TED日本語 - デビッド・ケリー: 自分のクリエイティビティに自信を持つ方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

皆さんの学校や職場も、「クリエイティブ」な人と実務的な人に分かれているのでしょうか? しかしながら、クリエイティビティは限られた人だけが持っているものではないと、デビッド・ケリーは言います。デザイン分野におけるその伝説的な経歴と人生の体験を通し、創造するための自信を築く方法について語ってくれます。(ゲスト キュレーターのチー・パールマンとデビッド・ロックウェルによるTED2012セッション「デザイン・スタジオ」より。)

Script

今日はクリエイティビティに対する 自信についてお話しします オハイオ州バーバートンの小学3年生だった頃の 昔の話から始めましょう

親友のブライアンが 創作に取り組んだ時のことを 今でもよく覚えています 先生が洗面台の下に置いていた粘土を使って 馬を作ろうとしていました すると同じテーブルにいた女の子が のぞき込んで 言ったのです 「なによそれ? 全然 馬に見えない」 ブライアンは肩を落としました そして粘土の馬を丸めると 粘土入れに投げ戻しました その後ブライアンが そのような創作に手を出すことは 二度とありませんでした

こんなことが どれほど頻繁に起きていることかと思います ブライアンの話をすると 多くの学生が授業の後にやってきて 似たような体験をしたと言います 先生にやる気をなくさせられたとか 他の生徒から残酷な仕打ちを受けたと そして そのために自分にはクリエイティブな才能はないと 諦めてしまう人がたくさんいます 子ども時代にそんなことがあって そのまま心に染みついてしまい 大人になっても そう思い続けるのです

そういったことを よく目にします ワークショップを開いたり クライアントと一緒に取り組んでいて 何か漠然とした 型から外れた状況に なることがあります すると そこにいたお偉方の誰かが携帯電話をさっと取り出し すごく大事な用件があるんだと言って 部屋を出ていこうとします あまりに居心地が悪かったのです 追いかけていってどうしたのかと聞いてみると 「自分は クリエイティブなタイプじゃないんだ」みたいなことを言います そんなことないのは 分かっています 正しいやり方に則ってやり通せば すばらしいものを作り上げ 自分や自分のチームがいかに革新的であるか 自らを驚かせることになるはずです

みんなが抱えている この評価への恐れを 私はずっと見てきました 評価されることを恐れるあまり やること自体を止めてしまうのです 気の利いたクリエイティブなことを言えないと 軽蔑されてしまうと? 心理学者のアルバート・バンデューラに出会って 私は大きな展開を迎えました

みなさんバンデューラをご存じかわかりませんが Wikipedia を見ると 彼が歴史上4番目に重要な心理学者だと書いてあります フロイト スキナー 誰かと バンデューラです バンデューラは86歳ですが 今でも スタンフォードで研究しています すごくいい人ですよ

会いに行ったんです 私がとても興味を持っている恐怖症について 彼が長年研究していたからです 彼はある手法を開発していました ごく短時間に 人の恐怖症を治せる方法です ほんの4時間で 恐怖症をとても高い確率で 治せるんです ヘビの話をしました ヘビとヘビに対する恐怖の話をしたんです

すごく楽しくて 面白い話でした 彼は被験者を呼ぶと 「隣の部屋にヘビがいます これからそこに行きましょう」と言うんです 「隣の部屋にヘビがいます これからそこに行きましょう」と言うんです たいていの人は 「とんでもない 行きませんよ たいていの人は 「とんでもない 行きませんよ ヘビがいるんだったら絶対に」と答えます

しかしバンデューラは段階的な方法で高い成功率を 誇っています まずはマジックミラー越しに ヘビのいる部屋を覗いて それに慣れさせます それからいくつもの段階を経て 開いたドアの前に立って 中を見させます それにも慣れたら さらにいくつもの小さなステップを踏んで 部屋に入り 溶接工がはめるような革手袋をつけて ヘビに触れさせます ヘビに触れたら 万事OKです そればかりか これまでずっとヘビを恐れていた人たちが 「このヘビ なんてきれいなんだろう」などと言い 「このヘビ なんてきれいなんだろう」などと言い 膝の上に乗せたりするのです

バンデューラはこのプロセスを「案内付きの習得」と呼んでいます 好きな言葉です「案内付きの習得」 それから 別の効果もあります この過程を経てヘビに触った人たちは 他のことについても あまり 不安を持たないようになるのです より熱心に粘り強く取り組み 失敗に直面しても 簡単にへこたれないようになります 新たな自信を手にしたのです バンデューラはこれを「自己効力感」と呼んでいます 身の回りの世界は変えられる やろうと思ったことは達成できるという感覚です

バンデューラと出会って私はカタルシスを覚えました この高名な心理学者は 私が30年間ずっと目にしてきたことを 記録し 科学的に証明していたからです 自分はクリエイティブじゃないという恐れを持った人たちが 段階的なステップを踏んで 小さな成功を積み重ねることで 恐れていたものに馴染み 自分で驚くほど変わるのです この変化は 目を見張るばかりです

そういうことを d.schoolでいつも目にしています 様々な分野に 自分はもっぱら分析的な人間だと思っている人たちがいます そんな人たちが このプロセスを経ると 自信を築き 自分を違ったように捉えるようになります そして自分が クリエイティブな人間だと思えることに すっかり夢中になります

