TED日本語 - ジョシュア・ウォルターズ: 適度な狂気

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TEDのFull Spectrum Auditionで双極性鬱を抱えるコメディアンのジョシュア・ウォルターズが精神の疾病と巧緻性という際どい差異について考察します。この面白いが どこか考えさせてくれるTalkで彼はある問いかけをします: 「精神病は直したい。でも適度な狂気は創造性と力を生み出す。精神病の適度なバランスとは?」

Script

ジョシュア・ウォルターズです パフォーマーをしています

(ビート)

(笑)

(拍手)

私はパフォーマーですが それ以前に二重人格だと 診断されています 私はこれを良いことだと捉えています ステージで狂えば狂うほどに 私は輝きを増すからです 16歳の時 サンフランシスコで私は 革新的ともいえる体験をしました 自分をイエス・キリストだと思ったのです 恐ろしい体験だと思われたかもしれませんが 自身をイエス・キリストだと思うことほど 気持ちを高めてくれる 薬はどこにもないんです

(笑)

私はある場所に送られました 精神病院です そこでは皆が自身の ワンマンショーを繰り広げていました (笑) リハーサルだと言うにも 皆さんのような観客はいないんですよ 皆ひたすらに練習をするんです いつかこの舞台に来るかもしれませんよ さて その精神病院を出て 外で精神科医から 薬をもらいました その医者はこう言いました 「ジョシュ いいか ジプレキサ (非定型統合失調症治療薬)を出してやろう わかったか? ん? とりあえずペンにそう書いてあるだ」 (笑) ここにも専門の方がいるようですね ざわめきが聞こえてきますよ 高校の前半期は 狂った話との葛藤で 後半期はこの手の 薬の過剰摂取で 授業中ずっと眠っていました つまり 後半は居眠りの時期とでも呼べるかな 高校を卒業して 選択をする時が来ました 自分の精神病を拒むのか それとも この繊細な心を 受け入れるのか

(ラッパの音)

現在 精神病を肯定的に 捉え直そうとする動きが起こっています 少なくとも一部の躁病患者の間ではね 躁病というのが何か知らない方は ブレーキがないフェラーリ製の エンジンとでも思って頂いて間違いないです TEDの会場にはこの鋭い感性を持つ方が たくさんいることでしょう 何のことだかわかればの話ですが 一般に不可能と言われていることに 皆さん駆り立てられるのです

ジョン・ガートナーの著書 "The Hypomanic Edge"という本には クリストファ・コロンブス、テッド・ターナー、スティーブ・ジョブスといった 企業家は皆 競争力を生む 強みを持っていると書かれています ついこないだ 90年代半ば書かれた "Touched With Fire"という キー・レッドフィールドの著書の中でも モーツァルトやベートーベン、ゴッホも 皆 同様の躁うつ病を患っていたことが 独創的に描写されています 自殺してしまった方もいます 精神病が全体として 良いものであるわけではないのです

最近 こういった分野は だいぶ発展をしています ニューヨークタイムズにも2010年の9月に ある記事の中で "適度な狂気" という一説がありました 投資家たちが 冒険的な企業家を探すときには 適度に狂ってみたほうがいいようです わかるでしょ? 完全な双極性鬱ではないにしても どこか二つの面を持っている状態です 一方では自分自信を キリストと思い込みながらも 他方で彼らは 莫大な利益を生むかもしれませんから (笑) あなた次第ですよ 皆さん一般的には真ん中あたりにいます 両極にいる人はあまりいません

つまり おそらくは これ程までに 狂ったことはないのです 精神病 = 狂っている という図式は 成立しないのです でも実は精神病とは 多くの人に見えなかったり 認知されないことに 敏感なだけじゃないでしょうか みんな少しは変わったところがありますが 本当に狂った人なんて実はいないのではないでしょうか その程度というのは それを図る尺度によって変わりますし 言ってしまえば 運にかかっているんです

ありがとうございました

(拍手)

My name is Joshua Walters. I'm a performer.

