TED日本語 - アンディー・プディコム: 必要なのは10分間の瞑想だけ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

全く何もせず10分間を最後に過ごしたのはいつですか?メールも会話も思考もしないでね。心配りの専門家アンディー・プディコムはあるテクニックの革新的なパワーについて言及します。そのテクニックは1日10分間、単に今この瞬間を意識して経験することです。(お香も要りませんし、変な座り方も必要ありません)

Script

私たちは信じられないほど忙しい世界に生きています そのペースはしばしば狂乱的で心は常に忙しいです そして常に何かしています

このことを頭において少しの間考えてみてください 皆さんが何もしなかったのはいつが最後ですか? 10分間 平静だったのはいつでしょう? ここで言う何もしないとは メール メッセージ インターネットはせず テレビ おしゃべり 食事 読書もせず 過去を振り返ったり将来も見据えず 本当に何もしないことを意味します ただ何もしないんです 皆さん 呆れた顔をしていますね(笑) ずいぶん昔ではないですか

こんなのおかしいですよね? こんな心持ちでいいんでしょうか 心というものは 最も価値のあるかけがえの無い財産であり 人生の一瞬一瞬は心を通じて経験するんです 個人としての幸せ 満足感 感情状態も心によって決まります それと同時に心は 人間関係における親切心や思いやりにも影響を与えます また 私たちが集中したり 創造的になったり 自発的になるとき そしてベストを尽くそうとするときこの心というものを頼りにします しかし 私たちは自分の心を気遣う時間を設けていません その代わり 車やファッションには たくさんの時間を使うんです だいたいの人がこんな感じでしょう

その結果として当然ストレスが溜まります 心は洗濯機のように勢いよく回っており 難しくてややこしい感情の渦に飲まれ どうやって抜け出すかも分からないんです 悲しいことに私たちの心は阻害され もはや現実世界には存在しないんです 自分にとって最も重要なことを見失っています おかしなことに誰もが憶測で動いており 人生という名のもとただ順応せざるを得ません これはあるべき姿ではありません

11歳くらいのとき 瞑想のクラスにはじめて参加しました 信じ難いですがまさに想像通りの環境でした 脚を組んで床に座る人 お香やハーブティーなんかもあり菜食主義も徹底していました 母も参加していましたし私も興味を持ったので一緒に続けました 同じ時期にカンフー映画も見ていて 密かに 空の飛び方を学ぼうとしていました とても幼かったのですね 今の私がそこにいればきっと皆さんのように 瞑想を単なる心の鎮痛剤だと思うでしょう ストレスを感じると瞑想を行います 瞑想が何かしらの予防になるとは 20歳になるまで思いもしませんでした その頃 私の人生の中でたくさんの出来事が度々起こり 人生を当にひっくり返すほど深刻だったのです 私の頭の中は思考と難しい感情であふれ 対処する術も分かりませんでした 1つを対処しても 別の問題が浮上するんです とてもストレスを感じた時期でした

私たちは皆 それぞれの方法でストレスに対処すると思います 仕事に没頭する人もいるでしょう すばらしい気の紛らわし方です 友達や家族と話し支えを求める人もいます 薬の処方を求める人もいます 私の場合は 僧侶になりました 大学を辞めてヒマラヤへ向かいました 僧侶となって瞑想の勉強を始めたんです

何を学んだのかとよく聞かれます 言うまでもなく物事を見る目が変わりました 禁欲主義の僧侶になることで たくさんの事が変わったんです それだけではありません 今この瞬間を尊ぶことそして理解することを 学ぶことができました 思考に明け暮れず 気を紛らわさず 困難な感情に圧倒されず 今ここにどんな状態でいるかどのように意識するか どのように存在するかを学んでいました

今この瞬間 というのは過小評価され過ぎています 言葉は平凡ですが今という 普通とは程遠い瞬間を ほとんど意識していないんです ハーバード大学の発表によると 私たちの心は 平均して 47%の時間も途方に暮れています 47%ですよ このように心が彷徨い続けていると 不幸の直接的な原因ともなります 私たちの寿命はそんなに長くないのに 人生の半分を途方に暮れて過ごし その結果 不幸な人生を終えます 悲劇と呼ぶべきかは疑問です 特に今回の場合対処方法があり 思慮深く 気紛れもしない健康的な心をもてるからです この方法は明確かつ実用性もあり 実現可能であると科学的に証明されたテクニックなんです このテクニックの素晴らしいところは 1日あたり10分程の時間で 人生を変えられることです ただ コツを覚える必要があります 練習が必要で意識する方法を学ぶための フレームワークも必要です これが瞑想というもので 今この瞬間を理解するのに役立ちます また 今という瞬間から最良を得るための アプローチ方法も学ぶ必要があります 瞑想はこのためにあるんです 何故なら多くの人々が瞑想は思考を止めることだとか 感情を捨てたり心を抑制することだと 思っているようですが 実際には全然違います 瞑想とは一歩下がって 思考をはっきり理解することであり 揺らめく思考や感情を分別することなく リラックスしたまま集中した心で観察することなんです

