TED日本語 - ニコラス・クリスタキス: 社会的ネットワークの知られざる影響

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私たちはみな友人、家族、仕事の同僚などから構成される広大な社会的ネットワークに組み込まれています。幸せから肥満まで様々な特性がどのようにして人から人へ広がっていくかをニコラス・クリスタキスが追跡し、ネットワーク内の位置が気付かぬうちに私たちの生活にどう影響を与えるかを紹介します。

Script

話は15年前にさかのぼります シカゴ大学でホスピス医として働いていたころのことです シカゴ南部で死期の近い人々と その家族のケアをしていました そして 末期患者と家族に起こることを  目の当たりにしていました そして研究室では「配偶者を亡くして受ける影響」について 研究していました これは社会学では 150年前からある古い考えで 「悲嘆のあまりの死」として知られています 例えば私が死んだ場合その後1年間は 私の妻も亡くなる可能性が2倍になるのです 私はある患者のケアを行なっていましたが この患者は末期の認知症の女性でした 写真の二人とは違い この女性の場合は 娘さんが介護をしていました 娘さんは母親の介護で疲れきっていました そして娘さんの夫もまた 自分の妻が疲労困憊していることに 苦しんでいました そんなある日私が車で家に向かっていると その夫の友人から電話がかかってきました 彼は自分の友達の苦しむ様子をみて 気がめいっているというのです そういうわけで私は知らない人から電話をもらい しかもその人は 社会的に一定の距離のある人から 影響受けて電話したわけです

このことでふと2つのとても簡単なことに気がつきました 1つ目は「配偶者を亡くして受ける影響」は 夫婦間に限ったことではないということ そしてもう1つは 2人の間だけにとどまるわけでもないということです 私は世界をまったく新しい視点で 人々がペアになって つながっているようなものだと考えるようになりました 更にはこれらのペアが近くの別のペアとつながって 4人組を形成していくということに気づいたのです その上 この人たちは他のさまざまな人間関係に 組み込まれています 例えば 結婚や配偶者関係 友情関係やその他のさまざまなつながりです 実際これらのつながりは広大で その上 私たちは皆この広いつながりのなかに 組み込まれているのです 私は世界をまったく新しい視点から見るようになり すっかりとりこになりました どうして私たちはこの社会的ネットワークに組み込まれていて そして私たちの生活にどう影響を与えているのか という疑問が頭を離れなくなりました 社会的ネットワークには複雑な美しさがあります とても精巧で複雑で いたるところにあるので 実際にどんな役割を担っているかと考えさせられます なぜ私たちは社会的ネットワークに組み込まれているのでしょう? どのように形成され機能しているのでしょう? そして私たちにどのような影響を与えているのでしょうか?

社会的ネットワークに関しての私の一番最初のテーマは 死ではなく肥満についてでした 肥満のまん延について話すことが にわかに流行になっていましたが 私は共同研究者のジェームス・ファウラーと共に 肥満は本当に伝染するのか また 先ほど話した4人のように 人から人へと伝染して 広まっていくのだろうかと考えるようになりました このスライドは初期の研究結果の一部です 2000年の時点の2200人の人々で それぞれの点は人で 点の大きさは その人の体の大きさと比例しています つまり大きい点は体の大きい人です 体型に加えて BMIまたはボディマス指数が30以上 つまり医学的に肥満の人は 点が黄色になっています さて この画像をみれば 肥満の人の集団とそうでない人の集団があることが 一目でわかるでしょう しかしこの画像の見た目がかなり複雑なことには変わりなく 具体的に何が起こっているのかわかりにくいですね しかも いくつかの疑問がすぐに浮かんできます ここにはどのぐらい密集した集団があるのでしょうか? 偶然に起こりうる以上の数の集団があるのでしょうか? 集団の大きさはどのくらいまで大きくなるのでしょう? そして何よりも これらの集団を形成するのは何でしょうか?

そこで私たちは集団の大きさを計算し分析しました こちらのY軸に見てもらえるのは 肥満の人と社会的接点がある人が自分も肥満である確率が どのくらい増加するかを示したものです X軸はこの2人の間の距離を示しています 一番左の紫色のグラフは 友達が肥満だったら自分も肥満になる危険性が 45%高くなることを表しています 隣の赤色のグラフは 友達の友達が肥満だと 自分の肥満の危険性は 25%高くなることを表しています そしてその隣のグラフは 友達の友達の友達 知り合いでもない人が肥満の場合でも 肥満の危険性は10%高くなることを表しています そして友達の友達の友達の友達まで離れたとき ようやく その人の体型が自分の体型と 関係なくなるのです

では何が集団化を引き起こすのでしょう? 少なくとも3つの可能性が考えられます ひとつは自分が太ったせいで 相手も太ってしまう誘発 つまり人から人へ広がっていくという可能性です 2つ目は誰もが考える同質結合傾向 つまり「類は友を呼ぶ」という可能性です 要は「私たちは同じような体型をしているから 友達になりましょう」ということです そして3つ目の可能性は「交絡」として知られているものです 現状を判断する能力を狂わせるからです この場合は自分の体重増加のせいで 相手の体重も増加するという発想ではなく またお互い同じような体型をしているから その人と友達になりたいという発想でもありません ここではむしろ 例えばスポーツジムなど 2人が同時に痩せるような 共通点があるという考えです そして

データを分析すると これらすべての可能性は 立証されたのです 「誘発」も含めてです そしてもし自分の友達が肥満になったとしたら 同じ期間に自分自身も肥満になる危険性が 57%も上がることがわかりました この現象にはいくつものメカニズムがあると考えられます ひとつは友達がある習慣を身に着けて 自分にも広めるという可能性です 例えば「マフィンとビールで一杯しようよ」などと誘われて 最悪な組み合わせですけど でもその習慣を自分も取り入れて 自分自身も友達のように太り始めるのです もうひとつの油断できない可能性として 友達が太り始めたことで 自分の考える 体型の許容範囲が変わってしまうということがあります ここでは人から人へと広がるのは 習慣ではなく常識です 考えが広がっているのです

ちなみに 特ダネ記者たちは 私たちの研究を見て大騒ぎしたのですが ニューヨークタイムズの記事の見出しは確か 「体重が増えてきた? -それは肥満の友達のせいです」でした 面白かったのはヨーロッパの記者たちは 違った見方をしていたことで 彼らの見出しは 「友達が太り始めた?-それはあなたのせいかも」でした (笑い) これはアメリカに対する そして 身勝手で「私のせいじゃありません」的な現象に対する なかなか興味深いコメントだと思いました

ここではっきりと言っておきたいのですが 私たちはこの研究が人々の体型に対する偏見を 正当化するものだと考えてはいません さて 私たちの次の課題はこうした広がりを 視覚化することはできるだろうかというものでした ある人の体重の増加が別の人にも うつることがあるのでしょうか これはとても複雑でした なぜなら ネットワークの構造 つまりつながりの構成は時間とともに 常に変化していることを考えなければならないからです また 肥満はひとつの感染源から広がる伝染病ではないので 肥満の流行には「患者第1号」は存在しません もしいたら肥満はその人を中心にして広がっているはずです 肥満は感染源が複数ある伝染病と言えます たくさんの人が同時に様々なことをしているのです 今から30秒ほどのビデオ映像をお見せします 私とジェームスが5年間を費やして作りました 先ほどのようにそれぞれの点が人です 点と点の連結線はその人たちの関係を表します 今から映像を再生します ネットワークの毎日のカットがおよそ30年分続きます

点が大きくなりおびただしい数の黄色の点が ネットワークを支配していくのがわかるでしょう 人々が生まれまた亡くなるにしたがって 点も現れたり消えたりします また 点が繋がったり切れたりします 結婚や離婚 友達になったり友達でなくなったりするからです 本当に複雑で多くのことが たったこの30年の間に起こります 肥満のまん延も含めてです そして最終的に 肥満の人の集団とそうでない人の集団が ネットワーク内に見えてきます これを見たとき 私のものの見方が変わりました なぜならこのネットワークは 時がたつにつれて変化していて 記憶があり 動きがあり ネットワーク内を循環するものもあり ある種の一貫性があるのです 人々は死ぬかもしれませんが ネットワークは死にません ネットワークは存在し続けます 順応力のようなものを持ち合わせていて 時間が立っても存在しつづけることができるのです

それで この種の社会性ネットワークを 生き物としてみるようになりました 顕微鏡のようなものを使って研究分析し 理解を深めることができるような生き物です このためにさまざまな手段を用い ほかのさまざまな種類の現象についても研究し始めました 喫煙や飲酒の習慣 投票行動 さらには離婚-これも広がるんですが- そして利他主義もです そしてやがて感情についても興味を持つようになりました さて 私たちは感情を抱くと それを表します どうして感情を表すのでしょう? 怒りや幸福感など心の中の感情を体験することに 利点はあるでしょうが 私たちはただ感情を体験するにとどまらず表現します それだけでなく周りの人はその感情を読み取ることができます ただ読み取るだけでなくまねることもできます 「感情の伝染」が 集団のなかで起こるのです したがって感情の持つ機能というのは 感情が持つ他の目的に加えて 原始的なコミュニケーション手段のようなものだと言えます 実際 人間の感情を本当に理解したかったら このように考える必要があります

ところで 私たちは感情を 単純で短時間に起こるものと考えがちです 例えば 最近ニューヨーク市で講演をしていて こう言いました 「地下鉄に乗っていて 向かい側に座っている人がほほ笑みかけてきたら 反射的にほほえみ返しますよね」 聴衆は真面目な顔で「ニューヨーク市ではそういうことはしません」と言うので(笑い) 私は「ほかでは世界中どこでも これが人間のごく普通の行動です」と付け加えたのですが つまり 私たちは瞬間的に感情を伝え合うことを とても本能的に行っているのです その上「感情の伝染」はより広範囲でも起こり得ます 暴動のような 断続的に起こる怒りの表現のようなものがそうです 私たちが知りたかったのは 暴動などのケースより持続的な方法で 感情が時とともに広がることができるのかということです そして地下鉄の車両でほほ笑み合う二人だけでなく もっと多くの人の間で広がることができるのでしょうか? 表面下の静かな暴動のようなものがあって 私たちを常に活気づけているのかもしれません また 感情の集団暴走が社会的ネットワーク上で 波紋のように広がっているのかもしれません もしかすると感情は実際に集合的な存在で 個人的な存在だけではないかもしれません

この現象を研究するために作った最初のイメージのひとつがこれです これも社会的ネットワークですが 今度は幸せな人だったら黄色に 悲しんでいる人は青 その中間は緑にしました この画像を見ればすぐに 幸せな人と不幸せな人の集団があるのがわかります ここでも3人分の距離をおいてて広がっています そして直感的にわかるでしょうが 不幸せな人たちは ネットワーク構造上で異なった位置を占めています このネットワークには真ん中と端がありますが 不幸せな人たちは 端のほうに位置する傾向にあります 別の比喩に例えると 社会的ネットワークを 巨大な人類の構造のようなものだと想像すると 私はあなたとつながっていて あなたは彼女とつながっている というように限りなく遠くまでつながっていきます この構造は昔ながらのアメリカンキルトのように 幸せな布切れと不幸せな布切れが継ぎ合わせられていて その人が幸せになるかどうかは 幸せなほうの布切れにいるかどうかにもよるのです