(Beatboxing)

(Laughter)

(Applause)

But as far as being a performer, I'm also diagnosed bipolar. I reframe that as a positive because the crazier I get onstage, the more entertaining I become. When I was 16 in San Francisco, I had my breakthrough manic episode in which I thought I was Jesus Christ. Maybe you thought that was scary, but actually there's no amount of drugs you can take that can get you as high as if you think you're Jesus Christ.

(Laughter)

I was sent to a place, a psych ward, and in the psych ward, everyone is doing their own one-man show. (Laughter) There's no audience like this to justify their rehearsal time. They're just practicing. One day they'll get here. Now when I got out, I was diagnosed and I was given medications by a psychiatrist. "Okay, Josh, why don't we give you some -- why don't we give you some Zyprexa. Okay? Mmhmm? At least that's what it says on my pen." (Laughter) Some of you are in the field, I can see. I can feel your noise. The first half of high school was the struggle of the manic episode, and the second half was the overmedications of these drugs, where I was sleeping through high school. The second half was just one big nap, pretty much, in class. When I got out I had a choice. I could either deny my mental illness or embrace my mental skillness.

(Bugle sound)

There's a movement going on right now to reframe mental illness as a positive -- at least the hypomanic edge part of it. Now if you don't know what hypomania is, it's like an engine that's out of control, maybe a Ferrari engine, with no breaks. Many of the speakers here, many of you in the audience, have that creative edge, if you know what I'm talking about. You're driven to do something that everyone has told you is impossible.

And there's a book -- John Gartner. John Gartner wrote this book called "The Hypomanic Edge" in which Christopher Columbus and Ted Turner and Steve Jobs and all these business minds have this edge to compete. A different book was written not too long ago in the mid-90s called "Touched With Fire" by Kay Redfield Jamison in which it was looked at in a creative sense in which Mozart and Beethoven and Van Gogh all have this manic depression that they were suffering with. Some of them committed suicide. So it wasn't all the good side of the illness.

Now recently, there's been development in this field. And there was an article written in the New York Times, September 2010, that stated: "Just Manic Enough." Just be manic enough in which investors who are looking for entrepreneurs that have this kind of spectrum -- you know what I'm talking about -- not maybe full bipolar, but they're in the bipolar spectrum -- where on one side, maybe you think you're Jesus, and on the other side maybe they just make you a lot of money. (Laughter) Your call. Your call. And everyone's somewhere in the middle. Everyone's somewhere in the middle.

So maybe, you know, there's no such thing as crazy, and being diagnosed with a mental illness doesn't mean you're crazy. But maybe it just means you're more sensitive to what most people can't see or feel. Maybe no one's really crazy. Everyone is just a little bit mad. How much depends on where you fall in the spectrum. How much depends on how lucky you are.

Thank you.

(Applause)

My name is Joshua Walters.//

ジョシュア・ウォルターズです

I'm a performer.//

パフォーマーをしています

(Beatboxing)//

(ビート)

(笑)

(拍手)

But as far/ as being a performer,/ I'm also diagnosed bipolar.//

私はパフォーマーですが それ以前に二重人格だと 診断されています

I reframe/ that as a positive/ because the crazier/ I get onstage,/ the more entertaining/ I become.//

私はこれを良いことだと捉えています ステージで狂えば狂うほどに 私は輝きを増すからです

When I was 16/ in San Francisco,/ I had my breakthrough manic episode/ in which I thought I was Jesus Christ.//

16歳の時 サンフランシスコで私は 革新的ともいえる体験をしました 自分をイエス・キリストだと思ったのです

Maybe/ you thought/ that was scary,/ but actually/ there's no amount of drugs/ you can take/ that can get you as high/ as if you think you're Jesus Christ.//

恐ろしい体験だと思われたかもしれませんが 自身をイエス・キリストだと思うことほど 気持ちを高めてくれる 薬はどこにもないんです

(笑)

I was sent to a place,/ a psych ward,/ and in the psych ward,/ everyone is doing their own one-man show.//

