TED日本語 - トーマス・トウェイツ:トースターを1から作る方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

1台のトースターが作られるまでにあらゆる文明の過程を経ることになります。デザイナーのトーマス・トウェイツは、鋼を得るために鉱石を採掘したり、油からプラスチックを精製したりするなど、いささか困難な方法で1からトースターを作る事を試みました。個人としていけるところまでいった事に実に驚かされるでしょう。彼は、デザイナーも消費者も同じであるという相互に繋がった社会の寓話を披露します。

Script

身の回りを見渡してみると 私たちを取り囲む多くのものは 世界の様々な土地に埋まった 色々な岩石や泥などが元になっています もちろん 今は岩石や泥には見えません テレビカメラやモニター うっとうしいラジオのマイクとなっています この魔法のような変化について 私の取り組んでいる トースタープロジェクトとして 知られるようになりました また SF作家であるダグラス・アダムスの 言葉からも着想を得ています それは『銀河ヒッチハイク・ガイド』の1シーンからきています それは 本に登場する20世紀の男性である主人公が 気づいたら技術レベルが原始的な人々が生活する 奇妙な惑星にたった1人でいたという場面です そして彼はこう思います この人達の 皇帝になって 彼らの社会を 20世紀の技術や科学の知識を用いて 変えてしまおうと しかし 彼は 20世紀の人類文明なしには サンドウィッチが辛うじて作れるくらいだと気づきます トースターなんて言うまでもありません 無論 彼はウィキペディアなんて使えませんでした

そこで私は 1から電気トースターを作ってみようと考えたのです 最も安い 電気トースターが 構造を知るために 最も簡単で 適しているという考えのもとで 最安のトースターを買い 家に持ち帰ったところ この物体の中身に 驚愕することになりました 3.94ポンドで買ったこのトースターには 100種類以上の異なる素材でできた 400以上の小さな部品で構成されていたのです このプロジェクトを一生続けることはできません 期限は9か月でした そこで材料を5つに絞りました それは 鋼 マイカ プラスチック 銅 そしてニッケルです

鋼から始めましょう どうすれば鋼を作れるでしょうか? そこで 私はリオ・ティントの 先端採鉱講座を担当している 王立鉱山学校を訪れ どうすれば鋼を作れるのか聞いてみました シリアーズ教授はとても優しく 丁寧に教えてくれました おぼろげに覚えている中学の頃の科学を思い返すと 鋼は鉄で出来ているので 鉱山に電話しました 「トースターを作りたいので そちらに行って鉄を少し頂けますか?」と伝えました 鉱山に到着したところ レイに会いました 彼は私の言ったことを聞き間違えたらしく 私がポスターを作るために訪れたと思っていたため 鉱山に私を連れていく準備をしていませんでしたが しつこくお願いしたところOKになりました

(動画) あれはひだ状の石灰岩です 3.5億年前の 海の生き物たちと 温暖な天候の 元によって できたものです 地質学を学ぶと 過去に何が起きたが分かるようになります 実にものすごい変化がありました

ご覧のようにクリスマスの飾り付けがされています ここはもう 稼働している鉱山ではありません レイは鉱山労働者でしたが 鉱山は閉鎖された後 観光地として再開されたのです もはや 南米やオーストラリアで 行われているような規模の採掘は できないからです 何はともあれ スーツケース満杯の鉄鉱石を手にいれ ロンドンの鉄道経由で運んだものの ある問題に直面しました この石からトースターの材料に するにはどうすればいいのでしょう?

そこで 再びシリアーズ教授を訪問したところ 「図書館に行きなさい」と言われたので 行きました 大学生用の冶金学の教科書を探しましたが 私が行おうとしていることには全く役に立ちませんでした 精錬工場もないわけですし 個人でやってみたい場合に 実際にどのように行うのかといった記載がないからです そこで私は最終的に科学史図書館から この本に行きつきました これは西洋において冶金学について 初めて書かれた教科書です ご覧のように最終的に辿り着いたのが この木版画にあるような工程です でもふいごの代わりに落ち葉を吹き飛ばす機械を使いました (笑) プロジェクトを通して何度も感じたのは より小さい規模で取り組めば取り組む程 より過去へ遡らなければならないということです これが 一日半かけて 鉄を精練した結果です 取り出してみたところ 鉄ではありませんでした 運が良いことに オンライン上で 電子レンジを使った溶鉱炉に関する記事を見つけました そして30分間 レンジを強で製鉄し続けた結果 鉄を作り終えることができました

次に (拍手) 次に入手しようとしたのが銅です 同じように ここも 世界で最も大きな鉱山だった場所です でも今はもう違います 私を鉱山の中へ案内してくれる 引退した地質学教授を見つけました 「鉱山の水をいくらか持ち帰ってもいいよ」と言ってくれました 水を手に入れようと思った理由は 鉱山内に流れる水は 次第に酸性を帯びて 鉱山内の鉱物を 溶かしていくからです その良い例がリオ・ティントで ポルトガルにあるのですが ご覧のように 多くの鉱物が溶け込んでいます 溶け込んでいる鉱物があまりに多いため 酸性で毒性のある場所を好む 細菌の住処になっています アングルシー島の鉱山から 持ち帰った水には 金属製の 電気プラグに必要な 十分の銅が含まれていました