(笑い)

この感情についての研究は とても基本的なものですが 人間が社会的ネットワークを形成する根本的な理由は 遺伝子の中にコードされているのではないかと 考えるきっかけになりました なぜなら人間の社会的ネットワークを図にすると いつも同じように見え この図のような形をしているからです 決してこのようにはなりません なぜこの図のようにはならないのでしょう? なぜ私たちは規則的な格子型の 社会的ネットワークを形成しないのでしょうか? 人間の社会的ネットワークの印象的なパターンと その普遍性そして明らかな意図は 私たちはそもそも最初から 社会的ネットワークを持つように進化してきたのではないか ある特定の構造を形成するように進化してきたのではないか という疑問を私たちに投げかけます

しかしこれを理解するためにはまず ネットワークの構造を詳細に調べなければなりません このネットワーク上の人は だれもがみな同じ構造位置にあることに注目してください しかし実際のネットワークではそんなことはありません 例えばこれは現実に存在する アメリカ北東部のエリート大学の学生のネットワークです いくつかの点がハイライトしてあります 点を見て 左上にいるBと 右端にいるDを比べてください Bは4人の友だちとつながっています そしてDは6人の友達とつながっています つまりこの2人には違った人数の友達がいます でもこれは誰もがわかりきったことですね しかし社会的ネットワークには そこまで明白ではない側面もあります

左上のBと左下のAを比べてください この2人にはともに4人の友達がいますが Aの友達はみなお互い知り合いです しかしBの友達はお互いを知りません つまりAの友達の友達は Aとも友達ですが Bの友達の友達はBとは友達ではなくて ネットワーク上ではBからより離れたところにいます これはネットワークの他動性と呼ばれます そして最後にCとDを比べてください CとDはともに友達が6人います この2人に「どんな社会生活を送っていますか?」と聞いたら 2人とも「友達が6人います それが私の社会生活です」と答えるでしょう しかしこのネットワークを一望すると この2人はかなり異なった社会にいることがわかります こう聞けばみなさんは直感で理解できるでしょう もし致死性の病原菌が ネットワーク上に広がったとしたら みなさんはCとDのどちらになりたいですか? ネットワークの端にいるDになりたいでしょう では もし自分以外の人の おいしいうわさ話が ネットワーク上で広まっているとしたら? この場合はCになりたいですね

つまり異なった構造位置にいることは 自分の人生に違った意味合いを持ってくるのです これに関する実験をいくつか行いましたが 友達の人数の幅の46%は 実際その人の遺伝子によって決まる ということがわかりました しかしこれはさほど驚くようなことではありません 生まれつき恥ずかしがり屋の人もいれば 社交的な人もいることは周知の通りです しかし意外なことも分かりました 例えば自分の友達2人がお互い知り合いかどうかの 47%も遺伝子に左右されるのです 自分の友達がお互い知り合いかどうかは 友達の遺伝子だけでなく自分自身の遺伝子にもよるのです これは自分の友達同士を紹介するのが好きな人もいれば それぞれの友達の間に距離を設けて 友達同士を合わせない人もいるからでしょう さらにネットワークを自分の周りに編むようにして 沢山の繋がりを張りめぐらせ そこに快適に腰を据える人もいます そして最後に 人がネットワークの真ん中にいるか 30%も 遺伝子のせいだということもわかりました 自分がネットワークの真ん中にいるか端にいるかも 一部は遺伝なのです

ではこれは何を意味するのでしょうか? 世の中を理解するうえでどう役立つのでしょう? 現在私たちが抱えている問題を解決するにあたって どのように役に立ってくれるのでしょうか? 私が言いたいのはネットワークには価値があるということです 一種の社会資本と言えます 私たちが社会的ネットワークに組み込まれることによって 新しい特性が生まれます そしてその特性は ネットワーク内の個人だけでなく ネットワークの構造自体にも備わっているものなのです 共通点を持つこの2つの物体について考えてみてください 2つとも炭素からできていますが 左の物体は炭素原子がある一定の方法で 並べられています やわらかくて黒い黒鉛です しかし同じ炭素原子を 異なる方法で連結させると 透明で硬いダイヤモンドになります やわらかさ 硬さ 暗さ 透明さなどという性質は 炭素原子の中に備わっているのではありません それらは炭素原子同士の連結に存在するのです 少なくとも炭素原子の結合によって現れるのだと 言うことができるでしょう 同じように人と人の関係のパターンも その集団に さまざまな性質をもたらすのです 人と人の結びつきが 全体を単なる個々の合計よりも大きくするのです 周りの人に何が起こっているかということだけではないのです 痩せた 太った お金持ちになった 貧乏になった 幸せになった 不幸せになったというだけでなく 自分たちを取り囲む人間関係の 構造自体にも私たちは影響されているのです

私たちがこの世界で経験することは 自分が存在するネットワークの 実際の構造と ネットワーク上を波紋のように広がって行きかう すべての物事によって大きく変わってくるのです これが事実だと思うのは 人間はお互いに集まって 一種の超個体を形成するからです 超個体は多数の個体が集まって形成された集団のことで 個体レベルで研究しても理解できない 行動や現象を見せるため 集合体として扱い 研究して理解する必要があります 例えば新しく巣を作る場所を探している ハチの群れや 敵を回避しようとしている鳥の群れや 知恵を結集して太平洋の真ん中にある ごく小さな島をめざし 飛行できる鳥の一群 そして 自分よりも大きい獲物をしとめることができる オオカミの群れなど 超個体には個々を研究するだけでは 理解できない性質があるのです 社会的ネットワークがどのようにして形成され 作用するのかを理解することは 健康や感情についての理解を深めるのに役立つだけでなく 他の様々な現象で例えば 犯罪や福祉 銀行への取り付け騒動や 市場の暴落などの経済現象 新しいアイデアの導入や 商品採用の展開などを理解する上でも役立ちます

これをみてください 私たちが社会的ネットワークを形成するのは 人間関係から得られる利益が それを得るためのコストをはるかに上回るからだと思います もし私がみなさんに対していつも暴力的だったり デマを流したり 悲しませたり 致死性の病原菌を伝染したりしたら 皆さんは私との関係を切ろうとするでしょう そしてネットワークは崩壊してしまうでしょう つまり社会的ネットワークを維持しさらに発展させるためには 善と価値あるものを広めることが必要なのです 同じように社会的ネットワークは ためになり価値のあるものを広げるために必要でもあるのです 例えば 愛や優しさ 幸福や利他精神 そしてアイデアです 実際 もし私たちがみな 社会的ネットワークがどんなに価値のあるものかに気づけば これを発展し維持するためにもっと多くの時間を費やすでしょう なぜなら社会的ネットワークは 根本的に善と結びついているからです そしてこの世界が今必要としているのは より多くのつながりだと思うのです

ありがとうございました

(拍手)

For me, this story begins about 15 years ago, when I was a hospice doctor at the University of Chicago. And I was taking care of people who were dying and their families in the South Side of Chicago. And I was observing what happened to people and their families over the course of their terminal illness. And in my lab, I was studying the widower effect, which is a very old idea in the social sciences, going back 150 years, known as "dying of a broken heart." So, when I die, my wife's risk of death can double, for instance, in the first year. And I had gone to take care of one particular patient, a woman who was dying of dementia. And in this case, unlike this couple, she was being cared for by her daughter. And the daughter was exhausted from caring for her mother. And the daughter's husband, he also was sick from his wife's exhaustion. And I was driving home one day, and I get a phone call from the husband's friend, calling me because he was depressed about what was happening to his friend. So here I get this call from this random guy that's having an experience that's being influenced by people at some social distance.

And so I suddenly realized two very simple things: First, the widowhood effect was not restricted to husbands and wives. And second, it was not restricted to pairs of people. And I started to see the world in a whole new way, like pairs of people connected to each other. And then I realized that these individuals would be connected into foursomes with other pairs of people nearby. And then, in fact, these people were embedded in other sorts of relationships: marriage and spousal and friendship and other sorts of ties. And that, in fact, these connections were vast and that we were all embedded in this broad set of connections with each other. So I started to see the world in a completely new way and I became obsessed with this. I became obsessed with how it might be that we're embedded in these social networks, and how they affect our lives. So, social networks are these intricate things of beauty, and they're so elaborate and so complex and so ubiquitous, in fact, that one has to ask what purpose they serve. Why are we embedded in social networks? I mean, how do they form? How do they operate? And how do they effect us?

So my first topic with respect to this, was not death, but obesity. It had become trendy to speak about the "obesity epidemic." And, along with my collaborator, James Fowler, we began to wonder whether obesity really was epidemic and could it spread from person to person like the four people I discussed earlier. So this is a slide of some of our initial results. It's 2,200 people in the year 2000. Every dot is a person. We make the dot size proportional to people's body size; so bigger dots are bigger people. In addition, if your body size, if your BMI, your body mass index, is above 30 -- if you're clinically obese -- we also colored the dots yellow. So, if you look at this image, right away you might be able to see that there are clusters of obese and non-obese people in the image. But the visual complexity is still very high. It's not obvious exactly what's going on. In addition, some questions are immediately raised: How much clustering is there? Is there more clustering than would be due to chance alone? How big are the clusters? How far do they reach? And, most importantly, what causes the clusters?

So we did some mathematics to study the size of these clusters. This here shows, on the Y-axis, the increase in the probability that a person is obese given that a social contact of theirs is obese and, on the X-axis, the degrees of separation between the two people. On the far left, you see the purple line. It says that, if your friends are obese, your risk of obesity is 45 percent higher. And the next bar over, the [ red ] line, says if your friend's friends are obese, your risk of obesity is 25 percent higher. And then the next line over says if your friend's friend's friend, someone you probably don't even know, is obese, your risk of obesity is 10 percent higher. And it's only when you get to your friend's friend's friend's friends that there's no longer a relationship between that person's body size and your own body size.

Well, what might be causing this clustering? There are at least three possibilities: One possibility is that, as I gain weight, it causes you to gain weight. A kind of induction, a kind of spread from person to person. Another possibility, very obvious, is homophily, or, birds of a feather flock together; here, I form my tie to you because you and I share a similar body size. And the last possibility is what is known as confounding, because it confounds our ability to figure out what's going on. And here, the idea is not that my weight gain is causing your weight gain, nor that I preferentially form a tie with you because you and I share the same body size, but rather that we share a common exposure to something, like a health club that makes us both lose weight at the same time.