今日はみなさんに その道のりが どんなものかお話ししたいと考えていました ちょうどダグ・ディーツが辿ったような道のりです ダグは技術的な人間です 大型医用画像装置の 設計をしています GEで働いている 素晴らしい業績の持ち主です しかしある時 危機に直面しました

病院で 自分のMRI 装置が 使われているところを見たのです 小さな女の子が 怖がって泣いていました 小児患者の8割は MRIを受けさせる時に 鎮静剤を使わなければならないと知って 彼はショックを受けました 自分の仕事に誇りにしていた彼にとって それはすごく がっかりすることだったのです 自分の機械は人の命を救っていると思っていたわけですから それが子どもたちに与えている恐怖を目にして 心を痛めたのです

その頃 彼はスタンフォードのd.school で授業を受けていて デザイン思考 共感 反復的試作といった過程について 学んでいました ダグはその新しい知識を使って すごいことをしました ダグはその新しい知識を使って すごいことをしました スキャンを受ける体験全体をすっかり変えてしまったのです 彼の作り出したものがこれです

子どものための冒険に変えたのです 装置や 部屋の壁いっぱいに 絵を描き オペレーターも 子ども博物館の職員のような 子どもをよく知っている人たちに手ほどきしてもらいました 子どもたちが来たら 船の騒音や振動の話をします そして言うのです 「さあみんな これから海賊船に乗るからね でも じっとしていて海賊に見つからないように」

結果は劇的なものでした 8割の子どもたちに鎮静剤が必要だったのが 1割に減りました 病院やGEも大喜びです 何度も麻酔医を呼ぶ必要もなくなり 一日にずっと多くの子どもを診断できるようになりました 量的に 大きな成果です しかしダグが より気にかけていたのは 質的な面です 女の子がスキャンから出てくるのを 母親と一緒に待っていたときのことです 出てきた女の子が 母親に 駆け寄って言ったのです 「ママ 明日もここに来ていいよね?」 (笑)

ダグがこの個人的変容と そこから生まれた 革新的デザインの話をするのを 何度となく聞きましたが この小さな女の子のくだりで 彼は いつも涙を浮かべています

ダグの話で病院が出てきましたが 病院については 私も少しばかり知っています 数年前 首の横にしこりを感じて MRI を受けることになりました 腫瘍でしたそれも悪性の 生存率は40%だと言われました

パジャマを着て 他の患者たちと一緒に待機していました みんな痩せて青白い顔をしています ガンマ線照射を受ける順番を待ちながら いろんなことを思いました たいていは「生き延びられるだろうか?」ということです それから 自分がいなくなったら 娘はどうなるだろうと思いました それからこんなことも考えました 自分が地上に残したものは何だろう? 自分の使命は何だったのか? 私は何をすべきなのだろう? 幸い私にはたくさんの選択肢がありました IDEOでは医療や健康 学校教育 発展途上国のためのこともしています だから取り組めるプロジェクトはたくさんありました しかし この時私は 自分が一番やりたいことに 打ち込もうと決めたのです できるだけ多くの人が クリエイティビティに対する自信を 取り戻せるよう 手助けするということです 生き延びることができたら そういうことをしたいと 思いました ちなみに言っておきますと 私は生き延びることができました

(笑)

(拍手)

人々が この自信を取り戻したとき それを d.schoolやIDEOでいつも目にしていますが? 彼らは自分の人生で本当に大切なことに取り組むようになります それまでやっていたことをやめて 新しい方向に踏み出すのです より興味深い より多くのアイデアを考え出すことで より良いアイデアの中から選べるようになるからです そして より良い決断を下すのです

TEDでは みんな世界を変えようとしていて 世界を変えるものを持っていますが 私にそれがあるとしたら この変化を起こす手助けをすることです 思想的リーダーである皆さんにも この試みに加わっていただけたらと思います 生まれつきクリエイティブな人と そうでない人がいるという考えを止め みんなに天賦のクリエイティビティがあるのだと 気付いてほしいのです そうすれば彼らはアイデアを自由に飛翔させるようになります バンデューラの言う自己効力感をみんなが手にすべきなのです やろうと思ったことは実現できる 自分のクリエイティビティに自信を持って そしてヘビに触るのです

ありがとうございました

(拍手)

I wanted to talk to you today about creative confidence. I'm going to start way back in the third grade at Oakdale School in Barberton, Ohio.

I remember one day my best friend Brian was working on a project. He was making a horse out of the clay that our teacher kept under the sink. And at one point,one of the girls who was sitting at his table, seeing what he was doing, leaned over and said to him, "That's terrible. That doesn't look anything like a horse." And Brian's shoulders sank. And he wadded up the clay horse and he threw it back in the bin. I never saw Brian do a project like that ever again.

And I wonder how often that happens. It seems like when I tell that story of Brian to my class, a lot of them want to come up after class and tell me about their similar experience, how a teacher shut them down or how a student was particularly cruel to them. And some opt out thinking of themselves as creative at that point. And I see that opting out that happens in childhood, and it moves in and becomes more ingrained, even by the time you get to adult life.

So we see a lot of this. When we have a workshop or when we have clients in to work with us side-by-side, eventually we get to the point in the process that's fuzzy or unconventional. And eventually these bigshot executives whip out their Blackberries and they say they have to make really important phone calls, and they head for the exits. And they're just so uncomfortable. When we track them down and ask them what's going on, they say something like, "I'm just not the creative type." But we know that's not true. If they stick with the process, if they stick with it, they end up doing amazing things and they surprise themselves just how innovative they and their teams really are.

