TED日本語 - アンドリュー・バード: 独創的ひとりオーケストラ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

音楽の開拓者、アンドリュー・バードがトレードマークのバイオリンの技と、木琴、声、そして洗練された電子ループを操る。その上に超人的な口笛の能力を加えると、誰をも釘付けにするひとりオーケストラの出来上がり。

Script

話すことはいっぱいあるけど、 とりあえず演奏で始めます。

(音楽)

♪朝♪

♪起きると♪

♪コーヒー入れて♪

♪新聞読んで♪

♪そしてゆっくりと♪

♪そしてそっと♪

♪お皿を洗い♪

♪魚の餌やり♪

♪僕にハッピー・バースデーを歌う君♪

♪この日が♪

♪最後かのように♪

♪この地球で♪

(拍手)

はい。 今日はちょっと特別なことをしたいんだ。 取り掛かってから五、六ヶ月くらい経つ 新曲の発表だよ。 お客さんの前で 初めて曲を披露することほど ドキドキすることはないね。 特に仕上がってない曲ほど。 (笑) こうしてここでお話させてもらうことで 曲の完成に繋がればいいなと思って。 とんでもない分野に 入っていくから。 簡単に言うとこの曲は ループの話、 僕がここで創るようなループじゃなくて フィードバックのループ。 音響の世界では マイクが音源に 近づきすぎた時に、 自己破壊的なループに陥って かなり不快な音が出る時のこと。 今やってあげるよ。 (笑) 痛くないから。心配しないで。

♪これはループ、フィードバックループ♪

♪これはループ、フィードバックループ♪

♪これはループ、フィードバックループ♪

♪これはループ、フィードバックループ♪

♪これはループ、フィードバックループ♪

♪これはループ、フィードバックループ♪

♪これは―(フィードバック)

はい。今の行動に意味があったのかは不明だけど・・・ (笑) ・・・とにかく僕が言いたいのは、自己破壊の音だってこと。

そして、僕が考えてるのは これがありとあらゆる分野に通じるってこと、 例えば、生態学、はい。 自然には法則があるみたいなんだよ 自分の元に近づきすぎると、 醜いことになる。 牛に牛の脳を餌として与えてはいけない、 さもないと狂牛病になってしまう、 近親交配とか近親相姦 それとか、 もうひとつなんだったっけ? 生物学の―自己免疫疾患、 体が自分自身を攻撃する状態 ちょっと熱心になりすぎてしまって 宿主や本人を、 破壊してしまう。 それに―うん、ここで曲に繋がってくるんだよ― 感情的な部分に繋がる

科学的な言葉を使ったけど 曲の中では、 詠わせるのが難しい。 ただ単に 曲には要らないものもあるから。 だからそこを繋げようとしてるんだ このアイディアとメロディの間を。 こんなこと、僕だけかもしれないんだけど、 寝ようとして 目を閉じたときに、 自分の目玉のことばっかり考えてしまうんだ。 目が目そのものを見ようと 目を凝らし始めるみたいに。 そんな気がするんだ。 気持ちのいいものではないよ。 気にならさせてしまったらごめんなさい。 (笑) もちろん、目が目を見ることは、不可能だよ、 でも見ようとしてる感じがするんだ。 これでもうちょっと個人的な体験に近づいてきたでしょ。 それとか耳が耳自身を聞こうとすること― ただそれは不可能。 そうなんだよ。 だからそんなことを伝える曲を 作ってきたんだ そしてさらにこの曲は 自分を傷つくことから守ることが 上手になりすぎて逆に自分を傷つけてしまう という架空の人の話をする、 そんなことが可能であれば。 それがこの曲に考えさせられることなんだ。 はい。 題名はまだないんだ。

(音楽)

♪自分にお祝いの握手をしてみなよ♪

♪自分に手を出して、自分の手で♪

♪自分を見つめる目も自分の目♪

♪そして耳を聴く耳のそばに♪

♪だって自分の耳だから、oh oh♪

♪今不可能を可能にした君♪

♪自分をほどいた君♪

♪これで完全無敵だ♪

♪だれも傷つけることができない心♪

♪だからむき出しに♪

♪そして絞り出し♪

♪そしてむき出しに♪

♪自分で壊す♪

♪自分のを壊し、自分で壊す♪

♪自分のを壊し、自分で壊す♪

♪自分のを壊す♪ (拍手)

