TED日本語 - エドワード・オズボーン・ウィルソン: 若手科学者へのアドバイス

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「世界はあなた方を必要としている、とても」世界的権威の生物学者エドワード・オズボーン・ウィルソン博士が、若手科学者に語り掛けます。執筆中の本から生涯の経験を通して得た教訓を語ると共に、科学者の極意は好奇心と創造性にあることを思い起こさせます。

Script

これからお話する内容は 今執筆中の本 「若き科学者への手紙」(仮称) から 拾ったものです 長年の教職と多くの分野の科学者を指導した経験が 長年の教職と多くの分野の科学者を指導した経験が 皆さんのご参考になればと思います その中で培った原理もいくつかご紹介しましょう その中で培った原理もいくつかご紹介しましょう

まず強く申し上げたいのは― 特に若い人たちに― 皆さんが選んだ路を辿り着ける果てまで歩んで欲しい 皆さんが選んだ路を辿り着ける果てまで歩んで欲しい 世界はあなた方を必要としています とっても 人類は科学技術時代の真っただ中にあります 逆戻りすることはあり得ません

分野により違いはあります例えば 天体物理学 分子遺伝学 免疫学 微生物学 そして 共生体としての人体に関する新分野 公共衛生 環境科学 医学および科学全般の知識は 15~20年ごとに倍増しています 医学および科学全般の知識は 15~20年ごとに倍増しています 技術の進歩も同様です このふたつは相まって― 皆さんよくご存じのとおり― 人間の生活に広まっています

科学技術の発展は速く その紆余曲折は衝撃的で 科学技術の発展は速く その紆余曲折は衝撃的で 10年後にどうなるのかすら 誰も予想できません

もちろん 1600年代から続く発見と知識の急速な発展は もちろん 1600年代から続く発見と知識の急速な発展は いずれ頂点に達し 勢いが衰えるでしょう いずれ頂点に達し 勢いが衰えるでしょう しかし皆さんにとっては関係ありません 科学技術の発展は 少なくとも あと数十年は続きます 科学技術の発展は 少なくとも あと数十年は続きます 人間が置かれる状況はこれからも急激に変わることでしょう 人間が置かれる状況はこれからも急激に変わることでしょう 伝統的な学術分野は成長し続け その結果 必然的に融合しながら新しい分野を創造するでしょう

やがて全ての科学は 原理や法則をくまなく網羅する連続的な知識となるでしょう 従って あなた方は一つの専門分野に特化せず 関連する あるいは一見何の関係もない分野の知識を得るべきです 関連する あるいは一見何の関係もない分野の知識を得るべきです

常に目を凝らし 頭を回すのです 知識の探索は我々の遺伝子に宿る 我々の祖先からの贈り物なのです 世界中に広がり 決して留まることを知りません 世界中に広がり 決して留まることを知りません これからも進化する文明の一部として 知的探究を理解し賢く利用するには 科学に明るい あなた方のような人がもっと多く必要です 教育 医薬 司法 外交 政府 ビジネス メディアなど さまざまな 分野においてです

我々の政治指導者は少なくともある程度の科学知識を持つべきです 今日もっとも欠けていることですが― 拍手は無用ですよ 望ましくは 政治家は公職に付く前に予習すべきです 付いてからではなく この点は 科学者として 実験室でどれだけ没頭しようと 外で 教師としての役割を果たすことも重要です 外で 教師としての役割を果たすことも重要です

さて ここで少し触れたいのは 科学者になる上で重要な資産あるいは障害になりうるテーマです 科学者になる上で重要な資産あるいは障害になりうるテーマです 数学に自信がない人は 心配無用です 今日 最も成功している科学者の多くは数学的には半人前です 今日 最も成功している科学者の多くは数学的には半人前です

例えるなら 優秀な数学者 統計学者や理論家が 拡大していく科学領域の設計者だとすると 優秀な数学者 統計学者や理論家が 拡大していく科学領域の設計者だとすると いわゆる第一人者を含めた大多数の基礎や応用科学者は いわゆる第一人者を含めた大多数の基礎や応用科学者は 地形を計測したり 未知の荒野に乗り出し 新しい道を切り開いたり 建物を建てたりするのです 新しい道を切り開いたり 建物を建てたりするのです

無謀なことかも知れませんが 私は科学者の卵に会って話す時は 数学の心配はしないようにと伝えます ハーバードで 41年に渡り生物学を教えた間 残念にも 数学が苦手なために 優秀な学生が科学のキャリアを断念したり 必修科目でない講座は受講すらしないのを見てきました 彼らは失敗することが怖いのです 数学恐怖症のせいで 科学や医療が必要としている人材が不足しています 数学恐怖症のせいで 科学や医薬が必要としている人材が不足しています

不安を払しょくする方法は次のとおりです 数学は言語だと思いなさい 数学は話し言葉にあるような法則に従い話し言葉のように特定の文法があります 数学は話し言葉にあるような法則に従い話し言葉のように特定の文法があります 数学は話し言葉にあるような法則に従い話し言葉のように特定の文法があります 平均的な数量的能力を持ち初等レベルの数学の読み書きができる人であれば 平均的な数量的能力を持ち初等レベルの数学の読み書きができる人であれば ほとんどの科学分野の数学的概念をマスターする上で ほとんどの科学分野の数学的概念をマスターする上で 必要な基礎を理解することは難しくありません

半人前になる努力を躊躇すればするほど 習得は難しくなります 話し言葉と同様です しかし 年齢に関係なくできることなのです この件について 私は極端な体験をしている権威です この件について 私は極端な体験をしている権威です 私はアラバマ大学に入学するまで代数学を勉強しませんでした 私はアラバマ大学に入学するまで代数学を勉強しませんでした その前は誰も教えてくれなかったのです

微積分を勉強したのは 32歳既にハーバード終身教授の時でした 歳が半分近く若い学部生に交じって居心地悪く 講義を聞いていました 歳が半分近く若い学部生に交じって居心地悪く 講義を聞いていました 何人かは私が教えていた 生物進化論の学生でした 何人かは私が教えていた 生物進化論の学生でした プライドを飲み込んで微積分を勉強しました

科学とその適用分野において重要なことは技術的な能力ではなく 応用できる想像力です 科学とその適用分野において重要なことは技術的な能力ではなく 応用できる想像力です 科学とその適用分野において重要なことは技術的な能力ではなく 応用できる想像力です 本能を頼りに描く本質や過程のイメージを概念として作り上げる能力です 本能を頼りに描く本質や過程のイメージを概念として作り上げる能力です 科学の進歩はほとんど上流工程からは来ません― 黒板に立って数学の定理や方程式を解きながら生まれるイメージよりも 黒板に立って数学の定理や方程式を解きながら生まれるイメージよりも 黒板に立って数学の定理や方程式を解きながら生まれるイメージよりも むしろ下流工程の想像力が生んだ努力の方が科学の進歩を生むのです その過程で数学的裏付けは必ずしも重要ではありません アイデアは実在あるいは想像した世界の一部をじっくりと研究すると出てくるものです アイデアは実在あるいは想像した世界の一部をじっくりと研究すると出てくるものです

もっとも重要なことは取りかかろうとする領域に関する 全ての本質や過程に関する知識を総合的に体系立てて理解することです 全ての本質や過程に関する知識を総合的に体系立てて理解することです 何か新たな発見をした場合 理論的に取るべき次の手順の一つは 数学および統計的手法を用いて分析を進めることです それが発見者またはチームにとって困難だというのなら それが発見者またはチームにとって困難だというのなら 数学者をチームに協力者として追加すればいいのです 数学者をチームに協力者として追加すればいいのです

