TED日本語 - エリック・ミード: プラシーボマジック

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

砂糖の錠剤、偽の注射など、偽薬(プラシーボ)は想像以上に実際に効果を発揮することが研究で明らかになっています。TEDMEDでマジシャンのエリック・ミードはあなたが本物ではないと認識している時でさえ、効果があるかの様な反応を見せることを証明してみせます。(注意: この公演は注射器や血に拒絶反応を示す方には好ましくない内容を含んでいます。)

Script

私は偽薬の心理的効果について 興味を持ってきました 偽物だと思われているものが なぜか本物になるという共通点を 考慮しなければ マジシャンである私が こんな事に興味を抱くのは おかしいと思われるかもしれません これはいわゆる 砂糖の錠剤が ある研究ではかなりの効果を上げるという プラシーボ効果の事です 理由は単に当人が 薬か何かが効いていると 信じ込むからです 鎮痛効果を例にとると 患者が十分効果があると信じている時 プラシーボ効果とよばれる成果が体内で現れます その人の認識が 偽物を 本物にしてしまうのです

ここで理解を深めるため 基礎的でとても簡単なマジックを お見せしたいと思います これは1950年代から あらゆる子供のマジック本に載っているトリックです 私自身これを1970年代にボーイスカウトで学びました まずお見せして その後種明かしをしましょう そしてなぜ種明かしをしたのか説明します

では見て下さい 何が起こるでしょう ナイフと私の手 調べて頂いても結構ですよ 私は単純にナイフをこの様に握りますから 袖から何か出てきたり 入ったりしないように 袖をまくりましょうか ここで手首を握ります 御覧のように何かが行き来することは 絶対ありません 袖からは何も行き来できません 種はとても単純です 手を開きます すると 成功していれば体から発する 天然磁気がナイフを固定するはずです 実際とてもしっかりと 固定されていてこの様に ゆすっても離れませんね 袖もとからは何も出ていません トリックはなしです 全て調べていただいても大丈夫です ジャーン! (拍手)

これが私がマジックに興味のある 小さな子供達によく教えるトリックです  なぜなら 方法はとても単純ですが 騙しの大きな効果を学ぶことができるからです 多分会場の多くの皆さんがこのトリックをご存じでしょう 種はこうです 手にナイフを握ります ここで袖から何かいかさまが 出来ないよう 手首を握るといいましたね これが嘘だったのです

手首を握っている事が 実はこのマジックの 種なのです 私の手が皆さんの方から 反対向きに変わる瞬間 ここの人差し指がこの場所から この様に指さすような形に なる位置へと移動します なかなかいいでしょ 子ども時代にマジックで遊ばなかったようですね (笑)

では腕をこの様に握って 向きを反転させながら指を動かしてみましょう なぜ下からのぞく指は3本だと気付かず だまされたのか考えてみましょう 理由は頭の中では指を1本2本3本と 数えずに グループとして捉えているからです でもそれだけじゃありませんね?次に手を開きます 無論ナイフは磁気で張り付いているのではなく インチキな人差し指が 裏側から抑えています 次に指を閉じるときも同じです 元の向きに戻る際 人差し指を 戻すところを見えないようにします そして手を離します 次にナイフをとります これで友達や隣人の前でマジックができますね ありがとう

さて(笑) これがプラシーボ効果と何の関係があるのでしょう? 一年前くらいに読んだ研究報告が 本当に私の中に新風を吹き込んでくれました 私は医者でも研究者でもありませんから  これには本当に驚きました アスピリンのような形の白い錠剤の 偽薬を投薬してみると 実際には それはただの白くて丸い錠剤なんですが 目に見える効果を上げることが明らかになっています しかしもし偽薬の形を変えてみると 例えば小さくしてみて 青色にして 小さなスタンプを押すと 実際 より大きな効果をあげているのです もちろんその二つともただの砂糖の錠剤であり 薬学的成分は何も含んでいないんですよ しかし白い錠剤は青い錠剤ほど効果をあげません なんですって?(笑)本当に驚きました

でもまだ終わりじゃないんです もしカプセルを投与すれば どんな錠剤よりも効果的だそうです 色つきのカプセル 片方が黄色でもう片方が赤色 これは白いカプセルよりも効果的なのです 服用量も影響しているみたいです 1日に2錠では 1日に3錠程の効果はない... 失礼 統計をあまり覚えていません しかし重要なのは...(笑) ...服用量も影響を与えるということです そしてその形も何か影響を与えるようです もし最高の効果を望むなら 針が一番です 注射器になんでもいいので なんの作用もない液体数CCを入れて 患者に打ちます...患者の頭の中では 点滴はとても効果があると認識されているので 白い錠剤に比べると絶大な効果を生み出します

