TED日本語 - アービン・グペラ: ガラクタから学習教材のおもちゃを作る

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

INKコンファレンスにてアービン・グペラが語るのは、本当に楽しくて優れたデザインのおもちゃを、ガラクタから作ろうという単純ですが驚かされるプロジェクトです。 子供たちは自分で作ることができて、しかも理科やデザインの基礎が身につくのです。

Script

私はアービン・グペラ おもちゃ作りをしています ここ30年おもちゃを作ってきました 70年当初 私は大学生でした 当時はとても革命的な時期でした いわば政治的動乱の時代でした パリの路上で学生が 反政府集会をしていました アメリカは激動の時代でした 反ベトナム戦争や市民権運動が盛んでした インドではナクサライト運動という 農地解放闘争が起こっていました しかし社会的動乱の時代には 膨大なエネルギーが放出されるものです このインドの国家運動が その生きた証拠でした 多くの人が給料の良い仕事を辞め この運動に参加しました さて70年代初めのインドでは 素晴らしい取り組みによって 村の学校では理科の授業が 復活しようとしていました

カルテックで博士を取ったアニル・サドゴパルは 分子生物学者としてインドに戻り TIFR という最先端の研究所にいました 31歳にして彼は 進めていた科学的な研究を 普通の人々の暮らしと関連付けることができず そこで村の科学プログラムを始めたのです 多くの人が動かされました 70年代当初のスローガンは 「人々のところに向かい 愛して 共に暮らそう 人々の知るところから始め あるものを活かそう」でした これは特徴的なスローガンでした

私も1年間参加しました プネー近郊でタタのトラックを製造する テルコ社に入社して 2 年働いて トラックの製造には向いていないと気づきました 人はやりたいことは大概気づきませんが やりたくないことはわかるようです 一年職場を離れ 村でこのプログラムに参加しました ここが分岐点でした 村はとても小さく 市場も週に一度で このときに全部の品物を並べるのです 「ここで一年過ごします」と言いました 道で売ってるものは全て 一つずつサンプルとして購入しました 一つ気になったのが この黒いゴムでした

自転車のバルブ用チューブです 自転車に空気を入れる箇所に使用されます さて ここにいくつかのモデルがあります 短かいものにマッチを二本入れると 柔軟な関節部をつくることが出来ます チューブの関節です 角度を教えることが出来ます 鋭角 直角 鈍角 平角 連結装置の完成です これを三つ組み合わせると 三角形が出来ます 四つ以上あれば四角形 五角形 六角形といった 多角形が色々作れます これにはすごい特徴があるんです 例えばこの六角形は アメーバのように絶えず輪郭を変えます ここを引っ張れば長方形になります 押せば平行四辺形になります でもこれでは不安定です この五角形はどうでしょう ここを引くと ボート型の台形になります ここを押すと一戸建てに 二等辺三角形になります こちらも不安定ですね これはきれいな四角に見えますかね 少し押すとひし形になります 凧の形です 子供はこの三角形を色々に 変形させることが出来ません

なぜ三角形を使うのでしょう? これは唯一の剛構造だからです 電車が生じる振動に 耐えうる橋は四角形では作れません こんなことは誰もが分かっています インドの農村部では 工学部に通ったことがなくたって このような屋根は誰も作りません てっぺんにタイルを載せると崩れるからです 屋根は三角形でなくてはダメです これこそ暮らしの科学なんです

ではここに穴を開けて マッチを挿し込めば T字継手の完成です 継手の三本の足を こちらの三角の頂点に挿し込めば 四面体になります 三次元の造形が可能です 四面体はこんな感じです これらが出来ると 小さな家を作れます これを上にのせれば完成 四本や六本の継手も作れます ただ数だけは相当必要です ほら 六本の継手を使って こんな二十面体が出来ます 少しいじれば イグルーの形にもなります ここからは1978年の話です 私は24歳の若いエンジニアでしたが こういうのはトラック作りよりもずっといいなぁと考えました (拍手) 実際 ビー玉を四つ入れれば CH4 メタンの分子構造を再現できます 水素が4つ 四面体の4つの頂点 この間に炭素原子があるのです

それ以来インド国内の 村の学校や国立や私立の学校 名門校など 2000 校以上の 学校を回れたことをとても 光栄に思っていました ほとんどから招待を頂きました 学校に行けば 必ず 子供たちの光輝く目に出会います 顔から希望と幸福がにじみ出ています 子供はモノづくり 何かすることが大好きです

さて ポンプをたくさん作りましょう これは風船を膨らます― 小さなポンプです 本物です 実際に風船を膨らますことができます スローガンを一つ掲げます 「子供の仕事はおもちゃを壊すこと」です 少し挑発的な言い方でしょうか この使用済み自転車チューブと そこに入るものを探します フィルムケースがちょうどチューブにはまります こうしてバルブが出来ました これにテープを少し貼れば 逆流防止弁になります ポンプをたくさんつくりますよ これは別のものですが ストローに棒を差し込んで 両側に切れ目を入れます そうしたら両側の 足を折り込み三角形をつくり テープを少し巻きつけます これでポンプの完成です さてこのポンプは 素敵なスプリンクラーです 遠心分離機みたいですね 何かを回すと飛び散ろうとするわけです

(拍手)

アンドラ・プラデッシュ州に住んでいたら これはヤシの葉で作ったでしょう 多くのおもちゃには 科学の法則が利用されています 回転は外側に力を生じます 両手で回せば 陽気な 飛行太郎 になります ほらね このおもちゃは紙でできています 面白いですよ 四枚の画像が見えます 虫が見えますね 今度はカエル ヘビ ワシ チョウチョウ カエル ヘビ ワシ この反転おもちゃは マーティン・ガードナーの本には繰り返し登場します 1928年にハーバードの数学者 アーサー・ストーンが考案しました これは子供が喜びます これで食物連鎖を学ぶのです 虫を食べたカエルがヘビに食べられ タカがそのヘビを食べるのです A4サイズの紙で これを応用すれば 地域の学校でも国立学校でも 紙と鉛筆と物差しがあれば ノリやハサミは不要で 三分で組み立てることができます 思いつく限り何にでも使えます 小さな紙なら小さいフレキサゴンが出来ます 大きい紙なら大きく作れます

さて この鉛筆には溝が掘られており 小さなファンが付いています 百年以上親しまれているおもちゃです これに関する大きな研究が六つもある程です ここに見えるギザギザを このリードでこすると とても面白いことが起こります 研究が六つもされてきました 幼少時 ファインマンはこれに魅了されました 彼は研究報告書をまとめました 30億ドルの大型ハドロン衝突型加速器も 必要ありません プログラムでは全ての児童に これを提供し 遊んでもらっています 色付きの円盤を取り付け回転させると 七色は全てが融合します これは400年前 ニュートンが話していた 七色で構成される白い光なんです ただ回してるだけですけど

ストローがあります 両端をテープでとめて 上は右端を 下は左端をカットしています つまり対極には穴が開いている状態です これはある種の 吹きストロー です これを差し込んでと ここにある穴を塞ぎますね 製作費はほぼゼロですが 子供は大いに楽しむことが出来ます

ここにとてもシンプルな 電気モーターがあります 世界でいちばん単純なモーターです 最も値が張るのは中の電池です バッテリーつきだと5セントかかってしまいます これは自転車用チューブを ゴムのバンドとし 安全ピンも使います これは永久磁石で 電流が コイルに流れると電磁石になります 二つの磁石の相互作用で モーターが回転します これを三万個作りました

経験のある科学の教師は 教科書なんかいいからと飛びつきました 先生が作れば 子供も作りますよ 目の輝きを見てください 科学のわくわくを 感じているのです これは金持ちの道楽とは違います 民主主義国家では 科学は 社会的制約を受けている農村部の― 子供に届く必要があります 16の学校で始まったこのプログラムは 1500の国立学校に広まりました 10万以上の子供がこうして科学を学びました 更に私たちは可能性を探しています

これはテトラパックです 環境の面から考えると酷い素材です 3層のプラスチックとアルミ 6層が貼り合わされていて 分解は出来ません こんなふうに繋がったパックを 折り畳んでくっつけると 二十面体が出来ます 海鳥の窒息の原因にもなる ゴミだったものをリサイクルして こんな面白くて科学的なプラトン多面体を 作ることができるのです

小さなストローがあります 両端をつまんでみます この部分です 子ワニの口みたいになります 口にくわえて吹いてみます (ブー) 子供は楽しみ 教師は嫉妬する そうです なぜ音が出るか分からないでしょう 振動は口の中で起こってますからね それを外に出して吹いて 吸い込みます (ピー) 弦を振動させて音の勉強をするのに 大騒ぎしなくてもいいのです それでは ずーっとこれを吹いて 音を出しながら これを切っていきましょう すると面白いことが起こります (ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド) (拍手) とても小さいものでは (ブー) 最後のは子供に教わりました 皆さんにもできますよ