ありがとう。 (拍手) はい。 いいもんだよ。作詞作曲者ってある種殺人からも逃げられる。 めちゃくちゃな理論でも データで証明しなくてもいい グラフもリサーチもなし。 でも無謀な好奇心こそ 今の世の中に必要なんじゃないかな、 ちょっとぐらいはね。 (拍手) 締めくくりに僕の曲を披露させてもらいます 「天気体系」

(音楽)

♪静かに♪

♪静かにしてよ、と言った彼女♪

♪彼の頭の後ろから声かける♪

♪ベッドの端で、血の流れまで見える♪

♪見える♪

♪細胞の育ちが♪

♪しばらくそのままで♪

♪ワインを零さないで♪

♪全部ここから見える♪

♪見える♪

♪oh♪

♪見える♪

♪天気体系♪

♪世界の♪

♪天気体系♪

♪世界の♪

♪話す言葉のいくらかは♪

♪売り物じゃない♪

♪私だったら留めておく♪

♪ある物質のフリーエージェントが♪

♪怖がってる場所に♪

♪しばらくそのままで♪

♪ワインを零さないで♪

♪全部ここから見える♪

♪見える♪

♪oh♪

♪見える♪

♪この世界の天気体系♪

♪天気体系♪

♪この世界の♪

ありがとう。

(拍手)

Well, there's lots to talk about, but I think I'm just going to play to start off.

(Music)

♪ When I wake up ♪

♪ in the morning ♪

♪ I pour the coffee

♪ I read the paper

♪ And then I slowly

♪ and so softly

♪ do the dishes

♪ So feed the fishes

♪ You sing me happy birthday ♪

♪ Like it's gon na be ♪

♪ your last day ♪

♪ here on Earth

(Applause)

All right. So, I wanted to do something special today. I want to debut a new song that I've been working on in the last five or six months. And there's few things more thrilling than playing a song for the first time in front of an audience, especially when it's half-finished. (Laughter) I'm kind of hoping some conversations here might help me finish it. Because it gets into all sorts of crazy realms. And so this is basically a song about loops, but not the kind of loops that I make up here. They're feedback loops. And in the audio world that's when the microphone gets too close to its sound source, and then it gets in this self-destructive loop that creates a very unpleasant sound. And I'm going to demonstrate for you. (Laughter) I'm not going to hurt you. Don't worry.

♪ This is a loop, feedback loop

♪ This is a loop, feedback loop

♪ This is a loop, feedback loop

♪ This is a loop, feedback loop

♪ This is a loop, feedback loop

♪ This is a loop, feedback loop

♪ This is a -- (Feedback)

All right. I don't know if that was necessary to demonstrate -- (Laughter) -- but my point is it's the sound of self-destruction.

And I've been thinking about how that applies across a whole spectrum of realms, from, say, the ecological, okay. There seems to be a rule in nature that if you get too close to where you came from, it gets ugly. So like, you can't feed cows their own brains or you get mad cow disease, and inbreeding and incest and, let's see, what's the other one? Biological -- there's autoimmune diseases, where the body attacks itself a little too overzealously and destroys the host, or the person. And then -- okay, this is where we get to the song -- kind of bridges the gap to the emotional.

Because although I've used scientific terms in songs, it's very difficult sometimes to make them lyrical. And there's some things you just don't need to have in songs. So I'm trying to bridge this gap between this idea and this melody. And so, I don't know if you've ever had this, but when I close my eyes sometimes and try to sleep, I can't stop thinking about my own eyes. And it's like your eyes start straining to see themselves. That's what it feels like to me. It's not pleasant. I'm sorry if I put that idea in your head. (Laughter) It's impossible, of course, for your eyes to see themselves, but they seem to be trying. So that's getting a little more closer to a personal experience. Or ears being able to hear themselves -- it's just impossible. That's the thing. So, I've been working on this song that mentions these things and then also imagines a person who's been so successful at defending themselves from heartbreak that they're left to do the deed themselves, if that's possible. And that's what the song is asking. All right. It doesn't have a name yet.

