TED日本語 - パメラ・メイヤー: 嘘の見抜き方

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私たちは1日に10~200回ほど嘘をつかれており、嘘を見抜く手掛かりはとてもとらえにくく、また直感で自然に分かるものでもありません。「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の著者パメラ・メイヤーが、嘘の手法と、嘘が多く使われている場面でどうやって訓練をした「嘘を見抜く専門家(嘘発見人)」が嘘の検知を行うのか、その方法を見せてくれます。 また「正直さ」は守るべき価値観であると彼女は主張しています。

Script

皆さんを警戒させるつもりはないですが 気がついたのでお知らせしますと あなたの右隣の人は嘘つきです (笑) 左隣の人も嘘つきです そして 席に座っている皆さん自身が嘘つきです 私たちはみな嘘つきなのです 今日は 私たちが なぜ嘘つきなのかについての研究結果をお見せし どうすれば嘘を検知できるようになるのか また 私たちはなぜ 嘘を見抜き 真実をみつけ 最終的に信頼関係を築くために努力しようとするのかについて お話したいと思います

信頼といえば 「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の出版後 誰も私に直接会ってくれなくなりました 「いえ いえ いいです メールします」と言われるんです (笑) スターバックスでお茶をする相手もいなくなりました 夫曰く「嘘についてだって?それより 料理のほうがよかったんじゃない?フランス料理とか」

だから 初めに これからお話するのは 単純な嘘当てゲームではないということを 皆さんにお伝えしておきます 嘘を見抜く専門家(嘘発見人)は こましゃくれた子供が 「あ!嘘ついた! 眉毛がぴくっとして 小鼻が膨らんだ ドラマ 「ライ・トゥ・ミー」で見たもん」 というのとは違います 嘘発見人は 嘘を見つけるための 科学的な知識を持っており それを使って真実を見つけます そして経験豊かな指導者と同じように 時には非常に困難な場面で気難しい人々を相手に 毎日 複雑な会話をしています 嘘発見人は最初に核となる命題を 受け入れることから始めます その命題とは 嘘は共同作業であるということです どんな嘘も口から発せられたでけでは効力を持ちませんよね 他の誰かがそれを信じて初めて 嘘は力を得るのです

親の小言のような言い方をすると 「あなたが嘘をつかれたのは 嘘をつかれることを許したから」なのです 「あなたが嘘をつかれたのは 嘘をつかれることを許したから」なのです 嘘についての一番目の真実:「嘘は共同作業である」 全ての嘘が悪いわけではありません 時には私たちは 進んで嘘に協力します 体面を保つために またおそらくは 黙っていたほうがよいことを隠すためにです たとえば 「いい歌ね」 「その服太って見えないよ 全然」 もしくは お決まりのフレーズ 「メールがスパムフォルダに入ってしまっていたんです 本当にすみません」

しかし時には不本意な形で嘘に巻き込まれることがあります そしてそれはものすごく高くつくことになりかねません 昨年 アメリカ合衆国内だけでも 企業による不正行為が9970億ドルありました 1兆ドル目前で 国家歳入の7%にあたります 何十億ドルもの損害を 嘘は与えうるのです エンロン破綻 マードフ投資詐欺 住宅ローン危機を思い出してください 他にも ロバート・ハンセン オルドリッチ・エイムズなどの2重スパイや国家反逆者のような場合には 他にも ロバート・ハンセン オルドリッチ・エイムズなどの2重スパイや国家反逆者のような場合には 嘘は 国を売り渡し 国家の安全保障を危うくし 民主主義を脅かし 国家の防衛に当たる人々の死を招きます

嘘は実際に深刻な問題なのです これは詐欺師のオバーランダーです 大変有能な詐欺師で 英国の当局によれば 彼は 西欧諸国の銀行制度そのものを崩壊させていた可能性がありました 彼はグーグルにもどこにも載っていません 彼はインタビューに答えたことが一度あり 「いいですか 一つの法則しか使ってません ヘンリーの法則だけです」と言っています 「誰もが 己の願望のためには 進んで何かを差し出すものだ」 これが嘘の本質なのです あなたが騙されたくないと思うのなら 自分の願望を知る必要があるのです 私たち皆が認めたくないことです もっと良い夫に 妻になりたい もっと賢くなりたい もっと権力を持ちたい 背が高くなりたい お金持ちになりたい 望みは尽きません 私たちの願いや夢想と現実の差を 埋めようとするのが嘘なのです 実際の自分と こうありたい自分 こんな風だったらと思う自分との差です なんと 進んで現実との差を嘘で埋めようとするのです

研究によると 私たちは毎日 10回から200回嘘をつかれています 確かにうした嘘の多くは罪のないものです 別の研究によると 初めて会う人同士は最初の10分で 3回嘘をつくという結果もでています (笑) さて この情報を知ると最初はたじろぎます これほどにも 嘘が溢れているとは信じられないからです 私たちは本質的に嘘を嫌います しかし もっと詳しく見てみると 事態はいっそう込み入っています 私たちは職場の同僚より見知らぬ人により嘘をつきます 外向型の人は内向型の人よりもより嘘をつきます 男性は他人のことより 自分のことについて 8倍嘘をつきます 女性は他の人を守るためにより嘘をつきます もしあなたが平均的な夫婦なら 10回の会話で1回は 嘘をついています これはひどいと思われるでしょうが 独身なら 3回に1回に増えます

嘘は複雑な行為です 嘘は私たちの日々の生活やビジネスに織り込まれています 私たちは真実に対して非常に両義的です 私たちは必要にせまられて もっともな理由があって 時には 単に現実を受け入れられず 嘘をつきます これが嘘についての2番目の真実です 私たちは嘘を否定しながらも 裏では嘘をついています それは何世紀にも渡って 私たちの社会で承認されてきているのです 嘘は 呼吸と同じくらい古いもので 私たちの文化 歴史の一部です ダンテやシェークスピアを 聖書を 世界のニュースを見てください

(笑)

人類という種にとって嘘は進化的価値があります 研究者達の間では以前から 知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって 嘘をつくようになることが 知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって 嘘をつくようになることが 知られています ゴリラのココを覚えていますか? 手話を覚えたゴリラです ココは手話を通じて会話することを覚えました これはココと子猫です かわいいふわふわのペットの猫 ココは流し台を壁からむしり取ったのを この猫のせいにしたことがあります (笑) 私たちは嘘の達人になる本能を備え 非常に早い頃からその頭角を表します どのくらい小さい頃からでしょう? 赤ちゃんは嘘泣きをしてみて 来る人によって泣きやんだり また泣き始めます 一歳児は隠蔽を覚えます (笑) 二歳児は はったりをかけます 四歳児は公然と嘘をつき おべっかを使います 九歳児はごまかしの達人です 大学に入学するころには 母親との会話で5回に1回は嘘をつくようになります 職について稼ぐようになると 嘘に取り囲まれるようになります スパムメール 偽のネット友達 狂信的なメディア 巧妙な なりすまし犯罪 世界規模のポンジ・スキーム 虚は蔓延しています 要するに ある作家が言ったような 「真実が失われた社会」です 今にいたるまでずっと 嘘に翻弄されてきました

どうしたらよいでしょうか? 実は このような苦境を乗り切るための 手段があります 訓練された嘘発見人は90%の確率で真実を見つけます 普通の人は54%くらいです なぜそんなに簡単に習得できるかというと 上手下手はあっても本当に独創的な嘘つきはいません 嘘をつく時 同じように間違い 同じテクニックを使うからです では やってみましょう まず 嘘が現れる 2種類のパターンを紹介し 嘘の現場をお見せします 嘘を見抜けるでしょうか まずは会話に現れるパターンを見てみましょう

(ビデオ) クリントン: 「よろしいですか もう一度同じことを言います 私は あの女性 モニカ・ルインスキーさんと 性的な関係を持ったことはありません 誰にも 一度たりとも 嘘を強要していません この疑惑は事実ではありません 国民のための仕事に戻る必要があるのです ありがとうございました」

さて どんな兆候があったでしょうか まず 「短縮形を用いない否認(did not)」がありました 研究によると 否定しようと意気込みすぎている場合 形式ばった言葉を使ってしまうと言われています また 「あの女性」という「距離を置く言葉」がありました 嘘をついている人は 無意識に 嘘の対象について距離を置く言葉を 使おうをするのです もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの-- もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの-- 修飾する言葉を使っていたとしたら 嘘発見人には決め手になります こうした信憑性を高めようとする言葉は かえって 話の信憑性を低くすることがわかっているからです もしされた質問をそのまま繰り返していたり 詳細すぎる説明を振りまいていたとしたら --幸い私たちは聞かずにすみましたが-- もっと疑わしく見えたはずです フロイトの言うとおりです 彼は言葉以上に語るものがあると言っていました 「どんな人も秘密を守ることはできない 唇を閉じていても 指先が語っているから」 あなたがどれほど口が固くても 指先で秘密を漏らしているのです ドミニク・ストロスカーンと一緒に写っている オバマの指先にご注目を

(笑)

これが嘘をつく時の2つ目のパターン --- ボディランゲージです 見てみましょう しぐさについては 思いこみを一度全部捨てて 科学によって 考え方を少し変えてみましょう 私たちは嘘つきは始終そわそわしていると思っていますが 嘘をついているときは上半身を動かさないものなのです 嘘つきは目を見ないと思っていますが 嘘つきはこのことを逆手にとって 余計に長く目を見つめるのです 熱心さやほほえみは 正直さや 親密さをあらわすと思われていますが 訓練された嘘発見人は偽の微笑みを 1キロ先からでも見抜くことができます どちらが偽の笑いかわかりますか? ほほの筋肉は意識して 動かすことができますが 本物の笑みの場合は目じりに小じわができます ボトックス注射をしすぎると 特に目の筋肉は動かせなくなりますので やりすぎに注意 誰もあなたを信頼しなくなりますよ

さて 今度は嘘の現場を見ていきましょう 次の会話で何がおきているかわかりますか? 話されている言葉としぐさの 不一致を見つけることで 嘘を見抜くことができるでしょうか ごく当たり前と思われるでしょうが 嘘と疑っている人と話す時には 大変見落とされがちなのですが 実は態度が嘘をついているかどうかを表します

無実な人は協力的で あなたの味方だという態度を示し 熱心に 自分から進んで 真実をみつける 手助けをしようとします 一緒に考え 疑わしい人の名前をあげたり 詳細な話をします こんなことを言うかもしれません 「給料を改ざんしたのは給与計算課のあいつかもしれません」 無実の人は不当に疑われていることがわかったら 一瞬ではなく、 取り調べの間ずっと激昂するはずです 改ざんの犯人に対して どんな処罰を与えるべきか無実な人に質問すると 寛大ではない厳しい処置を するべきだと答えることが多いのです

では これと全く同じ質問を 嘘を付いている人にしてみるとしましょう その人は体を遠ざけて 下を向き 声を低くし 尻込みし ぎこちない態度をとるでしょう 嘘をついている人に話をさせると 重要でないすべてのところに 細かい説明をつけすぎるでしょう そして 厳密に時系列に話をします 訓練された尋問者は 数時間にわたる尋問で さりげなく少しずつ検証します 同じ話を逆さまに話してくださいと頼んで その人が落ち着かない時を探し どの質問が最も疑わしい兆候があったのかを見極めます なぜこの方法なのでしょう?人は同じように準備するからです 嘘をつくときに話のおさらいはしますが 身振りまでは練習しません 「はい」といいつつ頭を「いいえ」と振ったり 非常に説得力のある話をしながら 肩をわずかにすくめたりします 恐ろしい犯罪を犯した時に 逃れられた安堵から笑みを浮かべます この笑みは「duping delight(欺瞞者の喜悦)」として知られています

では いくつかのビデオを見てみましょう 最初のビデオは ご存じない方のためにご説明しますと 大統領候補だったジョン・エドワードで 婚外子がいたことでアメリカに衝撃を与えた人です 彼が親子鑑定を受けることについて話しているところの映像です 彼が「はい」といいながら首を振っているところや わずかに肩をすくめているところなどを 見つけることができるかどうか試してください