話を進める前に これを紹介したいと思います これは盲目児童用のお絵かき先生です このベルクロのマジックテープがキャンバスになります こちらがお絵かき用のペンです これはフィルムの箱です これは基本的には釣りのリールと 一緒だと思ってください ここにウールをあしらっています 取っ手を回せば ウールが巻き取られます 目が見えなくてもこれで絵を描くことが出来るのです マジックテープにウールがくっつくからです 盲目の児童が国内には1200万人います (拍手) 闇の世界に生きる彼らにとって 素晴らしい恩恵となっています ある工場の事故で子供たちが失明し 彼らには食糧もビタミンAも 提供されませんでした そんな被害者の助けになりました 特許はないので皆さんも作ってください

とても簡単なことです これは発電機ですね 手回し式のものです 二つ磁石がついています 二枚のCDにゴムを挟み作ったプーリです 小型プーリに強力な磁石 そしてこの繊維がLEDに装着されたプーリを回します こちらを回すと 小さな方が高速回転をし 回転磁場が生じます 磁場線が断ち切られ 無論 動力が生じます そしてご覧のとおりLEDが光ります 手回し発電機なんです

これはですね ナットが付いた鉄の輪っかです これで何をするかというと これを弾いてみると 回転します たくさんの子どもが輪になり この輪っかが回ってくるのを 待っているところを想像して下さい 子供にはこの上ない遊び道具になります

最後にですが 使用済みの新聞紙を利用して 帽子を作れます サチン・テンドルカールのみたいですね クリケット用の素敵な帽子です ネルーやガンディーを見かけると こんなネルー帽をかぶっています 私たちは新聞紙でこんなおもちゃを たくさん作っています これはご覧の通り 羽ばたく鳥です 新聞紙を小さな四角に切るのです この鳥は日本の子供たちに 長年愛されてきたものです 見てください 小さなキビタキです

さて最後に話を一つしましょう 「キャプテンの帽子物語」です キャプテンの船は海を進んで行きます ゆっくりゆっくり航海しています たくさんいたお客さんが退屈してしまったので キャプテンはお客をデッキに誘いました きれいな服で歌って踊りましょう おいしいご飯と飲み物を用意します キャプテンは帽子をかぶって パーティーに毎日参加しました 初日 大きめの帽子をかぶりました キャプテンハットみたいなやつね その夜 乗客の眠っている間に 帽子を折り畳みました 二日目は消防士の安全帽です 洒落たつばが後ろについてます 頭と首を守るのです 二日目の夜 同じ帽子を手に取り 更に折り込みました そうして三日目 サファリキャップをかぶりました 探検家がかぶるようなやつですね 三日目の晩 更に折り込みを二つ入れました ボリウッド映画を見た方はご存知でしょう とても有名な帽子になりました おまわりさんがかぶっている サバル帽という帽子です 国際的にも脚光を浴びたものです

船長さんだったことを忘れてはいけません これは船ですね こんなふうにして 誰もが船旅を満喫していました 歌って踊っていました 突如 嵐と巨大な波に遭遇しました 船は波任せに揺れ動くばかりです 巨大な波が船首を直撃し 取れてしまいました 船尾も別の波に襲われ 取れてしまいました 三番目の波も襲って来て ブリッジを飲み込み さらって行きます こうして船は沈んでいきます キャプテンは全てを失いましたが 救命ジャケットだけが残りました

ありがとうございました

(拍手)

My name is Arvind Gupta, and I'm a toymaker. I've been making toys for the last 30 years. The early '70s, I was in college. It was a very revolutionary time. It was a political ferment, so to say -- students out in the streets of Paris, revolting against authority. America was jolted by the anti-Vietnam movement, the Civil Rights movement. In India, we had the Naxalite movement, the [ unclear ] movement. But you know, when there is a political churning of society, it unleashes a lot of energy. The National Movement of India was testimony to that. Lots of people resigned from well-paid jobs and jumped into the National Movement. Now in the early '70s,one of the great programs in India was to revitalize primary science in village schools.

There was a person, Anil Sadgopal, did a Ph.D. from Caltech and returned back as a molecular biologist in India's cutting-edge research institute, the TIFR. At 31, he was not able to relate the kind of [ unclear ] research, which he was doing with the lives of the ordinary people. So he designed and went and started a village science program. Many people were inspired by this. The slogan of the early '70s was "Go to the people. Live with them; love them. Start from what they know. Build on what they have." This was kind of the defining slogan.

Well I took one year. I joined Telco, made TATA trucks, pretty close to Pune. I worked there for two years, and I realized that I was not born to make trucks. Often one doesn't know what one wants to do, but it's good enough to know what you don't want to do. So I took one year off, and I went to this village science program. And it was a turning point. It was a very small village -- a weekly bazaar where people, just once in a week, they put in all the vats. So I said, "I'm going to spend a year over here." So I just bought one specimen of everything which was sold on the roadside. And one thing which I found was this black rubber.

This is called a cycle valve tube. When you pump in air in a bicycle, you use a bit of this. And some of these models -- so you take a bit of this cycle valve tube, you can put two matchsticks inside this, and you make a flexible joint. It's a joint of tubes. You start by teaching angles -- an acute angle, a right angle, an obtuse angle, a straight angle. It's like its own little coupling. If you have three of them, and you loop them together, well you make a triangle. With four, you make a square, you make a pentagon, you make a hexagon, you make all these kind of polygons. And they have some wonderful properties. If you look at the hexagon, for instance, it's like an amoeba, which is constantly changing its own profile. You can just pull this out, this becomes a rectangle. You give it a push, this becomes a parallelogram. But this is very shaky. Look at the pentagon, for instance, pull this out -- it becomes a boat shape trapezium. Push it and it becomes house shaped. This becomes an isosceles triangle -- again, very shaky. This square might look very square and prim. Give it a little push -- this becomes a rhombus. It becomes kite-shaped. But give a child a triangle, he can't do a thing to it.

Why use triangles? Because triangles are the only rigid structures. We can't make a bridge with squares because the train would come, it would start doing a jig. Ordinary people know about this because if you go to a village in India, they might not have gone to engineering college, but no one makes a roof placed like this. Because if they put tiles on top, it's just going to crash. They always make a triangular roof. Now this is people science.

And if you were to just poke a hole over here and put a third matchstick, you'll get a T joint. And if I were to poke all the three legs of this in the three vertices of this triangle, I would make a tetrahedron. So you make all these 3D shapes. You make a tetrahedron like this. And once you make these, you make a little house. Put this on top. You can make a joint of four. You can make a joint of six. You just need a ton. Now this was -- you make a joint of six, you make an icosahedron. You can play around with it. This makes an igloo. Now this is in 1978. I was a 24-year-old young engineer. And I thought this was so much better than making trucks. (Applause) If you, as a matter of fact, put four marbles inside, you simulate the molecular structure of methane, CH4. Four atoms of hydrogen, the four points of the tetrahedron, which means the little carbon atom.

Well since then, I just thought that I've been really privileged to go to over 2,000 schools in my country -- village schools, government schools, municipal schools, Ivy League schools -- I've been invited by most of them. And every time I go to a school, I see a gleam in the eyes of the children. I see hope. I see happiness in their faces. Children want to make things. Children want to do things.

Now this, we make lots and lots of pumps. Now this is a little pump with which you could inflate a balloon. It's a real pump. You could actually pop the balloon. And we have a slogan that the best thing a child can do with a toy is to break it. So all you do is -- it's a very kind of provocative statement -- this old bicycle tube and this old plastic [ unclear ] This filling cap will go very snugly into an old bicycle tube. And this is how you make a valve. You put a little sticky tape. This is one-way traffic. Well we make lots and lots of pumps. And this is the other one -- that you just take a straw, and you just put a stick inside and you make two half-cuts. Now this is what you do, is you bend both these legs into a triangle, and you just wrap some tape around. And this is the pump. And now, if you have this pump, it's like a great, great sprinkler. It's like a centrifuge. If you spin something, it tends to fly out.

(Applause)

Well in terms of -- if you were in Andhra Pradesh, you would make this with the palmyra leaf. Many of our folk toys have great science principles. If you spin-top something, it tends to fly out. If I do it with both hands, you can see this fun Mr. Flying Man. Right. This is a toy which is made from paper. It's amazing. There are four pictures. You see insects, you see frogs, snakes, eagles, butterflies, frogs, snakes, eagles. Here's a paper which you could [ unclear ] -- designed by a mathematician at Harvard in 1928, Arthur Stone, documented by Martin Gardner in many of his many books. But this is great fun for children. They all study about the food chain. The insects are eaten by the frogs; the frogs are eaten by the snakes; the snakes are eaten by the eagles. And this can be, if you had a whole photocopy paper -- A4 size paper -- you could be in a municipal school, you could be in a government school -- a paper, a scale and a pencil -- no glue, no scissors. In three minutes, you just fold this up. And what you could use it for is just limited by your imagination. If you take a smaller paper, you make a smaller flexagon. With a bigger one, you make a bigger one.

Now this is a pencil with a few slots over here. And you put a little fan here. And this is a hundred-year-old toy. There have been six major research papers on this. There's some grooves over here, you can see. And if I take a reed -- if I rub this, something very amazing happens. Six major research papers on this. As a matter of fact, Feynman, as a child, was very fascinated by this. He wrote a paper on this. And you don't need the three billion-dollar Hadron Collider for doing this. (Laughter) (Applause) This is there for every child, and every child can enjoy this. If you want to put a colored disk, well all these seven colors coalesce. And this is what Newton talked about 400 years back, that white light's made of seven colors, just by spinning this around.

