TED日本語 - クラロン・マクファダン: 歌声という原始の神秘

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「人間の声は神秘的で、自然発生的で、原始的である」という言葉とともにソプラノ歌手クラロン・マクファダンは我々を呼吸と歌う事の神秘的な探求に招待し、ジョン・ケージの「アリア」に挑戦します。

Script

(拍手)

(歌声)

(拍手)

ご来場の皆さま、クラロン・マクファダンです 世界クラスのソプラノ歌手で NYのロチェスターで学び オペラ歌手として 多くの舞台で成功を収めてきました 2007年の8月 クラロンはアムステルダム芸術賞を受賞し その才能が賞賛されました 彼女の見事で幅広いレパートリーは ステージで彼女を際立たせています 拍手でお迎えください クラロン・マクファダンです

(拍手)

人間の声は 神秘的で、自然発生的で 原始的なものです 私にとって、人間の声は 喜怒哀楽の世界を旅する船です おそらく嫉妬は除いて そして呼吸 呼吸は船の船長です 子どもは産まれて 最初の呼吸をします-- (呼吸) そして私たちはその驚くべき美しさに目を見張ります 響き渡る声の表現に-- 神秘的で、自然発生的で 原始的なものです

数年前、タイで瞑想静養を行ないました 私が求めたのは 完全な静寂と 完全な孤独です 2週間を過ごし 私だけの小さな山小屋で 音楽もなにもなく、自然の音だけ-- その瞬間にある 集中の 本質を見極めようと

静養の最後の日に 身の回りの世話をしてくれた女性が来て 少し話をしました そして彼女は私に 「何か歌ってくれませんか」と言い しかし私はこの完全に静寂な場所で 雑音を立てる事はできないと考えました 彼女は「歌ってください」と言い 私は目を閉じ 呼吸をし 最初に思い浮かんで、出たのは ポーギーとベスの「サマータイム」でした ♪ Summertime and the living is easy ♪ ♪ Fish are jumping and the cotton is high ♪ ♪ Oh, your daddy's rich and your ma is good looking ♪ ♪ So hush little baby ♪ ♪ Don't you cry ♪ 私は目を開け 彼女が目を閉じているのを見ました しばし間があいて、彼女は目を開け 私を見て 「まるで瞑想のようだ」と言いました

その時、私は理解しました タイで行った場所、見たもの 探し求めたものは すでに私の歌に現れているのだと 油断のない静けさと 集中し、しかし覚醒して 全てがこの瞬間にありました あなたがその時点に至ったとき 私もそこに至ります 表現の船出です 感情は自由に旅します 私からあなたへ そして私へ 非常に深い体験です

これは ジョン・ケージというアメリカの作曲家の 「アリア」という曲です ある偉大な歌手 キャシー・バーベリアンのために作曲されました この曲の特徴は 後ろに見える様に 楽譜がないことです 音譜、フラット、シャープもありません しかしこれは骨組みのようなもので 歌い手はこの骨組みで 完全に自由に 感じるままに、創造するのです 例えば 違う色のものがあり それぞれの色は違う歌い方ができます ポップ、カントリー、ウェスタン、オペラ、ジャズ-- そして、ただその歌い方に集中するだけです 違う線があり あなたのやり方のテンポを選び その一節は 多かれ少なかれ、そのやり方で歌います そして、この小さな点々は 音の種類を 表しています 歌声や歌詞ではなく 声の表現です 全身を使って--くしゃみやせきのように 動物のように--(観客のせき)そう、そのとおり-- 手を叩いたり、なんでも 歌詞は様々で アルメニア語、ロシア語、 フランス語、英語、イタリア語など 骨組みがあり、あとは自由です 私にとって、この曲は声の賛歌です 神秘的で--このように-- とても自然発生的で 原始的です 聴いてください ジョン・ケージの「アリア」です

(歌声)

(歌声) (歌声) (歌声) (歌声) (歌声)

(拍手)

(Applause)

(Singing)

(Applause)

Host: Folks, you've just met Claron McFadden. She is a world-class soprano singer who studied in Rochester, New York. Her celebrated operatic roles are numerous and varied. In August 2007, Claron was awarded the Amsterdam Prize for the Arts, winning praise for her brilliance, her amazing and extensively wide repertoire and her vivid stage personality. Please welcome Claron McFadden.