例えばもし私が今 ボールだけに集中し過ぎると こうやって話すこともできません 同様に 話すことだけに気を緩めすぎれば ボールは落っこちてしまいます 人生においても瞑想においても 過度に集中することがあり 人生は窮屈になっていきます ストレスがここまでくると 人生はとても苦しものになります 一方 息抜きをし過ぎた場合でも こんな感じになっていきます もちろん 瞑想中に・・(いびき) 眠りに落ちることもあります 必要なのはバランスの取れた集中的なくつろぎであり これを実現出来れば日々のいざこざから 思考を開放できるんです

私たちは普通意識の仕方を学び始めると 思考によって気が散ってしまいます 例えば 不安があるとします 全てが順調な中で不安なことを思い浮かべます 「そういえばあれを心配していたっけ」 するとその考えに執着し 「本当に心配でたまらない不安だらけだ」 となります それに気づくまでは 私たちは 不安を感じることに不安なんです おかしな話ですが 毎日のようによくあります 自分の歯がグラグラしたときを考えてみてください グラグラした歯に気づいてから その痛みに気づきませんでしたか? では30秒毎に何をしますか? (アウアウ・・・) 痛みますねそして痛い痛いと自信に語りかけるんです これを毎回やるんです 心の観察方法を学ぶだけで このような心の負のサイクルを 取り除くことができます 落ち着いて心を観察すると、 色んな心の状態が分かります 常にゆとりのない心に 気づくかもしれません 何もせず じっとしているのに興奮を感じたとしても 驚かないでください 鈍くて 退屈な心に気づくかもしれません 起きて 仕事に行き 食べて寝て また起きて・・と まるで機械のようだと感じるかもしれません もしくは 1つの小さなことを考えすぎた結果 心の周りをぐるぐると巡り回っているのかもしれません 何にしても 瞑想によって 一歩後ろに下がって新たな視点で物事を見ることができ 外見とは必ずしも一致しない面を見る機会を得られます 私たちには 物事1つ1つを変えることはできません しかし 得られる経験は変えられます これが思慮に富んだ瞑想の可能性なんです 別にお香をたく必要はありませんし 床の上に座る必要もないです 必要なことは1日10分間一歩身を引いて 今この瞬間を理解するだけです そうすれば 人生において すばらしい集中力 平静さそして 明晰さを感じ取ることができます

ありがとうございました (拍手)

We live in an incredibly busy world. The pace of life is often frantic, our minds are always busy, and we're always doing something.

So with that in mind, I'd like you just to take a moment to think, when did you last take any time to do nothing? Just 10 minutes, undisturbed? And when I say nothing, I do mean nothing. So that's no emailing, texting, no Internet, no TV, no chatting, no eating, no reading, not even sitting there reminiscing about the past or planning for the future. Simply doing nothing. I see a lot of very blank faces. (Laughter) My thinking is, you probably have to go a long way back.

And this is an extraordinary thing, right? We're talking about our mind. The mind, our most valuable and precious resource, through which we experience every single moment of our life, the mind that we rely upon to be happy, content, emotionally stable as individuals, and at the same time to be kind and thoughtful and considerate in our relationships with others. This is the same mind that we depend upon to be focused, creative, spontaneous, and to perform at our very best in everything that we do. And yet, we don't take any time out to look after it. In fact, we spend more time looking after our cars, our clothes and our hair than we - okay, maybe not our hair, but you see where I'm going.

The result, of course, is that we get stressed. You know, the mind whizzes away like a washing machine going round and round, lots of difficult, confusing emotions, and we don't really know how to deal with that, and the sad fact is that we are so distracted that we're no longer present in the world in which we live. We miss out on the things that are most important to us, and the crazy thing is that everybody just assumes, well, that's the way life is, so we've just kind of got to get on with it. That's really not how it has to be.

So I was about 11 when I went along to my first meditation class. And trust me, it had all the stereotypes that you can imagine, the sitting cross-legged on the floor, the incense, the herbal tea, the vegetarians, the whole deal, but my mom was going and I was intrigued, so I went along with her. I'd also seen a few kung fu movies, and secretly I kind of thought I might be able to learn how to fly, but I was very young at the time. Now as I was there, I guess, like a lot of people, I assumed that it was just an aspirin for the mind. You get stressed, you do some meditation. I hadn't really thought that it could be sort of preventative in nature, until I was about 20, when a number of things happened in my life in quite quick succession, really serious things which just flipped my life upside down and all of a sudden I was inundated with thoughts, inundated with difficult emotions that I didn't know how to cope with. Every time I sort of pushed one down, another one would just sort of pop back up again. It was a really very stressful time.

