TED日本語 - ターリ・シャーロット: 楽観主義バイアス

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

人間は生まれつき現実的ではなく楽観的なのでしょうか?ターリ・シャーロットは、新しい研究結果により、人間の脳が明るい面を見るように作られていることを示唆し、これが危険であると同時に利点でもあることを説明します。

Script

これから楽観主義についてお話します より正確に言うと 楽観主義バイアスについてです それは認知的錯覚の一種で 私たちの研究室で ここ数年間 研究してきましたが 80% の人がこのバイアスを持っています

私たちは 好ましい出来事が起きる確率を過大評価し 好ましくない出来事が起きる確率を 過小評価する傾向にあります 例えばガンを患う確率だとか 交通事故に遭う確率を 過小評価します 逆に 長寿やキャリア上の成功の可能性は過大評価します すなわち 私たちは 現実的というよりも楽観的なのですが このことに気付いていません

例えば 結婚を例にとりましょう 西洋では 離婚率は約40%です つまり 5組の夫婦の内 2組は財産分与を行うことになるということです しかし 新婚さん達に 自分たちの離婚の可能性を問うと 0%だと推定します 現実を知っている筈の 離婚専門の弁護士でさえ 自分たちが離婚することになる確率をかなり過小評価します 楽観主義者の離婚率は特に低くはない一方 再婚率は高いことが分かっています サミュエル・ジョンソンの言葉を借りると 『再婚とは 経験に対する希望の勝利である』ということでしょう

(笑い)

結婚していれば 子供を持つ可能性も高くなりますね そして皆 自分の子供には特に才能があると思っています これは2歳の甥のガイですが 誤解がないように 明らかにしておきたいのですが 彼は楽観主義バイアスとしては例外中の例外です だって特別に才能があるんですよ

(笑い)

そして私に限ったことではありません 英国人の4人に3人は 自分たちの家族の将来は明るいと答えています 75%ですよ しかし 一般的な家庭が 数世代前に比べて豊かになったと答えたのは たった30%でした

これは重要なポイントです 私たちは自分自身ついては楽観的です 自分の子供たちについても然り 自分の家族についても然りです しかし 隣に座っている他人に関しては楽観的ではなく 他の市民や国の将来についても どちらかというと悲観的です にもかかわらず 自分自身の将来に対する楽観主義は 根強く 揺らぎません それも 魔法によって良い結果がもたらせられると思っている訳ではなく 自分たちにその結果を生み出す能力が備わっていると思っているのです

私は科学者なので 実験をしてみましょう 私が主張していることを説明するために 皆さんと一緒に 実験をしてみましょう 能力や特徴を いくつかリストアップしますので みなさん ひとつひとつの能力に関して 人口全体と比較して どの程度のレベルかを考えてください

まずは「社交性」です 社交性が下位25%だと思う人は 手をあげてください そうですね 1,500人中10人というところでしょうか 上位25%だと思う人は? ほとんど全員ですね 同じように 運転のスキルについて考えてください 自分がどれくらい面白いか? どれくらい魅力的か? どれくらい正直か? 最後に どれくらい謙虚か?

私たちのほとんどは これらの能力について 平均より上に自分を位置づけます 統計学的にはありえませんね 全員が全員より能力が高いというのは無理なのですから (笑い) しかし隣の誰かと比べて 優位だと信じていれば 仕事や結婚で成功する可能性は高くなります 他の人よりも社交的で面白いのですから

これは世界共通の現象です この楽観主義バイアスは 幅広く確認されています 多くの異なる国々で 西洋文化、非西洋文化ともに 男女ともに 子供からお年寄りに至るまで とても普遍的です

これが私たちにとって良いことなのでしょうか? 「ノー」という人もいます 幸福の秘訣は 低い期待を持つことだ と唱える人もいます 彼らの論理はこんな感じです 多くを期待しなければ 愛と健康と成功が 手に入ると期待しなければ 手に入らなかった時に 落胆せずに済みます 良い事が起きなかったときには 落胆せず 良い事が起きた時には 驚き喜べば 幸せになれる という考え方です

なかなか良い理論に聞こえますが 3つの理由により間違っているということが分かっています 第一に 結果がどうであっても 成功しても失敗しても 期待が高い人の方が 常に幸福度は高いのです 何故ならば 恋人に振られたり 会社で賞をもらった時にどのように感じるかは その出来事をどう解釈するかによるからです

心理学者のマーガレット・マーシャルとジョン・ブラウンは 期待の高い生徒と 低い生徒を比較してみました 期待が高い生徒が成功すると その原因を自分の才能によるものとします 「僕は天才だからAを取ったし これからもずっとAを取り続ける」 失敗しても それは頭が悪いからではなく たまたま試験が不公平だったからであり 次回の成績はもっと良くなると考えます 期待が低い生徒はその反対です 失敗したのは頭が悪いからであり 成功した場合は 試験がたまたま簡単過ぎたからというだけで 次回は現実が待っている と考えます どっちにしても比較的不幸に感じています

第二に 結果の良し悪しに関わらず 何かを心待ちにしているだけで幸せに感じるからです 行動経済学者のジョージ・ローウェンスタインは 彼の大学の生徒に聞きました 好きな有名人の誰かと情熱的なキスができるとたら その有名人とのキスのために どれくらいのお金を払いますか? もし今すぐにキスをするとしたら? 3時間後 24時間後 3日後 1年後 あるいは10年後の場合は? 生徒たちが最も多くお金を払うと答えたのは すぐにキスする場合ではなく 3日後のキスだったのです 待つことに対して より多く対価を払う意思があったのです まず 1年や10年も待つつもりは無かったみたいですね だって年老いた有名人はいやでしょうから しかし3日間というのは最適な待ち時間のようでした

なぜでしょうか? 今すぐキスをしてしまったら それで終わりです しかし3日後のキスであれば 3日間 じらされるような期待感と待たされるスリルが味わえます 生徒たちは想像する時間がほしかったのです どこでキスされるのだろう どんな感じにキスされるんだろう と 期待感で幸せになるのです

皆さんが 日曜日よりも金曜日の方が好きなのも同じ理由です 本当に興味深い事実ですよね だって金曜日は働く日で日曜日は遊ぶ日なのですから 当然 人々は日曜日の方が嬉しいと思いますよね でも違います これは オフィスに居るのが大好きだとか 公園を散歩するのが大嫌いだとか まったりしたブランチが大嫌いということではありません なぜなら みなさんに 1週間の内で本当に好きな曜日を尋ねると 予測通り 土曜日が一番人気でした その次に金曜日 それから日曜日です みなさんが金曜日が好きなのは 金曜日にはその後に続く週末や 計画していることへの期待感があるからです 日曜日の場合 その後に期待できるのは 仕事をする1週間しかありません

楽観主義者とは より多くのキスを期待し 公園でより多く散歩することを 期待する人々なのです そして その期待感が幸福度を増すのです 実際 楽観主義バイアスが無ければ 私たち全員 やや鬱状態になるでしょう やや鬱状態の人は 将来にバイアスをかけません 彼等は健康的な人間と比べて 現実的なのです しかし強度の鬱状態にある人は 悲観主義バイアスがあります 彼等は将来が 実際よりも悪いと予測します

楽観主義は主観的な現実を変えるわけです 将来に対する期待が、世界の見方を変えるのです しかし 客観的な現実さえも変えてしまいます 自己充足的予言として働くのです そして これが期待を低くすることが 幸せに繋がらない三つ目の理由です 制御実験の結果 楽観主義は成功と関係しているだけでなく 成功を導くということが分かっています 楽観主義は学問やスポーツ そして政治における成功に繋がっています そして一番意外な楽観主義の恩恵は 健康です 未来が明るいと信じていれば ストレスと不安は軽減されます

結論として 楽観主義には多くの利点があります しかし私はとても不思議に思ったのですが 現実に直面しながらも どうやって楽観主義を維持できるのでしょうか? 神経科学者としてはこれは特に不可解でした 一般的な考え方によれば 期待が外れた時には 期待を変えるべきだからです しかし実際にはそうではありません 私たちは 被験者に研究室に来てもらい 何が起きているかを調べようとしました