次に 私はマイカを得るために スコットランドへ旅立ちました マイカは 絶縁体としてとても優れており 電気の絶縁効果が高い鉱物です これはマイカを採っている私です 最後の材料としてお話させて頂くのはプラスチックです もちろん 私のトースターにはプラスチックのケースが必要です プラスチックは安い電化製品の 代名詞です プラスチックは石油からできるので 石油会社のBPに電話し 30分程 BPの広報部門に交渉しました もし彼らが私を 油田採掘装置まで連れて行き 石油をバケツ1杯分得られれば 素晴らしかったのですが BPは今ならもっと考えたでしょう でもその頃は 彼らは交渉に応じず 「後ほど掛け直します」といって二度と連絡をくれませんでした そこでプラスチックを作る他の方法を探しました プラスチックは 植物由来の油やでんぷんからでも作れるのです そこで ジャガイモのでんぷんから プラスチックを作ろうとしました 始めはとてもいい感じに進みました このように 木の幹から作った 型に流し込みます しばらくは とても順調に進んでいましたが 乾かすために外へ置いておいたところ 戻ってきた時には カタツムリにじゃがいものかけらが食べられていました

私はとてもがっかりして 別の視点から考えることにしました 地質学者によって名づけられた もしくは 名づけようと議論している 私たちが現在生きている時代を 新しい地質学的時代として 「人の時代 人新世」と呼ばれます 未来の地質学者は 今の地層から 急激な変化を観測することになるからです チェルノブイリの放射能や 1945年以降 爆発した2000発以上の 原子爆弾のように大きな変化があったり 生物が絶滅してしまって 突然化石が見つからなくなるかもしれません また 合成高分子や プラスチックなどといったものが 岩石に含まれるようになると思います

そこで私はプラスチックを探しにいきました 私はこのような 現代の岩石を採掘しに行こうと考えたのです マンチェスターに行き アクシオン・リサイクリングという場所を訪れました 欧州電気・電子機器廃棄指令 通称WEEEと呼ばれる 方針の最前線にあたる場所です そこでは 今 この瞬間でも作られ続け 私たちの家庭にしばらく住み着き 最終的に埋立地へ向かっていく 山のようなモノと格闘しています そんな感じで いよいよ完成です

(音楽)

(笑)

これが私の トースターの写真です

(拍手) これがケースを外した状態です 商品棚に陳列したときの様子です ありがとう (拍手)

ブルーノ・ギウサーニ:1回電源を入れたらしいね

TT:ええ 入れてみましたよ 見えるかどうかわかりませんが ワイヤーに絶縁体を施すことが出来ませんでした 英国王立植物園からは しきりに ゴムの木に近づかないように警告を受けました そのため ワイヤーの絶縁処理は行えず 240ボルトの 電流が自家製の銅のワイヤーと電源プラグに 流れました そして5秒間ほど トースターが動いた後 残念ながら 発熱体が溶けてしまったのです でも正直 部分的には成功したかなと思っていますけどね

BG: トーマス・トウェイツでした (TT:ありがとう)

If we look around us, much of what surrounds us started life as various rocks and sludge buried in the ground in various places in the world. But, of course, they don't look like rocks and sludge now. They look like TV cameras, monitors, annoying radio mics. And so this magical transformation is what I was trying to get at with my project, which became known as the Toaster Project. And it was also inspired by this quote from Douglas Adams, and the situation is from "The Hitchhiker's Guide to the Galaxy." And the situation it describes is the hero of the book -- he's a 20th-century man -- finds himself alone on a strange planet populated only by a technologically primitive people. And he kind of assumes that, yes, he'll become -- these villagers -- he'll become their emperor and transform their society with his wonderful command of technology and science and the elements, but, of course, realizes that without the rest of human society, he can barely make a sandwich, let alone a toaster. But he didn't have Wikipedia.

So I thought, okay, I'll try and make an electric toaster from scratch. And, working on the idea that the cheapest electric toaster would also be the simplest to reverse-engineer, I went and bought the cheapest toaster I could find, took it home and was kind of dismayed to discover that, inside this object, which I'd bought for just 3.49 pounds, there were 400 different bits made out of a hundred-plus different materials. I didn't have the rest of my life to do this project. I had maybe nine months. So I thought, okay, I'll start with five. And these were steel, mica, plastic, copper and nickel.

So, starting with steel: how do you make steel? I went and knocked on the door of the Rio Tinto Chair of Advanced Mineral Extraction at the Royal School of Mines and said, "How do you make steel?" And Professor Cilliers was very kind and talked me through it. And my vague rememberings from GCSE science -- well, steel comes from iron, so I phoned up an iron mine. And said, "Hi, I'm trying to make a toaster. Can I come up and get some iron?" Unfortunately, when I got there -- emerges Ray. He had misheard me and thought I was coming up because I was trying to make a poster, and so wasn't prepared to take me into the mines. But after some nagging, I got him to do that.

(Video) Ray: It was Crease Limestone, and that was produced by sea creatures 350 million years ago in a nice, warm, sunny atmosphere. When you study geology, you can see what's happened in the past, and there were terrific changes in the earth.

Thomas Thwaites: As you can see, they had the Christmas decorations up. And of course, it wasn't actually a working mine anymore, because, though Ray was a miner there, the mine had closed and had been reopened as a kind of tourist attraction, because, of course, it can't compete on the scale of operations which are happening in South America, Australia, wherever. But anyway, I got my suitcase of iron ore and dragged it back to London on the train, and then was faced with the problem: Okay, how do you make this rock into components for a toaster?

