TED日本語 - ノア・ウィルソン・リッチ:都会で健康なミツバチを育てよう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

不思議なことに田園地帯からミツバチが姿を消しており、農業にも大きな影響を与えることが懸念されています。その一方でミツバチはむしろ都市部で栄えており、また都市もミツバチを必要としているようです。ノア・ウィルソン・リッチが都市での養蜂が都市を活性化させ、またミツバチを救うことにもなるという提案を行います。(TEDxBostonにて収録)

Script

この男性の髭は ハチ髭ですね (笑) 顔がハチだらけです

ミツバチと言ったときに 皆さんの多くは ただの昆虫だとか 脚がたくさんある生き物とか思われるのでしょう お気持ちはわかります ただ皆さんに知って欲しいこと ちょっと想像力を働かせて欲しいことがあるんです そしてミツバチを見る目を変えていただきたいのです

この男性が刺されていないことにお気づきでしょうか もしかしたら女王蜂をあごに括り付けて ハチの気をそらしているのかもしれません 彼のこの姿は我々人間とミツバチとの 数千年にも及ぶつながりを表しています 人類とミツバチは共に進化してきました ハチは植物の受粉を助けますし 最近では 経済的にも欠かせないものになっています

そのミツバチが消滅していることを ご存知の方も多いと思います 「死んでいる」のではなく「消えている」のです 死骸も目にすることはありません これは「蜂群崩壊症候群」と呼ばれる 奇妙な現象です 世界中の研究者が いまだに理由もわからずにいます わかっていることは ミツバチの減少と共に 我々が食料としている130以上の野菜や 果物の値段が上がっているということです

ミツバチは経済的にも農業においても 重要な役割を担っています こちらの写真は我々が 緑の屋根とか都市農園と呼ぶものです 左側の写真の方が馴染みがありますね ボストンのサウスエンドにある住宅の庭です 私の自宅なんですが 裏庭でミツバチを飼っています 右は未来の緑の屋根の想像図 都市空間をより有効に活用して 庭にできるスペースを積み重ねています

これはオレンジライン(地下鉄)上にある建物ですが 蜂の巣があるんですが どこかわかりますか? 屋上の隅っこの方にあります もう設置されてから何年か経っています 現在 都市で行われている養蜂は かなりひっそりと行われていますが それはなにも 隠さなきゃいけないわけではありません ただそこに暮らす人たちが嫌がるからです だから今日は是非皆さんに考えていただきたい 都市でミツバチを飼うことのメリットや その素晴らしさ

まず受粉の仕組みについて簡単にお話しましょう ご存知の通り花や果実に野菜 そして我々が口にする牛の飼料に含まれる アルファルファも受粉媒介者に頼っています それらの植物には雄しべと雌しべがあり 基本的に受粉媒介者は植物の 蜜を求め その過程で ハチが花に潜り込み花粉が体に付着します そうして精子にあたる花粉が運ばれ 違う株の花へ辿り着き やがて 例えばリンゴができます 茎が下に向かって伸びていますね 花の先の部分は果実が食べられるころにはなくなります 受粉の仕組みはこのようなものです

では次に 都市生活について考えてみましょう ただし現在や 過去についてではなく これから100年後の都市生活です どういうふうになっているでしょう? 我々の直面する大きな問題は 居住スペースの減少です 人口増加は 過去100年で数十億です いったい今後どれだけ増えるのか 居住空間が どの程度不足するのか 誰にもわかりません 都市に対する見方を変える必要があります 左側の写真は現在のニューヨークですが グレーと茶色ばかりですね 屋根に貼られたタール紙が大気中に 熱を跳ね返しますから 気候変動に影響しているのは確実でしょう 100年後 緑の屋根が普及していれば そこでガーデニングや農作物の栽培が 都市でできれば 輸送のコストを低減し 安全な食料を確保し 更に学ぶことができ 地元で新たな職を 創り出すことができます 私たちの都市とそこでの生活を守るために ミツバチが必要です

我々の会社で集めたデータがあります ベスト・ビーズはミツバチの巣箱を要望に応じて 届け 設置し 管理をします 都会・田舎を問わずミツバチと養蜂というアイデアを紹介し 自宅の庭や屋根 また必要であれば 非常階段でも養蜂がいかに無理なく 簡単にできるということを知っていただきます

さて データですがおかしな傾向が見られます こちらの指標をご覧ください 越冬生存率に関するものです これは長年大きな問題になっているのですが 1980年代にバロアダニが入ってきて 様々なウィルスや細菌を持ち込みました そして真菌病をもたらしました 越冬を成功させるのは大変です 冬を越す時に多くのコロニーが失われます 都市では田舎よりもミツバチの越冬生存率が 高いことがわかりました ちょっと考えられないですよね? 普通ハチといえば田園風景を思い浮かべます でもハチは違うというのです ハチは都会が好きなんですね (笑)

さらに都会ではより多くの蜂蜜を作るんです 都会の蜂蜜は美味しいんですよ ボストンではシーポートホテルの屋上に 何百何千のハチがいて 皆さんはお気づきでないでしょうが 今も頭の上を飛び回っています そのハチたちは近所の庭に飛んでいき 美味しくてヘルシーな蜂蜜 ボストンに咲く花の味がする蜂蜜を作っています つまり 都会のミツバチと田舎のミツバチを比較すると 越冬生存率だけでなく蜂蜜の生産量も 高いことがわかります やはり何か不思議な感じがしますね

ミツバチの健康に関して歴史を振り返ってみましょう 西暦950年までさかのぼってみると アイルランドでミツバチの大量死があったことがわかります ミツバチの大量死などの問題は必ずしも 新しい問題ではなく1000年以上も前から 起きていることなのです 私たちが気付かない問題は都会で起こる問題です

そこで皆さんに是非考えてほしいことは 都市という独特な環境についてです 恐らく都会では気温が高いと思われるでしょう なぜ都市の方がハチが元気なのでしょう これは我々がミツバチが なぜ都会に向いているのかを 理解するための重要な問いです 花粉がより多くあるのでしょうか 郊外からの電車は非常に軽い花粉を 都市のハブに運んでくるかもしれません まるで大きな市場のようなものです 線路沿いには多くのシナノキが生えています おそらく都会の方が田舎よりも 殺虫剤の量が少ないのかもしれませんが 他にも我々の考えつかないことがあるかもしれません 都会独特の環境は 考える価値があります

ミツバチに影響を与えているのは 蜂群崩壊症候群だけではなく 他の原因でもミツバチが死んでいます これは非常に由々しき問題です こちらの世界地図上で バロアダニの拡大を追跡しています

バロアダニは養蜂のあり方を大きく変えました 右上の数字をご覧いただくと 1900年代初めから現在まで バロアダニがいかに広がっているか おわかりいただけるでしょう 1968年にはアジアのほとんどを 1971年にはヨーロッパと南アメリカ 1980年代まで下って 1987年にはバロアダニはついに アメリカ合衆国にまで到達しました アメリカのミツバチにとっては それが転換点となりました

子供時代にミツバチに刺されたり 見かけたことを覚えているでしょう 今日の子供達の子供時代は少し様子が違います 彼らはそうした経験をしません ハチが周りにいないのです 必要なハチがいなくなってしまっている 大きな問題です