ある原理を紹介しましょう 謙遜して ウィルソンの原理 # 1 と呼びます 医学研究者も含めて 科学者が 必要な時に 数学者や統計学者の協力を仰ぐ方が 科学者が 必要な時に 数学者や統計学者の協力を仰ぐ方が 数学者や統計学者が 編み出した方程式を利用できる科学者を探し出すより よっぽど簡単だ 数学者や統計学者が 編み出した方程式を利用できる科学者を探し出すより よっぽど簡単だ 重要なのは自分が選ぶ科学の方角を決める際 自分の能力に応じた強い興味がわくテーマを見つけたら それに集中することです

そこでウィルソンの原理 #2です 研究者 技術者 教師 マネジャー ビジネスマンに係らずあらゆる科学者に ― 研究者 技術者 教師 マネジャー ビジネスマンに係らずあらゆる科学者に ― その人の数学能力に適していて偉業を達成できる科学あるいは医学分野がある その人の数学能力に適していて偉業を達成できる科学あるいは医学分野がある その人の数学能力に適していて偉業を達成できる科学あるいは医学分野がある

では続けて さらにいくつかの原理を紹介しましょう では続けて さらにいくつかの原理を紹介しましょう あなたの学習やキャリアに 教職に就いている人なら若い科学者への教育や指導に役立つと思います 教職に就いている人なら若い科学者への教育や指導に役立つと思います 独自の研究をしたり世界的専門知識を得るには 独自の研究をしたり世界的専門知識を得るには 研究者が少ない分野を選びなさい 機会を探るには他の学生や研究者が少なければ少ないほどいい 機会を探るには他の学生や研究者が少なければ少ないほどいい

本質的に必要な広範な学習や高水準な研究が行われている場所で見習いすることを 本質的に必要な広範な学習や高水準な研究が行われている場所で見習いすることを 軽視しているわけではありません 年長の助言者を得たり励まし合える同年代の友人や同僚は重要です 年長の助言者を得たり励まし合える同年代の友人や同僚は重要です 年長の助言者を得たり励まし合える同年代の友人や同僚は重要です しかしそれにも増して自分を打ち破ってまだ人気がない分野を探し出すのです しかしそれにも増して自分を打ち破ってまだ人気がない分野を探し出すのです

既に 先のトークで紹介されたとおりです 1年あたり1人の研究者が発見する件数で見るとこれが進歩を早める可能性が一番高い方法です 1年あたり1人の研究者が発見する件数で見るとこれが進歩を早める可能性が一番高い方法です 軍隊の格言を聞いたことがあることでしょう 軍隊の格言を聞いたことがあることでしょう 「大砲の音に向かって行進せよ」 科学は正反対です「大砲の音から遠ざかるように行進せよ」

ウィルソンの原理 #3です 「大砲の音から遠ざかるように行進せよ」 距離をおいて観察するのです 喧噪に入ってはいけません 自分の喧噪を作るのです 自分の専門分野を確立して 自分が情熱を注ぐ職業と機会を得たら あとは専門家となるべく懸命に勉強すれば成功する可能性は飛躍的に高まります あとは専門家となるべく懸命に勉強すれば成功する可能性は飛躍的に高まります

物理学 化学 生物学 医学 さらには社会科学を通して 物理学 化学 生物学 医学 さらには社会科学を通して 物理学 化学 生物学 医学 さらには社会科学を通して 短期間で権威になれるような専門分野が 短期間で権威になれるような専門分野が そこら中にあります その分野を研究している人が少なければ 一生懸命努力すれば世界的権威になれるのです 一生懸命努力すれば世界的権威になれるのです

世界はそのような専門家を必要としているし とても重宝されるでしょう とても重宝されるでしょう 初めのうちは存在する情報や発見する内容は貧弱だし他の知識分野との関連付けも難しく感じるでしょう 初めのうちは存在する情報や発見する内容は貧弱だし他の知識分野との関連付けも難しく感じるでしょう 初めのうちは存在する情報や発見する内容は貧弱だし他の知識分野との関連付けも難しく感じるでしょう そんな状況は素晴らしいことです なぜ「簡単」ではなく「困難」なのか?

この答えが 原理 #4 です 科学的発見をする上で あらゆる課題が機会であり 科学的発見をする上で あらゆる課題が機会であり 課題が困難であればあるほど 解答の重要性が増す 課題が困難であればあるほど 解答の重要性が増す

科学的発見をする手法を根本的に分類してみましょう 科学的発見をする手法を根本的に分類してみましょう 数学者を含めて科学者が取る道は次の二つのいずれかです 数学者を含めて科学者が取る道は次の二つのいずれかです 一つは初期の発見に基づき課題を特定します 一つは初期の発見に基づき課題を特定します そしてその解答を追及します 課題は相対的に小さいかもしれません 例えば あるクルーズ船で発生したノロウイルスの感染源はどこだったのか? あるいは より大きな課題 宇宙の膨張における暗黒物質の役割とは? 解答を探すうちに 別の事象が発見され それが更なる疑問を生みます

この一つ目の手法は 森の中で ある獲物を追っているハンターが 途中で別の獲物を探し当てるようなものです 2つ目の研究手法は 対象分野を広く研究することです 2つ目の研究手法は 対象分野を広く研究することです 未知の事象あるいは既知の事象に基づくパターンを探すのです あたかも夢遊病者のハンターのようにです 研究者は興味深いものは何でもあらゆる獲物に対して関心を示します 研究者は興味深いものは何でもあらゆる獲物に対して関心を示します 探究の目的は課題の解答ではなく 解決する価値がある課題そのものです

研究の二つの手法 独自の研究方法は 私の説く最後の原理です 特定の科学分野における あらゆる課題には その理想的な解答を具現化した種 もの あるいは事象がある その理想的な解答を具現化した種 もの あるいは事象がある 逆に述べるとあらゆる種 もの あるいは事象には 逆に述べるとあらゆる種 もの あるいは事象には それらが保有する理想的な解答の対象となる重要な課題が存在する それが何か探し出しなさい 自分の流儀に沿った 発見 学習 教鞭の方法を見つけなさい 自分の流儀に沿った 発見 学習 教鞭の方法を見つけなさい

近い将来 疾病予防 衛生改善 生活の質向上に劇的な飛躍が起きるでしょう 近い将来 疾病予防 衛生改善 生活の質向上に劇的な飛躍が起きるでしょう 全ての人類の繁栄は あなた方が極める医学や科学の知識と実践に掛かっています 全ての人類の繁栄は あなた方が極める医学や科学の知識と実践に掛かっています あなた方が選んだ路は生涯を通して 人の役にたてる満足感をもたらします 今夜は ご招待いただいたことに感謝します

(拍手)

ありがとう ありがとうございます 皆さまに敬意を

What I'm going to do is to just give a few notes, and this is from a book I'm preparing called "Letters to a Young Scientist." I'd thought it'd be appropriate to present it, on the basis that I have had extensive experience in teaching, counseling scientists across a broad array of fields. And you might like to hear some of the principles that I've developed in doing that teaching and counseling.

So let me begin by urging you, particularly you on the youngsters' side, on this path you've chosen, to go as far as you can. The world needs you, badly. Humanity is now fully into the techno-scientific age. There is going to be no turning back.

Although varying among disciplines -- say, astrophysics, molecular genetics, the immunology, the microbiology, the public health, to the new area of the human body as a symbiont, to public health, environmental science. Knowledge in medical science and science overall is doubling every 15 to 20 years. Technology is increasing at a comparable rate. Between them, the two already pervade, as most of you here seated realize, every dimension of human life.