This is a straw. What we've done, we've just sealed both the ends with tape, nipped the right corner and the bottom left corner, so there's holes in the opposite corners, there's a little hole over here. This is a kind of a blowing straw. I just put this inside this. There's a hole here, and I shut this. And this costs very little money to make -- great fun for children to do.

What we do is make a very simple electric motor. Now this is the simplest motor on Earth. The most expensive thing is the battery inside this. If you have a battery, it costs five cents to make it. This is an old bicycle tube, which gives you a broad rubber band,two safety pins. This is a permanent magnet. Whenever current flows through the coil, this becomes an electromagnet. It's the interaction of both these magnets which makes this motor spin. We made 30,000.

Teachers who have been teaching science for donkey years, they just muck up the definition and they spit it out. When teachers make it, children make it. You can see a gleam in their eye. They get a thrill of what science is all about. And this science is not a rich man's game. In a democratic country, science must reach to our most oppressed, to the most marginalized children. This program started with 16 schools and spread to 1,500 government schools. Over 100,000 children learn science this way. And we're just trying to see possibilities.

Look, this is the tetrapak -- awful materials from the point of view of the environment. There are six layers -- three layers of plastic, aluminum -- which are are sealed together. They are fused together, so you can't separate them. Now you can just make a little network like this and fold them and stick them together and make an icosahedron. So something which is trash, which is choking all the seabirds, you could just recycle this into a very, very joyous -- all the platonic solids can be made with things like this.

This is a little straw, and what you do is you just nip two corners here, and this becomes like a baby crocodile's mouth. You put this in your mouth, and you blow. (Honk) It's children's delight, a teacher's envy, as they say. You're not able to see how the sound is produced, because the thing which is vibrating goes inside my mouth. I'm going to keep this outside, to blow out. I'm going to suck in air. (Honk) So no one actually needs to muck up the production of sound with wire vibrations. The other is that you keep blowing at it, keep making the sound, and you keep cutting it. And something very, very nice happens. (Honk) (Applause) And when you get a very small one -- (Honk) This is what the kids teach you. You can also do this.

Well before I go any further, this is something worth sharing. This is a touching slate meant for blind children. This is strips of Velcro, this is my drawing slate, and this is my drawing pen, which is basically a film box. It's basically like a fisherman's line, a fishing line. And this is wool over here. If I crank the handle, all the wool goes inside. And what a blind child can do is to just draw this. Wool sticks on Velcro. There are 12 million blind children in our country -- (Applause) who live in a world of darkness. And this has come as a great boon to them. There's a factory out there making our children blind, not able to provide them with food, not able to provide them with vitamin A. But this has come as a great boon for them. There are no patents. Anyone can make it.

This is very, very simple. You can see, this is the generator. It's a crank generator. These are two magnets. This is a large pulley made by sandwiching rubber between two old CDs. Small pulley and two strong magnets. And this fiber turns a wire attached to an LED. If I spin this pulley, the small one's going to spin much faster. There will be a spinning magnetic field. Lines, of course, would be cut, the force will be generated. And you can see, this LED is going to glow. So this is a small crank generator.

Well, this is, again, it's just a ring, a steel ring with steel nuts. And what you can do is just, if you give it a twirl, well they just keep going on. And imagine a bunch of kids standing in a circle and just waiting for the steel ring to be passed on. And they'd be absolutely joyous playing with this.

Well in the end, what we can also do: we use a lot of old newspapers to make caps. This is worthy of Sachin Tendulkar. It's a great cricket cap. (Laughter) (Applause) When first you see Nehru and Gandhi, this is the Nehru cap -- just half a newspaper. We make lots of toys with newspapers, and this is one of them. And this is -- you can see -- this is a flapping bird. All of our old newspapers, we cut them into little squares. And if you have one of these birds -- children in Japan have been making this bird for many, many years. And you can see, this is a little fantail bird.

Well in the end, I'll just end with a story. This is called "The Captain's Hat Story." The captain was a captain of a sea-going ship. It goes very slowly. And there were lots of passengers on the ship, and they were getting bored, so the captain invited them on the deck. "Wear all your colorful clothes and sing and dance, and I'll provide you with good food and drinks." And the captain would wear a cap everyday and join in the regalia. The first day, it was a huge umbrella cap, like a captain's cap. That night, when the passengers would be sleeping, he would give it one more fold, and the second day, he would be wearing a fireman's cap -- with a little shoot just like a designer cap, because it protects the spinal cord. And the second night, he would take the same cap and give it another fold. And the third day, it would be a Shikari cap -- just like an adventurer's cap. And the third night, he would give it two more folds -- and this is a very, very famous cap. If you've seen any of our Bollywood films, this is what the policeman wears, it's called a zapalu cap. It's been catapulted to international glory.

And we must not forget that he was the captain of the ship. So that's a ship. And now the end: everyone was enjoying the journey very much. They were singing and dancing. Suddenly there was a storm and huge waves. And all the ship can do is to dance and pitch along with the waves. A huge wave comes and slaps the front and knocks it down. And another one comes and slaps the aft and knocks it down. And there's a third one over here. This swallows the bridge and knocks it down. And the ship sinks, and the captain has lost everything, but for a life jacket.

Thank you so much.

(Applause)

My name is Arvind Gupta,/ and I'm a toymaker.//

私はアービン・グペラ おもちゃ作りをしています

I've been making toys/ for the last 30 years.//

ここ30年おもちゃを作ってきました

The early '70s,/ I was in college.//

70年当初 私は大学生でした

It was a very revolutionary time.//

当時はとても革命的な時期でした

It was a political ferment,/ so to say --/ students out/ in the streets of Paris,/ revolting against authority.//

いわば政治的動乱の時代でした パリの路上で学生が 反政府集会をしていました

America was jolted by the anti-Vietnam movement,/ the Civil Rights movement.//

アメリカは激動の時代でした 反ベトナム戦争や市民権運動が盛んでした

In India,/ we had the Naxalite movement,/ the [ unclear ] movement.//

インドではナクサライト運動という 農地解放闘争が起こっていました

But you know,/ when there is a political churning of society,/ it unleashes a lot of energy.//

しかし社会的動乱の時代には 膨大なエネルギーが放出されるものです

The National Movement of India was testimony/ to/ that.//

このインドの国家運動が その生きた証拠でした

Lots of people resigned from well-paid jobs/ and jumped into the National Movement.//

多くの人が給料の良い仕事を辞め この運動に参加しました

Now/ in the early '70s,one of the great programs/ in India was to revitalize primary science/ in village schools.//

さて70年代初めのインドでは 素晴らしい取り組みによって 村の学校では理科の授業が 復活しようとしていました

There was a person,/ Anil Sadgopal,/ did a Ph.D./ from Caltech/ and returned back/ as a molecular biologist/ in India's cutting-edge research institute,/ the TIFR.//

カルテックで博士を取ったアニル・サドゴパルは 分子生物学者としてインドに戻り TIFR という最先端の研究所にいました

At 31,/ he was not able/ to relate the kind of [ unclear ]/ research,/ which he was doing with the lives of the ordinary people.//

31歳にして彼は 進めていた科学的な研究を 普通の人々の暮らしと関連付けることができず

So he designed and went/ and started a village science program.//

そこで村の科学プログラムを始めたのです

Many people were inspired by this.//

多くの人が動かされました

The slogan of the early '70s was "Go/ to the people.//

70年代当初のスローガンは 「人々のところに向かい

Live/ with them;/ love them.//

愛して 共に暮らそう

Start/ from what they know.// Build/ on what they have."//

人々の知るところから始め あるものを活かそう」でした

This was kind of the defining slogan.//

これは特徴的なスローガンでした

Well/ I took one year.//

私も1年間参加しました

I joined Telco,/ made TATA trucks,/ pretty close to Pune.//

プネー近郊でタタのトラックを製造する

I worked there/ for two years,/ and I realized/ that I was not born to make/ trucks.//

テルコ社に入社して 2 年働いて トラックの製造には向いていないと気づきました

Often one doesn't know/ what one wants to do,/ but it's good enough/ to know/ what you don't want to do.//

人はやりたいことは大概気づきませんが やりたくないことはわかるようです

So/ I took one year off,/ and I went to this village science program.//

一年職場を離れ 村でこのプログラムに参加しました

And it was a turning point.//

ここが分岐点でした

It was a very small village --/ a weekly bazaar/ where people,/ just once/ in a week,/ they put in/ all the vats.//

村はとても小さく 市場も週に一度で このときに全部の品物を並べるのです

So I said,/ "I'm going to spend/ a year/ over here."//

「ここで一年過ごします」と言いました

So I just bought one specimen of everything/ which was sold on the roadside.//

道で売ってるものは全て 一つずつサンプルとして購入しました

And one thing/ which I found/ was this black rubber.//

一つ気になったのが この黒いゴムでした

This is called a cycle valve tube.//

自転車のバルブ用チューブです

When you pump in air/ in a bicycle,/ you use a bit of this.//

自転車に空気を入れる箇所に使用されます

And some of these models --/ so you take a bit of this cycle valve tube,/ you can put two matchsticks/ inside this,/ and you make a flexible joint.//