私たちには何ができるのでしょう? 私はミツバチの研究をしています ミツバチの健康について博士号を取りました 2005年に研究を始めて 2006年からミツバチが消滅し始めました 学校でムシをいじくっていた このオタクが突如として ― (笑) ― 世界にとって重要な人間になったのです そんないきさつでした

私の研究の焦点は 「いかにハチを健康にするか」にあります ハチを殺している要因自体は直接研究していません 世界中にいる多くの研究者のように 殺虫剤や病気やハチの住処・栄養の不足について 研究しているのではありません ハチを健康にする方法を研究しています ワクチンやヨーグルトや細菌など ハチへの経口投与による様々な治療方法です このプロセスは非常に簡単で7歳の子供でもできます 砂糖や水を花粉に混ぜたり 他にも何か有効成分を混ぜたりして ハチに与えるだけで薬剤は不要です ハチの免疫力を高めるだけです

ヒトは自分の健康を未来志向で考えます 運動したり健康的な食事をしたりビタミンを飲んだりします ミツバチについても同じように考えればいいのです 彼らが元気で暮らしている場所に連れてくる ミツバチを健康にしてあげて病気を予防するのです

大学院ではハチにワクチンを注射するために長い時間を (笑) そう何年も何年も 研究室に居残って 「おやもう 朝の3時になってしまった」 「まだハチの注射が終わってない」なんて (笑) ある日ひらめきました 「経口投与すればいいんじゃない?」 そして「ああそうか」となって今があります (笑)

これは都会にある巣箱の写真です どんな姿形にでもできますよ 自由な発想でいいんです お宅にマッチするように塗っても構いません お宅の中に巣箱を隠すこともできます フェアモント・コプリー・プラザ・ホテルの 屋上には3つの巣箱があります 美しいですねえ ホテルの部屋の調度に合わせて 塗装した木材を使いました それにハチ達は庭で栽培されているハーブを 利用するんです 素晴らしいですね ハーブはシェフが料理に使い ハチが作る蜂蜜は ホテルのバーで使われます 砂糖の代わりに蜂蜜を使えば健康的です 様々な糖分が含まれていますから

また教室でハチを飼うこともしています これは非営利のベンチャーですが 蜂の巣箱が教室でも取り入れられるということを 世界に向けて宣伝しています または博物館でもガラスケースの中で 教育のために設置することもできます

こちらの巣箱はもう長い間 フェンウェイ高校に設置されています ハチはフェンウェイパークの外野に飛んでいきますが 気付かないでしょう あなたが花でない限り ハチは皆さんに興味もありません(笑) 全く気にしないんです ブンブンしながら 「ちょっとごめんよ」なんて言うくらいです (笑) 都市での養蜂が素晴らしいものである理由を この写真が物語っています ニューヨークでは2010年まで養蜂は違法でした それは大きな問題です 植物を受粉させようとしても 地元で生えている植物の受粉はどうします? まさか手でやりますか? ここボストンには素晴らしい会社があって グリーン・シティ・グロウワーズという会社が 綿棒を使って手作業でカボチャを受粉させていました もし彼らが貴重なタイミングを逃せば 実はできません 顧客は不服で人々は空腹になりますね 受粉はとても重要です

写真はブルックリンでとれた蜂蜜です ニューヨークタイムズでは謎としてとりあげられました 蜂蜜が真っ赤だったので 州の化学調査班が調査しました その調査の結果わかったことによると 赤い色の正体は 少し先にあるマラスキーノ・チェリーの工場でした (笑) つまり蜂蜜と共生できる花を植えることによって 自分好みの蜂蜜を作れます

パリは都市での養蜂の素晴らしいお手本です オペラ座の屋上にはずっと巣箱があって 人々はこう考えるようになりました 「これなら私たちにもできそうだし やるべきだ」 ロンドンでもヨーロッパ全体でも 人々は緑の屋上の活用と巣箱を置くことについて すいぶんと先進的です 最後になりますが

皆さんにも心を開いていただきたいのです ハチを守り助けるために また将来の持続可能な 都市について考えるために何ができるか 見方を大きく変えて欲しいのです ハチの重要さをわかっていただきたい ミツバチはあなたに見つかったからといって刺しはしません ミツバチは一度刺すと死んでしまうんです そんなことしたくもないでしょう (笑) パニックを起こす必要はありません 都市では街中にミツバチはいるんです 自分の巣箱を持つこともできるんです すぐ手に入りますし 巣箱の設置と世話の指導をする会社もあります また教育的にも農業について学ぶことが 世界中で重要になっています この女の子を見て下さい 刺されてなんていないでしょう ありがとうございました (拍手)

This man is wearing what we call a bee beard. (Laughter) A beard full of bees.

Now, this is what many of you might picture when you think about honeybees, maybe insects, or maybe anything that has more legs than two. And let me start by telling you, I gotcha. I understand that. But, there are many things to know, and I want you to open your minds here, keep them open, and change your perspective about honeybees.

Notice that this man is not getting stung. He probably has a queen bee tied to his chin, and the other bees are attracted to it. So this really demonstrates our relationship with honeybees, and that goes deep back for thousands of years. We're very co-evolved, because we depend on bees for pollination and, even more recently, as an economic commodity.

Many of you may have heard that honeybees are disappearing, not just dying, but they're gone. We don't even find dead bodies. This is called colony collapse disorder, and it's bizarre. Researchers around the globe still do not know what's causing it, but what we do know is that, with the declining numbers of bees, the costs of over 130 fruit and vegetable crops that we rely on for food is going up in price.

So honeybees are important for their role in the economy as well as in agriculture. Here you can see some pictures of what are called green roofs, or urban agriculture. We're familiar with the image on the left that shows a local neighborhood garden in the South End. That's where I call home. I have a beehive in the backyard. And perhaps a green roof in the future, when we're further utilizing urban areas, where there are stacks of garden spaces.

Check out this image above the orange line in Boston. Try to spot the beehive. It's there. It's on the rooftop, right on the corner there, and it's been there for a couple of years now. The way that urban beekeeping currently operates is that the beehives are quite hidden, and it's not because they need to be. It's just because people are uncomfortable with the idea, and that's why I want you today to try to think about this, think about the benefits of bees in cities and why they really are a terrific thing.

Let me give you a brief rundown on how pollination works. So we know flowers, we know fruits and vegetables, even some alfalfa in hay that the livestock for the meats that we eat, rely on pollinators, but you've got male and female parts to a plant here, and basically pollinators are attracted to plants for their nectar, and in the process, a bee will visit some flowers and pick up some pollen, or that male kind of sperm counterpart, along the way, and then travel to different flowers, and eventually an apple, in this case, will be produced. You can see the orientation. The stem is down. The blossom end has fallen off by the time we eat it, but that's a basic overview of how pollination works.

And let's think about urban living, not today, and not in the past, but what about in a hundred years? What's it gonna look like? We have huge grand challenges these days of habitat loss. We have more and more people, billions of people, in 100 years, God knows how many people, and how little space there will be to fit all of them, so we need to change the way that we see cities, and looking at this picture on the left of New York City today, you can see how gray and brown it is. We have tar paper on the rooftops that bounces heat back into the atmosphere, contributing to global climate change, no doubt. What about in 100 years, if we have green rooftops everywhere, and gardening, and we create our own crops right in the cities? We save on the costs of transportation, we save on a healthier diet, and we also educate and create new jobs locally. We need bees for the future of our cities and urban living.