So swift is the velocity of the techno-scientific revolution, so startling in its countless twists and turns, that no one can predict its outcome even a decade from the present moment.

There will come a time, of course, when the exponential growth of discovery and knowledge, which actually began in the 1600s, has to peak and level off, but that's not going to matter to you. The revolution is going to continue for at least several more decades. It'll render the human condition radically different from what it is today. Traditional fields of study are going to continue to grow and in so doing, inevitably they will meet and create new disciplines.

In time, all of science will come to be a continuum of description, an explanation of networks, of principles and laws. That's why you need not just be training in one specialty, but also acquire breadth in other fields, related to and even distant from your own initial choice.

Keep your eyes lifted and your head turning. The search for knowledge is in our genes. It was put there by our distant ancestors who spread across the world, and it's never going to be quenched. To understand and use it sanely, as a part of the civilization yet to evolve requires a vastly larger population of scientifically trained people like you. In education, medicine, law, diplomacy, government, business and the media that exist today.

Our political leaders need at least a modest degree of scientific literacy, which most badly lack today -- no applause, please. It will be better for all if they prepare before entering office rather than learning on the job. Therefore you will do well to act on the side, no matter how far into the laboratory you may go, to serve as teachers during the span of your career.

I'll now proceed quickly, and before else, to a subject that is both a vital asset and a potential barrier to a scientific career. If you are a bit short in mathematical skills, don't worry. Many of the most successful scientists at work today are mathematically semi-literate.

A metaphor will serve here: Where elite mathematicians and statisticians and theorists often serve as architects in the expanding realm of science, the remaining large majority of basic applied scientists, including a large portion of those who could be said to be of the first rank, are the ones who map the terrain, they scout the frontiers, they cut the pathways, they raise the buildings along the way.

Some may have considered me foolhardy, but it's been my habit to brush aside the fear of mathematics when talking to candidate scientists. During 41 years of teaching biology at Harvard, I watched sadly as bright students turned away from the possibility of a scientific career or even from taking non-required courses in science because they were afraid of failure. These math-phobes deprive science and medicine of immeasurable amounts of badly needed talent.

Here's how to relax your anxieties, if you have them: Understand that mathematics is a language ruled like other verbal languages, or like verbal language generally, by its own grammar and system of logic. Any person with average quantitative intelligence who learns to read and write mathematics at an elementary level will, as in verbal language, have little difficulty picking up most of the fundamentals if they choose to master the mathspeak of most disciplines of science.

The longer you wait to become at least semi-literate the harder the language of mathematics will be to master, just as again in any verbal language, but it can be done at any age. I speak as an authority on that subject, because I'm an extreme case. I didn't take algebra until my freshman year at the University of Alabama. They didn't teach it before then.

I finally got around to calculus as a 32-year-old tenured professor at Harvard, where I sat uncomfortably in classes with undergraduate students, little more than half my age. A couple of them were students in a course I was giving on evolutionary biology. I swallowed my pride, and I learned calculus.

I found out that in science and all its applications, what is crucial is not that technical ability, but it is imagination in all of its applications. The ability to form concepts with images of entities and processes pictured by intuition. I found out that advances in science rarely come upstream from an ability to stand at a blackboard and conjure images from unfolding mathematical propositions and equations. They are instead the products of downstream imagination leading to hard work, during which mathematical reasoning may or may not prove to be relevant. Ideas emerge when a part of the real or imagined world is studied for its own sake.

Of foremost importance is a thorough, well-organized knowledge of all that is known of the relevant entities and processes that might be involved in that domain you propose to enter. When something new is discovered, it's logical then that one of the follow-up steps is to find the mathematical and statistical methods to move its analysis forward. If that step proves too difficult for the person or team that made the discovery, a mathematician can then be added by them as a collaborator.

Consider the following principle, which I will modestly call Wilson's Principle Number One: It is far easier for scientists including medical researchers, to require needed collaboration in mathematics and statistics than it is for mathematicians and statisticians to find scientists able to make use of their equations. It is important in choosing the direction to take in science to find the subject at your level of competence that interests you deeply, and focus on that.

Keep in mind, then, Wilson's Second Principle: For every scientist, whether researcher, technician, teacher, manager or businessman, working at any level of mathematical competence, there exists a discipline in science or medicine for which that level is enough to achieve excellence.

Now I'm going to offer quickly several more principles that will be useful in organizing your education and career, or if you're teaching, how you might enhance your own teaching and counseling of young scientists. In selecting a subject in which to conduct original research, or to develop world-class expertise, take a part of the chosen discipline that is sparsely inhabited. Judge opportunity by how few other students and researchers are on hand.

This is not to de-emphasize the essential requirement of broad training, or the value of apprenticing yourself in ongoing research to programs of high quality. It is important also to acquire older mentors within these successful programs, and to make friends and colleagues of your age for mutual support. But through it all, look for a way to break out, to find a field and subject not yet popular.

We have seen this demonstrated already in the talks preceding mine. There is the quickest way advances are likely to occur, as measured in discoveries per investigator per year. You may have heard the military dictum for the gathering of armies: March to the sound of the guns. In science, the exact opposite is the case: March away from the sound of the guns.

So Wilson's Principle Number Three: March away from the sound of the guns. Observe from a distance, but do not join the fray. Make a fray of your own. Once you have settled on a specialty, and the profession you can love, and you've secured opportunity, your potential to succeed will be greatly enhanced if you study it enough to become an expert.

There are thousands of professionally delimited subjects sprinkled through physics and chemistry to biology and medicine. And on then into the social sciences, where it is possible in short time to acquire the status of an authority. When the subject is still very thinly populated, you can with diligence and hard work become the world authority.

The world needs this kind of expertise, and it rewards the kind of people willing to acquire it. The existing information and what you self-discover may at first seem skimpy and difficult to connect to other bodies of knowledge. Well, if that's the case, good. Why hard instead of easy?

The answer deserves to be stated as Principle Number Four. In the attempt to make scientific discoveries, every problem is an opportunity, and the more difficult the problem, the greater will be the importance of its solution.

Now this brings me to a basic categorization in the way scientific discoveries are made. Scientists, pure mathematicians among them, follow one or the other of two pathways: First through early discoveries, a problem is identified and a solution is sought. The problem may be relatively small; for example, where exactly in a cruise ship does the norovirus begin to spread? Or larger, what's the role of dark matter in the expansion of the universe? As the answer is sought, other phenomena are typically discovered and other questions are asked.

This first of the two strategies is like a hunter, exploring a forest in search of a particular quarry, who finds other quarries along the way. The second strategy of research is to study a subject broadly searching for unknown phenomena or patterns of known phenomena like a hunter in what we call "the naturalist's trance," the researcher of mind is open to anything interesting, any quarry worth taking. The search is not for the solution of the problem, but for problems themselves worth solving.

The two strategies of research, original research, can be stated as follows, in the final principle I'm going to offer you: For every problem in a given discipline of science, there exists a species or entity or phenomenon ideal for its solution. And conversely, for every species or other entity or phenomenon, there exist important problems for the solution of which, those particular objects of research are ideally suited. Find out what they are. You'll find your own way to discover, to learn, to teach.

The decades ahead will see dramatic advances in disease prevention, general health, the quality of life. All of humanity depends on the knowledge and practice of the medicine and the science behind it you will master. You have chosen a calling that will come in steps to give you satisfaction, at its conclusion, of a life well lived. And I thank you for having me here tonight.

(Applause)

Oh, thank you. Thank you very much. I salute you.