So I've been looking at this fear of judgment that we have. That you don't do things, you're afraid you're going to be judged. If you don't say the right creative thing, you're going to be judged. And I had a major breakthrough when I met the psychologist Albert Bandura.

I don't know if you know Albert Bandura. But if you go to Wikipedia, it says that he's the fourth most important psychologist in history -- like Freud, Skinner, somebody and Bandura. Bandura's 86 and he still works at Stanford. And he's just a lovely guy.

And so I went to see him because he has just worked on phobias for a long time, which I'm very interested in. He had developed this way, this kind of methodology, that ended up curing people in a very short amount of time. In four hours he had a huge cure rate of people who had phobias. And we talked about snakes. I don't know why we talked about snakes. We talked about snakes and fear of snakes as a phobia.

And it was really enjoyable, really interesting. He told me that he'd invite the test subject in, and he'd say, "You know, there's a snake in the next room and we're going to go in there." To which, he reported, most of them replied, "Hell no, I'm not going in there, certainly if there's a snake in there."

But Bandura has a step-by-step process that was super successful. So he'd take people to this two-way mirror looking into the room where the snake was, and he'd get them comfortable with that. And then through a series of steps, he'd move them and they'd be standing in the doorway with the door open and they'd be looking in there. And he'd get them comfortable with that. And then many more steps later, baby steps, they'd be in the room, they'd have a leather glove like a welder's glove on, and they'd eventually touch the snake. And when they touched the snake everything was fine. They were cured. In fact, everything was better than fine. These people who had life-long fears of snakes were saying things like, "Look how beautiful that snake is." And they were holding it in their laps.

Bandura calls this process "guided mastery." I love that term: guided mastery. And something else happened, these people who went through the process and touched the snake ended up having less anxiety about other things in their lives. They tried harder, they persevered longer, and they were more resilient in the face of failure. They just gained a new confidence. And Bandura calls that confidence self-efficacy -- the sense that you can change the world and that you can attain what you set out to do.

Well meeting Bandura was really cathartic for me because I realized that this famous scientist had documented and scientifically validated something that we've seen happen for the last 30 years. That we could take people who had the fear that they weren't creative, and we could take them through a series of steps, kind of like a series of small successes, and they turn fear into familiarity, and they surprise themselves. That transformation is amazing.

We see it at the d.school all the time. People from all different kinds of disciplines, they think of themselves as only analytical. And they come in and they go through the process, our process, they build confidence and now they think of themselves differently. And they're totally emotionally excited about the fact that they walk around thinking of themselves as a creative person.

So I thought one of the things I'd do today is take you through and show you what this journey looks like. To me, that journey looks like Doug Dietz. Doug Dietz is a technical person. He designs medical imaging equipment, large medical imaging equipment. He's worked for GE, and he's had a fantastic career. But at one point he had a moment of crisis.

He was in the hospital looking at one of his MRI machines in use when he saw a young family. There was a little girl, and that little girl was crying and was terrified. And Doug was really disappointed to learn that nearly 80 percent of the pediatric patients in this hospital had to be sedated in order to deal with his MRI machine. And this was really disappointing to Doug, because before this time he was proud of what he did. He was saving lives with this machine. But it really hurt him to see the fear that this machine caused in kids.

About that time he was at the d.school at Stanford taking classes. He was learning about our process about design thinking, about empathy, about iterative prototyping. And he would take this new knowledge and do something quite extraordinary. He would redesign the entire experience of being scanned. And this is what he came up with.

He turned it into an adventure for the kids. He painted the walls and he painted the machine, and he got the operators retrained by people who know kids, like children's museum people. And now when the kid comes, it's an experience. And they talk to them about the noise and the movement of the ship. And when they come, they say, "Okay, you're going to go into the pirate ship, but be very still because we don't want the pirates to find you."

And the results were super dramatic. So from something like 80 percent of the kids needing to be sedated, to something like 10 percent of the kids needing to be sedated. And the hospital and GE were happy too. Because you didn't have to call the anesthesiologist all the time, they could put more kids through the machine in a day. So the quantitative results were great. But Doug's results that he cared about were much more qualitative. He was with one of the mothers waiting for her child to come out of the scan. And when the little girl came out of her scan, she ran up to her mother and said, "Mommy, can we come back tomorrow?" (Laughter)

And so I've heard Doug tell the story many times, of his personal transformation and the breakthrough design that happened from it, but I've never really seen him tell the story of the little girl without a tear in his eye.

Doug's story takes place in a hospital. I know a thing or two about hospitals. A few years ago I felt a lump on the side of my neck, and it was my turn in the MRI machine. It was cancer. It was the bad kind. I was told I had a 40 percent chance of survival.

So while you're sitting around with the other patients in your pajamas and everybody's pale and thin and you're waiting for your turn to get the gamma rays, you think of a lot of things. Mostly you think about, Am I going to survive? And I thought a lot about, What was my daughter's life going to be like without me? But you think about other things. I thought a lot about, What was I put on Earth to do? What was my calling? What should I do? And I was lucky because I had lots of options. We'd been working in health and wellness, and K through 12, and the Developing World. And so there were lots of projects that I could work on. But I decided and I committed to at this point to the thing I most wanted to do -- was to help as many people as possible regain the creative confidence they lost along their way. And if I was going to survive, that's what I wanted to do. I survived, just so you know.