I guess we all deal with stress in different ways. Some people will bury themselves in work, grateful for the distraction. Others will turn to their friends, their family, looking for support. Some people hit the bottle, start taking medication. My own way of dealing with it was to become a monk. So I quit my degree, I headed off to the Himalayas, I became a monk, and I started studying meditation.

People often ask me what I learned from that time. Well, obviously it changed things. Let's face it, becoming a celibate monk is going to change a number of things. But it was more than that. It taught me -- it gave me a greater appreciation, an understanding for the present moment. By that I mean not being lost in thought, not being distracted, not being overwhelmed by difficult emotions, but instead learning how to be in the here and now, how to be mindful, how to be present.

I think the present moment is so underrated. It sounds so ordinary, and yet we spend so little time in the present moment that it's anything but ordinary. There was a research paper that came out of Harvard, just recently, that said on average our minds are lost in thought almost 47 percent of the time. Forty-seven percent. At the same time, this sort of constant mind-wandering is also a direct cause of unhappiness. Now we're not here for that long anyway, but to spend almost half of our life lost in thought and potentially quite unhappy, dunno, it just kind of seems tragic, actually, especially when there's something we can do about it, when there's a positive, practical, achievable, scientifically proven technique which allows our mind to be more healthy, to be more mindful and less distracted. And the beauty of it is that even though it need only take about 10 minutes a day, it impacts our entire life. But we need to know how to do it. We need an exercise. We need a framework to learn how to be more mindful. That's essentially what meditation is. It's familiarizing ourselves with the present moment. But we also need to know how to approach it in the right way to get the best from it. And that's what these are for, in case you've been wondering, because most people assume that meditation is all about stopping thoughts, getting rid of emotions, somehow controlling the mind, but actually it's quite different from that. It's more about stepping back, seeing the thought clearly, witnessing it coming and going, emotions coming and going without judgment, but with a relaxed, focused mind.

So for example, right now, if I focus too much on the balls, then there's no way that I can relax and talk to you at the same time. Equally, if I relax too much talking to you, then there's no way I can focus on the balls. I'm going to drop them. Now in life, and in meditation, there'll be times when the focus becomes a little bit too intense, and life starts to feel a bit like this. It's a very uncomfortable way to live life, when you get this tight and stressed. At other times, we might take our foot off the gas a little bit too much, and things just become a sort of little bit like this. Of course in meditation - (Snores) - we're going to end up falling asleep. So we're looking for a balance, a focused relaxation where we can allow thoughts to come and go without all the usual involvement.

Now, what usually happens when we're learning to be mindful is that we get distracted by a thought. Let's say this is an anxious thought. So everything's going fine, and then we see the anxious thought, and it's like, "Oh, didn't realize I was worried about that." You go back to it, repeat it. "Oh, I am worried. Oh, I really am worried. Wow, there's so much anxiety." And before we know it, right, we're anxious about feeling anxious. You know, this is crazy. We do this all the time, even on an everyday level. If you think about the last time, I dunno, you had a wobbly tooth. You know it's wobbly, and you know that it hurts. But what do you do every 20,30 seconds? (Mumbling) It does hurt. And we reinforce the storyline, right? And we just keep telling ourselves, and we do it all the time. And it's only in learning to watch the mind in this way that we can start to let go of those storylines and patterns of mind. But when you sit down and you watch the mind in this way, you might see many different patterns. You might find a mind that's really restless and -- the whole time. Don't be surprised if you feel a bit agitated in your body when you sit down to do nothing and your mind feels like that. You might find a mind that's very dull and boring, and it's just, almost mechanical, it just seems it's as if you're getting up, going to work, eat, sleep, get up, work. Or it might just be that one little nagging thought that just goes round and round and round your mind. Well, whatever it is, meditation offers the opportunity, the potential to step back and to get a different perspective, to see that things aren't always as they appear. We can't change every little thing that happens to us in life, but we can change the way that we experience it. That's the potential of meditation, of mindfulness. You don't have to burn any incense, and you definitely don't have to sit on the floor. All you need to do is to take 10 minutes out a day to step back, to familiarize yourself with the present moment so that you get to experience a greater sense of focus, calm and clarity in your life.

Thank you very much. (Applause)

We live in an incredibly busy world.//

私たちは信じられないほど忙しい世界に生きています

The pace of life is often frantic,/ our minds are always busy,/ and we're always doing/ something.//

そのペースはしばしば狂乱的で心は常に忙しいです そして常に何かしています

So/ with that/ in mind,/ I'd like you just/ to take a moment/ to think,/ when did you last take any time/ to do nothing?//

このことを頭において少しの間考えてみてください 皆さんが何もしなかったのはいつが最後ですか?