Here's some data that we collected through our company with Best Bees, where we deliver, install and manage honeybee hives for anybody who wants them, in the city, in the countryside, and we introduce honeybees, and the idea of beekeeping in your own backyard or rooftop or fire escape, for even that matter, and seeing how simple it is and how possible it is.

There's a counterintuitive trend that we noticed in these numbers. So let's look at the first metric here, overwintering survival. Now this has been a huge problem for many years, basically since the late 1980s, when the varroa mite came and brought many different viruses, bacteria and fungal diseases with it. Overwintering success is hard, and that's when most of the colonies are lost, and we found that in the cities, bees are surviving better than they are in the country. A bit counterintuitive, right? We think, oh, bees, countryside, agriculture, but that's not what the bees are showing. The bees like it in the city. (Laughter)

Furthermore, they also produce more honey. The urban honey is delicious. The bees in Boston on the rooftop of the Seaport Hotel, where we have hundreds of thousands of bees flying overheard right now that I'm sure none of you noticed when we walked by, are going to all of the local community gardens and making delicious, healthy honey that just tastes like the flowers in our city. So the yield for urban hives, in terms of honey production, is higher as well as the overwintering survival, compared to rural areas. Again, a bit counterintuitive.

And looking back historically at the timeline of honeybee health, we can go back to the year 950 and see that there was also a great mortality of bees in Ireland. So the problems of bees today isn't necessarily something new. It has been happening since over a thousand years ago, but what we don't really notice are these problems in cities.

So one thing I want to encourage you to think about is the idea of what an urban island is. You think in the city maybe the temperature's warmer. Why are bees doing better in the city? This is a big question now to help us understand why they should be in the city. Perhaps there's more pollen in the city. With the trains coming in to urban hubs, they can carry pollen with them, very light pollen, and it's just a big supermarket in the city. A lot of linden trees live along the railroad tracks. Perhaps there are fewer pesticides in the cities than there are in [ rural ] areas. Perhaps there are other things that we're just not thinking about yet, but that's one idea to think about, urban islands.

And colony collapse disorder is not the only thing affecting honeybees. Honeybees are dying, and it's a huge, huge grand challenge of our time. What you can see up here is a map of the world, and we're tracking the spread of this varroa mite.

Now, the varroa mite is what changed the game in beekeeping, and you can see, at the top right, the years are changing, we're coming up to modern times, and you can see the spread of the varroa mite from the early 1900s through now. It's 1968, and we're pretty much covering Asia. 1971, we saw it spread to Europe and South America, and then, when we get to the 1980s, and specifically to 1987, the varroa mite finally came to North America and to the United States, and that is when the game changed for honeybees in the United States.

Many of us will remember our childhood growing up, maybe you got stung by a bee, you saw bees on flowers. Think of the kids today. Their childhood's a bit different. They don't experience this. The bees just aren't around anymore. So we need bees and they're disappearing and it's a big problem.

What can we do here? So, what I do is honeybee research. I got my Ph.D. studying honeybee health. I started in 2005 studying honeybees. In 2006, honeybees started disappearing, so suddenly, like, this little nerd kid going to school working with bugs -- (Laughter) -- became very relevant in the world. And it worked out that way.

So my research focuses on ways to make bees healthier. I don't research what's killing the bees, per se. I'm not one of the many researchers around the world who's looking at the effects of pesticides or diseases or habitat loss and poor nutrition on bees. We're looking at ways to make bees healthier through vaccines, through yogurt, like probiotics, and other types of therapies in ways that can be fed orally to bees, and this process is so easy, even a 7-year-old can do it. You just mix up some pollen, sugar and water, and whatever active ingredient you want to put in, and you just give it right to the bees. No chemicals involved, just immune boosters.

Humans think about our own health in a prospective way. We exercise, we eat healthy, we take vitamins. Why don't we think about honeybees in that same type of way? Bring them to areas where they're thriving and try to make them healthier before they get sick.

I spent many years in grad school trying to poke bees and do vaccines with needles. (Laughter) Like, years, years at the bench, "Oh my gosh, it's 3 a.m. and I'm still pricking bees." (Laughter) And then one day I said, "Why don't we just do an oral vaccine?" It's like, "Ugh," so that's what we do. (Laughter)

I'd love to share with you some images of urban beehives, because they can be anything. I mean, really open your mind with this. You can paint a hive to match your home. You can hide a hive inside your home. These are three hives on the rooftop of the Fairmont Copley Plaza Hotel, and they're beautiful here. I mean, we matched the new color of the inside of their rooms to do some type of a stained wood with blue for their sheets, and these bees are terrific, and they also will use herbs that are growing in the garden. That's what the chefs go to to use for their cooking, and the honey -- they do live events -- they'll use that honey at their bars. Honey is a great nutritional substitute for regular sugar because there are different types of sugars in there.

We also have a classroom hives project, where -- this is a nonprofit venture -- we're spreading the word around the world for how honeybee hives can be taken into the classroom or into the museum setting, behind glass, and used as an educational tool.

This hive that you see here has been in Fenway High School for many years now. The bees fly right into the outfield of Fenway Park. Nobody notices it. If you're not a flower, these bees do not care about you. (Laughter) They don't. They don't. They'll say, "S'cuse me, flying around." (Laughter) Some other images here in telling a part of the story that really made urban beekeeping terrific is in New York City, beekeeping was illegal until 2010. That's a big problem, because what's going to pollinate all of the gardens and the produce locally? Hands? I mean, locally in Boston, there is a terrific company called Green City Growers, and they are going and pollinating their squash crops by hand with Q-Tips, and if they miss that three day window, there's no fruit. Their clients aren't happy, and people go hungry. So this is important.

We have also some images of honey from Brooklyn. Now, this was a mystery in the New York Times where the honey was very red, and the New York State forensics department came in and they actually did some science to match the red dye with that found in a maraschino cherry factory down the street. (Laughter) So you can tailor your honey to taste however you want by planting bee-friendly flowers.

Paris has been a terrific model for urban beekeeping. They've had hives on the rooftop of their opera house for many years now, and that's what really got people started, thinking, "Wow, we can do this, and we should do this." Also in London, and in Europe across the board, they're very advanced in their use of green rooftops and integrating beehives, and I'll show you an ending note here.