(ビデオ)ジョン・エドワード: 喜んで受けますよ 子供ができた時期から考えて 私の子供でないということを 確信していますから ありえないということを知っています 進んで親子鑑定を受けて 結果を知りたいと思っています インタビュアー:鑑定はすぐにお受けになる予定ですか?他にも-- エドワード:いや 私だけです 受けるのは私一人だけですが 進んで受けますよ エドワード:いや 私だけです 受けるのは私一人だけですが 進んで受けますよ

パメラ:いかがでしょう わかっていれば 首を振っているのを見つけるのは簡単ですね 自分の感情を覆い隠そうとして 別の表情をする時には ほんの一瞬ですが 元の感情が漏れ出ることがよくあるのです 殺人者は悲しみの表情を漏らすことで知られています 新しい提携先と合意に達して お祝いに夕食を共にした時 怒りの表情を漏らすかもしれません 一晩で表情分析の専門家にはなれないですが 簡単に学べて非常に危険な兆候を一つお教えしましょう それは侮蔑の表情です 怒りがあっても人は付き合っていき 同じ土俵にもいられます いくらかは健全な関係があるからです しかし怒りが侮蔑に変わったら もうそこまでです 侮蔑とは道徳的上位に立っているということだからです この理由から 関係を修復するのが大変大変難しいのです これが侮蔑の表情です 片方の口の端が 上に上がって中に入り込みます 表情の中で 侮蔑はたった一つの非対称な表情です この侮蔑の表情を見たら 騙そうとしていようがいまいが -- 侮蔑は騙しているとは限らないので -- すぐに 背を向け 方向転換して 取引を見直すべきです 「結構です もう誘われても来ません それでは」と言いなさい

科学は もっともっとたくさんの 嘘の兆候を暴き出しています たとえば 嘘つきは まばたきの回数を変えること 足を出口側に向けようとします インタビュアーとの間に物をおいて 垣根を作ろうとします 声のトーンを変え しばしば低い声をだそうとします さて ここが重要ですが しぐさは単にしぐさにすぎません 嘘の証拠ではありません これらは注意信号です 私たちは人間です 一日中いたるところで嘘が疑われる動作をしています しぐさ自体は何も意味していません しかし それがいくつもあったら 注意が必要です よく見聞きし 探り 難しい質問を投げてみましょう ゆったりとくつろいだ雰囲気から 興味を惹かれた感じでもっと質問をしてみましょう 尊厳を忘れずに 親密な間柄だと感じさせるようにしながらです 刑事ドラマの「Law&Order」のやり方を真似て 降伏するまで叩きのめすような方法はやめましょう 刑事ドラマの「Law&Order」のやり方を真似て 降伏するまで叩きのめすような方法はやめましょう 攻撃的にならないこと それではうまく行きません

さて ほんのさわりですが 嘘をついている人との話し方 また 嘘の見つけ方について話しました 次は 約束通り 真実を語る人がどう見えるのかお話しましょう これから2つのビデオをお見せしましょう 二人の母親のうち 片方は嘘をついていて もう片方は本当のことを語っています カリフォルニアの研究者デイヴッド・マツモトによって見いだされました これは真実がどのように見えるのかの 非常によい例だと思います

この母親 ダイアン・ダウンズは 自分の子供を至近距離で撃ってから 車の中を血まみれにしながら 車で病院にかけこみ 髪の薄い見知らぬ人の犯行だと主張したのです このビデオを見ると 彼女が苦悩する母親の 振りすらできていないことがわかるでしょう ここで見ていただきたいのは 信じられないほどの乖離です 彼女が説明する恐ろしい出来事に対して 彼女の態度は非常に冷静です また よく見ると「欺瞞者の喜悦」があちこちに現れているのが分かります

(ビデオ)ダイアン・ダウンズ: 夜に目を閉じると 車を運転している間にクリスティが私に手を延ばして 口から血が流れ続けている光景が見えるのです 日が経つにつれて薄れるだろうと言われますが 私にはそうは思えません このことが一番私を苦しめています

パメラ: 次は 本当に悲嘆にくれている母親 エリン・ルニオン のビデオをお見せしましょう 自分の娘を虐待して殺した犯人に対峙しているところです ここには全く偽りの感情がなく 母親の本物の悲痛な感情があるばかりです

(ビデオ)エリン・ルニオン:私はこの陳述を 娘の3回目の命日に書きました あなたが殺し 痛めつけ 押しつぶし あの子の心臓が止まるまで 傷めつけた日に あの子は何度も抵抗したはずです あの子はあなたを見たはずです あの素晴らしい茶色の目で でもあなたはそれでもあの子を殺したかったのです 私には どうしてそんなことができるのか 理解できません 今後も絶対ずっと理解できません 私には どうしてそんなことができるのか 理解できません 今後も絶対ずっと理解できません

パメラ:この感情が本物なことに疑いはないでしょう

真実がどのように表されるのかについての 科学技術は進歩しています 例えば 視線追跡装置や赤外線脳スキャン 嘘をつこうとしている時に体から発される 信号を解読するMRIなどがあります こうした技術が世界中に売り込まれるでしょう いつの日か 詐欺に対する万能薬として こうした機器は非常に便利になるでしょう しかしそれまでは自力で嘘をみつけなければなりません 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 どちらがいいですか?

嘘発見人は人間的手段に頼ります 誰かが言った「影に隠れた人格」のことを よく知っているからです ただ それなのに面白いことは 今の私たちには影がほとんどないことです 私たちは24時間白日のもとにいます 私たちの世界はつつぬけです ブログやSNSで 自分達の生活を公開することを選んだ 全く新しい世代の人々が噂話を公開しています 以前に比べて遙かに真実が見えにくくなった世界です 私たちに与えられた一つの課題は 過度な共有は正直さではないということを 覚えておくことです 熱狂的なツイートやテキストメッセージは さりげなく表される良識や高潔さが 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは 今までよりもほんの少し 自分の道徳基準を明確に示すことです

科学的な嘘識別と よく見て聞き出す技を組み合せれば 科学的な嘘識別と よく見て聞き出す技を組み合せれば 嘘に乗せられずにすみます あなたは 今よりほんの少し 明確に示す生き方を始めます なぜなら あなたは周囲の人に対して 「私の 私たちの世界を 正直な世界にするの 真実が力を増し 偽りは 悟られてしまって効果の無い世界になる」と言うからです これを実践していけば 周りがほんの少しずつ変わり始めます

それこそが真実です ありがとうございました

(拍手)

Okay, now I don't want to alarm anybody in this room, but it's just come to my attention that the person to your right is a liar. (Laughter) Also, the person to your left is a liar. Also the person sitting in your very seats is a liar. We're all liars. What I'm going to do today is I'm going to show you what the research says about why we're all liars, how you can become a liespotter and why you might want to go the extra mile and go from liespotting to truth seeking, and ultimately to trust building.

Now speaking of trust, ever since I wrote this book, "Liespotting," no one wants to meet me in person anymore, no, no, no, no, no. They say, "It's okay, we'll email you." (Laughter) I can't even get a coffee date at Starbucks. My husband's like, "Honey, deception? Maybe you could have focused on cooking. How about French cooking?"

So before I get started, what I'm going to do is I'm going to clarify my goal for you, which is not to teach a game of Gotcha. Liespotters aren't those nitpicky kids, those kids in the back of the room that are shouting, "Gotcha! Gotcha! Your eyebrow twitched. You flared your nostril. I watch that TV show 'Lie To Me.' I know you're lying." No, liespotters are armed with scientific knowledge of how to spot deception. They use it to get to the truth, and they do what mature leaders do everyday; they have difficult conversations with difficult people, sometimes during very difficult times. And they start up that path by accepting a core proposition, and that proposition is the following: Lying is a cooperative act. Think about it, a lie has no power whatsoever by its mere utterance. Its power emerges when someone else agrees to believe the lie.

So I know it may sound like tough love, but look, if at some point you got lied to, it's because you agreed to get lied to. Truth number one about lying: Lying's a cooperative act. Now not all lies are harmful. Sometimes we're willing participants in deception for the sake of social dignity, maybe to keep a secret that should be kept secret, secret. We say, "Nice song." "Honey, you don't look fat in that, no." Or we say, favorite of the digiratti, "You know, I just fished that email out of my spam folder. So sorry."

But there are times when we are unwilling participants in deception. And that can have dramatic costs for us. Last year saw 997 billion dollars in corporate fraud alone in the United States. That's an eyelash under a trillion dollars. That's seven percent of revenues. Deception can cost billions. Think Enron, Madoff, the mortgage crisis. Or in the case of double agents and traitors, like Robert Hanssen or Aldrich Ames, lies can betray our country, they can compromise our security, they can undermine democracy, they can cause the deaths of those that defend us.

Deception is actually serious business. This con man, Henry Oberlander, he was such an effective con man British authorities say he could have undermined the entire banking system of the Western world. And you can't find this guy on Google; you can't find him anywhere. He was interviewed once, and he said the following. He said, "Look, I've got one rule." And this was Henry's rule, he said, "Look, everyone is willing to give you something. They're ready to give you something for whatever it is they're hungry for." And that's the crux of it. If you don't want to be deceived, you have to know, what is it that you're hungry for? And we all kind of hate to admit it. We wish we were better husbands, better wives, smarter, more powerful, taller, richer -- the list goes on. Lying is an attempt to bridge that gap, to connect our wishes and our fantasies about who we wish we were, how we wish we could be, with what we're really like. And boy are we willing to fill in those gaps in our lives with lies.

On a given day, studies show that you may be lied to anywhere from 10 to 200 times. Now granted, many of those are white lies. But in another study, it showed that strangers lied three times within the first 10 minutes of meeting each other. (Laughter) Now when we first hear this data, we recoil. We can't believe how prevalent lying is. We're essentially against lying. But if you look more closely, the plot actually thickens. We lie more to strangers than we lie to coworkers. Extroverts lie more than introverts. Men lie eight times more about themselves than they do other people. Women lie more to protect other people. If you're an average married couple, you're going to lie to your spouse in one out of every 10 interactions. Now you may think that's bad. It you're unmarried, that number drops to three.

Lying's complex. It's woven into the fabric of our daily and our business lives. We're deeply ambivalent about the truth. We parse it out on an as-needed basis, sometimes for very good reasons, other times just because we don't understand the gaps in our lives. That's truth number two about lying. We're against lying, but we're covertly for it in ways that our society has sanctioned for centuries and centuries and centuries. It's as old as breathing. It's part of our culture, it's part of our history. Think Dante, Shakespeare, the Bible, News of the World.

(Laughter)

Lying has evolutionary value to us as a species. Researchers have long known that the more intelligent the species, the larger the neocortex, the more likely it is to be deceptive. Now you might remember Koko. Does anybody remember Koko the gorilla who was taught sign language? Koko was taught to communicate via sign language. Here's Koko with her kitten. It's her cute little, fluffy pet kitten. Koko once blamed her pet kitten for ripping a sink out of the wall. (Laughter) We're hardwired to become leaders of the pack. It's starts really, really early. How early? Well babies will fake a cry, pause, wait to see who's coming and then go right back to crying. One-year-olds learn concealment. (Laughter) Two-year-olds bluff. Five-year-olds lie outright. They manipulate via flattery. Nine-year-olds, masters of the cover up. By the time you enter college, you're going to lie to your mom in one out of every five interactions. By the time we enter this work world and we're breadwinners, we enter a world that is just cluttered with spam, fake digital friends, partisan media, ingenious identity thieves, world-class Ponzi schemers, a deception epidemic -- in short, what one author calls a post-truth society. It's been very confusing for a long time now.

What do you do? Well there are steps we can take to navigate our way through the morass. Trained liespotters get to the truth 90 percent of the time. The rest of us, we're only 54 percent accurate. Why is it so easy to learn? There are good liars and there are bad liars. There are no real original liars. We all make the same mistakes. We all use the same techniques. So what I'm going to do is I'm going to show you two patterns of deception. And then we're going to look at the hot spots and see if we can find them ourselves. We're going to start with speech.

