TED日本語 - レービン・アグラワール: インドの今見るべき10人の若手アーティスト

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

美術コレクターのレービン・アグラワールが今インドで最も活気のある若手現代アーティスト10人について熱く語る。アーティストたちは様々な媒体を使用し、それぞれの地方の文化をインスピレーションとしている。

Script

今こそ新しいインドアートをみるのに 最もエキサイティングな時です 現代アーティストたちは 今まで以上に 世界と対話しています 今日ここにいるたくさんのベテランや現地コレクターにも TEDのみなさん全てに紹介したい10人のアーティストについて 新たな観点を与えられたら おもしろいと思いました

まずはバールティ・ケール バールティの手法の中心的なモチーフは お店で売っているできあいのビンディで 計り知れない数のインド人女性が 結婚に関する慣習として 毎日 額にはりつけています しかしビンディーの元々の意義は 宗教界と精神界の間にある 第三の目の象徴でした バールティの試みはこのありふれた日常を解放 そして壮大なものへと爆発させることです また彼女は等身大の動物などのグラスファイバー彫刻を ビンディーで完全に覆い 強い象徴性を表現しています 彼女曰く 10袋のビンディーで始めたが その後 一万袋では何ができるか考えるようになったそうです

次に紹介するバラスブラマニアムは 彫刻・絵画・インスタレーションの交差点に立ち グラスファイバーですばらしい作品を創造します バラ自身のちほどTEDで講演を行うので 今ここで彼についてあまり解説はしませんが 一言添えるならば 彼の得意分野は 見えない物を見えるようにすることです

ブルックリン在住のチートラ・ガネッシュは デジタルコラージュで知られており アマール・チートラ・カタスというインドの漫画を 主な素材としています これらのコミックは こどもたちが 特にディアスポラのこどもが 宗教と神話にまつわる民話を学ぶ基礎です 私自身もこれに浸っていました チートラはこれらの聖像を 混ぜ合わせたり 新たに名付けたりして この強い影響力をもつコミックに埋め込まれた 性の そしてジェンダーの政治課題を表現しています インスタレーション作品にも同じテーマを取りあげています

ジティッシュ・カラットの活躍はフォトグラフィー 彫刻 絵画 そしてインスタレーションの分野に及びます ご覧の通り 彼はグラフィティーや ストリートアートの影響を強く受けており 故郷のムンバイも 彼の作品の重要な要素です モダンで都会的なボンベイを特徴づける 密度感と活気を 的確にとらえています 彼はまた レゾンキャストの骨組みから作られた 変幻自在の彫刻品を作っています この作品では 彼が暴動で目撃した 燃える三輪タクシーの残骸がイメージされています

次のアーティスト N.S.ハルシャは ここマイソールにスタジオがあります 彼の手法はミニチュアの伝統を現代風に変えること 彼は 小さく繊細なイメージを作り それを膨大なスケールで繰り返すのです 彼はスケールを用い さらに驚異的な効果を生み出します それはシンガポールの寺院の屋根や 意欲的なインスタレーション作品であるー 国連加盟国の旗を縫う192台の 稼働しているミシンにも見られます

ムンバイ在住のドルーヴィ・アチャリアは 敬愛するコミックやストリートアートを元に 現代のインド人女性が背負う 役割や期待について批評します 彼女もまたアマール・チートラ・カタスから材料を探します ただチートラ・ガネッシュとは全く違う手法です この作品では 絵の部分を抜き出し 文章だけを残すことで 革新的で挑発的なものに仕上がっています

ラキブ・ショーはコルカタ出身の カシミール育ち ロンドンで修行を積みました 彼もまたミニチュア美術の再開発に取り組んでいます 彼はヒエロニムス・ボスや昔のカシミヤ織物にヒントを得て 華やかなキャンバス画を創りだします さらにメタリックな工業用ペンキをヤマアラシのー 針を使って塗り 豊かで繊細な効果を出しています