(Music)

♪ Go ahead and congratulate yourself

♪ Give yourself a hand, the hand is your hand ♪

♪ And the eye that eyes itself is your eye

♪ And the ear that hears itself is near ♪

♪ 'Cause it's your ear, oh oh

♪ You've done the impossible now ♪

♪ Took yourself apart

♪ You made yourself invulnerable

No one can break your heart

♪ So you wear it out ♪

♪ And you wring it out ♪

♪ And you wear it out ♪

♪ And you break it yourself

Breaking your own, break it yourself

Breaking your own, break it yourself

Breaking your own ♪ (Applause)

Thanks. (Applause) All right. It's kind of cool. Songwriters can sort of get away with murder. You can throw out crazy theories and not have to back it up with data or graphs or research. But, you know, I think reckless curiosity would be what the world needs now, just a little bit. (Applause) I'm going to finish up with a song of mine called "Weather Systems."

(Music)

Quiet

Quiet down, she said ♪

♪ Speak into the back of his head ♪

♪ On the edge of the bed, I can see your blood flow

♪ I can see your ♪

cells grow

Hold still awhile

♪ Don't spill the wine

♪ I can see it all from here ♪

♪ I can see ♪

oh, I ♪

♪ I can see ♪

weather systems

♪ of the world ♪

Weather systems

♪ of the world ♪

♪ Some things you say ♪

♪ are not for sale

♪ I would hold it where ♪

♪ our free agents of some substance are ♪

scared

Hold still a while

♪ Don't spill the wine

♪ I can see it all from here ♪

♪ I can see ♪

oh, I ♪

♪ I can see ♪

weather systems of the world ♪

Weather systems

♪ of the world ♪

Thanks.

(Applause)

Well,/ there's lots/ to talk about,/ but I think/ I'm just going to play/ to start off.//

話すことはいっぱいあるけど、 とりあえず演奏で始めます。

(Music)//

(音楽)

/ When I wake up/ //

♪朝♪

/ in the morning/ //

♪起きると♪

/ I pour the coffee/ //

♪コーヒー入れて♪

/ I read the paper/ //

♪新聞読んで♪

/ And then/ I slowly/ //

♪そしてゆっくりと♪

/ and so softly/ //

♪そしてそっと♪

do the dishes/ //

♪お皿を洗い♪

So feed the fishes/ //

♪魚の餌やり♪

/ You/ sing me/ happy birthday/ //

♪僕にハッピー・バースデーを歌う君♪

/ Like it's gon na be //

♪この日が♪

/ your last day //

♪最後かのように♪

here/ on Earth/ //

♪この地球で♪

(拍手)

All right.//

はい。

So,/ I wanted to do/ something special today.//

今日はちょっと特別なことをしたいんだ。

I want to debut/ a new song/ that I've been working on in the last five or six months.//

取り掛かってから五、六ヶ月くらい経つ 新曲の発表だよ。

And there's few things/ more thrilling/ than playing a song/ for the first time/ in front of an audience,/ especially/ when it's half-finished.//

お客さんの前で 初めて曲を披露することほど ドキドキすることはないね。 特に仕上がってない曲ほど。

(Laughter)/ I'm kind of hoping some conversations here might help me finish it.//

(笑) こうしてここでお話させてもらうことで 曲の完成に繋がればいいなと思って。

Because it gets into all sorts of crazy realms.//

とんでもない分野に 入っていくから。

And so/ this is basically a song/ about loops,/ but not the kind of loops/ that I make up/ here.//

簡単に言うとこの曲は ループの話、 僕がここで創るようなループじゃなくて

They're feedback loops.//

フィードバックのループ。

And in the audio world/ that's/ when the microphone gets too close/ to its sound source,/ and then/ it gets in this self-destructive loop/ that creates a very unpleasant sound.//