(Applause)

Claron McFadden: The human voice: mysterious, spontaneous, primal. For me, the human voice is the vessel on which all emotions travel -- except perhaps jealousy. And the breath, the breath is the captain of that vessel. A child is born, takes its first breath -- (Breathing) and we behold the wondrous beauty of vocal expression -- mysterious, spontaneous and primal.

A few years ago, I did a meditation retreat in Thailand. I wanted a place that I would have total silence and total solitude. I spent two weeks at this retreat in my own little hut -- no music, no nothing, sounds of nature -- trying to find the essence of concentration, being in the moment.

On my last day, the woman who looked after the place, she came and we spoke for a minute, and then she said to me, "Would you sing something for me?" And I thought, but this is a place of total quiet and silence. I can't make noise. She said, "Please, sing for me." So I closed my eyes, I took breath and the first thing that came up and out was "Summertime," Porgy and Bess. ♪ Summertime and the living is easy ♪ ♪ Fish are jumping and the cotton is high ♪ ♪ Oh, your daddy's rich and your ma is good-looking ♪ ♪ So hush little baby ♪ ♪ Don't you cry ♪ And I opened my eyes, and I saw that she had her eyes closed. And after a moment, she opened her eyes and she looked at me and she said, "It's like meditation."

And in that moment I understood that everything I had gone to Thailand to look for, to search for, I had it already in my singing -- the calm, but alertness, the focus, but awareness, and being totally in the moment. When you're totally in the moment, when I'm totally in the moment, the vessel of expression is open. The emotions can flow from me to you and back. Extremely profound experience.

There's a piece by a composer, an American composer called John Cage. It's called "Aria." It was written for an amazing singer called Cathy Berberian. And the thing about this piece that's so special -- if you see it behind me -- it's not notated in any way. No notes, no flats, no sharps. But it's a kind of structure, and the singer within this structure has total freedom to be creative, spontaneous. For example, there are different colors and each color gets a different type of singing -- pop, country and western, opera, jazz -- and you just have to be consistent with that color. You see there are different lines: you choose in your own tempo in your own way to follow the line, but you must respect it, more or less. And these little dots, these represent a sort of sound that's not a vocal, not a lyrical way of expressing the voice. Using the body -- it could be sneezing, it could be coughing, it could be animals -- (cough) exactly -- clapping, whatever. And there's different text. There's Armenian, Russian, French, English, Italian. So within this structure one is free. To me, this piece is an ode to the voice because it's mysterious -- as we can see -- it's quite spontaneous, and it's primal. So I would like to share this piece with you. It's "Aria" of John Cage.

(Singing)

♪ No other way ♪ ♪ Dans l'espace, so help ♪ (Singing) ♪ To have the fruits ♪ (Singing)

(Applause)

(拍手)

(歌声)

(拍手)

Host:/ Folks,/ you've just met Claron McFadden.//

ご来場の皆さま、クラロン・マクファダンです

She is a world-class soprano singer/ who studied in Rochester,/ New York.//

世界クラスのソプラノ歌手で NYのロチェスターで学び

オペラ歌手として 多くの舞台で成功を収めてきました

In August 2007,/ Claron was awarded the Amsterdam Prize/ for the Arts,/ winning praise/ for her brilliance,/ her amazing and extensively wide repertoire and her vivid stage personality.//

2007年の8月 クラロンはアムステルダム芸術賞を受賞し その才能が賞賛されました 彼女の見事で幅広いレパートリーは ステージで彼女を際立たせています

Please welcome Claron McFadden.//

拍手でお迎えください クラロン・マクファダンです

(拍手)

Claron McFadden:/ The human voice:/ mysterious, spontaneous, primal.//

人間の声は 神秘的で、自然発生的で 原始的なものです

For me,/ the human voice is the vessel/ on which all emotions travel --/ except perhaps jealousy.//

私にとって、人間の声は 喜怒哀楽の世界を旅する船です おそらく嫉妬は除いて

And the breath,/ the breath is the captain of that vessel.//

そして呼吸 呼吸は船の船長です

A child is born,/ takes its first breath --/ (Breathing)/ and we behold the wondrous beauty of vocal expression --/ mysterious, spontaneous and primal.//

