TED日本語 - フレッド・スワニカー: アフリカを荒廃させた指導者とアフリカを回復させる世代

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - フレッド・スワニカー: アフリカを荒廃させた指導者とアフリカを回復させる世代

TED Talks

アフリカを荒廃させた指導者とアフリカを回復させる世代
The leaders who ruined Africa, and the generation who can fix it
フレッド・スワニカー
Fred Swaniker

内容

18歳になるまでにフレッド・スワニカーは、ガーナ、ガンビア、ボツワナ、ジンバブエで暮らしてきました。アフリカの色々な国で暮らした子ども時代に学んだことは、社会制度がしっかりした社会では優れた指導者でもさほど大きな違いを生み出せませんが、社会制度の整わない国では、指導者が国を築きもできれば壊すこともできるということです。スワニカーは、異なる世代のアフリカの指導者に目を向け、未来の指導者をいかに育てるかという構想を熱っぽく語ります。

Script

I experienced my first coup d'etat at the age of four. Because of the coup d'etat, my family had to leave my native home of Ghana and move to the Gambia. As luck would have it,six months after we arrived, they too had a military coup. I vividly remember being woken up in the middle of the night and gathering the few belongings we could and walking for about two hours to a safe house. For a week, we slept under our beds because we were worried that bullets might fly through the window.

Then, at the age of eight, we moved to Botswana. This time, it was different. There were no coups. Everything worked. Great education. They had such good infrastructure that even at the time they had a fiber-optic telephone system, long before it had reached Western countries.

The only thing they didn't have is that they didn't have their own national television station, and so I remember watching TV from neighboring South Africa, and watching Nelson Mandela in jail being offered a chance to come out if he would give up the apartheid struggle. But he didn't. He refused to do that until he actually achieved his objective of freeing South Africa from apartheid. And I remember feeling how just one good leader could make such a big difference in Africa.

Then at the age of 12, my family sent me to high school in Zimbabwe. Initially, this too was amazing: growing economy, excellent infrastructure, and it seemed like it was a model for economic development in Africa. I graduated from high school in Zimbabwe and I went off to college.

Six years later, I returned to the country. Everything was different. It had shattered into pieces. Millions of people had emigrated, the economy was in a shambles, and it seemed all of a sudden that 30 years of development had been wiped out. How could a country go so bad so fast? Most people would agree that it's all because of leadership. One man, President Robert Mugabe, is almost single-handedly responsible for having destroyed this country.

Now, all these experiences of living in different parts of Africa growing up did two things to me. The first is it made me fall in love with Africa. Everywhere I went, I experienced the wonderful beauty of our continent and saw the resilience and the spirit of our people, and at the time, I realized that I wanted to dedicate the rest of my life to making this continent great. But I also realized that making Africa great would require addressing this issue of leadership. You see, all these countries I lived in, the coups d'etat and the corruption I'd seen in Ghana and Gambia and in Zimbabwe, contrasted with the wonderful examples I had seen in Botswana and in South Africa of good leadership. It made me realize that Africa would rise or fall because of the quality of our leaders.

Now, one might think, of course, leadership matters everywhere. But if there's one thing you take away from my talk today, it is this: In Africa, more than anywhere else in the world, the difference that just one good leader can make is much greater than anywhere else, and here's why. It's because in Africa, we have weak institutions, like the judiciary, the constitution, civil society and so forth. So here's a general rule of thumb that I believe in: When societies have strong institutions, the difference that one good leader can make is limited, but when you have weak institutions, then just one good leader can make or break that country.

Let me make it a bit more concrete. You become the president of the United States. You think, "Wow, I've arrived. I'm the most powerful man in the world." So you decide, perhaps let me pass a law. All of a sudden, Congress taps you on the shoulder and says, "No, no, no, no, no, you can't do that." You say, "Let me try this way." The Senate comes and says, "Uh-uh, we don't think you can do that." You say, perhaps, "Let me print some money. I think the economy needs a stimulus." The central bank governor will think you're crazy. You might get impeached for that. But if you become the president of Zimbabwe, and you say, "You know, I really like this job. I think I'd like to stay in it forever." (Laughter) Well, you just can. You decide you want to print money. You call the central bank governor and you say, "Please double the money supply." He'll say, "Okay, yes, sir, is there anything else I can do for you?" This is the power that African leaders have, and this is why they make the most difference on the continent.