(Laughter)

(Applause)

I really believe that when people gain this confidence -- and we see it all the time at the d.school and at IDEO -- they actually start working on the things that are really important in their lives. We see people quit what they're doing and go in new directions. We see them come up with more interesting, and just more, ideas so they can choose from better ideas. And they just make better decisions.

So I know at TED you're supposed to have a change-the-world kind of thing. Everybody has a change-the-world thing. If there is one for me, this is it. To help this happen. So I hope you'll join me on my quest -- you as thought leaders. It would be really great if you didn't let people divide the world into the creatives and the non-creatives, like it's some God-given thing, and to have people realize that they're naturally creative. And those natural people should let their ideas fly. That they should achieve what Bandura calls self-efficacy, that you can do what you set out to do, and that you can reach a place of creative confidence and touch the snake.

Thank you.

(Applause)

I wanted to talk/ to you/ today/ about creative confidence.//

今日はクリエイティビティに対する 自信についてお話しします

I'm going to start/ way back/ in the third grade/ at Oakdale School/ in Barberton,/ Ohio.//

オハイオ州バーバートンの小学3年生だった頃の 昔の話から始めましょう

I remember one day/ my best friend/ Brian was working on a project.//

親友のブライアンが 創作に取り組んだ時のことを 今でもよく覚えています

He was making a horse/ out of the clay/ that our teacher kept under the sink.//

先生が洗面台の下に置いていた粘土を使って 馬を作ろうとしていました

And at one point,/one of the girls/ who was sitting at his table,/ seeing/ what he was doing,/ leaned over/ and said to him,/ "That's terrible.// That doesn't look anything/ like a horse."//

すると同じテーブルにいた女の子が のぞき込んで 言ったのです 「なによそれ? 全然 馬に見えない」

And Brian's shoulders sank.//

ブライアンは肩を落としました

And he wadded up/ the clay horse/ and he threw it back/ in the bin.//

そして粘土の馬を丸めると 粘土入れに投げ戻しました

I never saw/ Brian do a project/ like that ever again.//

その後ブライアンが そのような創作に手を出すことは 二度とありませんでした

And I wonder/ how often/ that happens.//

こんなことが どれほど頻繁に起きていることかと思います

It seems like when I tell/ that story of Brian/ to my class,/ a lot of them want to come up/ after class/ and tell me/ about their similar experience,/ how a teacher shut them down/ or how a student was particularly cruel/ to them.//

ブライアンの話をすると 多くの学生が授業の後にやってきて 似たような体験をしたと言います 先生にやる気をなくさせられたとか 他の生徒から残酷な仕打ちを受けたと

And some opt out/ thinking of themselves as creative/ at that point.//

そして そのために自分にはクリエイティブな才能はないと 諦めてしまう人がたくさんいます

And I see/ that opting out/ that happens in childhood,/ and it moves in and becomes more ingrained,/ even/ by the time/ you get to adult life.//

子ども時代にそんなことがあって そのまま心に染みついてしまい 大人になっても そう思い続けるのです

So we see a lot of this.//

そういったことを よく目にします

When we have a workshop/ or when we have clients/ in to work with us side-by-side,/ eventually/ we get to the point/ in the process/ that's fuzzy or unconventional.//

ワークショップを開いたり クライアントと一緒に取り組んでいて 何か漠然とした 型から外れた状況に なることがあります

And eventually/ these bigshot executives whip out/ their Blackberries/ and they say they have to make/ really important phone calls,/ and they head for the exits.//

すると そこにいたお偉方の誰かが携帯電話をさっと取り出し すごく大事な用件があるんだと言って 部屋を出ていこうとします

And they're just so uncomfortable.//

あまりに居心地が悪かったのです

When we track them down/ and ask them/ what's going on,/ they say something like,/ "I'm just not the creative type."//

追いかけていってどうしたのかと聞いてみると 「自分は クリエイティブなタイプじゃないんだ」みたいなことを言います

But we know/ that's not true.//

そんなことないのは 分かっています

If they stick with the process,/ if they stick with it,/ they end up/ doing amazing things/ and they surprise themselves just how innovative/ they/ and their teams really are.//

正しいやり方に則ってやり通せば すばらしいものを作り上げ 自分や自分のチームがいかに革新的であるか 自らを驚かせることになるはずです

So I've been looking at this fear of judgment/ that we have.//

みんなが抱えている この評価への恐れを 私はずっと見てきました

That you don't do things,/ you're afraid/ you're going to be judged.//

評価されることを恐れるあまり やること自体を止めてしまうのです

If you don't say the right creative thing,/ you're going to be judged.//

気の利いたクリエイティブなことを言えないと 軽蔑されてしまうと?

And I had a major breakthrough/ when I met the psychologist Albert Bandura.//

心理学者のアルバート・バンデューラに出会って 私は大きな展開を迎えました

I don't know/ if you know Albert Bandura.//

みなさんバンデューラをご存じかわかりませんが

But/ if you go to Wikipedia,/ it says/ that he's the fourth most important psychologist/ in history --/ like Freud,/ Skinner,/ somebody and Bandura.//

Wikipedia を見ると 彼が歴史上4番目に重要な心理学者だと書いてあります フロイト スキナー 誰かと バンデューラです

Bandura's 86/ and he still works at Stanford.//

バンデューラは86歳ですが 今でも スタンフォードで研究しています

And he's just a lovely guy.//

すごくいい人ですよ

And so/ I went to see/ him/ because he has just worked on phobias/ for a long time,/ which I'm very interested in.//

