TED日本語 - ナディア・ロペス: 学校を開く理由、それは刑務所を閉鎖するため

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ナディア・ロペス: 学校を開く理由、それは刑務所を閉鎖するため

TED Talks

学校を開く理由、それは刑務所を閉鎖するため
Why open a school? To close a prison
ナディア・ロペス
Nadia Lopez

内容

私たちにとって子供たちは未来であり、子供自身がそれを信じることはとても重要です。ナディア・ロペスがニューヨーク市で最も行政サービスが行き届かず、暴力がはびこるブルックリンのブラウンズビル地区に学問のオアシスを開いた理由はそこにあります。彼女は子供たち全員の素晴らしい才能と能力を信じているのです。モット・ホール・ブリッジズ・アカデミー初代校長の(そしてブログ『Humans of New York』で有名になった)彼女は、私たちに元気を与えてくれる短い話を通して、「学徒たち」が自分と家族の明るい未来を描くために、どのように手を差し伸べているかを語ります。

Script

When I opened Mott Hall Bridges Academy in 2010, my goal was simple: open a school to close a prison. Now to some, this was an audacious goal, because our school is located in the Brownsville section of Brooklyn -- one of the most underserved and violent neighborhoods in all of New York City. Like many urban schools with high poverty rates, we face numerous challenges, like finding teachers who can empathize with the complexities of a disadvantaged community, lack of funding for technology, low parental involvement and neighborhood gangs that recruit children as early as fourth grade.

So here I was, the founding principal of a middle school that was a district public school, and I only had 45 kids to start. Thirty percent of them had special needs. Eighty-six percent of them were below grade level in English and in math. And 100 percent were living below the poverty level.

If our children are not in our classrooms, how will they learn? And if they're not learning, where would they end up?

It was evident when I would ask my 13-year-old, "Young man, where do you see yourself in five years?"

And his response: "I don't know if I'm gonna live that long."

Or to have a young woman say to me that she had a lifelong goal of working in a fast-food restaurant. To me, this was unacceptable. It was also evident that they had no idea that there was a landscape of opportunity that existed beyond their neighborhood.

We call our students "scholars," because they're lifelong learners. And the skills that they learn today will prepare them for college and career readiness. I chose the royal colors of purple and black, because I want them to be reminded that they are descendants of greatness, and that through education, they are future engineers, scientists, entrepreneurs and even leaders who can and will take over this world. To date, we have had three graduating classes, at a 98 --

(Applause)

At a 98-percent graduation rate. This is nearly 200 children, who are now going to some of the most competitive high schools in New York City.

(Applause)

It was a cold day in January when my scholar, Vidal Chastanet, met Brandon Stanton, the founder of the popular blog "Humans of New York." Brandon shared the story of a young man from Brownsville who had witnessed violence firsthand, by witnessing a man being thrown off of a roof. Yet he can still be influenced by a principal who had opened up a school that believes in all children. Vidal embodies the story of so many of our underprivileged children who are struggling to survive, which is why we must make education a priority.

Brandon's post created a global sensation that touched the lives of millions. This resulted in 1.4 million dollars being raised for our scholars to attend field trips to colleges and universities, Summer STEAM programs, as well as college scholarships. You need to understand that when 200 young people from Brownsville visited Harvard, they now understood that a college of their choice was a real possibility. And the impossibilities that had been imposed upon them by a disadvantaged community were replaced by hope and purpose.

The revolution in education is happening in our schools, with adults who provide love, structure, support and knowledge. These are the things that inspire children. But it is not an easy task. And there are high demands within an education system that is not perfect.

But I have a dynamic group of educators who collaborate as a team to determine what is the best curriculum. They take time beyond their school day, and come in on weekends and even use their own money to often provide resources when we do not have it. And as the principal, I have to inspect what I expect.

So I show up in classes and I conduct observations to give feedback, because I want my teachers to be just as successful as the name Mott Hall Bridges Academy. And I give them access to me every single day, which is why they all have my personal cell number, including my scholars and those who graduated -- which is probably why I get phone calls and text messages at three o'clock in the morning.

(Laughter)

But we are all connected to succeed, and good leaders do this. Tomorrow's future is sitting in our classrooms. And they are our responsibility. That means everyone in here, and those who are watching the screen. We must believe in their brilliance, and remind them by teaching them that there indeed is power in education.

Thank you.