グラフをみせましょう 今度スライドがある時に ポイントは白い錠剤よりも 青い錠剤 錠剤よりもカプセル なにより注射器の方が効き目があるという事です  そしてどれも実際 薬剤などは含んでいません 患者の認知のみが偽物を本物に変えて 効果を作り出しているのです 私はこれを応用してマジックに 生かせないかと考えました そこで明らかに偽のトリックを 本物にしてみましょう この研究からリアル感を追求する時 針に行きつくということが分かりました

この針は18cmあります とてもとても鋭いですよ これをまず少し殺菌しましょう これは本当に私の手です 偽物じゃありませんよ  これは私の体で ハリウッドの特殊効果でもありません 腕を指し針を反対側まで 貫通させます

吐き気を催しやすかったり--(笑) すぐ気を失う方は目を・・・実はこれを昨夜 ホテルの部屋で友達と何人か知らない人の前でやったんですが 女性が一人気を失いかけていました なのでもし気持ち悪くなってしまう方は これから30秒ほど目をそらして-- 最初の怖い一部は隠してやりましょう  見えてしまいますが いやでしたら目をそらしてくださいね

では始めましょう ここの 腕の下の方を スタート地点にして ここから貫通させましょう 申し訳ないです 怖がらせていませんかね? それでは皮の下を少しだけ破って 反対側まで貫通させてみましょう 基本的に 我々がやっていることは先ほどの ナイフのトリックと同じことです (笑) ある意味ではね でも今は指を数えることができないでしょ? 見てみましょうか 1本 2本 3本 4本 5本 そうですね...

何を考えているかわかりますよ  「数分のエンターテインメントの為に  自分の腕を刺すなんてことはしないだろう」ってね  では少しだけ見てみましょうか どう見えますか?上手くいきました (笑) 分かってますよ(笑) 後方の席の方々は「よく見えなかったな」って言ってるでしょう 中継室にいる方はスクリーンに近付いているでしょう  もう少しよく見てみましょうか これは本当に私の腕です ハリウッドの特殊効果ではないです 私の体ですから少し揺することもできます すいません 気分が悪くなりだしたら目をそらして 見ないでください

後方の皆さんや後にビデオでこれを見る人は 「そうだな なんか上手に出来てるみたいだけど もし本当に腕を貫通しているなら出血するだろう」 と言っているでしょうね こことここに穴があるんですよ では少し出血させてみましょうか (笑) ほら出てきた (拍手) (笑)

普段ならここで針を抜いて 腕をふき 穴がない事をお見せするんですが この状況下では 何か偽りのものを本物に 変えるというアイデアと一緒に とっておきましょう そしてステージから去りましょう (笑) 明日 明後日も皆さんにお会いできるので 楽しみにしていただけると幸いです ありがとうございました (笑) (拍手)

For some time I have been interested in the placebo effect, which might seem like an odd thing for a magician to be interested in, unless you think of it in the terms that I do, which is, "Something fake is believed in enough by somebody that it becomes something real." In other words, sugar pills have a measurable effect in certain kinds of studies, the placebo effect, just because the person thinks that what's happening to them is a pharmaceutical or some sort of a -- for pain management, for example, if they believe it enough there is a measurable effect in the body called the placebo effect. Something fake becomes something real because of someone's perception of it.

In order for us to understand each other, I want to start by showing you a rudimentary, very simple magic trick. And I'm going to show you how it works. This is a trick that's been in every children's magic book since at least the 1950s. I learned it myself from Cub Scout Magic in the 1970s. I'll do it for you, and then I'll explain it. And then I'll explain why I explained it.

So, here's what happens. The knife, which you can examine; my hand, which you could examine. I'm just going to hold the knife in my fist like this. I'll get my sleeve back. And to make sure nothing goes up or down my sleeve I'm just going to squeeze my wrist right here. That way you can see that at no time can anything travel, as long as I'm squeezing there nothing can go up or down my sleeve. And the object of this is quite simple. I'm going to open my hand, and hopefully, if all is well, my pure animal magnetism will hold the knife. In fact it's held so tightly in place that I can shake it, and the knife does not come off. Nothing goes up or down my sleeve, no trickery. And you can examine everything. Ta-da! (Applause)

So, this is a trick that I often teach to young children that are interested in magic, because you can learn a great deal about deception by studying this very -- even though it's a very simple trick methodologically. Probably many of you in the room know this trick. What happens is this. I hold the knife in my hand. I say I'm going to grab hold of my wrist to make sure nothing goes up or down my sleeve, that is a lie.

The reason I'm holding onto my wrist is because that's actually the secret of the illusion. In a moment when my hand moves from facing you to being away from you, this finger right here, my index finger is just going to shift from where it is, to a position pointing out like this. Nice one. Someone who didn't have a childhood is out there. (Laughter)

So, it goes like this, from here, right. And as I move around my finger shifts. And we could talk about why this is deceptive, why you don't notice there are only three fingers down here, because the mind, and the way it processes information, it doesn't count,one,two,three. It groups them. But that's not really what this is about. Right? And then I open my hand up. Obviously it's clinging there, not by animal magnetism, but by chicanery, my index finger being there. And then when I close my finger, same thing, as I move back, this motion kind of covers the moving back of my finger. I take this hand away. You give the knife out. There is a trick you can do for your friends and neighbors. Thanks.