さて ここにいくつかのモデルがあります 短かいものにマッチを二本入れると 柔軟な関節部をつくることが出来ます

It's a joint of tubes.// You start by teaching angles --/ an acute angle,/ a right angle,/ an obtuse angle,/ a straight angle.//

チューブの関節です 角度を教えることが出来ます 鋭角 直角 鈍角 平角

It's like its own little coupling.//

連結装置の完成です

If you have three of them,/ and you loop them together,/ well/ you make a triangle.//

これを三つ組み合わせると 三角形が出来ます

With four,/ you make a square,/ you make a pentagon,/ you make a hexagon,/ you make all these kind of polygons.//

四つ以上あれば四角形 五角形 六角形といった 多角形が色々作れます

And they have some wonderful properties.//

これにはすごい特徴があるんです

If you look at the hexagon,/ for instance,/ it's like an amoeba,/ which is constantly changing its own profile.//

例えばこの六角形は アメーバのように絶えず輪郭を変えます

You can just pull this out,/ this becomes a rectangle.//

ここを引っ張れば長方形になります

You give it/ a push,/ this becomes a parallelogram.//

押せば平行四辺形になります

But this is very shaky.//

でもこれでは不安定です

Look/ at the pentagon,/ for instance,/ pull this out --/ it becomes a boat shape trapezium.//

この五角形はどうでしょう ここを引くと ボート型の台形になります

Push/ it/ and it becomes house shaped.//

ここを押すと一戸建てに

This becomes an isosceles triangle --/ again,/ very shaky.//

二等辺三角形になります こちらも不安定ですね

This square might look very square and prim.//

これはきれいな四角に見えますかね

Give it/ a little push --/ this becomes a rhombus.//

少し押すとひし形になります

It becomes kite-shaped.//

凧の形です

But give a child/ a triangle,/ he can't do a thing/ to it.//

子供はこの三角形を色々に 変形させることが出来ません

Why use triangles?//

なぜ三角形を使うのでしょう?

Because triangles are the only rigid structures.//

これは唯一の剛構造だからです

We can't make a bridge/ with squares/ because the train would come,/ it would start doing/ a jig.//

電車が生じる振動に 耐えうる橋は四角形では作れません

Ordinary people know about this/ because/ if you go to a village/ in India,/ they might not have gone to engineering college,/ but no one makes/ a roof placed like this.//

こんなことは誰もが分かっています インドの農村部では 工学部に通ったことがなくたって このような屋根は誰も作りません

Because/ if they put tiles/ on top,/ it's just going to crash.//

てっぺんにタイルを載せると崩れるからです

They always make a triangular roof.//

屋根は三角形でなくてはダメです

Now/ this is people/ science.//

これこそ暮らしの科学なんです

And/ if you were to just poke a hole/ over here/ and put a third matchstick,/ you'll get a T joint.//

ではここに穴を開けて マッチを挿し込めば T字継手の完成です

And/ if I were to poke/ all the three legs of this/ in the three vertices of this triangle,/ I would make a tetrahedron.//

継手の三本の足を こちらの三角の頂点に挿し込めば 四面体になります

So you make all these 3D shapes.//

三次元の造形が可能です

You make a tetrahedron/ like this.//

四面体はこんな感じです

And once/ you make these,/ you make a little house.//

これらが出来ると 小さな家を作れます

Put/ this/ on top.//

これを上にのせれば完成

You can make a joint of four.// You can make a joint of six.//

四本や六本の継手も作れます

You just need a ton.//

ただ数だけは相当必要です

Now/ this was --/ you make a joint of six,/ you make an icosahedron.//

ほら 六本の継手を使って こんな二十面体が出来ます

You can play around/ with it.//

少しいじれば

This makes an igloo.//

イグルーの形にもなります

Now/ this is in 1978.//

ここからは1978年の話です

I was a 24-year-old young engineer.//

私は24歳の若いエンジニアでしたが

And I thought/ this was so much better/ than making trucks.//

こういうのはトラック作りよりもずっといいなぁと考えました

(Applause)/ If you,/ as a matter of fact,/ put four marbles inside,/ you simulate the molecular structure of methane,/ CH4.//

(拍手) 実際 ビー玉を四つ入れれば CH4 メタンの分子構造を再現できます

Four atoms of hydrogen,/ the four points of the tetrahedron,/ which means the little carbon atom.//

水素が4つ 四面体の4つの頂点 この間に炭素原子があるのです

Well/ since then,/ I just thought/ that I've been really privileged to go to over 2,000 schools/ in my country --/ village schools,/ government schools,/ municipal schools,/ Ivy League schools --/ I've been invited by most of them.//

それ以来インド国内の 村の学校や国立や私立の学校 名門校など 2000 校以上の 学校を回れたことをとても 光栄に思っていました ほとんどから招待を頂きました

And every time/ I go to a school,/ I see a gleam/ in the eyes of the children.//

学校に行けば 必ず 子供たちの光輝く目に出会います

I see hope.// I see happiness/ in their faces.//

顔から希望と幸福がにじみ出ています

Children want to make/ things.// Children want to do/ things.//

子供はモノづくり 何かすることが大好きです

Now/ this,/ we make lots and lots of pumps.//

さて ポンプをたくさん作りましょう

Now/ this is a little pump/ with which you could inflate a balloon.//

これは風船を膨らます― 小さなポンプです

It's a real pump.// You could actually pop the balloon.//

本物です 実際に風船を膨らますことができます

And we have a slogan/ that the best thing/ a child can do with a toy is to break it.//

スローガンを一つ掲げます 「子供の仕事はおもちゃを壊すこと」です

So all you do/ is --/ it's a very kind of provocative statement --/ this old bicycle tube/ and this old plastic [ unclear ]/ This filling cap will go very snugly/ into an old bicycle tube.//

少し挑発的な言い方でしょうか この使用済み自転車チューブと そこに入るものを探します フィルムケースがちょうどチューブにはまります

And this is/ how you make a valve.//

こうしてバルブが出来ました

You put a little sticky tape.//

これにテープを少し貼れば

This is one-way traffic.//

逆流防止弁になります

Well/ we make lots and lots of pumps.//

ポンプをたくさんつくりますよ

And this is the other one --/ that you just take a straw,/ and you just put a stick inside/ and you make two half-cuts.//

これは別のものですが ストローに棒を差し込んで 両側に切れ目を入れます

Now/ this is/ what you do,/ is you bend both these legs/ into a triangle,/ and you just wrap some tape around.//

そうしたら両側の 足を折り込み三角形をつくり テープを少し巻きつけます

And this is the pump.//

これでポンプの完成です

And now,/ if you have this pump,/ it's like a great, great sprinkler.//

さてこのポンプは 素敵なスプリンクラーです

It's like a centrifuge.//

遠心分離機みたいですね

If you spin something,/ it tends to fly/ out.//

何かを回すと飛び散ろうとするわけです

(拍手)

Well/ in terms of --/ if you were in Andhra Pradesh,/ you would make this/ with the palmyra leaf.//

アンドラ・プラデッシュ州に住んでいたら これはヤシの葉で作ったでしょう

Many of our folk toys have great science principles.//

多くのおもちゃには 科学の法則が利用されています

If you spin-top something,/ it tends to fly out.//

回転は外側に力を生じます

If I do it/ with both hands,/ you can see this fun/ Mr.// Flying Man.//

両手で回せば 陽気な 飛行太郎 になります

Right.//

ほらね

This is a toy/ which is made from paper.// It's amazing.//

このおもちゃは紙でできています 面白いですよ

There are four pictures.//

四枚の画像が見えます

You see insects,/ you see frogs,/ snakes,/ eagles,/ butterflies,/ frogs,/ snakes,/ eagles.//

虫が見えますね 今度はカエル ヘビ ワシ チョウチョウ カエル ヘビ ワシ

Here's a paper/ which you could [ unclear ] --/ designed by a mathematician/ at Harvard/ in 1928,/ Arthur Stone,/ documented by Martin Gardner/ in many of his many books.//

この反転おもちゃは マーティン・ガードナーの本には繰り返し登場します 1928年にハーバードの数学者 アーサー・ストーンが考案しました

But this is great fun/ for children.//

これは子供が喜びます

They/ all study/ about the food chain.//

これで食物連鎖を学ぶのです

The insects are eaten by the frogs;/ the frogs are eaten by the snakes;/ the snakes are eaten by the eagles.//

虫を食べたカエルがヘビに食べられ タカがそのヘビを食べるのです

And this can be,/ if you had a whole photocopy paper --/ A4 size paper --/ you could be in a municipal school,/ you could be in a government school --/ a paper,/ a scale and a pencil --/ no glue,/ no scissors.//