The good news is that the quality of leadership in Africa has been improving. We've had three generations of leaders, in my mind. Generation one are those who appeared in the '50s and '60s. These are people like Kwame Nkrumah of Ghana and Julius Nyerere of Tanzania. The legacy they left is that they brought independence to Africa. They freed us from colonialism, and let's give them credit for that. They were followed by generation two. These are people that brought nothing but havoc to Africa. Think warfare, corruption, human rights abuses. This is the stereotype of the typical African leader that we typically think of: Mobutu Sese Seko from Zaire, Sani Abacha from Nigeria. The good news is that most of these leaders have moved on, and they were replaced by generation three. These are people like the late Nelson Mandela and most of the leaders that we see in Africa today, like Paul Kagame and so forth. Now these leaders are by no means perfect, but the one thing they have done is that they have cleaned up much of the mess of generation two. They've stopped the fighting, and I call them the stabilizer generation. They're much more accountable to their people, they've improved macroeconomic policies, and we are seeing for the first time Africa's growing, and in fact it's the second fastest growing economic region in the world. So these leaders are by no means perfect, but they are by and large the best leaders we've seen in the last 50 years.

So where to from here? I believe that the next generation to come after this, generation four, has a unique opportunity to transform the continent. Specifically, they can do two things that previous generations have not done. The first thing they need to do is they need to create prosperity for the continent. Why is prosperity so important? Because none of the previous generations have been able to tackle this issue of poverty. Africa today has the fastest growing population in the world, but also is the poorest. By 2030, Africa will have a larger workforce than China, and by 2050, it will have the largest workforce in the world. One billion people will need jobs in Africa, so if we don't grow our economies fast enough, we're sitting on a ticking time bomb, not just for Africa but for the entire world.

Let me show you an example of one person who is living up to this legacy of creating prosperity: Laetitia. Laetitia's a young woman from Kenya who at the age of 13 had to drop out of school because her family couldn't afford to pay fees for her. So she started her own business rearing rabbits, which happen to be a delicacy in this part of Kenya that she's from. This business did so well that within a year, she was employing 15 women and was able to generate enough income that she was able to send herself to school, and through these women fund another 65 children to go to school. The profits that she generated, she used that to build a school, and today she educates 400 children in her community. And she's just turned 18. (Applause)

Another example is Erick Rajaonary. Erick comes from the island of Madagascar. Now, Erick realized that agriculture would be the key to creating jobs in the rural areas of Madagascar, but he also realized that fertilizer was a very expensive input for most farmers in Madagascar. Madagascar has these very special bats that produce these droppings that are very high in nutrients. In 2006, Erick quit his job as a chartered accountant and started a company to manufacture fertilizer from the bat droppings. Today, Erick has built a business that generates several million dollars of revenue, and he employs 70 people full time and another 800 people during the season when the bats drop their droppings the most. Now, what I like about this story is that it shows that opportunities to create prosperity can be found almost anywhere. Erick is known as the Batman. (Laughter) And who would have thought that you would have been able to build a multimillion-dollar business employing so many people just from bat poo? The second thing that this generation needs to do is to create our institutions. They need to build these institutions such that we are never held to ransom again by a few individuals like Robert Mugabe.

Now, all of this sounds great, but where are we going to get this generation four from? Do we just sit and hope that they emerge by chance, or that God gives them to us? No, I don't think so. It's too important an issue for us to leave it to chance. I believe that we need to create African institutions, home-grown, that will identify and develop these leaders in a systematic, practical way. We've been doing this for the last 10 years through the African Leadership Academy. Laetitia is one of our young leaders. Today, we have 700 of them that are being groomed for the African continent, and over the next 50 years, we expect to create 6,000 of them.

