TED日本語 - アンジャリ・クマール: 失敗に終わった神の探求 ― その代わり見つけたこと

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アンジャリ・クマール: 失敗に終わった神の探求 ― その代わり見つけたこと

TED Talks

失敗に終わった神の探求 ― その代わり見つけたこと
My failed mission to find God -- and what I found instead
アンジャリ・クマール
Anjali Kumar

内容

アンジャリ・クマールは、神を探すつもりで始めた探求で、予期せぬ全く違う発見をしました。人類共通の人間性を語る希望とユーモアいっぱいのトークの中で、彼女が出会ったニューヨークの魔女、ペルーの祈祷師や、ブラジルの悪名高き信仰治療者等を紹介しながら、私達をスピリチャルな巡礼の旅に連れて行き、ある重要な教訓も共有します。私たちを結びつける力は、分断する力よりもはるかに強いこと、そして私たちの間にある違いは克服不能なものではないという教訓です。

Script

A few years ago, I set out on a mission to find God. Now, I'm going to tell you right up front that I failed, which, as a lawyer, is a really hard thing for me to admit. But on that failed journey, a lot of what I found was enlightening. And one thing in particular gave me a lot of hope. It has to do with the magnitude and significance of our differences.

So, I was raised in America by Indian parents -- culturally Hindu, but practicing a strict and relatively unknown religion outside of India called Jainism. To give you an idea of just how minority that makes me: people from India represent roughly one percent of the US population; Hindus, about 0.7 percent; Jains, at most .00046 percent. To put that in context: more people visit the Vermont Teddy Bear Factory each year than are followers of the Jain religion in America. To add to my minority mix, my parents then decided, "What a great idea! Let's send her to Catholic school" --

(Laughter)

where my sister and I were the only non-white, non-Catholic students in the entire school.

At the Infant Jesus of Prague School in Flossmoor, Illinois -- yes, that's really what it was called -- we were taught to believe that there is a single Supreme Being who is responsible for everything, the whole shebang, from the creation of the Universe to moral shepherding to eternal life. But at home, I was being taught something entirely different. Followers of the Jain religion don't believe in a single Supreme Being or even a team of Supreme Beings. Instead, we're taught that God manifests as the perfection of each of us as individuals, and that we're actually spending our entire lives striving to remove the bad karmas that stand in the way of us becoming our own godlike, perfect selves. On top of that,one of the core principles of Jainism is something called "non-absolutism." Non-absolutists believe that no single person can hold ownership or knowledge of absolute truth, even when it comes to religious beliefs. Good luck testing that concept out on the priests and nuns in your Catholic school.

(Laughter)

No wonder I was confused and hyperaware of how different I was from my peers. Cut to 20-something years later, and I found myself to be a highly spiritual person, but I was floundering. I was spiritually homeless. I came to learn that I was a "None," which isn't an acronym or a clever play on words, nor is it one of these. It's simply the painfully uninspired name given to everyone who checks off the box "none" when Pew Research asks them about their religious affiliation.

(Laughter)

Now, a couple of interesting things about Nones are: there are a lot of us, and we skew young. In 2014, there were over 56 million religiously unaffiliated Nones in the United States. And Nones account for over one-third of adults between the ages of 18 to 33. But the most interesting thing to me about Nones is that we're often spiritual. In fact,68 percent of us believe, with some degree of certainty, that there is a God. We're just not sure who it is.

(Laughter)

So the first takeaway for me when I realized I was a None and had found that information out was that I wasn't alone. I was finally part of a group in America that had a lot of members, which felt really reassuring. But then the second, not-so-reassuring takeaway was that, oh, man, there are a lot of us. That can't be good, because if a lot of highly spiritual people are currently godless, maybe finding God is not going to be as easy as I had originally hoped.

So that is when I decided that on my spiritual journey, I was going to avoid the obvious places and skip the big-box religions altogether and instead venture out into the spiritual fringe of mediums and faith healers and godmen. But remember, I'm a non-absolutist, which means I was pretty inclined to keep a fairly open mind, which turned out to be a good thing, because I went to a witch's potluck dinner at the LGBT Center in New York City, where I befriended two witches; drank a five-gallon jerrican full of volcanic water with a shaman in Peru; got a hug from a saint in the convention center -- she smelled really nice --

(Laughter)

chanted for hours in a smoke-filled, heat-infused sweat lodge on the beaches of Mexico; worked with a tequila-drinking medium to convene with the dead, who oddly included both my deceased mother-in-law and the deceased manager of the hip-hop group The Roots.