A4サイズの紙で これを応用すれば 地域の学校でも国立学校でも 紙と鉛筆と物差しがあれば ノリやハサミは不要で

In three minutes,/ you just fold this up.//

三分で組み立てることができます

And what you could use it/ for is just limited by your imagination.//

思いつく限り何にでも使えます

If you take a smaller paper,/ you make a smaller flexagon.//

小さな紙なら小さいフレキサゴンが出来ます

With a bigger one,/ you make a bigger one.//

大きい紙なら大きく作れます

Now/ this is a pencil/ with a few slots/ over here.//

さて この鉛筆には溝が掘られており

And you put a little fan here.//

小さなファンが付いています

And this is a hundred-year-old toy.//

百年以上親しまれているおもちゃです

There have been six major research papers/ on this.//

これに関する大きな研究が六つもある程です

There's some grooves/ over here,/ you can see.//

ここに見えるギザギザを

And/ if I take a reed --/ if I rub this,/ something/ very amazing happens.//

このリードでこすると とても面白いことが起こります

Six major research papers/ on this.//

研究が六つもされてきました

As a matter of fact,/ Feynman,/ as a child,/ was very fascinated by this.//

幼少時 ファインマンはこれに魅了されました

He wrote a paper/ on this.//

彼は研究報告書をまとめました

And you don't need the three billion-dollar Hadron Collider/ for doing this.// (Laughter) (Applause)/ This is there for every child,/ and every child can enjoy this.//

30億ドルの大型ハドロン衝突型加速器も 必要ありません プログラムでは全ての児童に これを提供し 遊んでもらっています

If you want to put/ a colored disk,/ well/ all these seven colors coalesce.//

色付きの円盤を取り付け回転させると 七色は全てが融合します

And this is/ what Newton talked about 400 years back,/ that white light's made of seven colors,/ just/ by spinning this around.//

これは400年前 ニュートンが話していた 七色で構成される白い光なんです ただ回してるだけですけど

This is a straw.//

ストローがあります

What we've done,/ we've just sealed both the ends/ with tape,/ nipped the right corner/ and the bottom left corner,/ so there's holes/ in the opposite corners,/ there's a little hole/ over here.//

両端をテープでとめて 上は右端を 下は左端をカットしています つまり対極には穴が開いている状態です

This is a kind of a blowing straw.//

これはある種の 吹きストロー です

I just put this/ inside this.//

これを差し込んでと

There's a hole here,/ and I shut this.//

ここにある穴を塞ぎますね

And this costs very little money/ to make --/ great fun/ for children to do.//

製作費はほぼゼロですが 子供は大いに楽しむことが出来ます

What we do/ is make a very simple electric motor.//

ここにとてもシンプルな 電気モーターがあります

Now/ this is the simplest motor/ on Earth.//

世界でいちばん単純なモーターです

The most expensive thing is the battery/ inside this.//

最も値が張るのは中の電池です

If you have a battery,/ it costs five cents/ to make it.//

バッテリーつきだと5セントかかってしまいます

This is an old bicycle tube,/ which gives you/ a broad rubber band,/two safety pins.//

これは自転車用チューブを ゴムのバンドとし 安全ピンも使います

This is a permanent magnet.//

これは永久磁石で 電流が

Whenever current flows/ through the coil,/ this becomes an electromagnet.//

コイルに流れると電磁石になります

It's the interaction of both/ these magnets/ which makes this motor spin.//

二つの磁石の相互作用で モーターが回転します

We made 30,000.//

これを三万個作りました

Teachers/ who have been teaching science/ for donkey years,/ they just muck up/ the definition/ and they spit it out.//

経験のある科学の教師は 教科書なんかいいからと飛びつきました

When teachers make it,/ children make it.//

先生が作れば 子供も作りますよ

You can see a gleam/ in their eye.//

目の輝きを見てください

They get a thrill of what science is all about.//

科学のわくわくを 感じているのです

And this science is not a rich man's game.//

これは金持ちの道楽とは違います

In a democratic country,/ science must reach to our most oppressed,/ to the most marginalized children.//

民主主義国家では 科学は 社会的制約を受けている農村部の― 子供に届く必要があります

This program started with 16 schools/ and spread to 1,500 government schools.//

16の学校で始まったこのプログラムは 1500の国立学校に広まりました

Over 100,000 children learn science/ this way.//

10万以上の子供がこうして科学を学びました

And we're just trying to see/ possibilities.//

更に私たちは可能性を探しています

Look,/ this is the tetrapak --/ awful materials/ from the point of view of the environment.//

これはテトラパックです 環境の面から考えると酷い素材です

There are six layers --/ three layers of plastic,/ aluminum --/ which are are sealed together.//

3層のプラスチックとアルミ 6層が貼り合わされていて

They are fused together,/ so you can't separate them.//

分解は出来ません

Now/ you can just make a little network/ like this/ and fold/ them/ and stick them together/ and make an icosahedron.//

こんなふうに繋がったパックを 折り畳んでくっつけると 二十面体が出来ます

So something/ which is trash,/ which is choking all the seabirds,/ you could just recycle this/ into a very, very joyous --/ all the platonic solids can be made with things/ like this.//

海鳥の窒息の原因にもなる ゴミだったものをリサイクルして こんな面白くて科学的なプラトン多面体を 作ることができるのです

This is a little straw,/ and what you do/ is you just nip two corners here,/ and this becomes like a baby crocodile's mouth.//

小さなストローがあります 両端をつまんでみます この部分です 子ワニの口みたいになります

You put this/ in your mouth,/ and you blow.//

口にくわえて吹いてみます

(Honk)/ It's children's delight,/ a teacher's envy,/ as they say.//

(ブー) 子供は楽しみ 教師は嫉妬する そうです

You're not able/ to see/ how the sound is produced,/ because the thing/ which is vibrating goes inside my mouth.//

なぜ音が出るか分からないでしょう 振動は口の中で起こってますからね

I'm going to keep/ this outside,/ to blow out.// I'm going to suck/ in air.//

それを外に出して吹いて 吸い込みます

(Honk)/ So no one actually needs to muck up/ the production of sound/ with wire vibrations.//

(ピー) 弦を振動させて音の勉強をするのに 大騒ぎしなくてもいいのです

The other is/ that you keep blowing/ at it,/ keep making/ the sound,/ and you keep cutting/ it.//

それでは ずーっとこれを吹いて 音を出しながら これを切っていきましょう

And something very,/ very nice happens.//

すると面白いことが起こります

(Honk) (Applause)/ And when you get a very small one --/ (Honk)/ This is/ what the kids teach you.// You can also do this.//

(ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド) (拍手) とても小さいものでは (ブー) 最後のは子供に教わりました 皆さんにもできますよ

Well/ before I go any further,/ this is something worth sharing.//

話を進める前に これを紹介したいと思います

This is a touching slate meant for blind children.//

これは盲目児童用のお絵かき先生です

This is strips of Velcro,/ this is my drawing slate,/ and this is my drawing pen,/ which is basically a film box.//

このベルクロのマジックテープがキャンバスになります こちらがお絵かき用のペンです これはフィルムの箱です

It's basically/ like a fisherman's line,/ a fishing line.//

これは基本的には釣りのリールと 一緒だと思ってください

And this is wool/ over here.//

ここにウールをあしらっています

If I crank the handle,/ all the wool goes inside.//

取っ手を回せば ウールが巻き取られます

And what a blind child can do/ is to just draw this.//

目が見えなくてもこれで絵を描くことが出来るのです

マジックテープにウールがくっつくからです

There are 12 million blind children/ in our country --/ (Applause)/ who live in a world of darkness.//

盲目の児童が国内には1200万人います (拍手) 闇の世界に生きる彼らにとって

And this has come as a great boon/ to them.//

素晴らしい恩恵となっています

There's a factory/ out there/ making our children blind, not able to provide them/ with food, not able to provide them/ with vitamin A.//

ある工場の事故で子供たちが失明し 彼らには食糧もビタミンAも 提供されませんでした

But this has come as a great boon/ for them.//

そんな被害者の助けになりました

There are no patents.// Anyone can make it.//

特許はないので皆さんも作ってください

This is very,/ very simple.//

とても簡単なことです

You can see,/ this is the generator.// It's a crank generator.//

これは発電機ですね 手回し式のものです

These are two magnets.//

二つ磁石がついています

This is a large pulley made by sandwiching rubber/ between two old CDs.//

二枚のCDにゴムを挟み作ったプーリです

Small pulley and two strong magnets.//

小型プーリに強力な磁石

And this fiber turns/ a wire attached to an LED.//

そしてこの繊維がLEDに装着されたプーリを回します

If I spin this pulley,/ the small one's going to spin/ much faster.//

こちらを回すと 小さな方が高速回転をし

There will be a spinning magnetic field.//

回転磁場が生じます

Lines,/ of course,/ would be cut,/ the force will be generated.//

磁場線が断ち切られ 無論 動力が生じます

And you can see,/ this LED is going to glow.//

そしてご覧のとおりLEDが光ります

So this is a small crank generator.//

手回し発電機なんです

Well,/ this is,/ again,/ it's just a ring,/ a steel ring/ with steel nuts.//

これはですね ナットが付いた鉄の輪っかです

And what you can do/ is just,/ if you give it/ a twirl,/ well/ they just keep going/ on.//

これで何をするかというと これを弾いてみると 回転します

And imagine a bunch of kids/ standing in a circle/ and just waiting/ for the steel ring/ to be passed on.//