実験では 今後の人生で様々な酷い出来事が起きる 確率を推定してもらいました 例えば 癌を患う確率はどれくらいでしょうか? その後 各種の不幸を被る 平均的な確率を伝えました 例えば 癌になる平均確率は30%です その後 再度同じ質問をしました 「あなたが癌になる確率は?」

知りたかったのは 被験者が与えられた情報をもとに 自分の考えを変えるかどうかです 確かに変わりました しかし それが顕著だったのは 与えられた情報が 期待していたよりも良かった場合です 例えば ある被験者が「自分が癌になる確率は おおよそ50%だろう」と答えたとします 私たちが「朗報ですよ 実際の平均確率は 30%ですよ」と伝えると 次回 同じ問いに対して 「自分が癌になる確率は35%位かな」と言います 素早く そして効率よく 学習したわけです しかし 別の被験者が最初に 「僕が癌になる確率は10%くらいだ」と言い 私たちが「残念ですが 実際の平均確率は30%くらいなのですよ」と言うと 2回目の時にはこう言います 「うん やはり11%くらいの確率だと思う」

(笑い)

まったく学習しなかったわけではないですよ 好ましい情報を与えられた時と比べて ほんの少しだったというだけです 与えられた数字を憶えていなかったわけでもありません みんな 癌になる平均確率は 約30%だと覚えていました 同様に 離婚の確率が40%だということもそうです しかし これらの数字が自分自身に関係しているとは思わなかったのです

これはつまり このような警告の効果は 限定的だということです 確かに 喫煙は死に至るだろうねでも大抵の場合は別のヤツが死ぬんだ

知りたかったのはこういうことです 脳の中でなにが起きていて これらの警告を自分自身に当てはめられなくなっているのか また同じように 住宅市場が上向きだと聞くと 「やった 私の家の価値は間違いなく2倍になるぞ」と考えてしまいます この疑問を解くために 実験の参加者に 脳スキャナーに入ってもらいました こういう装置です fMRIという手法を用いて 脳の中で ポジティブな情報に反応する いくつかの領域を特定することができました

そのうちのひとつは 左下前頭回という領域です 被験者が「私の癌になる確率は50%だ」と言い 私たちが「朗報だよ 平均確率は30%だよ」と言うと 左下前頭回が激しく反応します そして 被験者が強度の楽観主義でも 若干の楽観主義でも やや悲観主義でも 変わりはありません みんなの左下前頭回は 正常に機能しています バラク・オバマでも ウディ・アレンでも同じです

脳の反対側の 右下前頭回は 悪いニュースに反応していました あまり良い仕事はしていませんでしたが より強い楽観主義であればあるほど 予期せぬネガティブな情報に この領域が反応する確率は低くなります そして もし脳が未来に関する 不利な情報をうまく取り入れていないとしたら 常にバラ色の色眼鏡をつけているということになります

この状況を変える事はできるのでしょうか? これらの脳の領域に干渉することで 楽観主義バイアスを変えることができるでしょうか? 干渉する方法があります

これは私の共同研究者の金井良太君です 微量の磁気パルスを 被験者の頭蓋骨を通して 下前頭回領域に送っています こうすることにより その脳の領域の活動に 30分間ほど干渉します その後は全て正常に戻ります保証します

(笑い)

何が起きるのか見てみましょう まず最初に 平均的に観察される バイアスの度合いをお見せします もし会場のみなさんの脳を調べたとしたら 悪い情報と比較して 良い情報を学習する度合いはこれくらいです 次に ネガティブな情報を 取り込む領域に干渉すると 楽観主義バイアスは更に大きくなります 被験者が情報を処理する際のバイアスを増大させました 次に 良い情報を取り込む領域に 干渉してみたところ 楽観主義バイアスは消え去りました この結果には仰天しました 人間の脳に奥深く根付くバイアスを 取り除くことに成功したからです

この時点で実験を止めて 考えました 楽観的幻想を木っ端微塵にするのは良いことなのか? できるとしたら 楽観主義バイアスを取り除くべきなのか? 楽観主義バイアスのさまざまな利点については既に触れましたので みなさんは それを必死に守りたいと思うでしょう ただし 落とし穴だってもちろんあるのです そして それを無視するのはおばかさんです

例えば カリフォルニア州の消防士から 頂いたこのメールを見てください 「消防士の致死事故の調査でよく聞くのは 『炎がああ動くと思わなかった』という回答です 安全な行動を取るための情報が すべて揃っていたにも関わらずです」 この消防隊長は楽観主義バイアスに関して分かったことを 消防士に説明しようとしています 自分たちの思考がなぜそうなっているかを説明し 人間の楽観主義バイアスを痛感してもらうためです

非現実的な楽観主義はリスクの高い行動を引き起こします 財政的破綻や欠陥のある計画などに繋がる行動です 例えば英国政府は 人々が楽観主義バイアスによって プロジェクトのコストや期間を 過小評価する傾向にあることを認識しています そこで 2012年のオリンピックの予算を 楽観主義バイアスを考慮して調整しました

数週間後に結婚する私の友達も 結婚式の予算について同様に調整しました ところで 彼に離婚の確率を聞いてみたら 絶対に可能性ゼロだと言っていました

私たちが本当にしたいのは 楽観主義の危険から自分たちを守ることです しかし同時に楽天的であり続け 楽観主義の数多くの恩恵を享受したいのです 実現する方法があると考えています 重要なのは知識です 私たちは自分自身のバイアスについて生まれながら知っているわけではありません 科学的研究により明らかにする必要があります 好ましい事に 楽観主義バイアスを理解することで 幻想は壊れないということです 視覚の錯覚と同じように それを理解しても 錯覚が消えるわけではないのです これは良いことです なぜなら 対策やルールを策定することによって ちょうどいいバランスをとる事ができるからです そうして 非現実的な楽観主義から身を守り 同時に希望を持ち続けることができます

この漫画が私の言いたいことをうまく表しています もしあなたが崖の上にいる悲観的なペンギンで 飛べないと信じ込んでいるのであれば 絶対に飛ぶことはないでしょう なぜならば いかなる進歩を実現するのにも 異なる現実を想像できなければならないからです そして その現実が可能であると信じなければなりません しかし もしあなたが極端に楽天的なペンギンなら 良い結果を期待して盲目に飛び降り 地面にぶち当たるときに大変ことになるでしょう もしあなたが楽天的なペンギンで 本当に飛べると思っていながら 念のためパラシュートを背負い 計画通りに行かなかった時に備えていたとしたら 鷹のように空を舞う事ができるでしょう ただのペンギンだったとしても

ありがとうございました

(拍手)

I'm going to talk to you about optimism -- or more precisely, the optimism bias. It's a cognitive illusion that we've been studying in my lab for the past few years, and 80 percent of us have it.

It's our tendency to overestimate our likelihood of experiencing good events in our lives and underestimate our likelihood of experiencing bad events. So we underestimate our likelihood of suffering from cancer, being in a car accident. We overestimate our longevity, our career prospects. In short, we're more optimistic than realistic, but we are oblivious to the fact.

Take marriage for example. In the Western world, divorce rates are about 40 percent. That means that out of five married couples,two will end up splitting their assets. But when you ask newlyweds about their own likelihood of divorce, they estimate it at zero percent. And even divorce lawyers, who should really know better, hugely underestimate their own likelihood of divorce. So it turns out that optimists are not less likely to divorce, but they are more likely to remarry. In the words of Samuel Johnson, "Remarriage is the triumph of hope over experience."

(Laughter)

So if we're married, we're more likely to have kids. And we all think our kids will be especially talented. This, by the way, is my two-year-old nephew, Guy. And I just want to make it absolutely clear that he's a really bad example of the optimism bias, because he is in fact uniquely talented.

(Laughter)

And I'm not alone. Out of four British people,three said that they were optimistic about the future of their own families. That's 75 percent. But only 30 percent said that they thought families in general are doing better than a few generations ago.

And this is a really important point, because we're optimistic about ourselves, we're optimistic about our kids, we're optimistic about our families, but we're not so optimistic about the guy sitting next to us, and we're somewhat pessimistic about the fate of our fellow citizens and the fate of our country. But private optimism about our own personal future remains persistent. And it doesn't mean that we think things will magically turn out okay, but rather that we have the unique ability to make it so.

Now I'm a scientist, I do experiments. So to show you what I mean, I'm going to do an experiment here with you. So I'm going to give you a list of abilities and characteristics, and I want you to think for each of these abilities where you stand relative to the rest of the population.