次は ちょっとズルをします なぜならラックス・メディア・コレクティヴは 実は三人のアーティスト集団だからです ラックスは現代のインドのマルチメディアアートにおいて おそらく最先端をいく者たちで 写真 映像 インスタレーションにわたって活動しています 主にグローバル化と都会化のテーマを探求し 本拠地デリーも頻繁に作品に用いられる要素です ここでは鑑賞者は5つのスクリーンに映る物語に 埋め込まれた証拠や手がかりを元に 犯罪の分析をします 街自体が容疑者かもしれないのです

次は おそらく現代インドアート一番の強者 スボー・グプタです 彼が知られ始めたのは インド人になじみのある 金属のキッチン用具や食器などの 日常品を巨大化し写実的に描いた 作品群からです 彼はこのような地元のありふれた物を 包括的に賛美し 巨大な彫刻やインスタレーションにとりいれて さらに壮大にするのです 最後になりましたが 10人目のアーティストは

ランジャーニ・シェタール カルナタカ州を拠点としており 自然と人工をうまく融合させ スボーのようにローカルをグローバルにするー 優美な立体作品やインスタレーションを創っています これらは羊毛生地に巻かれたワイヤーで 植物染料で染めてあります さらに彼女は鑑賞者が 会場を歩き回り楽しめるよう うまく設計したのです 光と影も彼女の作品の重要な一部です 彼女は消費主義や 環境というテーマも探求します 例えばこのかごのような物体は自然的に見えますが 実は金属の破片や バンガローの産業廃棄場でみつけた車の 金属片で編まれてあるのです

6分で10アーティスト、すごい情報量でしたね 私はただみなさんが今インドのアート界で起こっている すばらしい出来事をもっと見てみたいという 意欲をかき立てられたことを祈っています ご鑑賞・拝聴ありがとうございました (拍手)

Right now is the most exciting time to see new Indian art. Contemporary artists in India are having a conversation with the world like never before. I thought it might be interesting, even for the many long-time collectors here with us at TED, local collectors, to have an outside view of 10 young Indian artists I wish everyone at TED to know.

The first is Bharti Kher. The central motif of Bharti's practice is the ready-made store-bought bindi that untold millions of Indian women apply to their foreheads, every day, in an act closely associated with the institution of marriage. But originally the significance of the bindi is to symbolize the third eye between the spiritual world and the religious world. Bharti seeks to liberate this everyday cliche, as she calls it, by exploding it into something spectacular. She also creates life-size fiberglass sculptures, often of animals, which she then completely covers in bindis, often with potent symbolism. She says she first got started with 10 packets of bindis, and then wondered what she could do with 10 thousand.

Our next artist, Balasubramaniam, really stands at the crossroads of sculpture, painting and installation, working wonders with fiberglass. Since Bala himself will be speaking at TED I won't spend too much time on him here today, except to say that he really succeeds at making the invisible visible.

Brooklyn-based Chitra Ganesh is known for her digital collages, using Indian comic books called amar chitra kathas as her primary source material. These comics are a fundamental way that children, especially in the diaspora, learn their religious and mythological folk tales. I, for one, was steeped in these. Chitra basically remixes and re-titles these iconic images to tease out some of the sexual and gender politics embedded in these deeply influential comics. And she uses this vocabulary in her installation work as well.

Jitish Kallat successfully practices across photography, sculpture, painting and installation. As you can see, he's heavily influenced by graffiti and street art, and his home city of Mumbai is an ever-present element in his work. He really captures that sense of density and energy which really characterizes modern urban Bombay. He also creates phantasmagoric sculptures made of bones from cast resin. Here he envisions the carcass of an autorickshaw he once witnessed burning in a riot.

This next artist, N.S. Harsha, actually has a studio right here in Mysore. He's putting a contemporary spin on the miniature tradition. He creates these fine, delicate images which he then repeats on a massive scale. He uses scale to more and more spectacular effect, whether on the roof of a temple in Singapore, or in his increasingly ambitious installation work, here with 192 functioning sewing machines, fabricating the flags of every member of the United Nations.

Mumbai-based Dhruvi Acharya builds on her love of comic books and street art to comment on the roles and expectations of modern Indian women. She too mines the rich source material of amar chitra kathas, but in a very different way than Chitra Ganesh. In this particular work, she actually strips out the images and leaves the actual text to reveal something previously unseen, and provocative.

