TED日本語 - ティム・ハルフォード: 試行、錯誤、そして全能感ゆえの固定観念

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

経済記者のティム・ハルフォードは複雑なシステムを研究して、成功しているシステムにおいて驚くべき相関を見いだしました。それらは試行錯誤から生まれたものなのです。2011 年の TEDGlobal で行われたこの際立った講演で、ティムは我々に、ランダムさを受け入れてより良い間違いを目指すよう訴えます。

Script

第二次世界大戦のとき ドイツの収容所で この男 アーチー・コクランは 軍医でしたが捕虜として捕われ 問題を抱えていました 患者たちが病気で 苦しみながら 衰弱していくという コクランに理解のできない状況でした 症状は ひどい水ぶくれでした 感染症か栄養失調なのかわかりません 治療法もわかりません しかもそこは敵地です 戦時下にはひどいことがおきます ドイツの監視兵は退屈すると 収容所に向けて いたずらに発砲するのです あるときには 捕虜たちでいっぱいのトイレに 手榴弾が投げ込まれたこともありました 彼は不審な笑い声を耳にしたと言います 収容所の軍医であるアーチー・コクランは 事態をなんとか打開しようとした 人のひとりでした 付け加えると コクラン自身がその病気にかかっていました

ずいぶん絶望的な状況です ただアーチー・コクランは 抜け目のない男でした すでにビタミンCを手配しており さらにこんどは 闇ルートを通して マーマイトを入手しました マーマイトとは何だろうと思われる方もいるでしょう イギリス人はこれをパンに塗るのを好みます 見た目は原油のようですが その味ときたら ピリっとした味です 重要なことですが マーマイトには ビタミンB12が豊富です アーチーは患者たちをできるだけ同じ条件の 二つのグループに分けました 一方にはビタミンCを与え もう一方にはビタミンB12を与えました 細心の注意をはらって結果を ノートに記録しました 数日たつと 病気の理由は何であれ マーマイトで治せることが はっきりしてきました

そこで収容所を運営していたドイツ兵に面会を求めます そのようすを想像してみてください この写真は忘れて この男に 長い赤ひげと もじゃもじゃの赤毛を付けてください ずっとひげも剃れなくて ビリー・コノリーのような風体です コクランは熱弁をふるいます こんなスコットランド訛の ー 訛ってはいても流暢なドイツ語です シラーやゲーテを生んだドイツの文化の 何たるかを語り そんなドイツでこのような 野蛮が許されるとは理解しがたいと訴えます 彼は不満を爆発させます それから彼は自分の兵舎に戻り 絶望してすすり泣きます 望みがない事態だと確信したからです しかし若いドイツ人の医師が アーチー・コクランのノートを手に取り 同僚に言います この証拠に議論の余地はない 捕虜たちにビタミンを与えないと 戦争犯罪になるぞ 翌朝には 収容所にビタミンB12が届けられ 捕虜たちは回復し始めました

さてこの話をした理由は コクランが大人物と思うからではなく ー もちろんアーチー・コクランは大人物ですが ー 公共政策のあらゆる面において 注意深く管理された ランダム化比較試験が望ましいと 言うためでもありません その訴えも実にすばらしいこととは思います この話をした理由は アーチー・コクランが生涯に渡って 戦っていたやっかいな悩みの種だからです それが個人を弱らせ 社会を腐敗させるものだと コクランは気付いていました 彼はそれをこう名付けていました ゴッド・コンプレックス(全能感ゆえの固定観念) ゴッド・コンプレックスの症状は簡単に説明できます その固定観念の症候とは 問題がどれほど複雑であっても それを圧倒的で絶対的な信念を持って 自分の解決策が間違いなく正しいと思うことです

アーチーは医者でした 多くの医師と交流がありました 多くの医師がゴッド・コンプレックスに罹っています まあ私は経済学者で医師ではありませんが でも身の回りで 始終これを目にします 経済学者の仲間や 経済界のリーダー達や 我々が投票する政治家達にも見られます この驚くほど複雑化した世界を前にして それでもこの世の仕組みを理解できていると 頭から信じている人たちです これから 100億近い人が住もうというこの世界は あまりにも複雑すぎて そんなやり方では全然理解できません

例をあげましょう しばらくの間 ここにいるのはティム・ハフォードではなくて ハンス・ロスリングがグラフを説明していると思ってください あのハンスです TED におけるミック・ジャガーですね (笑) ハンスはあの素晴らしい統計と アニメーションをお目にかけます 最高の内容です 素晴らしい さて例のハンス・ロスリングのグラフですが 示している内容ではなくて そこで示されなかったことを考えてみてください グラフが示しているのは ひとり当たりの GDP と 人口と寿命 それだけです 国ごとに 3 種類のデータが揃っています 3 種のデータです 3 種なんて 何も無いようなものです では こちらのグラフを見てください

MIT の物理学者 シーザー・ヒダルゴが 作ったグラフです パッと理解できるグラフではありませんが こんなふうに見えるグラフです 5000種類の様々な製品の データベースに対して ネットワーク解析の技術を適用して このデータベースを調査しました 様々な製品間の関係を表したグラフです これは実に素晴らしい研究です 全ての繋がりと相関を示しています 経済が成長して行くときの 様子を理解する上で大変有用なことです 際立つ研究です 我々はニューヨーク・タイムズ・マガジンに この研究についての記事を書こうとしました このシーザーの研究は素晴らしすぎて ニューヨーク・タイムズ・マガジンに 収まりきらないことが判明しました

5000 品目の製品は まだどうということはありません 5000 種類です シーザーのデータに登場するすべての 項目を数え上げたとして 一項目に一秒かけて 読み上げていくと このセッションほどの時間で 5000種全てを数え終わります 同じことを ウォールマートで売られている商品の全てに行うとすると 10万点ありますから 丸一日かかるでしょう ではこんどは 大きな経済圏のあらゆる製品とサービスを 数え上げるとしたらどうでしょう 例えば東京やロンドンやニューヨークです エジンバラだと難しくなる点は ウィスキーとタータンも数えなければならないことです ニューヨークでの製品とサービスを 全て数え上げたら 100億点になります 317年かかることになります われわれが作り上げた経済はこれほど複雑なのです ここでは商品の数を数えただけです 中東問題を解決を目指してはいないのに 信じがたいほどの複雑さです この見方で言うならー 私たちの頭脳が進化してきた社会には 300 種の製品とサービスがありました つまり5分で数え上げられます

こんな複雑な世界に私たちは囲まれています おそらくはそれゆえに ゴッド・コンプレックスに誘惑されるのです 押され気味になりながらも「概要がわかり なにかグラフも作れるだろう よしわかった その仕組みもわかった」と言うのです でもわかっていません 決してわかりはしません ニヒリズムを唱えているのではありません 複雑な世界の複雑な問題は解決できないと 言いたいわけではありません 明らかに可能ですから しかし課題を解決する方法は 謙虚な取り組みによるものです ゴッド・コンプレックスは捨てて 実際に有効な課題解決の方法を適用するのです そして有効な解決手法があります うまく機能しているー 複雑なシステムがあればそれは 試行錯誤の中でー 進化したシステムなのです

例えば この赤ちゃんは試行錯誤から生まれました あいまいな言い方でしたね 明確にしましょう この赤ちゃんという肉体は進化の結果です 進化とは何でしょうか? 何百万年にもわたる変化と選択 変化と選択 試行と錯誤 試行と錯誤の繰り返しです そして試行錯誤が奇跡を生み出すのは 生体系に限った話ではありません 産業応用にも適用できるのです

例えば 洗剤を作りたいとしましょう ユニリーバみたいに リバプール近郊の工場で洗剤を製造しようとするとき どうやりますか? こんな大きなタンク一杯に液体の洗剤を用意します 高圧をかけてノズルから噴き出し 洗剤を霧状にします 霧はすぐに乾燥して粉になります 粉は下にたまります それをかき集めて箱に詰めます スーパーで売ると 立派な売上が得られます そのノズルをどう設計しましょうか? これが大変重要だとわかったのです ゴッド・コンプレックスの考え方に従うなら ちょっとした神を探さなければなりません 数学者や物理学者だとか 液体の力学をわかる人を自分で探し出して その人に ノズルの最適形状を計算してもらいます ユニリーバもそうやって失敗しました 複雑すぎたのです こんな問題でも複雑すぎるのです

しかし遺伝学者のスティーブ・ジョーンズ教授は ユニリーバがこの問題をどう解決したか説明しています 試行錯誤です 変化と選択です まずノズルを用意します ランダムに 10通りの変形をさせて この10個のノズルを試して 最良の一つを選びます それをまた10通りに変化させ 全部を試して一番良いのを選びます そしてまた10通りを試します どうやるかおわかりですね こうして 45 世代を繰り返した後で このおどろくべきノズルができました チェスの駒に似た感じです 全くすばらしい性能を発揮します どうしてうまく行くのか 全然わかりません 見当もつきません しかしゴッド・コンプレックスを退けて あれこれ試してみようと決めて 良否の判定をシステマチックに定めることにすると たちまち問題が解決するのです