(Laughter)

Yeah, my mother-in-law told me she was really happy her son had chosen me for his wife. Duh! But --

(Laughter)

Yeah. But the manager of The Roots said that maybe I should cut back on all the pasta I was eating. I think we can all agree that it was lucky for my husband that it wasn't his dead mother who suggested I lay off carbs.

(Laughter)

I also joined a laughing yoga group out of South Africa; witnessed a woman have a 45-minute orgasm -- I am not making this up -- as she tapped into the energy of the universe -- I think I'm going to go back there --

(Laughter)

called God from a phone booth in the Nevada desert at Burning Man, wearing a unitard and ski goggles; and I had an old Indian guy lie on top of me, and no, he wasn't my husband. This was a perfect stranger named Paramji, and he was chanting into my chakras as he tapped into the energy forces of the Universe to heal my "yoni," which is a Sanskrit word for "vagina."

(Laughter)

I was going to have a slide here, but a few people suggested that a slide of my yoni at TED -- even TEDWomen -- not the best idea.

(Laughter)

Very early in my quest, I also went to see the Brazilian faith healer John of God at his compound down in Brazil. Now, John of God is considered a full-trance medium, which basically means he can talk to dead people. But in his case, he claims to channel a very specific group of dead saints and doctors in order to heal whatever's wrong with you. And although John of God does not have a medical degree or even a high school diploma, he actually performs surgery -- the real kind, with a scalpel, but no anesthesia. Yeah, I don't know. He also offers invisible surgery, where there is no cutting, and surrogate surgery, where he supposedly can treat somebody who is thousands of miles away by performing a procedure on a loved one.

Now, when you go to visit John of God, there are all kinds of rules and regulations. It's a whole complicated thing, but the bottom line is that you can visit John of God and present him with three things that you would like fixed, and he will set the dead saints and doctors to work on your behalf to get the job done.

(Laughter)

Now, before you snicker, consider that, at least according to his website, over eight million people -- including Oprah, the Goddess of Daytime TV -- have gone to see John of God, and I was pre-wired to keep an open mind. But to be honest, the whole thing for me was kind of weird and inconclusive, and in the end, I flew home, even more confused than I already started out. But that doesn't mean I came home empty-handed.

In the weeks leading up to my trip to Brazil, I mentioned my upcoming plans to some friends and to a couple of colleagues at Google, where I was a lawyer at the time. And I might have mentioned it to a couple more people because I'm chatty, including my neighbor, the guy who works at the local coffee shop I go to each morning, the checkout lady at Whole Foods and a stranger who sat next to me on the subway. I told each of them where I was going and why, and I offered to carry three wishes of theirs down to Brazil, explaining that anyone going to see John of God could act as a proxy for others and save them the trip. And to my surprise, my in-box overflowed. Friends told friends who told friends, and those friends apparently told more friends, other strangers and the guys at their coffee shops, until it seemed that days before I left for Brazil that there was no one who did not have my email address. And at the time, all I could conclude was that I had offered too much to too many. But when I actually reread those messages a few years later, I noticed something completely different. Those emails actually shared three commonalities, the first of which was rather curious.

Almost everyone sent me meticulous details about how they could be reached. I had told them, or their friends had told them, that along with the list of the three things they wanted fixed, I needed their photo, their name and their date of birth. But they gave me full addresses, with, like, apartment numbers and zip codes, as if John of God was going to stop by their house and see them in person or send along a package. It was as if, in the highly unlikely event that their wishes were granted by John of God, they just wanted to make sure that they weren't delivered to the wrong person or the wrong address. Even if they didn't believe, they were hedging their bets.

The second commonality was just as curious, but far more humbling. Virtually everyone -- the stranger on the subway, the guy at the coffee shop, the lawyer down the hall, the Jew, the atheist, the Muslim, the devout Catholic -- all asked for essentially the same three things. OK, there were a couple of outliers, and yes, a few people asked for cash. But when I eliminated what were ultimately a handful of anomalies, the similarities were staggering. Almost every single person first asked for good health for themselves and their families. Almost universally, they next asked for happiness and then love, in that order: health, happiness, love. Sometimes they asked for a specific health issue to be fixed, but more often than not, they just asked for good health in general.