So I went back to Professor Cilliers, and he said, "Go to the library." So I did and was looking through the undergraduate textbooks on metallurgy -- completely useless for what I was trying to do. Because, of course, they don't actually tell you how to do it if you want to do it yourself and you don't have a smelting plant. So I ended up going to the History of Science Library and looking at this book. This is the first textbook on metallurgy written in the West, at least. And there you can see that woodcut is basically what I ended up doing. But instead of a bellows, I had a leaf blower. (Laughter) And that was something that reoccurred throughout the project, was, the smaller the scale you want to work on, the further back in time you have to go. And so this is after a day and about half a night smelting this iron. I dragged out this stuff, and it wasn't iron. But luckily, I found a patent online for industrial furnaces that use microwaves, and at 30 minutes at full power, and I was able to finish off the process.

So, my next -- (Applause) The next thing I was trying to get was copper. Again, this mine was once the largest copper mine in the world. It's not anymore, but I found a retired geology professor to take me down, and he said, "Okay, I'll let you have some water from the mine." And the reason I was interested in getting water is because water which goes through mines becomes kind of acidic and will start picking up, dissolving the minerals from the mine. And a good example of this is the Rio Tinto, which is in Portugal. As you can see, it's got lots and lots of minerals dissolved in it. So many such that it's now just a home for bacteria who really like acidic, toxic conditions. But anyway, the water I dragged back from the Isle of Anglesey where the mine was -- there was enough copper in it such that I could cast the pins of my metal electric plug.

So my next thing: I was off to Scotland to get mica. And mica is a mineral which is a very good insulator and very good at insulating electricity. That's me getting mica. And the last material I'm going to talk about today is plastic, and, of course, my toaster had to have a plastic case. Plastic is the defining feature of cheap electrical goods. And so plastic comes from oil, so I phoned up BP and spent a good half an hour trying to convince the PR office at BP that it would be fantastic for them if they flew me to an oil rig and let me have a jug of oil. BP obviously has a bit more on their mind now. But even then they weren't convinced and said, "Okay, we'll phone you back" -- never did. So I looked at other ways of making plastic. And you can actually make plastic from obviously oils which come from plants, but also from starches. So this is attempting to make potato starch plastic. And for a while that was looking really good. I poured it into the mold, which you can see there, which I've made from a tree trunk. And it was looking good for a while, but I left it outside, because you had to leave it outside to dry, and unfortunately I came back and there were snails eating the unhydrolyzed bits of potato.

So kind of out of desperation, I decided that I could think laterally. And geologists have actually christened -- well, they're debating whether to christen -- the age that we're living in -- they're debating whether to make it a new geological epoch called the Anthropocene, the age of Man. And that's because geologists of the future would kind of see a sharp shift in the strata of rock that is being laid down now. So suddenly, it will become kind of radioactive from Chernobyl and the 2,000 or so nuclear bombs that have been set off since 1945. And there'd also be an extinction event -- like fossils would suddenly disappear. And also, I thought that there would be synthetic polymers, plastics, embedded in the rock.

So I looked up a plastic -- so I decided that I could mine some of this modern-day rock. And I went up to Manchester to visit a place called Axion Recycling. And they're at the sharp end of what's called the WEEE, which is this European electrical and electronic waste directive. And that was brought into force to try and deal with the mountain of stuff that is just being made and then living for a while in our homes and then going to landfill. But this is it.

(Music)

(Laughter)

So there's a picture of my toaster.

(Applause) That's it without the case on. And there it is on the shelves. Thanks. (Applause)

Bruno Giussani: I'm told you did plug it in once.

TT: Yeah, I did plug it in. I don't know if you could see, but I was never able to make insulation for the wires. Kew Gardens were insistent that I couldn't come and hack into their rubber tree. So the wires were uninsulated. So there was 240 volts going through these homemade copper wires, homemade plug. And for about five seconds, the toaster toasted, but then, unfortunately, the element kind of melted itself. But I considered it a partial success, to be honest.

BG: Thomas Thwaites. TT: Thanks.

If we look around us,/ much of what surrounds us/ started life/ as various rocks/ and sludge buried in the ground/ in various places/ in the world.//

身の回りを見渡してみると 私たちを取り囲む多くのものは 世界の様々な土地に埋まった 色々な岩石や泥などが元になっています

But,/ of course,/ they don't look like rocks/ and sludge now.//

もちろん 今は岩石や泥には見えません

They look like TV cameras,/ monitors,/ annoying radio mics.//

テレビカメラやモニター うっとうしいラジオのマイクとなっています

And so/ this magical transformation is/ what I was trying to get/ at with my project,/ which became known as the Toaster Project.//

この魔法のような変化について 私の取り組んでいる トースタープロジェクトとして 知られるようになりました

And it was also inspired by this quote/ from Douglas Adams,/ and the situation is from "The Hitchhiker's Guide/ to the Galaxy."//

また SF作家であるダグラス・アダムスの 言葉からも着想を得ています それは『銀河ヒッチハイク・ガイド』の1シーンからきています

And the situation/ it describes/ is the hero of the book --/ he's a 20th-century man --/ finds himself alone/ on a strange planet populated only/ by a technologically primitive people.//

それは 本に登場する20世紀の男性である主人公が 気づいたら技術レベルが原始的な人々が生活する 奇妙な惑星にたった1人でいたという場面です

And he kind of assumes/ that,/ yes,/ he'll become --/ these villagers --/ he'll become their emperor/ and transform their society/ with his wonderful command of technology and science and the elements,/ but,/ of course,/ realizes/ that without the rest of human society,/ he can barely make a sandwich,/ let alone/ a toaster.//

そして彼はこう思います この人達の 皇帝になって 彼らの社会を 20世紀の技術や科学の知識を用いて 変えてしまおうと しかし 彼は 20世紀の人類文明なしには サンドウィッチが辛うじて作れるくらいだと気づきます トースターなんて言うまでもありません