(Video) Bill Clinton: I want you to listen to me. I'm going to say this again. I did not have sexual relations with that woman, Miss Lewinsky. I never told anybody to lie, not a single time, never. And these allegations are false. And I need to go back to work for the American people. Thank you.

Pamela Meyer: Okay, what were the telltale signs? Well first we heard what's known as a non-contracted denial. Studies show that people who are overdetermined in their denial will resort to formal rather than informal language. We also heard distancing language: "that woman." We know that liars will unconsciously distance themselves from their subject using language as their tool. Now if Bill Clinton had said, "Well, to tell you the truth ... "or Richard Nixon's favorite, "In all candor ... "he would have been a dead giveaway for any liespotter than knows that qualifying language, as it's called, qualifying language like that, further discredits the subject. Now if he had repeated the question in its entirety, or if he had peppered his account with a little too much detail -- and we're all really glad he didn't do that -- he would have further discredited himself. Freud had it right. Freud said, look, there's much more to it than speech: "No mortal can keep a secret. If his lips are silent, he chatters with his fingertips." And we all do it no matter how powerful you are. We all chatter with our fingertips. I'm going to show you Dominique Strauss-Kahn with Obama who's chattering with his fingertips.

(Laughter)

Now this brings us to our next pattern, which is body language. With body language, here's what you've got to do. You've really got to just throw your assumptions out the door. Let the science temper your knowledge a little bit. Because we think liars fidget all the time. Well guess what, they're known to freeze their upper bodies when they're lying. We think liars won't look you in the eyes. Well guess what, they look you in the eyes a little too much just to compensate for that myth. We think warmth and smiles convey honesty, sincerity. But a trained liespotter can spot a fake smile a mile away. Can you all spot the fake smile here? You can consciously contract the muscles in your cheeks. But the real smile's in the eyes, the crow's feet of the eyes. They can not be consciously contracted, especially if you overdid the Botox. Don't overdo the Botox; nobody will think you're honest.

Now we're going to look at the hot spots. Can you tell what's happening in a conversation? Can you start to find the hot spots to see the discrepancies between someone's words and someone's actions? Now I know it seems really obvious, but when you're having a conversation with someone you suspect of deception, attitude is by far the most overlooked but telling of indicators.

An honest person is going to be cooperative. They're going to show they're on your side. They're going to be enthusiastic. They're going to be willing and helpful to getting you to the truth. They're going to be willing to brainstorm, name suspects, provide details. They're going to say, "Hey, maybe it was those guys in payroll that forged those checks." They're going to be infuriated if they sense they're wrongly accused throughout the entire course of the interview, not just in flashes; they'll be infuriated throughout the entire course of the interview. And if you ask someone honest what should happen to whomever did forge those checks, an honest person is much more likely to recommend strict rather than lenient punishment.

Now let's say you're having that exact same conversation with someone deceptive. That person may be withdrawn, look down, lower their voice, pause, be kind of herky-jerky. Ask a deceptive person to tell their story, they're going to pepper it with way too much detail in all kinds of irrelevant places. And then they're going to tell their story in strict chronological order. And what a trained interrogator does is they come in and in very subtle ways over the course of several hours, they will ask that person to tell that story backwards, and then they'll watch them squirm, and track which questions produce the highest volume of deceptive tells. Why do they do that? Well we all do the same thing. We rehearse our words, but we rarely rehearse our gestures. We say "yes," we shake our heads "no." We tell very convincing stories, we slightly shrug our shoulders. We commit terrible crimes, and we smile at the delight in getting away with it. Now that smile is known in the trade as "duping delight."

And we're going to see that in several videos moving forward, but we're going to start -- for those of you who don't know him, this is presidential candidate John Edwards who shocked America by fathering a child out of wedlock. We're going to see him talk about getting a paternity test. See now if you can spot him saying, "yes" while shaking his head "no," slightly shrugging his shoulders.

(Video) John Edwards: I'd be happy to participate in one. I know that it's not possible that this child could be mine, because of the timing of events. So I know it's not possible. Happy to take a paternity test, and would love to see it happen. Interviewer: Are you going to do that soon? Is there somebody -- JE: Well, I'm only one side. I'm only one side of the test. But I'm happy to participate in one.

PM: Okay, those head shakes are much easier to spot once you know to look for them. There're going to be times when someone makes one expression while masking another that just kind of leaks through in a flash. Murderers are known to leak sadness. Your new joint venture partner might shake your hand, celebrate, go out to dinner with you and then leak an expression of anger. And we're not all going to become facial expression experts overnight here, but there's one I can teach you that's very dangerous, and it's easy to learn, and that's the expression of contempt. Now with anger, you've got two people on an even playing field. It's still somewhat of a healthy relationship. But when anger turns to contempt, you've been dismissed. It's associated with moral superiority. And for that reason, it's very, very hard to recover from. Here's what it looks like. It's marked by one lip corner pulled up and in. It's the only asymmetrical expression. And in the presence of contempt, whether or not deception follows -- and it doesn't always follow -- look the other way, go the other direction, reconsider the deal, say, "No thank you. I'm not coming up for just one more nightcap. Thank you."

Science has surfaced many, many more indicators. We know, for example, we know liars will shift their blink rate, point their feet towards an exit. They will take barrier objects and put them between themselves and the person that is interviewing them. They'll alter their vocal tone, often making their vocal tone much lower. Now here's the deal. These behaviors are just behaviors. They're not proof of deception. They're red flags. We're human beings. We make deceptive flailing gestures all over the place all day long. They don't mean anything in and of themselves. But when you see clusters of them, that's your signal. Look, listen, probe, ask some hard questions, get out of that very comfortable mode of knowing, walk into curiosity mode, ask more questions, have a little dignity, treat the person you're talking to with rapport. Don't try to be like those folks on "Law & Order" and those other TV shows that pummel their subjects into submission. Don't be too aggressive, it doesn't work.

Now we've talked a little bit about how to talk to someone who's lying and how to spot a lie. And as I promised, we're now going to look at what the truth looks like. But I'm going to show you two videos,two mothers -- one is lying,one is telling the truth. And these were surfaced by researcher David Matsumoto in California. And I think they're an excellent example of what the truth looks like.

This mother, Diane Downs, shot her kids at close range, drove them to the hospital while they bled all over the car, claimed a scraggy-haired stranger did it. And you'll see when you see the video, she can't even pretend to be an agonizing mother. What you want to look for here is an incredible discrepancy between horrific events that she describes and her very, very cool demeanor. And if you look closely, you'll see duping delight throughout this video.

(Video) Diane Downs: At night when I close my eyes, I can see Christie reaching her hand out to me while I'm driving, and the blood just kept coming out of her mouth. And that -- maybe it'll fade too with time -- but I don't think so. That bothers me the most.

PM: Now I'm going to show you a video of an actual grieving mother, Erin Runnion, confronting her daughter's murderer and torturer in court. Here you're going to see no false emotion, just the authentic expression of a mother's agony.

(Video) Erin Runnion: I wrote this statement on the third anniversary of the night you took my baby, and you hurt her, and you crushed her, you terrified her until her heart stopped. And she fought, and I know she fought you. But I know she looked at you with those amazing brown eyes, and you still wanted to kill her. And I don't understand it, and I never will.

PM: Okay, there's no doubting the veracity of those emotions.

Now the technology around what the truth looks like is progressing on, the science of it. We know for example that we now have specialized eye trackers and infrared brain scans, MRI's that can decode the signals that our bodies send out when we're trying to be deceptive. And these technologies are going to be marketed to all of us as panaceas for deceit, and they will prove incredibly useful some day. But you've got to ask yourself in the meantime: Who do you want on your side of the meeting, someone who's trained in getting to the truth or some guy who's going to drag a 400-pound electroencephalogram through the door?

Liespotters rely on human tools. They know, as someone once said, "Character's who you are in the dark." And what's kind of interesting is that today we have so little darkness. Our world is lit up 24 hours a day. It's transparent with blogs and social networks broadcasting the buzz of a whole new generation of people that have made a choice to live their lives in public. It's a much more noisy world. So one challenge we have is to remember, oversharing, that's not honesty. Our manic tweeting and texting can blind us to the fact that the subtleties of human decency -- character integrity -- that's still what matters, that's always what's going to matter. So in this much noisier world, it might make sense for us to be just a little bit more explicit about our moral code.

When you combine the science of recognizing deception with the art of looking, listening, you exempt yourself from collaborating in a lie. You start up that path of being just a little bit more explicit, because you signal to everyone around you, you say, "Hey, my world, our world, it's going to be an honest one. My world is going to be one where truth is strengthened and falsehood is recognized and marginalized." And when you do that, the ground around you starts to shift just a little bit.

And that's the truth. Thank you.

(Applause)

Okay,/ now/ I don't want to alarm anybody/ in this room,/ but it's just come to my attention/ that the person/ to your right is a liar.//

皆さんを警戒させるつもりはないですが 気がついたのでお知らせしますと あなたの右隣の人は嘘つきです

(Laughter) Also,/ the person/ to your left is a liar.//

(笑) 左隣の人も嘘つきです

Also/ the person/ sitting in your very seats is a liar.//

そして 席に座っている皆さん自身が嘘つきです

We're all liars.//

私たちはみな嘘つきなのです

What I'm going to do/ today is I'm going to show/ you/ what the research says about why we're all liars,/ how you can become a liespotter/ and why you might want to go/ the extra mile/ and go from liespotting to truth/ seeking,/ and ultimately to trust building.//

今日は 私たちが なぜ嘘つきなのかについての研究結果をお見せし どうすれば嘘を検知できるようになるのか また 私たちはなぜ 嘘を見抜き 真実をみつけ 最終的に信頼関係を築くために努力しようとするのかについて お話したいと思います

Now/ speaking of trust,/ ever since I wrote this book,/ "Liespotting,/"/ no one wants to meet/ me/ in person anymore,/ no,/ no,/ no,/ no,/ no.//

信頼といえば 「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の出版後 誰も私に直接会ってくれなくなりました

They say,/ "It's okay,/ we'll email you."//

「いえ いえ いいです メールします」と言われるんです

(Laughter)/ I can't even get a coffee date/ at Starbucks.//

(笑) スターバックスでお茶をする相手もいなくなりました

My husband's like,/ "Honey,/ deception?//

夫曰く「嘘についてだって?それより

Maybe/ you could have focused on cooking.// How about French cooking?"//

料理のほうがよかったんじゃない?フランス料理とか」

So/ before I get started,/ what I'm going to do/ is I'm going to clarify/ my goal/ for you,/ which is not to teach a game of Gotcha.//

だから 初めに これからお話するのは 単純な嘘当てゲームではないということを 皆さんにお伝えしておきます

Liespotters aren't those nitpicky kids,/ those kids/ in the back of the room/ that are shouting,/ "Gotcha!// Gotcha!//

嘘を見抜く専門家(嘘発見人)は こましゃくれた子供が 「あ!嘘ついた! 眉毛がぴくっとして

Your eyebrow twitched.// You flared your nostril.//

小鼻が膨らんだ ドラマ 「ライ・トゥ・ミー」で見たもん」

I watch/ that TV show 'Lie To Me.//'/ I know/ you're lying."//

というのとは違います

No, liespotters are armed with scientific knowledge of how to spot deception.//

嘘発見人は 嘘を見つけるための 科学的な知識を持っており

They use it/ to get to the truth,/ and they do/ what mature leaders do everyday;/ they have difficult conversations/ with difficult people,/ sometimes/ during very difficult times.//

それを使って真実を見つけます そして経験豊かな指導者と同じように 時には非常に困難な場面で気難しい人々を相手に 毎日 複雑な会話をしています

And they start up/ that path/ by accepting a core proposition,/ and/ that proposition is the following:/ Lying is a cooperative act.//