Now, (Laughter) what does that have to do with the placebo effect? I read a study a year or so ago that really blew my mind wide open. I'm not a doctor or a researcher, so this, to me, was an astonishing thing. It turns out that if you administer a placebo in the form of a white pill, that's like aspirin shaped -- it's just a round white pill -- it has some certain measurable effect. But if you change the form that you give the placebo in, like you make a smaller pill, and color it blue, and stamp a letter into it, it is actually measurably more effective. Even though neither one of these things has any pharmaceutical -- they're sugar pills. But a white pill is not as good as a blue pill. What? (Laughter) That really flipped me out.

Turns out though, that that's not even where it stops. If you have capsules, they're more effective than tablets in any form. A colored capsule, that's yellow on one end and red on the other is better than a white capsule. Dosage has something to do with this. One pill twice a day is not as good at three pills -- I don't remember the statistic now. Sorry. But the point is ... (Laughter) ... these dosages have something to do with it. And the form has something to do with it. And if you want the ultimate in placebo, you've go to the needle. Right? A syringe with some inert -- a couple CCs of some inert something, and you inject this into a patient ... Well this is such a powerful image in their mind, it's so much stronger than the white pill.

It's a really, this graph, well I'll show it to you some other time when we have slides. The point is the white pill is not as good as the blue pill is not as good as the capsule is not as good as the needle. And none of it has any real pharmaceutical quality, it's only your belief that makes it real in your body and makes a stronger effect. I wanted to see if I could take that idea and apply it to a magic trick. And take something that is obviously a fake trick and make it seem real. And we know from that study that when you want reality, you go to the needle.

This is a seven-inch hatpin. It's very, very sharp, and I'm going to just sterilize it a tiny bit. This is really my flesh. This is not Damian's special-grown flesh. That's my skin right there. This is not a Hollywood special effect. I'm going to pierce my skin and run this needle through to the other side.

If you're queasy -- (Laughs) if you faint easily -- I was doing this for some friends in the hotel room last night, and some people that I didn't know, and one woman almost passed out. So, I suggest if you get queasy easy that you look away for about the next 30 -- in fact, you know what, I'll do the first bad part behind it. You'll get to see, you can look away too if you'd like to.

So, here is what happens, right here, the beginning of my flesh at the lower part of my arm I just make a little pierce. I'm sorry, man. Am I freaking you out? OK, and then just through my skin a tiny bit, and then out the other side like this. Now, essentially we're in the same position we were in with the knife trick. (Laughter) Sort of. But you can't count my fingers right now can you? So, let me show them to you. That's one,two three,four,five. Yes, well ...

I know what people think when they see this. They go, "Well, he's certainly not dumb enough to stab himself through the skin to entertain us for a few minutes. So, let me give you a little peek. How's that look out there? Pretty good. (Laughs) Yeah, I know. (Laughs) And the people in the back go, "OK, I didn't really see that." People in the satellite room are starting to move in now. Let me give you good close look at this. That really is my skin. That is not a Hollywood special effect. That's my flesh, and I can twist that around. I'm sorry. If you're getting queasy, look away, don't look at the thing.

People in the back or people on video years from now watching this will go, "Well yeah, that looks kind of neat in some sort of effect there, but if it were real he would be -- see there's a hole there and a hole there, if it were real he would be bleeding. Well let me work up some blood for you. (Laughter) Yes, there it is. (Applause) (Laughter)

Normally now, I would take the needle out. I would clean off my arm, and I would show you that there are no wounds. But I think in this context and with the idea of taking something fake and making it into something real, I'm just going to leave it there, and walk off the stage. (Laughter) I will be seeing you several times over the next few days. I hope you're looking forward to that. Thank you very much. (Laughter) (Applause)

For some time/ I have been interested/ in the placebo effect,/ which might seem like an odd thing/ for a magician/ to be interested in,/ unless you think of it/ in the terms/ that I do,/ which is,/ "Something fake is believed in enough/ by somebody/ that it becomes something real."//

私は偽薬の心理的効果について 興味を持ってきました 偽物だと思われているものが なぜか本物になるという共通点を 考慮しなければ マジシャンである私が こんな事に興味を抱くのは おかしいと思われるかもしれません

In other words,/ sugar pills have a measurable effect/ in certain kinds of studies,/ the placebo effect,/ just because the person thinks/ that/ what's happening to them is a pharmaceutical or some sort of a --/ for pain management,/ for example,/ if they believe it enough/ there is a measurable effect/ in the body called the placebo effect.//