この試行錯誤のプロセスというのは 成功している組織においては 想像する以上に 普通に見うけられます 経済がどう機能するか この場で沢山聞きました 米国経済は未だに世界一の経済です どのようにして世界一の経済になったのでしょうか 米国経済に関してあらゆる事実や数字を 並べ上げることができますが 最も際立った特徴はこれだと思います アメリカでは毎年10パーセントの事業が 消え去るのです とても大きな失敗率です たとえば人の「失敗率」と比べてみましょう 毎年10パーセントのアメリカ人が消えたりはしません このことから アメリカでは事業は人よりも早く消え去るので 事業の進化の速度が 人よりも速いことがわかります こうして事業は進化してその完成度を高めていき いずれは我々すべてを飼いならすでしょう (笑) まだそうなっていないとしても いずれは ときどきそう考えます ただ この試行錯誤の過程こそが 西側諸国の多様な経済の すばらしいパフォーマンスを説明するのです すばらしく優秀な人を責任者にしたからではなく 試行錯誤によって到達したのです

ここ数ヶ月の間 あちこちでこのことを話していると こんなことを言う人もいます 「ティム それはわかり切ったことだ 確かに試行錯誤は重要だ 確かに検証実験が大変重要だ なんだってこんな当たり前のことを吹聴して廻ってるんだ?」

なるほど 当たり前だとおっしゃるのですね? 学校で子どもたちに こんなふうに教え始めたら これが当たり前になったと認めましょう 正解のない問題があるのだと教え始めることです 全てに答えがあるような質問を列挙して 子どもたちに与えるのはやめましょう そして教卓の後ろの偉そうな人が 答えを全部知っているという方法はやめて また 答えが見つからない生徒を 怠け者や愚か者だと呼ぶのはやめましょう 学校のそういうやり方を全部やめるなら 試行錯誤が良いことだということが 当たり前になったと認めましょう 立候補した候補者が選挙運動で こんなことを言うでしょうか 「健康保険システムを改革しましょう 教育システムを改革しましょう それをどうするか考えはありませんが アイデアは5-6個あります それを試して行きます 全部失敗するかもしれません だめならさらに他のアイデアを試し 見つけた方法を基に改革します 失敗アイデアは使いません」 こういう考え方の政治家が出てきたら さらに大事なことは 私たちのような有権者が そんな政治家に投票するようになったら 試行錯誤が有効なことは当たり前になったと 私も認めましょう ー ありがとうございます

(拍手)

それまでは試行錯誤を語り ゴッド・コンプレックスを 捨てるべきである理由を語り続けるつもりです 自分たちが誤りやすいと認めることは とても困難です それは非常に不愉快なことです アーチー・コクランはこのことを誰よりも理解していました 第二次世界大戦よりも何年も後のこと 彼はある治験を行いました 彼が試験したかったのは 心不全の患者は どこで回復させるのが 良いか ということでした 専門的な循環器病棟でしょうか それとも自宅でしょうか 循環器科の医師たちは治験を止めさせようとしました 医師達は紛れもなくゴッド・コンプレックスに罹っていました 患者のためには病院がいいことは明らかで これを治験するとか実験するなどというのは 倫理に背くことだと考えました

それでもコクランはこの治験の許可を得て 治験を行いました 治験が始まってしばらく経ったときのこと 彼は同僚たちを 集めて会議を催しました 「さてみなさん ここに初期的な結果があります 統計的な有意性はまだありませんが ちょっとした内容があります みなさんが正しく私が間違っていたようです 回復中の患者が家で過ごすのは 危険です 病院で回復させるべきです」 大騒ぎです 全ての医師が机を叩いて言います 「倫理的でないと ずっと言ってきただろう 治験で人が死んでいくのだ すぐ中止すべきだ ただちに中止しろ」 こんな大騒ぎです コクランは皆を黙らせます 「大変興味深いご意見です 皆さん 皆さんにお渡しした結果の表で 2つの列は入れ替えてあったのです つまり 患者は病院で亡くなっており 家に帰すべきなのです 治験を止めた方がよろしいでしょうか? それとも結果が確実なものになるまで待ちましょうか」 会議室に 冷たい空気が流れます

そう コクランはこういうことをする人物でした 彼がそんなことをした理由は そこに立ちはだかって こんなふうに言う方がずっと楽だと 理解していたからです 「私の小さな世界では 私は神だ 全てを理解している 私の意見に異議は聞きたくない 私の結論を実証しなくてよい 単純に頭ごなしに命令する方が ずっと楽なのです コクランはわかっていました 不確実性や間違えやすさや 反論は人を傷つけると だから時にショックを与える必要があるのです それが簡単なことだと 見せかけるつもりはありません 簡単なことではありません おそろしくつらいことです

でもこの話を始めてからずっと この研究を始めてからずっと ある日本人の数学者が言った言葉が 私の頭から離れません 戦争の直後のことでした 谷山豊という若い数学者は 谷山・志村予想という すばらしい予想を立てました 数十年が経った後でこの予想は フェルマーの最終定理を証明する上で たいへん有用だったことが示されました 実際 フェルマーの最終定理を証明するのと 等しいものであることがわかったのでした 片方を証明すればもう一方も証明されるのです しかしこれはずっと予想に留まっていました 谷山はこれを解こうと何度も試みましたが それが真であると証明することはできませんでした そして1958年に 30歳の誕生日の少し前に 谷山豊は自殺してしまいました 彼の友人であった志村五郎は 一緒にその課題に取り組んでいました 何十年も後になって谷山の人生を振り返って こう述べています 「彼は数学者として非常に注意深いー という人ではなかった 彼はたくさんの間違いを犯した だがよい方向に間違えるのだ 私も彼を真似ようとしてみて 良い間違いを犯すのは 実は非常に難しいのだというー ことを知った」

ありがとうございました

(拍手)

It's the Second World War. A German prison camp. And this man, Archie Cochrane, is a prisoner of war and a doctor, and he has a problem. The problem is that the men under his care are suffering from an excruciating and debilitating condition that Archie doesn't really understand. The symptoms are this horrible swelling up of fluids under the skin. But he doesn't know whether it's an infection, whether it's to do with malnutrition. He doesn't know how to cure it. And he's operating in a hostile environment. And people do terrible things in wars. The German camp guards, they've got bored. They've taken to just firing into the prison camp at random for fun. On one particular occasion,one of the guards threw a grenade into the prisoners' lavatory while it was full of prisoners. He said he heard suspicious laughter. And Archie Cochrane, as the camp doctor, was one of the first men in to clear up the mess. And one more thing: Archie was suffering from this illness himself.

So the situation seemed pretty desperate. But Archie Cochrane was a resourceful person. He'd already smuggled vitamin C into the camp, and now he managed to get hold of supplies of marmite on the black market. Now some of you will be wondering what marmite is. Marmite is a breakfast spread beloved of the British. It looks like crude oil. It tastes ... zesty. And importantly, it's a rich source of vitamin B12. So Archie splits the men under his care as best he can into two equal groups. He gives half of them vitamin C. He gives half of them vitamin B12. He very carefully and meticulously notes his results in an exercise book. And after just a few days, it becomes clear that whatever is causing this illness, marmite is the cure.

So Cochrane then goes to the Germans who are running the prison camp. Now you've got to imagine at the moment -- forget this photo, imagine this guy with this long ginger beard and this shock of red hair. He hasn't been able to shave -- a sort of Billy Connolly figure. Cochrane, he starts ranting at these Germans in this Scottish accent -- in fluent German, by the way, but in a Scottish accent -- and explains to them how German culture was the culture that gave Schiller and Goethe to the world. And he can't understand how this barbarism can be tolerated, and he vents his frustrations. And then he goes back to his quarters, breaks down and weeps because he's convinced that the situation is hopeless. But a young German doctor picks up Archie Cochrane's exercise book and says to his colleagues, "This evidence is incontrovertible. If we don't supply vitamins to the prisoners, it's a war crime." And the next morning, supplies of vitamin B12 are delivered to the camp, and the prisoners begin to recover.

Now I'm not telling you this story because I think Archie Cochrane is a dude, although Archie Cochrane is a dude. I'm not even telling you the story because I think we should be running more carefully controlled randomized trials in all aspects of public policy, although I think that would also be completely awesome. I'm telling you this story because Archie Cochrane, all his life, fought against a terrible affliction, and he realized it was debilitating to individuals and it was corrosive to societies. And he had a name for it. He called it the God complex. Now I can describe the symptoms of the God complex very, very easily. So the symptoms of the complex are, no matter how complicated the problem, you have an absolutely overwhelming belief that you are infallibly right in your solution.