嘘発見人は最初に核となる命題を 受け入れることから始めます その命題とは 嘘は共同作業であるということです

Think/ about it,/ a lie has no power whatsoever/ by its mere utterance.//

どんな嘘も口から発せられたでけでは効力を持ちませんよね

Its power emerges/ when someone else agrees to believe/ the lie.//

他の誰かがそれを信じて初めて 嘘は力を得るのです

So I know/ it may sound like tough love,/ but look,/ if at some point/ you got lied to,/ it's/ because you agreed to get/ lied to.//

親の小言のような言い方をすると 「あなたが嘘をつかれたのは 嘘をつかれることを許したから」なのです 「あなたが嘘をつかれたのは 嘘をつかれることを許したから」なのです

Truth number/ one/ about lying:/ Lying's a cooperative act.//

嘘についての一番目の真実:「嘘は共同作業である」

Now not all lies are harmful.//

全ての嘘が悪いわけではありません

Sometimes/ we're willing participants/ in deception/ for the sake of social dignity,/ maybe to keep a secret/ that should be kept secret,/ secret.//

時には私たちは 進んで嘘に協力します 体面を保つために またおそらくは 黙っていたほうがよいことを隠すためにです

We say,/ "Nice song."//

たとえば 「いい歌ね」

"Honey,/ you don't look fat/ in that,/ no."//

「その服太って見えないよ 全然」

Or we say,/ favorite of the digiratti,/ "You know,/ I just fished/ that email/ out of my spam folder.//

もしくは お決まりのフレーズ 「メールがスパムフォルダに入ってしまっていたんです

So sorry."//

本当にすみません」

But there are times/ when we are unwilling participants/ in deception.//

しかし時には不本意な形で嘘に巻き込まれることがあります

And that can have dramatic costs/ for us.//

そしてそれはものすごく高くつくことになりかねません

Last year saw 997 billion dollars/ in corporate fraud alone/ in the United States.//

昨年 アメリカ合衆国内だけでも 企業による不正行為が9970億ドルありました 1兆ドル目前で

That's an eyelash/ under a trillion dollars.//

国家歳入の7%にあたります

That's seven percent of revenues.//

何十億ドルもの損害を

嘘は与えうるのです

Think Enron,/ Madoff,/ the mortgage crisis.//

エンロン破綻 マードフ投資詐欺 住宅ローン危機を思い出してください

Or/ in the case of double agents and traitors,/ like Robert Hanssen or Aldrich Ames,/ lies can betray our country,/ they can compromise our security,/ they can undermine democracy,/ they can cause the deaths of those/ that defend us.//

他にも ロバート・ハンセン オルドリッチ・エイムズなどの2重スパイや国家反逆者のような場合には 他にも ロバート・ハンセン オルドリッチ・エイムズなどの2重スパイや国家反逆者のような場合には 嘘は 国を売り渡し 国家の安全保障を危うくし 民主主義を脅かし 国家の防衛に当たる人々の死を招きます

嘘は実際に深刻な問題なのです

This con man,/ Henry Oberlander,/ he was/ such an effective con man British authorities say he could have undermined the entire banking system of the Western world.//

これは詐欺師のオバーランダーです 大変有能な詐欺師で 英国の当局によれば 彼は 西欧諸国の銀行制度そのものを崩壊させていた可能性がありました

And you can't find this guy/ on Google;/ you can't find him anywhere.//

彼はグーグルにもどこにも載っていません

He was interviewed once,/ and he said the following.//

彼はインタビューに答えたことが一度あり

He said,/ "Look,/ I've got one rule."//

「いいですか 一つの法則しか使ってません

And this was Henry's rule,/ he said,/ "Look,/ everyone is willing/ to give you something.//

ヘンリーの法則だけです」と言っています 「誰もが 己の願望のためには

They're ready/ to give you/ something/ for whatever it is they're hungry for."//

進んで何かを差し出すものだ」

And that's the crux of it.//

これが嘘の本質なのです

If you don't want to be deceived,/ you have to know,/ what is it/ that you're hungry for?//

あなたが騙されたくないと思うのなら 自分の願望を知る必要があるのです

And we/ all kind of hate to admit it.//

私たち皆が認めたくないことです

We wish/ we were better husbands,/ better wives,/ smarter,/ more powerful,/ taller,/ richer --/ the list goes on.//

もっと良い夫に 妻になりたい もっと賢くなりたい もっと権力を持ちたい 背が高くなりたい お金持ちになりたい 望みは尽きません

Lying is an attempt/ to bridge that gap,/ to connect our wishes/ and our fantasies/ about who we wish/ we were,/ how we wish/ we could be,/ with what we're really/ like.//

私たちの願いや夢想と現実の差を 埋めようとするのが嘘なのです 実際の自分と こうありたい自分 こんな風だったらと思う自分との差です

And boy are we willing/ to fill in those gaps/ in our lives/ with lies.//

なんと 進んで現実との差を嘘で埋めようとするのです

On a given day,/ studies show/ that you may be lied to anywhere from 10 to 200 times.//

研究によると 私たちは毎日 10回から200回嘘をつかれています

Now granted,/ many of those are white lies.//

確かにうした嘘の多くは罪のないものです

But in another study,/ it showed/ that strangers lied three times/ within the first 10 minutes of meeting each other.//

別の研究によると 初めて会う人同士は最初の10分で 3回嘘をつくという結果もでています

(Laughter) Now/ when we first hear this data,/ we recoil.//

(笑) さて この情報を知ると最初はたじろぎます これほどにも

We can't believe/ how prevalent lying is.//

嘘が溢れているとは信じられないからです

私たちは本質的に嘘を嫌います

But/ if you look more closely,/ the plot actually thickens.//

しかし もっと詳しく見てみると 事態はいっそう込み入っています

We lie more/ to strangers/ than we lie to coworkers.//

私たちは職場の同僚より見知らぬ人により嘘をつきます

外向型の人は内向型の人よりもより嘘をつきます

Men lie eight times more/ about themselves/ than they do other people.//

男性は他人のことより 自分のことについて 8倍嘘をつきます

Women lie more/ to protect other people.//

女性は他の人を守るためにより嘘をつきます

If you're an average married couple,/ you're going to lie/ to your spouse/ in one/ out of every 10 interactions.//

もしあなたが平均的な夫婦なら 10回の会話で1回は 嘘をついています

Now/ you may think/ that's bad.//

これはひどいと思われるでしょうが

It/ you're unmarried,/ that number drops to three.//

独身なら 3回に1回に増えます

嘘は複雑な行為です

It's woven into the fabric of our daily and our business lives.//

嘘は私たちの日々の生活やビジネスに織り込まれています

We're deeply ambivalent/ about the truth.//

私たちは真実に対して非常に両義的です

We parse it out/ on an as-needed basis,/ sometimes/ for very good reasons,/ other times just/ because we don't understand the gaps/ in our lives.//

私たちは必要にせまられて もっともな理由があって 時には 単に現実を受け入れられず 嘘をつきます

That's truth number/ two about lying.//

これが嘘についての2番目の真実です

We're against lying,/ but we're covertly/ for it/ in ways/ that our society has sanctioned for centuries and centuries and centuries.//

私たちは嘘を否定しながらも 裏では嘘をついています それは何世紀にも渡って 私たちの社会で承認されてきているのです

It's as old/ as breathing.//

嘘は 呼吸と同じくらい古いもので

It's part of our culture,/ it's part of our history.//

私たちの文化 歴史の一部です

Think Dante,/ Shakespeare,/ the Bible, News of the World.//

ダンテやシェークスピアを 聖書を 世界のニュースを見てください

(笑)

Lying has evolutionary value/ to us/ as a species.//

人類という種にとって嘘は進化的価値があります

Researchers have long known/ that the more intelligent/ the species,/ the larger/ the neocortex,/ the more likely/ it is to be deceptive.//

研究者達の間では以前から 知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって 嘘をつくようになることが 知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって 嘘をつくようになることが 知られています

Now/ you might remember Koko.//

ゴリラのココを覚えていますか?

Does anybody remember/ Koko the gorilla/ who was taught sign language?//

手話を覚えたゴリラです

Koko was taught to communicate/ via sign language.//

ココは手話を通じて会話することを覚えました

Here's Koko/ with her kitten.//

これはココと子猫です

It's her cute little,/ fluffy pet kitten.//

かわいいふわふわのペットの猫

Koko once blamed her pet kitten for ripping a sink/ out of the wall.//

ココは流し台を壁からむしり取ったのを この猫のせいにしたことがあります

(Laughter)/ We're hardwired to become leaders of the pack.//

(笑) 私たちは嘘の達人になる本能を備え

It's starts really,/ really early.//

非常に早い頃からその頭角を表します

How early?//

どのくらい小さい頃からでしょう?

Well babies will fake a cry,/ pause,/ wait to see/ who's coming/ and then go right back/ to crying.//

赤ちゃんは嘘泣きをしてみて 来る人によって泣きやんだり また泣き始めます

One-year-olds learn concealment.//

一歳児は隠蔽を覚えます

(Laughter) Two-year-olds bluff.//

(笑) 二歳児は はったりをかけます

Five-year-olds lie outright.//

四歳児は公然と嘘をつき

おべっかを使います

Nine-year-olds,/ masters of the cover up.//

九歳児はごまかしの達人です

By the time/ you enter college,/ you're going to lie/ to your mom/ in one/ out of every five interactions.//

大学に入学するころには 母親との会話で5回に1回は嘘をつくようになります

By the time/ we enter this work world/ and we're breadwinners,/ we enter a world/ that is just cluttered with spam,/ fake digital friends,/ partisan media,/ ingenious identity thieves,/ world-class Ponzi schemers,/ a deception epidemic --/ in short,/ what one author calls a post-truth society.//

職について稼ぐようになると 嘘に取り囲まれるようになります スパムメール 偽のネット友達 狂信的なメディア 巧妙な なりすまし犯罪 世界規模のポンジ・スキーム 虚は蔓延しています 要するに ある作家が言ったような 「真実が失われた社会」です

It's been very confusing/ for a long time now.//

今にいたるまでずっと 嘘に翻弄されてきました

What do you do?//

どうしたらよいでしょうか?

Well/ there are steps/ we can take to navigate our way/ through the morass.//

実は このような苦境を乗り切るための 手段があります

Trained liespotters get to the truth 90 percent of the time.//

訓練された嘘発見人は90%の確率で真実を見つけます

The rest of us,/ we're only 54 percent accurate.//

普通の人は54%くらいです

Why is it so easy to learn?//

なぜそんなに簡単に習得できるかというと

There are good liars/ and there are bad liars.// There are no real original liars.//

上手下手はあっても本当に独創的な嘘つきはいません

We all make the same mistakes.// We all use the same techniques.//

嘘をつく時 同じように間違い 同じテクニックを使うからです

So/ what I'm going to do/ is I'm going to show/ you/ two patterns of deception.//

では やってみましょう まず 嘘が現れる 2種類のパターンを紹介し

And then/ we're going to look/ at the hot spots/ and see/ if we can find them ourselves.//

嘘の現場をお見せします 嘘を見抜けるでしょうか

We're going to start/ with speech.//

まずは会話に現れるパターンを見てみましょう

(Video)/ Bill Clinton:/ I want you/ to listen to me.//

(ビデオ) クリントン: 「よろしいですか

I'm going to say/ this again.//

もう一度同じことを言います

I did not have sexual relations/ with that woman,/ Miss Lewinsky.//

私は あの女性 モニカ・ルインスキーさんと 性的な関係を持ったことはありません

I never told anybody/ to lie, not a single time,/ never.//

誰にも 一度たりとも 嘘を強要していません

And these allegations are false.//

この疑惑は事実ではありません

And I need to go back/ to work/ for the American people.//

国民のための仕事に戻る必要があるのです

Thank you.//

ありがとうございました」

Pamela Meyer:/ Okay,/ what were the telltale signs?//

さて どんな兆候があったでしょうか

Well first/ we heard/ what's known as a non-contracted denial.//

まず 「短縮形を用いない否認(did not)」がありました

Studies show/ that people/ who are overdetermined in their denial will resort to formal/ rather than informal language.//