What I'm going to do/ is to just give a few notes,/ and this is from a book/ I'm preparing called "Letters/ to a Young Scientist."//

これからお話する内容は 今執筆中の本 「若き科学者への手紙」(仮称) から 拾ったものです

I'd thought/ it'd be appropriate/ to present it,/ on the basis/ that I have had extensive experience/ in teaching,/ counseling scientists/ across a broad array of fields.//

長年の教職と多くの分野の科学者を指導した経験が 長年の教職と多くの分野の科学者を指導した経験が 皆さんのご参考になればと思います

And you might like to hear/ some of the principles/ that I've developed in doing that teaching and counseling.//

その中で培った原理もいくつかご紹介しましょう その中で培った原理もいくつかご紹介しましょう

So let me/ begin by urging you,/ particularly/ you/ on the youngsters/' side,/ on this path/ you've chosen,/ to go as far/ as you can.//

まず強く申し上げたいのは― 特に若い人たちに― 皆さんが選んだ路を辿り着ける果てまで歩んで欲しい 皆さんが選んだ路を辿り着ける果てまで歩んで欲しい

The world needs you,/ badly.//

世界はあなた方を必要としています とっても

Humanity is now fully/ into the techno-scientific age.//

人類は科学技術時代の真っただ中にあります

There is going to be no turning back.//

逆戻りすることはあり得ません

Although varying among disciplines --/ say,/ astrophysics,/ molecular genetics,/ the immunology,/ the microbiology,/ the public health,/ to the new area of the human body/ as a symbiont,/ to public health,/ environmental science.//

分野により違いはあります例えば 天体物理学 分子遺伝学 免疫学 微生物学 そして 共生体としての人体に関する新分野 公共衛生 環境科学

Knowledge/ in medical science and science overall is doubling every 15 to 20 years.//

医学および科学全般の知識は 15~20年ごとに倍増しています 医学および科学全般の知識は 15~20年ごとに倍増しています

技術の進歩も同様です

Between them,/ the two already pervade,/ as most of you here seated realize,/ every dimension of human life.//

このふたつは相まって― 皆さんよくご存じのとおり― 人間の生活に広まっています

So swift is the velocity of the techno-scientific revolution,/ so startling/ in its countless twists and turns,/ that no one can predict its outcome/ even a decade/ from the present moment.//

科学技術の発展は速く その紆余曲折は衝撃的で 科学技術の発展は速く その紆余曲折は衝撃的で 10年後にどうなるのかすら 誰も予想できません

There will come a time,/ of course,/ when the exponential growth of discovery and knowledge,/ which actually began in the 1600s,/ has to peak and level off,/ but that's not going to matter/ to you.//

もちろん 1600年代から続く発見と知識の急速な発展は もちろん 1600年代から続く発見と知識の急速な発展は いずれ頂点に達し 勢いが衰えるでしょう いずれ頂点に達し 勢いが衰えるでしょう しかし皆さんにとっては関係ありません

The revolution is going to continue/ for at least several more decades.//

科学技術の発展は 少なくとも あと数十年は続きます 科学技術の発展は 少なくとも あと数十年は続きます

It'll render the human condition radically different/ from what it is today.//

人間が置かれる状況はこれからも急激に変わることでしょう 人間が置かれる状況はこれからも急激に変わることでしょう

Traditional fields of study are going to continue to grow/ and in so/ doing,/ inevitably/ they will meet and create new disciplines.//

伝統的な学術分野は成長し続け その結果 必然的に融合しながら新しい分野を創造するでしょう

In time,/ all of science will come to be a continuum of description,/ an explanation of networks,/ of principles/ and laws.//

やがて全ての科学は 原理や法則をくまなく網羅する連続的な知識となるでしょう

That's/ why you need not just be training in one specialty,/ but also acquire breadth/ in other fields,/ related/ to and even distant/ from your own initial choice.//

従って あなた方は一つの専門分野に特化せず 関連する あるいは一見何の関係もない分野の知識を得るべきです 関連する あるいは一見何の関係もない分野の知識を得るべきです

Keep/ your eyes lifted and your head turning.//

常に目を凝らし 頭を回すのです

The search/ for knowledge is in our genes.//

知識の探索は我々の遺伝子に宿る

It was put there/ by our distant ancestors/ who spread across the world,/ and it's never going to be quenched.//

我々の祖先からの贈り物なのです 世界中に広がり 決して留まることを知りません 世界中に広がり 決して留まることを知りません

To understand and use it sanely,/ as a part of the civilization yet to evolve requires a vastly larger population of scientifically trained people/ like you.//

これからも進化する文明の一部として 知的探究を理解し賢く利用するには 科学に明るい あなた方のような人がもっと多く必要です

In education,/ medicine,/ law,/ diplomacy,/ government,/ business/ and the media/ that exist today.//

教育 医薬 司法 外交 政府 ビジネス メディアなど さまざまな 分野においてです

Our political leaders need at least/ a modest degree of scientific literacy,/ which most badly lack today --/ no applause,/ please.//

我々の政治指導者は少なくともある程度の科学知識を持つべきです 今日もっとも欠けていることですが― 拍手は無用ですよ

It will be better/ for all/ if they prepare before entering office/ rather than learning on the job.//

望ましくは 政治家は公職に付く前に予習すべきです 付いてからではなく

Therefore/ you will do well to act/ on the side,/ no matter/ how far/ into the laboratory/ you may go,/ to serve as teachers/ during the span of your career.//

この点は 科学者として 実験室でどれだけ没頭しようと 外で 教師としての役割を果たすことも重要です 外で 教師としての役割を果たすことも重要です

I'll now proceed quickly,/ and before else,/ to a subject/ that is both a vital asset and a potential barrier/ to a scientific career.//

さて ここで少し触れたいのは 科学者になる上で重要な資産あるいは障害になりうるテーマです 科学者になる上で重要な資産あるいは障害になりうるテーマです

If you are a bit short/ in mathematical skills,/ don't worry.//

数学に自信がない人は 心配無用です

Many of the most successful scientists/ at work/ today are mathematically semi-literate.//

今日 最も成功している科学者の多くは数学的には半人前です 今日 最も成功している科学者の多くは数学的には半人前です

A metaphor will serve here:/ Where elite mathematicians and statisticians and theorists often serve as architects/ in the expanding realm of science,/ the remaining large majority of basic applied scientists,/ including a large portion of those/ who could be said to be of the first rank,/ are the ones/ who map the terrain,/ they scout the frontiers,/ they cut the pathways,/ they raise the buildings/ along the way.//

例えるなら 優秀な数学者 統計学者や理論家が 拡大していく科学領域の設計者だとすると 優秀な数学者 統計学者や理論家が 拡大していく科学領域の設計者だとすると いわゆる第一人者を含めた大多数の基礎や応用科学者は いわゆる第一人者を含めた大多数の基礎や応用科学者は 地形を計測したり 未知の荒野に乗り出し 新しい道を切り開いたり 建物を建てたりするのです 新しい道を切り開いたり 建物を建てたりするのです

Some may have considered me foolhardy,/ but it's been my habit/ to brush aside/ the fear of mathematics/ when talking to candidate scientists.//

無謀なことかも知れませんが 私は科学者の卵に会って話す時は 数学の心配はしないようにと伝えます

During 41 years of teaching biology/ at Harvard,/ I watched sadly/ as bright students turned away/ from the possibility of a scientific career/ or even/ from taking non-required courses/ in science/ because they were afraid of failure.//

ハーバードで 41年に渡り生物学を教えた間 残念にも 数学が苦手なために 優秀な学生が科学のキャリアを断念したり 必修科目でない講座は受講すらしないのを見てきました 彼らは失敗することが怖いのです

These math-phobes deprive science and medicine of immeasurable amounts of badly needed talent.//