これはいわゆる 砂糖の錠剤が ある研究ではかなりの効果を上げるという プラシーボ効果の事です 理由は単に当人が 薬か何かが効いていると 信じ込むからです 鎮痛効果を例にとると 患者が十分効果があると信じている時 プラシーボ効果とよばれる成果が体内で現れます

Something fake becomes something real/ because of someone's perception of it.//

その人の認識が 偽物を 本物にしてしまうのです

In order/ for us to understand each other,/ I want to start/ by showing you/ a rudimentary, very simple magic trick.//

ここで理解を深めるため 基礎的でとても簡単なマジックを お見せしたいと思います

And I'm going to show/ you/ how it works.// This is a trick/ that's been in every children's magic book/ since at least/ the 1950s.//

これは1950年代から あらゆる子供のマジック本に載っているトリックです

I learned it/ myself/ from Cub Scout Magic/ in the 1970s.//

私自身これを1970年代にボーイスカウトで学びました

I'll do it/ for you,/ and then/ I'll explain it.//

まずお見せして その後種明かしをしましょう

And then/ I'll explain/ why I explained it.//

そしてなぜ種明かしをしたのか説明します

So,/ here's/ what happens.//

では見て下さい 何が起こるでしょう

The knife,/ which you can examine;/ my hand,/ which you could examine.//

ナイフと私の手 調べて頂いても結構ですよ

I'm just going to hold/ the knife/ in my fist/ like this.//

私は単純にナイフをこの様に握りますから

I'll get my sleeve back.//

袖から何か出てきたり 入ったりしないように

And to make sure/ nothing goes up or down/ my sleeve/ I'm just going to squeeze/ my wrist right here.//

袖をまくりましょうか ここで手首を握ります

That way/ you can see/ that at no time can anything travel,/ as long/ as I'm squeezing/ there nothing can go up or down/ my sleeve.//

御覧のように何かが行き来することは 絶対ありません 袖からは何も行き来できません

And the object of this is quite simple.//

種はとても単純です

I'm going to open/ my hand,/ and hopefully,/ if all is well,/ my pure animal magnetism will hold the knife.//

手を開きます すると 成功していれば体から発する 天然磁気がナイフを固定するはずです

In fact/ it's held so tightly/ in place/ that I can shake it,/ and the knife does not come off.//

実際とてもしっかりと 固定されていてこの様に ゆすっても離れませんね

Nothing goes up or down/ my sleeve,/ no trickery.// And you can examine everything.//

袖もとからは何も出ていません トリックはなしです 全て調べていただいても大丈夫です

Ta-da!//

ジャーン!

(拍手)

So,/ this is a trick/ that I often teach to young children/ that are interested/ in magic,/ because you can learn a great deal/ about deception/ by studying this very --/ even though it's a very simple trick methodologically.//

これが私がマジックに興味のある 小さな子供達によく教えるトリックです  なぜなら 方法はとても単純ですが 騙しの大きな効果を学ぶことができるからです

Probably/ many of you/ in the room know this trick.//

多分会場の多くの皆さんがこのトリックをご存じでしょう

What happens/ is this.//

種はこうです

I hold the knife/ in my hand.//

手にナイフを握ります

I say/ I'm going to grab/ hold of my wrist/ to make sure/ nothing goes up or down/ my sleeve,/ that is a lie.//

ここで袖から何かいかさまが 出来ないよう 手首を握るといいましたね これが嘘だったのです

The reason/ I'm holding/ onto my wrist is/ because that's actually/ the secret of the illusion.//

手首を握っている事が 実はこのマジックの 種なのです

In a moment/ when my hand moves from facing you/ to being away from you,/ this finger right here,/ my index finger is just going to shift/ from where it is,/ to a position/ pointing out/ like this.//

私の手が皆さんの方から 反対向きに変わる瞬間 ここの人差し指がこの場所から この様に指さすような形に なる位置へと移動します

Nice one.//

なかなかいいでしょ

Someone/ who didn't have/ a childhood is out/ there.//

子ども時代にマジックで遊ばなかったようですね

(笑)

So,/ it goes like this,/ from here,/ right.//

では腕をこの様に握って

And/ as I move around my finger shifts.//

向きを反転させながら指を動かしてみましょう

And we could talk about why this is deceptive,/ why you don't notice/ there are only three fingers/ down here,/ because the mind,/ and the way/ it processes information,/ it doesn't count,/one,two,three.// It groups them.//

なぜ下からのぞく指は3本だと気付かず だまされたのか考えてみましょう 理由は頭の中では指を1本2本3本と 数えずに グループとして捉えているからです

But that's not really/ what this is about.// Right?// And then/ I open my hand up.//

でもそれだけじゃありませんね?次に手を開きます

Obviously/ it's clinging there, not by animal magnetism,/ but by chicanery,/ my index finger/ being there.//