研究によると 否定しようと意気込みすぎている場合 形式ばった言葉を使ってしまうと言われています

We also heard distancing/ language:/ "that woman."//

また 「あの女性」という「距離を置く言葉」がありました

We know/ that liars will unconsciously distance themselves/ from their subject/ using language/ as their tool.//

嘘をついている人は 無意識に 嘘の対象について距離を置く言葉を 使おうをするのです

Now/ if Bill Clinton had said,/ "Well,/ to tell you/ the truth ...// "or Richard Nixon's favorite,/ "In all candor ...// "he would have been a dead giveaway/ for any liespotter/ than knows/ that qualifying language,/ as it's called,/ qualifying language/ like that,/ further discredits the subject.//

もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの-- もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの-- 修飾する言葉を使っていたとしたら 嘘発見人には決め手になります こうした信憑性を高めようとする言葉は かえって 話の信憑性を低くすることがわかっているからです

Now/ if he had repeated the question/ in its entirety,/ or/ if he had peppered his account/ with a little too much detail --/ and we're all really glad/ he didn't do that --/ he would have further discredited himself.//

もしされた質問をそのまま繰り返していたり 詳細すぎる説明を振りまいていたとしたら --幸い私たちは聞かずにすみましたが-- もっと疑わしく見えたはずです

Freud had it/ right.//

フロイトの言うとおりです

Freud said,/ look,/ there's much more/ to it/ than speech:/ "No mortal can keep a secret.//

彼は言葉以上に語るものがあると言っていました 「どんな人も秘密を守ることはできない

If his lips are silent,/ he chatters with his fingertips."//

唇を閉じていても 指先が語っているから」

And we/ all do it no matter how powerful/ you are.//

あなたがどれほど口が固くても

We/ all chatter/ with our fingertips.//

指先で秘密を漏らしているのです

I'm going to show/ you/ Dominique Strauss-Kahn/ with Obama/ who's chattering with his fingertips.//

ドミニク・ストロスカーンと一緒に写っている オバマの指先にご注目を

(笑)

Now/ this brings us/ to our next pattern,/ which is body language.//

これが嘘をつく時の2つ目のパターン --- ボディランゲージです 見てみましょう

With body language,/ here's/ what you've got to do.//

しぐさについては

You've really got to just throw your assumptions/ out the door.//

思いこみを一度全部捨てて 科学によって

Let the science temper/ your knowledge/ a little bit.//

考え方を少し変えてみましょう

Because we think/ liars fidget all the time.//

私たちは嘘つきは始終そわそわしていると思っていますが

Well guess/ what,/ they're known to freeze/ their upper bodies/ when they're lying.//

嘘をついているときは上半身を動かさないものなのです

We think/ liars won't look you/ in the eyes.//

嘘つきは目を見ないと思っていますが

Well guess/ what,/ they look you/ in the eyes/ a little too much just/ to compensate for that myth.//

嘘つきはこのことを逆手にとって 余計に長く目を見つめるのです

熱心さやほほえみは 正直さや 親密さをあらわすと思われていますが

But a trained liespotter can spot a fake smile/ a mile away.//

訓練された嘘発見人は偽の微笑みを 1キロ先からでも見抜くことができます

Can you all spot the fake smile here?//

どちらが偽の笑いかわかりますか?

You can consciously contract the muscles/ in your cheeks.//

ほほの筋肉は意識して 動かすことができますが

But the real smile's in the eyes,/ the crow's feet of the eyes.//

本物の笑みの場合は目じりに小じわができます

They can not be consciously contracted,/ especially/ if you overdid the Botox.//

ボトックス注射をしすぎると 特に目の筋肉は動かせなくなりますので

Don't overdo the Botox;/ nobody will think/ you're honest.//

やりすぎに注意 誰もあなたを信頼しなくなりますよ

Now/ we're going to look/ at the hot spots.//

さて 今度は嘘の現場を見ていきましょう

Can you tell/ what's happening in a conversation?//

次の会話で何がおきているかわかりますか?

Can you start to find/ the hot spots/ to see the discrepancies/ between someone's words and someone's actions?//

話されている言葉としぐさの 不一致を見つけることで 嘘を見抜くことができるでしょうか

Now/ I know/ it seems really obvious,/ but when you're having/ a conversation/ with someone/ you suspect of deception,/ attitude is by far/ the most overlooked/ but telling of indicators.//

ごく当たり前と思われるでしょうが 嘘と疑っている人と話す時には 大変見落とされがちなのですが 実は態度が嘘をついているかどうかを表します

An honest person is going to be cooperative.//

無実な人は協力的で

They're going to show/ they're on your side.//

あなたの味方だという態度を示し

They're going to be enthusiastic.//

熱心に 自分から進んで 真実をみつける

They're going to be willing and helpful/ to getting you/ to the truth.//

手助けをしようとします

They're going to be willing/ to brainstorm,/ name suspects,/ provide details.//

一緒に考え 疑わしい人の名前をあげたり 詳細な話をします

They're going to say,/ "Hey,/ maybe/ it was those guys/ in payroll/ that forged those checks."//

こんなことを言うかもしれません 「給料を改ざんしたのは給与計算課のあいつかもしれません」

They're going to be infuriated/ if they sense they're wrongly accused throughout the entire course of the interview,/ not just/ in flashes;/ they'll be infuriated throughout the entire course of the interview.//

無実の人は不当に疑われていることがわかったら 一瞬ではなく、 取り調べの間ずっと激昂するはずです

And/ if you ask someone honest/ what should happen to/ whomever did forge those checks,/ an honest person is much more likely/ to recommend strict/ rather than/ lenient punishment.//

改ざんの犯人に対して どんな処罰を与えるべきか無実な人に質問すると 寛大ではない厳しい処置を するべきだと答えることが多いのです

Now/ let's say/ you're having/ that exact same conversation/ with someone deceptive.//

では これと全く同じ質問を 嘘を付いている人にしてみるとしましょう

That person may be withdrawn,/ look down,/ lower/ their voice,/ pause,/ be kind of herky-jerky.//

その人は体を遠ざけて 下を向き 声を低くし 尻込みし ぎこちない態度をとるでしょう

Ask/ a deceptive person to tell their story,/ they're going to pepper/ it/ with way/ too much detail/ in all kinds of irrelevant places.//

嘘をついている人に話をさせると 重要でないすべてのところに 細かい説明をつけすぎるでしょう

And then/ they're going to tell/ their story/ in strict chronological order.//

そして 厳密に時系列に話をします

And what a trained interrogator does/ is they come in and in very subtle ways/ over the course of several hours,/ they will ask that person/ to tell/ that story backwards,/ and then/ they'll watch them/ squirm,/ and track/ which questions produce the highest volume of deceptive tells.//

訓練された尋問者は 数時間にわたる尋問で さりげなく少しずつ検証します 同じ話を逆さまに話してくださいと頼んで その人が落ち着かない時を探し どの質問が最も疑わしい兆候があったのかを見極めます

Why do they do that?// Well/ we/ all do the same thing.//

なぜこの方法なのでしょう?人は同じように準備するからです

We rehearse our words,/ but we rarely rehearse our gestures.//

嘘をつくときに話のおさらいはしますが 身振りまでは練習しません

We say "yes,/"/ we shake our heads "no."//

「はい」といいつつ頭を「いいえ」と振ったり

We tell very convincing stories,/ we slightly shrug our shoulders.//

非常に説得力のある話をしながら 肩をわずかにすくめたりします

We commit terrible crimes,/ and we smile at the delight/ in getting away/ with it.//

恐ろしい犯罪を犯した時に 逃れられた安堵から笑みを浮かべます

Now/ that smile is known in the trade/ as "duping delight."//

この笑みは「duping delight(欺瞞者の喜悦)」として知られています

And we're going to see/ that in several videos/ moving forward,/ but we're going to start --/ for those of you/ who don't know him,/ this is presidential candidate John Edwards/ who shocked America/ by fathering a child/ out of wedlock.//

では いくつかのビデオを見てみましょう 最初のビデオは ご存じない方のためにご説明しますと 大統領候補だったジョン・エドワードで 婚外子がいたことでアメリカに衝撃を与えた人です

We're going to see/ him/ talk about getting a paternity test.//

彼が親子鑑定を受けることについて話しているところの映像です

See now/ if you can spot him/ saying,/ "yes"/ while shaking his head "no,/"/ slightly shrugging/ his shoulders.//

彼が「はい」といいながら首を振っているところや わずかに肩をすくめているところなどを 見つけることができるかどうか試してください

(Video)/ John Edwards:/ I'd be happy/ to participate in one.//

(ビデオ)ジョン・エドワード: 喜んで受けますよ

I know/ that it's not possible/ that this child could be mine,/ because of the timing of events.//

子供ができた時期から考えて 私の子供でないということを 確信していますから

So I know/ it's not possible.//

ありえないということを知っています

Happy to take a paternity test,/ and would love to see/ it happen.//

進んで親子鑑定を受けて 結果を知りたいと思っています

Interviewer:/ Are you going to do that soon?// Is there/ somebody --/ JE:/ Well,/ I'm only one side.// I'm only one side of the test.//

インタビュアー:鑑定はすぐにお受けになる予定ですか?他にも-- エドワード:いや 私だけです 受けるのは私一人だけですが 進んで受けますよ

But I'm happy/ to participate in one.//

エドワード:いや 私だけです 受けるのは私一人だけですが 進んで受けますよ

PM:/ Okay,/ those head shakes are much easier/ to spot/ once you know to look/ for them.//

パメラ:いかがでしょう わかっていれば 首を振っているのを見つけるのは簡単ですね

There're going to be times/ when someone makes one expression/ while masking another/ that just kind of leaks/ through in a flash.//

自分の感情を覆い隠そうとして 別の表情をする時には ほんの一瞬ですが 元の感情が漏れ出ることがよくあるのです

Murderers are known to leak sadness.//

殺人者は悲しみの表情を漏らすことで知られています

Your new joint venture partner might shake your hand,/ celebrate,/ go out/ to dinner with you/ and then leak an expression of anger.//

新しい提携先と合意に達して お祝いに夕食を共にした時 怒りの表情を漏らすかもしれません

And we're not all going to become/ facial expression experts overnight here,/ but there's one/ I can teach you/ that's very dangerous,/ and it's easy/ to learn,/ and that's the expression of contempt.//

一晩で表情分析の専門家にはなれないですが 簡単に学べて非常に危険な兆候を一つお教えしましょう それは侮蔑の表情です

Now/ with anger,/ you've got two people/ on an even playing field.//

怒りがあっても人は付き合っていき 同じ土俵にもいられます

It's still somewhat of a healthy relationship.//

いくらかは健全な関係があるからです

But when anger turns to contempt,/ you've been dismissed.//

しかし怒りが侮蔑に変わったら もうそこまでです

侮蔑とは道徳的上位に立っているということだからです

And/ for that reason,/ it's very, very hard to recover from.//

この理由から 関係を修復するのが大変大変難しいのです

Here's/ what it looks/ like.//

これが侮蔑の表情です

It's marked by one lip corner pulled up and in.//

片方の口の端が 上に上がって中に入り込みます

It's the only asymmetrical expression.//

表情の中で 侮蔑はたった一つの非対称な表情です

And/ in the presence of contempt,/ whether or not deception follows --/ and it doesn't always follow --/ look the other way,/ go the other direction,/ reconsider the deal,/ say,/ "No thank you.// I'm not coming up/ for just one more nightcap.// Thank you."//

この侮蔑の表情を見たら 騙そうとしていようがいまいが -- 侮蔑は騙しているとは限らないので -- すぐに 背を向け 方向転換して 取引を見直すべきです 「結構です もう誘われても来ません それでは」と言いなさい

Science has surfaced many, many more indicators.//

科学は もっともっとたくさんの 嘘の兆候を暴き出しています

We know,/ for example,/ we know/ liars will shift their blink rate,/ point their feet/ towards an exit.//