Just 10 minutes,/ undisturbed?//

10分間 平静だったのはいつでしょう?

And when I say nothing,/ I do mean nothing.//

ここで言う何もしないとは

So that's no emailing,/ texting,/ no Internet,/ no TV,/ no chatting,/ no eating,/ no reading,/ not even sitting/ there/ reminiscing about the past or planning/ for the future.//

メール メッセージ インターネットはせず テレビ おしゃべり 食事 読書もせず 過去を振り返ったり将来も見据えず 本当に何もしないことを意味します

Simply/ doing nothing.//

ただ何もしないんです

I see a lot of very blank faces.// (Laughter)/ My thinking is,/ you probably have to go/ a long way back.//

皆さん 呆れた顔をしていますね(笑) ずいぶん昔ではないですか

And this is an extraordinary thing,/ right?//

こんなのおかしいですよね?

We're talking/ about our mind.//

こんな心持ちでいいんでしょうか

The mind,/ our most valuable and precious resource,/ through which we experience every single moment of our life,/ the mind/ that we rely upon to be happy,/ content,/ emotionally stable/ as individuals,/ and at the same time to be kind and thoughtful and considerate/ in our relationships/ with others.//

心というものは 最も価値のあるかけがえの無い財産であり 人生の一瞬一瞬は心を通じて経験するんです 個人としての幸せ 満足感 感情状態も心によって決まります それと同時に心は 人間関係における親切心や思いやりにも影響を与えます

This is the same mind/ that we depend upon to be focused,/ creative, spontaneous,/ and to perform at our very best/ in everything/ that we do.//

また 私たちが集中したり 創造的になったり 自発的になるとき そしてベストを尽くそうとするときこの心というものを頼りにします

And yet,/ we don't take any time out/ to look after it.//

しかし 私たちは自分の心を気遣う時間を設けていません

In fact,/ we spend more time/ looking/ after our cars,/ our clothes/ and our hair/ than we - okay,/ maybe not our hair,/ but you see/ where I'm going.//

その代わり 車やファッションには たくさんの時間を使うんです だいたいの人がこんな感じでしょう

The result,/ of course,/ is/ that we get stressed.//

その結果として当然ストレスが溜まります

You know,/ the mind whizzes away/ like a washing machine/ going round and round,/ lots of difficult, confusing emotions,/ and we don't really know/ how to deal with that,/ and the sad fact is/ that we are so distracted/ that we're no longer present/ in the world/ in which we live.//

心は洗濯機のように勢いよく回っており 難しくてややこしい感情の渦に飲まれ どうやって抜け出すかも分からないんです 悲しいことに私たちの心は阻害され もはや現実世界には存在しないんです

We miss out/ on the things/ that are most important/ to us,/ and the crazy thing is that/ everybody just assumes,/ well,/ that's the way/ life is,/ so we've just kind of got/ to get on/ with it.//

自分にとって最も重要なことを見失っています おかしなことに誰もが憶測で動いており 人生という名のもとただ順応せざるを得ません

That's really not/ how it has to be.//

これはあるべき姿ではありません

So I was about 11/ when I went along/ to my first meditation class.//

11歳くらいのとき 瞑想のクラスにはじめて参加しました

And trust/ me,/ it had all the stereotypes/ that you can imagine,/ the sitting cross-legged/ on the floor,/ the incense,/ the herbal tea,/ the vegetarians,/ the whole deal,/ but my mom was going/ and I was intrigued,/ so I went along/ with her.//

信じ難いですがまさに想像通りの環境でした 脚を組んで床に座る人 お香やハーブティーなんかもあり菜食主義も徹底していました 母も参加していましたし私も興味を持ったので一緒に続けました

I'd also seen a few kung fu movies,/ and secretly/ I kind/ of thought I might be able to learn/ how to fly,/ but I was very young/ at the time.//

同じ時期にカンフー映画も見ていて 密かに 空の飛び方を学ぼうとしていました とても幼かったのですね

Now/ as I was there,/ I guess,/ like a lot of people,/ I assumed/ that it was just an aspirin/ for the mind.//

今の私がそこにいればきっと皆さんのように 瞑想を単なる心の鎮痛剤だと思うでしょう

You get stressed,/ you do some meditation.//

ストレスを感じると瞑想を行います

I hadn't really thought/ that it could be sort of preventative/ in nature,/ until I was about 20,/ when a number of things happened in my life/ in quite quick succession,/ really serious things/ which just flipped my life upside down/ and all of a sudden/ I was inundated with thoughts,/ inundated with difficult emotions/ that I didn't know/ how to cope with.//