The first one is getting along well with others. Who here believes they're at the bottom 25 percent? Okay, that's about 10 people out of 1,500. Who believes they're at the top 25 percent? That's most of us here. Okay, now do the same for your driving ability. How interesting are you? How attractive are you? How honest are you? And finally, how modest are you?

So most of us put ourselves above average on most of these abilities. Now this is statistically impossible. We can't all be better than everyone else. (Laughter) But if we believe we're better than the other guy, well that means that we're more likely to get that promotion, to remain married, because we're more social, more interesting.

And it's a global phenomenon. The optimism bias has been observed in many different countries -- in Western cultures, in non-Western cultures, in females and males, in kids, in the elderly. It's quite widespread.

But the question is, is it good for us? So some people say no. Some people say the secret to happiness is low expectations. I think the logic goes something like this: If we don't expect greatness, if we don't expect to find love and be healthy and successful, well we're not going to be disappointed when these things don't happen. And if we're not disappointed when good things don't happen, and we're pleasantly surprised when they do, we will be happy.

So it's a very good theory, but it turns out to be wrong for three reasons. Number one: Whatever happens, whether you succeed or you fail, people with high expectations always feel better. Because how we feel when we get dumped or win employee of the month depends on how we interpret that event.

The psychologists Margaret Marshall and John Brown studied students with high and low expectations. And they found that when people with high expectations succeed, they attribute that success to their own traits. "I'm a genius, therefore I got an A, therefore I'll get an A again and again in the future." When they failed, it wasn't because they were dumb, but because the exam just happened to be unfair. Next time they will do better. People with low expectations do the opposite. So when they failed it was because they were dumb, and when they succeeded it was because the exam just happened to be really easy. Next time reality would catch up with them. So they felt worse.

Number two: Regardless of the outcome, the pure act of anticipation makes us happy. The behavioral economist George Lowenstein asked students in his university to imagine getting a passionate kiss from a celebrity, any celebrity. Then he said, "How much are you willing to pay to get a kiss from a celebrity if the kiss was delivered immediately, in three hours, in 24 hours, in three days, in one year, in 10 years? He found that the students were willing to pay the most not to get a kiss immediately, but to get a kiss in three days. They were willing to pay extra in order to wait. Now they weren't willing to wait a year or 10 years; no one wants an aging celebrity. But three days seemed to be the optimum amount.

So why is that? Well if you get the kiss now, it's over and done with. But if you get the kiss in three days, well that's three days of jittery anticipation, the thrill of the wait. The students wanted that time to imagine where is it going to happen, how is it going to happen. Anticipation made them happy.

This is, by the way, why people prefer Friday to Sunday. It's a really curious fact, because Friday is a day of work and Sunday is a day of pleasure, so you'd assume that people will prefer Sunday, but they don't. It's not because they really, really like being in the office and they can't stand strolling in the park or having a lazy brunch. We know that, because when you ask people about their ultimate favorite day of the week, surprise, surprise, Saturday comes in at first, then Friday, then Sunday. People prefer Friday because Friday brings with it the anticipation of the weekend ahead, all the plans that you have. On Sunday, the only thing you can look forward to is the work week.

So optimists are people who expect more kisses in their future, more strolls in the park. And that anticipation enhances their wellbeing. In fact, without the optimism bias, we would all be slightly depressed. People with mild depression, they don't have a bias when they look into the future. They're actually more realistic than healthy individuals. But individuals with severe depression, they have a pessimistic bias. So they tend to expect the future to be worse than it ends up being.

So optimism changes subjective reality. The way we expect the world to be changes the way we see it. But it also changes objective reality. It acts as a self-fulfilling prophecy. And that is the third reason why lowering your expectations will not make you happy. Controlled experiments have shown that optimism is not only related to success, it leads to success. Optimism leads to success in academia and sports and politics. And maybe the most surprising benefit of optimism is health. If we expect the future to be bright, stress and anxiety are reduced.

So all in all, optimism has lots of benefits. But the question that was really confusing to me was, how do we maintain optimism in the face of reality? As an neuroscientist, this was especially confusing, because according to all the theories out there, when your expectations are not met, you should alter them. But this is not what we find. We asked people to come into our lab in order to try and figure out what was going on.

We asked them to estimate their likelihood of experiencing different terrible events in their lives. So, for example, what is your likelihood of suffering from cancer? And then we told them the average likelihood of someone like them to suffer these misfortunes. So cancer, for example, is about 30 percent. And then we asked them again, "How likely are you to suffer from cancer?"

What we wanted to know was whether people will take the information that we gave them to change their beliefs. And indeed they did -- but mostly when the information we gave them was better than what they expected. So for example, if someone said, "My likelihood of suffering from cancer is about 50 percent," and we said, "Hey, good news. The average likelihood is only 30 percent," the next time around they would say, "Well maybe my likelihood is about 35 percent." So they learned quickly and efficiently. But if someone started off saying, "My average likelihood of suffering from cancer is about 10 percent," and we said, "Hey, bad news. The average likelihood is about 30 percent," the next time around they would say, "Yep. Still think it's about 11 percent."

(Laughter)

So it's not that they didn't learn at all -- they did -- but much, much less than when we gave them positive information about the future. And it's not that they didn't remember the numbers that we gave them; everyone remembers that the average likelihood of cancer is about 30 percent and the average likelihood of divorce is about 40 percent. But they didn't think that those numbers were related to them.

What this means is that warning signs such as these may only have limited impact. Yes, smoking kills, but mostly it kills the other guy.

What I wanted to know was what was going on inside the human brain that prevented us from taking these warning signs personally. But at the same time, when we hear that the housing market is hopeful, we think, "Oh, my house is definitely going to double in price." To try and figure that out, I asked the participants in the experiment to lie in a brain imaging scanner. It looks like this. And using a method called functional MRI, we were able to identify regions in the brain that were responding to positive information.

One of these regions is called the left inferior frontal gyrus. So if someone said, "My likelihood of suffering from cancer is 50 percent," and we said, "Hey, good news. Average likelihood is 30 percent," the left inferior frontal gyrus would respond fiercely. And it didn't matter if you're an extreme optimist, a mild optimist or slightly pessimistic, everyone's left inferior frontal gyrus was functioning perfectly well, whether you're Barack Obama or Woody Allen.

On the other side of the brain, the right inferior frontal gyrus was responding to bad news. And here's the thing: it wasn't doing a very good job. The more optimistic you were, the less likely this region was to respond to unexpected negative information. And if your brain is failing at integrating bad news about the future, you will constantly leave your rose-tinted spectacles on.

So we wanted to know, could we change this? Could we alter people's optimism bias by interfering with the brain activity in these regions? And there's a way for us to do that.

This is my collaborator Ryota Kanai. And what he's doing is he's passing a small magnetic pulse through the skull of the participant in our study into their inferior frontal gyrus. And by doing that, he's interfering with the activity of this brain region for about half an hour. After that everything goes back to normal, I assure you.

(Laughter)

So let's see what happens. First of all, I'm going to show you the average amount of bias that we see. So if I was to test all of you now, this is the amount that you would learn more from good news relative to bad news. Now we interfere with the region that we found to integrate negative information in this task, and the optimism bias grew even larger. We made people more biased in the way that they process information. Then we interfered with the brain region that we found to integrate good news in this task, and the optimism bias disappeared. We were quite amazed by these results because we were able to eliminate a deep-rooted bias in humans.

And at this point we stopped and we asked ourselves, would we want to shatter the optimism illusion into tiny little bits? If we could do that, would we want to take people's optimism bias away? Well I've already told you about all of the benefits of the optimism bias, which probably makes you want to hold onto it for dear life. But there are, of course, pitfalls, and it would be really foolish of us to ignore them.

Take for example this email I recieved from a firefighter here in California. He says, "Fatality investigations for firefighters often include 'We didn't think the fire was going to do that,' even when all of the available information was there to make safe decisions." This captain is going to use our findings on the optimism bias to try to explain to the firefighters why they think the way they do, to make them acutely aware of this very optimistic bias in humans.

So unrealistic optimism can lead to risky behavior, to financial collapse, to faulty planning. The British government, for example, has acknowledged that the optimism bias can make individuals more likely to underestimate the costs and durations of projects. So they have adjusted the 2012 Olympic budget for the optimism bias.

