TED日本語 - ボアズ・アルモグ: 超伝導体を浮遊させる

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

驚く程に薄い、直径7.5cm 程のディスクがどうやって自身の7万倍以上の重量を持つものを浮遊させることができるのでしょうか? 未来的な実演でボアズ・アルモグは、量子固定と呼ばれる現象が超伝導体のディスクを磁石製の線路上に浮遊させる仕組みを説明します。摩擦やエネルギー損失全く無しに浮遊する様子は見る人の目を釘付けにします。

Script

ほんの一瞬 ご覧になられた現象は 量子浮揚と量子固定と呼ばれています ここに浮遊していた物体は 超電導体と呼ばれるものです 超電導では 物質は量子状態にあり 特定の臨界温度以下でしかこの現象は起きません

これ自体は昔から知られた現象です 100年前に発見されました しかし 最近の いくつかの技術の進歩によって こうやって皆さんに 量子浮揚と量子固定について披露できるようになりました

超電導体は2つの特性によって定義されます 一つ目は電気抵抗がゼロであること 二つ目は超電導体の内部から磁界を排除することです 複雑に聞こえますよね では 電気抵抗とは何でしょうか? 電気とは 物質の中の電子の流れです これらの電子が流れる中で 原子と衝突しますが この衝突によって いくらかエネルギーを失います このエネルギーはご存知のように熱という形で消失します しかし 超電導体の中では衝突は起きないのです 従って エネルギーの消失もありません

驚くべきことです考えてみてください 古典物理学では なんらかの摩擦に伴うエネルギーの消失があります しかし ここではそれはありませんこれは量子効果だからです それだけではありません超伝導体は磁界を好まないため 循環電流によって 内部から磁界を排除しようとします このように二つの現象の組み合わせである 磁界の排除と電気抵抗がゼロの状態となることによって 超伝導体となるのです

しかし ご存知のように物事はそう簡単ではありません たまに 磁界の一部である磁束が超伝導体内に残ってしまう場合があります ここにあるような適切な条件化の中で 超伝導体の内部の磁束を閉じ込めることができます このような超伝導体内部の磁束は 離散的な量で存在します なぜでしょうか?量子現象だからです量子物理学ではこうなるからです そしてこれらはまるで量子粒子のように振る舞います

この動画では 離散的にそれぞれどのように流れるか確認できます これが磁束ですこれらは粒子ではありませんが 粒子のように振る舞います そのためこのような現象を量子浮遊と量子固定と呼ぶのです

それでは磁界の中へ超伝導体を入れると どうなるでしょうか? 内部には残った磁束がありますが 超伝導体は これらが動くのを嫌います 磁束が動くとエネルギーが発散され 超伝導性が失われてしまうからです 実際には フラクソンと呼ばれる これらの鎖が固定化されるのです それによって 超伝導体自体がその場所に固定されます なぜでしょう?超伝導体が動くとフラクソンの 配置を変化させることになるからです

これによって量子固定が発生しますではこの様子をご紹介します ここに 低温状態を保つために包んだ超伝導体があります 通常の磁石の上に乗せると このように空中に留まるのです

(拍手)

これはただの浮遊でも反発でもありません フラクソンの位置を変えることで 新しい位置に固定することができます このように 右や左にずらすこともできます これが量子固定です超伝導体を実際に3次元で固定しているのです もちろん上下逆にすることも可能です そして そのまま固定されます

この浮遊現象が 実は固定現象であることだと理解いただけたので ええ 理解しましたよね 磁界が均一な状態にある このリング状の磁石に対して 超伝導体はこの磁石の軸を元に自由に回転することが可能だと聞いても驚きはないでしょう なぜでしょうか? なぜなら 回転している間は固定化が維持されるからです この様に超伝導体を ちょっと動かし回転させることもできます 摩擦の全くない運動です浮遊していますが くるくる動き回ることができます