瞑想が何かしらの予防になるとは 20歳になるまで思いもしませんでした その頃 私の人生の中でたくさんの出来事が度々起こり 人生を当にひっくり返すほど深刻だったのです 私の頭の中は思考と難しい感情であふれ 対処する術も分かりませんでした

Every time/ I sort of pushed one down,/ another one would just sort of pop back up again.//

1つを対処しても 別の問題が浮上するんです

It was a really very stressful time.//

とてもストレスを感じた時期でした

I guess we/ all deal with stress/ in different ways.//

私たちは皆 それぞれの方法でストレスに対処すると思います

Some people will bury themselves/ in work,/ grateful/ for the distraction.//

仕事に没頭する人もいるでしょう すばらしい気の紛らわし方です

Others will turn to their friends,/ their family,/ looking for support.//

友達や家族と話し支えを求める人もいます

Some people hit the bottle,/ start taking/ medication.//

薬の処方を求める人もいます

My own way of dealing with it was to become a monk.//

私の場合は 僧侶になりました

So I quit my degree,/ I headed off to the Himalayas,/ I became a monk,/ and I started studying/ meditation.//

大学を辞めてヒマラヤへ向かいました 僧侶となって瞑想の勉強を始めたんです

People often ask me/ what I learned from that time.//

何を学んだのかとよく聞かれます

Well,/ obviously/ it changed things.//

言うまでもなく物事を見る目が変わりました

Let's face/ it,/ becoming a celibate monk is going to change/ a number of things.//

禁欲主義の僧侶になることで たくさんの事が変わったんです

But it was more than that.//

それだけではありません

It taught me --/ it gave me/ a greater appreciation,/ an understanding/ for the present moment.//

今この瞬間を尊ぶことそして理解することを 学ぶことができました

By that I mean not being lost in thought,/ not being distracted,/ not being overwhelmed by difficult emotions,/ but instead/ learning/ how to be in the here and now,/ how to be mindful,/ how to be present.//

思考に明け暮れず 気を紛らわさず 困難な感情に圧倒されず 今ここにどんな状態でいるかどのように意識するか どのように存在するかを学んでいました

I think/ the present moment is so/ underrated.//

今この瞬間 というのは過小評価され過ぎています

It sounds so ordinary,/ and yet/ we spend so little time/ in the present moment/ that it's anything but ordinary.//

言葉は平凡ですが今という 普通とは程遠い瞬間を ほとんど意識していないんです

There was a research paper/ that came out of Harvard,/ just recently,/ that said on average/ our minds are lost in thought almost 47 percent of the time.//

ハーバード大学の発表によると 私たちの心は 平均して 47%の時間も途方に暮れています

Forty-seven percent.//

47%ですよ

At the same time,/ this sort of constant mind-wandering is also a direct cause of unhappiness.//

このように心が彷徨い続けていると 不幸の直接的な原因ともなります

Now/ we're not here/ for that long anyway,/ but to spend almost half of our life lost in thought and potentially quite unhappy,/ dunno,/ it/ just kind of seems tragic,/ actually,/ especially/ when there's something/ we can do about it,/ when there's a positive, practical, achievable, scientifically proven technique/ which allows our mind/ to be more healthy,/ to be more mindful and less distracted.//

私たちの寿命はそんなに長くないのに 人生の半分を途方に暮れて過ごし その結果 不幸な人生を終えます 悲劇と呼ぶべきかは疑問です 特に今回の場合対処方法があり 思慮深く 気紛れもしない健康的な心をもてるからです この方法は明確かつ実用性もあり 実現可能であると科学的に証明されたテクニックなんです

And the beauty of it is/ that even though it need only take about 10 minutes/ a day,/ it impacts our entire life.//

このテクニックの素晴らしいところは 1日あたり10分程の時間で 人生を変えられることです

But we need to know/ how to do it.//

ただ コツを覚える必要があります

We need an exercise.// We need a framework/ to learn/ how to be more mindful.//

練習が必要で意識する方法を学ぶための フレームワークも必要です

That's essentially/ what meditation is.//

これが瞑想というもので

It's familiarizing ourselves/ with the present moment.//

今この瞬間を理解するのに役立ちます

But we also need to know/ how to approach it/ in the right way/ to get the best/ from it.//

また 今という瞬間から最良を得るための アプローチ方法も学ぶ必要があります

And that's/ what these are for,/ in case you've been wondering,/ because most people assume/ that meditation is all about stopping thoughts,/ getting rid of emotions,/ somehow controlling/ the mind,/ but actually/ it's quite different/ from that.//