会いに行ったんです 私がとても興味を持っている恐怖症について 彼が長年研究していたからです

He had developed this way,/ this kind of methodology,/ that ended up/ curing people/ in a very short amount of time.//

彼はある手法を開発していました ごく短時間に 人の恐怖症を治せる方法です

In four hours/ he had a huge cure rate of people/ who had phobias.//

ほんの4時間で 恐怖症をとても高い確率で 治せるんです

And we talked about snakes.// I don't know/ why we talked about snakes.//

ヘビの話をしました

We talked about snakes and fear of snakes/ as a phobia.//

ヘビとヘビに対する恐怖の話をしたんです

And it was really enjoyable,/ really interesting.//

すごく楽しくて 面白い話でした

He told me/ that he'd invite the test subject in,/ and he'd say,/ "You know,/ there's a snake/ in the next room/ and we're going to go/ in there."//

彼は被験者を呼ぶと 「隣の部屋にヘビがいます これからそこに行きましょう」と言うんです 「隣の部屋にヘビがいます これからそこに行きましょう」と言うんです

To/ which,/ he reported,/ most of them replied,/ "Hell/ no,/ I'm not going/ in there,/ certainly/ if there's a snake/ in there."//

たいていの人は 「とんでもない 行きませんよ たいていの人は 「とんでもない 行きませんよ ヘビがいるんだったら絶対に」と答えます

But Bandura has a step-by-step process/ that was super successful.//

しかしバンデューラは段階的な方法で高い成功率を 誇っています

So he'd take people/ to this two-way mirror/ looking into the room/ where the snake was,/ and he'd get them comfortable/ with that.//

まずはマジックミラー越しに ヘビのいる部屋を覗いて それに慣れさせます

And then/ through a series of steps,/ he'd move them/ and they'd be standing in the doorway/ with the door open/ and they'd be looking in there.//

それからいくつもの段階を経て 開いたドアの前に立って 中を見させます

And he'd get them comfortable/ with that.//

それにも慣れたら

And then/ many more steps later,/ baby steps,/ they'd be in the room,/ they'd have a leather glove/ like a welder's glove on,/ and they'd eventually touch the snake.//

さらにいくつもの小さなステップを踏んで 部屋に入り 溶接工がはめるような革手袋をつけて ヘビに触れさせます

And when they touched/ the snake everything was fine.// They were cured.//

ヘビに触れたら 万事OKです

In fact,/ everything was better/ than fine.//

そればかりか

These people/ who had life-long fears of snakes were saying things like,/ "Look/ how beautiful/ that snake is."//

これまでずっとヘビを恐れていた人たちが 「このヘビ なんてきれいなんだろう」などと言い 「このヘビ なんてきれいなんだろう」などと言い

And they were holding it/ in their laps.//

膝の上に乗せたりするのです

Bandura calls this process "guided mastery."//

バンデューラはこのプロセスを「案内付きの習得」と呼んでいます

I love/ that term:/ guided mastery.//

好きな言葉です「案内付きの習得」

And something else happened,/ these people/ who went through the process/ and touched the snake ended up/ having less anxiety/ about other things/ in their lives.//

それから 別の効果もあります この過程を経てヘビに触った人たちは 他のことについても あまり 不安を持たないようになるのです

They tried harder,/ they persevered longer,/ and they were more resilient/ in the face of failure.//

より熱心に粘り強く取り組み 失敗に直面しても 簡単にへこたれないようになります

They just gained a new confidence.//

新たな自信を手にしたのです

And Bandura calls/ that confidence self-efficacy --/ the sense/ that you can change the world/ and/ that you can attain/ what you set out/ to do.//

バンデューラはこれを「自己効力感」と呼んでいます 身の回りの世界は変えられる やろうと思ったことは達成できるという感覚です

Well meeting Bandura was really cathartic/ for me/ because I realized/ that this famous scientist had documented/ and scientifically validated something/ that we've seen happen/ for the last 30 years.//

バンデューラと出会って私はカタルシスを覚えました この高名な心理学者は 私が30年間ずっと目にしてきたことを 記録し 科学的に証明していたからです

That we could take people/ who had the fear/ that they weren't creative,/ and we could take them/ through a series of steps,/ kind of/ like a series of small successes,/ and they turn fear/ into familiarity,/ and they surprise themselves.//

自分はクリエイティブじゃないという恐れを持った人たちが 段階的なステップを踏んで 小さな成功を積み重ねることで 恐れていたものに馴染み 自分で驚くほど変わるのです

この変化は 目を見張るばかりです

We see it/ at the d.school/ all the time.//

そういうことを d.schoolでいつも目にしています

People/ from all different kinds of disciplines,/ they think of themselves/ as/ only analytical.//

様々な分野に 自分はもっぱら分析的な人間だと思っている人たちがいます

And they come in and they go through the process,/ our process,/ they build confidence/ and now/ they think of themselves differently.//

そんな人たちが このプロセスを経ると 自信を築き 自分を違ったように捉えるようになります

And they're totally emotionally excited/ about the fact/ that they walk around thinking of themselves/ as a creative person.//

そして自分が クリエイティブな人間だと思えることに すっかり夢中になります

So I thought one of the things/ I'd do today is take you/ through and show you/ what this journey looks like.//