Now Archie was a doctor, so he hung around with doctors a lot. And doctors suffer from the God complex a lot. Now I'm an economist, I'm not a doctor, but I see the God complex around me all the time in my fellow economists. I see it in our business leaders. I see it in the politicians we vote for -- people who, in the face of an incredibly complicated world, are nevertheless absolutely convinced that they understand the way that the world works. And you know, with the future billions that we've been hearing about, the world is simply far too complex to understand in that way.

Well let me give you an example. Imagine for a moment that, instead of Tim Harford in front of you, there was Hans Rosling presenting his graphs. You know Hans: the Mick Jagger of TED. (Laughter) And he'd be showing you these amazing statistics, these amazing animations. And they are brilliant; it's wonderful work. But a typical Hans Rosling graph: think for a moment, not what it shows, but think instead about what it leaves out. So it'll show you GDP per capita, population, longevity, that's about it. So three pieces of data for each country -- three pieces of data. Three pieces of data is nothing. I mean, have a look at this graph.

This is produced by the physicist Cesar Hidalgo. He's at MIT. Now you won't be able to understand a word of it, but this is what it looks like. Cesar has trolled the database of over 5,000 different products, and he's used techniques of network analysis to interrogate this database and to graph relationships between the different products. And it's wonderful, wonderful work. You show all these interconnections, all these interrelations. And I think it'll be profoundly useful in understanding how it is that economies grow. Brilliant work. Cesar and I tried to write a piece for The New York Times Magazine explaining how this works. And what we learned is Cesar's work is far too good to explain in The New York Times Magazine.

Five thousand products -- that's still nothing. Five thousand products -- imagine counting every product category in Cesar Hidalgo's data. Imagine you had one second per product category. In about the length of this session, you would have counted all 5,000. Now imagine doing the same thing for every different type of product on sale in Walmart. There are 100,000 there. It would take you all day. Now imagine trying to count every different specific product and service on sale in a major economy such as Tokyo, London or New York. It's even more difficult in Edinburgh because you have to count all the whisky and the tartan. If you wanted to count every product and service on offer in New York -- there are 10 billion of them -- it would take you 317 years. This is how complex the economy we've created is. And I'm just counting toasters here. I'm not trying to solve the Middle East problem. The complexity here is unbelievable. And just a piece of context -- the societies in which our brains evolved had about 300 products and services. You could count them in five minutes.

So this is the complexity of the world that surrounds us. This perhaps is why we find the God complex so tempting. We tend to retreat and say, "We can draw a picture, we can post some graphs, we get it, we understand how this works." And we don't. We never do. Now I'm not trying to deliver a nihilistic message here. I'm not trying to say we can't solve complicated problems in a complicated world. We clearly can. But the way we solve them is with humility -- to abandon the God complex and to actually use a problem-solving technique that works. And we have a problem-solving technique that works. Now you show me a successful complex system, and I will show you a system that has evolved through trial and error.

Here's an example. This baby was produced through trial and error. I realize that's an ambiguous statement. Maybe I should clarify it. This baby is a human body: it evolved. What is evolution? Over millions of years, variation and selection, variation and selection -- trial and error, trial and error. And it's not just biological systems that produce miracles through trial and error. You could use it in an industrial context.

So let's say you wanted to make detergent. Let's say you're Unilever and you want to make detergent in a factory near Liverpool. How do you do it? Well you have this great big tank full of liquid detergent. You pump it at a high pressure through a nozzle. You create a spray of detergent. Then the spray dries. It turns into powder. It falls to the floor. You scoop it up. You put it in cardboard boxes. You sell it at a supermarket. You make lots of money. How do you design that nozzle? It turns out to be very important. Now if you ascribe to the God complex, what you do is you find yourself a little God. You find yourself a mathematician; you find yourself a physicist -- somebody who understands the dynamics of this fluid. And he will, or she will, calculate the optimal design of the nozzle. Now Unilever did this and it didn't work -- too complicated. Even this problem, too complicated.

But the geneticist Professor Steve Jones describes how Unilever actually did solve this problem -- trial and error, variation and selection. You take a nozzle and you create 10 random variations on the nozzle. You try out all 10; you keep the one that works best. You create 10 variations on that one. You try out all 10. You keep the one that works best. You try out 10 variations on that one. You see how this works, right? And after 45 generations, you have this incredible nozzle. It looks a bit like a chess piece -- functions absolutely brilliantly. We have no idea why it works, no idea at all. And the moment you step back from the God complex -- let's just try to have a bunch of stuff; let's have a systematic way of determining what's working and what's not -- you can solve your problem.

Now this process of trial and error is actually far more common in successful institutions than we care to recognize. And we've heard a lot about how economies function. The U.S. economy is still the world's greatest economy. How did it become the world's greatest economy? I could give you all kinds of facts and figures about the U.S. economy, but I think the most salient one is this: ten percent of American businesses disappear every year. That is a huge failure rate. It's far higher than the failure rate of, say, Americans. Ten percent of Americans don't disappear every year. Which leads us to conclude American businesses fail faster than Americans, and therefore American businesses are evolving faster than Americans. And eventually, they'll have evolved to such a high peak of perfection that they will make us all their pets -- (Laughter) if, of course, they haven't already done so. I sometimes wonder. But it's this process of trial and error that explains this great divergence, this incredible performance of Western economies. It didn't come because you put some incredibly smart person in charge. It's come through trial and error.

Now I've been sort of banging on about this for the last couple of months, and people sometimes say to me, "Well Tim, it's kind of obvious. Obviously trial and error is very important. Obviously experimentation is very important. Now why are you just wandering around saying this obvious thing?"

So I say, okay, fine. You think it's obvious? I will admit it's obvious when schools start teaching children that there are some problems that don't have a correct answer. Stop giving them lists of questions every single one of which has an answer. And there's an authority figure in the corner behind the teacher's desk who knows all the answers. And if you can't find the answers, you must be lazy or stupid. When schools stop doing that all the time, I will admit that, yes, it's obvious that trial and error is a good thing. When a politician stands up campaigning for elected office and says, "I want to fix our health system. I want to fix our education system. I have no idea how to do it. I have half a dozen ideas. We're going to test them out. They'll probably all fail. Then we'll test some other ideas out. We'll find some that work. We'll build on those. We'll get rid of the ones that don't." -- when a politician campaigns on that platform, and more importantly, when voters like you and me are willing to vote for that kind of politician, then I will admit that it is obvious that trial and error works, and that -- thank you.

(Applause)

Until then, until then I'm going to keep banging on about trial and error and why we should abandon the God complex. Because it's so hard to admit our own fallibility. It's so uncomfortable. And Archie Cochrane understood this as well as anybody. There's this one trial he ran many years after World War II. He wanted to test out the question of, where is it that patients should recover from heart attacks? Should they recover in a specialized cardiac unit in hospital, or should they recover at home? All the cardiac doctors tried to shut him down. They had the God complex in spades. They knew that their hospitals were the right place for patients, and they knew it was very unethical to run any kind of trial or experiment.

Nevertheless, Archie managed to get permission to do this. He ran his trial. And after the trial had been running for a little while, he gathered together all his colleagues around his table, and he said, "Well, gentlemen, we have some preliminary results. They're not statistically significant. But we have something. And it turns out that you're right and I'm wrong. It is dangerous for patients to recover from heart attacks at home. They should be in hospital." And there's this uproar, and all the doctors start pounding the table and saying, "We always said you were unethical, Archie. You're killing people with your clinical trials. You need to shut it down now. Shut it down at once." And there's this huge hubbub. Archie lets it die down. And then he says, "Well that's very interesting, gentlemen, because when I gave you the table of results, I swapped the two columns around. It turns out your hospitals are killing people, and they should be at home. Would you like to close down the trial now, or should we wait until we have robust results?" Tumbleweed rolls through the meeting room.

But Cochrane would do that kind of thing. And the reason he would do that kind of thing is because he understood it feels so much better to stand there and say, "Here in my own little world, I am a god, I understand everything. I do not want to have my opinions challenged. I do not want to have my conclusions tested." It feels so much more comfortable simply to lay down the law. Cochrane understood that uncertainty, that fallibility, that being challenged, they hurt. And you sometimes need to be shocked out of that. Now I'm not going to pretend that this is easy. It isn't easy. It's incredibly painful.

And since I started talking about this subject and researching this subject, I've been really haunted by something a Japanese mathematician said on the subject. So shortly after the war, this young man, Yutaka Taniyama, developed this amazing conjecture called the Taniyama-Shimura Conjecture. It turned out to be absolutely instrumental many decades later in proving Fermat's Last Theorem. In fact, it turns out it's equivalent to proving Fermat's Last Theorem. You prove one, you prove the other. But it was always a conjecture. Taniyama tried and tried and tried and he could never prove that it was true. And shortly before his 30th birthday in 1958, Yutaka Taniyama killed himself. His friend, Goro Shimura -- who worked on the mathematics with him -- many decades later, reflected on Taniyama's life. He said, "He was not a very careful person as a mathematician. He made a lot of mistakes. But he made mistakes in a good direction. I tried to emulate him, but I realized it is very difficult to make good mistakes."