I would like to encourage you to open your mind. What can you do to save the bees or to help them or to think of sustainable cities in the future? Well, really, just change your perspective. Try to understand that bees are very important. A bee isn't going to sting you if you see it. The bee dies. Honeybees die when they sting, so they don't want to do it either. (Laughter) It's nothing to panic about. They're all over the city. You could even get your own hive if you want. There are great resources available, and there are even companies that will help get you set up and mentor you and it's important for our educational system in the world for students to learn about agriculture worldwide such as this little girl, who, again, is not even getting stung. Thank you. (Applause)

This man is wearing/ what we call a bee beard.// (Laughter)/ A beard full of bees.//

この男性の髭は ハチ髭ですね (笑) 顔がハチだらけです

Now,/ this is/ what many of you might picture/ when you think about honeybees,/ maybe insects,/ or maybe/ anything/ that has more legs/ than two.//

ミツバチと言ったときに 皆さんの多くは ただの昆虫だとか 脚がたくさんある生き物とか思われるのでしょう

And let me/ start by telling you,/ I gotcha.//

お気持ちはわかります

I understand that.// But,/ there are many things/ to know,/ and I want you/ to open your minds here,/ keep them open,/ and change your perspective/ about honeybees.//

ただ皆さんに知って欲しいこと ちょっと想像力を働かせて欲しいことがあるんです そしてミツバチを見る目を変えていただきたいのです

Notice/ that this man is not getting stung.//

この男性が刺されていないことにお気づきでしょうか

He probably has/ a queen bee tied to his chin,/ and the other bees are attracted to it.//

もしかしたら女王蜂をあごに括り付けて ハチの気をそらしているのかもしれません

So this really demonstrates our relationship/ with honeybees,/ and that goes deep back/ for thousands of years.//

彼のこの姿は我々人間とミツバチとの 数千年にも及ぶつながりを表しています

We're very co-evolved,/ because we depend on bees/ for pollination and,/ even more recently,/ as an economic commodity.//

人類とミツバチは共に進化してきました ハチは植物の受粉を助けますし 最近では 経済的にも欠かせないものになっています

Many of you may have heard/ that honeybees are disappearing,/ not just dying,/ but they're gone.//

そのミツバチが消滅していることを ご存知の方も多いと思います 「死んでいる」のではなく「消えている」のです

We don't even find dead bodies.//

死骸も目にすることはありません

This is called colony collapse disorder,/ and it's bizarre.// Researchers/ around the globe still do not know/ what's causing it,/ but what we do know/ is/ that,/ with the declining numbers of bees,/ the costs of over 130 fruit and vegetable crops/ that we rely on for food is going up/ in price.//

これは「蜂群崩壊症候群」と呼ばれる 奇妙な現象です 世界中の研究者が いまだに理由もわからずにいます わかっていることは ミツバチの減少と共に 我々が食料としている130以上の野菜や 果物の値段が上がっているということです

So honeybees are important/ for their role/ in the economy/ as well as/ in agriculture.//

ミツバチは経済的にも農業においても 重要な役割を担っています

Here/ you can see some pictures of what are called green roofs,/ or urban agriculture.//

こちらの写真は我々が 緑の屋根とか都市農園と呼ぶものです

We're familiar/ with the image/ on the left/ that shows a local neighborhood garden/ in the South End.//

左側の写真の方が馴染みがありますね ボストンのサウスエンドにある住宅の庭です

That's/ where I call home.// I have a beehive/ in the backyard.//

私の自宅なんですが 裏庭でミツバチを飼っています

And perhaps/ a green roof/ in the future,/ when we're further/ utilizing urban areas,/ where there are stacks of garden spaces.//

右は未来の緑の屋根の想像図 都市空間をより有効に活用して 庭にできるスペースを積み重ねています

Check/ out this image/ above the orange line/ in Boston.//

これはオレンジライン(地下鉄)上にある建物ですが

Try to spot the beehive.// It's there.//

蜂の巣があるんですが どこかわかりますか?

It's on the rooftop,/ right/ on the corner there,/ and it's been there for a couple of years now.//

屋上の隅っこの方にあります もう設置されてから何年か経っています

The way/ that urban beekeeping currently operates/ is/ that the beehives are quite hidden,/ and it's not/ because they need to be.//

現在 都市で行われている養蜂は かなりひっそりと行われていますが それはなにも 隠さなきゃいけないわけではありません

It's just/ because people are uncomfortable/ with the idea,/ and that's/ why I want you/ today/ to try to think/ about this,/ think about the benefits of bees/ in cities/ and why they really are a terrific thing.//

ただそこに暮らす人たちが嫌がるからです だから今日は是非皆さんに考えていただきたい 都市でミツバチを飼うことのメリットや その素晴らしさ

Let me/ give you/ a brief rundown/ on how pollination works.//

まず受粉の仕組みについて簡単にお話しましょう

So we know flowers,/ we know fruits and vegetables,/ even some alfalfa/ in hay/ that the livestock/ for the meats/ that we eat,/ rely on pollinators,/ but you've got male and female parts/ to a plant here,/ and basically/ pollinators are attracted to plants/ for their nectar,/ and in the process,/ a bee will visit some flowers/ and pick up/ some pollen,/ or/ that male kind of sperm counterpart,/ along the way,/ and then travel to different flowers,/ and eventually/ an apple,/ in this case,/ will be produced.//

ご存知の通り花や果実に野菜 そして我々が口にする牛の飼料に含まれる アルファルファも受粉媒介者に頼っています それらの植物には雄しべと雌しべがあり 基本的に受粉媒介者は植物の 蜜を求め その過程で ハチが花に潜り込み花粉が体に付着します そうして精子にあたる花粉が運ばれ 違う株の花へ辿り着き やがて 例えばリンゴができます

You can see the orientation.// The stem is down.//

茎が下に向かって伸びていますね

The blossom end has fallen off/ by the time/ we eat it,/ but that's a basic overview of how pollination works.//

花の先の部分は果実が食べられるころにはなくなります 受粉の仕組みはこのようなものです

And let's think/ about urban living, not today, and not in the past,/ but what about/ in a hundred years?//

では次に 都市生活について考えてみましょう ただし現在や 過去についてではなく これから100年後の都市生活です

What's it/ gonna look like?// We have huge grand challenges/ these days of habitat loss.// We have more and more people,/ billions of people,/ in 100 years,/ God knows how many people,/ and how little space/ there will be to fit all of them,/ so we need to change/ the way that/ we see cities,/ and looking at this picture/ on the left of New York City/ today,/ you can see how gray and brown/ it is.//

どういうふうになっているでしょう? 我々の直面する大きな問題は 居住スペースの減少です 人口増加は 過去100年で数十億です いったい今後どれだけ増えるのか 居住空間が どの程度不足するのか 誰にもわかりません 都市に対する見方を変える必要があります 左側の写真は現在のニューヨークですが グレーと茶色ばかりですね

We have tar paper/ on the rooftops/ that bounces heat back/ into the atmosphere,/ contributing to global climate change,/ no doubt.//

屋根に貼られたタール紙が大気中に 熱を跳ね返しますから 気候変動に影響しているのは確実でしょう

What about in 100 years,/ if we have green rooftops everywhere,/ and gardening,/ and we create our own crops right/ in the cities?// We save on the costs of transportation,/ we save on a healthier diet,/ and we also educate and create/ new jobs locally.//

100年後 緑の屋根が普及していれば そこでガーデニングや農作物の栽培が 都市でできれば 輸送のコストを低減し 安全な食料を確保し 更に学ぶことができ 地元で新たな職を 創り出すことができます

We need bees/ for the future of our cities and urban living.//

私たちの都市とそこでの生活を守るために ミツバチが必要です

Here's some data/ that we collected through our company/ with Best Bees,/ where we deliver, install and manage honeybee hives/ for anybody/ who wants them,/ in the city,/ in the countryside,/ and we introduce honeybees,/ and the idea of beekeeping/ in your own backyard or rooftop or fire escape,/ for even that matter,/ and seeing how simple/ it is/ and how possible/ it is.//