My friend who's getting married in a few weeks has done the same for his wedding budget. And by the way, when I asked him about his own likelihood of divorce, he said he was quite sure it was zero percent.

So what we would really like to do, is we would like to protect ourselves from the dangers of optimism, but at the same time remain hopeful, benefiting from the many fruits of optimism. And I believe there's a way for us to do that. The key here really is knowledge. We're not born with an innate understanding of our biases. These have to be identified by scientific investigation. But the good news is that becoming aware of the optimism bias does not shatter the illusion. It's like visual illusions, in which understanding them does not make them go away. And this is good because it means we should be able to strike a balance, to come up with plans and rules to protect ourselves from unrealistic optimism, but at the same time remain hopeful.

I think this cartoon portrays it nicely. Because if you're one of these pessimistic penguins up there who just does not believe they can fly, you certainly never will. Because to make any kind of progress, we need to be able to imagine a different reality, and then we need to believe that that reality is possible. But if you are an extreme optimistic penguin who just jumps down blindly hoping for the best, you might find yourself in a bit of a mess when you hit the ground. But if you're an optimistic penguin who believes they can fly, but then adjusts a parachute to your back just in case things don't work out exactly as you had planned, you will soar like an eagle, even if you're just a penguin.

Thank you.

(Applause)

I'm going to talk/ to you/ about optimism --/ or more precisely,/ the optimism bias.//

これから楽観主義についてお話します より正確に言うと 楽観主義バイアスについてです

It's a cognitive illusion/ that we've been studying in my lab/ for the past few years,/ and 80 percent of us have it.//

それは認知的錯覚の一種で 私たちの研究室で ここ数年間 研究してきましたが 80% の人がこのバイアスを持っています

It's our tendency/ to overestimate our likelihood of experiencing good events/ in our lives/ and underestimate our likelihood of experiencing bad events.//

私たちは 好ましい出来事が起きる確率を過大評価し 好ましくない出来事が起きる確率を 過小評価する傾向にあります

So we underestimate our likelihood of suffering from cancer,/ being in a car accident.//

例えばガンを患う確率だとか 交通事故に遭う確率を 過小評価します

逆に 長寿やキャリア上の成功の可能性は過大評価します

In short,/ we're more optimistic/ than realistic,/ but we are oblivious/ to the fact.//

すなわち 私たちは 現実的というよりも楽観的なのですが このことに気付いていません

Take marriage/ for example.//

例えば 結婚を例にとりましょう

In the Western world,/ divorce rates are about 40 percent.//

西洋では 離婚率は約40%です

That means/ that out of five married couples,/two will end up/ splitting their assets.//

つまり 5組の夫婦の内 2組は財産分与を行うことになるということです

But when you ask newlyweds/ about their own likelihood of divorce,/ they estimate it/ at zero percent.//

しかし 新婚さん達に 自分たちの離婚の可能性を問うと 0%だと推定します

And even divorce lawyers,/ who should really know better,/ hugely underestimate their own likelihood of divorce.//

現実を知っている筈の 離婚専門の弁護士でさえ 自分たちが離婚することになる確率をかなり過小評価します

So it turns out/ that optimists are not less likely/ to divorce,/ but they are more likely/ to remarry.//

楽観主義者の離婚率は特に低くはない一方 再婚率は高いことが分かっています

In the words of Samuel Johnson,/ "Remarriage is the triumph of hope/ over experience."//

サミュエル・ジョンソンの言葉を借りると 『再婚とは 経験に対する希望の勝利である』ということでしょう

(笑い)

So/ if we're married,/ we're more likely/ to have kids.//

結婚していれば 子供を持つ可能性も高くなりますね

And we/ all think/ our kids will be especially talented.//

そして皆 自分の子供には特に才能があると思っています

This,/ by the way,/ is my two-year-old nephew,/ Guy.//

これは2歳の甥のガイですが

And I just want to make/ it absolutely clear/ that he's a really bad example of the optimism bias,/ because he is in fact uniquely/ talented.//

誤解がないように 明らかにしておきたいのですが 彼は楽観主義バイアスとしては例外中の例外です だって特別に才能があるんですよ

(笑い)

And I'm not alone.//

そして私に限ったことではありません

Out of four British people,/three said/ that they were optimistic/ about the future of their own families.//

英国人の4人に3人は 自分たちの家族の将来は明るいと答えています

That's 75 percent.//

75%ですよ

But only 30 percent said/ that they thought families/ in general are doing better/ than a few generations ago.//

しかし 一般的な家庭が 数世代前に比べて豊かになったと答えたのは たった30%でした

And this is a really important point,/ because we're optimistic/ about ourselves,/ we're optimistic/ about our kids,/ we're optimistic/ about our families,/ but we're not so optimistic/ about the guy/ sitting next/ to us,/ and we're somewhat pessimistic/ about the fate of our fellow citizens and the fate of our country.//

これは重要なポイントです 私たちは自分自身ついては楽観的です 自分の子供たちについても然り 自分の家族についても然りです しかし 隣に座っている他人に関しては楽観的ではなく 他の市民や国の将来についても どちらかというと悲観的です

にもかかわらず 自分自身の将来に対する楽観主義は 根強く 揺らぎません

And it doesn't mean/ that we think things will magically turn out/ okay,/ but rather/ that we have the unique ability/ to make it so.//

それも 魔法によって良い結果がもたらせられると思っている訳ではなく 自分たちにその結果を生み出す能力が備わっていると思っているのです

Now/ I'm a scientist,/ I do experiments.//

私は科学者なので 実験をしてみましょう

So to show you/ what I mean,/ I'm going to do/ an experiment here/ with you.//

私が主張していることを説明するために 皆さんと一緒に 実験をしてみましょう

So I'm going to give/ you/ a list of abilities and characteristics,/ and I want you/ to think for each of these abilities/ where you stand relative/ to the rest of the population.//

能力や特徴を いくつかリストアップしますので みなさん ひとつひとつの能力に関して 人口全体と比較して どの程度のレベルかを考えてください

The first one is getting along well/ with others.//

まずは「社交性」です

Who here believes they're at the bottom 25 percent?//

社交性が下位25%だと思う人は 手をあげてください

Okay,/ that's about 10 people/ out of 1,500.//

そうですね 1,500人中10人というところでしょうか

Who believes they're at the top 25 percent?//

上位25%だと思う人は?

That's most of us here.//

ほとんど全員ですね

Okay,/ now do the same/ for your driving ability.//

同じように 運転のスキルについて考えてください

How interesting are you?//

自分がどれくらい面白いか?

How attractive are you?//

どれくらい魅力的か?

How honest are you?//

どれくらい正直か?

And finally,/ how modest are you?//

最後に どれくらい謙虚か?

So most of us put ourselves/ above average/ on most of these abilities.//

私たちのほとんどは これらの能力について 平均より上に自分を位置づけます

Now/ this is statistically impossible.//

統計学的にはありえませんね

We can't all be better/ than everyone else.//

全員が全員より能力が高いというのは無理なのですから

(Laughter)/ But/ if we believe/ we're better/ than the other guy,/ well/ that means/ that we're more likely/ to get that promotion,/ to remain married,/ because we're more social,/ more interesting.//

(笑い) しかし隣の誰かと比べて 優位だと信じていれば 仕事や結婚で成功する可能性は高くなります 他の人よりも社交的で面白いのですから

And it's a global phenomenon.//

これは世界共通の現象です

The optimism bias has been observed in many different countries --/ in Western cultures,/ in non-Western cultures,/ in females and males,/ in kids,/ in the elderly.//

この楽観主義バイアスは 幅広く確認されています 多くの異なる国々で 西洋文化、非西洋文化ともに 男女ともに 子供からお年寄りに至るまで

とても普遍的です

But the question is,/ is it good/ for us?//

これが私たちにとって良いことなのでしょうか?