音響の世界では マイクが音源に 近づきすぎた時に、 自己破壊的なループに陥って かなり不快な音が出る時のこと。

And I'm going to demonstrate/ for you.//

今やってあげるよ。

(Laughter)/ I'm not going to hurt/ you.// Don't worry.//

(笑) 痛くないから。心配しないで。

/ This is a loop,/ feedback loop/ //

♪これはループ、フィードバックループ♪

/ This is a loop,/ feedback loop/ //

♪これはループ、フィードバックループ♪

/ This is a loop,/ feedback loop/ //

♪これはループ、フィードバックループ♪

/ This is a loop,/ feedback loop/ //

♪これはループ、フィードバックループ♪

/ This is a loop,/ feedback loop/ //

♪これはループ、フィードバックループ♪

/ This is a loop,/ feedback loop/ //

♪これはループ、フィードバックループ♪

/ This is a --/ (Feedback)//

♪これは―(フィードバック)

All right.// I don't know/ if that was necessary/ to demonstrate --/ (Laughter) --/ but my point is it's the sound of self-destruction.//

はい。今の行動に意味があったのかは不明だけど・・・ (笑) ・・・とにかく僕が言いたいのは、自己破壊の音だってこと。

And I've been thinking about how/ that applies across a whole spectrum of realms,/ from,/ say,/ the ecological, okay.//

そして、僕が考えてるのは これがありとあらゆる分野に通じるってこと、 例えば、生態学、はい。

There seems to be a rule/ in nature/ that if you get too close/ to/ where you came from,/ it gets ugly.//

自然には法則があるみたいなんだよ 自分の元に近づきすぎると、 醜いことになる。

So like,/ you can't feed/ cows their own brains/ or you get mad cow disease,/ and inbreeding and incest and,/ let's see,/ what's the other one?//

牛に牛の脳を餌として与えてはいけない、 さもないと狂牛病になってしまう、 近親交配とか近親相姦 それとか、 もうひとつなんだったっけ?

Biological --/ there's autoimmune diseases,/ where the body attacks itself/ a little too overzealously/ and destroys the host,/ or the person.//

生物学の―自己免疫疾患、 体が自分自身を攻撃する状態 ちょっと熱心になりすぎてしまって 宿主や本人を、 破壊してしまう。

And then --/ okay,/ this is/ where we get to the song --/ kind of bridges/ the gap/ to the emotional.//

それに―うん、ここで曲に繋がってくるんだよ― 感情的な部分に繋がる

Because/ although I've used scientific terms/ in songs,/ it's very difficult sometimes/ to make them lyrical.//

科学的な言葉を使ったけど 曲の中では、 詠わせるのが難しい。

And there's some things/ you just don't need to have/ in songs.//

ただ単に 曲には要らないものもあるから。

So I'm trying to bridge/ this gap/ between this idea and this melody.//

だからそこを繋げようとしてるんだ このアイディアとメロディの間を。

And so,/ I don't know/ if you've ever had this,/ but when I close my eyes sometimes/ and try to sleep,/ I can't stop thinking/ about my own eyes.//

こんなこと、僕だけかもしれないんだけど、 寝ようとして 目を閉じたときに、 自分の目玉のことばっかり考えてしまうんだ。

And it's like your eyes start straining to see/ themselves.//

目が目そのものを見ようと 目を凝らし始めるみたいに。

That's/ what it feels like/ to me.//

そんな気がするんだ。

It's not pleasant.//

気持ちのいいものではないよ。

I'm sorry/ if I put that idea/ in your head.//

気にならさせてしまったらごめんなさい。

(Laughter)/ It's impossible,/ of course,/ for your eyes to see themselves,/ but they seem to be trying.//

(笑) もちろん、目が目を見ることは、不可能だよ、 でも見ようとしてる感じがするんだ。

So/ that's getting a little more closer/ to a personal experience.//

これでもうちょっと個人的な体験に近づいてきたでしょ。

Or ears/ being able to hear themselves --/ it's just impossible.//

それとか耳が耳自身を聞こうとすること― ただそれは不可能。

That's the thing.//

そうなんだよ。

So,/ I've been working on this song/ that mentions these things/ and then also imagines a person/ who's been so successful/ at defending themselves/ from heartbreak/ that they're left to do/ the deed/ themselves,/ if that's possible.//

