TED日本語 - イアン・リッチー: ワールド・ワイド・ウェブの創始者を断った日

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

想像してみて下さい。1990年代後半、ティム・バーナーズ=リーと名乗る若者がいきなりやって来て、自作のワールド・ワイド・ウェブというシステムを提案してきます。イアン・リッチーはその場にいました。しかし、彼は買いませんでした。これは情報・ネットワーク、そして失敗から学ぶことについての一口話です。

Script

誰もが知っているように ワールドワイドウェブ(WWW)が出版・報道・広告・社会参画のあり方を 完全に変えました しかし始まりはどこでしょうか? V.ブッシュ・D.エンゲルバート ・T.バーナーズ=リーの3人を紹介します ザッと見て行きましょう

彼はヴァネヴァー・ブッシュ 戦争中に米政府の主席科学顧問を務めていました 1945年に彼は雑誌の 月刊アトランティックで記事を発表しました 記事名は「われわれが思考するごとく」です 私たちの情報処理システムが 機能していないとブッシュは主張しました 図書館やカタログなどのシステムだと 私たちの脳は上手く働きません 脳は連想をして動くのです 考え事が1つあると 即座に2つ目を呼び起こします 当時の情報処理システムでは 脳のプロセスに完全には追いつけなかったのです

だから彼はある機械を提唱し メメックスと名づけました メメックスは一切れの情報に 関連データなどをリンクさせます これは1945年の話です コンピュータは当時 シークレット・サービスの暗号解読用だったので 全く知られていませんでした つまりコンピュータの発明前に 彼はメメックスを提唱しました 複数の情報を繋げるプラットフォームがあったので 自在に情報を呼び出せたのです

話を進めます 空軍将校ダグ・エンゲルバートも この記事を読んだ1人です 彼は極東の図書館で記事を読んでいました 記事に刺激されて 彼の人生が 方向づけられたかのようでした 1960年中頃までに スタンフォード研究所勤務中に 彼は実行に移すことができたのです 彼はシステムを立ち上げました 人知を高めるためのシステムと言われています oN-Line System略してNLSという 彼のシステムはクラウドや ソフトウェアに溢れた 現代世界の予兆となりました

彼はダグ・エンゲルハート 1968年の秋季共同コンピュータ協議会で プレゼンテーションをしました ご覧のように彼はステージに座り このシステムを紹介しました こんなヘッドマイクを持って 彼はシステムを動かします 見ての通り 文章や図などを 扱っています 全部の動作を このシステム用に作った プラットフォームと 5本指キーボードと 世界初のマウスで操っています マウスの誕生でもあったのです

以上がエンゲルバートの話です このシステムの問題点は 当時のコンピュータが数百万ポンドもしたことです コンピュータを買うことは ジェット機を買うようなもので 全く実用的でなかったのです

1980年代に入って 個人用コンピュータが登場すると このシステムの需要が出ました 私の会社OWLは GuideというシステムをMac用に開発しました 世界初のハイパーテキスト・システムを送り込んだのです これがきっかけで勢いづきました Appleがハイパーカードを発表して ちょっとした騒ぎになりました 発売日の新聞に12ページの小冊子が付きました 雑誌も取り上げ始めました ByteマガジンやACMの学会誌が 特別号を出したのです 私たちはMac版に加えて PC版の製品も開発しました このPC版がかなり進化したのです

1980年代後半にはこのシステムによって 通信を利用した文書送信が可能になりました html型マークアップ言語の システムを開発しました hmlと呼んでいます(hyoertext markup languageの略) このシステムを使うと コンピュータ・ネットワーク上の膨大な文書処理が可能になります

1990年11月後半 パリ近郊のヴェルサイユで 開かれた見本市にこれを出展すると ティム・バーナーズ=リーという男が来て 「リッチーさんですか? 話があります」と言ってきました 彼はWorld Wide Webという名前のシステムを提案したのです 気取った名前だなと私は思いました というのも システム全体が彼のコンピュータ上で動いたからです しかし彼はいつかWorld Wide Webが世界を支配すると 信じ切っていました そして私に ブラウザを書くよう言ってきました 彼のシステムには図やフォントなど何もなく 平坦な文字だけだったのです 興味深かったですが 欧州原子核研究機構の男が こんな事なんてしないと思って 私たちは断りました