When it came to happiness, they each phrased it slightly differently, but they all asked for the same specific subtype of happiness, too -- the kind of happiness that sinks in and sets down roots in your soul; the kind of happiness that could sustain us, even if we were to lose absolutely everything else.

And for love, they all asked for the kind of romantic love, the soul mate that we read about in epic romantic novels, the kind of love that will stay with us till the end of our days.

Sorry, that's my husband.

Crap! Now I forgot my place.

(Laughter)

(Applause)

So by and large, all of these friends and strangers, regardless of their background, race or religion, all asked for the same things, and they were the same things that I really wanted, the simplified version of the basic human needs identified by social scientists like Abraham Maslow and Manfred Max-Neef. No one asked for answers to the big existential questions or for proof of God or the meaning of life like I had set out to find. They didn't even ask for an end to war or global hunger. Even when they could have asked for absolutely anything, they all asked for health, happiness and love.

So now those emails had a third commonality as well. Each of them ended in the exact same way. Instead of thanking me for carting their wishes all the way to Brazil, everyone said, "Please don't tell anyone." So I decided to tell everyone --

(Laughter)

right here on this stage, not because I'm untrustworthy, but because the fact that we have so much in common feels especially important for us all to hear, especially now, when so many of the world's problems seem to be because we keep focusing on the things that make us different, not on what binds us together.

And look -- I am the first to admit that I am not a statistician, and that the data I presented to you that I just accumulated in my in-box is more anecdotal than scientific, more qualitative than quantitative. It is, as anyone who works with data would tell you, hardly a statistically significant or demographically balanced sample. But nonetheless, I find myself thinking about those emails every time I reflect back on the bias and prejudice that I've faced in my life, or when there's another hate crime or a senseless tragedy that underscores the disheartening sense that our differences might be insurmountable. I then remind myself that I have evidence that the humbling, unifying commonality of our humanity is that, even when presented with the opportunity to ask for anything at all, most of us want the same things, and that this is true no matter who we are, what name we call our god, or which religion, if any, we call home.

I then also note that apparently some of us want these things so badly that we would email a None, a spiritually confused None like me -- some might say otherwise confused as well -- and that we would seek out this stranger and email her our deepest wishes, just in case there is the remote possibility that they might be granted by someone who is not a god, much less our god, someone who is not even a member of our chosen religion, someone who, when you look at him on paper, seems like an unlikely candidate to deliver.

And so now, when I reflect back on my spiritual quest, even though I did not find God, I found a home in this: even today, in a world fractured by religious, ethnic, political, philosophical, and racial divides, even with all of our obvious differences, at the end of the day, and the most fundamental level, we are all the same.

Thank you.

(Applause)

何年か前 私は神を探しに出かけました 最初から言いますが この使命は失敗に終わったと 弁護士の私が そう認めるのは 実に辛いことです ところが その失敗に終わった旅で その代わりに見つけた多くのことは 非常に啓発的でした 中でも特に ある一つのことが 私に多大な希望を与えました それは人間それぞれの違いの 大きさと重要性に関係しています

私はアメリカで インド人の両親の元で 育ちました ― 文化的にはヒンズーですが 宗教的には インドの外ではあまり 知られていない厳格な宗教の ジャイナ教を実践していました それだけでいかに私が 少数派であるかを説明すると インド人はアメリカの人口の 約1パーセントを占めてます ヒンズー教徒が0.7パーセント ジャイナ教徒は せいぜい 0.00046パーセントです 違う言い方をすると バーモント州のテディベア工場の 年間来場者数は アメリカのジャイナ教徒の数を 上回ります それだけでも少数派の私なのに 加えて両親はある決断をしました 「いいことを思いついた! カトリック系の学校に通わせよう」

(笑)