So some people say no.//

「ノー」という人もいます

Some people say the secret/ to happiness is low expectations.//

幸福の秘訣は 低い期待を持つことだ と唱える人もいます

I think/ the logic goes something/ like this:/ If we don't expect greatness,/ if we don't expect to find love and be healthy and successful,/ well/ we're not going to be disappointed/ when these things don't happen.//

彼らの論理はこんな感じです 多くを期待しなければ 愛と健康と成功が 手に入ると期待しなければ 手に入らなかった時に 落胆せずに済みます

And/ if we're not disappointed/ when good things don't happen,/ and we're/ pleasantly surprised/ when they do,/ we will be happy.//

良い事が起きなかったときには 落胆せず 良い事が起きた時には 驚き喜べば 幸せになれる という考え方です

So it's a very good theory,/ but it turns out/ to be wrong/ for three reasons.//

なかなか良い理論に聞こえますが 3つの理由により間違っているということが分かっています

Number one:/ Whatever happens,/ whether you succeed/ or you fail,/ people/ with high expectations always feel better.//

第一に 結果がどうであっても 成功しても失敗しても 期待が高い人の方が 常に幸福度は高いのです

Because/ how we feel/ when we get dumped/ or win employee of the month depends on how we interpret/ that event.//

何故ならば 恋人に振られたり 会社で賞をもらった時にどのように感じるかは その出来事をどう解釈するかによるからです

The psychologists/ Margaret Marshall/ and John Brown studied students/ with high and low expectations.//

心理学者のマーガレット・マーシャルとジョン・ブラウンは 期待の高い生徒と 低い生徒を比較してみました

And they found/ that/ when people/ with high expectations succeed,/ they attribute/ that success/ to their own traits.//

期待が高い生徒が成功すると その原因を自分の才能によるものとします

"I'm a genius,/ therefore/ I got an A,/ therefore/ I'll get an A again and again/ in the future."//

「僕は天才だからAを取ったし これからもずっとAを取り続ける」

When they failed,/ it wasn't/ because they were dumb,/ but/ because the exam just happened to be unfair.//

失敗しても それは頭が悪いからではなく たまたま試験が不公平だったからであり

Next time/ they will do better.//

次回の成績はもっと良くなると考えます

People/ with low expectations do the opposite.//

期待が低い生徒はその反対です

So/ when they failed/ it was/ because they were dumb,/ and when they succeeded/ it was/ because the exam just happened to be really easy.//

失敗したのは頭が悪いからであり 成功した場合は 試験がたまたま簡単過ぎたからというだけで

Next time reality would catch up/ with them.//

次回は現実が待っている と考えます

So they felt worse.//

どっちにしても比較的不幸に感じています

Number two:/ Regardless of the outcome,/ the pure act of anticipation makes us/ happy.//

第二に 結果の良し悪しに関わらず 何かを心待ちにしているだけで幸せに感じるからです

The behavioral economist George Lowenstein asked students/ in his university/ to imagine getting/ a passionate kiss/ from a celebrity,/ any celebrity.//

行動経済学者のジョージ・ローウェンスタインは 彼の大学の生徒に聞きました 好きな有名人の誰かと情熱的なキスができるとたら

Then/ he said,/ "How much are you willing/ to pay to get a kiss/ from a celebrity/ if the kiss was delivered immediately,/ in three hours,/ in 24 hours,/ in three days,/ in one year,/ in 10 years?//

その有名人とのキスのために どれくらいのお金を払いますか? もし今すぐにキスをするとしたら? 3時間後 24時間後 3日後 1年後 あるいは10年後の場合は?

He found/ that the students were willing/ to pay the most not to get a kiss immediately,/ but to get a kiss/ in three days.//

生徒たちが最も多くお金を払うと答えたのは すぐにキスする場合ではなく 3日後のキスだったのです

They were willing/ to pay extra/ in order to wait.//

待つことに対して より多く対価を払う意思があったのです

Now/ they weren't willing/ to wait a year or 10 years;/ no one wants an aging celebrity.//

まず 1年や10年も待つつもりは無かったみたいですね だって年老いた有名人はいやでしょうから

But three days seemed to be the optimum amount.//

しかし3日間というのは最適な待ち時間のようでした

So/ why is that?//

なぜでしょうか?

Well/ if you get the kiss now,/ it's over/ and done with.//

今すぐキスをしてしまったら それで終わりです

But/ if you get the kiss/ in three days,/ well/ that's three days of jittery anticipation,/ the thrill of the wait.//

しかし3日後のキスであれば 3日間 じらされるような期待感と待たされるスリルが味わえます

The students wanted/ that time/ to imagine/ where is it/ going to happen,/ how is it/ going to happen.//

生徒たちは想像する時間がほしかったのです どこでキスされるのだろう どんな感じにキスされるんだろう と

Anticipation made them/ happy.//

期待感で幸せになるのです

This is,/ by the way,/ why people prefer Friday/ to Sunday.//

皆さんが 日曜日よりも金曜日の方が好きなのも同じ理由です

It's a really curious fact,/ because Friday is a day of work/ and Sunday is a day of pleasure,/ so you'd assume/ that people will prefer Sunday,/ but they don't.//

本当に興味深い事実ですよね だって金曜日は働く日で日曜日は遊ぶ日なのですから 当然 人々は日曜日の方が嬉しいと思いますよね でも違います

It's not/ because they really,/ really/ like being in the office/ and they can't stand strolling/ in the park/ or having a lazy brunch.//

これは オフィスに居るのが大好きだとか 公園を散歩するのが大嫌いだとか まったりしたブランチが大嫌いということではありません

We know/ that,/ because/ when you ask people/ about their ultimate favorite day of the week,/ surprise,/ surprise,/ Saturday comes in at first,/ then/ Friday,/ then/ Sunday.//

なぜなら みなさんに 1週間の内で本当に好きな曜日を尋ねると 予測通り 土曜日が一番人気でした その次に金曜日 それから日曜日です

People prefer Friday/ because Friday brings with it/ the anticipation of the weekend ahead,/ all the plans/ that you have.//

みなさんが金曜日が好きなのは 金曜日にはその後に続く週末や 計画していることへの期待感があるからです

On Sunday,/ the only thing/ you can look forward/ to is the work week.//

日曜日の場合 その後に期待できるのは 仕事をする1週間しかありません

So optimists are people/ who expect more kisses/ in their future,/ more strolls/ in the park.//

楽観主義者とは より多くのキスを期待し 公園でより多く散歩することを 期待する人々なのです

And/ that anticipation enhances their wellbeing.//

そして その期待感が幸福度を増すのです

In fact,/ without the optimism bias,/ we would all be slightly depressed.//

実際 楽観主義バイアスが無ければ 私たち全員 やや鬱状態になるでしょう

People/ with mild depression,/ they don't have a bias/ when they look into the future.//

やや鬱状態の人は 将来にバイアスをかけません

They're actually more realistic/ than healthy individuals.//

彼等は健康的な人間と比べて 現実的なのです

But individuals/ with severe depression,/ they have a pessimistic bias.//

しかし強度の鬱状態にある人は 悲観主義バイアスがあります

So they tend to expect/ the future/ to be worse/ than it ends up/ being.//

彼等は将来が 実際よりも悪いと予測します

楽観主義は主観的な現実を変えるわけです

The way/ we expect the world/ to be changes/ the way/ we see it.//

将来に対する期待が、世界の見方を変えるのです

But it also changes objective reality.//

しかし 客観的な現実さえも変えてしまいます

自己充足的予言として働くのです

And that is/ the third reason/ why lowering your expectations will not make you happy.//

そして これが期待を低くすることが 幸せに繋がらない三つ目の理由です

Controlled experiments have shown/ that optimism is not only related/ to success,/ it leads to success.//

制御実験の結果 楽観主義は成功と関係しているだけでなく 成功を導くということが分かっています

Optimism leads to success/ in academia and sports and politics.//

楽観主義は学問やスポーツ そして政治における成功に繋がっています

And maybe/ the most surprising benefit of optimism is health.//

そして一番意外な楽観主義の恩恵は 健康です

If we expect the future/ to be bright, stress and anxiety are reduced.//

未来が明るいと信じていれば ストレスと不安は軽減されます

So all/ in all,/ optimism has lots of benefits.//

結論として 楽観主義には多くの利点があります

But the question/ that was really confusing/ to me was,/ how do we maintain optimism/ in the face of reality?//

しかし私はとても不思議に思ったのですが 現実に直面しながらも どうやって楽観主義を維持できるのでしょうか?