But he didn't have Wikipedia.//

無論 彼はウィキペディアなんて使えませんでした

So I thought,/ okay,/ I'll try and make an electric toaster/ from scratch.//

そこで私は 1から電気トースターを作ってみようと考えたのです

And,/ working on the idea/ that the cheapest electric toaster would also be the simplest/ to reverse-engineer,/ I went/ and bought the cheapest toaster/ I could find,/ took it home/ and was kind of dismayed/ to discover/ that,/ inside this object,/ which I'd bought for just 3.49 pounds,/ there were 400 different bits made out of a hundred-plus different materials.//

最も安い 電気トースターが 構造を知るために 最も簡単で 適しているという考えのもとで 最安のトースターを買い 家に持ち帰ったところ この物体の中身に 驚愕することになりました 3.94ポンドで買ったこのトースターには 100種類以上の異なる素材でできた 400以上の小さな部品で構成されていたのです

I didn't have the rest of my life/ to do this project.//

このプロジェクトを一生続けることはできません

I had maybe/ nine months.//

期限は9か月でした

So I thought,/ okay,/ I'll start with five.//

そこで材料を5つに絞りました

And these were steel,/ mica,/ plastic,/ copper and nickel.//

それは 鋼 マイカ プラスチック 銅 そしてニッケルです

So,/ starting with steel:/ how do you make steel?//

鋼から始めましょう どうすれば鋼を作れるでしょうか?

I went/ and knocked on the door of the Rio Tinto Chair of Advanced Mineral Extraction/ at the Royal School of Mines/ and said,/ "How do you make steel?"//

そこで 私はリオ・ティントの 先端採鉱講座を担当している 王立鉱山学校を訪れ どうすれば鋼を作れるのか聞いてみました

And Professor Cilliers was very kind/ and talked me/ through it.//

シリアーズ教授はとても優しく 丁寧に教えてくれました

And my vague rememberings/ from GCSE science --/ well,/ steel comes from iron,/ so I phoned up/ an iron mine.//

おぼろげに覚えている中学の頃の科学を思い返すと 鋼は鉄で出来ているので 鉱山に電話しました

And said,/ "Hi,/ I'm trying to make/ a toaster.//

「トースターを作りたいので

Can I come up/ and get some iron?"//

そちらに行って鉄を少し頂けますか?」と伝えました

Unfortunately,/ when I got there --/ emerges Ray.//

鉱山に到着したところ レイに会いました

He had misheard me/ and thought I was coming up/ because I was trying to make/ a poster,/ and so wasn't prepared/ to take me/ into the mines.//

彼は私の言ったことを聞き間違えたらしく 私がポスターを作るために訪れたと思っていたため 鉱山に私を連れていく準備をしていませんでしたが

But after some nagging,/ I got him/ to do/ that.//

しつこくお願いしたところOKになりました

(Video)/ Ray:/ It was Crease Limestone,/ and that was produced by sea creatures/ 350 million years ago/ in a nice, warm, sunny atmosphere.//

(動画) あれはひだ状の石灰岩です 3.5億年前の 海の生き物たちと 温暖な天候の 元によって できたものです

When you/ study geology,/ you can see/ what's happened in the past,/ and there were terrific changes/ in the earth.//

地質学を学ぶと 過去に何が起きたが分かるようになります 実にものすごい変化がありました

Thomas Thwaites:/ As you can see,/ they had the Christmas decorations up.//

ご覧のようにクリスマスの飾り付けがされています

And of course,/ it wasn't actually/ a working mine anymore,/ because,/ though Ray was a miner there,/ the mine had closed/ and had been reopened as a kind of tourist attraction,/ because,/ of course,/ it can't compete on the scale of operations/ which are happening in South America,/ Australia,/ wherever.//

ここはもう 稼働している鉱山ではありません レイは鉱山労働者でしたが 鉱山は閉鎖された後 観光地として再開されたのです もはや 南米やオーストラリアで 行われているような規模の採掘は できないからです

But anyway,/ I got my suitcase of iron ore/ and dragged it back/ to London/ on the train,/ and then was faced with the problem:/ Okay,/ how do you make this rock/ into components/ for a toaster?//

何はともあれ スーツケース満杯の鉄鉱石を手にいれ ロンドンの鉄道経由で運んだものの ある問題に直面しました この石からトースターの材料に するにはどうすればいいのでしょう?

So I went back/ to Professor Cilliers,/ and he said,/ "Go/ to the library."//

そこで 再びシリアーズ教授を訪問したところ 「図書館に行きなさい」と言われたので

So I did/ and was looking through the undergraduate textbooks/ on metallurgy --/ completely useless/ for what I was trying to do.//

行きました 大学生用の冶金学の教科書を探しましたが 私が行おうとしていることには全く役に立ちませんでした

Because,/ of course,/ they don't actually tell you/ how to do it/ if you want to do/ it/ yourself/ and you don't have a smelting plant.//

精錬工場もないわけですし 個人でやってみたい場合に 実際にどのように行うのかといった記載がないからです

So I ended up/ going to the History of Science Library/ and looking at this book.//

そこで私は最終的に科学史図書館から この本に行きつきました

This is the first textbook/ on metallurgy written in the West,/ at least.//

これは西洋において冶金学について 初めて書かれた教科書です

And there/ you can see/ that woodcut is basically/ what I ended up/ doing.//

ご覧のように最終的に辿り着いたのが この木版画にあるような工程です

But/ instead of a bellows,/ I had a leaf blower.//

でもふいごの代わりに落ち葉を吹き飛ばす機械を使いました

(Laughter)/ And that was something/ that reoccurred throughout the project,/ was,/ the smaller/ the scale/ you want to work on,/ the further back/ in time/ you have to go.//