我々の会社で集めたデータがあります ベスト・ビーズはミツバチの巣箱を要望に応じて 届け 設置し 管理をします 都会・田舎を問わずミツバチと養蜂というアイデアを紹介し 自宅の庭や屋根 また必要であれば 非常階段でも養蜂がいかに無理なく 簡単にできるということを知っていただきます

There's a counterintuitive trend/ that we noticed in these numbers.// So/ let's look/ at the first metric here,/ overwintering survival.//

さて データですがおかしな傾向が見られます こちらの指標をご覧ください 越冬生存率に関するものです

Now/ this has been a huge problem/ for many years,/ basically/ since the late 1980s,/ when the varroa mite came and brought many different viruses,/ bacteria and fungal diseases/ with it.//

これは長年大きな問題になっているのですが 1980年代にバロアダニが入ってきて 様々なウィルスや細菌を持ち込みました そして真菌病をもたらしました

Overwintering success is hard,/ and that's/ when most of the colonies are lost,/ and we found/ that in the cities,/ bees are surviving better/ than they are in the country.//

越冬を成功させるのは大変です 冬を越す時に多くのコロニーが失われます 都市では田舎よりもミツバチの越冬生存率が 高いことがわかりました

A bit counterintuitive,/ right?//

ちょっと考えられないですよね?

We think,/ oh,/ bees,/ countryside,/ agriculture,/ but that's not/ what the bees are showing.//

普通ハチといえば田園風景を思い浮かべます でもハチは違うというのです

The bees/ like it/ in the city.// (Laughter) Furthermore,/ they also produce/ more honey.//

ハチは都会が好きなんですね (笑) さらに都会ではより多くの蜂蜜を作るんです

都会の蜂蜜は美味しいんですよ

The bees/ in Boston/ on the rooftop of the Seaport Hotel,/ where we have hundreds of thousands of bees/ flying overheard right now/ that I'm sure/ none of you noticed/ when we walked by,/ are going to all of the local community gardens/ and making delicious, healthy honey/ that just tastes/ like the flowers/ in our city.//

ボストンではシーポートホテルの屋上に 何百何千のハチがいて 皆さんはお気づきでないでしょうが 今も頭の上を飛び回っています そのハチたちは近所の庭に飛んでいき 美味しくてヘルシーな蜂蜜 ボストンに咲く花の味がする蜂蜜を作っています

So the yield/ for urban hives,/ in terms of honey production,/ is higher/ as well as/ the overwintering survival,/ compared/ to rural areas.//

つまり 都会のミツバチと田舎のミツバチを比較すると 越冬生存率だけでなく蜂蜜の生産量も 高いことがわかります

Again,/ a bit counterintuitive.//

やはり何か不思議な感じがしますね

And looking back historically/ at the timeline of honeybee health,/ we can go back/ to the year 950/ and see/ that there was also a great mortality of bees/ in Ireland.//

ミツバチの健康に関して歴史を振り返ってみましょう 西暦950年までさかのぼってみると アイルランドでミツバチの大量死があったことがわかります

So/ the problems of bees/ today isn't necessarily/ something new.// It has been happening since/ over a thousand years ago,/ but what we don't really notice/ are these problems/ in cities.//

ミツバチの大量死などの問題は必ずしも 新しい問題ではなく1000年以上も前から 起きていることなのです 私たちが気付かない問題は都会で起こる問題です

So one thing/ I want to encourage/ you/ to think about is the idea of what an urban island is.//

そこで皆さんに是非考えてほしいことは 都市という独特な環境についてです

You think in the city maybe/ the temperature's warmer.//

恐らく都会では気温が高いと思われるでしょう

Why are bees doing better/ in the city?//

なぜ都市の方がハチが元気なのでしょう

This is a big question now/ to help us understand/ why they should be in the city.//

これは我々がミツバチが なぜ都会に向いているのかを 理解するための重要な問いです

Perhaps/ there's more pollen/ in the city.//

花粉がより多くあるのでしょうか

With the trains/ coming in/ to urban hubs,/ they can carry pollen/ with them,/ very light pollen,/ and it's just a big supermarket/ in the city.//

郊外からの電車は非常に軽い花粉を 都市のハブに運んでくるかもしれません まるで大きな市場のようなものです

A lot of linden trees live along the railroad tracks.//

線路沿いには多くのシナノキが生えています

Perhaps/ there are fewer pesticides/ in the cities/ than there are in [ rural ] areas.//

おそらく都会の方が田舎よりも 殺虫剤の量が少ないのかもしれませんが

Perhaps/ there are other things/ that we're just not thinking/ about yet,/ but that's one idea/ to think about,/ urban islands.//

他にも我々の考えつかないことがあるかもしれません 都会独特の環境は 考える価値があります

And colony collapse disorder is not the only thing/ affecting honeybees.// Honeybees are dying,/ and it's a huge, huge grand challenge of our time.//

ミツバチに影響を与えているのは 蜂群崩壊症候群だけではなく 他の原因でもミツバチが死んでいます これは非常に由々しき問題です

What you can see up/ here is a map of the world,/ and we're tracking/ the spread of this varroa mite.//

こちらの世界地図上で バロアダニの拡大を追跡しています

Now,/ the varroa mite is/ what changed the game/ in beekeeping,/ and you can see,/ at the top right,/ the years are changing,/ we're coming up to modern times,/ and you can see the spread of the varroa mite/ from the early 1900s/ through now.//

バロアダニは養蜂のあり方を大きく変えました 右上の数字をご覧いただくと 1900年代初めから現在まで バロアダニがいかに広がっているか おわかりいただけるでしょう

It's 1968,/ and we're pretty much covering/ Asia.//

1968年にはアジアのほとんどを

1971,/ we saw/ it spread to Europe and South America,/ and then,/ when we get to the 1980s,/ and specifically/ to 1987,/ the varroa mite finally came to North America/ and/ to the United States,/ and that is/ when the game changed for honeybees/ in the United States.//

1971年にはヨーロッパと南アメリカ 1980年代まで下って 1987年にはバロアダニはついに アメリカ合衆国にまで到達しました アメリカのミツバチにとっては それが転換点となりました

Many of us will remember our childhood/ growing up,/ maybe/ you got stung by a bee,/ you saw bees/ on flowers.//

子供時代にミツバチに刺されたり 見かけたことを覚えているでしょう

Think of the kids today.// Their childhood's a bit different.//

今日の子供達の子供時代は少し様子が違います

They don't experience this.//

彼らはそうした経験をしません

The bees just aren't around anymore.//

ハチが周りにいないのです

So we need bees/ and they're disappearing/ and it's a big problem.//

必要なハチがいなくなってしまっている 大きな問題です

What can we do here?//

私たちには何ができるのでしょう?