(Applause)

私が2010年にモット・ホール・ ブリッジズ・アカデミーを開校した時の 目標はシンプルでした 「学校を開き 刑務所を閉鎖すること」です 大胆な目標だと言う人もいましたが それは この学校が ブルックリンのブラウンズビル地区 ― ニューヨーク市の中でも 最も行政サービスが行き届かず 暴力がはびこる地域にあったからです 貧困率が高い 都市部の学校の多くと同様に 無数の難題があります 例えば 恵まれない地域につきものの 複雑な状況に共感できる 教員を見つけることや テクノロジーにかける予算の不足 子供に対する保護者の関心の薄さ そして 4年生すら勧誘する 地域のギャングです

そんな場所で私は 学区指定の公立中学校を開設し 校長になりましたが 最初は子供が45人しかいませんでした 生徒の30%に特別支援が必要でした 86%が国語と数学で 学年の水準に 達していませんでした そして100%が 貧困レベルを 下回る生活を送っていました

そんな子供たちが学校にも来ずに どうすれば学べるというのでしょう? そして 学んでいないとしたら 彼らの将来は どうなるのでしょう?

13歳の男子生徒に尋ねてみれば その答えは明らかでした 「あなた ― 5年後に自分は どうなっていると思う?」

生徒の答えは こうです 「それまで生きていられるか わからない」

女子生徒に話を聞くと ファーストフード店で働くのが 人生の目標だと言うのです 私には 到底受け入れられませんでした 同時に はっきりしていたのは 生徒には 自分の近所の外に 広大なチャンスがあることが わかっていないということでした

我が校では生徒を「学徒」と呼びますが それは彼らが生涯 学び続けるからです 学徒たちが今日学んだスキルは 大学進学や就職の準備に つながります 私がスクールカラーに 高貴な色である紫と黒を選んだ理由は 学徒たちに 自分が偉大な者の子孫であり 教育を通して自分たちが 未来のエンジニアにも 科学者にも 起業家にも そして この世界を継ぐ指導者にもなれるし 将来そうなることに気づかせるためです これまでに 3クラスを卒業させ 98%の ―

(拍手)

98%の卒業率を誇っています 卒業生は200人近くに上り ニューヨーク市でも 最も優秀な いくつかの高等学校に 進学しています

(拍手)

1月の ある寒い日のこと 本校の学徒ヴィダル・シャスタネットは ブランドン・スタントンという 人気ブログ『Humans of New York』を 作った人に出会いました ブランドンは 彼の話を掲載しました ブラウンズビル出身のヴィダルは これまで暴力を間近で見てきて 屋上から男性が突き落とされるところを 目撃したこともありますが そんな中でさえ 彼は 子供たち全員を信頼する学校を開いた 校長から影響を受けている という内容の記事です ヴィダルが体現しているのは たくさんの恵まれない子供たちが 必死に生きようとする物語で だからこそ 私たちは教育を 優先しなければならないのです

ブランドンの記事は 世界的な反響を呼び 何百万人の人生に影響を与えました その結果 140万ドルの寄付が集まり そのおかげで 学徒たちは大学へ見学に行ったり 夏の科学技術・芸術・数学講座に 参加したり 大学奨学金を受けられるようになりました ぜひ理解して欲しいのは ブラウンズビル出身の200人の学徒が ハーバード大を訪れた その時 彼らは 自分で大学を選ぶことが 本当に可能だと知ったことです そして 恵まれない地域で 育ってきたせいで 不可能と思われたことが 希望と目標に変わっていったのです

学校現場では教育の革命が起きていて そこに関わっているのは 愛情を注ぎ 規律と 支援と知識を与える大人です 子供に夢を与えるのは こういったことなのです でも簡単なことではありません 教育システムが完璧ではないのに 求められるものは多いのです

それでも私のところには 活力に満ちた教育者集団がいて チームとして協働し 最高のカリキュラムを見極めています スタッフは授業時間以外も使い 週末も登校し 学校に教材がなければ 私費を投じて手に入れることも 少なくありません 私は校長として 自分が求めるものの達成度を 点検する必要があります

だから教室に顔を出し 授業を参観して フィードバックします 我が校が成功したように 先生たちにも成功して欲しいと 思っているからです 先生たちは 毎日 私に連絡を取れるようになっていて みんな私の携帯の 番号を知っています 本校の学徒たちと 卒業生にも知らせています それがおそらく 電話やテキストメッセージが 午前3時に来る理由でしょう

(笑)

ただ 私たちは繋がることで 成功を目指していますし 優れた指導者とは そういうものなのです 私たちの教室にいるのは 明日の未来です そして私たちには 彼らに対する責任があります 「私たち」とは ここにいる全員 ― そして今 画面を見ている全員です 私たちは子供の素晴らしい才能を信じ 子供に教えることを通じて 教育に本当の力があることに 気づかせる義務があるのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画