(笑) プロジェクトを通して何度も感じたのは より小さい規模で取り組めば取り組む程 より過去へ遡らなければならないということです

And so/ this is after a day/ and about half/ a night/ smelting this iron.//

これが 一日半かけて 鉄を精練した結果です

I dragged out/ this stuff,/ and it wasn't iron.//

取り出してみたところ 鉄ではありませんでした

But luckily,/ I found a patent online/ for industrial furnaces/ that use microwaves,/ and at 30 minutes/ at full power,/ and I was able to finish off/ the process.//

運が良いことに オンライン上で 電子レンジを使った溶鉱炉に関する記事を見つけました そして30分間 レンジを強で製鉄し続けた結果 鉄を作り終えることができました

So,/ my next --/ (Applause)/ The next thing/ I was trying to get/ was copper.//

次に (拍手) 次に入手しようとしたのが銅です

Again,/ this mine was once the largest copper mine/ in the world.//

同じように ここも 世界で最も大きな鉱山だった場所です

It's not anymore,/ but I found a retired geology professor/ to take me down,/ and he said,/ "Okay,/ I'll let/ you have some water/ from the mine."//

でも今はもう違います 私を鉱山の中へ案内してくれる 引退した地質学教授を見つけました 「鉱山の水をいくらか持ち帰ってもいいよ」と言ってくれました

And the reason/ I was interested/ in getting water is/ because water/ which goes through mines becomes kind of acidic/ and will start picking up,/ dissolving the minerals/ from the mine.//

水を手に入れようと思った理由は 鉱山内に流れる水は 次第に酸性を帯びて 鉱山内の鉱物を 溶かしていくからです

And a good example of this is the Rio Tinto,/ which is in Portugal.//

その良い例がリオ・ティントで ポルトガルにあるのですが

As you can see,/ it's got lots and lots of minerals dissolved in it.//

ご覧のように 多くの鉱物が溶け込んでいます

So many such/ that it's now/ just a home/ for bacteria/ who really/ like acidic, toxic conditions.//

溶け込んでいる鉱物があまりに多いため 酸性で毒性のある場所を好む 細菌の住処になっています

But anyway,/ the water/ I dragged back/ from the Isle of Anglesey/ where the mine was --/ there was enough copper/ in it such/ that I could cast the pins of my metal electric plug.//

アングルシー島の鉱山から 持ち帰った水には 金属製の 電気プラグに必要な 十分の銅が含まれていました

So my next thing:/ I was off to Scotland/ to get mica.//

次に 私はマイカを得るために スコットランドへ旅立ちました

And mica is a mineral/ which is a very good insulator/ and very good/ at insulating electricity.//

マイカは 絶縁体としてとても優れており 電気の絶縁効果が高い鉱物です

That's me/ getting mica.//

これはマイカを採っている私です

And the last material/ I'm going to talk/ about today is plastic,/ and,/ of course,/ my toaster had to have/ a plastic case.//

最後の材料としてお話させて頂くのはプラスチックです もちろん 私のトースターにはプラスチックのケースが必要です

プラスチックは安い電化製品の 代名詞です

And so plastic comes from oil,/ so I phoned up/ BP/ and spent a good half an hour/ trying to convince/ the PR office/ at BP/ that it would be fantastic/ for them/ if they flew me/ to an oil rig/ and let me have a jug of oil.//

プラスチックは石油からできるので 石油会社のBPに電話し 30分程 BPの広報部門に交渉しました もし彼らが私を 油田採掘装置まで連れて行き 石油をバケツ1杯分得られれば

BP obviously has a bit more/ on their mind now.//

素晴らしかったのですが BPは今ならもっと考えたでしょう

But even then/ they weren't convinced/ and said,/ "Okay,/ we'll phone you back" --/ never did.//

でもその頃は 彼らは交渉に応じず 「後ほど掛け直します」といって二度と連絡をくれませんでした

So I looked at other ways of making plastic.//

そこでプラスチックを作る他の方法を探しました

And you can actually make plastic/ from obviously oils/ which come from plants,/ but also/ from starches.//

プラスチックは 植物由来の油やでんぷんからでも作れるのです

So this is attempting to make/ potato starch plastic.//

そこで ジャガイモのでんぷんから プラスチックを作ろうとしました

And for a while/ that was looking really good.//

始めはとてもいい感じに進みました

I poured it/ into the mold,/ which you can see there,/ which I've made from a tree trunk.//

このように 木の幹から作った 型に流し込みます

And it was looking good/ for a while,/ but I left it outside,/ because you had to leave/ it outside/ to dry,/ and unfortunately/ I came back/ and there were snails/ eating the unhydrolyzed bits of potato.//

しばらくは とても順調に進んでいましたが 乾かすために外へ置いておいたところ 戻ってきた時には カタツムリにじゃがいものかけらが食べられていました

So kind of out of desperation,/ I decided/ that I could think laterally.//

私はとてもがっかりして 別の視点から考えることにしました

And geologists have actually christened --/ well,/ they're debating/ whether to christen --/ the age/ that we're living/ in --/ they're debating/ whether to make it/ a new geological epoch called the Anthropocene,/ the age of Man.//

地質学者によって名づけられた もしくは 名づけようと議論している 私たちが現在生きている時代を 新しい地質学的時代として 「人の時代 人新世」と呼ばれます

And/ that's/ because geologists of the future would kind of see a sharp shift/ in the strata of rock/ that is being laid down now.//