たとえば 嘘つきは まばたきの回数を変えること 足を出口側に向けようとします

They will take barrier objects/ and put them/ between themselves/ and the person/ that is interviewing them.//

インタビュアーとの間に物をおいて 垣根を作ろうとします

They'll alter their vocal tone,/ often/ making their vocal tone much lower.//

声のトーンを変え しばしば低い声をだそうとします

Now here's the deal.//

さて ここが重要ですが

These behaviors are just behaviors.//

しぐさは単にしぐさにすぎません

They're not proof of deception.//

嘘の証拠ではありません

They're red flags.//

これらは注意信号です

We're human/ beings.//

私たちは人間です

We make deceptive flailing gestures all/ over the place/ all day long.//

一日中いたるところで嘘が疑われる動作をしています

They don't mean anything/ in and of themselves.//

しぐさ自体は何も意味していません

But when you see clusters of them,/ that's your signal.//

しかし それがいくつもあったら 注意が必要です

Look,/ listen,/ probe,/ ask some hard questions,/ get out of that very comfortable mode of knowing,/ walk into curiosity mode,/ ask more questions,/ have a little dignity,/ treat the person/ you're talking/ to/ with rapport.//

よく見聞きし 探り 難しい質問を投げてみましょう ゆったりとくつろいだ雰囲気から 興味を惹かれた感じでもっと質問をしてみましょう 尊厳を忘れずに 親密な間柄だと感じさせるようにしながらです

Don't try to be like those folks/ on "Law & Order"/ and those other TV shows/ that pummel their subjects/ into submission.//

刑事ドラマの「Law&Order」のやり方を真似て 降伏するまで叩きのめすような方法はやめましょう 刑事ドラマの「Law&Order」のやり方を真似て 降伏するまで叩きのめすような方法はやめましょう

Don't be too aggressive,/ it doesn't work.//

攻撃的にならないこと それではうまく行きません

Now/ we've talked a little bit/ about how to talk to someone/ who's lying/ and how to spot a lie.//

さて ほんのさわりですが 嘘をついている人との話し方 また 嘘の見つけ方について話しました

And/ as I promised,/ we're now going to look/ at what the truth looks like.//

次は 約束通り 真実を語る人がどう見えるのかお話しましょう

But I'm going to show/ you/ two videos,/two mothers --/ one is lying,/one is telling the truth.//

これから2つのビデオをお見せしましょう 二人の母親のうち 片方は嘘をついていて

And these were surfaced by researcher David Matsumoto/ in California.//

もう片方は本当のことを語っています カリフォルニアの研究者デイヴッド・マツモトによって見いだされました

And I think/ they're an excellent example of what the truth looks like.//

これは真実がどのように見えるのかの 非常によい例だと思います

This mother,/ Diane Downs,/ shot her kids/ at close range,/ drove them/ to the hospital/ while they bled all/ over the car,/ claimed/ a scraggy-haired stranger did it.//

この母親 ダイアン・ダウンズは 自分の子供を至近距離で撃ってから 車の中を血まみれにしながら 車で病院にかけこみ 髪の薄い見知らぬ人の犯行だと主張したのです

And you'll see/ when you see the video,/ she can't even pretend to be an agonizing mother.//

このビデオを見ると 彼女が苦悩する母親の 振りすらできていないことがわかるでしょう

What you want to look/ for here is an incredible discrepancy/ between horrific events/ that she describes/ and her very,/ very cool demeanor.//

ここで見ていただきたいのは 信じられないほどの乖離です 彼女が説明する恐ろしい出来事に対して 彼女の態度は非常に冷静です

And/ if you look closely,/ you'll see duping/ delight/ throughout this video.//

また よく見ると「欺瞞者の喜悦」があちこちに現れているのが分かります

(Video)/ Diane Downs:/ At night/ when I close my eyes,/ I can see Christie/ reaching her hand/ out/ to me/ while I'm driving,/ and the blood just kept coming/ out of her mouth.//

(ビデオ)ダイアン・ダウンズ: 夜に目を閉じると 車を運転している間にクリスティが私に手を延ばして 口から血が流れ続けている光景が見えるのです

And that --/ maybe/ it'll fade too/ with time --/ but I don't think so.//

日が経つにつれて薄れるだろうと言われますが 私にはそうは思えません

That bothers me/ the most.//

このことが一番私を苦しめています

PM:/ Now/ I'm going to show/ you/ a video of an actual grieving mother,/ Erin Runnion,/ confronting her daughter's murderer and torturer/ in court.//

パメラ: 次は 本当に悲嘆にくれている母親 エリン・ルニオン のビデオをお見せしましょう 自分の娘を虐待して殺した犯人に対峙しているところです

Here/ you're going to see/ no false emotion,/ just the authentic expression of a mother's agony.//

ここには全く偽りの感情がなく 母親の本物の悲痛な感情があるばかりです

(Video)/ Erin Runnion:/ I wrote this statement/ on the third anniversary of the night/ you took my baby,/ and you hurt her,/ and you crushed her,/ you terrified her/ until her heart stopped.//

(ビデオ)エリン・ルニオン:私はこの陳述を 娘の3回目の命日に書きました あなたが殺し 痛めつけ 押しつぶし あの子の心臓が止まるまで 傷めつけた日に

And she fought,/ and I know/ she fought you.//

あの子は何度も抵抗したはずです

But I know/ she looked at you/ with those amazing brown eyes,/ and you still wanted to kill/ her.//

あの子はあなたを見たはずです あの素晴らしい茶色の目で でもあなたはそれでもあの子を殺したかったのです

And I don't understand it,/ and I never will.//

私には どうしてそんなことができるのか 理解できません 今後も絶対ずっと理解できません 私には どうしてそんなことができるのか 理解できません 今後も絶対ずっと理解できません

PM:/ Okay,/ there's no doubting/ the veracity of those emotions.//

パメラ:この感情が本物なことに疑いはないでしょう

Now/ the technology/ around what the truth looks/ like is progressing on,/ the science of it.//

真実がどのように表されるのかについての 科学技術は進歩しています

We know for example/ that we now have specialized eye trackers and infrared brain scans,/ MRI's/ that can decode the signals/ that our bodies send out/ when we're trying to be deceptive.//

例えば 視線追跡装置や赤外線脳スキャン 嘘をつこうとしている時に体から発される 信号を解読するMRIなどがあります

And these technologies are going to be marketed to all of us/ as panaceas/ for deceit,/ and they will prove incredibly useful some day.//

こうした技術が世界中に売り込まれるでしょう いつの日か 詐欺に対する万能薬として こうした機器は非常に便利になるでしょう

But you've got to ask/ yourself/ in the meantime:/ Who do you want on your side of the meeting,/ someone/ who's trained in getting to the truth/ or some guy/ who's going to drag/ a 400-pound electroencephalogram/ through the door?//

しかしそれまでは自力で嘘をみつけなければなりません 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 どちらがいいですか?

Liespotters rely on human tools.//

嘘発見人は人間的手段に頼ります

They know,/ as someone once said,/ "Character's/ who you are in the dark."//

誰かが言った「影に隠れた人格」のことを よく知っているからです

And what's kind of interesting is that/ today/ we have so little darkness.//

ただ それなのに面白いことは 今の私たちには影がほとんどないことです

Our world is lit up/ 24 hours/ a day.//

私たちは24時間白日のもとにいます

It's transparent/ with blogs/ and social networks/ broadcasting the buzz of a whole new generation of people/ that have made a choice/ to live their lives/ in public.//

私たちの世界はつつぬけです ブログやSNSで 自分達の生活を公開することを選んだ 全く新しい世代の人々が噂話を公開しています

It's a much more noisy world.//

以前に比べて遙かに真実が見えにくくなった世界です

So one challenge/ we have/ is to remember,/ oversharing,/ that's not honesty.//

私たちに与えられた一つの課題は 過度な共有は正直さではないということを 覚えておくことです

Our manic tweeting and texting can blind us/ to the fact/ that the subtleties of human decency --/ character integrity --/ that's still/ what matters,/ that's always/ what's going to matter.//

熱狂的なツイートやテキストメッセージは さりげなく表される良識や高潔さが 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます

So/ in this much noisier world,/ it might make sense/ for us/ to be just a little bit more explicit/ about our moral code.//

つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは 今までよりもほんの少し 自分の道徳基準を明確に示すことです

When you combine the science of recognizing deception/ with the art of looking,/ listening,/ you exempt yourself/ from collaborating in a lie.//

科学的な嘘識別と よく見て聞き出す技を組み合せれば 科学的な嘘識別と よく見て聞き出す技を組み合せれば 嘘に乗せられずにすみます

You start up/ that path of being just a little bit more explicit,/ because you signal to everyone/ around you,/ you say,/ "Hey,/ my world,/ our world,/ it's going to be an honest one.//

あなたは 今よりほんの少し 明確に示す生き方を始めます なぜなら あなたは周囲の人に対して 「私の 私たちの世界を 正直な世界にするの

My world is going to be one/ where truth is strengthened/ and falsehood is recognized and marginalized."//

真実が力を増し 偽りは 悟られてしまって効果の無い世界になる」と言うからです

And when you do that,/ the ground/ around you starts to shift/ just a little bit.//

これを実践していけば 周りがほんの少しずつ変わり始めます

And that's the truth.// Thank you.//

それこそが真実です ありがとうございました

(拍手)

okay

=OK,O.K.

alarm

〈C〉『警報』;『警報器』

〈C〉警報装置

〈U〉(不意に危険を感じた時の)恐怖,驚愕(がく)

…‘に'『警報する』,急を告げる

…'を'『怖がらせる』,おびえさせる(frighten)

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

liar

『うそつき』

laughter

『笑い』,笑い声

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

ultimately

最後に,ついに

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

no one

『だれも』…『ない』

ca

circa

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

deception

〈U〉だますこと,だまされること

〈C〉策略,たくらみ

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

cooking

料理;料理法

料理用の

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

clarify

…'を'明らかにする,理解しやすくする

〈液体・空気など〉'を'澄ませる,浄化する

〈思想・意味などが〉分かりやすくなる,明解になる

澄む,透明になる

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

eyebrow

眉弓(びきゅう)(目の上の弓状突起部)

『まゆ』,まゆ毛

flare

(風などで)〈炎が〉ゆらゆら燃える

〈怒りなどが〉急に燃え上がえる

(らっぱの口のように)外に向かって開く;〈スカートが〉フレアになっている

〈U〉ぱっと燃え上がる炎(光)

〈C〉照明装置;照明弾

〈C〉《単数形で》(感情などの)ほとばしり.爆発《+『of』+『名』》

〈U〉(らっぱの口のような)(…の)末広がり《+『of』+『名』》

nostril

鼻孔

lying

lieの現在分詞

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

times

…掛ける

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

proposition

『提案』,申し出

陳述,飽張

(論理学の)命題;(数学の)定理

《話》(扱わなければならない)仕事,事柄;相手

〈人〉‘に'提案する,事を持ちかける

following

《the following》(時間・順序において)『次の』,次に来る

《the following》次に述べる,下記の

同じ方向に動く

崇拝者,支持者,門下

《the following》《単数・複数扱い》『次に述べるもの』(人・事項),下記のもの

cooperative

協力的な,助けになる

協力の,協同の

協同組織の

協同組合

共同アパート(コーポ)

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

whatsoever

whatever の強調形

mere

『ほんの』,単なる

utterance

〈U〉(言葉を)発すること,発声

〈U〉発表力,話しぶり

〈C〉言葉,表現;言説,意見;(言語学で)発話

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

harmful

『有害な』,害になる

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

participant

(…の)関係者,(…への)参加者《+『in』+『名』》

sake

『ため』;利益;理由,目的

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

Nice

ニース(フランス南東部の地中海に臨む港市;避寒・保養地)