So,/ what I do/ is honeybee research.//

私はミツバチの研究をしています

I got my Ph.D./ studying honeybee health.//

ミツバチの健康について博士号を取りました

I started in 2005 studying honeybees.//

2005年に研究を始めて

In 2006,/ honeybees started disappearing,/ so suddenly,/ like,/ this little nerd kid/ going to school/ working with bugs --/ (Laughter) --/ became very relevant/ in the world.//

2006年からミツバチが消滅し始めました 学校でムシをいじくっていた このオタクが突如として ― (笑) ― 世界にとって重要な人間になったのです

And it worked out/ that way.//

そんないきさつでした

So my research focuses on ways/ to make bees healthier.//

私の研究の焦点は 「いかにハチを健康にするか」にあります

I don't research/ what's killing the bees,/ per se.//

ハチを殺している要因自体は直接研究していません

I'm not one of the many researchers/ around the world/ who's looking at the effects of pesticides or diseases or habitat loss and poor nutrition/ on bees.//

世界中にいる多くの研究者のように 殺虫剤や病気やハチの住処・栄養の不足について 研究しているのではありません

We're looking/ at ways/ to make bees healthier/ through vaccines,/ through yogurt,/ like probiotics,/ and other types of therapies/ in ways/ that can be fed orally/ to bees,/ and this process is so easy,/ even a 7-year-old can do it.//

ハチを健康にする方法を研究しています ワクチンやヨーグルトや細菌など ハチへの経口投与による様々な治療方法です このプロセスは非常に簡単で7歳の子供でもできます

You just mix up/ some pollen, sugar and water,/ and whatever active ingredient/ you want to put in,/ and you just give it right/ to the bees.// No chemicals involved,/ just immune boosters.//

砂糖や水を花粉に混ぜたり 他にも何か有効成分を混ぜたりして ハチに与えるだけで薬剤は不要です ハチの免疫力を高めるだけです

Humans think about our own health/ in a prospective way.//

ヒトは自分の健康を未来志向で考えます

We exercise,/ we eat healthy,/ we take vitamins.//

運動したり健康的な食事をしたりビタミンを飲んだりします

Why don't we think about honeybees/ in that same type of way?//

ミツバチについても同じように考えればいいのです

Bring them/ to areas/ where they're thriving/ and try to make/ them healthier/ before they get sick.//

彼らが元気で暮らしている場所に連れてくる ミツバチを健康にしてあげて病気を予防するのです

I spent many years/ in grad school/ trying to poke/ bees/ and do vaccines/ with needles.// (Laughter) Like,/ years,/ years/ at the bench,/ "Oh/ my gosh,/ it's 3 a.m./ and I'm still pricking/ bees."// (Laughter)/ And then/ one day/ I said,/ "Why don't we just do an oral vaccine?"//

大学院ではハチにワクチンを注射するために長い時間を (笑) そう何年も何年も 研究室に居残って 「おやもう 朝の3時になってしまった」 「まだハチの注射が終わってない」なんて (笑) ある日ひらめきました 「経口投与すればいいんじゃない?」

It's like,/ "Ugh,/"/ so that's/ what we do.// (Laughter)/ I'd love to share/ with you/ some images of urban beehives,/ because they can be anything.//

そして「ああそうか」となって今があります (笑) これは都会にある巣箱の写真です どんな姿形にでもできますよ

I mean,/ really open your mind/ with this.//

自由な発想でいいんです

You can paint a hive/ to match your home.//

お宅にマッチするように塗っても構いません

You can hide a hive/ inside your home.//

お宅の中に巣箱を隠すこともできます

These are three hives/ on the rooftop of the Fairmont Copley Plaza Hotel,/ and they're beautiful here.// I mean,/ we matched the new color of the inside of their rooms/ to do some type of a stained wood/ with blue/ for their sheets,/ and these bees are terrific,/ and they also will use herbs/ that are growing in the garden.//

フェアモント・コプリー・プラザ・ホテルの 屋上には3つの巣箱があります 美しいですねえ ホテルの部屋の調度に合わせて 塗装した木材を使いました それにハチ達は庭で栽培されているハーブを 利用するんです 素晴らしいですね

That's/ what the chefs go to to use/ for their cooking,/ and the honey --/ they do live events --/ they'll use that honey/ at their bars.//

ハーブはシェフが料理に使い ハチが作る蜂蜜は ホテルのバーで使われます

Honey is a great nutritional substitute/ for regular sugar/ because there are different types of sugars/ in there.//

砂糖の代わりに蜂蜜を使えば健康的です 様々な糖分が含まれていますから

We also have/ a classroom hives project,/ where --/ this is a nonprofit venture --/ we're spreading/ the word/ around the world/ for how honeybee hives can be taken into the classroom/ or/ into the museum setting,/ behind glass,/ and used as an educational tool.//

また教室でハチを飼うこともしています これは非営利のベンチャーですが 蜂の巣箱が教室でも取り入れられるということを 世界に向けて宣伝しています または博物館でもガラスケースの中で 教育のために設置することもできます

This hive/ that you see/ here has been in Fenway High School/ for many years now.//

こちらの巣箱はもう長い間 フェンウェイ高校に設置されています

The bees fly right/ into the outfield of Fenway Park.//

ハチはフェンウェイパークの外野に飛んでいきますが

Nobody notices it.// If you're not a flower,/ these bees do not care about you.// (Laughter)/ They don't.// They don't.// They'll say,/ "S'cuse me,/ flying around."// (Laughter)/ Some other images here/ in telling a part of the story/ that really made/ urban beekeeping terrific is in New York City,/ beekeeping was illegal/ until 2010.//

気付かないでしょう あなたが花でない限り ハチは皆さんに興味もありません(笑) 全く気にしないんです ブンブンしながら 「ちょっとごめんよ」なんて言うくらいです (笑) 都市での養蜂が素晴らしいものである理由を この写真が物語っています ニューヨークでは2010年まで養蜂は違法でした

That's a big problem,/ because/ what's going to pollinate/ all of the gardens/ and the produce locally?// Hands?//

それは大きな問題です 植物を受粉させようとしても 地元で生えている植物の受粉はどうします? まさか手でやりますか?

I mean,/ locally/ in Boston,/ there is a terrific company called Green City Growers,/ and they are going and pollinating their squash crops/ by hand/ with Q-Tips,/ and/ if they miss/ that three day window,/ there's no fruit.//

ここボストンには素晴らしい会社があって グリーン・シティ・グロウワーズという会社が 綿棒を使って手作業でカボチャを受粉させていました もし彼らが貴重なタイミングを逃せば 実はできません

Their clients aren't happy,/ and people go hungry.//

顧客は不服で人々は空腹になりますね

So this is important.//

受粉はとても重要です

We have also/ some images of honey/ from Brooklyn.//

写真はブルックリンでとれた蜂蜜です

Now,/ this was a mystery/ in the New York Times/ where the honey was very red,/ and the New York State forensics department came in and they actually did some science/ to match the red dye/ with that found in a maraschino cherry factory/ down the street.// (Laughter)/ So you can tailor your honey/ to taste however/ you want by planting bee-friendly flowers.//

ニューヨークタイムズでは謎としてとりあげられました 蜂蜜が真っ赤だったので 州の化学調査班が調査しました その調査の結果わかったことによると 赤い色の正体は 少し先にあるマラスキーノ・チェリーの工場でした (笑) つまり蜂蜜と共生できる花を植えることによって 自分好みの蜂蜜を作れます

Paris has been a terrific model/ for urban beekeeping.//

パリは都市での養蜂の素晴らしいお手本です

They've had hives/ on the rooftop of their opera house/ for many years now,/ and that's/ what really got people started,/ thinking,/ "Wow,/ we can do this,/ and we should do this."//