今日はみなさんに その道のりが どんなものかお話ししたいと考えていました

To me,/ that journey looks like Doug Dietz.//

ちょうどダグ・ディーツが辿ったような道のりです

Doug Dietz is a technical person.//

ダグは技術的な人間です

大型医用画像装置の 設計をしています

He's worked for GE,/ and he's had a fantastic career.//

GEで働いている 素晴らしい業績の持ち主です

But at one point/ he had a moment of crisis.//

しかしある時 危機に直面しました

He was in the hospital/ looking at one of his MRI machines/ in use/ when he saw a young family.//

病院で 自分のMRI 装置が 使われているところを見たのです

There was a little girl,/ and/ that little girl was crying/ and was terrified.//

小さな女の子が 怖がって泣いていました

And Doug was really disappointed to learn/ that nearly 80 percent of the pediatric patients/ in this hospital had to be sedated/ in order to deal with his MRI machine.//

小児患者の8割は MRIを受けさせる時に 鎮静剤を使わなければならないと知って 彼はショックを受けました

And this was really disappointing/ to Doug,/ because before/ this time/ he was proud of what he did.//

自分の仕事に誇りにしていた彼にとって それはすごく がっかりすることだったのです

He was saving lives/ with this machine.//

自分の機械は人の命を救っていると思っていたわけですから

But it really hurt him/ to see the fear/ that this machine caused in kids.//

それが子どもたちに与えている恐怖を目にして 心を痛めたのです

About that time/ he was at the d.school/ at Stanford/ taking classes.//

その頃 彼はスタンフォードのd.school で授業を受けていて

He was learning about our process/ about design thinking,/ about empathy,/ about iterative prototyping.//

デザイン思考 共感 反復的試作といった過程について 学んでいました

And he would take this new knowledge/ and do something quite extraordinary.//

ダグはその新しい知識を使って すごいことをしました ダグはその新しい知識を使って すごいことをしました

He would redesign the entire experience of being scanned.//

スキャンを受ける体験全体をすっかり変えてしまったのです

And this is/ what he came up/ with.//

彼の作り出したものがこれです

He turned it/ into an adventure/ for the kids.//

子どものための冒険に変えたのです

He painted the walls/ and he painted the machine,/ and he got/ the operators retrained by people/ who know kids,/ like children's museum people.//

装置や 部屋の壁いっぱいに 絵を描き オペレーターも 子ども博物館の職員のような 子どもをよく知っている人たちに手ほどきしてもらいました

And now/ when the kid comes,/ it's an experience.//

子どもたちが来たら

And they talk to them/ about the noise and the movement of the ship.//

船の騒音や振動の話をします

And when they come,/ they say,/ "Okay,/ you're going to go/ into the pirate ship,/ but be very still/ because we don't want the pirates/ to find you."//

そして言うのです 「さあみんな これから海賊船に乗るからね でも じっとしていて海賊に見つからないように」

And the results were super dramatic.//

結果は劇的なものでした

So/ from something/ like 80 percent of the kids/ needing to be sedated,/ to something/ like 10 percent of the kids/ needing to be sedated.//

8割の子どもたちに鎮静剤が必要だったのが 1割に減りました

And the hospital and GE were happy too.//

病院やGEも大喜びです

Because you didn't have to call/ the anesthesiologist/ all the time,/ they could put more kids/ through the machine/ in a day.//

何度も麻酔医を呼ぶ必要もなくなり 一日にずっと多くの子どもを診断できるようになりました

So the quantitative results were great.//

量的に 大きな成果です

But Doug's results/ that he cared/ about were much more qualitative.//

しかしダグが より気にかけていたのは 質的な面です

He was with one of the mothers/ waiting for her child/ to come out of the scan.//

女の子がスキャンから出てくるのを 母親と一緒に待っていたときのことです

And when the little girl came out of her scan,/ she ran up/ to her mother/ and said,/ "Mommy,/ can we come back/ tomorrow?"//

出てきた女の子が 母親に 駆け寄って言ったのです 「ママ 明日もここに来ていいよね?」

(笑)

And so/ I've heard/ Doug tell the story many times,/ of his personal transformation/ and the breakthrough design/ that happened from it,/ but I've never really seen him/ tell the story of the little girl/ without a tear/ in his eye.//

ダグがこの個人的変容と そこから生まれた 革新的デザインの話をするのを 何度となく聞きましたが この小さな女の子のくだりで 彼は いつも涙を浮かべています

Doug's story takes place/ in a hospital.//

ダグの話で病院が出てきましたが

I know a thing or two about hospitals.//

病院については 私も少しばかり知っています

A few years ago/ I felt a lump/ on the side of my neck,/ and it was my turn/ in the MRI machine.//

数年前 首の横にしこりを感じて MRI を受けることになりました

It was cancer.// It was the bad kind.//

腫瘍でしたそれも悪性の

I was told I had a 40 percent chance of survival.//

生存率は40%だと言われました

So/ while you're sitting around/ with the other patients/ in your pajamas and everybody's pale and thin/ and you're waiting/ for your turn/ to get the gamma rays,/ you think of a lot of things.//

パジャマを着て 他の患者たちと一緒に待機していました みんな痩せて青白い顔をしています ガンマ線照射を受ける順番を待ちながら いろんなことを思いました

Mostly/ you think about,/ Am I going to survive?//

たいていは「生き延びられるだろうか?」ということです

And I thought a lot about,/ What was my daughter's life going to be like without me?//

それから 自分がいなくなったら 娘はどうなるだろうと思いました

But you think about other things.//

それからこんなことも考えました

I thought a lot about,/ What was I put on Earth/ to do?//

自分が地上に残したものは何だろう?