無論ナイフは磁気で張り付いているのではなく インチキな人差し指が 裏側から抑えています

And then/ when I close my finger,/ same thing,/ as I move back,/ this motion kind of covers the moving back of my finger.//

次に指を閉じるときも同じです 元の向きに戻る際 人差し指を 戻すところを見えないようにします

I take this hand away.// You give the knife out.//

そして手を離します 次にナイフをとります

There is a trick/ you can do for your friends and neighbors.// Thanks.//

これで友達や隣人の前でマジックができますね ありがとう

Now,/ (Laughter)/ what does/ that have to do with the placebo effect?//

さて(笑) これがプラシーボ効果と何の関係があるのでしょう?

I read a study/ a year or so ago/ that really blew my mind wide open.//

一年前くらいに読んだ研究報告が 本当に私の中に新風を吹き込んでくれました

I'm not a doctor or a researcher,/ so this,/ to me,/ was an astonishing thing.//

私は医者でも研究者でもありませんから  これには本当に驚きました

It turns out/ that if you administer a placebo/ in the form of a white pill,/ that's like aspirin shaped --/ it's just a round white pill --/ it has some certain measurable effect.//

アスピリンのような形の白い錠剤の 偽薬を投薬してみると 実際には それはただの白くて丸い錠剤なんですが 目に見える効果を上げることが明らかになっています

But/ if you change the form/ that you give the placebo in,/ like you make a smaller pill,/ and color it blue,/ and stamp a letter/ into it,/ it is actually measurably more effective.//

しかしもし偽薬の形を変えてみると 例えば小さくしてみて 青色にして 小さなスタンプを押すと 実際 より大きな効果をあげているのです

Even though neither one of these things has any pharmaceutical --/ they're sugar pills.//

もちろんその二つともただの砂糖の錠剤であり 薬学的成分は何も含んでいないんですよ

But a white pill is not as good/ as a blue pill.//

しかし白い錠剤は青い錠剤ほど効果をあげません

What?// (Laughter)/ That really flipped me out.//

なんですって?(笑)本当に驚きました

Turns out/ though,/ that that's not even/ where it stops.//

でもまだ終わりじゃないんです

If you have capsules,/ they're more effective/ than tablets/ in any form.//

もしカプセルを投与すれば どんな錠剤よりも効果的だそうです

A colored capsule,/ that's yellow/ on one end/ and red on the other is better/ than a white capsule.//

色つきのカプセル 片方が黄色でもう片方が赤色 これは白いカプセルよりも効果的なのです

Dosage has something/ to do with this.//

服用量も影響しているみたいです

One pill/ twice a day is not as good/ at three pills --/ I don't remember the statistic now.// Sorry.//

1日に2錠では 1日に3錠程の効果はない... 失礼 統計をあまり覚えていません

But the point is ...//

しかし重要なのは...(笑)

(Laughter) ...// these dosages have something/ to do with it.//

...服用量も影響を与えるということです

And the form has something/ to do with it.//

そしてその形も何か影響を与えるようです

And/ if you want the ultimate/ in placebo,/ you've go to the needle.//

もし最高の効果を望むなら 針が一番です

Right?// A syringe/ with some inert --/ a couple CCs of some inert something,/ and you inject this/ into a patient ...//

注射器になんでもいいので なんの作用もない液体数CCを入れて 患者に打ちます...患者の頭の中では

Well/ this is such a powerful image/ in their mind,/ it's so much stronger/ than the white pill.//

点滴はとても効果があると認識されているので 白い錠剤に比べると絶大な効果を生み出します

It's a really,/ this graph,/ well/ I'll show it/ to you/ some other time/ when we have slides.//

グラフをみせましょう 今度スライドがある時に

The point is the white pill is not as good/ as the blue pill is not as good/ as the capsule is not as good/ as the needle.//

ポイントは白い錠剤よりも 青い錠剤 錠剤よりもカプセル なにより注射器の方が効き目があるという事です 

And none of it has any real pharmaceutical quality,/ it's only/ your belief/ that makes it real/ in your body/ and makes a stronger effect.//

そしてどれも実際 薬剤などは含んでいません 患者の認知のみが偽物を本物に変えて 効果を作り出しているのです

I wanted to see/ if I could take that idea/ and apply it/ to a magic trick.//

私はこれを応用してマジックに 生かせないかと考えました

And take something/ that is/ obviously a fake trick/ and make it seem real.//

そこで明らかに偽のトリックを 本物にしてみましょう

And we know from that study/ that/ when you want reality,/ you go to the needle.//

この研究からリアル感を追求する時 針に行きつくということが分かりました

This is a seven-inch hatpin.// It's very, very sharp,/ and I'm going to just sterilize it/ a tiny bit.//