Thank you.

(Applause)

It's the Second World War.//

第二次世界大戦のとき

ドイツの収容所で

And this man,/ Archie Cochrane,/ is a prisoner of war and a doctor,/ and he has a problem.//

この男 アーチー・コクランは 軍医でしたが捕虜として捕われ 問題を抱えていました

The problem is/ that the men/ under his care are suffering from an excruciating and debilitating condition/ that Archie doesn't really understand.//

患者たちが病気で 苦しみながら 衰弱していくという コクランに理解のできない状況でした

The symptoms are this horrible/ swelling up/ of fluids/ under the skin.//

症状は ひどい水ぶくれでした

But he doesn't know/ whether it's an infection,/ whether it's to do/ with malnutrition.//

感染症か栄養失調なのかわかりません

He doesn't know/ how to cure it.//

治療法もわかりません

しかもそこは敵地です

And people do terrible things/ in wars.//

戦時下にはひどいことがおきます

The German camp guards,/ they've got bored.//

ドイツの監視兵は退屈すると

They've taken/ to just firing/ into the prison camp/ at random/ for fun.//

収容所に向けて いたずらに発砲するのです

On one particular occasion,/one of the guards threw a grenade/ into the prisoners/' lavatory/ while it was full of prisoners.//

あるときには 捕虜たちでいっぱいのトイレに 手榴弾が投げ込まれたこともありました

He said/ he heard suspicious laughter.//

彼は不審な笑い声を耳にしたと言います

And Archie Cochrane,/ as the camp doctor,/ was one of the first men in/ to clear up/ the mess.//

収容所の軍医であるアーチー・コクランは 事態をなんとか打開しようとした 人のひとりでした

And one more thing:/ Archie was suffering from this illness himself.//

付け加えると コクラン自身がその病気にかかっていました

ずいぶん絶望的な状況です

But Archie Cochrane was a resourceful person.//

ただアーチー・コクランは 抜け目のない男でした

He'd already smuggled vitamin C/ into the camp,/ and now/ he managed to get/ hold of supplies of marmite/ on the black market.//

すでにビタミンCを手配しており さらにこんどは 闇ルートを通して マーマイトを入手しました

Now/ some of you will be wondering/ what marmite is.//

マーマイトとは何だろうと思われる方もいるでしょう

Marmite is a breakfast spread beloved of the British.//

イギリス人はこれをパンに塗るのを好みます

It looks like crude oil.//

見た目は原油のようですが

It tastes ...//

その味ときたら

zesty.//

ピリっとした味です

And importantly,/ it's a rich source of vitamin B12.//

重要なことですが マーマイトには ビタミンB12が豊富です

So Archie splits the men/ under his care/ as best/ he can into two equal groups.//

アーチーは患者たちをできるだけ同じ条件の 二つのグループに分けました

He gives half of them/ vitamin C.//

一方にはビタミンCを与え

He gives half of them/ vitamin B12.//

もう一方にはビタミンB12を与えました

He very carefully/ and meticulously notes his results/ in an exercise book.//

細心の注意をはらって結果を ノートに記録しました

And/ after just a few days,/ it becomes clear/ that/ whatever is causing this illness,/ marmite is the cure.//

数日たつと 病気の理由は何であれ マーマイトで治せることが はっきりしてきました

So Cochrane then goes to the Germans/ who are running the prison camp.//

そこで収容所を運営していたドイツ兵に面会を求めます

Now/ you've got to imagine/ at the moment --/ forget this photo,/ imagine/ this guy/ with this long ginger beard and this shock of red hair.//

そのようすを想像してみてください この写真は忘れて この男に 長い赤ひげと もじゃもじゃの赤毛を付けてください

He hasn't been able to shave --/ a sort of Billy Connolly figure.//

ずっとひげも剃れなくて ビリー・コノリーのような風体です

Cochrane,/ he starts ranting/ at these Germans/ in this Scottish accent --/ in fluent German,/ by the way,/ but in a Scottish accent --/ and explains to them/ how German culture was the culture/ that gave Schiller and Goethe/ to the world.//

コクランは熱弁をふるいます こんなスコットランド訛の ー 訛ってはいても流暢なドイツ語です シラーやゲーテを生んだドイツの文化の 何たるかを語り

And he can't understand/ how this barbarism can be tolerated,/ and he vents his frustrations.//

そんなドイツでこのような 野蛮が許されるとは理解しがたいと訴えます 彼は不満を爆発させます

And then/ he goes back/ to his quarters,/ breaks down/ and weeps/ because he's convinced/ that the situation is hopeless.//

それから彼は自分の兵舎に戻り 絶望してすすり泣きます 望みがない事態だと確信したからです

But a young German doctor picks up/ Archie Cochrane's exercise book/ and says to his colleagues,/ "This evidence is incontrovertible.//

しかし若いドイツ人の医師が アーチー・コクランのノートを手に取り 同僚に言います この証拠に議論の余地はない

If we don't supply vitamins/ to the prisoners,/ it's a war crime."//

捕虜たちにビタミンを与えないと 戦争犯罪になるぞ

And the next morning,/ supplies of vitamin B12 are delivered to the camp,/ and the prisoners begin to recover.//

翌朝には 収容所にビタミンB12が届けられ 捕虜たちは回復し始めました

Now/ I'm not telling/ you/ this story/ because I think Archie Cochrane is a dude,/ although Archie Cochrane is a dude.//

さてこの話をした理由は コクランが大人物と思うからではなく ー もちろんアーチー・コクランは大人物ですが ー

I'm not even telling/ you/ the story/ because I think we should be running more carefully/ controlled randomized trials/ in all aspects of public policy,/ although I think/ that would also be completely awesome.//

公共政策のあらゆる面において 注意深く管理された ランダム化比較試験が望ましいと 言うためでもありません その訴えも実にすばらしいこととは思います

I'm telling/ you/ this story/ because Archie Cochrane,/ all his life,/ fought against a terrible affliction,/ and he realized/ it was debilitating to individuals/ and it was corrosive/ to societies.//

この話をした理由は アーチー・コクランが生涯に渡って 戦っていたやっかいな悩みの種だからです それが個人を弱らせ 社会を腐敗させるものだと コクランは気付いていました

And he had a name/ for it.//

彼はそれをこう名付けていました

He called it/ the God complex.//

ゴッド・コンプレックス(全能感ゆえの固定観念)

Now/ I can describe the symptoms of the God complex very,/ very easily.//

ゴッド・コンプレックスの症状は簡単に説明できます

So the symptoms of the complex are,/ no matter/ how complicated the problem,/ you have an absolutely overwhelming belief/ that you are infallibly right/ in your solution.//

その固定観念の症候とは 問題がどれほど複雑であっても それを圧倒的で絶対的な信念を持って 自分の解決策が間違いなく正しいと思うことです

Now/ Archie was a doctor,/ so he hung around/ with doctors/ a lot.//

アーチーは医者でした 多くの医師と交流がありました

And doctors suffer from the God complex/ a lot.//

多くの医師がゴッド・コンプレックスに罹っています

Now/ I'm an economist,/ I'm not a doctor,/ but I see the God complex/ around me/ all the time/ in my fellow economists.//

まあ私は経済学者で医師ではありませんが でも身の回りで 始終これを目にします 経済学者の仲間や

I see it/ in our business leaders.//

経済界のリーダー達や

I see it/ in the politicians/ we vote for --/ people/ who,/ in the face of an incredibly complicated world,/ are nevertheless absolutely convinced/ that they understand the way that/ the world works.//

我々が投票する政治家達にも見られます この驚くほど複雑化した世界を前にして それでもこの世の仕組みを理解できていると 頭から信じている人たちです

And you know,/ with the future billions/ that we've been hearing about,/ the world is simply far too complex/ to understand in that way.//

これから 100億近い人が住もうというこの世界は あまりにも複雑すぎて そんなやり方では全然理解できません

Well let me/ give you/ an example.//

例をあげましょう

Imagine/ for a moment/ that,/ instead of Tim Harford/ in front of you,/ there was Hans Rosling/ presenting his graphs.//

しばらくの間 ここにいるのはティム・ハフォードではなくて ハンス・ロスリングがグラフを説明していると思ってください

You know Hans:/ the Mick Jagger of TED.//

あのハンスです TED におけるミック・ジャガーですね

(Laughter)/ And he'd be showing you/ these amazing statistics,/ these amazing animations.//

(笑) ハンスはあの素晴らしい統計と アニメーションをお目にかけます

And they are brilliant;/ it's wonderful work.//

最高の内容です 素晴らしい

But a typical Hans Rosling graph:/ think for a moment,/ not/ what it shows,/ but think instead/ about what it leaves out.//

さて例のハンス・ロスリングのグラフですが 示している内容ではなくて そこで示されなかったことを考えてみてください

So/ it'll show you/ GDP/ per capita,/ population,/ longevity,/ that's about it.//