瞑想はこのためにあるんです 何故なら多くの人々が瞑想は思考を止めることだとか 感情を捨てたり心を抑制することだと 思っているようですが 実際には全然違います

It's more/ about stepping back,/ seeing the thought clearly,/ witnessing it/ coming and going,/ emotions/ coming and going without judgment,/ but with a relaxed,/ focused mind.//

瞑想とは一歩下がって 思考をはっきり理解することであり 揺らめく思考や感情を分別することなく リラックスしたまま集中した心で観察することなんです

So/ for example,/ right now,/ if I focus too much/ on the balls,/ then/ there's no way that/ I can relax/ and talk to you/ at the same time.//

例えばもし私が今 ボールだけに集中し過ぎると こうやって話すこともできません

Equally,/ if I relax/ too much talking/ to you,/ then/ there's no way/ I can focus on the balls.// I'm going to drop/ them.//

同様に 話すことだけに気を緩めすぎれば ボールは落っこちてしまいます

Now/ in life,/ and in meditation,/ there'll be times/ when the focus becomes a little bit too intense,/ and life starts to feel/ a bit/ like this.//

人生においても瞑想においても 過度に集中することがあり 人生は窮屈になっていきます

It's a very uncomfortable way/ to live life,/ when you get this tight and stressed.//

ストレスがここまでくると 人生はとても苦しものになります

At other times,/ we might take our foot/ off the gas/ a little bit too much,/ and things just become a sort of little bit/ like this.//

一方 息抜きをし過ぎた場合でも こんな感じになっていきます

Of course/ in meditation - (Snores) -/ we're going to end up/ falling asleep.//

もちろん 瞑想中に・・(いびき) 眠りに落ちることもあります

So/ we're looking/ for a balance,/ a focused relaxation/ where we can allow thoughts/ to come/ and go without all the usual involvement.//

必要なのはバランスの取れた集中的なくつろぎであり これを実現出来れば日々のいざこざから 思考を開放できるんです

Now,/ what usually happens/ when we're learning to be mindful is/ that we get distracted by a thought.//

私たちは普通意識の仕方を学び始めると 思考によって気が散ってしまいます

Let's say/ this is an anxious thought.//

例えば 不安があるとします

So everything's going fine,/ and then/ we see the anxious thought,/ and it's like,/ "Oh,/ didn't realize/ I was worried/ about that."//

全てが順調な中で不安なことを思い浮かべます 「そういえばあれを心配していたっけ」

You go back/ to it,/ repeat it.// "Oh,/ I am worried.//

するとその考えに執着し

Oh,/ I really am worried.// Wow,/ there's so much anxiety."//

「本当に心配でたまらない不安だらけだ」 となります

And/ before we know it,/ right,/ we're anxious/ about feeling anxious.//

それに気づくまでは 私たちは 不安を感じることに不安なんです

You know,/ this is crazy.// We do this all the time,/ even/ on an everyday level.//

おかしな話ですが 毎日のようによくあります

If you think about the last time,/ I dunno,/ you had a wobbly tooth.//

自分の歯がグラグラしたときを考えてみてください グラグラした歯に気づいてから

You know/ it's wobbly,/ and you know/ that it hurts.//

その痛みに気づきませんでしたか?

But what do you do every 20,30 seconds?//

では30秒毎に何をしますか?

(Mumbling)/ It does hurt.// And we reinforce the storyline,/ right?//

(アウアウ・・・) 痛みますねそして痛い痛いと自信に語りかけるんです

And we just keep telling/ ourselves,/ and we do it/ all the time.// And it's only/ in learning to watch/ the mind/ in this way/ that we can start to let/ go of those storylines and patterns of mind.//

これを毎回やるんです 心の観察方法を学ぶだけで このような心の負のサイクルを 取り除くことができます

But when you sit down/ and you watch the mind/ in this way,/ you might see many different patterns.//

落ち着いて心を観察すると、 色んな心の状態が分かります

You might find a mind/ that's really restless and --/ the whole time.//

常にゆとりのない心に 気づくかもしれません

Don't be surprised/ if you feel a bit agitated in your body/ when you sit down/ to do nothing and your mind feels/ like that.//

何もせず じっとしているのに興奮を感じたとしても 驚かないでください

You might find a mind/ that's very dull and boring,/ and it's just,/ almost mechanical,/ it just seems/ it's/ as if you're getting up,/ going to work, eat, sleep, get up,/ work.//

鈍くて 退屈な心に気づくかもしれません 起きて 仕事に行き 食べて寝て また起きて・・と まるで機械のようだと感じるかもしれません

Or it might just be/ that one little nagging thought/ that just goes round and round and round your mind.//

もしくは 1つの小さなことを考えすぎた結果 心の周りをぐるぐると巡り回っているのかもしれません

Well,/ whatever it is,/ meditation offers the opportunity,/ the potential to step back/ and to get a different perspective,/ to see/ that things aren't always/ as they appear.//