As an neuroscientist,/ this was especially confusing,/ because according/ to all the theories out there,/ when your expectations are not met,/ you should alter them.//

神経科学者としてはこれは特に不可解でした 一般的な考え方によれば 期待が外れた時には 期待を変えるべきだからです

But this is not/ what we find.//

しかし実際にはそうではありません

We asked people/ to come into our lab/ in order to try/ and figure out/ what was going on.//

私たちは 被験者に研究室に来てもらい 何が起きているかを調べようとしました

We asked them/ to estimate their likelihood of experiencing different terrible events/ in their lives.//

実験では 今後の人生で様々な酷い出来事が起きる 確率を推定してもらいました

So,/ for example,/ what is your likelihood of suffering from cancer?//

例えば 癌を患う確率はどれくらいでしょうか?

And then/ we told them/ the average likelihood of someone/ like them/ to suffer these misfortunes.//

その後 各種の不幸を被る 平均的な確率を伝えました

So cancer,/ for example,/ is about 30 percent.//

例えば 癌になる平均確率は30%です

And then/ we asked them again,/ "How likely are you to suffer from cancer?"//

その後 再度同じ質問をしました 「あなたが癌になる確率は?」

What we wanted to know/ was/ whether people will take the information/ that we gave them/ to change their beliefs.//

知りたかったのは 被験者が与えられた情報をもとに 自分の考えを変えるかどうかです

And indeed/ they did --/ but mostly/ when the information/ we gave them/ was better/ than what they expected.//

確かに変わりました しかし それが顕著だったのは 与えられた情報が 期待していたよりも良かった場合です

So/ for example,/ if someone said,/ "My likelihood of suffering from cancer is about 50 percent,/"/ and we said,/ "Hey, good news.//

例えば ある被験者が「自分が癌になる確率は おおよそ50%だろう」と答えたとします 私たちが「朗報ですよ 実際の平均確率は

The average likelihood is only 30 percent,/"/ the next time/ around they would say,/ "Well maybe/ my likelihood is about 35 percent."//

30%ですよ」と伝えると 次回 同じ問いに対して 「自分が癌になる確率は35%位かな」と言います

So they learned quickly and efficiently.//

素早く そして効率よく 学習したわけです

But/ if someone started off/ saying,/ "My average likelihood of suffering from cancer is about 10 percent,/"/ and we said,/ "Hey, bad news.//

しかし 別の被験者が最初に 「僕が癌になる確率は10%くらいだ」と言い 私たちが「残念ですが

The average likelihood is about 30 percent,/"/ the next time/ around they would say,/ "Yep.// Still think it's about 11 percent."//

実際の平均確率は30%くらいなのですよ」と言うと 2回目の時にはこう言います 「うん やはり11%くらいの確率だと思う」

(笑い)

So it's not/ that they didn't learn at all --/ they did --/ but much,/ much less/ than when we gave them/ positive information/ about the future.//

まったく学習しなかったわけではないですよ 好ましい情報を与えられた時と比べて ほんの少しだったというだけです

And it's not/ that they didn't remember the numbers/ that we gave them;/ everyone remembers/ that the average likelihood of cancer is about 30 percent/ and the average likelihood of divorce is about 40 percent.//

与えられた数字を憶えていなかったわけでもありません みんな 癌になる平均確率は 約30%だと覚えていました 同様に 離婚の確率が40%だということもそうです

But they didn't think/ that those numbers were related to them.//

しかし これらの数字が自分自身に関係しているとは思わなかったのです

What this means/ is/ that warning signs/ such as these may only have limited impact.//

これはつまり このような警告の効果は 限定的だということです

Yes, smoking kills,/ but mostly/ it kills the other guy.//

確かに 喫煙は死に至るだろうねでも大抵の場合は別のヤツが死ぬんだ

What I wanted to know/ was/ what was going on/ inside the human brain/ that prevented us/ from taking these warning signs personally.//

知りたかったのはこういうことです 脳の中でなにが起きていて これらの警告を自分自身に当てはめられなくなっているのか

But at the same time,/ when we hear/ that the housing market is hopeful,/ we think,/ "Oh,/ my house is definitely going to double/ in price."//

また同じように 住宅市場が上向きだと聞くと 「やった 私の家の価値は間違いなく2倍になるぞ」と考えてしまいます

To try and figure that out,/ I asked the participants/ in the experiment/ to lie in a brain imaging scanner.//

この疑問を解くために 実験の参加者に 脳スキャナーに入ってもらいました

It looks like this.//

こういう装置です

And using a method called functional MRI,/ we were able to identify regions/ in the brain/ that were responding to positive information.//

fMRIという手法を用いて 脳の中で ポジティブな情報に反応する いくつかの領域を特定することができました

One of these regions is called the left inferior frontal gyrus.//

そのうちのひとつは 左下前頭回という領域です

So/ if someone said,/ "My likelihood of suffering from cancer is 50 percent,/"/ and we said,/ "Hey, good news.//

被験者が「私の癌になる確率は50%だ」と言い 私たちが「朗報だよ

Average likelihood is 30 percent,/"/ the left inferior frontal gyrus would respond fiercely.//

平均確率は30%だよ」と言うと 左下前頭回が激しく反応します

And it didn't matter/ if you're an extreme optimist,/ a mild optimist or slightly pessimistic,/ everyone's left inferior frontal gyrus was functioning perfectly well,/ whether you're Barack Obama or Woody Allen.//

そして 被験者が強度の楽観主義でも 若干の楽観主義でも やや悲観主義でも 変わりはありません みんなの左下前頭回は 正常に機能しています バラク・オバマでも ウディ・アレンでも同じです

On the other side of the brain,/ the right inferior frontal gyrus was responding to bad news.//

脳の反対側の 右下前頭回は 悪いニュースに反応していました

And here's the thing:/ it wasn't doing a very good job.//

あまり良い仕事はしていませんでしたが

The more optimistic/ you were,/ the less likely/ this region was to respond/ to unexpected negative information.//

より強い楽観主義であればあるほど 予期せぬネガティブな情報に この領域が反応する確率は低くなります

And/ if your brain is failing at integrating bad news/ about the future,/ you will constantly leave your rose-tinted spectacles on.//

そして もし脳が未来に関する 不利な情報をうまく取り入れていないとしたら 常にバラ色の色眼鏡をつけているということになります

So we wanted to know,/ could we change this?//

この状況を変える事はできるのでしょうか?

Could we alter people's optimism bias/ by interfering with the brain activity/ in these regions?//

これらの脳の領域に干渉することで 楽観主義バイアスを変えることができるでしょうか?

And there's a way/ for us/ to do/ that.//

干渉する方法があります

This is my collaborator Ryota Kanai.//

これは私の共同研究者の金井良太君です

And/ what he's doing is he's passing a small magnetic pulse/ through the skull of the participant/ in our study/ into their inferior frontal gyrus.//

微量の磁気パルスを 被験者の頭蓋骨を通して 下前頭回領域に送っています

And by doing/ that,/ he's interfering with the activity of this brain region/ for about half an hour.//

こうすることにより その脳の領域の活動に 30分間ほど干渉します

After that everything goes back/ to normal,/ I assure you.//

その後は全て正常に戻ります保証します

(笑い)

So let's see/ what happens.//

何が起きるのか見てみましょう

First of all,/ I'm going to show/ you/ the average amount of bias/ that we see.//

まず最初に 平均的に観察される バイアスの度合いをお見せします

So/ if I was to test all of you now,/ this is the amount/ that you would learn more/ from good news relative/ to bad news.//

もし会場のみなさんの脳を調べたとしたら 悪い情報と比較して 良い情報を学習する度合いはこれくらいです

Now/ we interfere with the region/ that we found to integrate/ negative information/ in this task,/ and the optimism bias grew even larger.//

次に ネガティブな情報を 取り込む領域に干渉すると 楽観主義バイアスは更に大きくなります

We made people more biased/ in the way/ that they process information.//

被験者が情報を処理する際のバイアスを増大させました

Then/ we interfered with the brain region/ that we found to integrate/ good news/ in this task,/ and the optimism bias disappeared.//

次に 良い情報を取り込む領域に 干渉してみたところ 楽観主義バイアスは消え去りました

We were quite amazed by these results/ because we were able to eliminate a deep-rooted bias/ in humans.//

この結果には仰天しました 人間の脳に奥深く根付くバイアスを 取り除くことに成功したからです

And at this point/ we stopped/ and we asked ourselves,/ would we want to shatter/ the optimism illusion/ into tiny little bits?//

この時点で実験を止めて 考えました 楽観的幻想を木っ端微塵にするのは良いことなのか?