数学恐怖症のせいで 科学や医療が必要としている人材が不足しています 数学恐怖症のせいで 科学や医薬が必要としている人材が不足しています

Here's/ how to relax your anxieties,/ if you have them:/ Understand/ that mathematics is a language ruled like other verbal languages,/ or like verbal language generally,/ by its own grammar and system of logic.//

不安を払しょくする方法は次のとおりです 数学は言語だと思いなさい 数学は話し言葉にあるような法則に従い話し言葉のように特定の文法があります 数学は話し言葉にあるような法則に従い話し言葉のように特定の文法があります 数学は話し言葉にあるような法則に従い話し言葉のように特定の文法があります

Any person/ with average quantitative intelligence/ who learns to read and write mathematics/ at an elementary level will,/ as in verbal language,/ have little difficulty/ picking up/ most of the fundamentals/ if they choose to master/ the mathspeak of most disciplines of science.//

平均的な数量的能力を持ち初等レベルの数学の読み書きができる人であれば 平均的な数量的能力を持ち初等レベルの数学の読み書きができる人であれば ほとんどの科学分野の数学的概念をマスターする上で ほとんどの科学分野の数学的概念をマスターする上で 必要な基礎を理解することは難しくありません

The longer/ you wait to become/ at least semi-literate/ the harder/ the language of mathematics will be to master,/ just as again/ in any verbal language,/ but it can be done at any age.//

半人前になる努力を躊躇すればするほど 習得は難しくなります 話し言葉と同様です しかし 年齢に関係なくできることなのです

I speak as an authority/ on that subject,/ because I'm an extreme case.//

この件について 私は極端な体験をしている権威です この件について 私は極端な体験をしている権威です

I didn't take algebra/ until my freshman year/ at the University of Alabama.//

私はアラバマ大学に入学するまで代数学を勉強しませんでした 私はアラバマ大学に入学するまで代数学を勉強しませんでした

They didn't teach it/ before then.//

その前は誰も教えてくれなかったのです

I finally got around/ to calculus/ as a 32-year-old tenured professor/ at Harvard,/ where I sat uncomfortably/ in classes/ with undergraduate students,/ little more than half my age.//

微積分を勉強したのは 32歳既にハーバード終身教授の時でした 歳が半分近く若い学部生に交じって居心地悪く 講義を聞いていました 歳が半分近く若い学部生に交じって居心地悪く 講義を聞いていました

A couple of them were students/ in a course/ I was giving on evolutionary biology.//

何人かは私が教えていた 生物進化論の学生でした 何人かは私が教えていた 生物進化論の学生でした

I swallowed my pride,/ and I learned calculus.//

プライドを飲み込んで微積分を勉強しました

I found out/ that in science and all its applications,/ what is crucial is not/ that technical ability,/ but it is imagination/ in all of its applications.//

科学とその適用分野において重要なことは技術的な能力ではなく 応用できる想像力です 科学とその適用分野において重要なことは技術的な能力ではなく 応用できる想像力です 科学とその適用分野において重要なことは技術的な能力ではなく 応用できる想像力です

The ability to form concepts/ with images of entities and processes pictured by intuition.//

本能を頼りに描く本質や過程のイメージを概念として作り上げる能力です 本能を頼りに描く本質や過程のイメージを概念として作り上げる能力です

I found out/ that advances/ in science rarely come upstream/ from an ability/ to stand at a blackboard and conjure images/ from unfolding mathematical propositions/ and equations.//

科学の進歩はほとんど上流工程からは来ません― 黒板に立って数学の定理や方程式を解きながら生まれるイメージよりも 黒板に立って数学の定理や方程式を解きながら生まれるイメージよりも 黒板に立って数学の定理や方程式を解きながら生まれるイメージよりも

They are instead the products of downstream imagination/ leading to hard work,/ during which mathematical reasoning may/ or may not prove to be relevant.//

むしろ下流工程の想像力が生んだ努力の方が科学の進歩を生むのです その過程で数学的裏付けは必ずしも重要ではありません

Ideas emerge/ when a part of the real or imagined world is studied for its own sake.//

アイデアは実在あるいは想像した世界の一部をじっくりと研究すると出てくるものです アイデアは実在あるいは想像した世界の一部をじっくりと研究すると出てくるものです

Of foremost importance is a thorough, well-organized knowledge of all/ that is known of the relevant entities and processes/ that might be involved in that domain/ you propose to enter.//

もっとも重要なことは取りかかろうとする領域に関する 全ての本質や過程に関する知識を総合的に体系立てて理解することです 全ての本質や過程に関する知識を総合的に体系立てて理解することです

When something new is discovered,/ it's logical then/ that one of the follow-up steps is to find the mathematical and statistical methods/ to move its analysis forward.//

何か新たな発見をした場合 理論的に取るべき次の手順の一つは 数学および統計的手法を用いて分析を進めることです

If that step proves too difficult/ for the person or team/ that made the discovery,/ a mathematician can then be added by them/ as a collaborator.//

それが発見者またはチームにとって困難だというのなら それが発見者またはチームにとって困難だというのなら 数学者をチームに協力者として追加すればいいのです 数学者をチームに協力者として追加すればいいのです

Consider the following principle,/ which I will modestly call Wilson's Principle Number One:/ It is far easier/ for scientists/ including/ medical researchers,/ to require needed collaboration/ in mathematics and statistics/ than it is/ for mathematicians and statisticians/ to find scientists able/ to make use of their equations.//

ある原理を紹介しましょう 謙遜して ウィルソンの原理 # 1 と呼びます 医学研究者も含めて 科学者が 必要な時に 数学者や統計学者の協力を仰ぐ方が 科学者が 必要な時に 数学者や統計学者の協力を仰ぐ方が 数学者や統計学者が 編み出した方程式を利用できる科学者を探し出すより よっぽど簡単だ 数学者や統計学者が 編み出した方程式を利用できる科学者を探し出すより よっぽど簡単だ

It is important/ in choosing the direction/ to take in science/ to find the subject/ at your level of competence/ that interests you deeply,/ and focus on that.//

重要なのは自分が選ぶ科学の方角を決める際 自分の能力に応じた強い興味がわくテーマを見つけたら それに集中することです

Keep/ in mind,/ then,/ Wilson's Second Principle:/ For every scientist,/ whether researcher, technician, teacher, manager or businessman,/ working at any level of mathematical competence,/ there exists a discipline/ in science or medicine/ for which that level is enough/ to achieve excellence.//

そこでウィルソンの原理 #2です 研究者 技術者 教師 マネジャー ビジネスマンに係らずあらゆる科学者に ― 研究者 技術者 教師 マネジャー ビジネスマンに係らずあらゆる科学者に ― その人の数学能力に適していて偉業を達成できる科学あるいは医学分野がある その人の数学能力に適していて偉業を達成できる科学あるいは医学分野がある その人の数学能力に適していて偉業を達成できる科学あるいは医学分野がある

Now/ I'm going to offer/ quickly several more principles/ that will be useful/ in organizing your education and career,/ or/ if you're teaching,/ how you might enhance your own teaching and counseling of young scientists.//

では続けて さらにいくつかの原理を紹介しましょう では続けて さらにいくつかの原理を紹介しましょう あなたの学習やキャリアに 教職に就いている人なら若い科学者への教育や指導に役立つと思います 教職に就いている人なら若い科学者への教育や指導に役立つと思います