これが量子固定でこの磁石の上を浮遊させることができます それではこの一枚のディスクにどれほどのフラクソン つまり磁束が存在しているのでしょうか? これは計算可能で かなり多く存在していることがわかります この7.5センチ程のディスク内に千億もの磁束が存在しているのです

実はまだ皆さんにご紹介していない驚くべきことがあります 驚くべきことにご覧になっている超伝導体の 厚さはとても薄くたったの0.5ミクロンしかありません この非常に薄い層が自らの重さの7万倍以上の重量を浮遊させることができるのです 驚異的な現象であり 大変強力です

この円状の磁石を大きくして 自由な線路を作る事が可能です 例えば このような大きな円状の線路を作ることができます この上に超伝導体を乗せると このようの自由に動きます

(拍手)

これだけではありません位置を調節して回すことで 新しい位置を保って動きまわります ここで今までやったことがない新しいことを行ってみましょう このディスクをここに乗せて ここに留まっている間にー 動かないで ー 線路をひっくり返してみます うまくいけば ぶら下がった状態を保つでしょう

(拍手)

これが量子固定です浮遊ではありません しばらくグルグルと回っている間に 超伝導体についてもう少し説明しましょう それでは ー(笑)ー このように 超伝導体の内部にとてつもない量の電流を送り込むことができることが分かっています これらを使ってMRIや量子加速装置のための 強力な磁界を発生させたりすることができます また 超伝導体を使えばエネルギーを損失させずに 貯蔵することもできます

更に 発電所間で膨大な量のエネルギーを送る送電線を作る事もできるでしょう 発電所一個分の電力をたった一本の超伝導体製の送電線でバックアップできることを想像してみてください 量子浮遊や量子固定の未来はどうなるでしょうか? この単純な質問に対して一つ例を出しましょう ここにあるディスクと同じようなものがあるとします 直径7.5センチ程のものですが一つ違う点があります 超伝導体における層の厚みは 0.5ミクロンの薄さである代わりに 2ミリの薄さだとしますそれでもかなり薄いです この2ミリの超伝導体の層は1000キロ分支えられるのでこの手のひらで小さな車を支えることができるのです 驚くべきことですありがとうございました

(拍手)

The phenomenon you saw here for a brief moment is called quantum levitation and quantum locking. And the object that was levitating here is called a superconductor. Superconductivity is a quantum state of matter, and it occurs only below a certain critical temperature.

Now, it's quite an old phenomenon; it was discovered 100 years ago. However, only recently, due to several technological advancements, we are now able to demonstrate to you quantum levitation and quantum locking.

So, a superconductor is defined by two properties. The first is zero electrical resistance, and the second is the expulsion of a magnetic field from the interior of the superconductor. That sounds complicated, right? But what is electrical resistance? So, electricity is the flow of electrons inside a material. And these electrons, while flowing, they collide with the atoms, and in these collisions they lose a certain amount of energy. And they dissipate this energy in the form of heat, and you know that effect. However, inside a superconductor there are no collisions, so there is no energy dissipation.

It's quite remarkable. Think about it. In classical physics, there is always some friction, some energy loss. But not here, because it is a quantum effect. But that's not all, because superconductors don't like magnetic fields. So a superconductor will try to expel magnetic field from the inside, and it has the means to do that by circulating currents. Now, the combination of both effects -- the expulsion of magnetic fields and zero electrical resistance -- is exactly a superconductor.

But the picture isn't always perfect, as we all know, and sometimes strands of magnetic field remain inside the superconductor. Now, under proper conditions, which we have here, these strands of magnetic field can be trapped inside the superconductor. And these strands of magnetic field inside the superconductor, they come in discrete quantities. Why? Because it is a quantum phenomenon. It's quantum physics. And it turns out that they behave like quantum particles.

In this movie here, you can see how they flow one by one discretely. This is strands of magnetic field. These are not particles, but they behave like particles. So, this is why we call this effect quantum levitation and quantum locking.