数年間はハイパーテキスト委員会も 彼を評価しませんでした 1992年のハイパーテキスト協議会で 彼の論文は拒否されました そして1993年 シアトルで協議会があり マーク・アンドリーセンという男が 自作のWorld Wide Web用の小さなブラウザを紹介しました それを見て「あれだ」と思いました 翌年の1994年のエジンバラの協議会で ティム・バーナーズ=リーを基調講演者として迎えるのに異議は無かったです

おかげで私の会社はかなり有名になりました デッカレコードのディック・ロウは ビートルズを採用しませんでした IBMがPCのOSを求めてきた時 ゲイリー・キルドールは 自家用機で飛行中のため その場に居合わすことができず IBMはビル・ゲイツの元に行きました そして12社の出版会社が ハリー・ポッターの出版を断ったようです

一方 マーク・アンドリーセンは 世界初のWorld Wide Web用のブラウザを書きました フォーチュン誌によれば 彼の資産は700万ドルです しかし彼は幸せなんですかね?

(笑)

(拍手)

Well we all know the World Wide Web has absolutely transformed publishing, broadcasting, commerce and social connectivity, but where did it all come from? And I'll quote three people: Vannevar Bush, Doug Engelbart and Tim Berners-Lee. So let's just run through these guys.

This is Vannevar Bush. Vannevar Bush was the U.S. government's chief scientific adviser during the war. And in 1945, he published an article in a magazine called Atlantic Monthly. And the article was called "As We May Think." And what Vannevar Bush was saying was the way we use information is broken. We don't work in terms of libraries and catalog systems and so forth. The brain works by association. With one item in its thought, it snaps instantly to the next item. And the way information is structured is totally incapable of keeping up with this process.

And so he suggested a machine, and he called it the memex. And the memex would link information,one piece of information to a related piece of information and so forth. Now this was in 1945. A computer in those days was something the secret services used to use for code breaking. And nobody knew anything about it. So this was before the computer was invented. And he proposed this machine called the memex. And he had a platform where you linked information to other information, and then you could call it up at will.

So spinning forward,one of the guys who read this article was a guy called Doug Engelbart, and he was a U.S. Air Force officer. And he was reading it in their library in the Far East. And he was so inspired by this article, it kind of directed the rest of his life. And by the mid-60s, he was able to put this into action when he worked at the Stanford Research Lab in California. He built a system. The system was designed to augment human intelligence, it was called. And in a premonition of today's world of cloud computing and softwares of service, his system was called NLS for oN-Line System.

And this is Doug Engelbart. He was giving a presentation at the Fall Joint Computer Conference in 1968. What he showed -- he sat on a stage like this, and he demonstrated this system. He had his head mic like I've got. And he works this system. And you can see, he's working between documents and graphics and so forth. And he's driving it all with this platform here, with a five-finger keyboard and the world's first computer mouse, which he specially designed in order to do this system. So this is where the mouse came from as well.

So this is Doug Engelbart. The trouble with Doug Engelbart's system was that the computers in those days cost several million pounds. So for a personal computer, a few million pounds was like having a personal jet plane; it wasn't really very practical.

But spin on to the 80s when personal computers did arrive, then there was room for this kind of system on personal computers. And my company, OWL built a system called Guide for the Apple Macintosh. And we delivered the world's first hypertext system. And this began to get a head of steam. Apple introduced a thing called HyperCard, and they made a bit of a fuss about it. They had a 12-page supplement in the Wall Street Journal the day it launched. The magazines started to cover it. Byte magazine and Communications at the ACM had special issues covering hypertext. We developed a PC version of this product as well as the Macintosh version. And our PC version became quite mature.

These are some examples of this system in action in the late 80s. You were able to deliver documents, were able to do it over networks. We developed a system such that it had a markup language based on html. We called it hml: hypertext markup language. And the system was capable of doing very, very large documentation systems over computer networks.