Raqib Shaw is Kolkata-born, Kashmir-raised, and London-trained. He too is reinventing the miniature tradition. He creates these opulent tableaus inspired by Hieronymus Bosch, but also by the Kashmiri textiles of his youth. He actually applies metallic industrial paints to his work using porcupine quills to get this rich detailed effect.

I'm kind of cheating with this next artist since Raqs Media Collective are really three artists working together. Raqs are probably the foremost practitioners of multimedia art in India today, working across photography, video and installation. They frequently explore themes of globalization and urbanization, and their home of Delhi is a frequent element in their work. Here, they invite the viewer to analyze a crime looking at evidence and clues embedded in five narratives on these five different screens, in which the city itself may have been the culprit.

This next artist is probably the alpha male of contemporary Indian art, Subodh Gupta. He was first known for creating giant photo-realistic canvases, paintings of everyday objects, the stainless steel kitchen vessels and tiffin containers known to every Indian. He celebrates these local and mundane objects globally, and on a grander and grander scale, by incorporating them into ever more colossal sculptures and installations. And finally number 10, last and certainly not least,

Ranjani Shettar, who lives and works here in the state of Karnataka, creates ethereal sculptures and installations that really marry the organic to the industrial, and brings, like Subodh, the local global. These are actually wires wrapped in muslin and steeped in vegetable dye. And she arranges them so that the viewer actually has to navigate through the space, and interact with the objects. And light and shadow are a very important part of her work. She also explores themes of consumerism, and the environment, such as in this work, where these basket-like objects look organic and woven, and are woven, but with the strips of steel, salvaged from cars that she found in a Bangalore junkyard.

10 artists,six minutes, I know that was a lot to take in. But I can only hope I've whet your appetite to go out and see and learn more about the amazing things that are happening in art in India today. Thank you very much for looking and listening. (Applause)

Right now is the most exciting time/ to see new Indian art.//

今こそ新しいインドアートをみるのに 最もエキサイティングな時です

Contemporary artists/ in India are having a conversation/ with the world/ like never before.//

現代アーティストたちは 今まで以上に 世界と対話しています

I thought/ it might be interesting,/ even/ for the many long-time collectors here/ with us/ at TED,/ local collectors,/ to have an outside view of 10 young Indian artists/ I wish everyone/ at TED to know.//

今日ここにいるたくさんのベテランや現地コレクターにも TEDのみなさん全てに紹介したい10人のアーティストについて 新たな観点を与えられたら おもしろいと思いました

The first is Bharti Kher.//

まずはバールティ・ケール

The central motif of Bharti's practice is the ready-made store-bought bindi/ that untold millions of Indian women apply to their foreheads,/ every day,/ in an act closely associated with the institution of marriage.//

バールティの手法の中心的なモチーフは お店で売っているできあいのビンディで 計り知れない数のインド人女性が 結婚に関する慣習として 毎日 額にはりつけています

But originally/ the significance of the bindi is to symbolize the third eye/ between the spiritual world and the religious world.//

しかしビンディーの元々の意義は 宗教界と精神界の間にある 第三の目の象徴でした

Bharti seeks to liberate/ this everyday cliche,/ as she calls it,/ by exploding it/ into something spectacular.//

バールティの試みはこのありふれた日常を解放 そして壮大なものへと爆発させることです

She also creates life-size fiberglass sculptures,/ often of animals,/ which she then completely covers in bindis,/ often/ with potent symbolism.//

また彼女は等身大の動物などのグラスファイバー彫刻を ビンディーで完全に覆い 強い象徴性を表現しています

She says she first got started with 10 packets of bindis,/ and then wondered/ what she could do with 10 thousand.//

彼女曰く 10袋のビンディーで始めたが その後 一万袋では何ができるか考えるようになったそうです

Our next artist,/ Balasubramaniam,/ really stands at the crossroads of sculpture, painting and installation,/ working wonders/ with fiberglass.//

次に紹介するバラスブラマニアムは 彫刻・絵画・インスタレーションの交差点に立ち グラスファイバーですばらしい作品を創造します

Since Bala/ himself will be speaking at TED I won't spend too much time/ on him here/ today,/ except to say/ that he really succeeds at making the invisible visible.//