But what happens to the superconductor when we put it inside a magnetic field? Well, first there are strands of magnetic field left inside, but now the superconductor doesn't like them moving around, because their movements dissipate energy, which breaks the superconductivity state. So what it actually does, it locks these strands, which are called fluxons, and it locks these fluxons in place. And by doing that, what it actually does is locking itself in place. Why? Because any movement of the superconductor will change their place, will change their configuration.

So we get quantum locking. And let me show you how this works. I have here a superconductor, which I wrapped up so it'd stay cold long enough. And when I place it on top of a regular magnet, it just stays locked in midair.

(Applause)

Now, this is not just levitation. It's not just repulsion. I can rearrange the fluxons, and it will be locked in this new configuration. Like this, or move it slightly to the right or to the left. So, this is quantum locking -- actually locking -- three-dimensional locking of the superconductor. Of course, I can turn it upside down, and it will remain locked.

Now, now that we understand that this so-called levitation is actually locking, Yeah, we understand that. You won't be surprised to hear that if I take this circular magnet, in which the magnetic field is the same all around, the superconductor will be able to freely rotate around the axis of the magnet. Why? Because as long as it rotates, the locking is maintained. You see? I can adjust and I can rotate the superconductor. We have frictionless motion. It is still levitating, but can move freely all around.

So, we have quantum locking and we can levitate it on top of this magnet. But how many fluxons, how many magnetic strands are there in a single disk like this? Well, we can calculate it, and it turns out, quite a lot. One hundred billion strands of magnetic field inside this three-inch disk.

But that's not the amazing part yet, because there is something I haven't told you yet. And, yeah, the amazing part is that this superconductor that you see here is only half a micron thick. It's extremely thin. And this extremely thin layer is able to levitate more than 70,000 times its own weight. It's a remarkable effect. It's very strong.

Now, I can extend this circular magnet, and make whatever track I want. For example, I can make a large circular rail here. And when I place the superconducting disk on top of this rail, it moves freely.

(Applause)

And again, that's not all. I can adjust its position like this, and rotate, and it freely moves in this new position. And I can even try a new thing; let's try it for the first time. I can take this disk and put it here, and while it stays here -- don't move -- I will try to rotate the track, and hopefully, if I did it correctly, it stays suspended.

(Applause)

You see, it's quantum locking, not levitation. Now, while I'll let it circulate for a little more, let me tell you a little bit about superconductors. Now -- (Laughter) -- So we now know that we are able to transfer enormous amount of currents inside superconductors, so we can use them to produce strong magnetic fields, such as needed in MRI machines, particle accelerators and so on. But we can also store energy using superconductors, because we have no dissipation.

And we could also produce power cables, to transfer enormous amounts of current between power stations. Imagine you could back up a single power station with a single superconducting cable. But what is the future of quantum levitation and quantum locking? Well, let me answer this simple question by giving you an example. Imagine you would have a disk similar to the one I have here in my hand, three-inch diameter, with a single difference. The superconducting layer, instead of being half a micron thin, being two millimeters thin, quite thin. This two-millimeter-thin superconducting layer could hold 1,000 kilograms, a small car, in my hand. Amazing. Thank you.

(Applause)

The phenomenon/ you saw here/ for a brief moment is called quantum levitation and quantum locking.//

ほんの一瞬 ご覧になられた現象は 量子浮揚と量子固定と呼ばれています

And the object/ that was levitating here is called a superconductor.//

ここに浮遊していた物体は 超電導体と呼ばれるものです

超電導では 物質は量子状態にあり 特定の臨界温度以下でしかこの現象は起きません

Now,/ it's quite an old phenomenon;/ it was discovered 100 years ago.//

これ自体は昔から知られた現象です 100年前に発見されました

However,/ only recently,/ due/ to several technological advancements,/ we are now able/ to demonstrate to you quantum levitation and quantum locking.//

しかし 最近の いくつかの技術の進歩によって こうやって皆さんに 量子浮揚と量子固定について披露できるようになりました

So,/ a superconductor is defined by two properties.//

超電導体は2つの特性によって定義されます

The first is zero electrical resistance,/ and the second is the expulsion of a magnetic field/ from the interior of the superconductor.//

一つ目は電気抵抗がゼロであること 二つ目は超電導体の内部から磁界を排除することです

That sounds complicated, right?//

複雑に聞こえますよね

But what is electrical resistance?//

では 電気抵抗とは何でしょうか?

