TED日本語 - ステフォン・ハリス: バンドスタンドではミスなんてない

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ミスって何でしょう?ステフォン・ハリスは、彼のジャズカルテットが即興で奏でる音楽を例に挙げて話し、私たちを意味深い真実へと導いてくれます。つまり、多くの行動が「誤り」と捉えられますが、その唯一の原因は私たちがその「誤り」に上手く対応していないことによるのです。

Script

さて 何を演奏しましょうかね? 実は演奏が始まってみないと分からないのです ここで演奏するとは思ってもいませんでした では成り行きにまかせることにします

(音楽)

(拍手)

メンバーをご紹介しましょう ドラムのジャマイア・ウィリアムズ

(拍手) ベースのバーニス・トラビス (拍手) そしてピアノのクリス・サンズです (拍手)

「バンドスタンド」と呼んでいますが ステージはすごく神聖で 素晴らしい空間です 神聖な理由の1つとして 未来や過去について考える機会の喪失が 挙げられます 今 --まさにこの瞬間-- が大切なのです バンドスタンドに上がるとき いくつもの意思決定がされます どんな音色を奏でるかは決めていませんでした 演奏の途中で私たちは 自分らを 『Titi Boom』という曲に導きました そんなこともあったり なかったり・・・ 皆さんが聴いてくれるのでそれに応えます 考えている暇などありません

ミスという概念がありますが ジャズ演奏家の観点からすれば 他の職業のミスはより明白なものです バンドスタンド上での誤りの受け止め方は そもそも誤りをミスと捉えないんです 唯一のミスと言えば 他人の演奏を 受け入れられないことです ジャズでは全てのミスがチャンスなので 外れた音というものを 説明することすら困難です

例えば 私好みで音色を奏でるなら こんな感じの音になります (音楽) クリスが「ファ」の音を叩くと・・・ (音楽) ほらね どちらも正しい音色なんです 次に「ミ」を叩いてみると・・・ 感情の中の世界では 全ての音が正しいものなのです ところが「ファ#」をならしてみると・・・ (不協和音) 大半の人はこの音をミスと捉えます

それでは少し実験してみましょう 演奏途中でクリスが 先ほどの外れた音を入れます ですが私たちは反応しません 彼が耳障りな音を入れたら 演奏を中止して 少し話をしますね ではどうなるか見てみましょう

(音楽)

今の一節を概念的にミスだと捉えた方もいるでしょう 唯一ミスと捉えて差支えない点は 反応しなかったということです チャンスを逃してしまったのです チャンスは突然巡ってきます もう一度演奏しますが 今度は不協和音に反応したいと思います みんなでクリスの考えを受け入れます できればの話ですけど

(音楽)

クリスの音を聞いて そこからメロディを創りました ドラムの響きは変わっていました あの音に反応したことで リズム感が増して 少しばかり情熱的な音楽になりました 演奏自体にミスはありません 唯一のミスと言えば 私を含め 音楽家の一人ひとりが メンバーの考えを受け入れず 創造性を認めないことです

ジャズやバンドスタンドは本当に素晴らしいです とてもクリアな経験なんです とても特別な経験だと言わせてください バンドスタンドで演奏できて本当に幸せです さて これが行動ファイナンスとどう関係するのでしょうか? まあ 私たちはジャズ音楽家なので お察しの通り 全然関係ないですよね

(笑)

とにかく ミスの対処法について指摘したかったんです もう1つのポイントは ジャズでは細かい管理はしませんが 社会には そういうことをする人もいます しかし それが原因となって 芸術的な可能性が制限されています 例えば もし私がバンドの主導権を握り 「オレはこうしたい!音楽はこうだ! 勢いよく行くぞ!」といくと・・・ 準備はいいかい いち にの さん はい (音楽) 考えを押しつけたがために 混乱を招いてしまった良い例です