バラ自身のちほどTEDで講演を行うので 今ここで彼についてあまり解説はしませんが 一言添えるならば 彼の得意分野は 見えない物を見えるようにすることです

Brooklyn-based Chitra Ganesh is known for her digital collages,/ using Indian comic books called amar chitra kathas/ as her primary source material.//

ブルックリン在住のチートラ・ガネッシュは デジタルコラージュで知られており アマール・チートラ・カタスというインドの漫画を 主な素材としています

These comics are a fundamental way/ that children,/ especially/ in the diaspora,/ learn their religious and mythological folk tales.//

これらのコミックは こどもたちが 特にディアスポラのこどもが 宗教と神話にまつわる民話を学ぶ基礎です

I,/ for one,/ was steeped in these.//

私自身もこれに浸っていました

Chitra basically remixes and re-titles these iconic images/ to tease out/ some of the sexual and gender politics embedded in these deeply influential comics.//

チートラはこれらの聖像を 混ぜ合わせたり 新たに名付けたりして この強い影響力をもつコミックに埋め込まれた 性の そしてジェンダーの政治課題を表現しています

And she uses this vocabulary/ in her installation work/ as well.//

インスタレーション作品にも同じテーマを取りあげています

ジティッシュ・カラットの活躍はフォトグラフィー 彫刻 絵画 そしてインスタレーションの分野に及びます

As you can see,/ he's heavily influenced by graffiti and street art,/ and his home city of Mumbai is an ever-present element/ in his work.//

ご覧の通り 彼はグラフィティーや ストリートアートの影響を強く受けており 故郷のムンバイも 彼の作品の重要な要素です

He really captures/ that sense of density and energy/ which really characterizes modern urban Bombay.//

モダンで都会的なボンベイを特徴づける 密度感と活気を 的確にとらえています

He also creates/ phantasmagoric sculptures made of bones/ from cast resin.//

彼はまた レゾンキャストの骨組みから作られた 変幻自在の彫刻品を作っています

Here/ he envisions the carcass of an autorickshaw/ he once witnessed burning/ in a riot.//

この作品では 彼が暴動で目撃した 燃える三輪タクシーの残骸がイメージされています

This next artist,/ N.S.// Harsha,/ actually has a studio right here/ in Mysore.//

次のアーティスト N.S.ハルシャは ここマイソールにスタジオがあります

He's putting a contemporary spin/ on the miniature tradition.//

彼の手法はミニチュアの伝統を現代風に変えること

He creates these fine, delicate images/ which he then repeats on a massive scale.//

彼は 小さく繊細なイメージを作り それを膨大なスケールで繰り返すのです

He uses scale/ to more and/ more spectacular effect,/ whether on the roof of a temple/ in Singapore,/ or in his increasingly ambitious installation work,/ here/ with 192/ functioning sewing machines,/ fabricating the flags of every member of the United Nations.//

彼はスケールを用い さらに驚異的な効果を生み出します それはシンガポールの寺院の屋根や 意欲的なインスタレーション作品であるー 国連加盟国の旗を縫う192台の 稼働しているミシンにも見られます

Mumbai-based Dhruvi Acharya builds on her love of comic books/ and street art/ to comment on the roles and expectations of modern Indian women.//

ムンバイ在住のドルーヴィ・アチャリアは 敬愛するコミックやストリートアートを元に 現代のインド人女性が背負う 役割や期待について批評します

She too mines the rich source material of amar chitra kathas,/ but in a very different way/ than Chitra Ganesh.//

彼女もまたアマール・チートラ・カタスから材料を探します ただチートラ・ガネッシュとは全く違う手法です

In this particular work,/ she actually strips out/ the images/ and leaves the actual text/ to reveal something previously unseen,/ and provocative.//

