TED日本語 - レイチェル・パイク: 気候に関する見出しの裏にある科学

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

大気化学者であるレイチェル・パイクが4分間で、気候変動などの大見出しの裏に隠れている膨大な努力の一端を垣間見せてくれます。彼女は何千という貢献者の中の1人として、チームとともに熱帯雨林上の危険なフライトを敢行し、ある鍵となる分子を追いかけています。

Script

今日は新聞で見出しになるような 科学的取り組みの規模について お話したいと思います。 このような気候変動に関する見出しとか 大気汚染やスモッグに関する見出しについてです。 2つとも大気科学という1つの分野の下位領域です。

最近「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が 大気システムの理解の現状に関して 報告を出した時の見出しは、このようなものでした。 そのレポートは40か国620人の 科学者によって執筆されたものです。 このテーマに関する1,000ページ近い資料です。 それらはさらに113か国400人以上の別な 科学者や査読者によって査読されました。 これは大きなコミュニティです。事実、その年次総会は 自然科学分野の学界として世界最大のものです。

この学会のために、毎年1万5千人の科学者がサンフランシスコに集まります。 それぞれの科学者は研究グループに所属しており それぞれの研究グループは幅広い領域を研究しています。 ケンブリッジの私達のグループも、研究テーマは多岐にわたります。 天候や気候に影響を与えるエルニーニョ南方振動から 人工衛星データの解析、そして私の研究する― バイオ燃料を作る穀物由来の温室効果ガス排出量など。

これら数ある研究領域のそれぞれに 私のような博士課程の学生がいて 1つか2つのプロセスや分子を対象とする とても狭いテーマで研究をしています。 私が研究しているのはイソプレンという有機分子で たぶん皆さんはお聞きになったことがないでしょう。 ペーパークリップ1つの重さは イソプレン分子9百ゼタ(9千垓)個分に相当します。

しかしとても軽い重量にもかかわらず 全人類の体重と同等の重さのイソプレンが 毎年大気中に放出されています。 これは大変な量です。メタンの排出量に匹敵します。 その多さによってイソプレンは大気システムにとって重要なものなのです。

大気システムにとってのその重要性のため 多くの努力を払ってこの物質を研究しています。 例えば、爆発させてその残骸を観察します。 これはスペインにあるEUPHOREスモッグチャンバです。 大気中での爆発ないしは燃焼反応には 自動車の中で起こる反応の1万5千倍という時間がかかります。 しかしそれでも私たちはその反応を観察します。

私たちはスーパーコンピュータで途方もないモデルも 動かしていて、実際私がやっています。 そのモデルでは数十万のメッシュについて 数百の変数を微細な時間間隔でシミュレーションします。 積分するのに何週間もかかります。 そして、何が起きているのかを理解するために 何十という積分を行います。

私たちはこの物質を求めて世界中を飛び回っています。 私は最近マレーシアにおける野外調査に参加しました。 そこ、熱帯雨林の真ん中に 大きな大気監視塔があり その塔には イソプレンやその他の物質を観測するための 数十万ドルする高価な機器が設置されています。 熱帯雨林の真ん中にある塔を上から見たところです。 こちらは下から見たところ。

そしてこの野外調査の一環として私たちは航空機さえ持参しました。 FAAMが管理するこのBA146は 通常は120~130人を載せて飛ぶ飛行機です。 もしかしたら今日ここへ来る時同じ様な飛行機に乗った人もいるかもしれません。 しかし私たちはただ飛んでいたのではなく、イソプレン計測のため 林冠の上100メートルを飛んでいたのです。とても危ないんですよ。

計測のためには特別な角度で飛行しなければなりませんでした。 操縦には空軍パイロットやテストパイロットを雇います。 特別の飛行許可も取らなくてはいけません。 この谷の斜面を旋回するときには2Gくらいかかります。 科学者たちは機内で計測を行うため 安全帯を装着する必要があります。 だからご想像の通り、この飛行機の内部は 皆さんが休暇の時に乗る飛行機とは全然違っています。 これはイソプレンの分布を計測するための空飛ぶ実験室なんです。

私たちはこの全てを1つの分子の化学的性質理解のために行っています。 そして私のような学生がその分子に関して 傾向や知見を得ると そのテーマに関して1本の科学論文を書きます。 だからこの野外調査からはおそらく 数十個のプロセスや分子に関する数十本の論文が出来るでしょう。

そうやって知識が蓄積され IPCCやその他の報告書の 1つの節か、節の中の小項目になります。 IPCCの11の部会のそれぞれには 6から10の下位セクションがあります。 これでこの営みのスケールを想像していただけるでしょう。 私たちが書く評価のそれぞれには いつもサマリーをつけていますが このサマリーは専門外の人々のために書くものです。 それをジャーナリストや政策立案者たちに提供し そうしてこの様な見出しが出来るのです。 ご清聴ありがとうございました。 (拍手)

I'd like to talk to you today about the scale of the scientific effort that goes into making the headlines you see in the paper. Headlines that look like this when they have to do with climate change, and headlines that look like this when they have to do with air quality or smog. They are both two branches of the same field of atmospheric science.