独自の研究をしたり世界的専門知識を得るには 独自の研究をしたり世界的専門知識を得るには 研究者が少ない分野を選びなさい

Judge opportunity/ by how few other students and researchers are on hand.//

機会を探るには他の学生や研究者が少なければ少ないほどいい 機会を探るには他の学生や研究者が少なければ少ないほどいい

This is not to de-emphasize the essential requirement of broad training,/ or the value of apprenticing yourself/ in ongoing research/ to programs of high quality.//

本質的に必要な広範な学習や高水準な研究が行われている場所で見習いすることを 本質的に必要な広範な学習や高水準な研究が行われている場所で見習いすることを 軽視しているわけではありません

It is important also/ to acquire older mentors/ within these successful programs,/ and to make friends and colleagues of your age/ for mutual support.//

年長の助言者を得たり励まし合える同年代の友人や同僚は重要です 年長の助言者を得たり励まし合える同年代の友人や同僚は重要です 年長の助言者を得たり励まし合える同年代の友人や同僚は重要です

But through it/ all,/ look/ for a way to break out,/ to find a field and subject not yet popular.//

しかしそれにも増して自分を打ち破ってまだ人気がない分野を探し出すのです しかしそれにも増して自分を打ち破ってまだ人気がない分野を探し出すのです

We have seen/ this demonstrated already/ in the talks/ preceding mine.//

既に 先のトークで紹介されたとおりです

There is the quickest way advances are likely/ to occur,/ as measured in discoveries/ per investigator/ per year.//

1年あたり1人の研究者が発見する件数で見るとこれが進歩を早める可能性が一番高い方法です 1年あたり1人の研究者が発見する件数で見るとこれが進歩を早める可能性が一番高い方法です

You may have heard the military dictum/ for the gathering of armies:/ March/ to the sound of the guns.//

軍隊の格言を聞いたことがあることでしょう 軍隊の格言を聞いたことがあることでしょう 「大砲の音に向かって行進せよ」

In science,/ the exact opposite is the case:/ March away/ from the sound of the guns.//

科学は正反対です「大砲の音から遠ざかるように行進せよ」

So Wilson's Principle Number Three:/ March away/ from the sound of the guns.//

ウィルソンの原理 #3です 「大砲の音から遠ざかるように行進せよ」

Observe/ from a distance,/ but do not join the fray.//

距離をおいて観察するのです 喧噪に入ってはいけません

Make a fray of your own.//

自分の喧噪を作るのです

Once you have settled on a specialty,/ and the profession/ you can love,/ and you've secured opportunity,/ your potential to succeed will be greatly enhanced/ if you study it enough/ to become an expert.//

自分の専門分野を確立して 自分が情熱を注ぐ職業と機会を得たら あとは専門家となるべく懸命に勉強すれば成功する可能性は飛躍的に高まります あとは専門家となるべく懸命に勉強すれば成功する可能性は飛躍的に高まります

There are thousands of professionally delimited subjects sprinkled through physics and chemistry/ to biology and medicine.//

物理学 化学 生物学 医学 さらには社会科学を通して 物理学 化学 生物学 医学 さらには社会科学を通して 物理学 化学 生物学 医学 さらには社会科学を通して

And/ on then/ into the social sciences,/ where it is possible/ in short time/ to acquire the status of an authority.//

短期間で権威になれるような専門分野が 短期間で権威になれるような専門分野が そこら中にあります

When the subject is still very thinly populated,/ you can with diligence/ and hard work become the world authority.//

その分野を研究している人が少なければ 一生懸命努力すれば世界的権威になれるのです 一生懸命努力すれば世界的権威になれるのです

The world needs this kind of expertise,/ and it rewards the kind of people willing/ to acquire it.//

世界はそのような専門家を必要としているし とても重宝されるでしょう とても重宝されるでしょう

The existing information/ and what you self-discover may/ at first seem skimpy and difficult/ to connect to other bodies of knowledge.//

初めのうちは存在する情報や発見する内容は貧弱だし他の知識分野との関連付けも難しく感じるでしょう 初めのうちは存在する情報や発見する内容は貧弱だし他の知識分野との関連付けも難しく感じるでしょう 初めのうちは存在する情報や発見する内容は貧弱だし他の知識分野との関連付けも難しく感じるでしょう

Well,/ if that's the case,/ good.// Why hard/ instead of easy?//

そんな状況は素晴らしいことです なぜ「簡単」ではなく「困難」なのか?

The answer deserves to be stated/ as Principle Number Four.//

この答えが 原理 #4 です

In the attempt to make scientific discoveries,/ every problem is an opportunity,/ and the more difficult/ the problem,/ the greater will be the importance of its solution.//

科学的発見をする上で あらゆる課題が機会であり 科学的発見をする上で あらゆる課題が機会であり 課題が困難であればあるほど 解答の重要性が増す 課題が困難であればあるほど 解答の重要性が増す

Now/ this brings me/ to a basic categorization/ in the way/ scientific discoveries are made.//

科学的発見をする手法を根本的に分類してみましょう 科学的発見をする手法を根本的に分類してみましょう

Scientists,/ pure mathematicians/ among them,/ follow one or the other of two pathways:/ First/ through early discoveries,/ a problem is identified/ and a solution is sought.//

数学者を含めて科学者が取る道は次の二つのいずれかです 数学者を含めて科学者が取る道は次の二つのいずれかです 一つは初期の発見に基づき課題を特定します 一つは初期の発見に基づき課題を特定します そしてその解答を追及します

The problem may be relatively small;/ for example,/ where exactly/ in a cruise ship does the norovirus begin to spread?//

課題は相対的に小さいかもしれません 例えば あるクルーズ船で発生したノロウイルスの感染源はどこだったのか?

Or larger,/ what's the role of dark matter/ in the expansion of the universe?//

あるいは より大きな課題 宇宙の膨張における暗黒物質の役割とは?

As the answer is sought,/ other phenomena are typically discovered/ and other questions are asked.//

解答を探すうちに 別の事象が発見され それが更なる疑問を生みます

This first of the two strategies is like a hunter,/ exploring a forest/ in search of a particular quarry,/ who finds other quarries/ along the way.//

この一つ目の手法は 森の中で ある獲物を追っているハンターが 途中で別の獲物を探し当てるようなものです

The second strategy of research is to study a subject broadly searching/ for unknown phenomena or patterns of known phenomena/ like a hunter/ in what we call "the naturalist's trance,/"/ the researcher of mind is open/ to anything interesting,/ any quarry worth taking.//

2つ目の研究手法は 対象分野を広く研究することです 2つ目の研究手法は 対象分野を広く研究することです 未知の事象あるいは既知の事象に基づくパターンを探すのです あたかも夢遊病者のハンターのようにです 研究者は興味深いものは何でもあらゆる獲物に対して関心を示します 研究者は興味深いものは何でもあらゆる獲物に対して関心を示します

The search is not for the solution of the problem,/ but for problems themselves/ worth solving.//

探究の目的は課題の解答ではなく 解決する価値がある課題そのものです

The two strategies of research,/ original research,/ can be stated/ as follows,/ in the final principle/ I'm going to offer/ you:/ For every problem/ in a given discipline of science,/ there exists a species or entity or phenomenon ideal/ for its solution.//

研究の二つの手法 独自の研究方法は 私の説く最後の原理です 特定の科学分野における あらゆる課題には その理想的な解答を具現化した種 もの あるいは事象がある その理想的な解答を具現化した種 もの あるいは事象がある

And conversely,/ for every species or other entity or phenomenon,/ there exist important problems/ for the solution of which,/ those particular objects of research are ideally suited.//