私はある場所に送られました 精神病院です そこでは皆が自身の ワンマンショーを繰り広げていました

(Laughter)/ There's no audience/ like this to justify their rehearsal time.//

(笑) リハーサルだと言うにも 皆さんのような観客はいないんですよ

They're just practicing.//

皆ひたすらに練習をするんです

One day/ they'll get here.//

いつかこの舞台に来るかもしれませんよ

Now/ when I got out,/ I was diagnosed/ and I was given medications/ by a psychiatrist.//

さて その精神病院を出て 外で精神科医から 薬をもらいました その医者はこう言いました

"Okay,/ Josh,/ why don't we give you/ some --/ why don't we give you/ some Zyprexa.//

「ジョシュ いいか ジプレキサ (非定型統合失調症治療薬)を出してやろう

Okay?// Mmhmm?//

わかったか? ん?

At least/ that's/ what it says on my pen."//

とりあえずペンにそう書いてあるだ」

(Laughter)/ Some of you are in the field,/ I can see.//

(笑) ここにも専門の方がいるようですね

I can feel your noise.//

ざわめきが聞こえてきますよ

The first half of high school was the struggle of the manic episode,/ and the second half was the overmedications of these drugs,/ where I was sleeping through high school.//

高校の前半期は 狂った話との葛藤で 後半期はこの手の 薬の過剰摂取で 授業中ずっと眠っていました

The second half was just one big nap,/ pretty much,/ in class.//

つまり 後半は居眠りの時期とでも呼べるかな

When I got out/ I had a choice.//

高校を卒業して 選択をする時が来ました

I could either deny my mental illness/ or embrace my mental skillness.//

自分の精神病を拒むのか それとも この繊細な心を 受け入れるのか

(ラッパの音)

There's a movement/ going on right now/ to reframe mental illness/ as a positive --/ at least/ the hypomanic edge part of it.//

現在 精神病を肯定的に 捉え直そうとする動きが起こっています 少なくとも一部の躁病患者の間ではね

Now/ if you don't know/ what hypomania is,/ it's like an engine/ that's out of control,/ maybe/ a Ferrari engine,/ with no breaks.//

躁病というのが何か知らない方は ブレーキがないフェラーリ製の エンジンとでも思って頂いて間違いないです

Many of the speakers here,/ many of you/ in the audience,/ have/ that creative edge,/ if you know/ what I'm talking/ about.//

TEDの会場にはこの鋭い感性を持つ方が たくさんいることでしょう 何のことだかわかればの話ですが

You're driven to do/ something/ that everyone has told you is impossible.//

一般に不可能と言われていることに 皆さん駆り立てられるのです

And there's a book --/ John Gartner.//

ジョン・ガートナーの著書

John Gartner wrote/ this book called "The Hypomanic Edge"/ in which Christopher Columbus/ and Ted Turner/ and Steve Jobs/ and all these business minds have this edge/ to compete.//

"The Hypomanic Edge"という本には クリストファ・コロンブス、テッド・ターナー、スティーブ・ジョブスといった 企業家は皆 競争力を生む 強みを持っていると書かれています

A different book was written not too long ago/ in the mid-90s called "Touched With Fire"/ by Kay Redfield Jamison/ in which it was looked at in a creative sense/ in which Mozart and Beethoven/ and Van Gogh all have this manic depression/ that they were suffering with.//

ついこないだ 90年代半ば書かれた "Touched With Fire"という キー・レッドフィールドの著書の中でも モーツァルトやベートーベン、ゴッホも 皆 同様の躁うつ病を患っていたことが 独創的に描写されています

Some of them committed suicide.//

自殺してしまった方もいます

So it wasn't all the good side of the illness.//

精神病が全体として 良いものであるわけではないのです

Now recently,/ there's been development/ in this field.//

最近 こういった分野は だいぶ発展をしています

And there was an article written in the New York Times,/ September 2010,/ that stated:/ "Just Manic Enough."//

ニューヨークタイムズにも2010年の9月に ある記事の中で "適度な狂気" という一説がありました

Just be manic enough/ in which investors/ who are looking for entrepreneurs/ that have this kind of spectrum --/ you know/ what I'm talking/ about --/ not maybe/ full bipolar,/ but they're in the bipolar spectrum --/ where on one side,/ maybe/ you think/ you're Jesus, and on the other side maybe/ they just make you/ a lot of money.//