未来の地質学者は 今の地層から 急激な変化を観測することになるからです

So suddenly,/ it will become kind of radioactive/ from Chernobyl and the 2,000 or so nuclear bombs/ that have been set off/ since 1945.//

チェルノブイリの放射能や 1945年以降 爆発した2000発以上の 原子爆弾のように大きな変化があったり

And there'd also be an extinction event --/ like fossils would suddenly disappear.//

生物が絶滅してしまって 突然化石が見つからなくなるかもしれません

And also,/ I thought/ that there would be synthetic polymers,/ plastics,/ embedded in the rock.//

また 合成高分子や プラスチックなどといったものが 岩石に含まれるようになると思います

So I looked up/ a plastic --/ so I decided/ that I could mine some of this modern-day rock.//

そこで私はプラスチックを探しにいきました 私はこのような 現代の岩石を採掘しに行こうと考えたのです

And I went up/ to Manchester/ to visit a place called Axion Recycling.//

マンチェスターに行き アクシオン・リサイクリングという場所を訪れました

And they're at the sharp end of what's called the WEEE,/ which is this European electrical and electronic waste directive.//

欧州電気・電子機器廃棄指令 通称WEEEと呼ばれる 方針の最前線にあたる場所です

And that was brought into force/ to try and deal with the mountain of stuff/ that is just being made/ and then/ living for a while/ in our homes/ and then going/ to landfill.//

そこでは 今 この瞬間でも作られ続け 私たちの家庭にしばらく住み着き 最終的に埋立地へ向かっていく 山のようなモノと格闘しています

But this is it.//

そんな感じで いよいよ完成です

(Music)//

(音楽)

(笑)

So there's a picture of my toaster.//

これが私の トースターの写真です

(Applause)/ That's it/ without the case on.//

(拍手) これがケースを外した状態です

And there/ it is on the shelves.//

商品棚に陳列したときの様子です

ありがとう

(拍手)

Bruno Giussani:/ I'm told/ you did plug it/ in once.//

ブルーノ・ギウサーニ:1回電源を入れたらしいね

TT:/ Yeah,/ I did plug it in.//

TT:ええ 入れてみましたよ

I don't know/ if you could see,/ but I was never able/ to make insulation/ for the wires.//

見えるかどうかわかりませんが ワイヤーに絶縁体を施すことが出来ませんでした

Kew Gardens were insistent/ that I couldn't come/ and hack into their rubber tree.//

英国王立植物園からは しきりに ゴムの木に近づかないように警告を受けました

So the wires were uninsulated.//

そのため ワイヤーの絶縁処理は行えず

So/ there was 240 volts/ going through these homemade copper wires,/ homemade plug.//

240ボルトの 電流が自家製の銅のワイヤーと電源プラグに 流れました

And/ for about five seconds,/ the toaster toasted,/ but then,/ unfortunately,/ the element kind of melted itself.//

そして5秒間ほど トースターが動いた後 残念ながら 発熱体が溶けてしまったのです

But I considered it/ a partial success,/ to be honest.//

でも正直 部分的には成功したかなと思っていますけどね

BG:/ Thomas Thwaites.// TT: Thanks.//

BG: トーマス・トウェイツでした (TT:ありがとう)

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

sludge

ぬるぬるしたどろ;(特に川底などの)軟泥

(ボイラー・汚水処理装置などの)沈積物,おり

(海上の)小浮氷

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

annoy

《しばしば受動態で》〈物事が〉…'を'『困らせる』,悩ませる,いらいらさせる

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

toaster

トースター

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

hitchhiker

ヒッチハイクする人

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

planet

『惑星』,遊星

populate

(植民のために)…‘に'人を移住させる,植民する

《しばしば受動態で》〈ある所〉‘に'住む

primitive

『原始の』,太古の

原始的な,そぼくな;古風な,旧式な

原始人

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

villager

村人

emperor

皇帝;(日本の)天皇

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

sandwich

『サンドイッチ』

サンドイッチのようにはさまれた物

(…の間に)…‘を'はさむ,(時間的に)…‘を'差し込む《+『名』+『between』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

okay

=OK,O.K.

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

mica

雲母(うんも),きらら

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

copper

〈U〉『銅』(化学記号は『Cu』)

〈C〉《英話》銅貨

〈C〉銅製品,銅器;《英》(先濯用)銅の大がま

〈U〉赤銅色

銅[製]の

赤銅色の

…‘に'をかぶせる,銅板を張る

nickel

〈U〉『ニッケル』(金属元素;化学記号は『Ni』)

〈C〉(米国・カナダの)5セント白銅貨

〈C〉(一般に)ごくわずかの金

…‘に'ニッケルめっきをする

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

mineral

(動植物に対して)『無機物』

『鉱物』,鉱石

《複数形で》《英》炭酸水,清涼飲料(mineral water)

鉱物の,鉱物質を含む

extraction

〈U〉〈C〉引き出すこと,抜き取ること,摘出

〈C〉引き出されたもの,抜き取られたもの,抽出物,エキス;抜粋

〈U〉生まれ,皿統

royal

《しばしばR-》『王の』,女王の,王室の

王(女王)に属する,王(女王)に仕える

王(女王)から与えられる

王(女王)にふさわしい,威厳のある,壮麗な,堂々たる

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

vague

(言葉・意味などが)『はっきりしない』,あいまいな

(考え・感じなどが)『ばく然としている』,ぼんやりした

(形・姿などが)『ぼやけた』,はっきりしない

《名詞の前にのみ用いて》《通例最上級で》《話》ほんのわずかの,かすかな

iron

〈U〉『鉄』

〈U〉鉄のように堅い(強い,冷たい)こと

〈C〉鉄製の器具

〈C〉[電気]『アイロン』

〈C〉アイアン(球を打つ部分が金属のゴルフクラブ)