何にしても 瞑想によって 一歩後ろに下がって新たな視点で物事を見ることができ 外見とは必ずしも一致しない面を見る機会を得られます

We can't change every little thing/ that happens to us/ in life,/ but we can change the way that/ we experience it.//

私たちには 物事1つ1つを変えることはできません しかし 得られる経験は変えられます

That's the potential of meditation,/ of mindfulness.//

これが思慮に富んだ瞑想の可能性なんです

You don't have to burn/ any incense,/ and you definitely don't have to sit/ on the floor.//

別にお香をたく必要はありませんし 床の上に座る必要もないです

All you need to do/ is to take 10 minutes/ out a day/ to step back,/ to familiarize yourself/ with the present moment/ so that you get to experience/ a greater sense of focus, calm and clarity/ in your life.//

必要なことは1日10分間一歩身を引いて 今この瞬間を理解するだけです そうすれば 人生において すばらしい集中力 平静さそして 明晰さを感じ取ることができます

Thank you very much.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

incredibly

信じられないほど

pace

〈C〉『1歩』;歩幅(ほぼ75‐100cm)

〈C〉〈U〉『歩調』,速度,ペース

〈C〉《単数形で》(馬の)側対歩(同じ側の前後の脚を同時に上げ下げする歩き方)

…‘を'一定の歩調で歩き回る

…‘を'歩いて測る,歩測する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

…‘の'速度を調整する

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(普通の速さで)歩く,ゆっくりと行ったり来たりする

〈馬が〉側対歩で歩く

frantic

(恐怖・喜びなどのために)『気も狂わんばかりの』,狂乱した

《話》激しい,すごい

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

undisturbed

乱されない,じゃまされない;静かな

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

reminisce

(…について)思い出話をする《+『about』(『over』)+『名』(do『ing』)》

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

blank

(紙が)『白紙の』;(欄が)空白の,書き入れていない

がらんとした,からの(empty);なんの装飾もない

『ぼんやりした』,うつろな,無関心な

全くの

『空白』,空所

書き込み用紙(form)

空虚;空(くう)の部分

(語句・文学を伏せる場所に用いる)ダッシュ'‐':Mr-某氏

(またblank cartridge)(銑火器の)空包

…'を'消す,削除する《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

《米》〈相手〉‘に'試合で得点させない

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

probably

『たぶん』,『おそらく』

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

precious

『高価な』;『貴重な』,大切な

『かけがえのない』,無駄にできない

『愛する』,いとしい(dear・beloved)

《話》《名詞の前にのみ用いて》《強調・皮肉に》とびきりの,大した

いやに気取った,凝り過ぎの

とても,非常に

かわいい人

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

rely

『あてにする』,たよる

upon

『…の上に』

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

thoughtful

『思いやりのある』,配慮の行き届いた,親切な

『考え込んでいる』,物思いにふけった

《補語にのみ用いて》《be thoughtful of+名》(‥に対して)『考え深い』,注意深い(careful)

considerate

『思いやりのある』

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

creative

『創造力のある』

『独創的な』

spontaneous

(行動などが)『自然に起こる』,自発的な

(現象などが)自然[発生]の;(植物などが)天然の,自生の

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

okay

=OK,O.K.

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

confusing

乱混させる[ような],当惑させる

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

distracted

注意をそらされた,気の散った

(心配・後悔などのために)取り乱した,分別を失った

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

meditation

〈U〉深く考えにふけること,沈思黙考;(宗教的)瞑想

〈C〉《しばしば複数形で》(ある題目についての)深い論究

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

stereotype

ステロ版,鉛版;ステロ版作製(印刷)

定型;決まり文句,常套手段;型にはまったイメージ

…‘を'ステロ版で印刷する

…‘を'固定させる,型にはめる

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

cross-legged

足を組んだ;あぐらを組んだ

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

incense

香,香料

香煙,香のかおり

(一般に)良いかおり,芳香

herbal

草の,草本の,草から成る

植物誌,草本誌

vegetarian

菜食主義者(道徳上または健康上の理由で魚・肉を食べず,野菜だけを食べる人)

菜食主義の

野菜だけの

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

mom

=mother

intrigue

〈U〉陰謀を企てること

〈C〉陰謀,計略

〈C〉密通

〈人〉‘の'好奇心(興味)をそそる

(人に対して)陰謀を企てる《+『against』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

secretly

内密に,こっそり(in secrecy)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

aspirin

〈U〉アスピリン(鎮痛・解熱剤)