What was my calling?// What should I do?//

自分の使命は何だったのか? 私は何をすべきなのだろう?

And I was lucky/ because I had lots of options.//

幸い私にはたくさんの選択肢がありました

We'd been working in health and wellness,/ and K/ through 12,/ and the Developing World.//

IDEOでは医療や健康 学校教育 発展途上国のためのこともしています

And so/ there were lots of projects/ that I could work on.//

だから取り組めるプロジェクトはたくさんありました

But I decided/ and I committed to/ at this point/ to the thing I most wanted to do --/ was to help as many people/ as possible regain/ the creative confidence/ they lost along their way.//

しかし この時私は 自分が一番やりたいことに 打ち込もうと決めたのです できるだけ多くの人が クリエイティビティに対する自信を 取り戻せるよう 手助けするということです

And/ if I was going to survive,/ that's/ what I wanted to do.//

生き延びることができたら そういうことをしたいと 思いました

I survived,/ just/ so you know.//

ちなみに言っておきますと 私は生き延びることができました

(笑)

(拍手)

I really believe/ that/ when people gain this confidence --/ and we see it/ all the time/ at the d.school/ and/ at IDEO --/ they actually start working/ on the things/ that are really important/ in their lives.//

人々が この自信を取り戻したとき それを d.schoolやIDEOでいつも目にしていますが? 彼らは自分の人生で本当に大切なことに取り組むようになります

We see/ people quit/ what they're doing/ and go in new directions.//

それまでやっていたことをやめて 新しい方向に踏み出すのです

We see them/ come up/ with more interesting,/ and just more, ideas/ so they can choose from better ideas.//

より興味深い より多くのアイデアを考え出すことで より良いアイデアの中から選べるようになるからです

And they just make better decisions.//

そして より良い決断を下すのです

So I know/ at TED you're supposed to have/ a change-the-world kind of thing.//

TEDでは みんな世界を変えようとしていて

Everybody has a change-the-world thing.//

世界を変えるものを持っていますが

If there is one/ for me,/ this is it.// To help this happen.//

私にそれがあるとしたら この変化を起こす手助けをすることです

So I hope/ you'll join me/ on my quest --/ you/ as thought leaders.//

思想的リーダーである皆さんにも この試みに加わっていただけたらと思います

It would be really great/ if you didn't let people divide the world/ into the creatives and the non-creatives,/ like it's some God-given thing,/ and to have people realize/ that they're naturally creative.//

生まれつきクリエイティブな人と そうでない人がいるという考えを止め みんなに天賦のクリエイティビティがあるのだと 気付いてほしいのです

And those natural people should let/ their ideas fly.//

そうすれば彼らはアイデアを自由に飛翔させるようになります

That they should achieve/ what Bandura calls self-efficacy,/ that you can do/ what you set out/ to do,/ and/ that you can reach a place of creative confidence/ and touch the snake.//

バンデューラの言う自己効力感をみんなが手にすべきなのです やろうと思ったことは実現できる 自分のクリエイティビティに自信を持って そしてヘビに触るのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

Ohio

オハイオ州(米国中西部の州;州都はColumbus;《略》『O.,OH』)

《the~》オハイオ川(米国中東部を南西に流れてMississippi川に合流する)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

clay

『粘土』;泥土

(聖書で,人間の肉体が造られているとされる)土

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

sank

sinkの過去

wad

(綿・紙・毛など柔らかいものの)塊《+of+名》

《話》(紙などのぎっしり束ねた)束,(特に)札束

《俗》大量(の…),多額(の…)《+of+名》

…‘を'小さく丸める《+up+名,+名+up》

(…で)…‘を'ふさぐ《+名+with+名》

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

cruel

(人・行動が)『残酷な』,無慈悲な

『悲惨な』,むごい

opt

(・・・を)選ぶ《+『for』+『名』》;(・・・するほうを)選ぶ《+『to』 do》

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

childhood

『幼時』,子供時代

ingrain

(…に)…‘を'浸透させる,根づかせる《+『名』+『into』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

workshop

仕事場,工作場

《米》(セミナー形式の)形究会,討論会

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

fuzzy

毛羽立った

薄毛のような

はっきりしない,ぼやけた

unconventional

しきたりにとらわれない,型にはまらない

executive

『実行の』,執行力のある

『行政上の』,行政的な

〈C〉『行政官』:

《the executive》(政府の)行政部

〈C〉(会社などの)『重役』,経営陣,管理職員

whip

『むち』;《比喩的に》訓練のむち

(キツネ狩りの)猟犬係

(政党所属議員の出席を督励する)院内乾事

ホイップ(泡立てた卵の白身かクリームで作るデザート)

〈人・動物〉‘を'『むちで打つ』,‘に'むちを当てる

(人・動物に)…‘を'むち打って教え込む《+名+into+名》;(…から)〈悪癖など〉‘を'むちでやめさせる《+名+out of+名》

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『ぱっと動かす』

〈布の縁〉‘を'かがる;〈棒・ロープの端〉‘に'糸(ひも)を巻きつける,‘を'端止めする

(むちで打つように)…‘を'ピシッとたたく,たたきつける

〈卵・クリームなど〉‘を'かき回して泡立てる

《話》(競技などで)…‘を'打ち負かす

〈川・湖など〉‘で'投げ釣りをする

〈こま〉‘を'ひもを打ちつけて回す

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》〈人が〉急に動く(行く,来る,通る)