だからそんなことを伝える曲を 作ってきたんだ そしてさらにこの曲は 自分を傷つくことから守ることが 上手になりすぎて逆に自分を傷つけてしまう という架空の人の話をする、 そんなことが可能であれば。

And that's/ what the song is asking.//

それがこの曲に考えさせられることなんだ。

All right.//

はい。

It doesn't have a name yet.//

題名はまだないんだ。

(Music)//

(音楽)

/ Go ahead/ and congratulate yourself/ //

♪自分にお祝いの握手をしてみなよ♪

Give yourself/ a hand,/ the hand is your hand/ //

♪自分に手を出して、自分の手で♪

/ And the eye/ that eyes itself/ is your eye/ //

♪自分を見つめる目も自分の目♪

/ And the ear/ that hears itself/ is near //

♪そして耳を聴く耳のそばに♪

/ 'Cause/ it's your ear,/ oh oh/ //

♪だって自分の耳だから、oh oh♪

/ You've done the impossible now/ //

♪今不可能を可能にした君♪

Took yourself apart/ //

♪自分をほどいた君♪

/ You made yourself invulnerable //

♪これで完全無敵だ♪

/ No one can break your heart/ //

♪だれも傷つけることができない心♪

/ So you wear it out/ //

♪だからむき出しに♪

/ And you/ wring it out/ //

♪そして絞り出し♪

/ And you wear it out/ //

♪そしてむき出しに♪

/ And you break it/ yourself/ //

♪自分で壊す♪

/ Breaking your own,/ break it/ yourself/ //

♪自分のを壊し、自分で壊す♪

/ Breaking your own,/ break it/ yourself/ //

♪自分のを壊し、自分で壊す♪

/ Breaking your own (Applause)//

♪自分のを壊す♪ (拍手)

ありがとう。

(Applause)/ All right.//

(拍手) はい。

It's kind of cool.// Songwriters can sort/ of get away/ with murder.//

いいもんだよ。作詞作曲者ってある種殺人からも逃げられる。

You can throw out/ crazy theories/ and not have to back/ it up/ with data or graphs or research.//

めちゃくちゃな理論でも データで証明しなくてもいい グラフもリサーチもなし。

But,/ you know,/ I think/ reckless curiosity would be/ what the world needs now,/ just a little bit.//

でも無謀な好奇心こそ 今の世の中に必要なんじゃないかな、 ちょっとぐらいはね。

(Applause)/ I'm going to finish up/ with a song of mine called "Weather Systems."//

(拍手) 締めくくりに僕の曲を披露させてもらいます 「天気体系」

(Music)//

(音楽)

/ Quiet/ //

♪静かに♪

/ Quiet down,/ she said //

♪静かにしてよ、と言った彼女♪

/ Speak/ into the back of his head/ //

♪彼の頭の後ろから声かける♪

/ On the edge of the bed,/ I can see your blood flow/ //

♪ベッドの端で、血の流れまで見える♪

/ I can see your //

♪見える♪

/ cells grow //

♪細胞の育ちが♪

/ Hold still awhile/ //

♪しばらくそのままで♪

Don't spill the wine/ //

♪ワインを零さないで♪

/ I can see it/ all/ from here/ //

♪全部ここから見える♪

/ I can see //

♪見える♪

oh,/ I //

♪oh♪

/ I can see //

♪見える♪

/ weather systems/ //

♪天気体系♪

of the world/ //

♪世界の♪

/ Weather systems/ //

♪天気体系♪

of the world/ //

♪世界の♪

/ Some things/ you say //

♪話す言葉のいくらかは♪

are not for sale/ //

♪売り物じゃない♪

/ I would hold it/ where //

♪私だったら留めておく♪

/ our free agents of some substance are //

♪ある物質のフリーエージェントが♪

scared //

♪怖がってる場所に♪

/ Hold still/ a while/ //

♪しばらくそのままで♪

Don't spill the wine/ //

♪ワインを零さないで♪

/ I can see it/ all/ from here/ //

♪全部ここから見える♪

/ I can see //

♪見える♪

oh,/ I //

♪oh♪

/ I can see //

♪見える♪

/ weather systems of the world/ //

♪この世界の天気体系♪

/ Weather systems/ //

♪天気体系♪

of the world/ //

♪この世界の♪

ありがとう。

(拍手)