グラフが示しているのは ひとり当たりの GDP と 人口と寿命 それだけです

So three pieces of data/ for each country --/ three pieces of data.//

国ごとに 3 種類のデータが揃っています 3 種のデータです

Three pieces of data is nothing.//

3 種なんて 何も無いようなものです

I mean,/ have a look/ at this graph.//

では こちらのグラフを見てください

This is produced by the physicist Cesar Hidalgo.//

MIT の物理学者 シーザー・ヒダルゴが

He's at MIT.//

作ったグラフです

Now/ you won't be able to understand a word of it,/ but this is/ what it looks like.//

パッと理解できるグラフではありませんが こんなふうに見えるグラフです

Cesar has trolled the database of over 5,000 different products,/ and he's used techniques of network analysis/ to interrogate this database/ and/ to graph relationships/ between the different products.//

5000種類の様々な製品の データベースに対して ネットワーク解析の技術を適用して このデータベースを調査しました 様々な製品間の関係を表したグラフです

And it's wonderful, wonderful work.//

これは実に素晴らしい研究です

You show all these interconnections,/ all these interrelations.//

全ての繋がりと相関を示しています

And I think/ it'll be profoundly useful/ in understanding/ how it is/ that economies grow.//

経済が成長して行くときの 様子を理解する上で大変有用なことです

Brilliant work.//

際立つ研究です

Cesar/ and I tried to write/ a piece/ for The New York Times Magazine/ explaining/ how this works.//

我々はニューヨーク・タイムズ・マガジンに この研究についての記事を書こうとしました

And what we learned/ is Cesar's work is far too good/ to explain in The New York Times Magazine.//

このシーザーの研究は素晴らしすぎて ニューヨーク・タイムズ・マガジンに 収まりきらないことが判明しました

Five thousand products --/ that's still/ nothing.//

5000 品目の製品は まだどうということはありません

Five thousand products --/ imagine/ counting every product category/ in Cesar Hidalgo's data.//

5000 種類です シーザーのデータに登場するすべての 項目を数え上げたとして

Imagine/ you had one second/ per product category.//

一項目に一秒かけて 読み上げていくと

In about the length of this session,/ you would have counted all 5,000.//

このセッションほどの時間で 5000種全てを数え終わります

Now imagine/ doing the same thing/ for every different type of product/ on sale/ in Walmart.//

同じことを ウォールマートで売られている商品の全てに行うとすると

There are 100,000 there.// It would take you/ all day.//

10万点ありますから 丸一日かかるでしょう

Now/ imagine/ trying to count every different specific product and service/ on sale/ in a major economy/ such as Tokyo,/ London or New York.//

ではこんどは 大きな経済圏のあらゆる製品とサービスを 数え上げるとしたらどうでしょう 例えば東京やロンドンやニューヨークです

It's even more difficult/ in Edinburgh/ because you have to count/ all the whisky and the tartan.//

エジンバラだと難しくなる点は ウィスキーとタータンも数えなければならないことです

If you wanted to count/ every product and service/ on offer/ in New York --/ there are 10 billion of them --/ it would take you/ 317 years.//

ニューヨークでの製品とサービスを 全て数え上げたら 100億点になります 317年かかることになります

This is how complex/ the economy/ we've created is.//

われわれが作り上げた経済はこれほど複雑なのです

And I'm just counting/ toasters here.//

ここでは商品の数を数えただけです

I'm not trying to solve/ the Middle East problem.//

中東問題を解決を目指してはいないのに

信じがたいほどの複雑さです

And just a piece of context --/ the societies/ in which our brains evolved/ had about 300 products/ and services.//

この見方で言うならー 私たちの頭脳が進化してきた社会には 300 種の製品とサービスがありました

You could count them/ in five minutes.//

つまり5分で数え上げられます

So this is the complexity of the world/ that surrounds us.//

こんな複雑な世界に私たちは囲まれています

This perhaps is/ why we find the God complex so tempting.//

おそらくはそれゆえに ゴッド・コンプレックスに誘惑されるのです

We tend to retreat and say,/ "We can draw a picture,/ we can post some graphs,/ we get it,/ we understand/ how this works."//

押され気味になりながらも「概要がわかり なにかグラフも作れるだろう よしわかった その仕組みもわかった」と言うのです

And we don't.//

でもわかっていません

We never do.//

決してわかりはしません

Now/ I'm not trying to deliver/ a nihilistic message here.//

ニヒリズムを唱えているのではありません

I'm not trying to say/ we can't solve complicated problems/ in a complicated world.//

複雑な世界の複雑な問題は解決できないと 言いたいわけではありません

We clearly can.//

明らかに可能ですから

But the way/ we solve them/ is with humility --/ to abandon the God complex/ and to actually use a problem-solving technique/ that works.//

しかし課題を解決する方法は 謙虚な取り組みによるものです ゴッド・コンプレックスは捨てて 実際に有効な課題解決の方法を適用するのです

And we have a problem-solving technique/ that works.//

そして有効な解決手法があります

Now/ you show me/ a successful complex system,/ and I will show you/ a system/ that has evolved through trial and error.//

うまく機能しているー 複雑なシステムがあればそれは 試行錯誤の中でー 進化したシステムなのです

Here's an example.//

例えば

This baby was produced through trial and error.//

この赤ちゃんは試行錯誤から生まれました

I realize/ that's an ambiguous statement.//

あいまいな言い方でしたね

Maybe/ I should clarify it.//

明確にしましょう

This baby is a human body:/ it/ evolved.//

この赤ちゃんという肉体は進化の結果です

What is evolution?//

進化とは何でしょうか?

Over millions of years,/ variation and selection, variation and selection --/ trial and error, trial and error.//

何百万年にもわたる変化と選択 変化と選択 試行と錯誤 試行と錯誤の繰り返しです

And it's not just biological systems/ that produce miracles/ through trial/ and error.//

そして試行錯誤が奇跡を生み出すのは 生体系に限った話ではありません

You could use it/ in an industrial context.//

産業応用にも適用できるのです

So let's say you wanted to make/ detergent.//

例えば 洗剤を作りたいとしましょう

Let's say/ you're Unilever/ and you want to make/ detergent/ in a factory/ near Liverpool.//

ユニリーバみたいに リバプール近郊の工場で洗剤を製造しようとするとき

How do you do it?//

どうやりますか?

Well/ you have this great big tank full of liquid detergent.//

こんな大きなタンク一杯に液体の洗剤を用意します

You pump it/ at a high pressure/ through a nozzle.//

高圧をかけてノズルから噴き出し

洗剤を霧状にします

Then/ the spray dries.// It turns into powder.//

霧はすぐに乾燥して粉になります

It falls to the floor.//

粉は下にたまります

You scoop it up.// You put it/ in cardboard boxes.//

それをかき集めて箱に詰めます

You sell it/ at a supermarket.//

スーパーで売ると

You make lots of money.//

立派な売上が得られます

How do you design/ that nozzle?//

そのノズルをどう設計しましょうか?

It turns out/ to be very important.//

これが大変重要だとわかったのです

Now/ if you ascribe to the God complex,/ what you do/ is you find yourself/ a little God.//

ゴッド・コンプレックスの考え方に従うなら ちょっとした神を探さなければなりません

You find yourself/ a mathematician;/ you find yourself/ a physicist --/ somebody/ who understands the dynamics of this fluid.//

数学者や物理学者だとか 液体の力学をわかる人を自分で探し出して

And he will,/ or she will,/ calculate the optimal design of the nozzle.//

その人に ノズルの最適形状を計算してもらいます

Now Unilever did this/ and it didn't work --/ too complicated.//

ユニリーバもそうやって失敗しました 複雑すぎたのです

こんな問題でも複雑すぎるのです

But the geneticist Professor Steve Jones describes/ how Unilever actually did solve this problem --/ trial and error,/ variation and selection.//

しかし遺伝学者のスティーブ・ジョーンズ教授は ユニリーバがこの問題をどう解決したか説明しています 試行錯誤です 変化と選択です

You take a nozzle/ and you create 10 random variations/ on the nozzle.//

まずノズルを用意します ランダムに 10通りの変形をさせて

You try out/ all 10;/ you keep the one/ that works best.//

この10個のノズルを試して 最良の一つを選びます

You create 10 variations/ on that one.//

それをまた10通りに変化させ

You try out/ all 10.// You keep the one/ that works best.//

全部を試して一番良いのを選びます

You try out/ 10 variations/ on that one.//

そしてまた10通りを試します

You see/ how this works,/ right?//

どうやるかおわかりですね

And after 45 generations,/ you have this incredible nozzle.//

こうして 45 世代を繰り返した後で このおどろくべきノズルができました

It looks a bit/ like a chess piece --/ functions absolutely brilliantly.//

チェスの駒に似た感じです 全くすばらしい性能を発揮します

We have no idea/ why it works,/ no idea/ at all.//

どうしてうまく行くのか 全然わかりません 見当もつきません

And the moment/ you step back/ from the God complex --/ let's just try to have/ a bunch of stuff;/ let's have a systematic way of determining/ what's working/ and what's not --/ you can solve your problem.//