投資家たちが 冒険的な企業家を探すときには 適度に狂ってみたほうがいいようです わかるでしょ? 完全な双極性鬱ではないにしても どこか二つの面を持っている状態です 一方では自分自信を キリストと思い込みながらも 他方で彼らは 莫大な利益を生むかもしれませんから

(Laughter)/ Your call.// Your call.//

(笑) あなた次第ですよ

And everyone's somewhere/ in the middle.//

皆さん一般的には真ん中あたりにいます

Everyone's somewhere/ in the middle.//

両極にいる人はあまりいません

So maybe,/ you know,/ there's no such thing/ as crazy,/ and being diagnosed with a mental illness doesn't mean/ you're crazy.//

つまり おそらくは これ程までに 狂ったことはないのです 精神病 = 狂っている という図式は 成立しないのです

But maybe/ it just means/ you're more sensitive/ to/ what most people can't see or feel.//

でも実は精神病とは 多くの人に見えなかったり 認知されないことに 敏感なだけじゃないでしょうか

Maybe/ no one's really crazy.//

みんな少しは変わったところがありますが

Everyone is just a little bit mad.//

本当に狂った人なんて実はいないのではないでしょうか

How much depends on where you fall in the spectrum.//

その程度というのは それを図る尺度によって変わりますし

How much depends on how lucky/ you are.//

言ってしまえば 運にかかっているんです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Joshua

ヨシュア(旧約聖書「冗命(しんめい)記」に出てくるイスラエルの指導者;Mosesの後継者)

ヨシュア記(旧約聖書の一書)

performer

《修飾語を伴って》実行する人,遂行する人

演奏者,上演者;(特に)芸人

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

bipolar

(地球の北極と南極のように)二極がある

両極の(にある)

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

onstage

舞台の上で(に)

舞台上の

entertaining

愉快な,おもしろい,楽しい(amusing)

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

manic

躁病(そうびょう)の,躁病にかかっている

episode

挿話的なでき事(人生の特殊な経験など)

(小説・劇などの中の本筋と直接関係のない)挿話的な事件

Jesus

『イエス』(キリスト)

これは驚いた,ちくしょう

Christ

『イエスキリスト』

おや,何だって(驚き,怒りを表す下品な語)

《no, yesの前において強意的に用いて》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

psych

…‘を'心理的にまいらせる,げんなりさせる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

ward

〈C〉『病棟』,病室

〈C〉(刑務所の)監房

〈U〉(未成年者などの)後見,保護;〈C〉被後見人

〈C〉(行政区画の)『区』

〈U〉警備,見張り

〈危険・病気など〉‘を'避ける,‘から'身を守る《+off+名,+名+off》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

one-man

一人だけで運転される,個人用の

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

justify

〈人の行為・話など〉‘を'『正当化する』,弁明する

rehearsal

(劇などの)けいこをすること,リハーサル

《文》(経験などを)話すると;物語

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

psychiatrist

精神病医,精神病学者

okay

=OK,O.K.

josh

(悪意はなく)〈人〉‘を'からかう

冗談を言う

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

nap

(特に日中の)『ひと眠り』,昼寝

ひと眼りする,まどろむ

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

mental illness

精神病

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

bugle

軍隊らっぱ

らっぱを吹く

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

Columbus

コロンブス(『Christopher ~』;1446?‐1506;イタリアの航海者;1492年にアメリカ大陸を発見)

コロンバス(Ohio州の州都)

turner

とんぼ返りをする人

ろくろ師;旋盤工・(調理用)フライ返し

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

Mozart

モーツアルト(『Wolfgang Amadeus』~;1756‐91;オーストリアの作曲家)

Beethoven

ベートーベン(Ludwig van~;1770‐1827;ドイツの作曲家)

Van Gogh

バン・ゴッホ(Vincent Van Gogh;1853‐90;オランダの画家)

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

illness

(心身の)『病気』,不健康

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

investor

投資者

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

ca

circa

no one

『だれも』…『ない』

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

関連動画