Recently the headlines looked like this when the Intergovernmental Panel on Climate Change, or IPCC, put out their report on the state of understanding of the atmospheric system. That report was written by 620 scientists from 40 countries. They wrote almost a thousand pages on the topic. And all of those pages were reviewed by another 400-plus scientists and reviewers, from 113 countries. It's a big community. It's such a big community, in fact, that our annual gathering is the largest scientific meeting in the world.

Over 15,000 scientists go to San Francisco every year for that. And every one of those scientists is in a research group, and every research group studies a wide variety of topics. For us at Cambridge, it's as varied as the El Nino oscillation, which affects weather and climate, to the assimilation of satellite data, to emissions from crops that produce biofuels, which is what I happen to study.

And in each one of these research areas, of which there are even more, there are PhD students, like me, and we study incredibly narrow topics, things as narrow as a few processes or a few molecules. And one of the molecules I study is called isoprene, which is here. It's a small organic molecule. You've probably never heard of it. The weight of a paper clip is approximately equal to 900 zeta-illion -- 10 to the 21st -- molecules of isoprene.

But despite its very small weight, enough of it is emitted into the atmosphere every year to equal the weight of all the people on the planet. It's a huge amount of stuff. It's equal to the weight of methane. And because it's so much stuff, it's really important for the atmospheric system.

Because it's important to the atmospheric system, we go to all lengths to study this thing. We blow it up and look at the pieces. This is the EUPHORE Smog Chamber in Spain. Atmospheric explosions, or full combustion, takes about 15,000 times longer than what happens in your car. But still, we look at the pieces.

We run enormous models on supercomputers; this is what I happen to do. Our models have hundreds of thousands of grid boxes calculating hundreds of variables each, on minute timescales. And it takes weeks to perform our integrations. And we perform dozens of integrations in order to understand what's happening.

We also fly all over the world looking for this thing. I recently joined a field campaign in Malaysia. There are others. We found a global atmospheric watchtower there, in the middle of the rainforest, and hung hundreds of thousands of dollars worth of scientific equipment off this tower, to look for isoprene, and of course, other things while we were there. This is the tower in the middle of the rainforest, from above. And this is the tower from below.

And on part of that field campaign we even brought an aircraft with us. And this plane, the model, BA146, which was run by FAAM, normally flies 120 to 130 people. So maybe you took a similar aircraft to get here today. But we didn't just fly it. We were flying at 100 meters above the top of the canopy to measure this molecule -- incredibly dangerous stuff.

We have to fly at a special incline in order to make the measurements. We hire military and test pilots to do the maneuvering. We have to get special flight clearance. And as you come around the banks in these valleys, the forces can get up to two Gs. And the scientists have to be completely harnessed in in order to make measurements while they're on board. So, as you can imagine, the inside of this aircraft doesn't look like any plane you would take on vacation. It's a flying laboratory that we took to make measurements in the region of this molecule.

We do all of this to understand the chemistry of one molecule. And when one student like me has some sort of inclination or understanding about that molecule, they write one scientific paper on the subject. And out of that field campaign we'll probably get a few dozen papers on a few dozen processes or molecules.

And as a body of knowledge builds up, it will form one subsection, or one sub-subsection of an assessment like the IPCC, although we have others. And each one of the 11 chapters of the IPCC has six to ten subsections. So you can imagine the scale of the effort. In each one of those assessments that we write, we always tag on a summary, and the summary is written for a non-scientific audience. And we hand that summary to journalists and policy makers, in order to make headlines like these. Thank you very much. (Applause)

I'd like to talk/ to you/ today/ about the scale of the scientific effort/ that goes into making the headlines/ you see in the paper.//

今日は新聞で見出しになるような 科学的取り組みの規模について お話したいと思います。

Headlines/ that look like this/ when they have to do/ with climate change,/ and headlines/ that look like this/ when they have to do/ with air quality/ or smog.//