〈C〉《複数形で》手かせ,足かせ

《名詞の前にのみ用いて》『鉄の』,鉄製の

鉄のように堅い(強い,冷たい)

…‘に'アイロンをかける

〈人が〉アイロンをかける

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

ray

『光線』;熱線;放射線

《a ~》(希望などの)一筋(ひとすじ),ごく少量《+『of』+『名』》

放射状に突き出たもの;(ヒトデなどの)腕

mishear

…‘を'聞き誤る

聞き違える

poster

ポスター,びら

prepared

用意のできた,準備された

《補語にのみ用いて》《be prepared to do》喜んで…する

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

crease

(ズボンの)折り目;(紙・布・服などの)しわ

〈ズボン〉‘に'折り目をつける;…'を'しわにする

(…で)〈人〉'を'大笑いさせる《+『名』+『with』+『名』》

折り目がつく;しわがよる

limestone

石灰石

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

sunny

(天候・場所などが)『日のよくさす(当たる)』

雲のない

(物事が)明るい,陽気な,快活な

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

geology

〈U〉地質学

〈C〉(ある地方の)地質

〈C〉地質学書

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

terrific

(大きさ・程度が)ものすごい

恐ろしい

《話》とびきり良い,すばらしい(excellent)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

Christmas

(また『Christmas Day』)『クリスマス』,キリスト降誕祭(12月25日)

=Christmastide

decoration

〈U〉『装飾』,飾りつけること

〈C〉《複数形で》『装飾物』,飾りつけ

〈C〉勲章

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

miner

鉱夫,坑夫

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

reopen

…‘を'再び開ける

…‘を'再び始める

再び開く,再び始まる

tourist

[観光]旅行者,観光客

観光旅行[用]の

attraction

〈U〉『引力』

〈C〉(人を)引きつける力,魅力となる物(事)《+『for』+『名』》

〈C〉呼び物,出し物

ca

circa

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

anyway

=anyhow

suitcase

スーツケース,(長方形で平たい)小型旅行かばん

ore

鉱石,原鉱

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

component

構成している,成分の

構成要素,成分

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

undergraduate

大学生,学部在学生

学部学生の

textbook

『教科書』

metallurgy

冶金学

completely

『完全に』,全く,十分に

useless

『無益な』,むだな

『役に立たない』,使いものにならない

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

woodcut

木版;木版画

basically

基本的に,根本的に;元来は

instead

『その代りとして』,それよりも

bellow

〈牛などが〉低く太い声で鳴く

〈人が〉大声でどなる

〈言葉・音〉'を'わめくように言う;…'を'大音声でどなる《+『out』(『forth』)+『名』.+『名』+『out』(『forth』)》

(牛の)大きなうなり声

(人の)どなり声,大きなうなり声

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

blower

吹く人

送風装置

laughter

『笑い』,笑い声

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

smelt

smellの過去・過去分詞

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

luckily

『運よく』,幸運にも

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

furnace

(スチームの)暖房炉

溶鉱炉,かまど

microwave

(無線電信・電話の)極超短波,マイクロウェーブ(波長1m以下の電波;レーダーなどに使用する)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

applause

『拍手かっさい』;称賛

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

retired

引退(退職)した;退職者のための

へんぴな,人里離れた,引きこもった

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

dissolve

…‘を'『溶かす』,溶液にする

…‘を'解消する,終りにする

…‘を'分解する;…‘を'解明する

〈物質が〉『溶ける』,溶解する,液化する

〈霧などが〉消散する,四散する(disperse)

次第に消滅する,次第に薄れる(fade away)

(強い感情に)負ける

Portugal

ポルトガル(ヨーロッパの共和国;首都はLisbon)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

bacteria

『バクテリア』,細菌

toxic

毒性の,有毒な

毒による

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

isle

《詩》島(island)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

cast

…'を'『投げる』,ほうる

…'を'『投げ捨てる』,ほうり出す《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

(…に)〈影・光〉'を'『投げ掛ける』;〈疑に・魔法など〉'を'かける《+『名』+『on』 (『upon』)+『名』》

〈目・視線など〉'を'『向ける』,投げ掛ける

〈票〉'を'『投じる』

(…に)〈名誉・祝福〉'を'与える,〈非難など〉'を'浴びせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(人に)〈役〉'を'つける《+『名』〈役〉+『to』+『名』》;(ある役に)〈人〉'を'当てる《+『名』+『for』+『名』〈役〉》

(鋳型に流し込んで)…'を'鋳造する

物を投げる,(特に)釣り糸を投げる

鋳造される

〈C〉『投げること』,(光・影・視線などを)投げかけること

〈C〉(物を)投げられる距離,射程

〈C〉(劇・映鹿を)『配役』

〈C〉(骨折した手足を固定する)ギプス

〈C〉(…の)鋳型,鋳造[物]《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物の特懲的な)外形,外観;(…の)型,傾向;性質《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)色あい,色調《+『of』+『名』》

《a cast》(材木などの)ゆがみ,そり;《まれ》(軽度の)斜視

pin

『ピン』・留め針・《しばしば複合語を作って》ピンの働きをする物

(留め針の付いた)『記章』,『バッジ』

(木・プラスチック・金属などの)留めくぎ,掛けくぎ(peg);(弦楽器の)糸巻き

《複数形で》《英話》脚(legs)