この針は18cmあります とてもとても鋭いですよ これをまず少し殺菌しましょう

This is really my flesh.// This is not Damian's special-grown flesh.//

これは本当に私の手です 偽物じゃありませんよ 

That's my skin right there.// This is not a Hollywood special effect.//

これは私の体で ハリウッドの特殊効果でもありません

I'm going to pierce/ my skin/ and run this needle/ through/ to the other side.//

腕を指し針を反対側まで 貫通させます

If you're queasy --/ (Laughs)/ if you faint easily --/ I was doing this/ for some friends/ in the hotel room/ last night,/ and some people/ that I didn't know,/ and one woman almost passed out.//

吐き気を催しやすかったり--(笑) すぐ気を失う方は目を・・・実はこれを昨夜 ホテルの部屋で友達と何人か知らない人の前でやったんですが 女性が一人気を失いかけていました

So,/ I suggest/ if you get queasy easy/ that you look away/ for about the next 30 --/ in fact,/ you know/ what,/ I'll do the first bad part/ behind it.//

なのでもし気持ち悪くなってしまう方は これから30秒ほど目をそらして-- 最初の怖い一部は隠してやりましょう 

You'll get to see,/ you can look away too/ if you'd like to.//

見えてしまいますが いやでしたら目をそらしてくださいね

So,/ here is/ what happens,/ right here,/ the beginning of my flesh/ at the lower part of my arm/ I just make a little pierce.//

では始めましょう ここの 腕の下の方を スタート地点にして ここから貫通させましょう

I'm sorry,/ man.// Am I freaking you out?//

申し訳ないです 怖がらせていませんかね?

OK,/ and then just/ through my skin/ a tiny bit,/ and then/ out the other side/ like this.//

それでは皮の下を少しだけ破って 反対側まで貫通させてみましょう

Now,/ essentially/ we're in the same position/ we were in with the knife trick.//

基本的に 我々がやっていることは先ほどの ナイフのトリックと同じことです

(Laughter)/ Sort of.//

(笑) ある意味ではね

But you can't count my fingers right now can you?//

でも今は指を数えることができないでしょ?

So,/ let me/ show them/ to you.// That's one,two three,four,five.//

見てみましょうか 1本 2本 3本 4本 5本

Yes, well ...//

そうですね...

I know/ what people think/ when they see this.//

何を考えているかわかりますよ 

They go,/ "Well,/ he's certainly not dumb enough/ to stab himself/ through the skin/ to entertain us/ for a few minutes.//

「数分のエンターテインメントの為に  自分の腕を刺すなんてことはしないだろう」ってね 

So,/ let me/ give you/ a little peek.//

では少しだけ見てみましょうか

How's/ that look out there?// Pretty good.//

どう見えますか?上手くいきました

(Laughs)/ Yeah,/ I know.// (Laughs) And the people/ in the back go,/ "OK,/ I didn't really see that."//

(笑) 分かってますよ(笑) 後方の席の方々は「よく見えなかったな」って言ってるでしょう

People/ in the satellite room are starting to move/ in now.//

中継室にいる方はスクリーンに近付いているでしょう 

Let me give you/ good close look/ at this.//

もう少しよく見てみましょうか

That really is my skin.// That is not a Hollywood special effect.//

これは本当に私の腕です ハリウッドの特殊効果ではないです

That's my flesh,/ and I can twist/ that around.//

私の体ですから少し揺することもできます

I'm sorry.// If you're getting/ queasy,/ look away,/ don't look at the thing.//

すいません 気分が悪くなりだしたら目をそらして 見ないでください

People/ in the back/ or people/ on video years/ from now/ watching this will go,/ "Well/ yeah,/ that looks kind of neat/ in some sort of effect there,/ but/ if it were real/ he would be --/ see/ there's a hole there/ and a hole there,/ if it were real/ he would be bleeding.//

後方の皆さんや後にビデオでこれを見る人は 「そうだな なんか上手に出来てるみたいだけど もし本当に腕を貫通しているなら出血するだろう」 と言っているでしょうね こことここに穴があるんですよ

Well let me/ work up/ some blood/ for you.//

では少し出血させてみましょうか

(Laughter)/ Yes, there/ it/ is.//

(笑) ほら出てきた

(拍手) (笑)

Normally now,/ I would take the needle out.//

普段ならここで針を抜いて

I would clean off/ my arm,/ and I would show you/ that there are no wounds.//

腕をふき 穴がない事をお見せするんですが

But I think in this context/ and/ with the idea of taking something fake/ and making it/ into something real,/ I'm just going to leave/ it there,/ and walk off/ the stage.//