〈旗などが〉はためく

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈風・雨が〉激しく打つ,しの突くようにたたきつける

blackberry

黒イチゴ[の実,木](木イチゴの一種;黒色の実がたくさんできる)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

exit

『出口』

退出,退去;(舞台からの俳優の)退場

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

psychologist

心理学者

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

Freud

フロイト(『Sigmund』~;1856‐1939;精神分析学の創始者)

skinner

皮をはぐ人;毛皮商人

《米》荷車用家畜(ラバ・馬など)を御する人

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

phobia

(…に対する)恐怖症,病的恐怖(嫌悪)《+『about』+『名』(do『ing』)》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

snake

『ヘビ』(『蛇』)

(蛇のように)ずるく陰険な人

へび(配水管などの詰まった物を取り除く道具)

蛇行する,くねくねと続く

〈体など〉‘を'くねらす

《米》〈材木など〉‘を'引っぱる,引きずる

enjoyable

楽しろい,愉快な,楽しめる

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

reply

(…に)『答える』,返事する《+『to』+『名』》

(…に)『応じる』,応戦する《+『to』+『名』》

《reply to+名+that節》(…に)…‘と'『答える』

(…に対する)答え,回答(answer)《+『to』+『名』》

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

two-way

両面交通の

(ラジオなど)(送信・受信)2方向の

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

doorway

(家・部屋の)『戸口』,出入り口

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

leather

〈U〉(動物の)『なめし』『皮』

(また『leather product』)〈C〉皮製品

…‘を'むちで打つ

glove

(五指の分かれている)『手袋』

(野球の)『グローブ』;(ボクシング用の)グラブ

…‘に'手袋をはめる

(野球で)〈ボール〉‘を'グローブで捕る

welder

溶接工

溶接器具

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

lap

『ひざ』(座ったときの大腿部の上からひざがしらまでの部分)

(スカートなどの)ひざの部分

《比喩(ひゆ)的に》責任,管理

安楽な場所

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

mastery

(…に対する)支配,統御《+『of(over)』+『名』》

(…に)熟達していること,精進していること《+『of』+『名』(do『ing』)》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

lives

lifeの複数形

persevere

(…を)じっとがまんしてする,あくまでもやり抜く《『in』(『at, with』)+『名』(do『ing』)》

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

resilient

はね返る;弾性のある

すぐ元気を取りもどす

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

attain

〈目的・望みなど〉'を'『達成する』,獲得する(gain, accomplish)

〈高い所・ある年齢など〉‘に'『達する』(reach, come to)

(努力して)(…に)到達する《+『to』+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

cathartic

下剤

下剤の,洗浄の

浄化の

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

scientifically

科学的に,学術的に

validate

…‘を'法的に有効とする

…‘を'正当であると証明する

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

familiarity

〈U〉(物事を)『よく知っていること』,精通していること《+『with』+『名』》

〈U〉(人に対する)親しさ,親密さ《+『with』+『名』》

〈U〉なれなれしさ,ずうずうしさ

《しばしば複数形で》なれなれしい言動

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

totally

全く,完全に

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

excited

興奮した

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

hospital

『病院』

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

disappoint

《人を》‘を'『失望させる』,がっかりさせる

〈約束・期待〉‘を'『破る』;〈希望・計画など〉‘を'だめにする,くつがえす

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

sedate

落ち着いた,もの静かな,穏やかな

(鎮静剤で)〈人〉‘を'落ち着かせる,眠らせる

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

disappointing

失望させるような,意外につまらない

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

empathy

(心理学で)感情移入,共感

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

operator

(機械・装置を)『運転する人』,操作する人,技手;《米》電話交換手

(会社などの)経営者

《話》ずるがしこい人

museum

『博物館』;美術館

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

okay

=OK,O.K.

pirate

『海賊』海賊船

著作(特許)権侵害者,剽窃(ひょうせつ)者

…‘に'海賊行為を働く;…‘から'略奪する

〈本・芸術作品・発明〉‘の'著作(特許)権を侵害する

海賊を働く

著作(特許)権を侵害する

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

quantitative

量の,量的な

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

qualitative

質の,質的な

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

mommy

おかあちゃん(mom)(《英》mummy)

laughter

『笑い』,笑い声

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

lump

(一定の形のない)『塊』

小さい立方体

『こぶ』,はれもの

《話》のろま,まぬけ,でくのぼう

《英話》《集合的に》飯場臨時作業員

塊になった

一まとめの,一括した

〈いくつかのもの〉‘を'一まとめにする,一様に扱う《+『together』+『名,』+『名』+『together』》

塊になる

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

pale

(顔が)『青白い』,生色がない,青ざめた

(色が)『薄い』,淡い,白色に近い

光が弱い,薄暗い,ぼんやりした

〈人が〉『青ざめる』;〈色・光が〉薄くなる,淡くなる

〈人〉‘を'青白くする;〈色・光〉‘を'薄く(淡く)する

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

gamma ray

ガンマ線

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

calling

〈U〉呼ぶこと,叫ぶこと

〈U〉《文》天職,職業

(天職に対する)強い義務感,使命感《+『for』+『名』》;(…にしたい)強い義務感《+『to』do》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

developing

発達中の,(国家・地域が)発展途上の

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

regain

〈健康・記憶など〉‘を'『取り戻す』,回復する

〈場所・状態など〉‘に'立ち帰る,再び着く

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

applause

『拍手かっさい』;称賛

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

関連動画