しかしゴッド・コンプレックスを退けて あれこれ試してみようと決めて 良否の判定をシステマチックに定めることにすると たちまち問題が解決するのです

Now/ this process of trial and error is actually far more common/ in successful institutions/ than we care to recognize.//

この試行錯誤のプロセスというのは 成功している組織においては 想像する以上に 普通に見うけられます

And we've heard a lot/ about how economies function.//

経済がどう機能するか この場で沢山聞きました

The U.S. economy is still the world's greatest economy.//

米国経済は未だに世界一の経済です

How did it become the world's greatest economy?//

どのようにして世界一の経済になったのでしょうか

I could give you/ all kinds of facts and figures/ about the U.S. economy,/ but I think/ the most salient one is this:/ ten percent of American businesses disappear every year.//

米国経済に関してあらゆる事実や数字を 並べ上げることができますが 最も際立った特徴はこれだと思います アメリカでは毎年10パーセントの事業が 消え去るのです

That is a huge failure rate.//

とても大きな失敗率です

It's far higher/ than the failure rate of,/ say,/ Americans.//

たとえば人の「失敗率」と比べてみましょう

Ten percent of Americans don't disappear every year.//

毎年10パーセントのアメリカ人が消えたりはしません

Which leads us/ to conclude American businesses fail faster/ than Americans,/ and therefore American businesses are evolving faster/ than Americans.//

このことから アメリカでは事業は人よりも早く消え去るので 事業の進化の速度が 人よりも速いことがわかります

And eventually,/ they'll have evolved to such/ a high peak of perfection/ that they will make us/ all their pets --/ (Laughter)/ if,/ of course,/ they haven't already done so.//

こうして事業は進化してその完成度を高めていき いずれは我々すべてを飼いならすでしょう (笑) まだそうなっていないとしても いずれは

I sometimes wonder.//

ときどきそう考えます

But it's this process of trial and error/ that explains this great divergence,/ this incredible performance of Western economies.//

ただ この試行錯誤の過程こそが 西側諸国の多様な経済の すばらしいパフォーマンスを説明するのです

It didn't come/ because you put some incredibly smart person/ in charge.//

すばらしく優秀な人を責任者にしたからではなく

It's come through trial and error.//

試行錯誤によって到達したのです

Now/ I've been sort of banging on about this/ for the last couple of months,/ and people sometimes say to me,/ "Well Tim,/ it's kind of obvious.//

ここ数ヶ月の間 あちこちでこのことを話していると こんなことを言う人もいます 「ティム それはわかり切ったことだ

Obviously trial and error is very important.//

確かに試行錯誤は重要だ

Obviously experimentation is very important.//

確かに検証実験が大変重要だ

Now/ why are you just wandering around saying this obvious thing?"//

なんだってこんな当たり前のことを吹聴して廻ってるんだ?」

So I say,/ okay,/ fine.//

なるほど

You think it's obvious?//

当たり前だとおっしゃるのですね?

I will admit/ it's obvious/ when schools start teaching children/ that there are some problems/ that don't have a correct answer.//

学校で子どもたちに こんなふうに教え始めたら これが当たり前になったと認めましょう 正解のない問題があるのだと教え始めることです

Stop/ giving them/ lists of questions/ every single one of which has an answer.//

全てに答えがあるような質問を列挙して 子どもたちに与えるのはやめましょう

And there's an authority figure/ in the corner/ behind the teacher's desk/ who knows all the answers.//

そして教卓の後ろの偉そうな人が 答えを全部知っているという方法はやめて

And/ if you can't find the answers,/ you must be lazy or stupid.//

また 答えが見つからない生徒を 怠け者や愚か者だと呼ぶのはやめましょう

When schools stop doing/ that all the time,/ I will admit/ that,/ yes,/ it's obvious/ that trial and error is a good thing.//

学校のそういうやり方を全部やめるなら 試行錯誤が良いことだということが 当たり前になったと認めましょう

When a politician stands up/ campaigning/ for elected office/ and says,/ "I want to fix/ our health system.//

立候補した候補者が選挙運動で こんなことを言うでしょうか 「健康保険システムを改革しましょう

I want to fix/ our education system.//

教育システムを改革しましょう

I have no idea/ how to do it.//

それをどうするか考えはありませんが

I have half a dozen ideas.//

アイデアは5-6個あります

We're going to test/ them out.// They'll probably/ all fail.//

それを試して行きます 全部失敗するかもしれません

Then/ we'll test/ some other ideas out.//

だめならさらに他のアイデアを試し

We'll find some/ that work.// We'll build on those.//

見つけた方法を基に改革します

We'll get rid of the ones/ that don't."// --/ when a politician campaigns/ on that platform,/ and more importantly,/ when voters/ like you/ and me are willing/ to vote for that kind of politician,/ then/ I will admit/ that it is obvious/ that trial and error works,/ and that --/ thank you.//

失敗アイデアは使いません」 こういう考え方の政治家が出てきたら さらに大事なことは 私たちのような有権者が そんな政治家に投票するようになったら 試行錯誤が有効なことは当たり前になったと 私も認めましょう ー ありがとうございます

(拍手)

Until then,/ until then/ I'm going to keep banging/ on about trial and error/ and why we should abandon the God complex.//

それまでは試行錯誤を語り ゴッド・コンプレックスを 捨てるべきである理由を語り続けるつもりです

Because it's so hard/ to admit our own fallibility.//

自分たちが誤りやすいと認めることは とても困難です

It's so uncomfortable.//

それは非常に不愉快なことです

And Archie Cochrane understood this/ as well as anybody.//

アーチー・コクランはこのことを誰よりも理解していました

There's this one trial/ he ran many years/ after World War II.//

第二次世界大戦よりも何年も後のこと 彼はある治験を行いました

He wanted to test out/ the question of,/ where is it/ that patients should recover from heart attacks?//

彼が試験したかったのは 心不全の患者は どこで回復させるのが 良いか ということでした

Should/ they recover in a specialized cardiac unit/ in hospital,/ or should they recover at home?//

専門的な循環器病棟でしょうか それとも自宅でしょうか

All the cardiac doctors tried to shut/ him down.//

循環器科の医師たちは治験を止めさせようとしました

They had the God complex/ in spades.//

医師達は紛れもなくゴッド・コンプレックスに罹っていました

They knew/ that their hospitals were the right place/ for patients,/ and they knew/ it was very unethical/ to run any kind of trial or experiment.//

患者のためには病院がいいことは明らかで これを治験するとか実験するなどというのは 倫理に背くことだと考えました

Nevertheless,/ Archie managed to get/ permission/ to do this.//

それでもコクランはこの治験の許可を得て

He ran his trial.//

治験を行いました

And after the trial had been running for a little while,/ he gathered together/ all his colleagues/ around his table,/ and he said,/ "Well,/ gentlemen,/ we have some preliminary results.//

治験が始まってしばらく経ったときのこと 彼は同僚たちを 集めて会議を催しました 「さてみなさん ここに初期的な結果があります

They're not statistically significant.//

統計的な有意性はまだありませんが

But we have something.//

ちょっとした内容があります

And it turns out/ that you're right/ and I'm wrong.//

みなさんが正しく私が間違っていたようです

回復中の患者が家で過ごすのは 危険です

They should be in hospital."//

病院で回復させるべきです」

And there's this uproar,/ and all the doctors start pounding/ the table/ and saying,/ "We always said/ you were unethical,/ Archie.//

大騒ぎです 全ての医師が机を叩いて言います 「倫理的でないと ずっと言ってきただろう

You're killing/ people/ with your clinical trials.// You need to shut/ it down now.//

治験で人が死んでいくのだ すぐ中止すべきだ

Shut it down/ at once."//

ただちに中止しろ」

And there's this huge hubbub.//

こんな大騒ぎです

Archie lets/ it die down.//

コクランは皆を黙らせます

And then/ he says,/ "Well/ that's very interesting,/ gentlemen,/ because/ when I gave you/ the table of results,/ I swapped the two columns around.//

「大変興味深いご意見です 皆さん 皆さんにお渡しした結果の表で 2つの列は入れ替えてあったのです

It turns out/ your hospitals are killing people,/ and they should be at home.//

つまり 患者は病院で亡くなっており 家に帰すべきなのです

Would/ you like to close down/ the trial now,/ or should we wait/ until we have robust results?"//

治験を止めた方がよろしいでしょうか? それとも結果が確実なものになるまで待ちましょうか」

Tumbleweed rolls/ through the meeting room.//

会議室に 冷たい空気が流れます

But Cochrane would do that kind of thing.//

そう コクランはこういうことをする人物でした

And the reason/ he would do that kind of thing is/ because he understood it feels so much better/ to stand there/ and say,/ "Here/ in my own little world,/ I am a god,/ I understand everything.//