When we studied these data, we found evidence for all of these things, including for induction. And we found that if your friend becomes obese, it increases your risk of obesity by about 57 percent in the same given time period. There can be many mechanisms for this effect: One possibility is that your friends say to you something like -- you know, they adopt a behavior that spreads to you -- like, they say, "Let's go have muffins and beer," which is a terrible combination. (Laughter) But you adopt that combination, and then you start gaining weight like them. Another more subtle possibility is that they start gaining weight, and it changes your ideas of what an acceptable body size is. Here, what's spreading from person to person is not a behavior, but rather a norm: An idea is spreading.

Now, headline writers had a field day with our studies. I think the headline in The New York Times was, "Are you packing it on? Blame your fat friends." (Laughter) What was interesting to us is that the European headline writers had a different take: They said, "Are your friends gaining weight? Perhaps you are to blame." (Laughter) And we thought this was a very interesting comment on America, and a kind of self-serving, "not my responsibility" kind of phenomenon.

Now, I want to be very clear: We do not think our work should or could justify prejudice against people of one or another body size at all. Our next questions was: Could we actually visualize this spread? Was weight gain in one person actually spreading to weight gain in another person? And this was complicated because we needed to take into account the fact that the network structure, the architecture of the ties, was changing across time. In addition, because obesity is not a unicentric epidemic, there's not a Patient Zero of the obesity epidemic -- if we find that guy, there was a spread of obesity out from him -- it's a multicentric epidemic. Lots of people are doing things at the same time. And I'm about to show you a 30 second video animation that took me and James five years of our lives to do. So, again, every dot is a person. Every tie between them is a relationship. We're going to put this into motion now, taking daily cuts through the network for about 30 years.

The dot sizes are going to grow, you're going to see a sea of yellow take over. You're going to see people be born and die -- dots will appear and disappear -- ties will form and break, marriages and divorces, friendings and defriendings. A lot of complexity, a lot is happening just in this 30-year period that includes the obesity epidemic. And, by the end, you're going to see clusters of obese and non-obese individuals within the network. Now, when looked at this, it changed the way I see things, because this thing, this network that's changing across time, it has a memory, it moves, things flow within it, it has a kind of consistency -- people can die, but it doesn't die; it still persists -- and it has a kind of resilience that allows it to persist across time.

And so, I came to see these kinds of social networks as living things, as living things that we could put under a kind of microscope to study and analyze and understand. And we used a variety of techniques to do this. And we started exploring all kinds of other phenomena. We looked at smoking and drinking behavior, and voting behavior, and divorce -- which can spread -- and altruism. And, eventually, we became interested in emotions. Now, when we have emotions, we show them. Why do we show our emotions? I mean, there would be an advantage to experiencing our emotions inside, you know, anger or happiness. But we don't just experience them, we show them. And not only do we show them, but others can read them. And, not only can they read them, but they copy them. There's emotional contagion that takes place in human populations. And so this function of emotions suggests that, in addition to any other purpose they serve, they're a kind of primitive form of communication. And that, in fact, if we really want to understand human emotions, we need to think about them in this way.

Now, we're accustomed to thinking about emotions in this way, in simple, sort of, brief periods of time. So, for example, I was giving this talk recently in New York City, and I said, "You know when you're on the subway and the other person across the subway car smiles at you, and you just instinctively smile back?" And they looked at me and said, "We don't do that in New York City." (Laughter) And I said, "Everywhere else in the world, that's normal human behavior." And so there's a very instinctive way in which we briefly transmit emotions to each other. And, in fact, emotional contagion can be broader still. Like we could have punctuated expressions of anger, as in riots. The question that we wanted to ask was: Could emotion spread, in a more sustained way than riots, across time and involve large numbers of people, not just this pair of individuals smiling at each other in the subway car? Maybe there's a kind of below the surface, quiet riot that animates us all the time. Maybe there are emotional stampedes that ripple through social networks. Maybe, in fact, emotions have a collective existence, not just an individual existence.

And this is one of the first images we made to study this phenomenon. Again, a social network, but now we color the people yellow if they're happy and blue if they're sad and green in between. And if you look at this image, you can right away see clusters of happy and unhappy people, again, spreading to three degrees of separation. And you might form the intuition that the unhappy people occupy a different structural location within the network. There's a middle and an edge to this network, and the unhappy people seem to be located at the edges. So to invoke another metaphor, if you imagine social networks as a kind of vast fabric of humanity -- I'm connected to you and you to her, on out endlessly into the distance -- this fabric is actually like an old-fashioned American quilt, and it has patches on it: happy and unhappy patches. And whether you become happy or not depends in part on whether you occupy a happy patch.

(Laughter)

So, this work with emotions, which are so fundamental, then got us to thinking about: Maybe the fundamental causes of human social networks are somehow encoded in our genes. Because human social networks, whenever they are mapped, always kind of look like this: the picture of the network. But they never look like this. Why do they not look like this? Why don't we form human social networks that look like a regular lattice? Well, the striking patterns of human social networks, their ubiquity and their apparent purpose beg questions about whether we evolved to have human social networks in the first place, and whether we evolved to form networks with a particular structure.

And notice first of all -- so, to understand this, though, we need to dissect network structure a little bit first -- and notice that every person in this network has exactly the same structural location as every other person. But that's not the case with real networks. So, for example, here is a real network of college students at an elite northeastern university. And now I'm highlighting a few dots. If you look here at the dots, compare node B in the upper left to node D in the far right; B has four friends coming out from him and D has six friends coming out from him. And so, those two individuals have different numbers of friends. That's very obvious, we all know that. But certain other aspects of social network structure are not so obvious.

Compare node B in the upper left to node A in the lower left. Now, those people both have four friends, but A's friends all know each other, and B's friends do not. So the friend of a friend of A's is, back again, a friend of A's, whereas the friend of a friend of B's is not a friend of B's, but is farther away in the network. This is known as transitivity in networks. And, finally, compare nodes C and D : C and D both have six friends. If you talk to them, and you said, "What is your social life like?" they would say, "I've got six friends. That's my social experience." But now we, with a bird's eye view looking at this network, can see that they occupy very different social worlds. And I can cultivate that intuition in you by just asking you: Who would you rather be if a deadly germ was spreading through the network? Would you rather be C or D? You'd rather be D, on the edge of the network. And now who would you rather be if a juicy piece of gossip -- not about you -- was spreading through the network? (Laughter) Now, you would rather be C.

So different structural locations have different implications for your life. And, in fact, when we did some experiments looking at this, what we found is that 46 percent of the variation in how many friends you have is explained by your genes. And this is not surprising. We know that some people are born shy and some are born gregarious. That's obvious. But we also found some non-obvious things. For instance,47 percent in the variation in whether your friends know each other is attributable to your genes. Whether your friends know each other has not just to do with their genes, but with yours. And we think the reason for this is that some people like to introduce their friends to each other -- you know who you are -- and others of you keep them apart and don't introduce your friends to each other. And so some people knit together the networks around them, creating a kind of dense web of ties in which they're comfortably embedded. And finally, we even found that 30 percent of the variation in whether or not people are in the middle or on the edge of the network can also be attributed to their genes. So whether you find yourself in the middle or on the edge is also partially heritable.

Now, what is the point of this? How does this help us understand? How does this help us figure out some of the problems that are affecting us these days? Well, the argument I'd like to make is that networks have value. They are a kind of social capital. New properties emerge because of our embeddedness in social networks, and these properties inhere in the structure of the networks, not just in the individuals within them. So think about these two common objects. They're both made of carbon, and yet one of them has carbon atoms in it that are arranged in one particular way -- on the left -- and you get graphite, which is soft and dark. But if you take the same carbon atoms and interconnect them a different way, you get diamond, which is clear and hard. And those properties of softness and hardness and darkness and clearness do not reside in the carbon atoms; they reside in the interconnections between the carbon atoms, or at least arise because of the interconnections between the carbon atoms. So, similarly, the pattern of connections among people confers upon the groups of people different properties. It is the ties between people that makes the whole greater than the sum of its parts. And so it is not just what's happening to these people -- whether they're losing weight or gaining weight, or becoming rich or becoming poor, or becoming happy or not becoming happy -- that affects us; it's also the actual architecture of the ties around us.

Our experience of the world depends on the actual structure of the networks in which we're residing and on all the kinds of things that ripple and flow through the network. Now, the reason, I think, that this is the case is that human beings assemble themselves and form a kind of superorganism. Now, a superorganism is a collection of individuals which show or evince behaviors or phenomena that are not reducible to the study of individuals and that must be understood by reference to, and by studying, the collective. Like, for example, a hive of bees that's finding a new nesting site, or a flock of birds that's evading a predator, or a flock of birds that's able to pool its wisdom and navigate and find a tiny speck of an island in the middle of the Pacific, or a pack of wolves that's able to bring down larger prey. Superorganisms have properties that can not be understood just by studying the individuals. I think understanding social networks and how they form and operate can help us understand not just health and emotions but all kinds of other phenomena -- like crime, and warfare, and economic phenomena like bank runs and market crashes and the adoption of innovation and the spread of product adoption.

Now, look at this. I think we form social networks because the benefits of a connected life outweigh the costs. If I was always violent towards you or gave you misinformation or made you sad or infected you with deadly germs, you would cut the ties to me, and the network would disintegrate. So the spread of good and valuable things is required to sustain and nourish social networks. Similarly, social networks are required for the spread of good and valuable things, like love and kindness and happiness and altruism and ideas. I think, in fact, that if we realized how valuable social networks are, we'd spend a lot more time nourishing them and sustaining them, because I think social networks are fundamentally related to goodness. And what I think the world needs now is more connections.

Thank you.