So I took this system to a trade show in Versailles near Paris in late November 1990. And I was approached by a nice young man called Tim Berners-Lee who said, "Are you Ian Ritchie?" and I said, "Yeah." And he said, "I need to talk to you." And he told me about his proposed system called the World Wide Web. And I thought, well, that's got a pretentious name, especially since the whole system ran on his computer in his office. But he was completely convinced that his World Wide Web would take over the world one day. And he tried to persuade me to write the browser for it, because his system didn't have any graphics or fonts or layout or anything; it was just plain text. I thought, well, you know, interesting, but a guy from CERN, he's not going to do this. So we didn't do it.

In the next couple of years, the hypertext community didn't recognize him either. In 1992, his paper was rejected for the Hypertext Conference. In 1993, there was a table at the conference in Seattle, and a guy called Marc Andreessen was demonstrating his little browser for the World Wide Web. And I saw it, and I thought, yep, that's it. And the very next year, in 1994, we had the conference here in Edinburgh, and I had no opposition in having Tim Berners-Lee as the keynote speaker.

So that puts me in pretty illustrious company. There was a guy called Dick Rowe who was at Decca Records and turned down The Beatles. There was a guy called Gary Kildall who went flying his plane when IBM came looking for an operating system for the IBM PC, and he wasn't there, so they went back to see Bill Gates. And the 12 publishers who turned down J.K. Rowling's Harry Potter, I guess.

On the other hand, there's Marc Andreessen who wrote the world's first browser for the World Wide Web. And according to Fortune magazine, he's worth 700 million dollars. But is he happy?

(Laughter)

(Applause)

Well/ we/ all know/ the World Wide Web has absolutely transformed publishing,/ broadcasting,/ commerce and social connectivity,/ but where did it all come from?//

誰もが知っているように ワールドワイドウェブ(WWW)が出版・報道・広告・社会参画のあり方を 完全に変えました しかし始まりはどこでしょうか?

And I'll quote three people:/ Vannevar Bush,/ Doug Engelbart and Tim Berners-Lee.//

V.ブッシュ・D.エンゲルバート ・T.バーナーズ=リーの3人を紹介します

So let's just run through these guys.//

ザッと見て行きましょう

This is Vannevar Bush.//

彼はヴァネヴァー・ブッシュ

Vannevar Bush was the U.S. government's chief scientific adviser/ during the war.//

戦争中に米政府の主席科学顧問を務めていました

And in 1945,/ he published an article/ in a magazine called Atlantic Monthly.//

1945年に彼は雑誌の 月刊アトランティックで記事を発表しました

And the article was called "As We May Think."//

記事名は「われわれが思考するごとく」です

And what Vannevar Bush was saying was the way/ we use information is broken.//

私たちの情報処理システムが 機能していないとブッシュは主張しました

We don't work in terms of libraries/ and catalog systems/ and so forth.//

図書館やカタログなどのシステムだと 私たちの脳は上手く働きません

The brain works by association.//

脳は連想をして動くのです

With one item/ in its thought,/ it snaps instantly/ to the next item.//

考え事が1つあると 即座に2つ目を呼び起こします

And the way information is structured is totally incapable of keeping up/ with this process.//

当時の情報処理システムでは 脳のプロセスに完全には追いつけなかったのです

And/ so he suggested a machine,/ and he called it/ the memex.//

だから彼はある機械を提唱し メメックスと名づけました

And the memex would link information,/one piece of information/ to a related piece of information/ and so forth.//

メメックスは一切れの情報に 関連データなどをリンクさせます

Now/ this was in 1945.//

これは1945年の話です

A computer/ in those days was something/ the secret services used to use for code breaking.//

コンピュータは当時 シークレット・サービスの暗号解読用だったので

And nobody knew anything/ about it.//

全く知られていませんでした

So this was before the computer was invented.//

つまりコンピュータの発明前に

And he proposed/ this machine called the memex.//

彼はメメックスを提唱しました

And he had a platform/ where you linked information/ to other information,/ and then/ you could call it up/ at will.//

複数の情報を繋げるプラットフォームがあったので 自在に情報を呼び出せたのです

So spinning forward,/one of the guys/ who read/ this article was a guy called Doug Engelbart,/ and he was a U.S.// Air Force officer.//