この作品では 絵の部分を抜き出し 文章だけを残すことで 革新的で挑発的なものに仕上がっています

Raqib Shaw is Kolkata-born,/ Kashmir-raised,/ and London-trained.//

ラキブ・ショーはコルカタ出身の カシミール育ち ロンドンで修行を積みました

He too is reinventing the miniature tradition.//

彼もまたミニチュア美術の再開発に取り組んでいます

He creates/ these opulent tableaus inspired by Hieronymus Bosch,/ but also/ by the Kashmiri textiles of his youth.//

彼はヒエロニムス・ボスや昔のカシミヤ織物にヒントを得て 華やかなキャンバス画を創りだします

さらにメタリックな工業用ペンキをヤマアラシのー 針を使って塗り 豊かで繊細な効果を出しています

I'm kind of cheating with this next artist/ since Raqs Media Collective are really three artists/ working together.//

次は ちょっとズルをします なぜならラックス・メディア・コレクティヴは 実は三人のアーティスト集団だからです

Raqs are probably the foremost practitioners of multimedia art/ in India/ today,/ working across photography,/ video/ and installation.//

ラックスは現代のインドのマルチメディアアートにおいて おそらく最先端をいく者たちで 写真 映像 インスタレーションにわたって活動しています

They frequently explore themes of globalization and urbanization,/ and their home of Delhi is a frequent element/ in their work.//

主にグローバル化と都会化のテーマを探求し 本拠地デリーも頻繁に作品に用いられる要素です

Here,/ they invite the viewer/ to analyze a crime/ looking at evidence and clues embedded in five narratives/ on these five different screens,/ in which the city/ itself may have been the culprit.//

ここでは鑑賞者は5つのスクリーンに映る物語に 埋め込まれた証拠や手がかりを元に 犯罪の分析をします 街自体が容疑者かもしれないのです

This next artist is probably the alpha male of contemporary Indian art,/ Subodh Gupta.//

次は おそらく現代インドアート一番の強者 スボー・グプタです

He was first known for creating giant photo-realistic canvases,/ paintings of everyday objects,/ the stainless steel kitchen vessels/ and tiffin containers known to every Indian.//

彼が知られ始めたのは インド人になじみのある 金属のキッチン用具や食器などの 日常品を巨大化し写実的に描いた 作品群からです

He celebrates these local and mundane objects globally, and/ on a grander and grander scale,/ by incorporating them/ into ever more colossal sculptures and installations.//

彼はこのような地元のありふれた物を 包括的に賛美し 巨大な彫刻やインスタレーションにとりいれて さらに壮大にするのです

And finally/ number 10,/ last and certainly not least,//

最後になりましたが 10人目のアーティストは

Ranjani Shettar,/ who lives and works here/ in the state of Karnataka,/ creates ethereal sculptures and installations/ that really marry the organic/ to the industrial,/ and brings,/ like Subodh,/ the local global.//

ランジャーニ・シェタール カルナタカ州を拠点としており 自然と人工をうまく融合させ スボーのようにローカルをグローバルにするー 優美な立体作品やインスタレーションを創っています

これらは羊毛生地に巻かれたワイヤーで 植物染料で染めてあります

And she arranges them/ so that the viewer actually has to navigate/ through the space,/ and interact with the objects.//

さらに彼女は鑑賞者が 会場を歩き回り楽しめるよう うまく設計したのです

And light and shadow are a very important part of her work.//

光と影も彼女の作品の重要な一部です

She also explores themes of consumerism,/ and the environment,/ such as/ in this work,/ where these basket-like objects look organic and woven,/ and are woven,/ but with the strips of steel,/ salvaged from cars/ that she found in a Bangalore junkyard.//

彼女は消費主義や 環境というテーマも探求します 例えばこのかごのような物体は自然的に見えますが 実は金属の破片や バンガローの産業廃棄場でみつけた車の 金属片で編まれてあるのです

10 artists,/six minutes,/ I know/ that was a lot/ to take in.//

6分で10アーティスト、すごい情報量でしたね

But I can only hope/ I've whet your appetite/ to go out/ and see and learn more/ about the amazing things/ that are happening in art/ in India today.//