(Applause)

For me,/ this story begins about 15 years ago,/ when I was a hospice doctor/ at the University of Chicago.//

話は15年前にさかのぼります シカゴ大学でホスピス医として働いていたころのことです

And I was taking care of people/ who were dying and their families/ in the South Side of Chicago.//

シカゴ南部で死期の近い人々と その家族のケアをしていました そして

And I was observing/ what happened to people and their families/ over the course of their terminal illness.//

末期患者と家族に起こることを  目の当たりにしていました

And/ in my lab,/ I was studying the widower effect,/ which is a very old idea/ in the social sciences,/ going back/ 150 years,/ known as "dying of a broken heart."//

そして研究室では「配偶者を亡くして受ける影響」について 研究していました これは社会学では 150年前からある古い考えで 「悲嘆のあまりの死」として知られています

So,/ when I die,/ my wife's risk of death can double,/ for instance,/ in the first year.//

例えば私が死んだ場合その後1年間は 私の妻も亡くなる可能性が2倍になるのです

And I had gone to take/ care of one particular patient,/ a woman/ who was dying of dementia.//

私はある患者のケアを行なっていましたが この患者は末期の認知症の女性でした

And/ in this case,/ unlike this couple,/ she was being cared for by her daughter.//

写真の二人とは違い この女性の場合は 娘さんが介護をしていました

And the daughter was exhausted from caring for her mother.//

娘さんは母親の介護で疲れきっていました

And the daughter's husband,/ he also was sick/ from his wife's exhaustion.//

そして娘さんの夫もまた 自分の妻が疲労困憊していることに 苦しんでいました

And I was driving home one day,/ and I get a phone call/ from the husband's friend,/ calling me/ because he was depressed about what was happening to his friend.//

そんなある日私が車で家に向かっていると その夫の友人から電話がかかってきました 彼は自分の友達の苦しむ様子をみて 気がめいっているというのです

So here/ I get this call/ from this random guy/ that's having an experience/ that's being influenced by people/ at some social distance.//

そういうわけで私は知らない人から電話をもらい しかもその人は 社会的に一定の距離のある人から 影響受けて電話したわけです

And so I suddenly realized two very simple things:/ First,/ the widowhood effect was not restricted/ to husbands and wives.//

このことでふと2つのとても簡単なことに気がつきました 1つ目は「配偶者を亡くして受ける影響」は 夫婦間に限ったことではないということ そしてもう1つは

And second,/ it was not restricted/ to pairs of people.//

2人の間だけにとどまるわけでもないということです

And I started to see/ the world/ in a whole new way,/ like pairs of people connected to each other.//

私は世界をまったく新しい視点で 人々がペアになって つながっているようなものだと考えるようになりました

And then/ I realized/ that these individuals would be connected into foursomes/ with other pairs of people nearby.//

更にはこれらのペアが近くの別のペアとつながって 4人組を形成していくということに気づいたのです

And then,/ in fact,/ these people were embedded in other sorts of relationships:/ marriage and spousal and friendship and other sorts of ties.//

その上 この人たちは他のさまざまな人間関係に 組み込まれています 例えば 結婚や配偶者関係 友情関係やその他のさまざまなつながりです

And/ that,/ in fact,/ these connections were vast/ and/ that we were all embedded in this broad set of connections/ with each other.//

実際これらのつながりは広大で その上 私たちは皆この広いつながりのなかに 組み込まれているのです

So I started to see/ the world/ in a completely new way/ and I became obsessed/ with this.//

私は世界をまったく新しい視点から見るようになり すっかりとりこになりました

I became obsessed/ with how it might be/ that we're embedded in these social networks,/ and how they affect our lives.//

どうして私たちはこの社会的ネットワークに組み込まれていて そして私たちの生活にどう影響を与えているのか という疑問が頭を離れなくなりました

So,/ social networks are these intricate things of beauty,/ and they're so elaborate and so complex and so ubiquitous,/ in fact,/ that one has to ask/ what purpose they serve.//

社会的ネットワークには複雑な美しさがあります とても精巧で複雑で いたるところにあるので 実際にどんな役割を担っているかと考えさせられます

Why are we embedded in social networks?//

なぜ私たちは社会的ネットワークに組み込まれているのでしょう?

I mean,/ how do they form?// How do they operate?//

どのように形成され機能しているのでしょう?

And how do they effect us?//

そして私たちにどのような影響を与えているのでしょうか?

So my first topic/ with respect/ to this,/ was not death,/ but obesity.//

社会的ネットワークに関しての私の一番最初のテーマは 死ではなく肥満についてでした

It had become trendy/ to speak about the "obesity epidemic."//

肥満のまん延について話すことが にわかに流行になっていましたが

And,/ along with my collaborator,/ James Fowler,/ we began to wonder/ whether obesity really was epidemic/ and could/ it spread from person/ to person/ like the four people/ I discussed earlier.//

私は共同研究者のジェームス・ファウラーと共に 肥満は本当に伝染するのか また 先ほど話した4人のように 人から人へと伝染して 広まっていくのだろうかと考えるようになりました

So this is a slide of some of our initial results.//

このスライドは初期の研究結果の一部です

It's 2,200 people/ in the year 2000.//

2000年の時点の2200人の人々で

Every dot is a person.// We make the dot size proportional/ to people's body size;/ so bigger dots are bigger people.//

それぞれの点は人で 点の大きさは その人の体の大きさと比例しています つまり大きい点は体の大きい人です

In addition,/ if your body size,/ if your BMI,/ your body mass index,/ is above 30 --/ if you're clinically obese --/ we also colored the dots yellow.//

体型に加えて BMIまたはボディマス指数が30以上 つまり医学的に肥満の人は 点が黄色になっています

So,/ if you look at this image,/ right away/ you might be able to see/ that there are clusters of obese and non-obese people/ in the image.//

さて この画像をみれば 肥満の人の集団とそうでない人の集団があることが 一目でわかるでしょう

But the visual complexity is still very high.//

しかしこの画像の見た目がかなり複雑なことには変わりなく

It's not obvious exactly/ what's going on.//

具体的に何が起こっているのかわかりにくいですね

In addition,/ some questions are immediately raised:/ How much clustering is there?//

しかも いくつかの疑問がすぐに浮かんできます ここにはどのぐらい密集した集団があるのでしょうか?

Is there more clustering/ than would be due to chance alone?//

偶然に起こりうる以上の数の集団があるのでしょうか?

How big are the clusters?// How far do they reach?//

集団の大きさはどのくらいまで大きくなるのでしょう?

And,/ most importantly,/ what causes the clusters?//

そして何よりも これらの集団を形成するのは何でしょうか?

So we did some mathematics/ to study the size of these clusters.//

そこで私たちは集団の大きさを計算し分析しました

This here shows,/ on the Y-axis,/ the increase/ in the probability/ that a person is obese/ given/ that a social contact of theirs is obese and,/ on the X-axis,/ the degrees of separation/ between the two people.//

こちらのY軸に見てもらえるのは 肥満の人と社会的接点がある人が自分も肥満である確率が どのくらい増加するかを示したものです X軸はこの2人の間の距離を示しています

On the far left,/ you see the purple line.//

一番左の紫色のグラフは

It says/ that,/ if your friends are obese,/ your risk of obesity is 45 percent higher.//

友達が肥満だったら自分も肥満になる危険性が 45%高くなることを表しています

And the next bar over,/ the [ red ] line,/ says/ if your friend's friends are obese,/ your risk of obesity is 25 percent higher.//

隣の赤色のグラフは 友達の友達が肥満だと 自分の肥満の危険性は 25%高くなることを表しています

And then/ the next line/ over says/ if your friend's friend's friend,/ someone/ you probably don't even know,/ is obese,/ your risk of obesity is 10 percent higher.//

そしてその隣のグラフは 友達の友達の友達 知り合いでもない人が肥満の場合でも 肥満の危険性は10%高くなることを表しています

And it's only/ when you get to your friend's friend's friend's friends/ that there's no longer/ a relationship/ between that person's body size and your own body size.//

そして友達の友達の友達の友達まで離れたとき ようやく その人の体型が自分の体型と 関係なくなるのです

Well,/ what might be causing this clustering?//

では何が集団化を引き起こすのでしょう?

There are at least three possibilities:/ One possibility is/ that,/ as I gain weight,/ it causes you/ to gain weight.//

少なくとも3つの可能性が考えられます ひとつは自分が太ったせいで 相手も太ってしまう誘発

A kind of induction,/ a kind of spread/ from person to person.//

つまり人から人へ広がっていくという可能性です

Another possibility,/ very obvious,/ is homophily,/ or,/ birds of a feather flock together;/ here,/ I form my tie/ to you/ because you and I share a similar body size.//

2つ目は誰もが考える同質結合傾向 つまり「類は友を呼ぶ」という可能性です 要は「私たちは同じような体型をしているから 友達になりましょう」ということです

And the last possibility is/ what is known as confounding,/ because it confounds our ability/ to figure out/ what's going on.//

そして3つ目の可能性は「交絡」として知られているものです 現状を判断する能力を狂わせるからです

And here,/ the idea is not/ that my weight gain is causing your weight gain,/ nor that I preferentially form a tie/ with you/ because you and I share the same body size,/ but rather/ that we share a common exposure/ to something,/ like a health club/ that makes us/ both lose weight/ at the same time.//

この場合は自分の体重増加のせいで 相手の体重も増加するという発想ではなく またお互い同じような体型をしているから その人と友達になりたいという発想でもありません ここではむしろ 例えばスポーツジムなど 2人が同時に痩せるような 共通点があるという考えです そして

When we studied these data,/ we found evidence/ for all of these things,/ including/ for induction.//

データを分析すると これらすべての可能性は 立証されたのです 「誘発」も含めてです

And we found/ that if your friend becomes obese,/ it increases your risk of obesity/ by about 57 percent/ in the same given time/ period.//

そしてもし自分の友達が肥満になったとしたら 同じ期間に自分自身も肥満になる危険性が 57%も上がることがわかりました

There can be many mechanisms/ for this effect:/ One possibility is/ that your friends say to you/ something like --/ you know,/ they adopt a behavior/ that spreads to you --/ like,/ they say,/ "Let's go have muffins and beer,/"/ which is a terrible combination.// (Laughter)/ But you adopt/ that combination,/ and then/ you start gaining/ weight/ like them.//

この現象にはいくつものメカニズムがあると考えられます ひとつは友達がある習慣を身に着けて 自分にも広めるという可能性です 例えば「マフィンとビールで一杯しようよ」などと誘われて 最悪な組み合わせですけど でもその習慣を自分も取り入れて 自分自身も友達のように太り始めるのです

Another more subtle possibility is/ that they start gaining/ weight,/ and it changes your ideas of what an acceptable body size is.//

もうひとつの油断できない可能性として 友達が太り始めたことで 自分の考える 体型の許容範囲が変わってしまうということがあります

Here,/ what's spreading from person/ to person is not a behavior,/ but rather/ a norm:/ An idea is spreading.//

ここでは人から人へと広がるのは 習慣ではなく常識です 考えが広がっているのです

Now,/ headline writers had a field day/ with our studies.//

ちなみに 特ダネ記者たちは 私たちの研究を見て大騒ぎしたのですが

I think the headline/ in The New York Times was,/ "Are you packing it on?//

ニューヨークタイムズの記事の見出しは確か 「体重が増えてきた?