話を進めます 空軍将校ダグ・エンゲルバートも この記事を読んだ1人です

And he was reading it/ in their library/ in the Far East.//

彼は極東の図書館で記事を読んでいました

And he was so inspired by this article,/ it kind/ of directed the rest of his life.//

記事に刺激されて 彼の人生が 方向づけられたかのようでした

And/ by the mid-60s,/ he was able to put this/ into action/ when he worked at the Stanford Research Lab/ in California.//

1960年中頃までに スタンフォード研究所勤務中に 彼は実行に移すことができたのです

He built a system.//

彼はシステムを立ち上げました

The system was designed to augment human intelligence,/ it was called.//

人知を高めるためのシステムと言われています

And in a premonition of today's world of cloud computing and softwares of service,/ his system was called NLS/ for oN-Line/ System.//

oN-Line System略してNLSという 彼のシステムはクラウドや ソフトウェアに溢れた 現代世界の予兆となりました

And this is Doug Engelbart.//

彼はダグ・エンゲルハート

He was giving a presentation/ at the Fall Joint Computer Conference/ in 1968.//

1968年の秋季共同コンピュータ協議会で プレゼンテーションをしました

What he showed --/ he sat on a stage/ like this,/ and he demonstrated this system.//

ご覧のように彼はステージに座り このシステムを紹介しました

He had his head mic/ like I've got.//

こんなヘッドマイクを持って

And he works this system.//

彼はシステムを動かします

And you can see,/ he's working between documents and graphics/ and so forth.//

見ての通り 文章や図などを 扱っています

And he's driving it/ all/ with this platform here,/ with a five-finger keyboard and the world's first computer mouse,/ which he specially designed/ in order to do this system.//

全部の動作を このシステム用に作った プラットフォームと 5本指キーボードと 世界初のマウスで操っています

So this is/ where the mouse came from as well.//

マウスの誕生でもあったのです

So this is Doug Engelbart.//

以上がエンゲルバートの話です

The trouble/ with Doug Engelbart's system was/ that the computers/ in those days cost several million pounds.//

このシステムの問題点は 当時のコンピュータが数百万ポンドもしたことです

So/ for a personal computer,/ a few million pounds was like having a personal jet plane;/ it wasn't really very practical.//

コンピュータを買うことは ジェット機を買うようなもので 全く実用的でなかったのです

But spin/ on to the 80s/ when personal computers did arrive,/ then/ there was room/ for this kind of system/ on personal computers.//

1980年代に入って 個人用コンピュータが登場すると このシステムの需要が出ました

And my company,/ OWL built/ a system called Guide/ for the Apple Macintosh.//

私の会社OWLは GuideというシステムをMac用に開発しました

And we delivered the world's first hypertext system.//

世界初のハイパーテキスト・システムを送り込んだのです

And this began to get/ a head of steam.//

これがきっかけで勢いづきました

Apple introduced/ a thing called HyperCard,/ and they made a bit of a fuss/ about it.//

Appleがハイパーカードを発表して ちょっとした騒ぎになりました

They had a 12-page supplement/ in the Wall Street Journal/ the day/ it launched.//

発売日の新聞に12ページの小冊子が付きました

The magazines started to cover/ it.//

雑誌も取り上げ始めました

Byte magazine and Communications/ at the ACM had special issues/ covering hypertext.//

ByteマガジンやACMの学会誌が 特別号を出したのです

We developed a PC version of this product/ as well as/ the Macintosh version.//

私たちはMac版に加えて PC版の製品も開発しました

And our PC version became quite mature.//

このPC版がかなり進化したのです

These are some examples of this system/ in action/ in the late 80s.//

1980年代後半にはこのシステムによって

You were able to deliver documents,/ were able to do it/ over networks.//

通信を利用した文書送信が可能になりました

We developed a system/ such/ that it had a markup language based on html.//

html型マークアップ言語の システムを開発しました

We called it/ hml:/ hypertext markup language.//

hmlと呼んでいます(hyoertext markup languageの略)

And the system was capable of doing very,/ very large documentation systems/ over computer networks.//

このシステムを使うと コンピュータ・ネットワーク上の膨大な文書処理が可能になります

So I took this system/ to a trade show/ in Versailles/ near Paris/ in late November 1990.//

1990年11月後半 パリ近郊のヴェルサイユで 開かれた見本市にこれを出展すると

And I was approached by a nice young man called Tim Berners-Lee/ who said,/ "Are you Ian Ritchie?"// and I said,/ "Yeah."//

ティム・バーナーズ=リーという男が来て 「リッチーさんですか?