その学校では 私と姉だけが非白人系で 非カトリック教徒の生徒でした

イリノイ州フロスムーアのその学校 「Infant Jesus of Prague School」では ― そうなんです 本当にそういう名前の学校でした ― 私達は 唯一の神という教えを信じ 神は創られたもの全ての源 世の中の全てです 天地開闢から 道徳の導き 永遠の命まで ところが家に帰ると 全く違うことを教えられました ジャイナ教の信奉者は 唯一神を信じておらず 複数の神という考えすら受け入れません その代わりに教えられるのは 個人が完全になることで 神が表れるということです 信者は生涯をかけて 神のような完全な人間になるのを 妨害するような 悪のカルマを取り除く努力をします 更に ジャイナ教の思想の柱の一つが 「非絶対主義」と言われるものです 非絶対主義者らは 一人の人間が 絶対的な真理を得たり知ったりすることは できないと信じています たとえそれが信仰であっても カトリックの学校の神父様や尼僧に この概念を試すつもりなら 頑張ってくださいね

(笑)

私が混乱し いかに自分が周りと違うと感じても 無理ありません 場面は変わって 二十数年後 私は深いスピリチュアルな人間に なっていましたが もがいてもいました 精神面で「ホームレス」だったからです 私は「None(無し)」の部類に 属すことがわかったからです これは決して頭字語でも 器用な言葉のシャレでもなく 「Nun(尼僧)」のことでもありません それはただ単に ピュー研究所の意識調査で 宗教の項目で「無し」を チェックする人に与えられる 辛いほどつまらない名称です

(笑)

「無し」に属する人達に関して 興味深い点を挙げてみると 数では多数いること 若い人に偏っていること アメリカでは2014年の時点で 5600万人を超える人々が 宗教では無所属の「無し」でした 「無し」は 18歳から33歳の大人の 三分の一以上を占めています ところが私にとって 「無し」の人の一番興味深い点は スピリチュアルな人が多いこと 実は私達の68%が ある程度の確信を持って 神の存在を信じています ただ その神が誰なのかに 迷っているのです

(笑)

自分が「無し」に属すことに気付き それについて分かって 最初に感じたことは 私一人ではないということでした アメリカに存在する 多数のメンバーを誇るグループの 一員に やっとなれたことに 安堵を感じました ところが次に 少し不安を覚えました 私達が多数いるってことは いいはずはありません だって深いスピリチュアルな精神を持つ 私達が神を見出していないなら 神を見つけるのは 当初の予想より難しそうだからです

そこで私は 自分のスピリチュアルな旅を続ける上で ありふれたところは避けることを決め メジャーな宗教には一切目もくれず その代わり あえて スピリチュアルな世界の非主流に属する 霊媒師や 祈祷師や グルを探すことにしました ただ 思い出してください 私は絶対主義者ではないので 何にでも心を開いて接することができ それが良い結果につながりました ニューヨーク市の LGBTセンターで開催された 魔女の持ち寄りディナー集会に 出かけて行って 2人の魔女と友達になりました 20リットル容器に入った火山水を ペルーから来たシャーマンと 一緒に飲みました 会場で聖人に抱擁してもらいました ― 彼女は本当に良い匂いをしてました ―

(笑)

メキシコの海岸の 煙が充満した 高温の儀式小屋で 何時間も呪文を唱えました テキーラ飲みの霊媒師と一緒になって 霊を呼び出しましたが その体験で変だったのが 霊のなかには亡くなった姑と ヒップホップグループ「ザ・ルーツ」の 元マネージャーがいたこと

(笑)

そうなんです 姑は息子が私を嫁に選んだことを すごく幸せだったと言ってくれたの 当然でしょ! ところが ―

(笑)

そう ところが ザ・ルーツのマネージャーからは 食べ過ぎのパスタの量を 減らすべきだと忠告されました ここでみんな同意できるのは 夫がラッキーだったのは 炭水化物を控えるよう忠告したのが 彼の亡くなった母親ではなかったこと

(笑)

南アフリカから来た 笑いヨガグループにも参加し ある女性が45分間性的絶頂に いる状態も目にしました ― 作り話ではないの ― 彼女は宇宙のエネルギーを利用していたの ― もう一度行ってみようかしら ―

(笑)