電気とは 物質の中の電子の流れです

And these electrons,/ while flowing,/ they collide with the atoms,/ and in these collisions/ they lose a certain amount of energy.//

これらの電子が流れる中で 原子と衝突しますが この衝突によって いくらかエネルギーを失います

And they dissipate this energy/ in the form of heat,/ and you know/ that effect.//

このエネルギーはご存知のように熱という形で消失します

However,/ inside a superconductor/ there are no collisions,/ so there is no energy dissipation.//

しかし 超電導体の中では衝突は起きないのです 従って エネルギーの消失もありません

It's quite remarkable.// Think about it.//

驚くべきことです考えてみてください

In classical physics,/ there is always some friction,/ some energy loss.//

古典物理学では なんらかの摩擦に伴うエネルギーの消失があります

But not here,/ because it is a quantum effect.//

しかし ここではそれはありませんこれは量子効果だからです

But that's not all,/ because superconductors don't like magnetic fields.//

それだけではありません超伝導体は磁界を好まないため

So a superconductor will try to expel/ magnetic field/ from the inside,/ and it has the means/ to do that/ by circulating currents.//

循環電流によって 内部から磁界を排除しようとします

Now,/ the combination of both effects --/ the expulsion of magnetic fields and zero electrical resistance --/ is exactly a superconductor.//

このように二つの現象の組み合わせである 磁界の排除と電気抵抗がゼロの状態となることによって 超伝導体となるのです

But the picture isn't always perfect,/ as we/ all know,/ and sometimes/ strands of magnetic field remain inside the superconductor.//

しかし ご存知のように物事はそう簡単ではありません たまに 磁界の一部である磁束が超伝導体内に残ってしまう場合があります

Now,/ under proper conditions,/ which we have here,/ these strands of magnetic field can be trapped inside the superconductor.//

ここにあるような適切な条件化の中で 超伝導体の内部の磁束を閉じ込めることができます

And these strands of magnetic field/ inside the superconductor,/ they come in discrete quantities.//

このような超伝導体内部の磁束は 離散的な量で存在します

Why?// Because it is a quantum phenomenon.// It's quantum physics.//

なぜでしょうか?量子現象だからです量子物理学ではこうなるからです

And it turns out/ that they behave like quantum particles.//

そしてこれらはまるで量子粒子のように振る舞います

In this movie here,/ you can see/ how they flow one/ by one discretely.//

この動画では 離散的にそれぞれどのように流れるか確認できます

This is strands of magnetic field.// These are not particles,/ but they behave like particles.//

これが磁束ですこれらは粒子ではありませんが 粒子のように振る舞います

So,/ this is/ why we call this effect quantum levitation and quantum locking.//

そのためこのような現象を量子浮遊と量子固定と呼ぶのです

But what happens to the superconductor/ when we put it/ inside a magnetic field?//

それでは磁界の中へ超伝導体を入れると どうなるでしょうか?

Well,/ first/ there are strands of magnetic field left inside,/ but now/ the superconductor doesn't like them/ moving around,/ because their movements dissipate energy,/ which breaks the superconductivity state.//

内部には残った磁束がありますが 超伝導体は これらが動くのを嫌います 磁束が動くとエネルギーが発散され 超伝導性が失われてしまうからです

So/ what it actually does,/ it locks these strands,/ which are called fluxons,/ and it locks these fluxons/ in place.//

実際には フラクソンと呼ばれる これらの鎖が固定化されるのです

And by doing/ that,/ what it actually does/ is locking itself/ in place.//

それによって 超伝導体自体がその場所に固定されます

Why?// Because any movement of the superconductor will change their place,/ will change their configuration.//