If we could do that,/ would we want to take/ people's optimism bias away?//

できるとしたら 楽観主義バイアスを取り除くべきなのか?

Well/ I've already told you/ about all of the benefits of the optimism bias,/ which probably makes/ you want to hold/ onto it/ for dear life.//

楽観主義バイアスのさまざまな利点については既に触れましたので みなさんは それを必死に守りたいと思うでしょう

But there are,/ of course,/ pitfalls,/ and it would be really foolish of us/ to ignore them.//

ただし 落とし穴だってもちろんあるのです そして それを無視するのはおばかさんです

Take for example/ this email/ I recieved from a firefighter here/ in California.//

例えば カリフォルニア州の消防士から 頂いたこのメールを見てください

He says,/ "Fatality investigations/ for firefighters often include/ 'We didn't think the fire was going to do/ that,/'/ even/ when all of the available information was there to make safe decisions."//

「消防士の致死事故の調査でよく聞くのは 『炎がああ動くと思わなかった』という回答です 安全な行動を取るための情報が すべて揃っていたにも関わらずです」

This captain is going to use/ our findings/ on the optimism bias/ to try to explain/ to the firefighters/ why they think the way/ they do,/ to make them acutely aware of this very optimistic bias/ in humans.//

この消防隊長は楽観主義バイアスに関して分かったことを 消防士に説明しようとしています 自分たちの思考がなぜそうなっているかを説明し 人間の楽観主義バイアスを痛感してもらうためです

So unrealistic optimism can lead to risky behavior,/ to financial collapse,/ to faulty planning.//

非現実的な楽観主義はリスクの高い行動を引き起こします 財政的破綻や欠陥のある計画などに繋がる行動です

The British government,/ for example,/ has acknowledged/ that the optimism bias can make individuals more likely/ to underestimate the costs and durations of projects.//

例えば英国政府は 人々が楽観主義バイアスによって プロジェクトのコストや期間を 過小評価する傾向にあることを認識しています

So they have adjusted the 2012 Olympic budget/ for the optimism bias.//

そこで 2012年のオリンピックの予算を 楽観主義バイアスを考慮して調整しました

My friend/ who's getting married in a few weeks has done the same/ for his wedding budget.//

数週間後に結婚する私の友達も 結婚式の予算について同様に調整しました

And/ by the way,/ when I asked him/ about his own likelihood of divorce,/ he said/ he was quite sure/ it was zero percent.//

ところで 彼に離婚の確率を聞いてみたら 絶対に可能性ゼロだと言っていました

So/ what we would really like to do,/ is we would like to protect/ ourselves/ from the dangers of optimism,/ but at the same time remain hopeful,/ benefiting from the many fruits of optimism.//

私たちが本当にしたいのは 楽観主義の危険から自分たちを守ることです しかし同時に楽天的であり続け 楽観主義の数多くの恩恵を享受したいのです

And I believe/ there's a way/ for us/ to do that.//

実現する方法があると考えています

The key here really is knowledge.//

重要なのは知識です

We're not born with an innate understanding of our biases.//

私たちは自分自身のバイアスについて生まれながら知っているわけではありません

These have to be identified by scientific investigation.//

科学的研究により明らかにする必要があります

But the good news is/ that becoming aware of the optimism bias does not shatter the illusion.//

好ましい事に 楽観主義バイアスを理解することで 幻想は壊れないということです

It's like visual illusions,/ in which understanding them does not make them/ go away.//

視覚の錯覚と同じように それを理解しても 錯覚が消えるわけではないのです

And this is/ good/ because it means we should be able to strike a balance,/ to come up/ with plans and rules to protect ourselves/ from unrealistic optimism,/ but at the same time remain hopeful.//

これは良いことです なぜなら 対策やルールを策定することによって ちょうどいいバランスをとる事ができるからです そうして 非現実的な楽観主義から身を守り 同時に希望を持ち続けることができます

I think/ this cartoon portrays it nicely.//

この漫画が私の言いたいことをうまく表しています

Because/ if you're one of these pessimistic penguins up/ there/ who just does not believe they can fly,/ you certainly never will.//

もしあなたが崖の上にいる悲観的なペンギンで 飛べないと信じ込んでいるのであれば 絶対に飛ぶことはないでしょう

Because to make any kind of progress,/ we need to be able to imagine a different reality,/ and then/ we need to believe/ that that reality is possible.//

なぜならば いかなる進歩を実現するのにも 異なる現実を想像できなければならないからです そして その現実が可能であると信じなければなりません

But/ if you are an extreme optimistic penguin/ who just jumps down/ blindly/ hoping for the best,/ you might find yourself/ in a bit of a mess/ when you hit the ground.//

しかし もしあなたが極端に楽天的なペンギンなら 良い結果を期待して盲目に飛び降り 地面にぶち当たるときに大変ことになるでしょう

But/ if you're an optimistic penguin/ who believes they can fly,/ but then adjusts a parachute/ to your back just/ in case things don't work out/ exactly/ as you had planned,/ you will soar like an eagle,/ even if you're just a penguin.//

もしあなたが楽天的なペンギンで 本当に飛べると思っていながら 念のためパラシュートを背負い 計画通りに行かなかった時に備えていたとしたら 鷹のように空を舞う事ができるでしょう ただのペンギンだったとしても

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

optimism

楽天主義

楽観,のんき

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

cognitive

認識の(に関する,を要する)

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

lab

実験室(laboratory)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

tendency

『傾向』

『性癖』,癖

overestimate

…‘を'過大評価する,買いかぶる

〈C〉過大評価,買いかぶり

likelihood

(…が)ありそうなこと,(…の)見込み,可能性(probability)《+『of』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

longevity

長生き,長寿

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

prospect

〈C〉《通例単数性で》(高い位置からの)(…の)『光景』,眺め《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『予想』,展望《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

《複数性で》(…の)『成功の見込み(機会)』《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

〈C〉見込みのある人,有望な人

〈C〉《米》願客になりそうな人

(金などを求めて)〈ある地域〉‘を'探査する《+『名』+『for』+『名』》

(金などを求めて)探査する《+『for』+『名』》

optimistic

楽天主義の;楽観的な,のんきな

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

oblivious

(・・・を)忘れて,忘れっぽく《+『of』+『名』》;(・・・に)気づかないで《+『of』(『to』)+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

lawyer

『弁護士』;法律学者

optimist

楽天主義者;楽天家,のんき者

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

remarry

〈前の夫または妻〉‘と'再婚する

再婚する

(離婚後)〈男女が〉同じ相手と再婚する

Samuel

サムエル(ヘブライの預言者)

サムエル記(旧約聖書中の一書;《略》Sam.)

triumph

(…に)『勝利を収める』,勝つ《+over+名》

勝利を喜ぶ,勝ち誇る

〈C〉(…に対する)『勝利』,成功,功績《+over+名》

〈U〉勝利(成功)の喜び,勝ち誇り,得意の色

laughter

『笑い』,笑い声

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

especially

『特に』,特別に;きわだって

talented

才能のある(gifted)

nephew

『おい』(自分や配偶者の兄弟姉妹のむすこ)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

somewhat

『幾分か』,少し

pessimistic

悲観的な,厭世的な

fate

〈U〉『運命』,宿命

〈U〉(運命として定められた)最期,破滅,(特に)死

《the Fates》(ギリシア・ローマ神話の)運命の三女神(Clotho,Lachesis,Atropes)

…‘を'運命づける

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

persistent

(反対・困難にもくじけず)『あくまでもやり抜く』,ねばり強い,執ような

いつまでも続く,持続する(lasting)

magically

魔法のように,不思議に

okay

=OK,O.K.