And he said,/ "I need to talk to you."//

話があります」と言ってきました

And he told me/ about his proposed system called the World Wide Web.//

彼はWorld Wide Webという名前のシステムを提案したのです

And I thought,/ well,/ that's got a pretentious name,/ especially/ since the whole system ran on his computer/ in his office.//

気取った名前だなと私は思いました というのも システム全体が彼のコンピュータ上で動いたからです

But he was completely convinced/ that his World Wide Web would take over/ the world/ one day.//

しかし彼はいつかWorld Wide Webが世界を支配すると 信じ切っていました そして私に

And he tried to persuade/ me/ to write the browser/ for it,/ because his system didn't have any graphics or fonts or layout or anything;/ it was just plain text.//

ブラウザを書くよう言ってきました 彼のシステムには図やフォントなど何もなく 平坦な文字だけだったのです

I thought,/ well,/ you know,/ interesting,/ but a guy/ from CERN,/ he's not going to do this.//

興味深かったですが 欧州原子核研究機構の男が こんな事なんてしないと思って

So/ we didn't do it.//

私たちは断りました

In the next couple of years,/ the hypertext community didn't recognize him either.//

数年間はハイパーテキスト委員会も 彼を評価しませんでした

In 1992,/ his paper was rejected for the Hypertext Conference.//

1992年のハイパーテキスト協議会で

In 1993,/ there was a table/ at the conference/ in Seattle,/ and a guy called/ Marc Andreessen was demonstrating his little browser/ for the World Wide Web.//

彼の論文は拒否されました そして1993年 シアトルで協議会があり マーク・アンドリーセンという男が 自作のWorld Wide Web用の小さなブラウザを紹介しました

And I saw it,/ and I thought,/ yep,/ that's it.//

それを見て「あれだ」と思いました

And the very next year,/ in 1994,/ we had the conference here/ in Edinburgh,/ and I had no opposition/ in having Tim Berners-Lee/ as the keynote speaker.//

翌年の1994年のエジンバラの協議会で ティム・バーナーズ=リーを基調講演者として迎えるのに異議は無かったです

So/ that puts me/ in pretty illustrious company.//

おかげで私の会社はかなり有名になりました

There was a guy called Dick Rowe/ who was at Decca Records/ and turned down/ The Beatles.//

デッカレコードのディック・ロウは ビートルズを採用しませんでした

There was a guy called Gary Kildall/ who went flying/ his plane/ when IBM came looking/ for an operating system/ for the IBM PC,/ and he wasn't there,/ so they went back/ to see Bill Gates.//

IBMがPCのOSを求めてきた時 ゲイリー・キルドールは 自家用機で飛行中のため その場に居合わすことができず IBMはビル・ゲイツの元に行きました

And the 12 publishers/ who turned down/ J.K.// Rowling's Harry Potter,/ I guess.//

そして12社の出版会社が ハリー・ポッターの出版を断ったようです

On the other hand,/ there's Marc Andreessen/ who wrote the world's first browser/ for the World Wide Web.//

一方 マーク・アンドリーセンは 世界初のWorld Wide Web用のブラウザを書きました

フォーチュン誌によれば 彼の資産は700万ドルです

But is he happy?//

しかし彼は幸せなんですかね?

(笑)

(拍手)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

publishing

出版業

broadcasting

(ラジオ・テレビの)放送

commerce

(…との)『商業』,通商,貿易(trade)《+『with』+『名』》

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

Atlantic

『大西洋の』

《the ~》『大西洋』

monthly

『月1回の』,毎月の,月ぎめの

1か月間の,1か月続く

『月1回』,毎月

月刊雑誌

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

association

〈U〉(…との)『交際』,付き合い《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,『共同』,関連《+『with』+『名』》