Blame/ your fat friends."// (Laughter)/ What was interesting/ to us is/ that the European headline writers had a different take:/ They said,/ "Are your friends gaining weight?// Perhaps/ you are to blame."//

-それは肥満の友達のせいです」でした 面白かったのはヨーロッパの記者たちは 違った見方をしていたことで 彼らの見出しは 「友達が太り始めた?-それはあなたのせいかも」でした

(Laughter)/ And we thought/ this was a very interesting comment/ on America,/ and a kind of self-serving,/ "not my responsibility"/ kind of phenomenon.//

(笑い) これはアメリカに対する そして 身勝手で「私のせいじゃありません」的な現象に対する なかなか興味深いコメントだと思いました

Now,/ I want to be very clear:/ We do not think/ our work should/ or could justify prejudice/ against people of one or another body size/ at all.//

ここではっきりと言っておきたいのですが 私たちはこの研究が人々の体型に対する偏見を 正当化するものだと考えてはいません

Our next questions was:/ Could we actually visualize this spread?//

さて 私たちの次の課題はこうした広がりを 視覚化することはできるだろうかというものでした

Was weight gain/ in one person actually spreading/ to weight gain/ in another person?//

ある人の体重の増加が別の人にも うつることがあるのでしょうか

And this was complicated/ because we needed to take/ into account/ the fact/ that the network structure,/ the architecture of the ties,/ was changing across time.//

これはとても複雑でした なぜなら ネットワークの構造 つまりつながりの構成は時間とともに 常に変化していることを考えなければならないからです

In addition,/ because obesity is not a unicentric epidemic,/ there's not a Patient Zero of the obesity epidemic --/ if we find/ that guy,/ there was a spread of obesity out/ from him --/ it's a multicentric epidemic.//

また 肥満はひとつの感染源から広がる伝染病ではないので 肥満の流行には「患者第1号」は存在しません もしいたら肥満はその人を中心にして広がっているはずです 肥満は感染源が複数ある伝染病と言えます

Lots of people are doing things/ at the same time.//

たくさんの人が同時に様々なことをしているのです

And I'm/ about to show you/ a 30 second video animation/ that took me/ and James/ five years of our lives/ to do.//

今から30秒ほどのビデオ映像をお見せします 私とジェームスが5年間を費やして作りました

So,/ again,/ every dot is a person.//

先ほどのようにそれぞれの点が人です

Every tie/ between them is a relationship.//

点と点の連結線はその人たちの関係を表します

We're going to put/ this/ into motion now,/ taking daily cuts/ through the network/ for about 30 years.//

今から映像を再生します ネットワークの毎日のカットがおよそ30年分続きます

The dot sizes are going to grow,/ you're going to see/ a sea of yellow take over.//

点が大きくなりおびただしい数の黄色の点が ネットワークを支配していくのがわかるでしょう

You're going to see/ people be born/ and die --/ dots will appear and disappear --/ ties will form and break,/ marriages and divorces,/ friendings and defriendings.//

人々が生まれまた亡くなるにしたがって 点も現れたり消えたりします また 点が繋がったり切れたりします 結婚や離婚 友達になったり友達でなくなったりするからです

A lot of complexity,/ a lot is happening just/ in this 30-year period/ that includes the obesity epidemic.//

本当に複雑で多くのことが たったこの30年の間に起こります 肥満のまん延も含めてです

And,/ by the end,/ you're going to see/ clusters of obese and non-obese individuals/ within the network.//

そして最終的に 肥満の人の集団とそうでない人の集団が ネットワーク内に見えてきます

Now,/ when looked at this,/ it changed the way/ I see things,/ because this thing,/ this network/ that's changing across time,/ it has a memory,/ it moves,/ things flow within it,/ it has a kind of consistency --/ people can die,/ but it doesn't die;/ it still persists --/ and it has a kind of resilience/ that allows it/ to persist across time.//

これを見たとき 私のものの見方が変わりました なぜならこのネットワークは 時がたつにつれて変化していて 記憶があり 動きがあり ネットワーク内を循環するものもあり ある種の一貫性があるのです 人々は死ぬかもしれませんが ネットワークは死にません ネットワークは存在し続けます 順応力のようなものを持ち合わせていて 時間が立っても存在しつづけることができるのです

And so,/ I came to see these kinds of social networks/ as living things,/ as living things/ that we could put under a kind of microscope/ to study and analyze and understand.//

それで この種の社会性ネットワークを 生き物としてみるようになりました 顕微鏡のようなものを使って研究分析し 理解を深めることができるような生き物です

And we used a variety of techniques/ to do this.//

このためにさまざまな手段を用い

And we started exploring/ all kinds of other phenomena.//

ほかのさまざまな種類の現象についても研究し始めました

We looked at smoking and drinking behavior,/ and voting behavior,/ and divorce --/ which can spread --/ and altruism.//

喫煙や飲酒の習慣 投票行動 さらには離婚-これも広がるんですが- そして利他主義もです

And,/ eventually,/ we became interested/ in emotions.//

そしてやがて感情についても興味を持つようになりました

Now,/ when we have emotions,/ we show them.//

さて 私たちは感情を抱くと それを表します

Why do we show our emotions?//

どうして感情を表すのでしょう?

I mean,/ there would be an advantage/ to experiencing our emotions inside,/ you know,/ anger/ or happiness.//

怒りや幸福感など心の中の感情を体験することに 利点はあるでしょうが

But we don't just experience them,/ we show them.//

私たちはただ感情を体験するにとどまらず表現します

And not only do we show them,/ but others can read them.//

それだけでなく周りの人はその感情を読み取ることができます

And,/ not only can/ they read them,/ but they copy them.//

ただ読み取るだけでなくまねることもできます

There's emotional contagion/ that takes place/ in human populations.//

「感情の伝染」が 集団のなかで起こるのです

And so/ this function of emotions suggests/ that,/ in addition/ to any other purpose/ they serve,/ they're a kind of primitive form of communication.//

したがって感情の持つ機能というのは 感情が持つ他の目的に加えて 原始的なコミュニケーション手段のようなものだと言えます

And/ that,/ in fact,/ if we really want to understand/ human emotions,/ we need to think/ about them/ in this way.//

実際 人間の感情を本当に理解したかったら このように考える必要があります

Now,/ we're accustomed to thinking about emotions/ in this way,/ in simple,/ sort of,/ brief periods of time.//

ところで 私たちは感情を 単純で短時間に起こるものと考えがちです

So,/ for example,/ I was giving this talk recently/ in New York City,/ and I said,/ "You know/ when you're on the subway and the other person/ across the subway car smiles/ at you,/ and you just instinctively smile back?"//

例えば 最近ニューヨーク市で講演をしていて こう言いました 「地下鉄に乗っていて 向かい側に座っている人がほほ笑みかけてきたら 反射的にほほえみ返しますよね」

And they looked at me/ and said,/ "We don't do that/ in New York City."// (Laughter)/ And I said,/ "Everywhere else/ in the world,/ that's normal human behavior."//

聴衆は真面目な顔で「ニューヨーク市ではそういうことはしません」と言うので(笑い) 私は「ほかでは世界中どこでも これが人間のごく普通の行動です」と付け加えたのですが

And so/ there's a very instinctive way/ in which we briefly transmit emotions/ to each other.//

つまり 私たちは瞬間的に感情を伝え合うことを とても本能的に行っているのです

And,/ in fact,/ emotional contagion can be broader still.//

その上「感情の伝染」はより広範囲でも起こり得ます

Like we could have punctuated expressions of anger,/ as in riots.//

暴動のような 断続的に起こる怒りの表現のようなものがそうです

The question/ that we wanted to ask/ was:/ Could/ emotion spread,/ in a more sustained way/ than riots,/ across time/ and involve large numbers of people,/ not just this pair of individuals/ smiling at each other/ in the subway car?//

私たちが知りたかったのは 暴動などのケースより持続的な方法で 感情が時とともに広がることができるのかということです そして地下鉄の車両でほほ笑み合う二人だけでなく もっと多くの人の間で広がることができるのでしょうか?

Maybe/ there's a kind of below the surface,/ quiet riot/ that animates us/ all the time.//

表面下の静かな暴動のようなものがあって 私たちを常に活気づけているのかもしれません

Maybe/ there are emotional stampedes/ that ripple through social networks.//

また 感情の集団暴走が社会的ネットワーク上で 波紋のように広がっているのかもしれません

もしかすると感情は実際に集合的な存在で 個人的な存在だけではないかもしれません

And this is one of the first images/ we made to study/ this phenomenon.//

この現象を研究するために作った最初のイメージのひとつがこれです

Again,/ a social network,/ but now/ we color/ the people yellow/ if they're happy and blue/ if they're sad and green/ in between.//

これも社会的ネットワークですが 今度は幸せな人だったら黄色に 悲しんでいる人は青 その中間は緑にしました

And/ if you look at this image,/ you can right away see clusters of happy and unhappy people,/ again,/ spreading to three degrees of separation.//

この画像を見ればすぐに 幸せな人と不幸せな人の集団があるのがわかります ここでも3人分の距離をおいてて広がっています

And you might form the intuition/ that the unhappy people occupy a different structural location/ within the network.//

そして直感的にわかるでしょうが 不幸せな人たちは ネットワーク構造上で異なった位置を占めています

There's a middle and an edge/ to this network,/ and the unhappy people seem to be located at the edges.//

このネットワークには真ん中と端がありますが 不幸せな人たちは 端のほうに位置する傾向にあります

So to invoke another metaphor,/ if you imagine social networks/ as a kind of vast fabric of humanity --/ I'm connected to you and you/ to her,/ on out endlessly/ into the distance --/ this fabric is actually like an old-fashioned American quilt,/ and it has patches/ on it:/ happy and unhappy patches.//

別の比喩に例えると 社会的ネットワークを 巨大な人類の構造のようなものだと想像すると 私はあなたとつながっていて あなたは彼女とつながっている というように限りなく遠くまでつながっていきます この構造は昔ながらのアメリカンキルトのように 幸せな布切れと不幸せな布切れが継ぎ合わせられていて

And/ whether you become happy/ or not depends in part/ on whether you occupy a happy patch.//

その人が幸せになるかどうかは 幸せなほうの布切れにいるかどうかにもよるのです

(笑い)

So,/ this work/ with emotions,/ which are so fundamental,/ then got us/ to thinking about:/ Maybe/ the fundamental causes of human social networks are somehow encoded in our genes.//

この感情についての研究は とても基本的なものですが 人間が社会的ネットワークを形成する根本的な理由は 遺伝子の中にコードされているのではないかと 考えるきっかけになりました

Because human social networks,/ whenever they are mapped,/ always kind of look/ like this:/ the picture of the network.//

なぜなら人間の社会的ネットワークを図にすると いつも同じように見え この図のような形をしているからです

But they never look like this.//

決してこのようにはなりません

Why do they not look like this?//

なぜこの図のようにはならないのでしょう?

Why don't we form human social networks/ that look like a regular lattice?//

なぜ私たちは規則的な格子型の 社会的ネットワークを形成しないのでしょうか?