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

modest

『謙そんした』,謙虚な;控え目な

(特に女性について)品のいい,しとやかな

じみな,質素な(simple)

(量・規模・程度が)中ぐらいの,並の(moderate)

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

ca

circa

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

promotion

〈U〉〈C〉『昇進』,進級

〈U〉(…を)押し進めること,(…の)促進,増進,奨励《+『of』+『名』》

〈C〉宣伝商品,促進商品

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

elderly

かなり年配の,初老の

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

widespread

(翼など)広げた

広範囲にわたる,行き渡った

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

greatness

『大きいこと』,巨大;多大

『偉大さ』,高貴;高名

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

disappoint

《人を》‘を'『失望させる』,がっかりさせる

〈約束・期待〉‘を'『破る』;〈希望・計画など〉‘を'だめにする,くつがえす

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

pleasantly

心地よく,楽しく,愛想よく

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

interpret

〈物事〉‘を'『解釈する』,受け取る;…‘の'意味を明らかにする,‘を'説明する

〈外国語で表現されたもの〉‘を'『通訳する』,翻訳する(translate)

…‘を'自分の解釈に基づいて演じる(演奏する)

『通訳をする』

psychologist

心理学者

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

trait

特性,特質,特色

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

dumb

『物の言えない』,口をきくことができない

口をつぐんでいる,黙っている(silent)

《名詞的にthe~》口のきけない人々

《話》頭の悪い,ばかな

exam

試験

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

regardless

『むとんじゃくな』,不注意な;(…に)むとんじゃくな《+『of』+『名』》

とにかく(anyway)

(…に)かかわらず《+『of』+『名』》

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

anticipation

(…の)予想,期待《+『of』+『名』》,(…という)予想《+『that節』》

economist

経済学者

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

kiss

…‘に'『口づけする』,『キスする』

…‘に'軽く触れる

口づけする,キスをする

《俗》(前の車に)追突する

『口づけ,キス』

軽く触れること

(1個ずつ紙・銀紙に包まれたチョコレートなどの)小さなキャンデー

celebrity

〈U〉名声,高名

〈C〉有名人,名士

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

days

たいてい昼間は

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

no one

『だれも』…『ない』

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

optimum

(成長のための)最適の条件(水準)

(また『optimal』)(比較変化なし)《名紙の前にのみ用いて》最高の,最上の

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

jittery

神経過敏の,いらいらしている,びくびくした

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

stroll

『ぶらぶら歩く』,散歩する

…‘を'ぶらぶら歩く,ぶらつく

『ぶらぶら歩き』,散歩

lazy

(人動物が)『怠惰な』,無精な,物ぐさな

(物事が)(人の)怠惰を誘う,けだるい,ものうげな

動きがのろい

《名詞的に;the lazy》怠け者[たち]

brunch

《話》(昼食兼用の)おそい朝食

昼食兼用のおそい朝食をとる[breakfastとlunchの混成語]

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

enhance

…‘の'程度(仮値など)を高める

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

depressed

元気のない,憂うつな

(力・価値などの)低下した,弱められた

不景気の,不況の;(特に)貧困にあぇぐ

押し下げられた;抑圧された

mild

(人,人の気性・態度などが)『柔和な』,ものやわらかな,温和な

(程度・力・効果などが)『適度な』,ほどよい

(病気などが)そんなにひどくない,軽い

(気温が)おだやかな

(味・においが)強くない,ぴりぴりしない

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

subjective

(思想や感情が)主観的な,主観による

(芸術や芸術家が)主観的に表現する

(文法で)主格の

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

self-fulfilling prophecy

自己実現的予言 《予言したという事実がその実現をもたらす》・自己達成しつつある予言、自己達成的予言

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

academia

=academe

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

confusing

乱混させる[ような],当惑させる

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

lives

lifeの複数形

misfortune

〈U〉『不運』,『不幸』

〈C〉(…にとっての)『不幸』(『不運』)『なでき事』,災難(calamity)《+『of』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

yep

うん(yes)

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

warn

〈人〉に『警告する』

〈人・物事などが〉〈人〉‘に'『予告する』

〈人・立て札などが〉(…に近寄らないように,…から立ち退くように)〈人〉‘に'通告する《+名〈人〉+away from(from,off,out of)+名》

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

smoking

煙ること

喫煙

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

housing

住宅供給;家に収容すること

《集合的に》家,住宅(houses)

避難所

(機械の)架構(支え台・枠・囲い,また部品収容箱など)

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

participant

(…の)関係者,(…への)参加者《+『in』+『名』》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

inferior

(階級・親分・質・程度などが)『下の』,『劣る』,

(位置が)低い,下方の

目下の者;劣った人

frontal

正面の,前面の

fiercely

凶暴に;猛烈に

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

woody

木質の,木の

樹木の多い,樹木の茂った

木特有の,木に似た

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

unexpected

『予期しない』,思いがけない

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

spectacle

(特に印象的な)『光景』,ながめ,ありさま

〈C〉(特に大規模な)見せ物,スメクタクル

(また《話》『specs』)《複数形で》『眼鏡』

interfere

(‥に)『干渉する』,口出しをする(meddle)《+『in』(with』)+『名』)『wh-節』(『句』,do『ing』)》

(仕事・状況などの)『妨げとなる』,邪魔になる《+『with』+『名』(do『ing』)》

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

magnetic

磁石の;磁気の(による,を帯びた)

人を引き付ける,魅力のある

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

skull

『頭がい骨』,しゃれこうべ

《話》おつむ,頭

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

assure

〈人・自分〉‘に'『確信させる』,『保証する』,分からせて安心させる

〈事柄・地位など〉'を'『確実にする』(ensure)

《英》…に保険をかける(insure)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

eliminate

(…から)…‘を'『取り除く』,削除する(get rid of)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'考慮に入れない,無視する(disregard)

deep-rooted

深く根ざした

shatter

〈物〉‘を'『粉々に打ち砕く』,粉砕する

(回復の余地なく)〈計画・健康・希望など〉‘を'『壊す』

『粉々になる』

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

probably

『たぶん』,『おそらく』

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

pitfall

(動物を捕らえる)落とし穴

《比喩(ひゆ)的に》隠された危険(困難)

foolish

『愚かな』,思慮分別のない

こっけいな,おかしい

無意味な,つまらない,ばかばかしい

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

firefighter

=fireman

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

fatality

〈C〉(死傷者や破壊を伴う)災害,災難,不幸なでき事

〈C〉不慮の死;(事故などによる)死亡者[数]

〈C〉〈U〉運命,宿命,必然[性]

〈U〉(病気などの)致命的であること,不治

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

captain

『長』,かしら(chief)

『船長』,艦長;(吾行機の)機長

(チームの)『主将』,キャプテン;組長

陸軍大慰;海軍大佐;《米》(空軍・海兵隊の)大慰,《英》空軍大佐

…'を'統率する,指揮する

finding

〈U〉〈C〉発見すること・〈C〉発見物;《しばしば複数形で》拾得物・〈C〉(裁判官による)判決,(陪審の)評決・《複数形で》・(調査・研究などの)結果,結論

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

unrealistic

(作風などが)非現実主義の,非写実的な

(計画などが)現実的(実際的)でない

risky

危険な,危ない

=risque

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

faulty

欠点(欠陥)のある

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

duration

(時間の)持続,存続,継続

存続期間,持続時間

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

adjust

…'を'『調節する』;(…に)…'を'合わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

〈争い・不和〉'を'調停する

(…に)順応する,適応する《+『to』+『名』》

Olympic

オリンピア(Olympia)平原の;オリンポス(Olympus)山の

『オリンピック競技の』

=Olympic Games

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

wed

…‘と'結婚する,‘を'妻(夫)にする

結婚する

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

innate

生まれつきの,生得の(inborn)

本質的な

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

cartoon

(政治的な)風刺漫画・(モザイク・壁掛け・壁画などの)実物大の下絵・

(一続きの)漫画・…'を'漫画化する・(1 枚の時事)風刺漫画・アニメ映画,動画(animated cartoon)・(新聞などの)続き漫画・(壁画などの)実物大下絵・漫画を描く

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

nicely

見事に,気持ちよく;うまく

精密に

penguin

ペンギン

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

blindly

盲目的に,向こうみずに

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

parachute

パラシュート,落下傘

パラシュートで降下する

〈食糧など〉‘を'パラシュートで投下する

天下り人事で(…に)…‘を'就任させる《+『into』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

soar

〈ワシなどが〉『空高く飛ぶ』,舞い上がる

〈山などが〉そびえ立つ,高くそびえる(進行形にできない)

〈物価などが〉『急に上る』

〈希望・元気・想像力などが〉高まる

eagle

『ワシ』

ワシ印;ワシ印の旗

(ゴルフで)標準より二つ少ない打数

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画