ネバダ州の砂漠で バーニングマンのイベントの 公衆電話ボックスから レオタードを着てスキーゴーグルをかけて 神に電話をしたり インド人の老人に 私の上に寝てもらいました いいえ 夫ではありません 全く知らないパラムジという人で 私の身体の「チャクラ」に向けて唱えながら 宇宙のエネルギーの力を利用し 私の「yoni(ヨニ)」を癒したの 「yoni」とはサンスクリット語で 腟部のこと

(笑)

ここでスライドでお見せする つもりだったけど 何人かの人から忠告されたの TEDでは ― たとえTED Womenであっても 私の「yoni」のスライドは 決して適切とは言えないと

(笑)

探求を始めて間もなく ブラジル人の信仰治療師 ジョン・オブ・ゴッドを訪ねて ブラジルの彼の居留地にも行きました ジョン・オブ・ゴッドは フルトランス・ミディアムと言われます 要するに 死者と話せるのです ただ 彼は聖人と医師だけの特定の霊だけと チャネリングをすると主張し そうすることで どんな病いも 治せるそうです ジョン・オブ・ゴッドは 医学の学位を持っているわけでもなく ましては高校の卒業証書さえないのに 実際に手術を行います メスを使った正真正銘の手術ですが 麻酔は無しです そう やや疑問です 彼は身体を切らずにすむ 見えない手術や 代理手術もします 患者の愛しい人を代理として手術をし 何千キロも離れたところにいる患者を 治すことができるそうです

ジョン・オブ・ゴッドに会うには たくさんの規則と規定があります すごく複雑な手続きですが 結果的には ジョン・オブ・ゴッドに会って なおして欲しいことを3点提出すると 彼は聖人や医師の霊に あなたの願いが叶うよう働きかけて 務めをさせるのです

(笑)

呆れて笑う前に まずは検討してみてください 少なくとも彼のウェブサイトによると 彼の手で800万人以上の人が ― 昼間のテレビ番組の女神 オプラも含みます ― ジョン・オブ・ゴッドと会っているので 私も先入観にはとらわれませんでした ところが正直言って この体験は ちょっと変で結論には至りませんでした 最後にはそのまま飛行機に乗り 帰ってきてしまい 出発前よりも混乱していました だからと言って 何も得なかった わけではありません

ブラジルへ発つ数週間前から 私の探求の計画を数人の友人や 当時 弁護士として働いていた Google社の数人の同僚に 打ち明けていました もしかしたら 他の人にも 話していたかもわかりません 私はおしゃべりなので 近所の人や 毎朝立ち寄る コーヒーショップの店員や スーパーの「ホールフーズ」の レジ係のおばさんや 地下鉄で隣り合わせになった 見知らぬ人に 皆それぞれに私の行く先を伝え 行く目的も説明し 彼らの3つの願いも一緒に ブラジルに持っていくことを申し出ました ジョン・オブ・ゴッドに会いに行く人は 誰でも代理人になることが可能で 旅の手間を省くことができると 説明しました びっくりしたことに 受信箱にメールが溢れるように届きました 話が友達から その友達 更にその友達へと伝わり その友達らも もっと多くの友達や 知らない人や コーヒーショップの店員へ伝え 私がブラジルに発つ日までの間に 私のメールアドレスを知らない人は いないような状況になりました その時結論付けたことが あまりにも異常な数の人に 約束し過ぎたということだけ ところが数年経ってみて メールを読み直してみると 全く違うことに気付きました メールには3つの共通点がありました 最初の点はやや奇妙なことでした

ほとんどの人が連絡方法を 細かく指示してきたのです 私が彼らに伝えたこと また その友達が彼らに伝えたことは 3つの願いを書いたリストと共に 写真 名前と生年月日が必要だということ ところが細かい住所 それもアパート番号や 郵便番号まで送ってきました ジョン・オブ・ゴッドが 家に立ち寄って会ってくれるか 小包でも送ってくれるとでも 思ったかのようです ありそうもないことですが ジョン・オブ・ゴッドに願いを かなえてもらった場合を考え 間違った人や住所に 誤って届けられる可能性が ないようにしたかったようです 可能性がないことが わかっていても 万が一の失敗を防ぎたかったのです