このような気候変動に関する見出しとか 大気汚染やスモッグに関する見出しについてです。

They are both/ two branches of the same field of atmospheric science.//

2つとも大気科学という1つの分野の下位領域です。

Recently/ the headlines looked like this/ when the Intergovernmental Panel/ on Climate Change,/ or IPCC,/ put out/ their report/ on the state of understanding of the atmospheric system.//

最近「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が 大気システムの理解の現状に関して 報告を出した時の見出しは、このようなものでした。

That report was written by 620 scientists/ from 40 countries.//

そのレポートは40か国620人の 科学者によって執筆されたものです。

They wrote almost a thousand pages/ on the topic.//

このテーマに関する1,000ページ近い資料です。

And all of those pages were reviewed by another 400-plus scientists and reviewers,/ from 113 countries.//

それらはさらに113か国400人以上の別な 科学者や査読者によって査読されました。

It's a big community.// It's such a big community,/ in fact,/ that our annual gathering is the largest scientific meeting/ in the world.//

これは大きなコミュニティです。事実、その年次総会は 自然科学分野の学界として世界最大のものです。

Over 15,000 scientists go to San Francisco/ every year/ for that.//

この学会のために、毎年1万5千人の科学者がサンフランシスコに集まります。

And every one of those scientists is in a research group,/ and every research group studies a wide variety of topics.//

それぞれの科学者は研究グループに所属しており それぞれの研究グループは幅広い領域を研究しています。

For us/ at Cambridge,/ it's as varied/ as the El Nino oscillation,/ which affects weather and climate,/ to the assimilation of satellite data,/ to emissions/ from crops/ that produce biofuels,/ which is/ what I happen to study.//

ケンブリッジの私達のグループも、研究テーマは多岐にわたります。 天候や気候に影響を与えるエルニーニョ南方振動から 人工衛星データの解析、そして私の研究する― バイオ燃料を作る穀物由来の温室効果ガス排出量など。

And in each one of these research areas,/ of which there are even more,/ there are PhD students,/ like me,/ and we study incredibly narrow topics,/ things/ as narrow/ as a few processes or a few molecules.//

これら数ある研究領域のそれぞれに 私のような博士課程の学生がいて 1つか2つのプロセスや分子を対象とする とても狭いテーマで研究をしています。

And one of the molecules I study is called isoprene,/ which is here.// It's a small organic molecule.// You've probably never heard of it.//

私が研究しているのはイソプレンという有機分子で たぶん皆さんはお聞きになったことがないでしょう。

The weight of a paper clip is approximately equal/ to 900 zeta-illion --/ 10/ to the 21st --/ molecules of isoprene.//

ペーパークリップ1つの重さは イソプレン分子9百ゼタ(9千垓)個分に相当します。

But despite its very small weight,/ enough of it is emitted into the atmosphere/ every year/ to equal the weight of all the people/ on the planet.//

しかしとても軽い重量にもかかわらず 全人類の体重と同等の重さのイソプレンが 毎年大気中に放出されています。

It's a huge amount of stuff.// It's equal/ to the weight of methane.//

これは大変な量です。メタンの排出量に匹敵します。

And/ because it's so much stuff,/ it's really important/ for the atmospheric system.//

その多さによってイソプレンは大気システムにとって重要なものなのです。

Because it's important/ to the atmospheric system,/ we go to all lengths/ to study this thing.//

大気システムにとってのその重要性のため 多くの努力を払ってこの物質を研究しています。

We blow it up/ and look at the pieces.//

例えば、爆発させてその残骸を観察します。

This is the EUPHORE Smog Chamber/ in Spain.//

これはスペインにあるEUPHOREスモッグチャンバです。

Atmospheric explosions,/ or full combustion,/ takes about 15,000 times longer/ than what happens in your car.//

大気中での爆発ないしは燃焼反応には 自動車の中で起こる反応の1万5千倍という時間がかかります。

But still,/ we look at the pieces.//

しかしそれでも私たちはその反応を観察します。

We run enormous models/ on supercomputers;/ this is/ what I happen to do.//

私たちはスーパーコンピュータで途方もないモデルも 動かしていて、実際私がやっています。

Our models have hundreds of thousands of grid boxes/ calculating hundreds of variables/ each,/ on minute timescales.//

そのモデルでは数十万のメッシュについて 数百の変数を微細な時間間隔でシミュレーションします。

And it takes weeks/ to perform our integrations.//

積分するのに何週間もかかります。

And we perform dozens of integrations/ in order to understand/ what's happening.//