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

softly

『柔らかに』

静かに

優しく;寛大に

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

applause

『拍手かっさい』;称賛

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

debut

社交界へ初めて出ること;初舞台;(いろいろな場への)初登場

(…として)デビューする

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

thrilling

ぞくぞく(わくわく)させるような,血わき肉おどる

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

especially

『特に』,特別に;きわだって

laughter

『笑い』,笑い声

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

basically

基本的に,根本的に;元来は

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

unpleasant

『不愉快な』,不仇感を与える,いやな

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

ecological

生態学の

okay

=OK,O.K.

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

ca

circa

cow

『雌牛』,乳牛

(鯨・象・サイなどの)雌

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

inbreeding

同種(近親)交配

incest

近親相姦(そうかん)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

lyrical

=lyric

感情を誇張した

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

melody

〈U〉『美しい音の流れ』,快い調べ

〈C〉『旋律』;(声楽曲・器楽曲の)主旋律[部分]

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

strain

…‘を'『引っ張る』

(使い過ぎて)〈体など〉‘を'『痛める』,弱める

…‘を'『最大限に働かせる』,精一杯使う

〈意味・規則など〉‘を'曲げる,こじつける,拡大解釈する

〈液体〉‘を'『こす』;(液体から)〈固形分〉‘を'こして取る《+『out(off)』+『名』+『from』+『名』》

全力を尽くす,懸命に努力する

ぱんと張る

〈C〉〈U〉『張りつめること』,張る力

〈C〉『筋違い』,ねんざ,くじき

〈U〉(精神的に,極度に)緊張,重荷,過労

〈C〉骨のおれる仕事,激務

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

pleasant

(物事が)『人に喜びを与える』,楽しい,心地よい

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

trying

try の現在分詞

『つらい』,苦しい;腹だたしい,しゃくにさわる

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

heartbreak

胸も張り裂けるような悲しみ,悲痛

deed

『行為』,行動

(正式の)捺印証書,権利書

…'を'証書を作製して譲渡する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

congratulate

(…に対して)〈人〉‘に'『お祝いを言う』,喜びを述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

invulnerable

(人が)傷つけられない,不死身の;(物事が)攻撃などにびくともしない

no one

『だれも』…『ない』

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

wring

〈ぬれた物〉'を'『絞る』《+out+名,+名+out》

(…から)〈水分〉'を'『絞り出す』,絞り取る《+from(out of)+名》

(人などから)…'を'無理に(努力して)得る《+名+from(out of)+名〈人など〉》

〈手〉'を'握りしめる,もみ絞る

〈首〉'を'強くねじる(ひねる)

〈心〉'を'深く悲しませる

絞り,ねじり

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

datum

dataの単数形

既知の事実

graph

グラフ,図表

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

reckless

(人・行為が)『向こう見ずな』,無謀な

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

awhile

しばらく(for a while)

spill

(特に,うっかりして)〈液体・粉など〉‘を'『こぼす』

《しばしば受動態で》《おもに文》(人を傷つけて)〈血〉‘を'流す

〈馬・車などか〉〈人など〉‘を'ほうり出す,振り落す

《話》〈秘密など〉‘を'もらす;(…に)…‘を'もらす《+『名』+『to』+『名』》

〈液体・粉などが〉『こぼれる』,流れ出る

こぼれること,こぼすこと

こぼれたもの

落ちること;落馬

wine

〈U〉〈C〉『ワイン』,ぶどう酒

〈U〉〈C〉(種々の)果実酒

ワインカラー,赤紫色

〈人〉‘を'ワインでもてなす

ワインカラーの,赤紫色の

sale

〈U〉〈C〉(…の)『販売』,売却,売れ行き,需要《+『of』(『for』)+『名』》

〈C〉『特売』,安売り

《複数形で》販売[の仕事];売り上げ[高]

free agent

自由行為者(自分の決定に従って行動しいかなる責任も負わない人)

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

関連動画