オペラ座の屋上にはずっと巣箱があって 人々はこう考えるようになりました 「これなら私たちにもできそうだし やるべきだ」

Also/ in London,/ and in Europe/ across the board,/ they're very advanced in their use of green rooftops and integrating beehives,/ and I'll show you/ an ending note here.//

ロンドンでもヨーロッパ全体でも 人々は緑の屋上の活用と巣箱を置くことについて すいぶんと先進的です 最後になりますが

I would like to encourage/ you/ to open your mind.//

皆さんにも心を開いていただきたいのです

What can you do to save/ the bees/ or to help them/ or to think of sustainable cities/ in the future?//

ハチを守り助けるために また将来の持続可能な 都市について考えるために何ができるか

Well,/ really,/ just change your perspective.//

見方を大きく変えて欲しいのです

Try to understand/ that bees are very important.//

ハチの重要さをわかっていただきたい

A bee isn't going to sting you/ if you see it.//

ミツバチはあなたに見つかったからといって刺しはしません

The bee dies.// Honeybees die/ when they/ sting,/ so they don't want to do/ it either.// (Laughter)/ It's nothing/ to panic about.// They're all/ over the city.//

ミツバチは一度刺すと死んでしまうんです そんなことしたくもないでしょう (笑) パニックを起こす必要はありません 都市では街中にミツバチはいるんです

You could even get your own hive/ if you want.//

自分の巣箱を持つこともできるんです

There are great resources available,/ and there are/ even companies/ that will help get you set up/ and mentor you/ and it's important/ for our educational system/ in the world/ for students/ to learn about agriculture worldwide/ such as this little girl,/ who,/ again,/ is not even getting stung.//

すぐ手に入りますし 巣箱の設置と世話の指導をする会社もあります また教育的にも農業について学ぶことが 世界中で重要になっています この女の子を見て下さい 刺されてなんていないでしょう

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

beard

〈C〉(人の)『あごひげ』

(動物の)あごひげ;(一般に)ひげ状のもの

…‘に'勇敢に立ち向かう

laughter

『笑い』,笑い声

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

honeybee

ミツバチ

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

insect

『昆虫』;(一般に)虫

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

stung

stingの過去・過去分詞

probably

『たぶん』,『おそらく』

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

chin

『あご』(下あごの先端)

(鉄棒で)懸垂をする

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

pollination

授粉[作用]

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

economic

『経済の』

『経済学の』

commodity

『日用品』,必需品;商品

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

colony

『植民地』

植民団,居留民;(外国人の)集団居留地

(同ど人種・宗教・職業などの人たちが住む)『集団』,部落

(動物・鳥・虫などの)集団;(生物の)群体,群落《+『of』+『名』》

《the Colonies》アメリカ合衆国を形成した13州のイギリス植民地

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

bizarre

一風変わった,変な(odd);奇怪な,異様な(grotesque)

researcher

研究者,調査員

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

vegetable

{C}《複数形で》『野菜』,青物;野菜の食用になる部分

{U}植物

{C}植物人間(脳の機能が冒され,呼吸・消化・排出機能などだけが健全に人間)

植物の,植物性の

野菜の

植物のような,単調な,活気のない

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

rely

『あてにする』,たよる

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

agriculture

『農業』,農学

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

urban

都市(都会)の

都市に住む

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

beehive

=hive 1

人の混み合っている場所

backyard

裏庭

家の後ろの

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

rooftop

屋根;屋上

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

currently

現在は;広く,一般に

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

hidden

隠された,隠れた,秘密の

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

terrific

(大きさ・程度が)ものすごい

恐ろしい

《話》とびきり良い,すばらしい(excellent)

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

rundown

(口頭による)要約

(野球で)挾殺(きょうさつ)

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

alfalfa

ムラサキウマゴヤシ(牛馬の牧草;紫色の花とクローバーに似た葉をつける)(また《英》lucerne)

hay

『干し草』(家畜の飼料)

干し草を作る

‘を'干し草にする;‘に'干し草を与える

livestock

家畜

meat

(食用の)『動物の肉』

《英古》《米文》(一般的に)『食物』(food)

(課実などの)食用部分,果肉

(議論・書物などの)最も重要な部分,主眼点,骨子《+『of』+『名』》

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

basically

基本的に,根本的に;元来は

nectar

ネクター(ギリシア神話で不老不死になるという神々の酒)

(一般に)甘美な飲み物,甘露

(花の)みつ

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

pollen

花粉

sperm

〈C〉精子

〈U〉精液

counterpart

(正副2通のうちの)1通,副本,写し

対応する物(人);よく似た物(人)

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

apple

『リンゴ』;リンゴの木

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

orientation

〈U〉(新しい環境などに)適応させること(すること)

〈U〉方位測定

〈C〉〈U〉(新入生などへの)オリエンテーション

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

blossom

〈C〉(特に果樹の)花

〈U〉《集合的に》花(木立または木全部の花)

〈C〉開花;開花期

〈木が〉花が咲く,花が開く

発展する,栄える《+out》;(…に)成長する《+[out]into+名》

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

overview

概観,大要

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

gon na

going toの縮約形

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

habitat

(動・植物の)産地,生息地

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

tar

タール(石炭・木材を乾留するとできる黒い溶液で,coal tarはこの一種)

…‘に'タールを塗る

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

bounce

〈ボールなどが〉『はずむ』,はる返る

〈人が〉『はねる』

…'を'『はずませる』,はる返らせる

〈C〉『はね返り』,はずみ

〈U〉『弾力』

〈U〉《話》元気,活気

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

no doubt

確かに,きっと,恐らく

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

gardening

造園,園芸

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

diet

(日本・デンマーク・スウェーデンなどの)『議会』,国会

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

locally

地方的に,局部的に;近くに

datum

dataの単数形

既知の事実

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

install

〈装置など〉‘を'『取り付ける』,設備する

〈人〉‘を'『就任させる』,‘の'就任式を行う

《場所を表す副詞[句]を伴って》…‘を'落ち着かせる,席につける

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

hive

ミツバチの巣箱

巣箱に住む一群のミツバチ

人のおおぜい忙しく集まる所;がやがや集まっている群衆

〈ミツバチ〉‘を'巣箱に入れる

〈みつ〉‘を'蓄える

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

countryside

『いなか』,地方,田園

《集合的に》地方の住民

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

fire escape

火災避難装置(避難ばしご,非常階段,滑降機など)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

metric

メートル法の

=metrical

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

mite

ダニ(動植物や貯蔵品などに寄生する虫)

virus

ビールス,ろ過性病原体

bacteria

『バクテリア』,細菌

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

showing

見せること,示すこと;展示;展示会

外観(appearance);成績,できばえ

furthermore

なお,その上に(besides),さらに(moreover)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

delicious

『おいしい』

香りのよい

喜ばしい,快い

seaport

海港;港町

hotel

『ホテル』,旅館

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

historically

歴史的に,歴史上

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

Ireland

『アイルランド』(首都はDublin;北東部は英本国の一部であるが,南部はthe Republic of Ireland(アイルランド共和国)という独立国)

necessarily

『必ず』,必然的に

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

warmer

暖めるもの,加温器

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

railroad

『鉄道』,鉄道線路

『鉄道会社』;鉄道施設

《米》…‘を'鉄道で輸送する

《話》〈法案など〉‘を'大急ぎで(…を)通す《+『名』+『through』+『名』》

《米俗》〈人〉‘を'でっち上げの証拠で牢に送りこむ

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

pesticide

殺虫剤

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

Asia

『アジア』

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

childhood

『幼時』,子供時代

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

sting

〈動植物が〉(針・とげなどで)…‘を'『刺す』

〈神・舌など〉‘を'『ひりひりさせる』,ちくちくさせる

〈人〉‘の'『心を苦しめる』

〈人〉‘を'刺激して(…)させる,駆りたてて(…)させる《+『名』+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