そして、何が起きているのかを理解するために 何十という積分を行います。

We also fly all/ over the world/ looking for this thing.//

私たちはこの物質を求めて世界中を飛び回っています。

I recently joined a field campaign/ in Malaysia.// There are others.//

私は最近マレーシアにおける野外調査に参加しました。

We found a global atmospheric watchtower there,/ in the middle of the rainforest,/ and hung hundreds of thousands of dollars worth of scientific equipment/ off this tower,/ to look for isoprene, and of course,/ other things/ while we were there.//

そこ、熱帯雨林の真ん中に 大きな大気監視塔があり その塔には イソプレンやその他の物質を観測するための 数十万ドルする高価な機器が設置されています。

This is the tower/ in the middle of the rainforest,/ from above.//

熱帯雨林の真ん中にある塔を上から見たところです。

And this is the tower/ from below.//

こちらは下から見たところ。

And on part of that field campaign/ we even brought an aircraft/ with us.//

そしてこの野外調査の一環として私たちは航空機さえ持参しました。

And this plane,/ the model,/ BA146,/ which was run by FAAM,/ normally flies 120 to 130 people.//

FAAMが管理するこのBA146は 通常は120~130人を載せて飛ぶ飛行機です。

So maybe/ you took a similar aircraft/ to get here/ today.//

もしかしたら今日ここへ来る時同じ様な飛行機に乗った人もいるかもしれません。

But we didn't just fly it.// We were flying at 100 meters/ above the top of the canopy/ to measure this molecule --/ incredibly dangerous stuff.//

しかし私たちはただ飛んでいたのではなく、イソプレン計測のため 林冠の上100メートルを飛んでいたのです。とても危ないんですよ。

We have to fly/ at a special incline/ in order to make the measurements.//

計測のためには特別な角度で飛行しなければなりませんでした。

We hire military and test pilots/ to do the maneuvering.//

操縦には空軍パイロットやテストパイロットを雇います。

We have to get/ special flight clearance.//

特別の飛行許可も取らなくてはいけません。

And/ as you come around the banks/ in these valleys,/ the forces can get up to two Gs.//

この谷の斜面を旋回するときには2Gくらいかかります。

And the scientists have to be completely harnessed in in order to make measurements/ while they're on board.//

科学者たちは機内で計測を行うため 安全帯を装着する必要があります。

So,/ as you can imagine,/ the inside of this aircraft doesn't look like any plane/ you would take on/ vacation.//

だからご想像の通り、この飛行機の内部は 皆さんが休暇の時に乗る飛行機とは全然違っています。

It's a flying laboratory/ that we took to make/ measurements/ in the region of this molecule.//

これはイソプレンの分布を計測するための空飛ぶ実験室なんです。

We do all of this to understand the chemistry of one molecule.//

私たちはこの全てを1つの分子の化学的性質理解のために行っています。

And when one student/ like me has some sort of inclination/ or understanding about that molecule,/ they write one scientific paper/ on the subject.//

そして私のような学生がその分子に関して 傾向や知見を得ると そのテーマに関して1本の科学論文を書きます。

And out of that field campaign/ we'll probably get a few dozen papers/ on a few dozen processes or molecules.//

だからこの野外調査からはおそらく 数十個のプロセスや分子に関する数十本の論文が出来るでしょう。

And as a body of knowledge builds up,/ it will form one subsection,/ or one sub-subsection of an assessment/ like the IPCC,/ although we have others.//

そうやって知識が蓄積され IPCCやその他の報告書の 1つの節か、節の中の小項目になります。

And each one of the 11 chapters of the IPCC has six to ten subsections.//

IPCCの11の部会のそれぞれには 6から10の下位セクションがあります。

So you can imagine the scale of the effort.//

これでこの営みのスケールを想像していただけるでしょう。

In each one of those assessments/ that we write,/ we always tag on a summary,/ and the summary is written for a non-scientific audience.//

私たちが書く評価のそれぞれには いつもサマリーをつけていますが このサマリーは専門外の人々のために書くものです。

And we hand/ that summary/ to journalists and policy makers,/ in order to make headlines/ like these.//

それをジャーナリストや政策立案者たちに提供し そうしてこの様な見出しが出来るのです。

Thank/ you very much.//

ご清聴ありがとうございました。

(拍手)