逆に述べるとあらゆる種 もの あるいは事象には 逆に述べるとあらゆる種 もの あるいは事象には それらが保有する理想的な解答の対象となる重要な課題が存在する

Find out/ what they are.//

それが何か探し出しなさい

You'll find your own way/ to discover,/ to learn,/ to teach.//

自分の流儀に沿った 発見 学習 教鞭の方法を見つけなさい 自分の流儀に沿った 発見 学習 教鞭の方法を見つけなさい

The decades ahead will see dramatic advances/ in disease prevention,/ general health,/ the quality of life.//

近い将来 疾病予防 衛生改善 生活の質向上に劇的な飛躍が起きるでしょう 近い将来 疾病予防 衛生改善 生活の質向上に劇的な飛躍が起きるでしょう

All of humanity depends on the knowledge and practice of the medicine/ and the science/ behind it/ you will master.//

全ての人類の繁栄は あなた方が極める医学や科学の知識と実践に掛かっています 全ての人類の繁栄は あなた方が極める医学や科学の知識と実践に掛かっています

You have chosen a calling/ that will come in steps/ to give you/ satisfaction,/ at its conclusion,/ of a life well lived.//

あなた方が選んだ路は生涯を通して 人の役にたてる満足感をもたらします

And I thank you/ for having me here tonight.//

今夜は ご招待いただいたことに感謝します

(拍手)

Oh,/ thank you.//

ありがとう

Thank/ you very much.//

ありがとうございます

I salute you.//

皆さまに敬意を

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

extensive

(場所などが)広い,広大な

(領域・効果などが)広範囲にわたる;手広い

(量・額・程度・数などが)大きい,膨大な

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

counsel

〈U〉『協議』,『相談』,評議

〈U〉〈C〉『助言』,忠告,勧告(advice)

《集合的に》弁護士団

〈人〉‘に'『助言する』,忠告する,勧める

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

youngster

『青年』,若者,子供

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

fully

『十分に』,完全に

まるまる

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

turning

(…への)曲がり角《+to+名》

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

molecular

分子の,分子による

microbiology

微生物学,細菌学

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

environmental

環境の;自然環境の

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

comparable

比較できる,類以点がある;(…と)比較できる《+『with』(『to』)+『名』》

匹敵する,肩を並べられる;(…に)匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

pervade

〈におい・感情などが〉…‘に'みなぎる

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

swift

『速い』,快速の

(行動・反応などが)『即座』の,さっそくの;『す早い』,機敏な

《おもに詩》つかのまの

速く;す早く

アマツバメ(翼の長い鳥;高山や断崖に群棲)

velocity

〈C〉速度

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

startling

驚くべき,びっくりさせる(surprising)

countless

数えきれないほどの無数の(innumerable)

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

no one

『だれも』…『ない』

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

decade

『10年間』

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

exponential

(数学で)指数の

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

render

《『render』+『名』〈目〉+『形』〈補〉》…‘を'(…の状態に)『する』)make)

…‘を'行う,果たす

(…に対して)…‘を'返す《+『名』+『for』+『名』》

'‘を'公式に宣言する,言い渡す

(…に)〈計算書など〉‘を'提出する,送付する《+『名』+『to』+『名』》

(文章や絵画で)…‘を'表現する

(…に)…‘を'翻訳する(translate)《+『名』+『into』+『名』》

‘を'演奏する,演ずる(perform)

〈脂肪など〉‘を'溶かす,溶かして精製する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

inevitably

避けられないで,必然的に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

continuum

(哲学で)連続,つながり

(数学で)連続体

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

specialty

専門,専攻

特色,特性

特製品,特別品

acquire

(不断の努力・習慣などで)…'を'『習得する』,身につける

〈財産・権利など〉'を'手に入れる,取得する

breadth

『幅』,広さ(breadth)

(心などの)広さ,大きさ;寛容

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

initial

『最初の』;語頭にある

(語の)最初の文字

《複数形で》(姓名の)『かしら文字』,イニシアル

…‘に'かしら文字で署名する(印をつける)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

gene

遺伝子

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

sanely

正気で,分別をもって

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

vastly

広々と,広範囲に

大いに,非常に

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

scientifically

科学的に,学術的に

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

diplomacy

外交

外交的手腕,人扱いの手腕,駆け引き

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

modest

『謙そんした』,謙虚な;控え目な

(特に女性について)品のいい,しとやかな

じみな,質素な(simple)

(量・規模・程度が)中ぐらいの,並の(moderate)

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

literacy

読み書きする能力

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

applause

『拍手かっさい』;称賛

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

proceed

『取りかかる』,始める

(一度やめてまた)(…を)『続ける』,続行する《+『with』+『名』》

(一度止まってまた)(…へ)進む,前進する《+『to』+『名』》

〈事が〉進行する

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

elite

《the ~》《複数扱い》えり扱きの人々,エリート,精鋭

〈U〉エリート活字

mathematician

数学者

statistician

統計家,統計学者

theorist

理論家,理論(学説)を立てる人

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

portion

(…の)『部分』,一部分《+『of』+『名』》

(…の)分け前,割り当て(share)《+『of』+『名』》

(『食物の』)『1人前』,一盛り,1杯《+『of』+『名』》

《単数形》《おもに文》運命,定め

(人に)…‘を'分ける,分割する,分配する《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『between』(『among』)+『名』〈人〉》

rank

〈C〉〈U〉『階級』,等級;)相対的な)『順位』,地位:

〈U〉高い地位(身分)

〈C〉〈U〉(人・物の)『列』,並び;(兵隊)の横列

《the ranks》(また『rank and file』)(将校たちに対して)兵卒,下士官

…‘を'『並べる』

…‘を'『位置づける』,評価する

《米》…‘より'上位にある

『位置する』・「pull one's rank on 誰々」で「(誰々に)地位を悪用する; (意見が衝突したような場合に)階級をかさに着て(誰々に)命令を押しつける」

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

terrain

(軍事・農耕などから見た)地形,地勢,地勢

scout

『斥候』(せっこう),偵察(ていさつ)機,偵察艦

(また 『talent scout』)(スポーツ・芸能関係などの新人を捜す)スカウト

《おもに米》ボーイ(ガール)スカウト

『偵察する』

(…を)『捜す』,捜し求める《+『for』+『名』》

…‘を'偵察する

…‘を'偵察して突き止める《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

frontier

『国境』,国境地方

辺境(米国の西部開拓時代の開拓地と未開拓地の境界地方)

《しばしば複数形で》(学問・知識などの)最前線,未研究の分野

pathway

道,小道(path)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

foolhardy

無鉄砲な,向こう見ずな

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

brush

『ブラシ』,『はけ』,毛筆,画筆

ブラシをかけること;絵筆を使うこと,画法

ブラシに似た物;キツネのしっぽなど

小ぜり合い,いざこざ

(…が)さっとかすること《+『of』+『名』》

(モーターの)ブラシ,刷子

…‘に'『ブラシをかける』,'を'ブラシでこする(みがく,払う)

(ブラシをかけるようにして,手で)…'を'払いのける

(通りすがりに)…'を'さっとかする

(…を)かすめて通る,かする《+『past』(『by』,『against』)+『名』》

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

candidate

(…の)『候補者』,志願者《+『for』+『名』》

biology

『生物学』

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

sadly

『悲しそうに』

ひどく

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

deprive

(所有しているものを)〈人〉‘から'『奪う』《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

immeasurable

測ることができない,無限の

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

verbal

語の,言葉の;(意味とは関係なく)言葉の上だけの,語句だけの

口頭の,口上の(oral)

逐語的な,文字通りの

動詞の,動詞的な

準動詞(不定詞・分詞・動名詞の総称)

