました

And we have a small team/ who is working on this.//

これに対処する小規模チームがあります

We think/ that we can actually create a crowdsourced filter.//

我々はクラウドソースフィルターを 作れると思っています

Take the crowd/ and apply them/ to the information.//

クラウドを使って情報に当てはめるのです

And by rating it/ and by rating the different people/ who submit information,/ we can get refined results/ and weighted results.//

情報を格付けし、情報を提供する それぞれの人を格付けし より正確で重みづけされた 情報が手に入ります

So/ that we have a better understanding of the probability of something/ being true/ or not.//

それで我々は、あることが真実かどうかの 確率についてよりよい理解が得られるのです

This is the kind of innovation/ that is,/ quite frankly --/ it's interesting/ that it's coming from Africa.//

このようなイノベーションが、率直に言って アフリカから起きていることが興味深いです

It's coming from places/ that you wouldn't expect.//

思いもしなかった場所からもたらされています

From young, smart developers.//

若く優秀な開発者たち

And it's a community/ around it/ that has decided to build/ this.//

それを取り巻くコミュニティがこれを作ろうと決めたのです

So,/ thank you very much.//

ということで、どうもありがとう

And we are very happy/ to be part of the TED family.//

TEDファミリーのメンバーでとてもハッピーです

(拍手)

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

testimony

〈C〉〈U〉(法廷の証人台での)『証言』

〈U〉(…の)証拠,しるし《+of+名》

(信仰などの)公然とした表明

Swahili

スワヒリ語(アフリカ東部・中部の共通語);〈C〉スワヒリ人

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

default

(義務・債務などの)不履行,怠慢《+『on』(『against』)+『名』》;(法廷・試合場などへの)不出場・欠席

(義務・債務などを)履行しない;(裁判・試合などに)出場しない《+『in』(『on』)+『名』》

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

denominator

分母

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

rudimentary

(知識など)初歩の,基本の

未発達の,未発育の;痕跡の

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

datum

dataの単数形

既知の事実

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

elsewhere

『どこかよそに』,ほかの所で(somewhere else)

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

Ghana

ガーナ(西部アフリカの共和国;首都はAccra)

Malawi

マラウィ(アフリカ南東部にある共和国)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

republic

『共和国』;共和政体

《R-》(フランス革命から喚代までの,フランスの)共和制

Congo

コンゴ川(中部あふりか流れ大西洋に注ぐ世界第2の大河)

コンゴ(アフリカ中部にある二つの共和国);コンゴ共和国(1960年フランスから独立;首都Brazzaville);コンゴ民主共和国(1960年ベルギーから独立,Zaire共和国の旧称,首都Kinshasa)

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

eyewitness

=witness 1

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

veracity

真実を語ること,正直さ

(事実・陳述の)真実性,正確さ

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

overload

…‘に'荷を積み過ぎる(負わせ過ぎる)

〈バッテリー・変圧器など〉‘に'充電し過ぎる;〈銃砲〉‘に'装薬し過ぎる

〈C〉〈U〉積み過ぎ;〈U〉過充電;過負荷

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

refine

…‘を'『精製する』,精錬する

〈言葉・態度など〉‘を'『洗練する』,上品にする,優雅にする

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

probability

〈U〉『ありそうなこと』,起こりそうなこと,見込み,公算(likelihood)

〈C〉ありそうな(起こりそうな)事件(結果)

〈U〉(数学で)確率;(哲学で)蓋然(がいぜん)性

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画