2つ目の共通点も同じように 奇妙でしたが もっとずっと控え目でした ほとんどの人 ― 地下鉄で会った知らない人 コーヒーショップの店員 廊下先のオフィスの弁護士 ユダヤ人 無神論者 イスラム人 敬虔なカトリック教徒 ― 全ての人がほとんど同じ 3つのことを願っていました もちろん 全くはずれたことや 現金が欲しいと言う人が何人かいました でも そのような少数の例外を除けば 残った人の共通点は驚くほどでした ほとんどの人が まずは自分の健康と 家族の健康を願っていました ほとんどの場合 次に幸福を願っていました そして最後に愛情を その順番に 健康 幸福 愛情 特定の健康問題が治ることを 望む人もいましたが ほとんどの場合 ただ単に健全な体を願っていました

幸福となると 皆それぞれやや違う言い方で表現していても ほとんどの場合が 幸福のサブタイプは同じで 深く実感できるような 魂の中に根付くような幸福 私たちを支えてくれるような幸福 たとえ他の全てを失った時でもです

そして愛情に関しては 全ての人がロマンチックな愛情や 長編ロマンス本に出てくるような 魂で繋がれた相手を求め 人生の最後まで伴にするような愛を

ごめんなさい 夫のこと思って 胸がいっぱいになっちゃった

困ったわ!どこまで話したか忘れてしまった

(笑)

(拍手)

という事で ほとんどの場合 友達だろうと 知らない人だろうと 育った環境や人種や宗教に関係なく 皆同じことを求めていて 私が求めていたこととも同じでした 社会科学者のアブラハム・マズローや マンフレッド・マックス=ニーフが確認した 人間の基本的欲求を簡素化したものです 誰も重要な実存的な疑問の 答えを聞いてきたわけでもなく 私が探求していた 神の存在の証や生きる意味でもなく 戦争や世界規模の飢餓を無くすことさえ 求めていませんでした どんなことでも頼めたはずなのに 求めたことは 健康と幸福と愛だけ

メールには 3つ目の共通点もありました どれも同じように 締めくくっていました 遠いブラジルまで彼らの願いを運ぶ私に お礼を言う代わりに みんな こう書いたんです 「誰にも言わないで欲しい」 だから私は みんなに言うことにしました

(笑)

それも今 この壇上で それは 私が 信用できない人間だからではなく 私達には実はたくさんの 共通点があるという事実を 特に今 みんなが知る必要性を感じるからです 世界の様々な問題の原因は 私達がお互いの違いばかりに 注目していて 共通点に目を向けないことだと 思うからです

そう ― 自分で一番よくわかっているのは 私は統計学者ではないので 提供できるデータは メールの受信箱にたまったものだけ 科学的というより逸話的で 定量的というより定性的です データを使った仕事をしている人なら 誰でも言うように 決して統計学的に有意でもなく 人口統計的に妥当なサンプルでもありません それでも 私は受け取ったメールのことを 考えずにいられません 自分の人生で直面した 偏見や嫌悪を思い起こすたびに あるいは 憎悪犯罪や 無意味な悲劇が起こって 私達の間にある違いは 克服できないかもという 残念な気持ちが強まるたびに 自分に言い聞かせるのは 私には証拠があること 私達の人間性には 謙虚で一体となる共通点があり それは 何でも叶えてもらえる機会を 与えられた時でさえも ほとんどの人が同じことを望み それは 自分がどんな人間であれ どの神を信じていようと どの宗教を拠り所にしようと 同じなのです

もう1つ注目したいことが 人によっては 願いがあまりに強いため 「無し」の人にメールさえ 送ってしまうこと ― 精神面で混乱した ― 他の面も混乱しているかもしれませんが 私のような「無し」にまで メールするのです 見ず知らずの人を探し出し 最も深遠な願いを書いてメールを送ります もしかすると わずかでも可能性が残されていて 神などではなく ましてや 自分が信じる神でもない人 自分と同じ宗教ですらない人 経歴を見ても 期待に応えられるとは 到底思えない人が 願いを叶えてくれることがありやしないかと

そこで今 私のスピリチュアルな探求を 思い返してみて 私は神を見つけることは できなかったけれど この事実を発見したことで 自分の居場所を見つけました こんにちのような 宗教や 民族 政治 思想 人種によって 分断されてしまった世の中で 私達には明白な違いが多くあっても 結局のところ 人間の最も基本的な部分においては 私達は皆同じということです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画