この状況下では 何か偽りのものを本物に 変えるというアイデアと一緒に とっておきましょう そしてステージから去りましょう

(Laughter)/ I will be seeing you/ several times/ over the next few days.//

(笑) 明日 明後日も皆さんにお会いできるので

I hope/ you're looking/ forward/ to that.// Thank you very much.//

楽しみにしていただけると幸いです ありがとうございました

(笑) (拍手)

placebo

(心理的効果だけの)気休め薬;(ある薬の薬効を実験するために服用させる)偽薬

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

magician

『魔法使い』;手品師,奇術師(conjurer)

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

pill

『丸薬』;《the pill》《話》ピル(経口避妊薬)

(耐えなければならない)不快なこと,苦しいこと

《通例単数形で》《俗》いやなやつ

measurable

測ることのできる

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

rudimentary

(知識など)初歩の,基本の

未発達の,未発育の;痕跡の

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

cub scout

ボーイスカウトの幼年団員

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

knife

『ナイフ』,小刀;包丁;短刀

(機械などの)刃

…‘を'ナイフ(短刀)で切る(刺す)

(ナイフで)切るように進む

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

fist

『握りこぶし』,げんこつ

sleeve

『そで』(袖),たもと

スリーブ(機械の棒軸などをはめ込む金具)

squeeze

…‘を'『絞る』,圧搾する,押しつぶす

(…から)〈果汁・汁・水分など〉‘を'『絞り取る』,絞り出す《+『from』(『out of』)+『名』》

〈手など〉‘を'強く握る;〈人など〉‘を'きつく抱く

(…に)…‘を'押し込む,詰め込む《+『名』+『into』(『in, into』)+『名』》;(…を)押し分けて…‘を'進める《+『名』+『through』+『名』》

(…から)…‘を'むりに取りたてる,搾取する,強制する《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(特に手で)圧力を加える,絞る

絞れる

《副詞[句]を伴って》(人ごみなどを)押し分けて進む,(狭い場所などを)むりに通る;割り込む

〈C〉『絞ること』,圧搾

〈C〉少量の絞り汁

〈C〉『強く握ること』,きつく抱きしめること

〈U〉《しばしばa~》《話》雑踏,押し合い

〈U〉《米話》搾取;強要,ゆすり

〈U〉《しばしばa~》苦境,窮地

wrist

手首関節;(シャツなどの)そで口

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

magnetism

磁気,磁性,磁気作用

磁気学

人を引き付ける力

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

tightly

しっかりと,きつく

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

trickery

ごまかし,いんちき:by trickery ごまかして

applause

『拍手かっさい』;称賛

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

deception

〈U〉だますこと,だまされること

〈C〉策略,たくらみ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

probably

『たぶん』,『おそらく』

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

index finger

=forefinger

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

Nice

ニース(フランス南東部の地中海に臨む港市;避寒・保養地)

childhood

『幼時』,子供時代

laughter

『笑い』,笑い声

deceptive

人をだますような;当てにならない,惑わす(misleading)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

obviously

明らかに,明白に

cling

『くっつく』,くっついて離れない;(…に)くっつく《+『to』+『名』》

(…を)つたって進む《+『to』+『名』》

(…に)『執着する』,固執する《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

chicanery

言い逃れ,ごまかし

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

researcher

研究者,調査員

astonishing

『驚くべき』,びっくりするような

administer

…'を'『治める』,管理運営する

(…に対して)…'を'執行する,実行する(carry out)《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈薬・手当て・援助など〉'を'与える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈一撃・非難・叱責など〉'を'与える,浴びせる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄与する,役立つ《+『to』+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

aspirin

〈U〉アスピリン(鎮痛・解熱剤)

〈C〉アスピリン錠

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

stamp

〈地面・床など〉‘を'『踏みつける』;〈足〉‘を'踏み鳴らす;…‘を'踏みにじる,踏みつぶす

…‘に'『印』(『判』)『を押す』;(印などを)…‘に'押す《+『名』+『with』+『名』〈印〉》;(…に)〈印など〉‘を'押す《+『名』〈印〉+『on』+『名』》

《しばしば受動態で》(印象などを)〈心など〉に刻みつける《+『名』+『with』+『名』〈印象〉》;(心などに)〈印象など〉‘を'刻みつける《+『名』〈印象〉+『on』(『in』)+『名』》

…‘に'切手(印紙)をはる

(…であると)〈事が〉〈人〉‘を'はっきり示す《+『名』〈人〉+『as』+『名』(『形』)〈補〉》

…‘を'押しつぶす,粉砕する;…‘を'粉々にして(…に)する《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

踏みつける,足を踏み鳴らす;足を踏み鳴らして歩く

〈C〉『切手』(postage stamp),[収入]印紙,証紙

〈C〉『判』,印章;押し型,抜き型

〈C〉(判・押し型などで押した)印,スタンプ,消し印,検印

〈U〉特質,特徴,印

〈U〉種類,型

〈C〉足踏み,踏みつけること,じだんだ

measurably

測ることができるほどに

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

capsule

小容器;(薬の)カプセル

(植物の)さく

(生物体の)被のう,被膜

(宇宙ロケットの)カプセル

小型の;簡約した

tablet

(銘文などを彫り込む,金属・石の)銘板

(昔文字を記した粘土などの)書字板

《まれ》(はぎ取り式の)メモ帳,便せん帳(pad)