音楽を本当に奏でたいとき 私は聴くようにしています これは「聴くことの力」です 周りから学べることのほうが 私ができることより 遥かに多いんです だから私が情熱的な音楽を作ろうと思ったら まず最初にやることは 忍耐強く構えて 周りに耳を傾け そこから何かを引き出そうとします すると メンバーは奮い立ち さらなる力を貸してくれて 徐々に音楽が完成していきます では行きますよ イチ ニノ サン ハイ

(音楽)

周囲との協調によって より有機的でより繊細な 全く違う経験が生まれました 自分の空想を押し付けてなどいません そうではなく 今まさにこの場所で お互いを受け入れ 創造性を解き放つのです

ありがとうございました

(拍手)

Okay, I have no idea what we're going to play. I won't be able to tell you what it is until it happens. I didn't realize there was going to be a little music before. So I think I'm going to start with what I just heard.

(Music)

(Applause)

Okay, so first of all, let's welcome Mr. Jamire Williams on the drums,

(Applause) Burniss Travis on the bass, (Applause) and Mr. Christian Sands on the piano. (Applause)

So the bandstand, as we call it, this is an incredible space. It is really a sacred space. And one of the things that is really sacred about it is that you have no opportunity to think about the future, or the past. You really are alive right here in this moment. There are so many decisions being made when you walk on the bandstand. We had no idea what key we were going to play in. In the middle, we sort of made our way into a song called "Titi Boom." But that could have happened -- maybe, maybe not. Everyone's listening. We're responding. You have no time for projected ideas.

So the idea of a mistake: From the perspective of a jazz musician, it's easier to talk about someone else's mistake. So the way I perceive a mistake when I'm on the bandstand -- first of all, we don't really see it as a mistake. The only mistake lies in that I'm not able to perceive what it is that someone else did. Every "mistake" is an opportunity in jazz. So it's hard to even describe what a funny note would be.

So for example, if I played a color, like we were playing on a palette, that sounded like this ... (Music) So if Christian played a note -- like play an F. (Music) See, these are all right inside of the color palette. If you played an E. See, these all lie right inside of this general emotional palette that we were painting. If you played an F # though, (Dissonance) to most people's ears, they would perceive that as a mistake.

So I'm going to show you, we're going to play just for a second. And we're going to play on this palette. And at some point, Christian will introduce this note. And we won't react to it. He'll introduce it for a second and then I'll stop, I'll talk for a second. We'll see what happens when we play with this palette.

(Music)

So someone could conceptually perceive that as a mistake. The only way that I would say it was a mistake is in that we didn't react to it. It was an opportunity that was missed. So it's unpredictable. We'll paint this palette again. He'll play it. I don't know how we'll react to it, but something will change. We'll all accept his ideas, or not.

(Music)

So you see, he played this note. I ended up creating a melody out of it. The texture changed in the drums this time. It got a little bit more rhythmic, a little bit more intense in response to how I responded to it. So there is no mistake. The only mistake is if I'm not aware, if each individual musician is not aware and accepting enough of his fellow band member to incorporate the idea and we don't allow for creativity.

So jazz, this bandstand is absolutely amazing. It's a very purifying experience. And I know that I speak for all of us when I tell you that we don't take it for granted. We know that to be able to come on the bandstand and play music is a blessing. So how does this all relate to behavioral finance? Well we're jazz musicians, so stereotypically we don't have a great relationship to finance.

(Laughter)

Anyway, I just wanted to sort of point out the way that we handle it. And the other dynamic of it is that we don't micromanage in jazz. You have some people who do. But what that does is it actually limits the artistic possibilities. If I come up and I dictate to the band that I want to play like this and I want the music to go this way, and I just jump right in ... ready, just play some time. One,two,one,two,three,four. (Music) It's kind of chaotic because I'm bullying my ideas. I'm telling them, "You come with me over this way."