子どもは産まれて 最初の呼吸をします-- (呼吸) そして私たちはその驚くべき美しさに目を見張ります 響き渡る声の表現に-- 神秘的で、自然発生的で 原始的なものです

A few years ago,/ I did a meditation retreat/ in Thailand.//

数年前、タイで瞑想静養を行ないました

I wanted a place/ that I would have total silence and total solitude.//

私が求めたのは 完全な静寂と 完全な孤独です

I spent two weeks/ at this retreat/ in my own little hut --/ no music,/ no nothing,/ sounds of nature --/ trying to find the essence of concentration,/ being in the moment.//

2週間を過ごし 私だけの小さな山小屋で 音楽もなにもなく、自然の音だけ-- その瞬間にある 集中の 本質を見極めようと

On my last day,/ the woman/ who looked after the place,/ she came/ and we spoke for a minute,/ and then/ she said to me,/ "Would you sing something/ for me?"//

静養の最後の日に 身の回りの世話をしてくれた女性が来て 少し話をしました そして彼女は私に 「何か歌ってくれませんか」と言い

And I thought,/ but this is a place of total quiet and silence.//

しかし私はこの完全に静寂な場所で

I can't make noise.//

雑音を立てる事はできないと考えました

She said,/ "Please,/ sing for me."//

彼女は「歌ってください」と言い

So I closed my eyes,/ I took breath/ and the first thing/ that came up and out was "Summertime,/"/ Porgy and Bess.//

私は目を閉じ 呼吸をし 最初に思い浮かんで、出たのは ポーギーとベスの「サマータイム」でした

Summertime/ and the living is/ easy Fish are jumping/ and the cotton is high / Oh,/ your daddy's rich/ and your ma is good-looking / So hush little baby/ / Don't you cry / And I opened my eyes,/ and I saw/ that she had her eyes closed.//

♪ Summertime and the living is easy ♪ ♪ Fish are jumping and the cotton is high ♪ ♪ Oh, your daddy's rich and your ma is good looking ♪ ♪ So hush little baby ♪ ♪ Don't you cry ♪ 私は目を開け 彼女が目を閉じているのを見ました

And after a moment,/ she opened her eyes/ and she looked at me and she said,/ "It's like meditation."//

しばし間があいて、彼女は目を開け 私を見て 「まるで瞑想のようだ」と言いました

And in that moment/ I understood/ that everything/ I had gone to Thailand/ to look for,/ to search for,/ I had it already/ in my singing --/ the calm,/ but alertness,/ the focus,/ but awareness,/ and being totally in the moment.//

その時、私は理解しました タイで行った場所、見たもの 探し求めたものは すでに私の歌に現れているのだと 油断のない静けさと 集中し、しかし覚醒して 全てがこの瞬間にありました

When you're totally/ in the moment,/ when I'm totally/ in the moment,/ the vessel of expression is open.//

あなたがその時点に至ったとき 私もそこに至ります 表現の船出です

The emotions can flow from me/ to you/ and back.//

感情は自由に旅します 私からあなたへ そして私へ

非常に深い体験です

There's a piece/ by a composer,/ an American composer called John Cage.//

これは ジョン・ケージというアメリカの作曲家の

It's called "Aria."//

「アリア」という曲です

It was written for an amazing singer called Cathy Berberian.//

ある偉大な歌手 キャシー・バーベリアンのために作曲されました

And the thing/ about this piece/ that's so special --/ if you see it/ behind me --/ it's not notated in any way.//

この曲の特徴は 後ろに見える様に 楽譜がないことです

No notes,/ no flats,/ no sharps.//

音譜、フラット、シャープもありません

But it's a kind of structure,/ and the singer/ within this structure has total freedom/ to be creative,/ spontaneous.//

しかしこれは骨組みのようなもので 歌い手はこの骨組みで 完全に自由に 感じるままに、創造するのです

For example,/ there are different colors/ and each color gets a different type of singing --/ pop, country and western,/ opera,/ jazz --/ and you just have to be consistent/ with that color.//