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

spam

スパム(コンビーフに似た豚肉かん詰の商標名:アメリカ軍に占領された歴史の長い場所、例えば沖縄・ハワイ・フィリピンなど、で郷土料理に採り入れられることが多い)・迷惑メール・迷惑メールを送る

folder

紙ばさみ

(印刷した1枚の紙を数ページに折り畳んだ)折り本;折り畳み広告,折り畳み時間表,折り畳み地図

折り畳む人;(紙などの)折り畳み機

unwilling

気が進まない,いやいやながらの,不本意の

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

fraud

〈T〉詐欺,ごまかし,

〈C〉詐欺行為,不正手段,

〈C〉にせ物,まやかし物

〈C〉ぺてん師,くわせ者

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

eyelash

《通例複数形で》まつ毛

まつ毛の1本

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

mortgage

『抵当』,担保;抵当権

抵当証書

…‘を'抵当に入れる

(あるものを得ようとして)〈命など〉‘を'投げ出してかかる,賭ける

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

traitor

(国・主義・信用などに対する)『裏切り者』,反逆者,むほん人《+to+名》

betray

(敵に)〈国・味団など〉'を'『裏切る』・売る《+『名』+『to』+『名』》

〈人,人の信頼・期体など〉‘に'そむく,'を'痢切る

(…に)〈秘密など〉'を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

(隠そうとしてはいるがうっかり)…'を'児す,表す

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

undermine

…‘の'下を掘る,下に穴(トンネル)を掘る

(浸食作用で)…‘の'土台を壊す(削る)

〈健康・名声など〉‘を'知らないうちに(徐々に)害する,弱める

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

con man

ペテン師

Henry

ヘンリー(1世から8世にいたる英国王の名の一つ)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

banking

銀行業務(経営)

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

crux

最も重要な点

難問,なぞ

deceive

〈人〉'を'『欺く』,『だます』,裏切る

欺く,人をだます

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

white lie

たわいない(罪のない)うそ(相手の感情を傷つけないための方便)

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

datum

dataの単数形

既知の事実

recoil

(恐怖・驚きなどのため)(…から)後ずさりする,しりごみする《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈銃などが〉反動ではね返る

しりごみ

(発射した銃の)はね返り

prevalent

『いたる所ににある』,流行している

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

thicken

…‘を'厚くする;…‘を'濃くする

厚くなる;濃くなる

〈話の筋などが〉複雑になる

coworker

協力者;仕事仲間

extrovert

外向的な人,社交的な人

introvert

〈心・考え〉‘を'内へ向ける,内向させる

内向的な人

men

manの複数形

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

spouse

配偶者,夫,妻

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

unmarried

未婚の,独身の

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

weave

織物を織る,機を織る

縫うように進む

〈毛糸・綿糸など〉‘を'『織って』(織物などを)『作る』《+名+into+名》

(毛糸・綿糸などから)〈織物〉‘を'『織る』,編む《+名+from(of)+名》

〈かごなど〉‘を'編む,編み上げる

(かごなどに)…‘を'編んで作る《+名+into+名》

(いくつかの事実・材料から)〈物語・計画など〉‘を'作り上げる,組み立てる《+名+from+名》

(ある物語・計画などに)〈事実・材料など〉‘を'組み立てる《+名+into+名》

《weave one's way の形で》縫うように進む

織り[方];編み[方]

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

lives

lifeの複数形

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

ambivalent

二重傾向のある;(人・物に対して)相反する感情を持つ《+『towards』(『about』)+『名』(do『ing』)》

parse

〈文〉‘を'文法的に説明する;〈文〉‘を'構成要素に分折する

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

sanction

〈U〉(支配者・当局の)『認可』,許可,裁可《+『of』+『名』》

〈U〉(一般に)(…の)承認,支持《+『for』+『名』》

〈C〉《複数形で》(国際法で,国際法違反国に加える)『制裁』

〈C〉(正式の)処罰,制裁;(道徳律などの)拘速[力]

〈支配者・当局が〉…‘を'認可する,裁可する,許可する《+『名』(do『ing』)》

(一般に)…‘を'承認する,支持する;〈…すること〉‘を'承認する《+do『ing』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

Dante

ダンテ(1265‐1321;イタリアの詩人;「神曲」の作者)

Shakespeare

シェークスピア(『William~』;1564‐1616;英国の大劇作家・詩人)

Bible

《the~》『聖書』

〈C〉《b-》権威ある書籍

〈C〉《しばしばb-》(諸宗数の)聖典

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

researcher

研究者,調査員

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

deceptive

人をだますような;当てにならない,惑わす(misleading)

gorilla

ゴリラ

sign language

身振り(手まね)言語;指話法

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

via

『…経由で』で,を経て

…によって

kitten

『子猫』

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

fluffy

けばの,綿毛の;綿毛におおわれた;綿毛状の

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

rip

…‘を'『裂く』,破る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈穴など〉‘を'裂いて(破って)作る

…‘を'裂いて(はうって)取る《+『out』(『off, away』)+『名,』+『名』+『out』(『off, away』)》;(…から)…‘を'破って取る《+『名』+『out of』(『off, away from』)+『名』》

〈木材〉‘を'縦びきする

裂ける,破れる

裂け目,破れ目

引き裂くこと

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

crying

叫ぶ,泣き叫ぶ;泣く,涙を流す

《名詞の前にのみ用いて》さし迫った,緊急の

concealment

〈U〉隠すこと,隠れること

〈C〉隠れ場所

bluff

『絶壁の』,切り立った

(不親切ではないが)『ぶっきらぼうな』,無愛想な

絶壁;切り立った岬

outright

完全の,全くの

(比較変化なし)包み隠さず,率直に

直ちに,すぐさま

即座に

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

flattery

〈U〉へつらう(おせじを言う)こと

〈C〉(具体的な行為・言葉となった)『おせじ』,へつらい

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

mom

=mother

breadwinner

一家のかせぎ手

clutter

(…で)〈場所など〉'を'取り散らかす《+『up』+『名』(+『名』+『up』)+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉混乱,散乱

〈C〉散乱した物,がらくた

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

ingenious

(人が)器用な,創造性(想像力)がある

(機械などが)精巧に作られた;巧妙な

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

thief

『泥棒』,(特に)こそどろ,空き巣

world-class

世界的な,世界一流の

schemer

計画者;策士

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

morass

〈C〉沼地,低湿地

〈U〉《時にa ~》難局

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

accurate

『正確な』,的確な,精密な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

relation

(またrelationship)〈U〉『関係』,関連

〈U〉血縁関係,親族関係

〈C〉親類,親戚

《複数形で》(個人・組織・国などの,相互の)利害関係《+『between』(『with』)+『名』》

《文》〈U〉話すこと;〈C〉話,物語

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

allegation

(十分な証拠を持たない)主張,申し立て

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

telltale

《話》秘密をもらす人,告げ口する人

秘密などをもらす,隠そうとしても現れる

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

denial

〈U〉〈C〉(…の)『否定』,否認《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(…の)『拒絶』,拒否《+『of』+『名』》

〈C〉拒絶宣言

resort

《『resort』『to』+『名』(do『ing』)+『for』+『名』》(…に…を)やむを得ず訴える(頼る)

《『resort』 『to』+『名』》(…へ)よく行く,しげしげと通う

〈C〉『行楽地』,『保養地』

〈C〉(人が)よく集まる場所《+『of』+『名』》

〈C〉頼りになる人(物),頼みの網

〈U〉(…に)頼ること,訴えること《+『to』+『名』》

formal

『正式の』,公式の,本式の

形式ばった;改まった

形式的な,表面的な

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

informal

『正式でない』,略式の

打ち解けた,儀式ばらない

口語体の,会話調の

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

unconsciously

意識を失って;知らずに,無意識に,何気なく

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

Nixon

ニクソン(『Richard Milhous~』;1913‐;米国第37代大統領1969‐74)

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

giveaway

《a ~》(秘密などを)うっかり漏らすこと,口をすべらすこと

《米》(買い気をそそるための)景品,(売りあげを増すための)おつとめ品,サービス品

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

discredit

(…に対して)…‘の'信用(評判)を落とす,面目を失わせる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'信用しない,疑う(doubt)

…‘を'信用できないものとする

〈U〉信用を失うこと;不信,疑惑

〈U〉不名誉,不面目,不評,悪評(disgrace)

〈C〉《通例a~》(…の)不評を招く人(物),不評を招く原因《+『to』+『名』》

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

entirety

〈U〉完全[であること]

〈C〉全体,全部

pepper

〈U〉『こしょう』

〈C〉コショウ科の植物

〈C〉こしょうの実

…‘に'こしょうをかける

(繰り返し…を)…‘に'振りかける《+『名』+『with』+『名』》

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

Freud

フロイト(『Sigmund』~;1856‐1939;精神分析学の創始者)

mortal

『必ず死ぬ運命の』

『致命題な』,命とりの(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》(はかない)人間の,現世の

《名詞の前にのみ用いて》死ぬまで続く;殺さずにはおかない

死の;死のぎわの

《名詞の前にのみ用いて》《話》非常な,はなはだしい

許すことのできない,永遠の死を招く

《しばしばおどけて》人間

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

silent

『音がしない』,静かな

『沈黙の』,口に出さない;音をたてない・無口の・《補語にのみ用いて》(…について)意見を述べていない,触れていない《+『about』(『on』)+『名』》

活動していない・(映画が)無声の・(文字が)発音されない・無声映画

chatter

(…について)『ぺちゃくちゃしゃべる』《+『away』(on)+『about』+『名』》

(鳥が)けたたましく鳴く,(猿が)キャッキャッと鳴く

〈歯・機械などが〉ガタガタ(ガチャガチャ)鳴る

〈くだらぬことなど〉'を'ぺちゃくちゃしゃべる

おしゃべり,ぺちゃくちゃ

(鳥の)けたたましく鳴く声,(猿の)キャッキャッという声

〈機械・歯などの〉ガタガタ(ガチャガチャ)する音

fingertip

指先

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

body language

ボディーランゲジ(相手に意志・感情を伝えようとしてする身振りや表情など)

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

temper

〈C〉〈U〉『立腹,』かんしゃく(rage)

〈C〉『気質』,気性(disposition);『気分』,きげん

〈U〉(心の)『落ち着き』,平静,冷静(composure)

〈u〉(鉄・金属などの)硬度

(…で)〈…の強さ・激しさなど〉‘を'和らげる,ゆるめる《+名+with+名》

(苦労などで)…‘を'強くする,鍛える《+名+by+名》

〈鋼鉄・粘土など〉‘を'適度の硬さにする,焼き入れする

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

fidget

そわそわする,もぞもぞする

(物を)いじる,もてあそぶ《+『with』+『名』》

〈人〉‘に'気をもたせる

《the fidgets》そわそわすること,落ち着かないこと

〈C〉落ち着かない人

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

compensate

(…に対して)〈人〉‘に'『補償する』《+『名』+『for』+『名』》

〈損失など〉'を'『償う』

《米》…‘に'報酬(給与)を支払う

(損失などを)『償う』《+『for』+『名』》

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

warmth

(…に)『暖かさ』《+of+名》

熱心,熱意,興奮

心の暖かさ,温情

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

convey

(…に)…'を'『運ぶ』,運搬する《+『名』+『to』+『名』》

〈思想・意味など〉'を'伝達する

(…に)〈財産など〉'を'正式に譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

honesty

『正直』,実直,誠実

sincerity

『誠実』,偽りのないこと,正直

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

consciously

意識して,故意に

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

cheek

〈C〉『ほお』

〈U〉《話》生意気な言葉;生意気,厚かましさ

〈C〉《俗》尻(しり)

crow

『カラス』

=crowbar

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

especially

『特に』,特別に;きわだって

overdo

…‘を'やり過ぎる,‘の'度を越す

…‘を'煮過ぎる,焼き過ぎる;〈塩など〉‘を'入れ過ぎる

やり過ぎる,度を越す

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

discrepancy

(…との)相違,不一致,食い違い《+『between』+『名』》

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

enthusiastic

『熱狂的な』,熱烈な

helpful

『助けになる』,役に伝つ

brainstorm

(突然の一時的な)精神錯乱

《米話》ひらめき,突然浮かんだ名案

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

payroll

給料支払い薄

《単数形ぃ》給料支払い総額

forge

(かじ場の)炉

かじ屋の仕事場;鉄工場

〈金属〉‘を'鍛(きた)える;(…から)〈馬ていなど〉‘を'鍛えて作る《forge+名+from)out of)+名》

〈計画など〉‘を'作り上げる

〈文書など〉‘を'偽造する

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

infuriate

<人>‘を'激怒させる,憤激させる

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

wrongly

間違って,誤って;よこしまに,不正に,不法に

accuse

(…の罪で)〈人〉'を'『告発する』,告訴する《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

(…であると)〈人〉'を'『非難する』,責める《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

flash

(花・炎などの)『ひらめき』,ぴかっと(ぱっと,ちらっと)光ること;閃光(せんこう)《+『of』+『名』》

(機知などの)『ひらめき』;(喜びなどが)急にわいてくること《+『of』+『名』》

(写真の)フラッシュ

瞬間

ニュース速報,特報

『ぱっと光る』,(反射して)きらめく

〈目などが〉きらりと(ぎらっと)光る

(心に)〈言葉・考えなどが〉『ひらめく』《+『through』(『into, across』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人・車などが〉さっと通り過ぎる