彼がそんなことをした理由は そこに立ちはだかって こんなふうに言う方がずっと楽だと 理解していたからです 「私の小さな世界では 私は神だ 全てを理解している

I do not want to have/ my opinions challenged.//

私の意見に異議は聞きたくない

I do not want to have/ my conclusions tested."//

私の結論を実証しなくてよい

It feels so much more comfortable simply/ to lay down/ the law.//

単純に頭ごなしに命令する方が ずっと楽なのです

Cochrane understood/ that uncertainty,/ that fallibility,/ that being challenged,/ they hurt.//

コクランはわかっていました 不確実性や間違えやすさや 反論は人を傷つけると

And you sometimes need to be shocked out of that.//

だから時にショックを与える必要があるのです

Now/ I'm not going to pretend/ that this is easy.//

それが簡単なことだと 見せかけるつもりはありません

It isn't easy.//

簡単なことではありません

おそろしくつらいことです

And/ since I started talking/ about this subject/ and researching this subject,/ I've been really haunted by something/ a Japanese mathematician said on the subject.//

でもこの話を始めてからずっと この研究を始めてからずっと ある日本人の数学者が言った言葉が 私の頭から離れません

So shortly/ after the war,/ this young man,/ Yutaka Taniyama,/ developed/ this amazing conjecture called the Taniyama-Shimura Conjecture.//

戦争の直後のことでした 谷山豊という若い数学者は 谷山・志村予想という すばらしい予想を立てました

It turned out/ to be absolutely instrumental many decades later/ in proving Fermat's Last Theorem.//

数十年が経った後でこの予想は フェルマーの最終定理を証明する上で たいへん有用だったことが示されました

In fact,/ it turns out/ it's equivalent/ to proving Fermat's Last Theorem.//

実際 フェルマーの最終定理を証明するのと 等しいものであることがわかったのでした

You prove one,/ you prove the other.//

片方を証明すればもう一方も証明されるのです

But it was always a conjecture.//

しかしこれはずっと予想に留まっていました

Taniyama tried and tried and tried/ and he could never prove/ that it was true.//

谷山はこれを解こうと何度も試みましたが それが真であると証明することはできませんでした

And shortly/ before his 30th birthday/ in 1958,/ Yutaka Taniyama killed himself.//

そして1958年に 30歳の誕生日の少し前に 谷山豊は自殺してしまいました

His friend,/ Goro Shimura --/ who worked on the mathematics/ with him --/ many decades later,/ reflected on Taniyama's life.//

彼の友人であった志村五郎は 一緒にその課題に取り組んでいました 何十年も後になって谷山の人生を振り返って

He said,/ "He was not a very careful person/ as a mathematician.//

こう述べています 「彼は数学者として非常に注意深いー という人ではなかった

He made a lot of mistakes.//

彼はたくさんの間違いを犯した

But he made mistakes/ in a good direction.//

だがよい方向に間違えるのだ

I tried to emulate/ him,/ but I realized/ it is very difficult/ to make good mistakes."//

私も彼を真似ようとしてみて 良い間違いを犯すのは 実は非常に難しいのだというー ことを知った」

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

world war

『世界大戦』

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

prison camp

捕虜収容所

prisoner of war

捕虜(《略》『PPX,P.O.W.』)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

debilitate

〈病気などが〉〈人・体〉'を'衰弱させる

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

swell

〈物が〉『大きくなる』,ふくれる,はれる《+up》

〈帆などが〉『張り出る』,ふくらむ《+out》

〈数量・程度・力などが〉『増大する』,増える,強まる

〈川などが〉増水する,〈海が〉うねる,〈土地が〉高まる

《話》〈感情が〉高まる;(感情で)〈胸が〉いっぱいになる《+with+名》

…‘を'『ふくらます』,‘の'かさを大きくする

〈帆など〉‘を'『張り出させる』,ふくらませる《+out+名,+名+out》

…‘を'『増大させる』,増やす,強める

〈心・胸など〉‘を'いっぱいにする

〈U〉《時にa ~》ふくれる(増大する)こと;ふくれている状態

〈C〉土地の隆起部,なだらかな丘

〈U〉《単数形で》大波,うねり

〈C〉音の高まり,音量の増減

〈C〉《古》《話》名士;(特に)流行の服を着た人

《米話》すばらしい,すてきな

《古》《俗》いきな,しゃれた

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

malnutrition

栄養不良,栄養失調

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

hostile

『敵の』,敵国(軍)の

『敵意のある』,敵対する

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

guard

〈C〉『見張り』,番人;歩哨(ほしょう),番兵;護衛兵

〈U〉(…を)見張ること,監視すること《+『over』+『名』》;(…を)警戒(用心)すること《+『against』+『名』》

〈C〉《英》(列車・電車の)『車掌』(《米》conductor)

《the Guards》《英》近衛(このえ)連隊

〈U〉〈C〉(ボクシング・フェンシングなどで,相手の攻撃に対する)ガード,防御

〈C〉(米式フットボール・バスケットボールの)ガード

〈C〉《しばしば複合語を作って》「(危険などを)防止する物,保護物」の輔を表す

…‘を'『見張る』,環視する

(…から)…‘を'『警戒する』,守る《+『against』(『from』)+『名』》

(…に備えて)『警戒する』,用心する《+『against』+『名』(do『ing』)》

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

grenade

手りゅう弾;擲(てき)弾筒の弾;消火弾

prisoner

(服役中の)『囚人』;(未決の)拘置人,刑事被告人

=prisoner of war

自由を奪われた人,動きがとれなくなった人(動物)

補虜

lavatory

(学校・ホテルなどの共同の)洗面所,化粧室;便所,トイレ

《おもに》便器

《米》(洗面用の)流し台

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

suspicious

(人物・話などが)『疑わしい』,怪しい

疑い深い,人を疑う

疑っている

laughter

『笑い』,笑い声

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

illness

(心身の)『病気』,不健康

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

desperate

『自暴自棄の』,『やけくその』

《補語にのみ用いて》切望している

(回復・改善などの)見込みがない,ほとんど望みがない

がまんできない,耐えられない

死にもの狂いの,一か八かの

resourceful

(困難に際して)機知(くふう)に富んだ,才覚のある

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

smuggle

(…へ,…から)…‘を'密輸する,こっそり運ぶ《+『名』+『into(out of)』+『名』》

密輸する,こっそり運ぶ

vitamin C

ビタミン C

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

black market

やみ市場;やみの売買

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

crude oil

原油

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

importantly

重要性をもって;もったいぶって

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

vitamin

『ビタミン』,栄養素(身体の喜常な機能を維持するために少量ながら必要な有機化合物)

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

carefully

『注意深く』,気をつけて

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

photo

『写真』[photographの短縮形]

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

ginger

ショウガ(ショウガ科の多年生植物),ショウガの根茎

しょうが色,淡赤黄色

《話》元気,精力

しょうが色(淡赤黄色)の

…‘を'元気づける,活気づける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

beard

〈C〉(人の)『あごひげ』

(動物の)あごひげ;(一般に)ひげ状のもの

…‘に'勇敢に立ち向かう

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

shave

〈ひげなど〉‘を'『そる』《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

…‘を'削り落とす,うすく削り取る,〈木板〉‘に'かんなをかける

《話》…‘を'かする,すれすれに通る

『ひげをそる』,かみそりをあてる

(…を)かすめる《+『past』+『名』》

『ひげそり』

すれすれに通ること,辛うじて逃れること

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

billy

(巡査の)警棒

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

rant

大げさに言う

…‘を'大げさに言う《『out』+『名,』+『名』+『out』》

大げさな話

Scottish

《the ~》《集合的に》スコットランド人

スコットランド方言

『スコットランドの』;スコットランド人(方言)の

accent

〈C〉〈U〉『アクセント』,『強勢』;アクセント記号

〈C〉(言葉の)なまり

《複数形で》『口調』,音調(tone)

〈C〉〈U〉強調,重視

…‘に'アクセントをおく;…‘に'アクセント符号をつける

…'を'強調する,目立たせる

fluent

(人が)『流ちょうにしゃべれる』,すらすら書くことができる

流ちょうに話された,すらすら書かれた(演奏された);(言葉が)流ちょうな

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

Schiller

シラー(『Johann Christoph Friedrich von Schiller』1759‐1805;ドイツの詩人・劇作家)