なぜでしょう?超伝導体が動くとフラクソンの 配置を変化させることになるからです

So we get quantum locking.// And let me/ show you/ how this works.//

これによって量子固定が発生しますではこの様子をご紹介します

I have here/ a superconductor,/ which I wrapped up/ so it'd stay cold long enough.//

ここに 低温状態を保つために包んだ超伝導体があります

And when I place it/ on top of a regular magnet,/ it just stays locked in midair.//

通常の磁石の上に乗せると このように空中に留まるのです

(拍手)

Now,/ this is not just levitation.// It's not just repulsion.//

これはただの浮遊でも反発でもありません

I can rearrange the fluxons,/ and it will be locked in this new configuration.//

フラクソンの位置を変えることで 新しい位置に固定することができます

Like this,/ or move it slightly/ to the right/ or/ to the left.//

このように 右や左にずらすこともできます

So,/ this is quantum locking --/ actually locking --/ three-dimensional locking of the superconductor.//

これが量子固定です超伝導体を実際に3次元で固定しているのです

Of course,/ I can turn it upside down,/ and it will remain locked.//

もちろん上下逆にすることも可能です そして そのまま固定されます

Now,/ now/ that we understand/ that this so-called levitation is actually locking,/ Yeah,/ we understand/ that.//

この浮遊現象が 実は固定現象であることだと理解いただけたので ええ 理解しましたよね

You won't be surprised to hear/ that if I take this circular magnet,/ in which the magnetic field is the same all around,/ the superconductor will be able to freely rotate around the axis of the magnet.//

磁界が均一な状態にある このリング状の磁石に対して 超伝導体はこの磁石の軸を元に自由に回転することが可能だと聞いても驚きはないでしょう

Why?// Because as long/ as it rotates,/ the locking is maintained.//

なぜでしょうか? なぜなら 回転している間は固定化が維持されるからです

You see?// I can adjust/ and I can rotate the superconductor.//

この様に超伝導体を ちょっと動かし回転させることもできます

We have frictionless motion.// It is still levitating,/ but can move freely all around.//

摩擦の全くない運動です浮遊していますが くるくる動き回ることができます

So,/ we have quantum locking/ and we can levitate it/ on top of this magnet.//

これが量子固定でこの磁石の上を浮遊させることができます

But how many fluxons,/ how many magnetic strands are there in a single disk/ like this?//

それではこの一枚のディスクにどれほどのフラクソン つまり磁束が存在しているのでしょうか?

Well,/ we can calculate it,/ and it turns out,/ quite a lot.//

これは計算可能で かなり多く存在していることがわかります

One hundred billion strands of magnetic field/ inside this three-inch disk.//

この7.5センチ程のディスク内に千億もの磁束が存在しているのです

But that's not the amazing part yet,/ because there is something/ I haven't told you yet.//

実はまだ皆さんにご紹介していない驚くべきことがあります

And,/ yeah,/ the amazing part is/ that this superconductor/ that you see here is only half a micron thick.// It's extremely thin.//

驚くべきことにご覧になっている超伝導体の 厚さはとても薄くたったの0.5ミクロンしかありません

And this extremely thin layer is able to levitate more than 70,000 times its own weight.//

この非常に薄い層が自らの重さの7万倍以上の重量を浮遊させることができるのです

It's a remarkable effect.// It's very strong.//

驚異的な現象であり 大変強力です

Now,/ I can extend this circular magnet,/ and make/ whatever track I want.//

この円状の磁石を大きくして 自由な線路を作る事が可能です

For example,/ I can make a large circular rail here.//

例えば このような大きな円状の線路を作ることができます

And when I place the superconducting disk/ on top of this rail,/ it moves freely.//

この上に超伝導体を乗せると このようの自由に動きます

(拍手)

And again,/ that's not all.// I can adjust its position/ like this,/ and rotate,/ and it freely moves in this new position.//