錠剤,(チョコレート・石けんなどの)板状小片

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

dosage

〈C〉《通例a~》1回分の投薬量

〈U〉《まれ》投薬

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

statistic

統計値,統計量

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

syringe

注射器

洗浄器,かん腸器,スポイト

〈液〉‘を'注射する;(洗浄器で)〈傷など〉‘を'洗浄する

inert

(物質・物体が)活動する力がない

化学作用を起こさない

鈍い,のろまな,不活発な

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

graph

グラフ,図表

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

hatpin

婦人帽の留め針

sharp

(刃・先端が)『鋭い』,よく切れる,よく突きささる

(頂上などが)先がとがっている

(道路などが)『急な』,急カーブの,急こう配の

(言葉などが)『厳しい』,辛らつな

(痛みが)『鋭い』,激しい;(寒さなどが)激しい,身を切るような

(食物が)ぴりっとする,辛い

(音が)鋭い,高い

(輪郭などが)はっきりした,くっきりした

(感覚・頭が)鋭い

抜け目のない,すばしこい

油断のない,用心深い

(動作が)速い,機敏な,きびきびした

(身なりの)いきな,スマートな

《名詞の後にのみ用いて》(音が)シャープの,嬰(えい)音の;調[記]号がシャープ(#)の

《名詞の後にのみ用いて》(時間を)きっかり,正碓に

鋭く;急に;油断なく

(音楽で)半音高く

シャープ,嬰音

シャープ記号(#)

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

Hollywood

ハリウッド(カリフォルニア州ロサンゼルス市考外にある映画産業の中心地)

米国映画界

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

pierce

〈物が〉…‘を'『突き刺す』,‘に'突き通る;〈人が〉(ナイフなどで)…‘を'突き通す《+『名』+『with』+『名』》

<穴>‘を'突いてあける

…‘を'洞察する

<寒さ・痛み・悲しみなどが><人・人の心・体>‘を'突き通す,刺す

<光・声などが>…‘を'鋭くさし込む

『突き刺さる』,(…に)突き刺さる《+『in(into, to)』+『名』》,(…を)突き抜ける《+『through』+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

queasy

〈食べ物が〉吐けをもよおさよる;〈人が〉吐きけがある

不安な,落ち着がない;良心がとがめて胸を痛めている

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

faint

(音・色・考えなどが)『かすかな』,ぼんやりした

(努力・行動などが)『弱々しい』,熱のない;気の弱い,勇気のない

《補語にのみ用いて》(で)『気が遠くなって』目が回りそうで《+『with』(『from』)+『名』》

(…で)『気が遠くなる』,気絶する《+『with』(『from』)+『名』》

気絶,失神

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

hotel

『ホテル』,旅館

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

freak

気まぐれ,移り気

奇形,変態

《話》奇人,変人;熱狂的ファン

奇形の,異常な

OK

Oklahoma

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

ca

circa

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

dumb

『物の言えない』,口をきくことができない

口をつぐんでいる,黙っている(silent)

《名詞的にthe~》口のきけない人々

《話》頭の悪い,ばかな

stab

(刃物・とがったものなどで)…‘を'『刺す』,突き刺す《+『名』+『with』+『名』〈刃物など〉》

(…に)〈刃物・とがったものなど〉‘を'突き刺す《+『名』〈刃物など〉+『into』+『名』》stab a fork into meatフォークを肉に突き刺す

(…まで)〈人・心など〉‘を'鋭く傷つける《+『名』〈人・心など〉+『to』+『名』》

(…に)刃物で突きかかる,(…に)突き刺さる《+『at』+『名』》

『突き刺すこと』

刺し傷

刺すような鋭い痛み

《話》(…に対する)試み,企て《+『at』+『名』(do『ing』)》

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

entertain

〈人〉‘を'『楽しませる』

〈人〉‘を'『もてなす』,歓待する

〈感情・意見・計画など〉‘を'心に抱く

客を呼ぶ,客をもてなす,歓待する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

peek

(…を)こっそりちらっとのぞく《+『at』(『in』,『into』)+『名』》

《単数形で》ちらっとのぞき見ること,のぞき見

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

yeah

=yes

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

neat

(見た目に)『きちんと整った』,小ぎれいな

(人などが)きれい好きな;(服装などが)さっぱりした

(やり方・話し方などが)手ぎわのよい

《米話;現在はまれ》すばらしい,すてきな

《話》(酒などが)水で割らない,ストレートの

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

bleeding

出血する

出血;放血

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

wound

windの過去・過去分詞

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

days

たいてい昼間は

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

関連動画