Well,/ the striking patterns of human social networks,/ their ubiquity/ and their apparent purpose beg questions/ about whether we evolved to have/ human social networks/ in the first place,/ and/ whether we evolved to form/ networks/ with a particular structure.//

人間の社会的ネットワークの印象的なパターンと その普遍性そして明らかな意図は 私たちはそもそも最初から 社会的ネットワークを持つように進化してきたのではないか ある特定の構造を形成するように進化してきたのではないか という疑問を私たちに投げかけます

And notice first of all --/ so,/ to understand this,/ though,/ we need to dissect/ network structure/ a little bit first --/ and notice/ that every person/ in this network has exactly the same structural location/ as every other person.//

しかしこれを理解するためにはまず ネットワークの構造を詳細に調べなければなりません このネットワーク上の人は だれもがみな同じ構造位置にあることに注目してください

But that's not the case/ with real networks.//

しかし実際のネットワークではそんなことはありません

So,/ for example,/ here is a real network of college students/ at an elite northeastern university.//

例えばこれは現実に存在する アメリカ北東部のエリート大学の学生のネットワークです

And now/ I'm highlighting/ a few dots.//

いくつかの点がハイライトしてあります

If you look here/ at the dots,/ compare node B/ in the upper left/ to node D/ in the far right;/ B has four friends/ coming out/ from him and D has six friends/ coming out/ from him.//

点を見て 左上にいるBと 右端にいるDを比べてください Bは4人の友だちとつながっています そしてDは6人の友達とつながっています

And so,/ those two individuals have different numbers of friends.//

つまりこの2人には違った人数の友達がいます

That's very obvious,/ we/ all know that.//

でもこれは誰もがわかりきったことですね

But certain other aspects of social network structure are not so obvious.//

しかし社会的ネットワークには そこまで明白ではない側面もあります

Compare node B/ in the upper left/ to node A/ in the lower left.//

左上のBと左下のAを比べてください

Now,/ those people both have four friends,/ but A's friends all know each other,/ and B's friends do not.//

この2人にはともに4人の友達がいますが Aの友達はみなお互い知り合いです しかしBの友達はお互いを知りません

So/ the friend of a friend of A's is,/ back again,/ a friend of A's,/ whereas the friend of a friend of B's is not a friend of B's,/ but is farther away/ in the network.//

つまりAの友達の友達は Aとも友達ですが Bの友達の友達はBとは友達ではなくて ネットワーク上ではBからより離れたところにいます

This is known as transitivity/ in networks.//

これはネットワークの他動性と呼ばれます

And,/ finally,/ compare nodes C and D : C and D/ both have six friends.//

そして最後にCとDを比べてください CとDはともに友達が6人います

If you talk to them,/ and you said,/ "What is your social life like?"//

この2人に「どんな社会生活を送っていますか?」と聞いたら

they would say,/ "I've got six friends.//

2人とも「友達が6人います

That's my social experience."//

それが私の社会生活です」と答えるでしょう

But now/ we,/ with a bird's eye view/ looking at this network,/ can see/ that they occupy very different social worlds.//

しかしこのネットワークを一望すると この2人はかなり異なった社会にいることがわかります

And I can cultivate that intuition/ in you/ by just/ asking you:/ Who would you rather be/ if a deadly germ was spreading through the network?//

こう聞けばみなさんは直感で理解できるでしょう もし致死性の病原菌が ネットワーク上に広がったとしたら

Would you rather be C or D?//

みなさんはCとDのどちらになりたいですか?

You'd rather be D,/ on the edge of the network.//

ネットワークの端にいるDになりたいでしょう

And now/ who would/ you rather be/ if a juicy piece of gossip --/ not about you --/ was spreading through the network?// (Laughter) Now,/ you would rather be C.//

では もし自分以外の人の おいしいうわさ話が ネットワーク上で広まっているとしたら? この場合はCになりたいですね

So different structural locations have different implications/ for your life.//

つまり異なった構造位置にいることは 自分の人生に違った意味合いを持ってくるのです

And,/ in fact,/ when we did some experiments/ looking at this,/ what we found/ is/ that 46 percent of the variation/ in how many friends/ you have is explained by your genes.//

これに関する実験をいくつか行いましたが 友達の人数の幅の46%は 実際その人の遺伝子によって決まる ということがわかりました

And this is not surprising.// We know/ that some people are born shy/ and some are born gregarious.// That's obvious.//

しかしこれはさほど驚くようなことではありません 生まれつき恥ずかしがり屋の人もいれば

But we also found some non-obvious things.//

社交的な人もいることは周知の通りです

For instance,/47 percent/ in the variation/ in whether your friends know/ each other is attributable/ to your genes.//

しかし意外なことも分かりました 例えば自分の友達2人がお互い知り合いかどうかの 47%も遺伝子に左右されるのです

Whether your friends know/ each other has not just to do with their genes, but/ with yours.//

自分の友達がお互い知り合いかどうかは 友達の遺伝子だけでなく自分自身の遺伝子にもよるのです

And we think the reason/ for this is/ that some people like to introduce/ their friends/ to each other --/ you know/ who you are --/ and others of you keep them apart/ and don't introduce your friends/ to each other.//

これは自分の友達同士を紹介するのが好きな人もいれば それぞれの友達の間に距離を設けて 友達同士を合わせない人もいるからでしょう

And so/ some people knit together/ the networks/ around them,/ creating a kind of dense web of ties/ in which they're comfortably embedded.//

さらにネットワークを自分の周りに編むようにして 沢山の繋がりを張りめぐらせ そこに快適に腰を据える人もいます

And finally,/ we even found/ that 30 percent of the variation/ in whether or not people are in the middle/ or/ on the edge of the network can also be attributed to their genes.//

そして最後に 人がネットワークの真ん中にいるか 30%も 遺伝子のせいだということもわかりました

So whether you find yourself/ in the middle/ or/ on the edge is also partially heritable.//

自分がネットワークの真ん中にいるか端にいるかも 一部は遺伝なのです

Now,/ what is the point of this?//

ではこれは何を意味するのでしょうか?

How does this help/ us understand?//

世の中を理解するうえでどう役立つのでしょう?

How does this help/ us figure out/ some of the problems/ that are affecting us these days?//

現在私たちが抱えている問題を解決するにあたって どのように役に立ってくれるのでしょうか?

Well,/ the argument/ I'd like to make/ is/ that networks have value.//

私が言いたいのはネットワークには価値があるということです

They are a kind of social capital.//

一種の社会資本と言えます

New properties emerge because of our embeddedness/ in social networks,/ and these properties inhere in the structure of the networks,/ not just/ in the individuals/ within them.//

私たちが社会的ネットワークに組み込まれることによって 新しい特性が生まれます そしてその特性は ネットワーク内の個人だけでなく ネットワークの構造自体にも備わっているものなのです

So think about these two common objects.//

共通点を持つこの2つの物体について考えてみてください

They're both made of carbon,/ and yet one of them has carbon atoms/ in it/ that are arranged in one particular way --/ on the left --/ and you get graphite,/ which is soft and dark.//

2つとも炭素からできていますが 左の物体は炭素原子がある一定の方法で 並べられています やわらかくて黒い黒鉛です

But/ if you take the same carbon atoms/ and interconnect them/ a different way,/ you get diamond,/ which is clear/ and hard.//

しかし同じ炭素原子を 異なる方法で連結させると 透明で硬いダイヤモンドになります

And those properties of softness and hardness and darkness and clearness do not reside in the carbon atoms;/ they reside in the interconnections/ between the carbon atoms,/ or at least arise because of the interconnections/ between the carbon atoms.//

やわらかさ 硬さ 暗さ 透明さなどという性質は 炭素原子の中に備わっているのではありません それらは炭素原子同士の連結に存在するのです 少なくとも炭素原子の結合によって現れるのだと 言うことができるでしょう

So,/ similarly,/ the pattern of connections/ among people confers upon the groups of people/ different properties.//

同じように人と人の関係のパターンも その集団に さまざまな性質をもたらすのです

It is the ties/ between people/ that makes the whole greater/ than the sum of its parts.//

人と人の結びつきが 全体を単なる個々の合計よりも大きくするのです

And so/ it is not just/ what's happening to these people --/ whether they're losing/ weight/ or gaining weight,/ or becoming rich/ or becoming poor,/ or becoming happy/ or not becoming happy --/ that affects us;/ it's also/ the actual architecture of the ties/ around us.//

周りの人に何が起こっているかということだけではないのです 痩せた 太った お金持ちになった 貧乏になった 幸せになった 不幸せになったというだけでなく 自分たちを取り囲む人間関係の 構造自体にも私たちは影響されているのです

Our experience of the world depends on the actual structure of the networks/ in which we're residing/ and on all the kinds of things/ that ripple and flow through the network.//

私たちがこの世界で経験することは 自分が存在するネットワークの 実際の構造と ネットワーク上を波紋のように広がって行きかう すべての物事によって大きく変わってくるのです

Now,/ the reason,/ I think,/ that this is the case is/ that human beings assemble themselves/ and form a kind of superorganism.//

これが事実だと思うのは 人間はお互いに集まって 一種の超個体を形成するからです

Now,/ a superorganism is a collection of individuals/ which show or evince behaviors or phenomena/ that are not reducible/ to the study of individuals/ and that must be understood by reference/ to,/ and by studying,/ the collective.//

超個体は多数の個体が集まって形成された集団のことで 個体レベルで研究しても理解できない 行動や現象を見せるため 集合体として扱い 研究して理解する必要があります

Like,/ for example,/ a hive of bees/ that's finding a new nesting site,/ or a flock of birds/ that's evading a predator,/ or a flock of birds/ that's able/ to pool its wisdom and navigate/ and find a tiny speck of an island/ in the middle of the Pacific,/ or a pack of wolves/ that's able/ to bring down/ larger prey.//

例えば新しく巣を作る場所を探している ハチの群れや 敵を回避しようとしている鳥の群れや 知恵を結集して太平洋の真ん中にある ごく小さな島をめざし 飛行できる鳥の一群 そして 自分よりも大きい獲物をしとめることができる オオカミの群れなど

Superorganisms have properties/ that can not be understood just/ by studying the individuals.//

超個体には個々を研究するだけでは 理解できない性質があるのです

I think understanding/ social networks/ and how they form and operate can help us understand not just health and emotions but all kinds of other phenomena --/ like crime,/ and warfare,/ and economic phenomena/ like bank runs and market crashes and the adoption of innovation and the spread of product adoption.//

社会的ネットワークがどのようにして形成され 作用するのかを理解することは 健康や感情についての理解を深めるのに役立つだけでなく 他の様々な現象で例えば 犯罪や福祉 銀行への取り付け騒動や 市場の暴落などの経済現象 新しいアイデアの導入や 商品採用の展開などを理解する上でも役立ちます

Now,/ look at this.//

これをみてください

I think/ we form social networks/ because the benefits of a connected life outweigh the costs.//

私たちが社会的ネットワークを形成するのは 人間関係から得られる利益が それを得るためのコストをはるかに上回るからだと思います

If I was always violent/ towards you/ or gave you/ misinformation/ or made you sad/ or infected you/ with deadly germs,/ you would cut the ties/ to me,/ and the network would disintegrate.//

もし私がみなさんに対していつも暴力的だったり デマを流したり 悲しませたり 致死性の病原菌を伝染したりしたら 皆さんは私との関係を切ろうとするでしょう そしてネットワークは崩壊してしまうでしょう

So the spread of good and valuable things is required to sustain and nourish social networks.//