これだけではありません位置を調節して回すことで 新しい位置を保って動きまわります

And I can even try a new thing;/ let's try it/ for the first time.//

ここで今までやったことがない新しいことを行ってみましょう

I can take this disk/ and put it here,/ and/ while it stays here --/ don't move --/ I will try to rotate/ the track,/ and hopefully,/ if I did it correctly,/ it stays suspended.//

このディスクをここに乗せて ここに留まっている間にー 動かないで ー 線路をひっくり返してみます うまくいけば ぶら下がった状態を保つでしょう

(拍手)

You see,/ it's quantum locking, not levitation.//

これが量子固定です浮遊ではありません

Now,/ while I'll let/ it circulate for a little more,/ let me/ tell you/ a little bit/ about superconductors.//

しばらくグルグルと回っている間に 超伝導体についてもう少し説明しましょう

Now --/ (Laughter) --/ So we now know/ that we are able to transfer enormous amount of currents/ inside superconductors,/ so we can use them/ to produce strong magnetic fields,/ such as needed in MRI machines,/ particle accelerators/ and so on.//

それでは ー(笑)ー このように 超伝導体の内部にとてつもない量の電流を送り込むことができることが分かっています これらを使ってMRIや量子加速装置のための 強力な磁界を発生させたりすることができます

But we can also store energy/ using superconductors,/ because we have no dissipation.//

また 超伝導体を使えばエネルギーを損失させずに 貯蔵することもできます

And we could also produce power cables,/ to transfer enormous amounts of current/ between power stations.//

更に 発電所間で膨大な量のエネルギーを送る送電線を作る事もできるでしょう

Imagine/ you could back up/ a single power station/ with a single superconducting cable.//

発電所一個分の電力をたった一本の超伝導体製の送電線でバックアップできることを想像してみてください

But what is the future of quantum levitation and quantum locking?//

量子浮遊や量子固定の未来はどうなるでしょうか?

Well,/ let me/ answer this simple question/ by giving you/ an example.//

この単純な質問に対して一つ例を出しましょう

Imagine/ you would have a disk similar/ to the one/ I have here/ in my hand,/ three-inch diameter,/ with a single difference.//

ここにあるディスクと同じようなものがあるとします 直径7.5センチ程のものですが一つ違う点があります

The superconducting layer,/ instead of being half a micron thin,/ being two millimeters thin,/ quite thin.//

超伝導体における層の厚みは 0.5ミクロンの薄さである代わりに 2ミリの薄さだとしますそれでもかなり薄いです

This two-millimeter-thin superconducting layer could hold 1,000 kilograms,/ a small car,/ in my hand.//

この2ミリの超伝導体の層は1000キロ分支えられるのでこの手のひらで小さな車を支えることができるのです

Amazing.// Thank you.//

驚くべきことですありがとうございました

(拍手)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

quantum

量子

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

levitate

(超自然力によって)空中に浮かぶ

(超自然力によって)‥‘を'空中に浮かばせる

superconductivity

超電気伝導(金属の電気抵抗がある温度で0になること)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

technological

科学技術の(に関する)

advancement

〈U〉〈C〉進歩,発達(advance)

〈U〉(…の)促進,振興《+『of』+『名』》

〈U〉(…への)昇進,進級《+『to』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

expulsion

(…の…からの)排除;追放;除名《+『of』+『名』+『from』+『名』》

magnetic field

磁場,磁界

interior

〈U〉(物の)『内部』,内側

〈C〉(海岸や国境から遠い)『浅地』,内陸部

〈U〉《the~》

『内部の』

『奥地の』,内陸部の

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

electron

『電子』,エレクトロン

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

collide

(…と)『ぶつかる』,衝突する《+『with』(『against』)+『名』》

〈意志・利害・犠的などが〉(…と)一致しない,〈人が〉(…と)衝突する《+『with』+『名』》

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

collision

(列車などの…との)『衝突』《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(意見・利害などの…との)衝突,不調和《+『of』+『名』+『with』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

dissipate

〈軍勢・霧・雲など〉‘を'散らす

〈心配・恐怖など〉‘を'消し去る,晴らす

〈金・精力など〉‘を'浪費する

〈軍勢・霧・心配などが〉消散(消失)する,消える

放蕩(ほうとう)する

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

dissipation

(霧・心配などの)消失,消散

浪費,むだ使い

気晴らし;放蕩(ほうとう)