If I really want the music to go there, the best way for me to do it is to listen. This is a science of listening. It has far more to do with what I can perceive than what it is that I can do. So if I want the music to get to a certain level of intensity, the first step for me is to be patient, to listen to what's going on and pull from something that's going on around me. When you do that, you engage and inspire the other musicians and they give you more, and gradually it builds. Watch. One,two, a one,two,three,four.

(Music)

Totally different experience when I'm pulling ideas. It's much more organic. It's much more nuanced. It's not about bullying my vision or anything like that. It's about being here in the moment, accepting one another and allowing creativity to flow.

Thank you.

(Applause)

Okay,/ I have no idea/ what we're going to play.//

さて 何を演奏しましょうかね?

I won't be able to tell you/ what it is/ until it happens.//

実は演奏が始まってみないと分からないのです

I didn't realize/ there was going to be a little music before.//

ここで演奏するとは思ってもいませんでした

So/ I think/ I'm going to start/ with what I just heard.//

では成り行きにまかせることにします

(Music)//

(音楽)

(拍手)

Okay,/ so first of all,/ let's welcome Mr.// Jamire Williams/ on the drums,//

メンバーをご紹介しましょう ドラムのジャマイア・ウィリアムズ

(Applause)/ Burniss Travis/ on the bass,/ (Applause) and Mr.// Christian Sands/ on the piano.//

(拍手) ベースのバーニス・トラビス

(拍手) そしてピアノのクリス・サンズです (拍手)

So the bandstand,/ as we call it,/ this is an incredible space.//

「バンドスタンド」と呼んでいますが ステージはすごく神聖で

It is really a sacred space.//

素晴らしい空間です

And one of the things/ that is really sacred about it is/ that you have no opportunity/ to think about the future,/ or the past.//

神聖な理由の1つとして 未来や過去について考える機会の喪失が 挙げられます

You really are alive right here/ in this moment.//

今 --まさにこの瞬間-- が大切なのです

There are so many decisions/ being made/ when you walk on the bandstand.//

バンドスタンドに上がるとき いくつもの意思決定がされます

We had no idea/ what key/ we were going to play/ in.//

どんな音色を奏でるかは決めていませんでした

In the middle,/ we/ sort of made our way/ into a song called "Titi Boom."//

演奏の途中で私たちは 自分らを 『Titi Boom』という曲に導きました

But that could have happened --/ maybe,/ maybe/ not.//

そんなこともあったり なかったり・・・

Everyone's listening.// We're responding.//

皆さんが聴いてくれるのでそれに応えます

You have no time/ for projected ideas.//

考えている暇などありません

So the idea of a mistake:/ From the perspective of a jazz musician,/ it's easier/ to talk about someone else's mistake.//

ミスという概念がありますが ジャズ演奏家の観点からすれば 他の職業のミスはより明白なものです

So the way/ I perceive a mistake/ when I'm on the bandstand --/ first of all,/ we don't really see it/ as a mistake.//

バンドスタンド上での誤りの受け止め方は そもそも誤りをミスと捉えないんです

The only mistake lies in that I'm not able/ to perceive/ what it is/ that someone else did.//

唯一のミスと言えば 他人の演奏を 受け入れられないことです

Every "mistake"/ is an opportunity/ in jazz.//

ジャズでは全てのミスがチャンスなので

So it's hard/ to even describe/ what a funny note would be.//

外れた音というものを 説明することすら困難です

So/ for example,/ if I played a color,/ like we were playing on a palette,/ that sounded like this ...//

例えば 私好みで音色を奏でるなら こんな感じの音になります

(Music) So/ if Christian played a note --/ like play/ an F.//

(音楽) クリスが「ファ」の音を叩くと・・・

(Music)/ See,/ these are all right inside of the color palette.//

(音楽) ほらね どちらも正しい音色なんです

If you played an E.//

次に「ミ」を叩いてみると・・・

See,/ these all lie right inside of this general emotional palette/ that we were painting.//

感情の中の世界では 全ての音が正しいものなのです

If you played/ an F # though,/ (Dissonance)/ to most people's ears,/ they would perceive/ that as a mistake.//