《a~》《否定文で》ほんのわずか

(ゴルフ・ボウリングの)ピン

(…に)…‘を'『ピンで留める』《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

(人・物事に)〈望み・信頼など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'動けなくする《+『名』+『against』(『to, under』)+『名』》

《話》〈罪・過失など〉‘を'(人の)せいだとする《+『名』+『on』+『名』〈人〉》

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

Scotland

『スコットランド』(Great Britain島の北部;首都Edinburgh)

insulator

(電気の)絶縁体,絶縁器,がいし

insulate

〈電線など〉‘を'絶縁する

…‘を'分離する,隔離する

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

goods

(不動産以外の)財産,(金・証券以外の)動産

『商品』,品物

《米》反物,織物

《英》(鉄道で運ばれる)貨物

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

convince

〈人〉'を'『納得させる』

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

rig

〈船〉‘を'艤装(ぎそう)する

(マストなどを)〈船〉‘に'つける《+『名』+『with』+『名』》;(マストに)〈帆〉‘を'つける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'装備をつける;…‘を'装備する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

船の装備(帆装),艤装(ぎそう)

(特定の目的のための)道具,用具

《英話》衣服,服装(clothing)

jug

(陶製・ガラス製などでコルク栓の付いた取っ手付きの細口の)水入れ,かめ,つぼ

《英》(取っ手付きの広口の)水差し(《米》pitcher)

水差し(かめ)一杯(の…)(jugful)《+『of』+『名』》

《the ~》《俗》刑務所(prison)

〈肉など〉‘を'陶製のつぼでとろ火で煮る

《俗》…‘を'刑務所に入る

obviously

明らかに,明白に

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

potato

〈C〉〈U〉『ジャガイモ』

(また『potato plant』)〈C〉ジャガイモをつける植物

〈C〉〈U〉《おもに米》サツマイモ(sweet potato)

starch

〈U〉でんぷん

〈U〉〈C〉でんぷん食品

〈U〉のり(糊)

〈U〉堅苦しさ

…‘に'のりをつける,‘を'のりづけして堅くする

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

trunk

(枝および根と区別して樹木の)『幹』

(人・動物の)胴体

『トランク』旅行用箱型の大型かばん)

象の鼻

《複数形で》(文泳などスポーツ競技用の)男子用パンツ,チランクス

《米》(自動車後部の)荷物入れ,トランク(《英》boot)

=trunk line

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

snail

カタツムリ

desperation

絶望状態

自暴自棄,やけくそ,死にもの狂い

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

geologist

地質学者

christen

〈人〉‘に'洗礼を施してキリスト教会へ受け入れる,洗礼を施す(baptize)

(洗礼して)〈人〉‘に'命名する;(式典をあげて)〈船・鐘など〉‘に'命名する

《英話》…'を'初めて使用する

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

epoch

『画期的な時代』,時期

(歴史上の)新時代,新紀元

世(せい)(紀(period)の次に小さい単位)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

sharp

(刃・先端が)『鋭い』,よく切れる,よく突きささる

(頂上などが)先がとがっている

(道路などが)『急な』,急カーブの,急こう配の

(言葉などが)『厳しい』,辛らつな

(痛みが)『鋭い』,激しい;(寒さなどが)激しい,身を切るような

(食物が)ぴりっとする,辛い

(音が)鋭い,高い

(輪郭などが)はっきりした,くっきりした

(感覚・頭が)鋭い

抜け目のない,すばしこい

油断のない,用心深い

(動作が)速い,機敏な,きびきびした

(身なりの)いきな,スマートな

《名詞の後にのみ用いて》(音が)シャープの,嬰(えい)音の;調[記]号がシャープ(#)の

《名詞の後にのみ用いて》(時間を)きっかり,正碓に

鋭く;急に;油断なく

(音楽で)半音高く

シャープ,嬰音

シャープ記号(#)

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

strata

stratumの複数形

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

suddenly

『突然に』,だしぬけに

radioactive

(光・熱を)放射する

発光する,発熱する

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

extinction

消滅(絶滅)すること,(火などが)消えること;(…を)消滅(絶滅)させること,(火などが)消すこと《+『of』+『名』》

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

synthetic

総合の,統合的な

合成の,人造の

にせの,作りごとの

(言語が)総合的な(統語的関係を表すのに,独立した語より屈折形を広く用いるもの)

合成品,人造物

polymer

重合体(合一化物の分子が重合した高分子化合物)

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

Manchester

マンチェスター(英国Lancashire叔の商工業都市)

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

electronic

『電子の』,エレクトロンの

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

directive

指令,命令,訓令

指導的な,指示的な

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

landfill

〈C〉ごみ埋め立て地

〈U〉埋め立てごみ

shelves

shelfの複数形

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

yeah

=yes

insulation

(熱・電気・音などの)絶縁,絶縁体,絶縁材

隔離,孤立

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

insistent

主張する,言い張る,しつこい

(音などか)目立つ,際立つ

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

rubber tree

ゴムの木

volt

ボルト(電圧の単位;{略}V;イタリアの物理学者 Alessandro Volta(1745‐1827)の名にちなんで)

homemade

自家製の

国産の

toast

トースト

〈バン・チーズなど〉‘を'きつね色に焦がす

…‘を'よく暖める

きつね色に焼ける

よく暖まる

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

partial

(また『part』)『一部分の』,部分的な;不完全な

不公平な,偏った

《補語にのみ用いて》(…が)特に好きで《+『to』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

関連動画