But one thing has been troubling me. We would get about 4,000 applications a year for 100 young leaders that we could take into this academy, and so I saw the tremendous hunger that existed for this leadership training that we're offering. But we couldn't satisfy it. So today, I'm announcing for the first time in public an extension to this vision for the African Leadership Academy. We're building 25 brand new universities in Africa that are going to cultivate this next generation of African leaders. Each campus will have 10,000 leaders at a time so we'll be educating and developing 250,000 leaders at any given time. (Applause)

Over the next 50 years, this institution will create three million transformative leaders for the continent.

My hope is that half of them will become the entrepreneurs that we need, who will create these jobs that we need, and the other half will go into government and the nonprofit sector, and they will build the institutions that we need. But they won't just learn academics. They will also learn how to become leaders, and they will develop their skills as entrepreneurs. So think of this as Africa's Ivy League, but instead of getting admitted because of your SAT scores or because of how much money you have or which family you come from, the main criteria for getting into this university will be what is the potential that you have for transforming Africa?

But what we're doing is just one group of institutions. We can not transform Africa by ourselves. My hope is that many, many other home-grown African institutions will blossom, and these institutions will all come together with a common vision of developing this next generation of African leaders, generation four, and they will teach them this common message: create jobs, build our institutions.

Nelson Mandela once said, "Every now and then, a generation is called upon to be great. You can be that great generation." I believe that if we carefully identify and cultivate the next generation of African leaders, then this generation four that is coming up will be the greatest generation that Africa and indeed the entire world has ever seen.

Thank you.

(Applause)

私は4歳の時 はじめて クーデターを経験しました クーデターのために 家族は祖国ガーナを離れ ガンビアに移りました 運が悪いことに 移住して半年後 そこでも軍事クーデターが 起こりました 真夜中に起こされ 僅かばかりの所持品をかき集め 2時間ほど歩いて 隠れ家まで行ったのを はっきり覚えています 銃弾が窓から 飛び込んでくるのを恐れ 1週間ベッドの下で 寝ていました

それから8歳の時に 家族はボツワナに移りました 今回は前回と違って クーデターはありませんでした 全てが順調で 素晴らしい教育も受けられました インフラも良く 当時のボツワナでは 光ファイバー電話が 西洋で普及するずっと前から 使われていたのです

ボツワナになかったのは 自前のテレビ局だけでした そのため 隣国の 南アフリカのテレビを見ており 獄中にいるネルソン・マンデラが アパルトヘイト闘争から 手を引けば釈放すると 持ちかけられたのが 報じられていました マンデラは これに応じず 南アからアパルトヘイトを なくす目標を 諦めることは ありませんでした そして たった一人の 優れた指導者が アフリカにどれほど大きな違いを もたらせるか 感銘を受けました

そして私が12歳の時 家族は私をジンバブエの中学に 行かせてくれました そこも最初の頃は 素晴らしいものでした 成長を続ける経済 素晴らしいインフラ まるでアフリカの経済発展の お手本のようでありました ジンバブエの高校を卒業し 外国の大学に進学しました

6年後 ジンバブエに 戻ってきた時には 全てが変わっていました 国はバラバラになっていました 何百万人もが国を逃れ 経済はメチャメチャで 30年間の発展が突如 消え失せたかのようでした どうしてジンバブエは そんなに急速に悪化したのでしょう? 多くの人が認めているのは すべては指導者のせい ということです ロバート・ムガベ大統領という男が たった一人で この国を崩壊させてしまったのです

アフリカの様々な国で 成長期を過ごした経験は 私に二つものを 与えてくれました 第一にアフリカへの愛です どこに行っても アフリカの 見事な美しさを体験し 人々の力強さや精神を 見てきました 残りの人生をかけ アフリカのために働き 素晴らしい大陸したいと 思うようになったのは その頃です 同時に アフリカを 素晴らしい大陸にするには この指導者の問題を 解決する必要があると気付きました お話ししたように 私が暮らした国々 ― ガーナや ガンビアや ジンバブエでは クーデターや汚職を 目の当たりにしましたが 対照的に ボツワナや南アフリカでは 素晴らしいリーダーシップの 実例が見られました 指導者の質で アフリカは 良くも悪くもなることが 分かったのです