《英話》自白

《英話》《おどけて》口げんか

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

grammar

〈U〉(学問・学科としての,言語が持っている)『文法』;〈C〉文法書

〈U〉(文法的に正しい)言葉遺い,語法

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

quantitative

量の,量的な

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

elementary

『初歩の』,基礎の

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

algebra

『代数』[学]

freshman

(高校・大学の)新入生,1年生

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Alabama

アラバマ州(米国南東部の州;州都Montgomery;{略}AL,Ala.)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

calculus

〈C〉(腎臓内などにできる)結石

〈U〉微積分学

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

uncomfortably

心地よくなく,不愉快に

undergraduate

大学生,学部在学生

学部学生の

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

swallow

『ツバメ』

pride

〈U〉『自尊心』,自尊

〈U〉『得意』,自慢,誇り

〈U〉『高慢』,『うぬぼれ』,思い上がり

〈C〉《単数形で》(…の)『自慢の種』,誇りにする物《+『of』+『名』》

〈C〉(特にライオン・クジャクの)群れ《+『of』+『名』》

《『pride』『oneself』『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》…‘を'自慢する

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

entity

実在するもの,実体

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

intuition

〈U〉直観[力],直覚[力]

〈C〉直観的洞察(知識)

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

upstream

上流に,流れおさかのぼって

上流の

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

blackboard

『黒板』

conjure

…'を'魔法で出す(呼び出す)《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(魔法をかけられたかのように)〈記憶など〉'を'思い起こす,呼び起こす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに文》…'を'懇願する;〈人〉‘に'懇願する

魔法を使う;手品(奇術)をする

unfold

〈折りたたまれたもの〉‘を'『広げる』,開く

〈計画など〉‘を'しだいに明らかにする(知らせていく)

〈花びらなどが〉『広がる』,開く

〈物事が〉(しだいに)はっきりしてくる,分かってくる;展開する

proposition

『提案』,申し出

陳述,飽張

(論理学の)命題;(数学の)定理

《話》(扱わなければならない)仕事,事柄;相手

〈人〉‘に'提案する,事を持ちかける

equation

等式; 方程式

instead

『その代りとして』,それよりも

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

downstream

流れを下って,下流に

下流の,川下の

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

reasoning

論理的思考;推論

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

sake

『ため』;利益;理由,目的

foremost

第一流の,主要な

第一番に,まっ先に

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

thorough

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,完ぺきな

全くの,根っからの

(仕事などが)『徹底的な』,手落ちのない

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

domain

(国の)領地,領土;(個人の)所有地

(関心・活動などの)範囲,分野

(個人・一族の)所有地

(数学で)変域(関数の独立変数がとる値の集合)

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

logical

論理学の

論理的な

(論理上)必然の,不可避の

follow-up

追求;追跡調査;(新聞などの)追いかけ記事

後を追う,重ねて行う

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

statistical

統計の,統計学上の

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

Wilson

ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson;1856‐1924;米国第28代大統領1913‐21)

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

researcher

研究者,調査員

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

statistic

統計値,統計量

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

competence

〈U〉能力,適性・〈U〉(法律上の)権限・力量・《まれ》《a~》相当の資産

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

technician

(科学・職業上の)専門家,専門技術者

(音楽・美術などの)技巧派

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

businessman

『実業家』;『実務家』

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

excellence

(…における)優秀さ,卓越《+『in』(『at』)+『名』》,(…として)優れていること《+『as』+『名』》

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

enhance

…‘の'程度(仮値など)を高める

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

world-class

世界的な,世界一流の

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

sparsely

まばらに

inhabited

人の住んでいる

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

requirement

必要なもの;(…の)必要条件,資格《+『for』+『名』(do-『ing』)》

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

apprentice

(…の職業見習いの)徒弟,(昔の)年季奉公人《+『to』+『名』》

(…に)〈人〉'を'徒弟に出す,見習い奉公に出す《+『名』+『to』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

ongoing

進行中の

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

mentor

指導者,師・(良き)助言者,顧問

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

mutual

『相互の』 お互いに対する

『共通の』;共同の

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

precede

…‘より'『先に来る』(『行く』)

…‘の'上位である,より重要である

…‘に'先だつ,‘の'先に起こる

(…で)…‘に'前置をする《+『名』+『with』+『名』》

先行する,先に(前に)来る

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

investigator

調査者,研究者

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

dictum

(専門家の)断言,言明

金言,格言

gathering

〈U〉(…を)集めること,(…が)集まること《+『of』+『名』》

〈C〉集められた(集まった)もの;(特に)集会,群衆

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

fray

騒々しいけんか,争い

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

greatly

『大いに,非常に』

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

professionally

職業的に,専門的に

sprinkle

〈液体・粉末など〉‘を'『振りかける』,まく《+『名』+『out』》;(…に)…‘を'振りかける《+『名』+『on』+『名』》

(液体・粉末などを)…‘に'『振りかける』,まく《+『名』+『with』+『名』》

雨がぱらぱら降る

少量,少々

小雨

physics

『物理学』

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

social science

社会科学(歴史・経済学・政治学・社会学・人類学など)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

short time

操業短縮

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

thinly

薄く,まばらに

populate

(植民のために)…‘に'人を移住させる,植民する

《しばしば受動態で》〈ある所〉‘に'住む

diligence

『勤勉』,不断の努力

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

skimpy

(数・量・ゆとりなどが)乏しい,不足の,貧弱な

(人が)けちけちした,物惜しみする

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

sought

seekの過去・過去分詞

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

cruise

(特定の目的地を決めずに)〈船・飛行機が〉巡航(遊航)する;〈タクシーが〉流す

〈車・飛行機などが〉巡航(経済的な)速度で進む

〈ある地域〉'を'巡航(巡回)する

〈飛行機・車など〉'を'巡航(経済的な)速度で進ませる

(レジャーを目的とした)巡洋航海

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

hunter

(また『huntsman』)『ハンター』,狩猟家

猟八;(特にキツネ狩りの)猟馬

(…の)追求者;(…を)探求する人《+『for』(『after』)+『名』》

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

quarry

(狩猟の)獲物

(一般に)追求されるもの,攻撃の的

broadly

広く,あまねく

明白に;露骨に

大まかに

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

known

knowの過去分詞

『名高い』,知られた

naturalist

博物学者;(特に)動物(植物)学者

(文学・芸術・哲学などの)自然主義者

=naturalistic

trance

(催眠術・麻薬などによる)意識もうろう,催眠状態

(目覚める直前の)夢うつつ[の状態]

(白日夢や瞑想による)忘我の境,恍愡(こうこつ)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

taking

〈U〉取ること,獲得

《複数形で》売り上げ高

《おもに話》人の心を引く,魅力的な

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

conversely

逆に

《文全体を修飾して》逆に言えば

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

ideally

理想的に,申し分なく

観念的に

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

prevention

〈U〉(…を)『予防』(『防止』)『すること』《+『of』+『名』》

〈C〉(…を)予防(防止)するもの《+『against』+『名』(do『ing』)》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

calling

〈U〉呼ぶこと,叫ぶこと

〈U〉《文》天職,職業

(天職に対する)強い義務感,使命感《+『for』+『名』》;(…にしたい)強い義務感《+『to』do》

satisfaction

〈U〉(…を)『満足させること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に)『満足すること』《+『at』(『with』)+『名』》

〈C〉満足させるもの(こと)

《文》〈U〉(損害などの)賠償;(借金の)返済;(義務の)履行

〈U〉(決闘などによる)名誉回復の機会

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

salute

(挙手・礼砲などで)…‘に'敬礼する

《文》(身振り・言葉で)…‘に'あいさつをする;…‘を'歓迎する

敬礼する

あいさつする

挙手の礼;礼砲

あいさつ,敬礼

関連動画