〈C〉アスピリン錠

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

succession

〈C〉(…の)『連続』(series)《+of+名》

〈U〉『続くこと』,連続

〈U〉(地位・財産などの)『継承[権]』,相続[権]《+to+名》

〈U〉(…に対する)継承(相続)順位《+to+名》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

upside

上側,上部,上方

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

inundate

…‘を'水浸しにする

《しばしば受動態で》〈人・物が〉(洪水のように)…‘に'殺到する

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

cope

対抗する;(難局に)対処する,打ち勝つ《+『with』+『名』》

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

distraction

〈U〉気を散らすこと,注意散漫

〈C〉気を散らすもの,気晴らし

〈U〉精神錯乱,狂気

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

monk

(一般に)修道僧,僧侶(そうりょ);(キリスト教の)修道士,道士

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

obviously

明らかに,明白に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

celibate

独身の,独身生活の

独身者,(特に宗教の警いによる)独身主義者

appreciation

〈U〉(…を)『正しく認識すること』,(…の)識別,評価《+『of』+『名』》

〈U〉《時にan~》(文学・芸術などの)理解,鑑賞;批評,論評《+『of』+『名』》

〈U〉(…に対する)感謝《+『for』+『名』》

〈U〉《時にa~》(価格の)騰貴

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

distract

(…から)〈人〉‘の'『注意』(『気持ち』,『関心』)『をそらす』,〈注意・心など〉‘を'『そらす』《+『名』+『from』+『名』》

《しばしば受動態で》〈人〉‘の'『心を乱す』,‘を'まごつかせる,当惑させる《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

overwhelm

…‘を'『圧倒する』,‘に'打ち勝つ

《通例受動態で》(精神的・感情的に)<人>‘を'打ちのめす,参らせる

(波がおおいかぶさるように);‘を'すぽりと飲み込む(おおう)

instead

『その代りとして』,それよりも

mindful

心にとめて忘れない,注意する

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

unhappiness

不幸,不運

anyway

=anyhow

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

unhappy

『悲しい』,気の滅入る

(物事が)不幸な,不運な,みじめな

(物事が)適切でない,適当でない,まずい

dunno

=don't know

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

especially

『特に』,特別に;きわだって

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

achievable

成就(じょうじゅ)(達成)できる

scientifically

科学的に,学術的に

proven

proveの過去分詞

《名詞の前にのみ用いて》証明された

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

tight

『きっちり締まった(結ばれた)』

『すきまのない』,(水・空気などの)漏らない

『ぴんと張った』

(衣服などが)『きつい』

(時間的・空間的に)余裕のない,ぎっしり詰まった

(立場などが)困難な,扱いにくい

厳しい

《話》けちな(stingy)

《話》(試合などが)互角の

《俗》酔った

(品物・仕事・取り引きなどが)試底した,詰まった,(金融が)ひっ迫した

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

snore

いびきをかく

いびき

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

asleep

『眠って』;永眠して

〈手足などが〉しびれて

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

relaxation

(…を)ゆるめること,緩和すること;(…を)ゆるみ;(規則などの)緩和,軽減《+『of』+『名』》

休養,くつろぎ,気晴らし,娯楽(diversion)

usual

『いつもの』,通例の,おきまりの

involvement

(…への)関連,関与,かかわり合い《+『in』+『名』》

anxious

(物事が)『気になる』,不安な

《話》《補語にのみ用いて》『切望して』,熱望して

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

worried

(人・表情などが)心配そうな

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

wobbly

ぐらぐらする,不安定な

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

mumble

…‘を'もぐもぐ言う

もぐもぐ言う《+『away』》

reinforce

…‘を'増強する,補強する

…‘に'増援する,援兵を送る

storyline

(映画・小説・劇などの)筋,構想(plot)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

restless

『落ち着かない』,不安な(uneasy)

絶えず動いている,静止していない

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

agitate

(激しく)〈液体など〉'を'『ゆする』,ゆり動かす;…'を'かき混ぜる

〈人・世問・心〉'を'『かき乱す』,動揺させる

(政治・社会問題で)(…に反対(賛成)して)『扇動する』,アジる《+『against』(『for』)+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

dull

(刃・先端が)『鈍い』,なまくらの

(光・音・色などが)『鈍い』,はっきりしない

(天気・空が)どんよりした,曇った,うっとうしい

(感覚が)鈍い

頭の鈍い,愚鈍な

(痛みが)鈍い

退屈な,おもしろくない

(人が)元気のない;(商売などが)不活発な

〈刃など〉‘を'『鈍らせる』,〈痛みなど〉‘を'鈍くする,ある程度まで和らげる,〈光・色など〉‘を'曇らせる

『鈍くなる』,曇る,ぼんやりする

boring

退屈な,うんざりする

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

opportunity

『機会』,好機

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

ca

circa

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

clarity

(思想・文体などの)明快さ,明瞭

(音色の)清澄

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画