私はただみなさんが今インドのアート界で起こっている すばらしい出来事をもっと見てみたいという 意欲をかき立てられたことを祈っています

Thank/ you very much/ for looking and listening.//

ご鑑賞・拝聴ありがとうございました

(拍手)

exciting

(物事が)『興奮させる』

Indian

インドの,インド人の

アメリカインディアンの

〈C〉インド人

(また『American Indian』)〈C〉『アメリカンインディアン』

〈U〉アメリカインディアンの言語

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

collector

(…の)収集家,採集者《+『of』+『名』》

(…の)集金人,取り立て人;徴税官;(一般に)(…を)集める人《+『of』+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

motif

モチーフ

文学・芸術作品の表現の中心となる主題

楽曲の主題

デザインなどに繰り返して用いられる主模様

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

untold

話されない,明らかにされない

数え切れない,計り知れない

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

forehead

『額』(ひたい),前額部

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

significance

『重要性』,重大さ(importance)

(…の)『意味』,意義(meaning)《+『of』+『名』》

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

liberate

(…から)…‘を'自由にする,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈ガス〉‘を'遊離させる《+『from』+『名』》

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

cliche

陳腐なきまり文句;月並みな考え

explode

〈火薬など爆発物が〉『爆発する』,破裂する

(怒り・笑いなどで)〈人が〉爆発する《+『with』(『in』)+『名』》

〈人口などが〉急激に増す

〈物〉‘を'破裂させる;〈火薬など〉‘を'爆発させる

〈習慣・迷信・学説など〉‘を'くつがえす,‘が'誤りであることを証明する

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

life-size

実物大の,等身大の

sculpture

〈U〉『彫刻』,彫刻術

〈C〉『彫刻品』,《集合的に》彫刻作品

〈石・柱など〉‘に'彫刻する,‘を'彫刻で飾る

…‘を'像(模様など)を作る

(浸食で)〈岩など〉‘を'彫刻したように変形させる

彫刻する

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

completely

『完全に』,全く,十分に

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

potent

《文》(特に政治的に)有力な,強力な

(薬・酒などが)効きめのある

(議論などが)説得力のある,力強い

(男性が)性交可能な

symbolism

《しばしば S-》(芸術上の)象徴主義,象徴派

記号で表すこと,象徴的表現

packet

(小さい)包み;小荷物

(またpacket boat)(郵便・旅客・貨物などを運ぶ)定期船,郵便船

《英俗》大金

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

crossroad

(他の道路と交わる)交差道路;(本通りと交差する)横通り

《複数形で》《単数・複数扱い》交差点,十字路

《複数形で》《単数・複数扱い》(事態の)重要な岐路

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

collage

コラージュ

〈C〉画面に絵具以外のいろいろな素材を貼り付けて耕成した絵

〈U〉1の絵画技法

comic book

漫画本,漫画雑誌

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

comic

喜劇の,喜劇的な

こっけいな,おかしな,おどけた

〈C〉《話》喜劇依優,コメディアン,こっけいな人

〈C〉=comic book

《複数形で》=comic strip

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

especially

『特に』,特別に;きわだって

mythological

神話の,神話学[上]の

神話に基づく,架空の

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

tale

(事実・伝説・架空の)『話』,物語

作り話,うそ

《複数形で》告げ口,中傷

steep

『傾斜の急な』,急勾配(こうばい)の

《話》極端な,途方もない

basically

基本的に,根本的に;元来は

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

tease

〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう

《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる

〈布〉‘に'毛羽を立てる

(紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく

人(動物)をしつこくいじめる(からかう)

いじめる人,からかう人

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

gender

(名詞・代名詞の)性

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

influential

『有力な』,影響を及ばす;勢力のある

vocabulary

〈C〉(特定の人・グループ・分野で用いられるすべての)『語彙』,用語

〈C〉(アルファベット順に並べて語義や訳を付けた)語彙集,単語表(集)

〈U〉(一言語の)全語彙

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

photography

写真術

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

urban

都市(都会)の

都市に住む

Bombay

ボンベイ(インド最大の商工業中心地)