たくさんの子どもが輪になり この輪っかが回ってくるのを 待っているところを想像して下さい

And they'd be absolutely joyous playing/ with this.//

子供にはこの上ない遊び道具になります

Well/ in the end,/ what we can also do:/ we use a lot of old newspapers/ to make caps.//

最後にですが 使用済みの新聞紙を利用して 帽子を作れます

This is worthy of Sachin Tendulkar.//

サチン・テンドルカールのみたいですね

It's a great cricket cap.// (Laughter) (Applause)/ When first/ you see Nehru and Gandhi,/ this is the Nehru cap --/ just half a newspaper.//

クリケット用の素敵な帽子です ネルーやガンディーを見かけると こんなネルー帽をかぶっています

We make lots of toys/ with newspapers,/ and this is one of them.//

私たちは新聞紙でこんなおもちゃを たくさん作っています

And this is --/ you can see --/ this is a flapping bird.//

これはご覧の通り 羽ばたく鳥です

All of our old newspapers,/ we cut them/ into little squares.//

新聞紙を小さな四角に切るのです

And/ if you have one of these birds --/ children/ in Japan have been making this bird/ for many, many years.//

この鳥は日本の子供たちに 長年愛されてきたものです

And you can see,/ this is a little fantail bird.//

見てください 小さなキビタキです

Well/ in the end,/ I'll just end with a story.//

さて最後に話を一つしましょう

This is called "The Captain's Hat Story."//

「キャプテンの帽子物語」です

The captain was a captain of a sea-going ship.//

キャプテンの船は海を進んで行きます

It goes very slowly.//

ゆっくりゆっくり航海しています

And there were lots of passengers/ on the ship,/ and they were getting bored,/ so the captain invited them/ on the deck.//

たくさんいたお客さんが退屈してしまったので キャプテンはお客をデッキに誘いました

"Wear/ all your colorful clothes and sing and dance,/ and I'll provide you/ with good food and drinks."//

きれいな服で歌って踊りましょう おいしいご飯と飲み物を用意します

And the captain would wear a cap everyday and join/ in the regalia.//

キャプテンは帽子をかぶって パーティーに毎日参加しました

The first day,/ it was a huge umbrella cap,/ like a captain's cap.//

初日 大きめの帽子をかぶりました キャプテンハットみたいなやつね

That night,/ when the passengers would be sleeping,/ he would give it/ one more fold,/ and the second day,/ he would be wearing a fireman's cap --/ with a little shoot just/ like a designer cap,/ because it protects the spinal cord.//

その夜 乗客の眠っている間に 帽子を折り畳みました 二日目は消防士の安全帽です 洒落たつばが後ろについてます 頭と首を守るのです

And the second night,/ he would take the same cap/ and give it/ another fold.//

二日目の夜 同じ帽子を手に取り 更に折り込みました

And the third day,/ it would be a Shikari cap --/ just like an adventurer's cap.//

そうして三日目 サファリキャップをかぶりました 探検家がかぶるようなやつですね

And the third night,/ he would give it/ two more folds --/ and this is a very, very famous cap.//

三日目の晩 更に折り込みを二つ入れました ボリウッド映画を見た方はご存知でしょう

If you've seen any of our Bollywood films,/ this is/ what the policeman wears,/ it's called a zapalu cap.//

とても有名な帽子になりました おまわりさんがかぶっている サバル帽という帽子です

国際的にも脚光を浴びたものです

And we must not forget/ that he was the captain of the ship.//

船長さんだったことを忘れてはいけません

So/ that's a ship.//

これは船ですね

And now/ the end:/ everyone was enjoying the journey very much.//

こんなふうにして 誰もが船旅を満喫していました

They were singing and dancing.//

歌って踊っていました

Suddenly/ there was a storm and huge waves.//

突如 嵐と巨大な波に遭遇しました

And all the ship can do/ is to dance/ and pitch along with the waves.//

船は波任せに揺れ動くばかりです

A huge wave comes and slaps the front/ and knocks it down.//

巨大な波が船首を直撃し 取れてしまいました

And another one comes and slaps the aft/ and knocks it down.//

船尾も別の波に襲われ 取れてしまいました

And there's a third one/ over here.//

三番目の波も襲って来て

This swallows the bridge/ and knocks it down.//

ブリッジを飲み込み さらって行きます

And the ship sinks,/ and the captain has lost everything,/ but for a life jacket.//

こうして船は沈んでいきます キャプテンは全てを失いましたが 救命ジャケットだけが残りました

Thank you so much.//

ありがとうございました

(拍手)

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

ferment

〈C〉発酵体(酷母,酷素などの発酵を起こさせるものの総称)

〈U〉発酵

〈U〉〈C〉(政治上の)動揺,大騒ぎ

…‘を'発酵させる

…‘を'大騒ぎさせる

発酵する

大騒ぎする

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

revolt

(…に)『反乱を起こす』,反抗する,そむく《+『against』+『名』(do『ing』)》

(…に)不快感を抱く,反感を持つ《+『against』(『at, from』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『不快にさせる…』…‘に'反感を抱かせる

(…に対する)反抗,反乱,不快感《+『against』(『at from』)+『名』(do『ing』)》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

jolt

…‘を'激しく揺する;(精神的に)〈人〉‘を'がたつかせる

〈車などが〉ガタガタ揺れる,揺れながら進む《+『on』(『along』)》

急な揺れ(振動)

突然の驚き(衝撃)

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

civil rights

市民権,公民権(選挙権,言論の自由,法のもとでの平等など諸権利の総称)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

unclear

はっきりしない

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

unleash

…‘の'皮ひもおはずす

…‘を'[どっと]解き放つ

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

testimony

〈C〉〈U〉(法廷の証人台での)『証言』

〈U〉(…の)証拠,しるし《+of+名》

(信仰などの)公然とした表明

resign

『辞職する』,辞任する;(…を)辞める《+『from』(『as』)+『名』》

…‘を'『辞職する』,辞任する,辞める

(…に)〈人〉‘を'任せる,従わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

molecular

分子の,分子による

biologist

生物学者

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

slogan

『スローガン』,標語

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

tata

ばいばい,あばよ

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

weekly

『毎週の』,1週間(分)の;1週1度の・『毎週』;1週1回・『週刊雑誌(新聞)』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

vat

(醸造・染色などで使う液体貯蔵用の)大おけ,大だる

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

specimen

(…の)『見本』,標本,実例《+『of』+『名』》

(検査のため採取された,組織・血液・尿などの)『標本』

《話》《形容詞を伴って》…の人,…なやつ

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

roadside

路傍,道ばた

道傍の,道ばたの

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

rubber

(またIndia rubber)〈U〉ゴム

《複数形で》《米》オーバーシューズ(靴の上にはくゴムの防水靴);《英》(ロッククライミング用の)スニーカー

〈C〉《英》ゴムの製品,消しゴム

〈C〉こする物

〈C〉マッサージ師

〈C〉《米俗》コンドーム

ゴム製の

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

valve

(液体・ガスなどの流れを調節する)『バルブ』,弁

(血液の流れを調節する)弁,弁膜

(管楽器の)バルブ

(2枚貝の)から,貝がら

《英》真空管

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

matchstick

マッチ棒[の1本];(特に)その燃えさし[の1本]

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

acute angle

鋭角

right angle

直角

obtuse angle

鈍角

straight angle

平角(180°)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

coupling

〈U〉連結,結合

=coupler

〈U〉〈C〉(電気回路の)結合

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

triangle

三角形

三角形の物

《米》三角定規

(楽器の)トライアングル

三つ組,三人組;(男女の)三角関係

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

pentagon

五角形,五辺形

《the P-》ペンタゴン(Arlingtonにある米国国防総省の五角形の巨大な建物)

hexagon

六角形,六辺形

polygon

多角形

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

amoeba

=ameba

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

rectangle

矩形(くけい),長方形

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

parallelogram

平行四辺形

shaky

(体・声などが)揺れる,震える

こわれそうな,安定していない

不碓実な,あてにならない

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

trapezium

《米》不等辺四辺形

《英》台形

shaped

表面が平らでない

《複合語を作って》「…を形した」「…形の」の意を表す

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

prim

きちんとした

(女性が)取り澄ました

rhombus

ひし形

斜方六面体

ca

circa

rigid

(簡単には曲がらないほど)『堅い』(stiff)

(考えなど)『変わらない』;(…が)変わらない《+『in』+『名』》

『厳しい』,厳格な

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

jig

ジッグ(動きが速く活発な,通例3拍子のダンス)

ジッグ舞曲

ジッグを踊る

上下にすばやく動く

…‘を'上下にすばやく動かす

engineering

『工学』

土木工事

no one

『だれも』…『ない』

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

tile

(床・壁用の)『タイル』;屋根がわら;《集合的に》タイル,かわら

(ドミノなどゲームの)こま,(マージャンの)牌

(下水・煙突などの)土管,コンクリート管

…‘に'タイルを張る;〈屋根〉‘を'かわらでふく

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

crash

『ガラガラ』,『ドシン』(物が倒れたり砕けたりするときの音)