つまり社会的ネットワークを維持しさらに発展させるためには 善と価値あるものを広めることが必要なのです

Similarly,/ social networks are required for the spread of good and valuable things,/ like love and kindness and happiness and altruism and ideas.//

同じように社会的ネットワークは ためになり価値のあるものを広げるために必要でもあるのです 例えば 愛や優しさ 幸福や利他精神 そしてアイデアです

I think,/ in fact,/ that if we realized/ how valuable social networks are,/ we'd spend a lot/ more time/ nourishing them/ and sustaining them,/ because I think/ social networks are fundamentally related to goodness.//

実際 もし私たちがみな 社会的ネットワークがどんなに価値のあるものかに気づけば これを発展し維持するためにもっと多くの時間を費やすでしょう なぜなら社会的ネットワークは 根本的に善と結びついているからです

And what I think/ the world needs now is more connections.//

そしてこの世界が今必要としているのは より多くのつながりだと思うのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

hospice

(特に僧院に付属している参拝者・巡礼者の)宿泊所

(病人・貧困者などの)収容所

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Chicago

『シカゴ』(『I』Illinois州にある米国の大都市)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

terminal

『終りの』,末端の

毎期の,定期の;学期末の

『死に至る』,

末端

(電池の)端子

(町の中心に近い)空港バス発着場;(一般に,鉄道・バスの)終点,終着駅

illness

(心身の)『病気』,不健康

lab

実験室(laboratory)

widower

妻を失った男,男やもめ

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

social science

社会科学(歴史・経済学・政治学・社会学・人類学など)

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

dementia

(医学的な)痴呆(ちほう)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

exhaust

《しばしば受動態で》(…で)〈人〉‘を'『疲れ果てさせる』,消耗させる《+『名』〈人〉+『by』(『from, with』)+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》〈蓄え・体力など〉‘を'『使い果たす』

…‘を'研究し尽くす,論じ尽くす

(…から)〈空気・水・ガスなど〉‘を'抜き出す,からにする《+『名』+『from』+『名』》

(空気・水・ガスなどを)…‘から'抜き出す《+『名』+『of』+『名』》

〈U〉(エンジンなどからの)排気

(またexhaust gas, exhaust fumes)〈U〉排気ガス

(またexhaust pipe)〈C〉排気管

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

exhaustion

(資源・精力などを)使い果たすこと,(…の)枯渇《+『of』+『名』》

極度の疲労

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

depress

…‘の'『元気をなくさせる』,‘を'落胆させる

〈力・活動など〉‘を'弱める,衰えさせる

…‘を'押し下げる,下へ押す

〈相場・市場など〉‘を'下落させる,不景気にする

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

suddenly

『突然に』,だしぬけに

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

widowhood

未亡人の状態(である間)

restricted

(特定の範囲に)制限された,限られた(limited)

wives

wife の複数形

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

foursome

フォーサム(ゴルフで4人が2組に分かれて行う競技)

4人組,四つ組

nearby

《名詞の前にのみ用いて》すぐ近くの,そばの(close by)

《名詞・動詞の後に用いて》近くに

《前置詞的に》…の近くの(に)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

spousal

《古》結婚式

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

completely

『完全に』,全く,十分に

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

lives

lifeの複数形

intricate

(構造・模様など)こみ入った

分かりにくい

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

elaborate

『入念な』,手の込んだ

…‘を'念入りに仕上げる,練り上げる

(…について)詳細に述べる《+『on』(『upon, about』)+『名』(do『ing』)》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

ubiquitous

《文》同時にいたる所に存在する,偏在する

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

obesity

肥満

trendy

流行の,はやりの,いきな

流行を追う人

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

initial

『最初の』;語頭にある

(語の)最初の文字

《複数形で》(姓名の)『かしら文字』,イニシアル

…‘に'かしら文字で署名する(印をつける)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

proportional

比例の,比例による;(…と)比例として《+『to』+『名』》

釣り合った,調和した;(…に)釣り合った《+『to』+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

index

(本・雑誌などの)『索引』;図書目録

指し示すもの,印

(計器などの)指針

指数・虜

《the I-》(カトック教会の)禁所目録

〈本など〉‘に'索引をつける

〈語など〉‘を'索引に載せる

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

obese

でっぷり太った

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

importantly

重要性をもって;もったいぶって

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

y-axis

(グラフの)y軸,縦軸

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

probability

〈U〉『ありそうなこと』,起こりそうなこと,見込み,公算(likelihood)

〈C〉ありそうな(起こりそうな)事件(結果)

〈U〉(数学で)確率;(哲学で)蓋然(がいぜん)性

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

theirs

『彼らのもの』,彼女らのもの,それらのもの

《of theirs の形で》『彼らの』

x-axis

(グラフの)x軸,横軸

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

purple

〈U〉『紫色』

〈U〉(特に,昔の王家や高位の人がつけた)紫布,紫衣

《the ~》王位,高位

『紫色の』

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

higher

highの比較級

《名詞の前にのみ用いて》高等な,高度の;上級の

highの比較級

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

probably

『たぶん』,『おそらく』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

induction

〈C〉《米》募兵

〈C〉(聖職・公職などへの)就任,就任式

〈U〉〈C〉(…を)引き起こすこと《+『to』+『名』》

〈U〉(電気の)誘導

〈U〉〈C〉(論理学・数学で)帰納,帰納法

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

flock

〈C〉(同一種の動物,特に羊,ヤギ,鳥などの)『群れ』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『群衆』,大勢(の…)《+『of』+『名』》

《集合的に》全キリスト教徒;キリスト教会;(牧師に対してその)教会員,会衆

『群がる』;群れをなして来る(行く)

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

confound

〈情況など〉'を'『混乱させる』,〈人〉'を'困惑させる,面くらわせる

(…と)…'を'『混同する』《+『名』+『with』+『名』》

〈計画・希望・敵など〉'を'破る,くじく(defeat)

《遠回しに腹立たしさなどを表して》〈神〉が…'を'地獄に落とす

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

datum

dataの単数形

既知の事実

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

muffin

マッフィン

《英》円形の軽焼きパン;熱いうちにバターを付けて食べる(《米》English muffin)

《米》バターを付けて食べるロール(カップ)ケーキ

beer

〈U〉『ビール』;〈C〉コップ1派(びん1本)のビール

〈C〉発酵性飲料(アルコール分の有無に関係ない)

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

laughter

『笑い』,笑い声

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

acceptable

受け入れられる,認められる;人に喜ばれる

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

field day

軍隊の野外演習日

《話》大いに楽しめる日

《特に米》運動会の日

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

justify

〈人の行為・話など〉‘を'『正当化する』,弁明する

prejudice

〈U〉〈C〉(…に対する不当な)『先入観』,『偏見』《+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に好意的な)先入観,えこひいき《+『in favor of』+『名』》

〈U〉不利益,損害

(…に対して)…‘に'(不当な)『先入観』(『偏見』)『を抱かせる』《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に対して)…‘に'(好意的な)先入観を抱かせる《+『名』+『in favor of』+『名』,+『名』+『in』 one's 『favor』》

〈立場,見込みなど〉‘を'損なう,だいなしにする

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

complicate

…'を'複雑にする

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

consistency

〈U〉(言南・匡理などの)一致,一貫性

〈U〉〈C〉(特に液体の)濃度,濃さ;(物質の)堅さ,ねばり

persist

(困難・障害に屈せず)『あくまでも続ける』(『やり抜く』),がん張る,固執する

『存続する』,生き残る

resilience

はね返り;弾力[性]

(病気や不幸などからの)回復

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

microscope

『顕微鏡』

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

phenomena

phenomenonの複数形

smoking

煙ること

喫煙

drinking

飲むこと

(特に過度の)飲酒

altruism

利他(愛他)主義

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

contagion

〈U〉接触伝染,感染

〈C〉接触伝染病

〈U〉〈C〉(思想・感情などの)伝染《+『of』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

primitive

『原始の』,太古の

原始的な,そぼくな;古風な,旧式な

原始人

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

accustom

(…に)〈人・自分・動物〉'を'『慣らす』,習慣づける《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

subway

《米》『地下鉄』(《英》underground, tube)

地下道(underpass)

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

instinctively

本能的に

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

instinctive

本能的な,天性の

briefly

手短に,簡単に

transmit

〈手紙・品物など〉‘を'送る,(ある人・場所・物から他へ)…‘を'伝える,移す

(相続・遺伝などによって子孫に)〈財産・性質など〉‘を'伝える《+名+to+名》

(媒介によって)〈光・熱・音・力など〉‘を'伝える,伝導する;〈ラジオ・テレビなどの内容〉‘を'放送する,〈信号など〉‘を'送信する

punctuate

〈文など〉‘に'『句読点をつける』

(…で)…‘を'ときどき中断する《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)〈言葉など〉‘を'強調する《+『名』+『with』+『名』》

句読点をつける

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

riot

〈C〉『暴動』,騒動;騒擾(そうじょう)

《a~》(色・音などの)『多彩』,はなやかさ;(感情・想像などの)ほとばしり,奔放《+『of』+『名』》

〈C〉《話》非常に愉快な(おもしろい)人(事,物)

暴動(騒動)に加わる,暴動を起こす

(…に)ふける,おぼれる《+『in』+『名』(do『ing』)》

sustained

持続した,一様の

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

animate

…‘に'生命を吹き込む,生命を与える

…'を'活気づける,生き生きさせる

…'を'励ます;…‘に'駆りたてる

生きた,生命のある(living)

生気に満ちた,活気のある(vigorous)

stampede

(動物の群れが)驚いてどっと逃げること

(群衆・暴徒が)なだれを打って逃げだすこと;どっと押し寄せること,殺到

どっと逃げ出す,殺到する

…‘を'どっと逃げ出させる

ripple

『さざ波』,小波

波形;(頭髪の)ウエーブ

さざ波の[ような]音

さざ波を立てる;さざ波状になる;小さく波打つ

さざ波のような音を立てる

…‘に'さざ波を立てる,‘を'小さく波打たせる

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

unhappy

『悲しい』,気の滅入る

(物事が)不幸な,不運な,みじめな

(物事が)適切でない,適当でない,まずい

intuition

〈U〉直観[力],直覚[力]

〈C〉直観的洞察(知識)

occupy

〈場所・空間〉‘を'『占める』,ふさぐ;〈時間〉‘を'とる,占める

〈地位〉‘を'占める

〈軍隊〉…‘を'占領する,占拒する

(ある時間)…‘に'居る

《受動態で,またはoneselfを目的にして》(…で)〈人〉‘の'時間をとる,‘を'手いっぱいにさせる《+『名』+『by』(『with, in』)+『名』(do『ing』)》

structural

構造[上]の,構成[上]の,組織[上]の

建築[用]の

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

locate

…‘の'『位置(場所)を突きとめる』,示す

(ある位置・場所に)…‘を'『置く』,設立する《+『名』+『in』(『on』,『at』)+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》