ところが「ファ#」をならしてみると・・・ (不協和音) 大半の人はこの音をミスと捉えます

So I'm going to show/ you,/ we're going to play just/ for a second.//

それでは少し実験してみましょう

And we're going to play/ on this palette.//

演奏途中でクリスが

And/ at some point,/ Christian will introduce this note.//

先ほどの外れた音を入れます

And we won't react to it.//

ですが私たちは反応しません

He'll introduce it/ for a second/ and then/ I'll stop,/ I'll talk for a second.//

彼が耳障りな音を入れたら 演奏を中止して 少し話をしますね

We'll see/ what happens/ when we play with this palette.//

ではどうなるか見てみましょう

(Music)//

(音楽)

So someone could conceptually perceive/ that as a mistake.//

今の一節を概念的にミスだと捉えた方もいるでしょう

The only way that/ I would say/ it was a mistake is in that we didn't react to it.//

唯一ミスと捉えて差支えない点は 反応しなかったということです

It was an opportunity/ that was missed.//

チャンスを逃してしまったのです

So it's unpredictable.// We'll paint this palette again.//

チャンスは突然巡ってきます もう一度演奏しますが

He'll play it.// I don't know/ how we'll react to it,/ but something will change.//

今度は不協和音に反応したいと思います

We'll all accept his ideas,/ or not.//

みんなでクリスの考えを受け入れます できればの話ですけど

(Music)//

(音楽)

So you see,/ he played this note.//

クリスの音を聞いて

I ended up/ creating a melody/ out of it.//

そこからメロディを創りました

The texture changed in the drums/ this time.//

ドラムの響きは変わっていました

It got a little bit more rhythmic,/ a little bit more intense/ in response/ to/ how I responded to it.//

あの音に反応したことで リズム感が増して 少しばかり情熱的な音楽になりました

So there is no mistake.//

演奏自体にミスはありません

The only mistake is/ if I'm not aware,/ if each individual musician is not aware/ and accepting enough of his fellow band member/ to incorporate the idea/ and we don't allow for creativity.//

唯一のミスと言えば 私を含め 音楽家の一人ひとりが メンバーの考えを受け入れず 創造性を認めないことです

ジャズやバンドスタンドは本当に素晴らしいです

It's a very purifying experience.//

とてもクリアな経験なんです

And I know/ that I speak for all of us/ when I tell you/ that we don't take it/ for granted.//

とても特別な経験だと言わせてください

We know that to be able to come on the bandstand and play music is a blessing.//

バンドスタンドで演奏できて本当に幸せです

So/ how does this all relate to behavioral finance?//

さて これが行動ファイナンスとどう関係するのでしょうか?

Well/ we're jazz musicians,/ so stereotypically/ we don't have a great relationship/ to finance.//

まあ 私たちはジャズ音楽家なので お察しの通り 全然関係ないですよね

(笑)

Anyway,/ I just wanted to sort of point/ out the way that/ we handle it.//

とにかく ミスの対処法について指摘したかったんです

And the other dynamic of it is/ that we don't micromanage in jazz.//

もう1つのポイントは ジャズでは細かい管理はしませんが 社会には

You have some people/ who do.//

そういうことをする人もいます

But what/ that does is it actually limits the artistic possibilities.//

しかし それが原因となって 芸術的な可能性が制限されています

If I come up/ and I dictate to the band/ that I want to play/ like this/ and I want the music/ to go this way,/ and I just jump right in ...//

例えば もし私がバンドの主導権を握り 「オレはこうしたい!音楽はこうだ! 勢いよく行くぞ!」といくと・・・

ready,/ just play some time.//

準備はいいかい

One,two,one,two,three,four.//

いち にの さん はい

(Music)/ It's kind of chaotic/ because I'm bullying/ my ideas.//

(音楽) 考えを押しつけたがために

I'm telling/ them,/ "You come with me/ over this way."//

混乱を招いてしまった良い例です

If I really want the music/ to go there,/ the best way/ for me to do it is to listen.//