(飛行機の)『墜落』;(車の)『衝突』

(事業・相場などの)崩壊,破産

『ガチャン』(『ドシン』,『ガラガラ』)『と大きな音をたてる』

(…に)ガチャン(ドシン)と衝突する《+『into』(『against』)+『名』》

大きな音をたてて動く

〈飛行機が〉墜落する

〈事業などが〉つぶれる

(…にぶつけて)…'を'『ガチャン』(ドシン),『ガラガラ』)『と壊す』《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》

〈飛行機・車など〉'を'衝突させる

《話》(またgatecrash)(招待状・切符なしで)…‘に'押し掛ける・もぐり込む

応急の

triangular

三角の;三角形(柱,錐の)

3人(三つ組)から成る;三者を含む

poke

(とがったもので)…‘を'『突く』,つつく《+『名』+『名』+『with』+『名』》

(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'突き出す《+『名』+『out of』+『名』》

(…に)〈穴〉‘を'つついて作る《+『名』+『in(through)』+『名』》

《話》…‘を'こぶしでなぐる(打つ)

(…を)『突く』,つつく《+『at』+『名』》

(…から)突き出る《+『out of』+『名』》

(指ひじ・棒などで)突くこと

《話》(こぶしで)打つこと

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

vertex

最高点,頂点,頂上

(多角形・角錐・円錐などの)頂点;角頂;交点

頭頂

tetrahedron

四面体

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

applause

『拍手かっさい』;称賛

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

marble

〈U〉『大理石』

《複数形で;単数扱い》おはじき遊戯

〈C〉おはじきの石

大理石[製]の;大理石模様の

(大理石のように)硬い,冷たい;滑らかな;白い

simulate

…‘の'ふりをする,‘を'装う;simulate death死を装う

…‘を'まねる,‘に'似せる(imitate)

methane

メタン

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

hydrogen

『水素』(化学記号は『H』)

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

municipal

『市の』,『町の』,地方自治体の;市政の;市営の,市立の

ivy

ツタ

league

リーグ(昔の距離の単位;約3マイル(5キロメートル))

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

gleam

(…の)『きらめき』,輝き;(…の)『薄明かり』,微光《+『of』+『名』》

(希望・機知・感情などの)『ひらめき』,かすかな表れ《+『of』+『名』》

『きらめく』;かすかに光る

〈希望・感情などが〉ひらめく

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

inflate

(空気・ガスなどで)…‘を'ふくらます《+『名』+『with』+『名』》

〈物価・株式など〉‘を'釣り上げる;〈通貨〉‘を'膨張させる

(誇り・満足などで)〈人〉‘を'慢心させる《+『名』+『with』+『名』》

ふくらむ,膨張する

balloon

『気球』,軽気球

(おもちゃの)風船

(気球のように)ふくれる《+『out』(『up』)》

(気球のように)ふくれた

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

provocative

(物事が)人を刺激する,挑発的な;(特に性的に)刺激する

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

filling

(歯の)詰め物,充填材

詰め物をした食物(パイ,サンドイッチなど)

cap

(縁のない)『帽子』,制帽

(形・用途が)帽子に似たもの;万年筆のキャップ,時計の中ぶた,びんのふた,キノコのかさなど

(銃弾の)雷管;おもちゃのピストル玉

頂上,最高

…‘に'帽子をかぶせる

…‘の'頂をおおう

〈人が言った・した事〉‘の'上手(うわて)を行く,'を'しのぐ

…‘に'栄誉を与える

snugly

心地よく;こぢなまりと

sticky

ねばねばした

接着剤のついた

(天候が)蒸し暑い

《話》(物が)扱いにくい,(人が)気むずかしい

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

one-way

一方向だけの

《米》(切符の)片道の

(話など)一方的な

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

straw

〈U〉《集合的に》『麦わら』,『わら』

〈C〉(1本の)『わら』

〈C〉(飲み物を飲むときに使う)『ストロー』

〈U〉《しばしばa~》《否定文で用いて》つまらない物;ごくわずか

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

sprinkler

(芝生などに水をまく)散水装置;じょうろ

(散水装置・自動消火装置の)水の出る口,散水口

centrifuge

遠心分離機

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

flying

飛ぶ,飛行する

ひらひらする,翻る:flying flags翻る旗

飛ぶように速い

《名詞の前のみの用いて》大急ぎの

飛ぶこと,飛行

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

insect

『昆虫』;(一般に)虫

frog

『カエル』

snake

『ヘビ』(『蛇』)

(蛇のように)ずるく陰険な人

へび(配水管などの詰まった物を取り除く道具)

蛇行する,くねくねと続く

〈体など〉‘を'くねらす

《米》〈材木など〉‘を'引っぱる,引きずる

eagle

『ワシ』

ワシ印;ワシ印の旗

(ゴルフで)標準より二つ少ない打数

butterfly

〈C〉『チョウ』

(またbutterfly stroke)〈U〉(水泳で)バタフライ

mathematician

数学者

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

Arthur

アーサー王(6世紀ごろの伝説上の英国王;円卓の騎士Knights of the Round Tableを従えた)

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

martin

イワツバメ

food chain

食物連鎖(小さい生物が順に大きいものに食われるという食性の関係)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

photocopy

〈文書など〉‘を'写真複写する,コピーする

写真複写

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

pencil

〈C〉〈U〉鉛筆

〈C〉鉛筆状のもの,(棒状の)化粧品

…‘を'鉛筆などで書く(描く,印をつける)

glue

『にかわ』,にかわ剤;(一般に)接着剤

…‘を'にかわで付ける

《しばしば受動態で》(…に)…‘を'くっ付けて離さない(離れない),〈視線など〉‘を'くぎ付けにする《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

scissors

『はさみ』

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

slot

細長いみぞ(くぼみ,口);(自動販売器などの)料金投入口

(リスト・予定表・ある組合せなどの中で占める)場所,位置

…‘に'細長いみぞ(小穴)をつける

…‘を'区分けする,位置につける

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

groove

(石・木・金属などに刻んだ)みぞ

(レコード盤面の)みぞ

慣例,きまり

…‘に'みぞを掘る(刻む)

reed

『アシ』,ヨシ;《複数形で》(屋根ふきに用いる)乾燥したアシ(ヨシ)の茎

アシ笛,牧笛(アシなどの茎で作ったもの)

リード,舌(クラリネットやオーボエなどの吹口についている薄片)

リード楽(リードの震動で音を出す管楽器;クラリネットやオーボエなど)

rub

〈物の表面など〉‘を'『こする』,さする

(…に)…‘を'こすりつける《+名+『against(on, over)』+名》;(…に)…‘を'すりこむ《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈二つの物〉‘を'こすり合わせる《+『名』+『together,』+『together』+『名』》

‥‘を'こすり落とす《+『名』+『away』(『off』)『,』+『away』(『off』)+『名』》

…‘を'すりむく,ひりひりさせる

(…の表面を)『こする』,すれる《+『against』(『on』)+『名』》;〈二つの物が〉こすれ合う《+『together』》

《単数形で》こすること

当てこすり

《the rub》やっかいな事,困難

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

laughter

『笑い』,笑い声

disk

『円盤』;円盤の表面

植物,動物の平たく丸い組織・部分;椎間板(ついかんばん)

(数学で)円板(円によって囲まれた範囲)

レコード

coalesce

(…と)合体する《+『with』+『名』》;合体して(…に)なる《+『into』+『名』》

Newton

ニュートン(『Sir Isaac ~』;1642‐1727;英国の物理学者)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

nip

…‘を'はさむ,つねる,ぎゅっとかむ

(…から)…‘を'摘み取る,はさみ切る《+『of』+『名』(+『名』+『off』)+『from』+『名』》

《まれ》…‘を'宿みあがらせる,ずきっと痛くする

‘を'成長(進展)を止める

はさむ,つねる,かむ

《おもに英話》《方向などを表す副詞を伴って》すばやく動く,急ぐ

〈U〉〈C〉はさむ(つまむ,かむ)こと

〈I〉《しばしばa~》膚を刺す寒さ

〈U〉《しばしばa~》《米》強い(刺激的な)味,つんと鼻にくる風味

〈U〉〈C〉《英話》急ぐこと

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

expensive

『費用のかかる』,高価な

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

cent

〈C〉『セント』(1ドルの1

100;米国・カナダの貨幣単位;《略》¢)

〈C〉1セント銅貨

〈U〉(単位としての)100

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

rubber band

輪ゴム

safety pin

安全ピン

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

magnet

『磁石』

(魅力などで)(人の注意などを)引く人(もの)《+『of』+『名』》;(…にとって)魅力的な場所(もの)《+『to』(『for』)+『名』》

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

coil

(綱・針金などの)『輪』,うず巻き《+『of』+『名』》

(…の)『一巻き』,1回の巻き《+『of』+『名』》

(電気の)コイル;コイルを使用した装置

(…の回りに)〈ロープ・針金など〉'を'『ぐるぐる巻く』《+『名』+『around』(『round』)+『名』》

(…に)『巻きつく』,輪になる,取り往く,〈蛇などが〉とぐろを巻く《+『around』(『round』)+『 名』》

electromagnet

電磁石

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

donkey

(家畜化された)『ロバ』

ばか者,とんま;強情な人,がんこ者

muck

牛馬ふな;下肥(しもごえ),こやし

ごみちり;汚物

黒腐土

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

spit

〈つば・食べ物など〉‘を'『吐く』,吐き出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…に)〈悪口など〉‘を'吐き出すように言う《+『out』+『名』+『at』+『名』》