指導者が重要なのは どこでも同じだと 思うかもしれません しかし 今日の私の話から 学ぶことが一つあるとすれば 「アフリカは 世界のどこよりも 一人の優れた指導者に もたらせる違いが大きい」 ということです なぜなら ― アフリカは 司法や憲法 市民社会などの 社会制度が貧弱だからです 経験的に言えるのは 社会制度がしっかりした社会では 一人の指導者にできることは 制限されていますが 社会制度の整わない社会では 一人の指導者に 国を築きもできれば 崩壊させもできる ということです

より具体的に お話ししましょう あなたがアメリカの 大統領になったとしましょう 「ワオ ついに登りつめた 世界で最も権力のある男になった」と 思うことでしょう それで ひとつ法律でも 作ってやろうと思うと 突然 議会に肩をたたかれ 「ちょっと ちょっと ダメですよ」と言われます 「ひとつこんな風にしてみたい」と あなたが言うと 上院が立ちはだかって 「そんなのダメです」と 言われます 「お金を増刷しよう 経済には刺激が必要だからね」と あなたが言うと 中央銀行総裁は あなたが狂っていると思い 弾劾するかもしれません しかし あなたがジンバブエの大統領なら 「大統領職が気に入ったから 生涯続けることにするよ」と 言えば ― (笑) 大統領職をずっと 続けられるのです あなたがお金を増刷しようと決め 中央銀行総裁に電話をして 「通貨供給量を倍にしてくれ」と 言うと 中央銀行総裁は 「かしこまりました 他にご用件はございますか?」 と言うでしょう これがアフリカの指導者の 権力であり これが指導者によって アフリカが大きく変わる 理由なのです

ありがたいのは アフリカの指導者の質が 改善していることです アフリカの指導者には 三つの世代があると思います 50年代や60年代に登場したのが 第一世代です ガーナのクワメ・エンクルマとか タンザニアのジュリウス・ ニエレレといった人々です 彼らが遺したものは アフリカの独立です 植民地支配から 人民を解放した功績を 認めてあげましょう 彼らの次に登場するのが 第二世代です この人たちは アフリカを大混乱に 陥れる以外は 何もしていません 戦争に 汚職に 人権侵害 アフリカの指導者というと みんながイメージするものです ザイールのモブツ・セセ・セコとか ナイジェリアのサニ・アバチャなどです 救いは これらの指導者の 大半は既に消え 第三世代が現れたことです 故ネルソン・マンデラとか ポール・カガメなど 今日のアフリカの 指導者の大半が こういった人々です そういう指導者も 決して完璧ではありませんが 成果の一つに 第二世代のあらかたの 尻拭いを行ってきたことが あげられます 彼らは紛争を終わらせました 私は「安定化世代」と呼んでいます 彼らは人民に対して ずっと責任を負い マクロ経済政策を 改善させています 私たちは初めて アフリカが 成長するのを目の当りにし しかもそれが 世界第二位の経済成長なのです これらの指導者は 決して完璧ではないにせよ 過去50年の歴史の中で 概ね最も優れた指導者なのです

それでは これからどこに 向かうのでしょうか? この世代の後に登場する 第四世代には アフリカを変革する またとない機会があると 信じています 特に 彼らには 前の世代にできなかった 二つのことができると思います 彼らがすべき最初のことは アフリカに 繁栄をもたらすことです どうして繁栄が 大切なのでしょうか? なぜなら前の世代は 貧困問題に 取組めなかったからです 今日のアフリカは 世界で最も早く 人口が増えており しかも最も貧しいのです 2030年までに アフリカの労働人口は 中国をしのぎ 2050年までに世界最大の 労働人口を抱えることになります アフリカで10億人が 職を必要とするようになるのです 経済を急速に 発展させる必要があります これはアフリカだけでなく 世界全体にとっても 時限爆弾の上に 座っているようなものです