《俗》(…という大金を)〈人〉‘から'だまし取る,ぼる,《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

〈ハチなどが〉『刺す』

〈体の一部が〉刺すように痛む

〈香辛料などが〉ひりひりした味方がする

苦しむ,いらいらする;〈つらい事などが〉心を苦しめる

〈C〉『刺すこと』

〈C〉〈U〉『刺し傷』,刺された痛み

〈C〉〈U〉(心・体の)激しい痛み

〈C〉皮肉,あてこすり

〈C〉(ハチなどの)針,(ヘビなどの)毒牙,(バラなどの)とげ

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

suddenly

『突然に』,だしぬけに

bug

《米》昆虫,(一般に)虫;(特に)カデトムシ(beetle)

《おもに英》=bedbug

《話》病原菌

《話》(機械の)故障

《話》(病的な)熱狂家;《the ~》…熱

《話》隠しマイク

…‘に'隠しマイクを取リ付ける

《おもに米》…'を'悩ます,てこずらせる

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

per se

それ自体は(で)(in itself),本質的に

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

vaccine

牛痘種,痘苗(牛痘を起こすビールスで,天然痘予防のために人体に接種される)

(伝染病の病原菌から作った)ワクチン

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

orally

口頭で,口述で

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

booster

《米》しり押しする人,後援者

(電気)昇圧器

(ミサイルの)補助推進装置

(薬の)効能促進剤

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

prospective

未来の,将来の

予想される,見込みのある

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

vitamin

『ビタミン』,栄養素(身体の喜常な機能を維持するために少量ながら必要な有機化合物)

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

grad

(大学の)卒業生

poke

(とがったもので)…‘を'『突く』,つつく《+『名』+『名』+『with』+『名』》

(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'突き出す《+『名』+『out of』+『名』》

(…に)〈穴〉‘を'つついて作る《+『名』+『in(through)』+『名』》

《話》…‘を'こぶしでなぐる(打つ)

(…を)『突く』,つつく《+『at』+『名』》

(…から)突き出る《+『out of』+『名』》

(指ひじ・棒などで)突くこと

《話》(こぶしで)打つこと

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

bench

『ベンチ』,長いす

〈U〉(職人・技師・科学者の)作業台,実験台,細工台

長くて狭い段丘

《the~》(スポーツの)選手席,ベンチ;《集合的に》補舌選手たち

〈C〉裁判官席;〈U〉裁判官の職(地位)

《集合的に》《the~》裁判官[たち]

〈C〉(英国議会などの)議席

〈選手〉'を'補欠としてベンチに座らせておく

gosh

えっ,おや(軽い喜び・驚きを表す)

prick

(…で)…‘を'『ちくりと刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

〈人,人の心身〉‘を'『ちくちく痛ませる』,ちくちく苦しめる

『ちくりと刺すこと』

刺してできた傷,突き傷;刺し穴

刺すような痛み;(心の)うずき,痛み《+『of』+『名』》

とげ,針

oral

『口頭の』,口述の(spoken)

口の,口部の

経口の

ugh

うふ,うっ,あっ(嫌悪.不満.恐怖などを表す声)

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

plaza

(都市の)大広場

stain

(…で)…‘を'『汚す』,‘に'しみをつける《+『名』+『with』+『名』》

〈ガラス・木材・布など〉‘に'『着色する』

(…で)〈人格・名声など〉‘を'汚す,‘に'傷をつける《+『名』+『with』+『名』》

汚れる,しみがつく

〈C〉〈U〉(…についた)『しみ』,汚れ《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉着色剤,染料

〈C〉(人格・名声などに対する)汚点,傷《+『on』(『upon』)+『名』》

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

herb

草,草本

薬用(香料)植物

chef

コック長,料理長

コック,料理人

cooking

料理;料理法

料理用の

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

nutritional

栄養の,栄養的の

substitute

(…の)『代りをする人(物)』,補欠(選手など),代用品《+for+名》

…‘を'(…の)『代りに用いる』《+名+for+名》

(…の)『代りをする』《+for+名》

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

classroom

『クラスルーム』,教室

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

nonprofit

非営利的な

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

museum

『博物館』;美術館

setting

〈C〉(宝石などの)はめこみ台

〈C〉(劇・文学作品り)背景・舞台

〈C〉(劇の)舞台装置,道真立て

〈C〉(一般に)環境,境遇

〈U〉〈C〉(物語・詩などにつけられた)曲

〈C〉(卵の)一かえり,一抱き

〈U〉すえつけること,置くこと;(日・月の)入り

〈C〉一分の食器類

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

outfield

(野球・クリケットの)外野;《集合的に》外野手

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

illegal

『不法の』,違法の

pollinate

〈めしべなど〉に授粉する

grower

〈C〉栽培者,(家畜などの)飼育者,養殖者

《a+形容詞+growerで》…植物

squash

…‘を'押しつぶす,ぐしゃぐしゃにする

(…の中に)…‘を'押し込める,詰め込む《+名+into(in)+名》

〈暴動など〉‘を'鎮圧する;《話》〈人〉‘を'やり込めて黙らせる

つぶれる,ぺしゃんこになる

(…の中に)割り込んでいく《+『into』(『in』)+『名』》

《a~》雑踏,群衆(crowd)

〈U〉押しつぶすこと;押しつぶされた状態;〈C〉ペシャッ]とつぶれる音],ペタン]と落ちる音]

〈U〉《英》スカッシュ(果汁(かじゅう)をもとにした清涼飲料)

=squash rackets

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

Brooklyn

ブルックリン(New York市の1区で,Long Islandの西部にある)

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

times

…掛ける

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

forensic

法廷の,法廷で用いている

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

dye

(髪・布などの)『染料』

染め色,色合い

…‘を'『染める』,‘に'色をつける

〈布などが〉『染まる』

maraschino cherry

マラスキノチェリー(マラスキノ酒で味付けしたサクランボ;デザートやカクテルに用いる)

factory

『工場』,製作所

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

tailor

(男子服の)『洋服屋』,仕立て屋

〈男子服〉‘を'『仕立てる』

(特定の目的に合うように)〈物・計画など〉‘を'『作る』《+名+to+名》

洋服屋(仕立て屋)をする

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

opera house

(おもに)歌劇場

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

panic

〈C〉〈U〉『あわてふためき,恐慌』,ろうばい

〈C〉経済恐慌,パニック

《単数形で》《米俗》とてもおかしなもの,珍無類なもの

あわてふためく,恐慌に陥る

…‘を'あわてさせる

《米俗》〈観客〉‘を'沸きたたせる

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

mentor

指導者,師・(良き)助言者,顧問

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画