(…に向かって)『つばを吐く』《+『at』(『in』,『into』,『on』,『upon』)+『名』》

つば(saliva)

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

oppress

〈人や権力などが〉〈人〉‘を'『虐げる』,圧迫する

《しばしば受動態で》〈心配などが〉〈人〉‘に'『重くのしかかる』,‘を'悩ます

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

aluminum

《米》アルミニウム(金属元素の一つ;化学記号は『Al』;《英》alminium)

fuse

ヒューズ

(またfuze)(爆発物などの)信管,導火線

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

trash

価値のないもの,役に立たないもの

《米》廃品,くず,ごみ

くだらない話,駄作,ばかげた考え

《米》人間のくず,役立たず

choke

…'を'『息を止める』,'を'窒息させる

(…で)…'を'むせさせる,息苦しくする《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)…'を'いっぱいにする,ふさぐ,(…を)…‘に'ぎっしり詰める《+『名』+『up』(+『up』+『名』)+『with』+『名』》

…'を'進行(動き)を止める

『息が詰まる』,窒息する

(…で)むせぶ,息苦しくなる《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉窒息,息が詰まること

(パイプの中などの)閉塞(へいそく)部

〈C〉(電気器具の)チョークコイル

〈C〉チョーク(ガソリンエンジンの空気調整装置)

seabird

海鳥(カモメ・ウミスズメなど)

recycle

〈廃物など〉‘を'再利用する

joyous

=joyful

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

crocodile

ワニ

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

honk

ガンの鳴き声

(自動車などの)警笛の音

〈ガンが〉鳴く

〈人・自動車が〉警笛を鳴らす

〈自動車の警笛〉‘を'鳴らす

delight

〈U〉『大喜び』,歓喜

〈C〉『楽しみ』,うれしいこと

…'を'『大いに楽シマセる』,大喜びさせる,うれしがらせる

『大喜びする』,うれしがる,楽しむ

envy

〈U〉(…に対する)『ねたみ』,羨望(せんぼう)《+『of』(『at』)+『名』》

〈C〉(…の)『羨望の的』,うらやましい物(人,事)《+『of』+『名』》

…‘を'『うらやむ』,ねたむ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

vibrate

『振動する』,揺れる;振動音を出す,〈音が〉反響する

〈人・心などが〉(…で)『おののく』,どきどきする《+with+名》

…‘を'揺り動かす,振動させる

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

vibration

〈U〉震え,振動

〈C〉〈U〉(物理学で)振動

〈C〉《複数形で》(またvibes)《話》(人・状況などから受ける)感じ,直感

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

slate

〈U〉『板岩』

〈C〉(特に,屋根瓦用の)『スレート』,粘板岩の薄板

〈C〉(昔,筆記に用いた)『石板』

〈C〉《米》(党の)公認候補者名簿

〈U〉スレート色(濃い青みがかった灰色)

スレート色の

〈屋根〉‘を'スレート[様の材料]でふく

《米話》《受動態で》…‘を'選ぶ;…‘を'予定させる

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

velcro

ベルクロ・マジックテープ・(商標)Velcro

drawing

〈U〉『線で描くこと』,線描

〈C〉(鉛筆・ペン・クレヨンなどによる)『絵』,『スケッチ』,デザイン,製図

〈U〉線画(デッサン)の技法

〈C〉くじ引き,抽選

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

basically

基本的に,根本的に;元来は

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

fisherman

『漁夫』,漁師

(楽しみとして)釣りをする人;釣り人(びと)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

wool

『羊毛』,(ヤギ・ラマなどの)毛

『毛糸』

『毛織物』,ウール製品

羊毛に似たもの;(人間の)ちぢれ毛,(植物の)綿毛

羊毛の,毛織物の,ウールの

crank

クランク(往復直線運動を回転運動に変えるもの)

《話》変わり者,奇人

《米話》気むずかしい人

〈軸〉'を'クランクで回す

〈エンジン・映画のカメラなど〉'を'クランクを回して動かす

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

darkness

『暗さ』,『やみ』

徳黒さ

無知,無学

邪悪,腹黒さ

不明りょう,あいまいさ

boon

(…にとっての)恩恵…贈り物…利益《+for(to)+名》

《古》頼み,願い

factory

『工場』,製作所

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

vitamin A

ビタミン A

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

generator

発電機(dynamo)

ガス(蒸気)発生器

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

pulley

滑車;滑車装置;ベルト車

sandwich

『サンドイッチ』

サンドイッチのようにはさまれた物

(…の間に)…‘を'はさむ,(時間的に)…‘を'差し込む《+『名』+『between』+『名』》

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

LED

light-emitting diode

magnetic field

磁場,磁界

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

glow

(炎を上げずに)『赤々と燃える』

光を放つ,輝く

〈花・木の葉などが〉燃えるような色を呈する

(運動後などに)〈顔・体が〉『ほてる』,ぽかぽかする,紅潮する

(感情・誇りなどで)燃える,熱する《+『with』+『名』》

(高温の炎が出す)『輝き』

(色彩の)『燃えるような鮮やかさ』

《時にa ~》(体の)『ほてり』,(顔の)紅潮

(感情の)高まり,熱情

満足感,喜び

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

nuts

気違いの;気違いじみた

(…に)夢中の《+『about』(『over』)+『名』》

(失望・不幸・拒否・失敗などを示して)ちぇっ,だめだ,くそっ

twirl

…‘を'くるくる回す,振り回す

…‘を'ひねくり回す,いじくり回す

くるくる回る

くるくる回すこと;くるくる回すこと

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

cricket

コオロギ

Nehru

ネール(『Jawaharlal~』;1889‐1964;インド共和国の初代首相1947‐64)

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

flap

〈帆・旗などが〉『はためく』

『羽ばたく』

〈翼など〉‘を'羽ばたかせる,パタパタ(ハタハタ)と動かす

(平たくしなやかなもので)…‘を'ぴしゃりと打つ

ピシャりとたたくこと

(片方だけ留めて)垂れ下がった薄いもの;(特に)(ポケットの)垂れぶた,(封筒の)折り返し

(飛行機の)下げ翼

《話》興奮状態

fantail

扇形の尾(部分)

クジャクバト(扇形の尾を持つハト)

captain

『長』,かしら(chief)

『船長』,艦長;(吾行機の)機長

(チームの)『主将』,キャプテン;組長

陸軍大慰;海軍大佐;《米》(空軍・海兵隊の)大慰,《英》空軍大佐

…'を'統率する,指揮する

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

passenger

『乗客』,旅客;船客

《英話》足手まといな人

bore

bear(実をつける)の過去形

deck

『デッキ,甲板』

デッキ状の部分(バス・電車の床,トラックの荷台,電気装置の配置台など)

《おもに米》(カードの)1組(《英》pack)

《話》地面

(…で)…'を'飾る,装飾する《+『out』+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'美しくする,めかす《+『out』+『名』+『in』+『名』》

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

regalia

王家の象徴(王冠・王しゃく・宝珠など)

(官職などを表す)儀礼服,官服,記章

盛装,正装

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

umbrella

傘(かさ),こうもり傘,雨傘,日傘

(一般に,傘状の)保護物,影響力

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

fireman

消防士

(機関車などの)火夫,かまたき(stoker),ボイラーマン

(米海軍の)機関兵

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

designer

『設計者』,デザイナー

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

spinal cord

せき髄

adventurer

冒険家

やま師,投機家

policeman

警官,巡査

catapult

(古代の)石弓,投石器

(航空母艦の)飛行機射出装置

…'を'石弓(射出逗置)で射出する

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

glory

〈U〉『光栄』,名誉

〈U〉『壮観』,荘厳,美観

〈U〉(神の)『賛美』

〈U〉『繁栄』,全盛,絶頂;大得意

〈C〉《しばしば複数形で》誇りとなるもの,みごとなもの

〈U〉天国

《『glory in』+『名』(do『ing』)》(…を)喜ぶ;(…を)誇りする,得意がる

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

suddenly

『突然に』,だしぬけに

storm

『あらし』,暴風[雨],荒天

(感情・言動などの)『あらし』,激発《+『of』+『名』》

(一般に)激動,波乱,騒動

(弾丸などが)雨あられと飛ぶこと《+『of』+『名』》

《itを主語にして》〈天候が〉『荒れる』

猛然と突進する;激しく怒る

…‘を'強襲する,急襲する

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

slap

『平手打ち』,平たい物で打つこと

(平手打ちなどの)ピシャリという音

…‘を'『平手でビシャリと打つ』;…‘の'(…を)平手打ちする《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

(…に)…‘を'すばやく(ぞんざいに,むぞうさに)置く《+『名』+『on』+『名』》

ピシャリと音を立てて打つ

まっすぐに,まともに

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

aft

船尾に,船尾の方に

《補語にのみ用いて》船尾の

swallow

『ツバメ』

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

jacket

『上着』,ジャケット(特殊な目的で上半身をおおう)胴着

=dust

関連動画