例えば 違う色のものがあり それぞれの色は違う歌い方ができます ポップ、カントリー、ウェスタン、オペラ、ジャズ-- そして、ただその歌い方に集中するだけです

You see/ there are different lines:/ you choose in your own tempo/ in your own way/ to follow the line,/ but you must respect it,/ more or less.//

違う線があり あなたのやり方のテンポを選び その一節は 多かれ少なかれ、そのやり方で歌います

And these little dots,/ these represent a sort of sound/ that's not a vocal, not a lyrical way of expressing the voice.//

そして、この小さな点々は 音の種類を 表しています 歌声や歌詞ではなく 声の表現です

Using the body --/ it could be sneezing,/ it could be coughing,/ it could be animals --/ (cough) exactly --/ clapping,/ whatever.//

全身を使って--くしゃみやせきのように 動物のように--(観客のせき)そう、そのとおり-- 手を叩いたり、なんでも

And there's different text.//

歌詞は様々で

There's Armenian,/ Russian,/ French,/ English,/ Italian.//

アルメニア語、ロシア語、 フランス語、英語、イタリア語など

So/ within this structure/ one is free.//

骨組みがあり、あとは自由です

To me,/ this piece is an ode/ to the voice/ because it's mysterious --/ as we can see --/ it's quite spontaneous,/ and it's primal.//

私にとって、この曲は声の賛歌です 神秘的で--このように-- とても自然発生的で 原始的です

So I would like to share/ this piece/ with you.//

聴いてください

It's "Aria"/ of John Cage.//

ジョン・ケージの「アリア」です

(歌声)

/ No other way/ Dans l'espace,/ so help (Singing)/ To have the fruits/ (Singing)//

(歌声) (歌声) (歌声) (歌声) (歌声)

(拍手)

applause

『拍手かっさい』;称賛

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

world-class

世界的な,世界一流の

soprano

〈U〉ソプラノ(女性・少年の最高音部)

〈C〉ソプラノ歌手

〈C〉ソプラノと同じ音域を持つ楽器

〈C〉(曲の中で)ソプラノで歌う部分

ソプラノの

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

Rochester

ロチェスター(米国New York州西部の都市)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

operatic

オペラの;オペらふうの

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

numerous

『非常に多い』,多数の(very many)

多数から成る(を含む)

varied

『さまざまな』,いろいろな

変化のある,変転する

August

『8月』(《略》『Aug.』)

《形容詞的に》『August heat wave』{名}〈C〉8月の暑波『August vacation』{名}〈C〉8月の休暇

award

《『award』+『名』〈人〉+『名』=『award』+『名』+『to』+『名』〈人〉》(審査して)〈人〉‘に'〈賞など〉'を'『与える』,『授ける』

『賞』,『賞品』(prize)

(判事・調停者の)審判,裁定

Amsterdam

アムステルダム(オランダの名目上の首都・港市)

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

praise

〈U〉(…を)『ほめること』,(…の)『賞賛』《+『of』+『名』》

〈U〉《文》(詩・歌などで)(神への)賛美

《複数形で》ほめ言葉

《複数形で》《文》神をたたえる言葉(歌)

…‘を'『賞賛する』

《文》(詩・歌などで)〈神〉‘を'たたえる

brilliance

輝き,光沢

はなやかさ,鮮やかさ

傑出,卓越;際立った才能

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

repertoire

上演目録,演秦曲目,レパートリー

vivid

(色・光が)『あざやかな』,目のさめるような,強烈な

『鮮明な』,明りょうな

(描写などが)『真に迫っている』,生き生きとして

元気,生気にあふれる

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

mysterious

『神秘的な』,不思議な

理解(説明)しがたい,不可解な,なぞの

spontaneous

(行動などが)『自然に起こる』,自発的な

(現象などが)自然[発生]の;(植物などが)天然の,自生の

primal

最初の,原始の

主要な,根本の

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

jealousy

〈U〉(…に対する)『しっと』,『ねたみ』,羨(せん)望《+『of』+『名』》

〈C〉しっとの行為(言葉)

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

captain

『長』,かしら(chief)