音楽を本当に奏でたいとき 私は聴くようにしています

This is a science of listening.//

これは「聴くことの力」です

It has far more/ to do with what I can perceive than what it is/ that I can do.//

周りから学べることのほうが 私ができることより 遥かに多いんです

So/ if I want the music/ to get to a certain level of intensity,/ the first step/ for me is to be patient,/ to listen to/ what's going on/ and pull from something/ that's going on around me.//

だから私が情熱的な音楽を作ろうと思ったら まず最初にやることは 忍耐強く構えて 周りに耳を傾け そこから何かを引き出そうとします すると

When you do that,/ you engage/ and inspire the other musicians/ and they give you/ more,/ and gradually/ it builds.//

メンバーは奮い立ち さらなる力を貸してくれて 徐々に音楽が完成していきます

Watch.// One,two,/ a one,two,three,four.//

では行きますよ イチ ニノ サン ハイ

(Music)//

(音楽)

Totally different experience/ when I'm pulling/ ideas.//

周囲との協調によって より有機的でより繊細な

It's much more organic.// It's much more nuanced.//

全く違う経験が生まれました

It's not about bullying my vision or anything/ like that.//

自分の空想を押し付けてなどいません

It's about being here in the moment,/ accepting one another/ and allowing creativity to flow.//

そうではなく 今まさにこの場所で お互いを受け入れ 創造性を解き放つのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

okay

=OK,O.K.

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

applause

『拍手かっさい』;称賛

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

drum

『太鼓』,ドラム

太鼓の音;太鼓のような音

(形が)太鼓状のもの;(機械の)ドラム;ドラムかんなど

=tympanic membrane

太鼓を打つ(鳴らす)

(…でテーブル・床などを)ドンドン打つ,トントンたたく,踏みならす《+『on』+『名』+『with』+『名』》

…‘を'ドンドン(トントン)打つ(鳴らす)

《話》(人の頭などに)〈考えなど〉‘を'たたき込む,教え込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'追放(除名)する《+『名』+『out of』+『名』》

bass

低音の

〈U〉,低音,バス(男声の最低音域)

〈C〉低音歌手

Christian

『キリスト者』(教徒)

《話》りっぱな人

『キリストの』;『キリスト教の』,キリスト教徒の

キリスト(キリスト教)を信じる

キリスト教徒にふさわしい

《話》りっぱな

sand

〈U〉『砂』

《複数形で》砂地,砂浜,砂漠

《複数形で》時刻,時間

…‘を'砂(紙やすり)で磨く《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

〈道路など〉‘に'砂をまく

piano

『ピアノ』

bandstand

(戸外演奏用の)音楽堂,(ナイトクラブなどの)演奏台

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

palette

絵の具板,パレット

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

f

farad

forte

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

dissonance

〈U〉〈C〉不協和音

〈U〉(信念・行為と信念の)不一致

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

unpredictable

予言できない,予知不可能な

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

melody

〈U〉『美しい音の流れ』,快い調べ

〈C〉『旋律』;(声楽曲・器楽曲の)主旋律[部分]

texture

織り方,織り目,織り地

(皮膚・木・石などの)きめ,手触り

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

creativity

独創性

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

blessing

神の況福を求める祈り

(食前の食後の)祈り(grace)

(神の)恩恵,祝福

《しばしば複数形で》ありがたいこと(もの),恩恵,幸運

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

laughter

『笑い』,笑い声

anyway

=anyhow

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

chaotic

混とんとした・無秩序の

bully

弱い者いじめ,がき大将

〈弱い者〉'を'いじめる,おどかす

《話》(…にとって)すてきな,すばらしい《+『for』+『名』》

うまい,でかした

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

intensity

(感情・行動・熱・色などの)『強烈さ』,熱烈さ,強度

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

gradually

『だんだんに』,徐々に

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

totally

全く,完全に

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

関連動画