(…に)居住する,落ち着く

invoke

(救いを求めて)〈神〉‘に'呼びかける,祈願する

…‘を'懇願する

〈悪魔など〉‘を'呼び出す

〈法律など〉‘に'訴える

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

old-fashioned

『旧式の』,流行遅れの(out-of-date)

昔風の,昔かたぎの

オールドファッションド(カクテルの一種)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

quilt

キルト(鳥の綿毛を入れて刺し子に縫った掛けぶとん)

…‘を'刺し子に縫う

キルトを作る

patch

(補修・補強のための)『つぎ当て』;当て布;当て板,当て金;(アップリケで縫いつけた)布切れ

(傷口などを覆う)『傷当て』

(色などが周囲と区別できる)(…の)まだら,班点;断片,破片《+『of』+『名』》

小さな地面(畑)

(補修・補強のために)…‘に'『つぎ当てる』;(装飾のために)…‘に'当て布をする

…‘を'つぎ合わせて作る

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

encode

…‘を'暗号化する

gene

遺伝子

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

lattice

格子(こうし)

格子窓,格子の戸(門)

…‘を'格子模様(造り)にする

…‘に'格子を取り付ける

striking

人目につく,目立つ,印象的な

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

ubiquity

同時にいたる所に存在すること,偏在

apparent

『明白な』,はっきりした

『外見上の』,見かけの,うわべの

beg

(…に)〈食物・衣服・金銭など〉'を'『くださいと頼む』,〈恩恵・許しなど〉'を'懇願する(ask for)《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

〈人〉‘に'『懇願する』,熱心に頼む

『施しを請う』;こじきをする

(…を)『熱心に頼む』,懇願する

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

dissect

(実験・研究などで)〈人体・動植物など〉‘を'解剖する

…‘を'細かく調べる,分析する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

elite

《the ~》《複数扱い》えり扱きの人々,エリート,精鋭

〈U〉エリート活字

northeastern

北東の;北東へ向かう

北東からの

北東部得典の

highlight

(絵画・写真などの)最も明るい部分,ハイライト

(事件・勝負・ニュースなどの)最も目立つ部長,最高潮の場面,呼び物

〈絵画・写真などの部分〉‘に'ハイライトを置く,…‘を'最も明るくする

…‘を'強調する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

farther

(距離的に)『さらに遠く』,もっと先に

(程度が)さらに,それ以上に

(距離的に)『さらに遠い』,もっと先の

(程度が)その上の,それ以上の

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

cultivate

〈土地〉'を'『耕す』;〈作物〉'を'『栽培する』;〈魚など〉'を'養殖する

…'を'『教化する』,養成する,育成する

…'を'得ようとする

deadly

『致命的な』,命にかかわる(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》殺そう(滅ぼそう)とねらっている;生かしておけない

《名詞の前にのみ用いて》死(死人)のような

《名詞の前にのみ用いて》はなはだしい,過度の

耐えられないほど退屈な

『死んだように』,死人のように

はなはだしく,びどく(extremely)

germ

細菌,ばい菌

(植物の)胚(はい),幼芽;(動物の)卵子

原因;(発達の)初期

juicy

(果物などが)汁の多い

《話》(スキャンダルなどが)興味しんしんの

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

gossip

(特に他人の私事についての)『うわさ話』

〈U〉(新聞などの)ゴシップ,閑話

〈C〉うわさ話の好きな人,おしゃべりな人

(他人の私事などについて…と)『うわさ話をする』,むだ話をする《+『about』+『名』(do『ing』)+『with』+『名』》

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

shy

(人が)『恥ずかしがり屋の』,内気な;(態度などが)恥ずかしそうな,引っ込み思案の・(動物が)『おく病な』,びくびくする・《補語にのみ用いて》(…を)用心する,警戒する,ためらう,いやがる《+『of』+『名』(do『ing』)》・《補語にのみ用いて》《米語》(…が)足りない,欠けている(short)《+『of』+『名』》・(…に)〈馬が〉驚いて(おびえて)後ずさりする《+『at』+『名』》;(…から)しりごみする(…に)おじける《《+『away』『from』+『名』(do『ing』)》

gregarious

(動物が)群居性の;(植物が)群生の

社交的な,社交好きの

attributable

(原因などが)(…の)せいにできる,(…に)起因する;(…に)備わった;(…の)作と考えられる《+『to』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

knit

〈織物・服など〉‘を'『編む』

…‘を'しっかりと組み合わせる《+『名』+『together,』+『together』+『名』》

〈まゆ〉‘を'寄せる,しかめる

『編物をする』

しっかりと組み合わさる

メリヤス生地;〈C〉編んで作った衣類,メリヤス衣類

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

comfortably

『ここちよく』,気楽に,なに不自由なく

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

partially

部分的に,一部分

不公平に,偏って

heritable

(財産など)相続できる

(病気・性格が)遺伝性の

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

property

動産

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

inhere

〈性質などが〉(…に)固有のものとしてある《+『in』+『名』》

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

graphite

黒鉛,石墨

soft

(押されて形を変えるほど)『柔らかい』

(木材・金属などが,同種の中で比較的)『柔らかい』

(斤ざわりの)なめらかな,すべすべした

(声・音が)穏やかな,低い,静かな

(見た目に)どぎつくない,落ち着いた

(天候・気候が)穏やかな,温和な

(心・言動が)優しい,もの柔らかな

(体または精神などが)軟弱な,虚弱な

(市況・相場が)弱気の,下がり気味の

(水が)軟性の

(水音が)軟音の

アルコール分を含まない

柔らかに

静かに

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

diamond

『ダイヤモンド』,ダイヤ,金剛石

ガラス切り

菱(ひし)形[のもの]

(カードの)ダイヤの札

(野球の)内野;野球場

ダイヤモンド製の;ダイヤモンド入りの

ダイヤモンド形の

ダイヤモンド記念の(結婚記念日などが75回目,または60回目)

softness

柔らかさ

温和

静かさ;弱さ

hardness

(物の)堅さ,強度;(水の)硬度

困難,難しさ

厳しさ,冷酷

darkness

『暗さ』,『やみ』

徳黒さ

無知,無学

邪悪,腹黒さ

不明りょう,あいまいさ

clearness

明白さ,明快さ,明確さ

透明

reside

(…に)『住む』,居住する《+『at』(『in』)+『名』》

〈権力・権利などが〉(…に)『ある』,『存在する』《+『in』+『名』》

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

confer

(同僚・弁護士などと…について)『相談する』,協議する《+『with』+『名』+『on』(『about, over』)+『名』(do『ing』)》

(…に)〈爵位・勲章・恩恵など〉'を'与える,授ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《廃》比較する(《略》『cf.』)

upon

『…の上に』

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

human being

人,人間

assemble

(ある目的で)〈人・物〉'を'『集める』,集合させる

(部品を集めて)〈機械など〉'を'『組み立てる』

…'を'整とんする,きちんと並べる

(人が)集まる,会合する(meet)

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

evince

〈感情・才能など〉‘を'はっきり表す,明らかに示す

reducible

縮小(減少)できる,弱められる

(化合物が)還元できる

(数式が)約分できる

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

hive

ミツバチの巣箱

巣箱に住む一群のミツバチ

人のおおぜい忙しく集まる所;がやがや集まっている群衆

〈ミツバチ〉‘を'巣箱に入れる

〈みつ〉‘を'蓄える

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

nest

(鳥・昆虫・魚類・小動物などの)『巣』,巣穴

《集合的に》巣の中の鳥(動物など),(昆虫などの)群れ

居ごこちよい場所,落ちつける場所

(犯罪などの)温床;(悪党などの)巣窟(そうくつ)

(入れ子式・重箱式などになった物の)一組,一そろい《+『of』+『名』》

巣を作る,巣ごもる

…‘を'巣に入れる

(巣に入れるように)…‘を'すっぽり収める

…‘を'入れ子式にする,重ね合わせる

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

evade

…‘を'うまく避ける(逃げる)

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

speck

『しみ』汚点

《否定文で》(…の)小片,みじん《+『of』+『名』》

…‘に'しみをつける

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

wolf

〈C〉『オオカミ』

〈U〉オオカミの毛皮

〈C〉(オオカミのようにひどく)どん欲な人,残忍な人

〈C〉女たらし,色魔

(オオカミのように)…‘を'がつがつ食う,むさぼり食う《+down+名,+名+down》

prey

〈U〉(肉食獣・鳥の)『えじき』

〈C〉《単数形で》《比喩(ひゆ)的に》(…の)えじき(儀牲)となる人(物)《+『of』(『to』,『for』 )+『名』》

〈U〉(動物・鳥が)肉食をかること;肉食の習性

〈獣などが〉獲物をあさる;(…を)えじきにする《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉(…を)えじきにする《+『on』(『upon』)+『名』》

〈物事が〉(心を)苦しめる,さいなむ《+『on』(『upon』)+『名』》

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

warfare

『戦争』,交戦状態,戦争行為

『争い』,闘争

economic

『経済の』

『経済学の』

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

crash

『ガラガラ』,『ドシン』(物が倒れたり砕けたりするときの音)

(飛行機の)『墜落』;(車の)『衝突』

(事業・相場などの)崩壊,破産

『ガチャン』(『ドシン』,『ガラガラ』)『と大きな音をたてる』

(…に)ガチャン(ドシン)と衝突する《+『into』(『against』)+『名』》

大きな音をたてて動く

〈飛行機が〉墜落する

〈事業などが〉つぶれる

(…にぶつけて)…'を'『ガチャン』(ドシン),『ガラガラ』)『と壊す』《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》

〈飛行機・車など〉'を'衝突させる

《話》(またgatecrash)(招待状・切符なしで)…‘に'押し掛ける・もぐり込む

応急の

adoption

(考え・方法・規則・法案などの)採用,採択《+『of』+『名』》

養子縁組

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

outweigh

…‘より'重い

…‘より'重要である,価値がある

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

towards

toward

misinformation

間違った情報

infect

〈病気が〉…‘に'『感染する』;(病気を)…‘に'感染させる,すつす《+『名』+『with』+『名』〈病気〉》

…‘に'『影響を及ぼす』

disintegrate

〈物〉‘を'崩れる,崩壊する

〈原子核が〉崩壊する

〈物〉‘を'崩す,崩壊させる

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

sustain

…‘を'『持続する』,続けてする

〈人〉‘を'『元気づける』

〈家族など〉‘を'『養う』

《文》(物が下から)…‘を'『支える』

〈損害・傷害など〉‘を'『受ける』,こうむる

〈苦難など〉‘に'耐える,耐え抜く

(法的に)…‘を'認める

…‘を'立証する,確証する

nourish

…‘を'『養う』;…‘に'栄養を与える

…‘を'発展させる,助長する

(心に)〈ある感情〉‘を'『抱く』《+『名』+『in』+『名』》

kindness

〈U〉『親切』,思いやり,情け深さ

〈C〉(…に対する)『親切な行い』《+『to』+『名』》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

fundamentally

基本的に;本質的に

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画