この繁栄をもたらすというのを 実現している 一人の人物を 例にとってみましょう ― ラティシャです ラティシャは ケニア出身の若い女性で 家族が学費を払えなかったので 13歳で学校を中退しました そのため 彼女の住む地域の 珍味である ウサギを飼育する 事業を始めました 事業は順調に行って 1年もせずに 15人の女性を雇い 高い収益を上げるようになり 自身で進学するだけでなく これらの女性を通じて 65人の子どもが学校に行く 資金援助をしました 儲けたお金で 彼女は学校を建て 今日では地域の 400人の子どもに 教育の機会を与えています 彼女は18歳に なったばかりです (拍手)

もう一つの例は エリック・ラジョナリで マダガスカル島出身です マダガスカルの地方部で 雇用創出の要となるのは 農業ですが ― マダガスカルの農民の大半には 肥料は高くて手が出せないことに 彼は気付いていました マダガスカルには 大変栄養価の高いフンをする 特別なコウモリがいます 2006年 エリックは公認会計士を辞め コウモリのフンから肥料を作る 会社を起ち上げました 今日ではエリックの会社は 数百万ドルの収益を上げています 正社員が70人いて コウモリのフンが 一番取れる時期には さらに800人を雇っています 私がこの話を好きなのは 繁栄を生み出すチャンスは どこにでも転がっていると 示しているところです エリックは「バットマン」として 知られています (笑) いったい誰が コウモリのフンなどから 多くの人を雇用し 数百万ドルの収益を上げる 会社を作れると 思ったことでしょう? この第四世代がすべき 二つ目のことは 我々自身による 社会機構を作ることです 第四世代は ロバート・ムガベのような 一部の人の 好き勝手にされない 社会機構を作る必要があります

これらはすべて素晴らしい話に 聞こえますが 第四世代は どこから来るのでしょうか? 彼らがどこからともなく 現れるのを待つのか? それとも 神が彼らを お遣わしになるのでしょうか? いいえ 私はそうは思いません 我々にとって重要な問題なので 運任せにはできません 我々はアフリカ色のある 自前の機構を作り出し 体系的かつ実践的に 指導者となる人を 見出し 育てる必要があります アフリカン・リーダーシップ・ アカデミーでは 過去10年間 そのようなことを 行ってきました ラティシャは 我々の若きリーダーの一人です 今日では 7百人に アフリカのための 教育をしており 今後50年で 6千人を輩出したい と思っています

しかし 一つ問題があります 若きリーダー養成の 百人の枠に対し 毎年4千人もの人から応募が 寄せられているのです リーダー養成コースに対し とても大きな需要があるのですが 我々にはそれを 満たせませんでした だからアフリカン・リーダーシップ・ アカデミーの 構想を拡大する計画を 今日ここで初めて公開しようと思います アフリカに大学を25校新設し アフリカの ― 次代を担うリーダーを 養成します 各キャンパスで一度に 1万人のリーダーを育て いつでも 25万人の リーダーを 教育していく予定です (拍手)

今後50年で アフリカを変革する 3百万人のリーダーを 養成します

私の願いは その半数が 我々の必要とする起業家となって 雇用を創出し 残りの半分が 政府やNPOで働き 我々が必要とする 社会機構を作ることです 彼らは単に学問を 学ぶだけではありません リーダーになる方法を学び 起業家としてのスキルを磨きます だから アフリカ版アイビーリーグだと お考えください しかしここでの入学条件は SATの点数や 家の裕福さや 血筋の良さではありません この大学への主な入学基準は アフリカを変革させる 潜在能力があるか ということです

それでも 我々が作ろうとしているのは 一個の組織に過ぎません 我々だけでアフリカを 変革することはできません 私の願いは 多くのアフリカ発の 組織が咲き乱れ 第四世代となる 次世代のアフリカの 指導者を育てるという 同じ理念のもとに 共働することです そして共通の課題である 「雇用創出と社会機構の構築」 について教えるのです

ネルソン・マンデラが かつて言っていました 「時折 偉大と言われる世代が 現れますが 皆さんは その偉大な世代に なれるのです」 我々が注意深く アフリカの次世代の指導者を 認識し養成するなら 来るべき第四世代は アフリカだけでなく 世界でもかつてなかった 最高の世代となることでしょう

ご清聴 ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画