〈C〉組合,協会,会社

〈U〉連想;〈C〉《しばしば複数形で》連想されるもの

item

『項目』;『種目』,品目;箇条

『新聞記事』;(新聞記事の)一節

(項目を数え上げるとき)一つ(…);さらにまた,同様に

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

totally

全く,完全に

incapable

『無能な』;役に立たない

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

computer

『計算機』;『電子計算機』

secret service

《the S- S-》《米》財務省[秘密]検察局(大統領の護衛と紙幣為造者の摘発をする)

《the~》(政府の)秘密情報部(機関)

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

air force

〈U〉〈C〉空軍

《A-F-》米国空軍,英国空軍(正式にはthe United States Air Force, the Royal Air Forceという)

officer

『公務員』,役人(会社などの)役員,幹部

『将校』,士官

(商船の)高級船員;船長(master)

警官,巡査(policeman)

Far East

極東(中国,日本など)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

premonition

(特によくない)(…の)予感《+『of』+『名』》,(…という)前兆《+『that節』》

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

specially

(比較変化なし)『特に』,わざわざ

(普通ではなく)特別に

並みはずれて,きわだって

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

jet plane

ジェット機

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

owl

『フクロウ』

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

apple

『リンゴ』;リンゴの木

macintosh

=mackintosh

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

steam

『蒸気』,湯気,水蒸気

蒸気の力

《話》力,精,力,元気

…‘を'蒸気にさらす,蒸す

『[水]蒸気を出す』,湯気をたてる《+『away』》

《副詞[句]を伴って》蒸気で動く

《話》怒る,いきまく

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

fuss

(つまらないことに)『騒ぎたてること』,やきもきすること《+『about』(『over』)+『名』》

(ささいなことについての)『言い合い』,言い争い《+『about』+『名』(『wh-節』)》

ぶつぶつ文句を言うこと

(しなくてもいいのに)(…を)騒ぎ立てる,(…に)やきもきする《+『about』(『over』)+『名』》

(ささいなことで)(人と)言い争う《+『with』+『名』》

…‘に'気をもませる

supplement

『補足』,追加

『増補』,補遺,(雑誌などの)付録

(…で)…‘を'補う《+名+with(by)+名(doing)》;…に増補(補遺,付録)をつける

Wall Street

ウォール街(New York 市にある米国金融の中心地)

米国金融界(市場)

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

byte

バイト(コンピューターの情報伝達の単位で,8ビット(bit)からなる)

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

markup

(商品の)値上げ・利幅

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

documentation

文書調べ,文書による証拠固め

資料,証拠書類

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

Versailles

ベルサイユ(フランス北部の都市,ルイ14世の宮殿がある)

November

11月(《略》Nov.)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

yeah

=yes

pretentious

うぬぼれた,思い上がった

見えをはる,ぎょうぎょうしい

especially

『特に』,特別に;きわだって

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

completely

『完全に』,全く,十分に

convince

〈人〉'を'『納得させる』

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

font

(教会で洗礼用の水を入れる)洗礼盤

《詩・文》泉(fountain);源泉(source)

layout

(都市や建造物などの)設計《+『of』+『名』》

(書籍・新聞の)割り付け,レイアウト《+『of』+『名』》

plain

『はっきり見える』(『聞こえる』)

『はっきり理解できる』,明白な

全くの(sheer)

混ぜ物のない,生(き)のままの;飾りのない;無地の

ありのままの

『質素な』,飾り(模様)のない

(食べ物が)淡白な

平凡な,並みの,普通の;素朴な

『平原』,平野;《the Great Plains》(北米の)大平原地帯

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

Seattle

シアトル(米国Washington州の港市)

marc

マーク(ぶどうやりんごのしぼりかすで作ったブランデー)

yep

うん(yes)

Edinburgh

エジンバラ(スコットランドの首都)

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

keynote

主音(音階の第1音)

(政策・演説などの)基調,主旨

(話・文章で)…‘を'強調する

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

illustrious

有名な,著名な

(行為・業績などが)輝かしい

dick

《米俗》デカ,刑事

《卑》陰茎

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

publisher

(書籍などの)出版業者,出版社;《米》新聞発行者

harry

…‘を'繰り返し攻撃する

(…のことで)〈人〉‘を'苦しめる,悩ます《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

potter

=putter

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画