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

cast

…'を'『投げる』,ほうる

…'を'『投げ捨てる』,ほうり出す《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

(…に)〈影・光〉'を'『投げ掛ける』;〈疑に・魔法など〉'を'かける《+『名』+『on』 (『upon』)+『名』》

〈目・視線など〉'を'『向ける』,投げ掛ける

〈票〉'を'『投じる』

(…に)〈名誉・祝福〉'を'与える,〈非難など〉'を'浴びせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(人に)〈役〉'を'つける《+『名』〈役〉+『to』+『名』》;(ある役に)〈人〉'を'当てる《+『名』+『for』+『名』〈役〉》

(鋳型に流し込んで)…'を'鋳造する

物を投げる,(特に)釣り糸を投げる

鋳造される

〈C〉『投げること』,(光・影・視線などを)投げかけること

〈C〉(物を)投げられる距離,射程

〈C〉(劇・映鹿を)『配役』

〈C〉(骨折した手足を固定する)ギプス

〈C〉(…の)鋳型,鋳造[物]《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物の特懲的な)外形,外観;(…の)型,傾向;性質《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)色あい,色調《+『of』+『名』》

《a cast》(材木などの)ゆがみ,そり;《まれ》(軽度の)斜視

resin

樹脂,松やに(ワニスや薬品の製造に使う)

envision

=envisage

carcass

(けものの)死体;(殺したけものの胴体)

《話》《軽べつして》(人の)死体;人体

《話》《軽べつして》(焼け残った家屋・船などの)骨組み;(一般に)残がい

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

riot

〈C〉『暴動』,騒動;騒擾(そうじょう)

《a~》(色・音などの)『多彩』,はなやかさ;(感情・想像などの)ほとばしり,奔放《+『of』+『名』》

〈C〉《話》非常に愉快な(おもしろい)人(事,物)

暴動(騒動)に加わる,暴動を起こす

(…に)ふける,おぼれる《+『in』+『名』(do『ing』)》

n.

noun

north; northern

noon

number

note

name

neuter

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

studio

(画家・写真家などの)『仕事場』,アトリエ

(音楽・ダンス・演技などの)練習場

《しばしば複数形で》『映画撮影所』,スタジオ

(ラジオ・テレビの)『放送室』,放送スタジオ

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

miniature

(…の)『模型』《+『of』+『名』》

小さな細密画,(特に)小さくて細密な肖像画

小型の,縮小した

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

temple

こめかみ,側頭

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

sew

縫い物をする,ミシンをかける

〈布など〉‘を'『縫う』;(…に)…‘を'縫いつける(込む)《+『名』+『on』(『in,into,inside』)+『名』》

〈衣服など〉‘を'縫って作る(直す)

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

fabricate

…‘を'組み立てる,(組み立てて)…を制作(建造)する

〈うそなど〉‘を'作り上げる;〈文書など〉‘を'偽造する

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

United Nations

『国際連合』(1945年 San Francisco において世界50か国の共同署名により発足した国際的連盟で,かつての国際連盟(the League of Nations)に代わる新たな機関;本部は New York 市にある;《略》UN,U.N.)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

women

woman の複数形

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

previously

『以前に』,先に;前もって

unseen

気づかれない,見られていない

目に見えない

下調べしていない,即席の

provocative

(物事が)人を刺激する,挑発的な;(特に性的に)刺激する

opulent

富んだ,富裕な

豪勢な

豊富な

tableau

生き生きした心を打つ描写

活人画(ふん装した人々に背景の前でポーズを取らせ,歴史的な場面などを再現したもの)

劇的な場面(状況)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

textile

織物の

織物;織物材料(綿糸・ナイロンなど)

youth

〈U〉『若さ』,年の若いこと;若々しさ,元気

〈U〉『青年時代』,青春[期];(時代などの)初期

〈C〉《しばしば軽べつして》『青年』,若者,(特に)若い男

〈U〉《集合的に》《単数・複数扱い》《文》青年,若者たち(young people)

metallic

金属の,金属質の

金属を含む

金属に似た,金属特有の

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

porcupine

ヤマアラシ(全身に鋭いとげ状の毛を持つ小動物)