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

classical

古典の;古典時代の;古典様式の

(文学・芸術において)古典主義の(簡潔で調和を保ち洗練されているのが特徴)

(ジャズ・フォークなどに対して主として20世紀初頭までの)古典派の

(新奇な・実験的なものではなく)伝統的な,正統的な

(専門科目に対して)教養科目の

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

friction

〈U〉摩擦,こすること

〈U〉〈C〉衝突,不和

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

expel

(団体などから公式に)〈人〉‘を'『除名する』《+『名』+『from』+『名』》

(場所などから)〈人など〉‘を'『追い出す』,〈空気など〉‘を'吐き出す《+『名』+『from』+『名』》

circulate

〈血液・空気などが〉『循環する』,巡る

〈うわさなどが〉『広まる』;〈本・新聞などが〉(特に広範囲に)『配布される』,売られる

〈血液・空気など〉'を'『循環させる』;〈物〉を回す,回覧させる

〈うわさなど〉'を'『広める』;〈本・新聞など〉'を'配布する

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

strand

〈船〉‘を'座礁させる

《受動態で》〈人〉‘を'置き去りにする,困った状態におく

〈船が〉座礁する

〈人が〉途方に暮れる,立ち往生する

岸,浜

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

discrete

別個の,個々の

physics

『物理学』

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

configuration

(全体の)形状,外形;(部分の)配置;(星の)星位;原子配列

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

magnet

『磁石』

(魅力などで)(人の注意などを)引く人(もの)《+『of』+『名』》;(…にとって)魅力的な場所(もの)《+『to』(『for』)+『名』》

midair

空中,上空

applause

『拍手かっさい』;称賛

repulsion

(…に対する)反感,嫌悪(けんお)《+『for』+『名』》

rearrange

(以前とは別の様式で)…‘を'整理し直す,配列し直す

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

upside

上側,上部,上方

so-called

いわゆる,名ばかりの

yeah

=yes

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

circular

『円形の』,丸い

回転して動く

循環的な,旋回する;回遊する

(公衆に配布する)案内状,広告ビラ

freely

『自由に』;かってに

『惜しげなく』,十分に

率直に;無遠虜に

自分から進んで

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

magnetic

磁石の;磁気の(による,を帯びた)

人を引き付ける,魅力のある

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

disk

『円盤』;円盤の表面

植物,動物の平たく丸い組織・部分;椎間板(ついかんばん)

(数学で)円板(円によって囲まれた範囲)

レコード

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

told

tell の過去・過去分詞

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

micron

ミクロン(100万分の1メートル;記号はμ)

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

extremely

『極端に』,非常に過度に

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

rail

〈C〉(かきね・柵(さく)などの)『横棒』,横木;手すり,らんかん,《複数形で》柵,かき

〈C〉(鉄道の)『レール』

〈U〉(輸送機関としての)『鉄道』

〈C〉(物を掛けたりするための)横木,横棒

…‘を'横木(手すり)で囲む,‘に'柵を付ける《+『in(off)』+『名』》

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

correctly

正しく,正確に;正確に言えば

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

laughter

『笑い』,笑い声

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

enormous

『巨大な』,ばく大な

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

accelerator

加速装置;(自動車の)アクセル

(化学反応の)促進剤

(またatom smasher)粒子加速機

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

cable

〈C〉〈U〉

(麻・針金をより合わせた)『太綱』

〈C〉〈U〉

(電信などの)『ケーブル線』,被覆電線

(またcablegram)〈C〉『海底電信』,外国電報

…'を'太綱でつなぐ

…‘に'を敷く

〈通信〉'を'『海外電報で送る』

power station

=power plant

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

instead

『その代りとして』,それよりも

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

関連動画