Goethe

ゲーテ(『Johann Wolfgang von Goethe;1749‐1832;ドイツの詩人・小説家・戯曲家)

ca

circa

barbarism

〈U〉野蛮,未開状態

〈C〉野蛮な言動

tolerate

…‘に'『寛大な態度をとる』,‘を'黙認する

…‘を'『がまんする』,耐える

〈薬品・毒物など〉‘に'耐性がある

vent

(気体・液体の出入する)『抜け口』,漏れ口,通風(気)孔

(鳥・魚などの)肛門

《単数形で》(感情の)はけ口

…‘に'出口(はけ口)を与える

(…に向けて)〈感情など〉‘を'あらわにする,漏らす《+名+on+名》

frustration

〈U〉(努力・計画などの)失敗,ざ折,落胆,失意;〈C〉(具体的な事柄の)失敗,ざ折

〈U〉(心理学で)欲求不満,フラストレーション

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

weep

『涙を流す』,泣く

(…を)『悲しむ』嘆く,《+over(for)+名(doing)》

〈傷口などが〉液体を分泌する;《文》水をしたたらせる

〈涙〉‘を'流す

〈人,自分〉‘に'涙を流させる:《weep+名+副(窃)…に涙を流させ…にする》

《文》〈事〉‘に'涙を流す,‘を'悲しむ

convinced

確信(納得)している

hopeless

『希望を失った』

(物事が)『望み(見込み)のない』,絶望的な

《話》どうしようもない,役に立たない

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

incontrovertible

議論の余地のない,明らかな

war crime

戦争犯罪

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

dude

めかし屋,気どり屋;(西部に来る東部の)都会人

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

completely

『完全に』,全く,十分に

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

affliction

(心身の)苦悩,難儀

苦悩(悩み)を引き起こすもの

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

corrosive

(物を)腐食させる,腐食性の

(社会・人の心などを)むしばむ

腐食剤

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

complicate

…'を'複雑にする

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

infallibly

絶対確実に,全然誤りなく

《英話》いつも,きっと

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

economist

経済学者

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

incredibly

信じられないほど

nevertheless

『それでもやはり』

『それにもかかわらず』

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

graph

グラフ,図表

mick

《俗》《軽べつして》アイルランド人

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

statistic

統計値,統計量

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

per capita

一人当たり,頭割りで,各人に

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

longevity

長生き,長寿

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

datum

dataの単数形

既知の事実

data

『資料』,事実;情報

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

physicist

物理学者

hidalgo

(スペインの)小貴族,下級貴族

troll

輪唱する

(魚を)流し釣りする《+for+名》

〈歌〉を輪唱する

輪唱歌

(流し釣り用の)釣り糸[につける擬似餌]

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

interrogate

(…について)(正式に,手順をふんで)〈人〉‘に'問いただす,‘を'尋問する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

尋問する;質問する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

interrelation

(…の間の)相互関係《+『between』+『名』》

profoundly

深く

十分に

心から

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

sale

〈U〉〈C〉(…の)『販売』,売却,売れ行き,需要《+『of』(『for』)+『名』》

〈C〉『特売』,安売り

《複数形で》販売[の仕事];売り上げ[高]

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

Edinburgh

エジンバラ(スコットランドの首都)

tartan

〈U〉タータン(スコットランド高地人の格子じまで織られた毛)

〈U〉タータンチェック(格子じま模様)

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

toaster

トースター

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

unbelievable

信どられない

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

tempting

誘惑する,人の心をそそるような;魅力的な(attractive)

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

retreat

(…から…へ)『退却する』,後退する《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…から…へ)去る,逃げる《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(…から…へ)『退却すること』,退散《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》退却の合図

〈C〉(…からの)隠退所,避難所《+『from』+『名』》

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

nihilistic

虚無的な,虚無主義の,ニヒルな

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

humility

謙そん,卑下;〈C〉《複数形で》謙虚な行為

abandon

〈車・船・家など〉'を'『捨て去る』,見捨てて去る(leave behind)

〈希望・計画など〉'を'『断念する』;〈習慣など〉'を'『やめる』

勝手気まま,放縦

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

ambiguous

(意味が)いろいろな意味にとれる,多義の

(正体などが)はっきりしない;(輪郭などが)ぼんやりとした,おぼろげな

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

clarify

…'を'明らかにする,理解しやすくする

〈液体・空気など〉'を'澄ませる,浄化する

〈思想・意味などが〉分かりやすくなる,明解になる

澄む,透明になる

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

selection

〈U〉《時にA~》『選ぶこと』,選抜,選出;(…から)選び出すこと《+『from』(『out of, among』)+『名』》

〈C〉(…から)『選び抜かれた人』(『物』);(…の)抜粋,選集《+『from』(『of』)+『名』》

〈C〉《単数形で》(商店などの)品揃え

〈U〉淘汰(とうた):natural selection自然淘汰

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

detergent

洗剤

factory

『工場』,製作所

Liverpool

リバプール(英国西部の港市)

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

nozzle

(ホース・ふいごなどの)筒先,吹き口,ノズル

spray

(花・葉・実をつけた)小枝;小枝形の装飾;小枝模様

powder

〈U〉〈C〉『粉』,粉末

〈U〉おしろい

〈U〉〈C〉粉薬

〈U〉火薬,爆薬(gunpowder)

〈U〉粉雪

…‘を'粉にする

(粉などを)…‘に'ふりかける《+『名』+『with』+『名』》

〈顔など〉‘に'おしろいをつける

粉になる

おしろいをつける

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

scoop

(小麦紛・砂糖・アイスクリームなどをすくう)ひしゃく,しゃくし,大さじ;(石炭などすくう)シャベル

(…を)1回すくう量(動作)《+『of』+『名』》

《話》(新聞の)特種(とくだね),スクープ

(…がら)…‘を'くむ,すくう《+『out』+(『up』)+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈穴など〉‘を'掘る,えぐる《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《話》〈他社〉‘を'特種で出し抜く

cardboard

厚紙,ボール紙

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

ascribe

《『ascribe』+『名』+『to』+『名』》〈物・事〉'を'(…の)せいにする,(…に)…‘が'基づいていると考える

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

mathematician

数学者

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

optimal

=optimum

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

geneticist

遺伝学者

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

chess

チェス,西洋将棋

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

brilliantly

きらきらと;鮮やかに;みごとに

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

salient

目立った,顕著な(prominent)

《文》突き出した(projecting)

凸角;(線戦・要塞などの)突出部

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

perfection

『完全さ』,申し分のないこと

完全な人(もの),申し分のない人(もの)

(…を)完成すること,(…の)仕上げ《+『of』+『名』》

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

divergence

分岐;それること

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

bang on

すごい;その通り

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

obviously

明らかに,明白に

experimentation

実験,実験演習

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

okay

=OK,O.K.

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

lazy

(人動物が)『怠惰な』,無精な,物ぐさな

(物事が)(人の)怠惰を誘う,けだるい,ものうげな

動きがのろい

《名詞的に;the lazy》怠け者[たち]

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

probably

『たぶん』,『おそらく』

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

voter

投票者;有権者

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

applause

『拍手かっさい』;称賛

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

fallibility

誤りやすさ

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

heart attack

心臓発作,心臓まひ

cardiac

心臓の

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

hospital

『病院』

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

spade

『すき』踏みぐわ(シャベルを違って金属部分が平ら)

〈土など〉‘を'すきで掘る

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

permission

『許可』,承諾

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

preliminary

『準備する』,『予備の』;前置きの

《通例複数形で》準備の処置,予備行動,下準備

予備試験;前座試合;予選

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

uproar

大騒ぎ,騒動;騒音

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

hubbub

(群集などの)がやがや,わいわい

騒動(uproar)

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

swap

《単数形で》(物と物の)交換,取り換え;交換物

(と)…‘を'交換する《+名+for+名》

交換する

column

(柱頭・台座のついた)『円柱』

(…の)『円柱状の物』,柱《+『of』+『名』》

(新聞などの)『欄』,段;(積み重ねた数字の)縦行;(印刷の)縦段

コラム(署名した筆者による定期的寄稿欄)

(軍隊の)縦隊;(艦船・飛行機などの)縦列

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

pretend

…‘の'『ふりをする』,‘に'見せかける

《話》《『pretend』『to』do》…すると言い張る,主張する

(遊びで)…‘の'まねごとをする

『見せかける』,『取り繕う』,まねごとをする

(知識・才能などがあると)自負する,自任する《+『to』+『名』》

(王位などの権利があると)主張する《+『to』+『名』》

おもちゃの,空想上の

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

haunt

…‘に'『しばしば行く』

《しばしば受動態で》(幽霊などが)…‘に'出没する

《通例受動態で》〈考え・思い出などが〉〈人・人の心〉‘に'『付きまとう』

人がよく行く場所,人の集まる所

shortly

『まもなく』(in a short time),すぐに(soon)

『手短に』,簡潔に(briefly)

無愛相に,そっけなく

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

conjecture

〈U〉推測すること,憶測

〈C〉(…についての)推論,推量した意見《+『on』+『名』》;(…という)推論《+『that節』》

(…について)推測する,推量する《+『about』+『名』(『wh-節』)》

…'を'推測する,推量する

instrumental

役立つ;(…をするのに)役立つ《+『in』 do『ing』》

楽器の,器楽の

decade

『10年間』

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

theorem

定理

(一般に)自明の原理,定理

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

emulate

…‘と'張り合う,‘に'負けまいとする

…‘を'手本とする,見習う

関連動画