…‘を'ぱっと照らす;〈火・光〉‘を'ぱっと発する

…‘を'ちらり(ぴかり,ぎらり)とさせる

(…に)〈サイン・視線など〉‘を'すばやく送る,さっと送る《+『名』+『at』+『名』》

(電信で)…‘を'急送する,速報する

急で短い,瞬間的な

《英話》(現代ふうで)気のきいた

whomever

『…する人はだれでも』

『だれを…しようとも』

recommend

…‘を'『推薦する』,推奨する

〈事〉‘を'『勧める』,勧告する

〈物事が〉…‘を'好ましてものにする,‘の'とりえとなる

(神などに)…‘を'ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

strict

(人が)『厳しい,』厳格な

<規則などが>『厳しい,』厳重な

『厳密な,』正確な

完全の,絶対の

lenient

寛大な,哀れみ深い,情け深い

punishment

〈U〉罰を[を受けること]

〈C〉処罰,刑罰

〈U〉ひどい仕打ち,虐待

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

withdraw

(…から)…‘を'『引っ込める』《+名+from+名》

(…から)…‘の'身を引かせる,‘を'退かせる《+名+from+名》

(…から)…‘を'引き出す,回収する《+名+from+名》

〈申し出・約束など〉‘を'取り消す,撤回する

『引き下がる』;(…から,…へ)退く《+from(into)+名》

(…から)身を引く《+from+名(doing)》

よける,身をかわす

取り消す,撤回する

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

irrelevant

見当違いの;取るに足りない

chronological

年代順の,年代順に配列した

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

interrogator

質問者,尋問者

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

squirm

体をよじる,もがく

もじもじする,きまり悪がる

もがく(よじる)こと

もじもじすること

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

rehearse

(公演前に)…‘を'けいこする,リハーサルをする

〈俳優など〉‘に'けいこをつける

《文》…‘を'詳しく述べる,物語る

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

gesture

〈U〉〈C〉(気持ちや考えを表現するときの)『身ぶり』,手まね,しぐさ

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(うわべにせよ,心からにせよ,礼儀・尊敬・友情などを表す)行為,しぐさ,印

〈人が〉身ぶり(手ぶり)をする;(人が…するように)身ぶり(手ぶり)で示す《+『for』+『名』〈人〉+『to』 do》

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

convincing

(人を)納得させる,説得力のある

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

shrug

〈骨〉‘を'『すくめる』

『骨をすくめる』

骨をすくめること

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

delight

〈U〉『大喜び』,歓喜

〈C〉『楽しみ』,うれしいこと

…'を'『大いに楽シマセる』,大喜びさせる,うれしがらせる

『大喜びする』,うれしがる,楽しむ

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

dupe

(他の人に)だまされやすい人《+『of』+『名』》

〈人〉‘を'だます;〈人〉‘を'かついで…させる《+『名』〈人〉+『into』 do『ing』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

presidential

大統領の,会長の,社長の

candidate

(…の)『候補者』,志願者《+『for』+『名』》

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

wedlock

結婚している状態,婚姻関係(matrimony)

paternity

父であること(fatherhood);父系

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

timing

時間の調節;時間を測定[記録]すること

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

interviewer

面接する人,会見者;訪問記者

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

mask

(顔の一部または全部をおおう)『仮面』,覆面

(防護用の)『マスク』,面

(石膏(せっこう)などの)面型

(物・事柄を)覆い隠すもの;見せかけ

〈顔〉‘に'面をかぶせる

(…から)〈物・事柄など〉‘を'隠す《+『名』+『from』+『名』》

leak

〈U〉〈C〉(水・空気・ガス・光などが)漏れること

〈C〉『漏れ口』,漏れ穴

〈C〉(秘密などの)漏えい《+『of』+『名』》

〈船・屋根・容器などが〉漏る

(…から,…の中へ)〈水・空気・ガス・光など〉漏れる《+『from』(『into』)+『名』》

〈秘密などが〉漏えいする《+『out』》

〈水・空気・ガス・光など〉‘を'漏らす

(…に)〈秘密など〉‘を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

murderer

殺人者,人殺し,謀殺犯

sadness

悲嘆(sorrow)

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

contempt

《時に形容詞を伴って,a~》(人・物に対する)『軽べつ』,侮り《+『for』+『名』》

(人から)軽べつされていること,(人から受けた)さげすみ,恥辱(ちじょく)

(法廷・人法機関に対する)侮辱罪,侮辱行為《+『of』+『名』》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

somewhat

『幾分か』,少し

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

superiority

『優越』,優位,優勢

高慢;超然

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

reconsider

…‘を'再考する,考え直す

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

nightcap

ナイトキャップ(夜寝るときかぶル帽子)

寝る前に飲む酒

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

towards

toward

exit

『出口』

退出,退去;(舞台からの俳優の)退場

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

vocal

『声の』,音声の

声に出す,口頭の

《話》(意見などを)遠慮なくしゃべる,口やかましい

(ポピュラー歌手の)ボーカル

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

red flag

〈C〉危険信号に用いる赤い旗

《the ~》《しばしば『R-』》赤旗(左翼政党の旗)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

probe

(傷の深さを調べる)さぐり針

(…を)厳密に調べること,精査《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

(また『space probe』)(ロケットの)宇宙探測機

…‘を'厳密に調べる

〈傷〉‘を'さぐり針で調べる

(…を)厳密に調べる《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

rapport

(人との)親密な関係,相互の信頼関係《+『with』(『between』)+『名』》

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

pummel

=pommel

submission

服従,屈服,降伏

従順

(考慮・決定を求めて書類などの)提出,提示《+of+名》

aggressive

侵略的な,攻撃的な

積極的な,反対を恐れない

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

hospital

『病院』

bleed

『出血する』,血を流す;血を流して死ぬ

(切り口などから)〈植物が〉樹液を出す

(…に)血の出るような思いをする《+『for』+『名』》

〈絵具・染料などが〉にじむ

(病気の治療として)〈患者〉‘から'血をとる,放血させる

(切口・開口部から)〈血・樹液など〉'を'出す

…‘から'液体(ガス)を抜きとる;(液体・ガスなどを)…‘から'抜きとる《+『名』+『of』+『名』》

《話》…‘から'金をしぼり取る

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

pretend

…‘の'『ふりをする』,‘に'見せかける

《話》《『pretend』『to』do》…すると言い張る,主張する

(遊びで)…‘の'まねごとをする

『見せかける』,『取り繕う』,まねごとをする

(知識・才能などがあると)自負する,自任する《+『to』+『名』》

(王位などの権利があると)主張する《+『to』+『名』》

おもちゃの,空想上の

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

horrific

ぞっとするような,恐ろしい

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

grieve

(…を)『悲しむ』,嘆く《+『at』(『about,for,over』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『悲しませる』,悲嘆に暮れさせる

Erin

アイルランド(Ireland)

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

torturer

拷問にかける人,責める人

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

authentic

信頼できる,確かな

本物の,ほんとうの;模写ではない

agony

(長く激しい精神的・肉体的な)『苦悶』(くもん),苦痛

(特別な感情の)激発;突発

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

anniversary

(年ごとの)『記念日』,記念祭

記念日の

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

crush

…'を'『押しつぶす』,ぺしゃんこにする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『砕く』,粉々にする;…を砕いて(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…'を'押しつける《+『名』+『against』+『名』》;(…に)…'を'押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)…'を'押しつぶして出す,しぼり出す《+『名』+『from』+『名』》

…'を'ぎゅっと抱きしめる

…'を'打ちのめす,打ちひしぐ《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

『つぶれる』,ぺしゃんこになる;くしゃくしゃになる

『砕ける』,粉々になる

(…に)押し合って入る,殺到する《+『into』(『through』)+『名』》

〈C〉《単数形で》押し合いへし合い,殺到

〈C〉《話》《単数形で》大混雑の集会,すしづめの集会

〈U〉《英》(押しつぶして出した)果汁

〈C〉《話》(…に)のぼせ上がること,(…への)べたぼれ《+『on』+『名』》;のぼせ上がった相手

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

no doubt

確かに,きっと,恐らく

veracity

真実を語ること,正直さ

(事実・陳述の)真実性,正確さ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

tracker

野生動物の足跡をたどる人,狩猟者

infrared

赤外線の

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

decode

…‘の'暗号(code)を解く

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

panacea

万能薬

deceit

『欺くこと』,『偽り』,たくらみ,策略,ぺてん

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

incredibly

信じられないほど

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

meantime

『その間に』

その同じ時に;一方では

『合間』

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

electroencephalogram

脳電気図,脳波図

rely

『あてにする』,たよる

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

darkness

『暗さ』,『やみ』

徳黒さ

無知,無学

邪悪,腹黒さ

不明りょう,あいまいさ

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

broadcast

(ラジオ・テレビで)〈情報・音楽など〉'を'『放送する』

(一定地域に)〈種子〉'を'ばらまく

〈ニュース・うわさなど〉'を'広める,言いふらす

放送する

(ラジオ・テレビの)『放送番組』;放送

放送の,放送された(される)

ばらまかれた

ばらまいて,広く

buzz

(ハチ・ハエ・機械などの)『ブンブンいう音』

(人々の)ざわめき

〈ハチ・ハエ・機械などが〉『ブンブンいう』

(…で)〈人々・場所が〉ざわめく《+『with』+『名』》;(特に声を落として)(…を)ひそひそとうわさする(騒ぎたてる)《+『about』+『名』》

ブンブン音をたてて動く;せわしく動き回る《+『about』(around)》

(…を)ブザーで呼ぶ《+『for』+『名』》

〈人〉‘に'ブザーで合図する;(…するよう)〈人〉‘に'ブザーで知らせる《+『名』+『to』do》

《『buzz』+『that 節』》…‘と'ひそひそとうわさする

〈飛行機が〉…‘の'上をブンブン飛ぶ

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

noisy

(人・声などが)『やかましい』,騒々しい,(場所が)騒音に満ちている

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

manic

躁病(そうびょう)の,躁病にかかっている

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

subtlety

〈U〉微妙さ;〈C〉《しばしば複数形で》微細な点,細かい区別

〈U〉鋭敏,敏感;明察

〈U〉ずるさ,こうかつ

〈U〉精巧;難解

decency

〈U〉(言動・服装などが)きちんとしていること

〈U〉体面,体裁

《the decencies》《まれ》礼儀作法

〈U〉《話》親切,寛大

integrity

完全,無欠

高潔,清廉,誠実

explicit

明白に述べた

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

exempt

(義務などから)〈人〉‘を'免れさせる《+『名』〈人〉+『from』+『名』(do『ing』)》

(…を)免除された《+『from』+『名』(do『ing』)》

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

strengthen

…‘を'『強くする』,

『強くなる』,力がつく

falsehood

〈C〉偽りの陳述;うそ(lie)

〈U〉虚偽

〈C〉誤った考え(信念)

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画