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

smog

『スモッグ』,煙務

branch

『枝』

『支流』,支脈,支線;分家

『支店』,『支部』,支局

(学問の)『部門』,分科

枝を出す,枝を広げる

(川・道・鉄道などが)分岐する

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

reviewer

(新刊書・演劇などの)批評家,評論家

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

gathering

〈U〉(…を)集めること,(…が)集まること《+『of』+『名』》

〈C〉集められた(集まった)もの;(特に)集会,群衆

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

el

=ell

《米話》高架鉄道(elevated railroad)

oscillation

〈U〉振動;〈C〉(振動の)ひと振り

〈U〉〈C〉(意見・信念などの)動揺,迷い

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

assimilation

(知識・食物の)同化,吸収《+『of』+『名』》

(民族・国家・文明などの)同化,融合《+『of』+『名』》

(音声の)同化(近接の音に影響されて類似または同一の音となること)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

datum

dataの単数形

既知の事実

emission

〈U〉〈C〉(光・熱・液体などの)放射,放出

〈C〉放射物,放出物

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

incredibly

信じられないほど

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

isoprene

イソプレン(主として合成ゴム製造用の揮発性液体)

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

probably

『たぶん』,『おそらく』

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

despite

…『にもかかわらず』

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

emit

〈水・熱・光・音・声など〉‘を'『出す』,『発する』

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

planet

『惑星』,遊星

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

methane

メタン

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

chamber

部屋(room);(特に)寝室

《複数形で》判事室(公開を要しない事件を審理する部屋)

《英》弁護士の事務室

(立事・司法機関などの)会議場

立法府,司法府

(宮廷などの)接見室,拝謁(はいえつ)の間

(動物体の)小室房

(火器の)薬室

…‘に'部屋を祝備する,'を'部屋に入れる

Spain

『スペイン』(ヨーロッパ南西部の王国;首都はMadrid)

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

combustion

燃焼

(化学的な)燃焼

(熱と光を伴う)急激な酸化

(高温や光を伴わない)ゆっくりした酸化

enormous

『巨大な』,ばく大な

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

grid

格子(こうし);焼き網

グリッド(真空管で陽極と陰極との中間に装置する金属の格子)

高圧送電線網

(地図などの)碁盤目

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

variable

『変わりやすい』,一定しない,気まぐれの

変えられる,可変の,調節できる

《英》《遠回しに》(演技などが)むらがある

変化するもの,変化しやすいもの

(数学で)変数

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

integration

統合,集成,完成

(学校や住居における)人種差別の撤廃

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

Malaysia

マレーシア(首都はKuala Lumpur)

マライ群島(the Malay Archipelago)

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

watchtower

見張り塔,物見やぐら

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

rainforest

熱帯雨林

雨林、降雨林、多雨林

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

aircraft

(一般に)航空機

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

canopy

〈C〉天がい(寝台・玉座・入口などの上につけるおおい)

〈U〉〈C〉天がいのようにおおう物

〈寝台・玉座など〉'を'天がいでおおう

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

incline

(…に)『心が傾く』,気が向く

〈人・物が〉『傾向がある』(rend)

(…に)傾く,傾斜する;身をかがめる《+『to』(『toward』)+『名』》

〈物事が〉(…に)‘の'心を向けさせる

(…に)…‘を'傾ける,傾斜させる,かがめる《+『名』+『to』(『toward』)+『名』》

傾斜,こう配;斜面

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

test pilot

試験飛行士

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

clearance

〈U〉〈C〉(…の)取り片付け,除去,掃除《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(積荷の)通関手続き,(船の)出港免状

(またclearance sale)〈C〉大棚ざらいの売出し

〈U〉〈C〉(手形の)決済,(小切手の)現金化

〈U〉〈C〉(二つの物の間の)あき,余裕;(特に)道路面・川の面から橋げたまでの高さ

〈U〉〈C〉秘密情報の使用許可;(秘密情報を扱う人の)信頼性調査;公安調査

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

completely

『完全に』,全く,十分に

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

inclination

〈C〉《単数形で》『傾くこと』,傾けること;《an inclination》『傾き』,傾斜,斜面(slope)

〈C〉〈U〉《文》(物事の)『傾向』

〈C〉〈U〉《しばしば複数形で》(人の)『好み』,意向

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

assessment

〈U〉評価,査定;(環境などの)状況判定

〈C〉評価額,課税額

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

chapter

(各種の文章の)『章』(《略》chao.,Chap.,ch.,Ch.,c.)

〈C〉(人生・歴史・事がらの)重要な一時期

《集合的に》聖堂参事会,修道院義士会

(協会・組合・クラブなどの)地方支部,分会

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

summary

(…の)『要約』,摘要 概要《+of+名》

『用約した』,かいつまんだ;手短の

(裁判などか)略式の,即決の

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

journalist

ジャーナリスト

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画