quill

(鳥の翼・尾の部分にある)大羽根;(大羽根の)羽軸

(また『quill pen』)(羽(大羽根の)羽軸で作った)羽ペン;羽軸で作ったもの

(ヤマアラシ・ハリネズミなどの背の)針

detailed

詳細にわたる

細部にまで注意した

cheat

〈人〉'を'『だます』,欺く

《文》…'を'うまくのがれる

(…で)〈人が〉『不正をする』,カンニングする《+『at』(『on, in』)+『名』》

《話》(浮帰などで夫または妻を)裏切る《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉詐欺,ぺてん

〈C〉ずるいやつ,詐欺師,やま師

media

mediumの複数形

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

probably

『たぶん』,『おそらく』

foremost

第一流の,主要な

第一番に,まっ先に

practitioner

開業医;弁護士

技術者,工芸家

multimedia

マルチメディア(展示会で音楽・光・映像などの組み合わせ使用)

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

frequently

『しばしば』,たびたび

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

Delhi

デリー(インド北部の連邦政府直轄地;Mogul帝国の旧都)

frequent

『しばしば起こる』,頻繁な

『常習的な』

‘に'『しばしば行く』,常に出入りする

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

viewer

テレビを視聴者

観察者,見物人

ビューアー(スライド・標本などを拡大して見る装置)

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

clue

(問題・なぞなどを解く)『手がかり』,(研究などの)『糸口』,端緒;(話などの)筋道《+『to』+『名』》

=ciew1

=clew3

《『clue in』(『up』)+『名,clue』+『名』+『in』(『up』)》(…について)…‘に'手掛かり(情報)を与える《+『about』(『on』)+『名』》

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

culprit

犯人,罪人;未決囚

alpha

アルファ(ギリシア語アルファベットの第1字A,α;英語のA,aに相当)

アルファ星(星座の主星)

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

canvas

〈U〉『ズック』,帆布

〈U〉『カンバス』,画布;〈C〉(1つの)カンバス

〈C〉(カンバスに描いた)油絵

〈U〉《集合的に》テント,帆

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

stainless steel

ステンレススチール,さびない鋼鉄,ステンレス鋼

kitchen

『台所』,調理場

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

tiffin

(インド,パキスタンで)昼食

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

mundane

現世の,世俗的な

実際的な;普通の

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

colossal

巨大な;ぼう大な

《話》すばらしい,驚くべき

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

ethereal

空気のように軽やかな,きわめて優美な

《詩》天上の,天空の

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

muslin

綿モスリン,新モス(婦人服・カーテン用生地)・〔米〕 平織り綿布

vegetable

{C}《複数形で》『野菜』,青物;野菜の食用になる部分

{U}植物

{C}植物人間(脳の機能が冒され,呼吸・消化・排出機能などだけが健全に人間)

植物の,植物性の

野菜の

植物のような,単調な,活気のない

dye

(髪・布などの)『染料』

染め色,色合い

…‘を'『染める』,‘に'色をつける

〈布などが〉『染まる』

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

consumerism

消費者運動

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

woven

weave の過去分詞

weave

織物を織る,機を織る

縫うように進む

〈毛糸・綿糸など〉‘を'『織って』(織物などを)『作る』《+名+into+名》

(毛糸・綿糸などから)〈織物〉‘を'『織る』,編む《+名+from(of)+名》

〈かごなど〉‘を'編む,編み上げる

(かごなどに)…‘を'編んで作る《+名+into+名》

(いくつかの事実・材料から)〈物語・計画など〉‘を'作り上げる,組み立てる《+名+from+名》

(ある物語・計画などに)〈事実・材料など〉‘を'組み立てる《+名+into+名》

《weave one's way の形で》縫うように進む

織り[方];編み[方]

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

salvage

(主として船・乗組員・貨物の)海難救助;(一般に)救助

救助された貨物

救助作業,沈没船引き上げ作業

(難船・火災などから)〈船・貨物など〉‘を'救出する《+『名』+『from』+『名』》

〈負傷者〉‘を'救う,〈けが〉‘を'治療する

junkyard

廃品(古物)集散所

whet

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ,みがく(sharpen)

〈食欲・関心など〉‘を'刺激する,そそる

appetite

『食欲』

(…に対する)『欲求』,切望(desire)《+『for』+『名』》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画