『船長』,艦長;(吾行機の)機長

(チームの)『主将』,キャプテン;組長

陸軍大慰;海軍大佐;《米》(空軍・海兵隊の)大慰,《英》空軍大佐

…'を'統率する,指揮する

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

behold

…'を'見る,ながめる;注視する

見よ(look)

wondrous

=wonderful

はなはだ,著しく

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

vocal

『声の』,音声の

声に出す,口頭の

《話》(意見などを)遠慮なくしゃべる,口やかましい

(ポピュラー歌手の)ボーカル

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

meditation

〈U〉深く考えにふけること,沈思黙考;(宗教的)瞑想

〈C〉《しばしば複数形で》(ある題目についての)深い論究

retreat

(…から…へ)『退却する』,後退する《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…から…へ)去る,逃げる《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(…から…へ)『退却すること』,退散《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》退却の合図

〈C〉(…からの)隠退所,避難所《+『from』+『名』》

Thailand

タイ(東南アジア中部の王国;首都は Bangkok)

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

solitude

〈U〉『弧独』,独居

〈C〉人里離れた寂しい場所,辺地

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

hut

(丸太などで造った)『小屋』,仮小屋,ヒュッテ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

essence

〈U〉(…の)『本質』,真髄《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(植物・薬物などから抽出された)精,エキス《+『of』+『名』》

〈U〉香水(perfume)

〈U〉本質,実在;〈C〉(特に)霊的実在

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

ca

circa

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

first thing

まず最初に,朝一番に

summertime

=daylight-saving time

porgy

(地中海・大西洋沿岸産の)タイ,タイの類

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

cotton

『綿』,綿花

綿の木(cotton plant)

『綿布』,もめん

綿糸,もめん糸

綿製の

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

daddy

(小児語で)『おとうちゃん』

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

ma

《M-》《話》おかあちゃん(mamma)

hush

(特に騒ぎ・騒音のあとの)『静けさ』

…‘を'『静かにさせる』,黙らせて(…)させる《+『名』+『to』+『名』》

静かにする,黙る

シーッ,静かに,黙れ

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

awareness

(…に)気づいていること《+『of』+『名』(do『ing,wh-節』)》,(…であることに)気づいていること《+『that節』》

totally

全く,完全に

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

extremely

『極端に』,非常に過度に

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

composer

作曲家

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

aria

(オペラにおける)アリア,詠唱

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

sharp

(刃・先端が)『鋭い』,よく切れる,よく突きささる

(頂上などが)先がとがっている

(道路などが)『急な』,急カーブの,急こう配の

(言葉などが)『厳しい』,辛らつな

(痛みが)『鋭い』,激しい;(寒さなどが)激しい,身を切るような

(食物が)ぴりっとする,辛い

(音が)鋭い,高い

(輪郭などが)はっきりした,くっきりした

(感覚・頭が)鋭い

抜け目のない,すばしこい

油断のない,用心深い

(動作が)速い,機敏な,きびきびした

(身なりの)いきな,スマートな

《名詞の後にのみ用いて》(音が)シャープの,嬰(えい)音の;調[記]号がシャープ(#)の

《名詞の後にのみ用いて》(時間を)きっかり,正碓に

鋭く;急に;油断なく

(音楽で)半音高く

シャープ,嬰音

シャープ記号(#)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

creative

『創造力のある』

『独創的な』

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

country and western

カントリーアンドウエスタン(米国西部・南部の民俗音楽)

opera

『オペラ』,歌劇

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

tempo

(仕事・活動などの)速さ,調子

テンポ,速度

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

lyrical

=lyric

感情を誇張した

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

sneeze

くしゃみ

くしゃみをする

cough

〈C〉『せき』,せき払

《a ~》よくせきの出る病気

『せきをする』,せき払いする

せきのような音を出す

…'を'せきをして吐き出す《+『up』(『out』)+『名,』+『名』+『up』(『out』)》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

Armenian

アルメニアの;アルメニア人(語)の

アルメニア人;〈U〉アルメニア語

Russian

『ロシアの』,『ロシア人』(語)『の』

(個々の)『ロシア人』,《the Russians》ロシア人[全体];〈U〉ロシア語

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

Italian

〈C〉『イタリア人』

〈U〉『イタリア語』

イタリアの;イタリア人の;イタリア語の

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

ode

頌歌(シヨウカ),頌詩,賦(ふ)(特定の人・でき事などをたたえる高尚・巌粛な叙情詩)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

関連動画