TED日本語 - ジョフ・マルガン: スタジオスクールへの案内

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョフ・マルガン: スタジオスクールへの案内

TED Talks

スタジオスクールへの案内
A short intro to the Studio School
ジョフ・マルガン
Geoff Mulgan

内容

聞いて学ぶ子供たちもいれば、行動で学ぶ子供たちもいます。ジョフ・マルガンはスタジオスクールというイギリスの新しい学校を紹介します。子供たちのチームはプロジェクトで働きながら、マルガンが目指している世の中に役立つ教育を目指しています。

Script

What I want to talk about today is one idea. It's an idea for a new kind of school, which turns on its head much of our conventional thinking about what schools are for and how they work. And it might just be coming to a neighborhood near you soon. Where it comes from is an organization called the Young Foundation, which, over many decades, has come up with many innovations in education, like the Open University and things like Extended Schools, Schools for Social Entrepreneurs, Summer Universities and the School of Everything.

And about five years ago, we asked what was the most important need for innovation in schooling here in the U.K. And we felt the most important priority was to bring together two sets of problems. One was large numbers of bored teenagers who just didn't like school, couldn't see any relationship between what they learned in school and future jobs. And employers who kept complaining that the kids coming out of school weren't actually ready for real work, didn't have the right attitudes and experience.

And so we try to ask: What kind of school would have the teenagers fighting to get in, not fighting to stay out? And after hundreds of conversations with teenagers and teachers and parents and employers and schools from Paraguay to Australia, and looking at some of the academic research, which showed the importance of what's now called non-cognitive skills -- the skills of motivation, resilience -- and that these are as important as the cognitive skills -- formal academic skills -- we came up with an answer, a very simple answer in a way, which we called the Studio School. And we called it a studio school to go back to the original idea of a studio in the Renaissance where work and learning are integrated. You work by learning, and you learn by working. And the design we came up with had the following characteristics.

First of all, we wanted small schools -- about 300,400 pupils -- 14 to 19 year-olds, and critically, about 80 percent of the curriculum done not through sitting in classrooms, but through real-life, practical projects, working on commission to businesses, NGO's and others. That every pupil would have a coach, as well as teachers, who would have timetables much more like a work environment in a business. And all of this will be done within the public system, funded by public money, but independently run. And all at no extra cost, no selection, and allowing the pupils the route into university, even if many of them would want to become entrepreneurs and have manual jobs as well. Underlying it was some very simple ideas that large numbers of teenagers learn best by doing things, they learn best in teams and they learn best by doing things for real -- all the opposite of what mainstream schooling actually does.

Now that was a nice idea, so we moved into the rapid prototyping phase. We tried it out, first in Luton -- famous for its airport and not much else, I fear -- and in Blackpool -- famous for its beaches and leisure. And what we found -- and we got quite a lot of things wrong and then improved them -- but we found that the young people loved it. They found it much more motivational, much more exciting than traditional education. And perhaps most important of all,two years later when the exam results came through, the pupils who had been put on these field trials who were in the lowest performing groups had jumped right to the top -- in fact, pretty much at the top decile of performance in terms of GCSE's, which is the British marking system.

Now not surprisingly, that influenced some people to think we were onto something. The minister of education down south in London described himself as a "big fan." And the business organizations thought we were onto something in terms of a way of preparing children much better for real-life work today. And indeed, the head of the Chambers of Commerce is now the chairman of the Studio Schools Trust and helping it, not just with big businesses, but small businesses all over the country.

We started with two schools. That's grown this year to about 10. And next year, we're expecting about 35 schools open across England, and another 40 areas want to have their own schools opening -- a pretty rapid spread of this idea. Interestingly, it's happened almost entirely without media coverage. It's happened almost entirely without big money behind it. It spread almost entirely through word of mouth, virally, across teachers, parents, people involved in education. And it spread because of the power of an idea -- so the very, very simple idea about turning education on its head and putting the things which were marginal, things like working in teams, doing practical projects, and putting them right at the heart of learning, rather than on the edges.

Now there's a whole set of new schools opening up this autumn. This is one from Yorkshire where, in fact, my nephew, I hope, will be able to attend it. And this one is focused on creative and media industries. Other ones have a focus on health care, tourism, engineering and other fields.

We think we're onto something. It's not perfect yet, but we think this is one idea which can transform the lives of thousands, possibly millions, of teenagers who are really bored by schooling. It doesn't animate them. They're not like all of you who can sit in rows and hear things said to you for hour after hour. They want to do things, they want to get their hands dirty, they want education to be for real. And my hope is that some of you out there may be able to help us.

We feel we're on the beginning of a journey of experiment and improvement to turn the Studio School idea into something which is present, not as a universal answer for every child, but at least as an answer for some children in every part of the world. And I hope that a few of you at least can help us make that happen.

Thank you very much.

(Applause)

皆さんにお話ししたいアイディアがあります 新しい学校についてのアイディアです 学校が何のためにあるのか、どうあるべきか、 昔ながらの考え方を大きく変えるアイディアです 近々皆さんの近くにもできるかもしれません ヤングファンデーションという 組織から始まりました 何十年にも渡り教育で改革を 進めてきました、例えばオープン・ユニバーシティ、 エクステンデッドスクール、 起業家のための学校、夏の大学、 スクール・オブ・エブリシングなどです

約5年前に考えたことは、 イギリスにおける教育改革の 一番のニーズは何かということです 最も重要なことは、 2つの課題への取り組みをまとめることだと気づきました 一つは、実に多くのティーンエージャーが退屈しており 学校が嫌いで、しかも 学校の勉強と将来の仕事との関係がまったく 見い出せないことです 一方で企業では、子供たちが学校では 実際の仕事に役立つことを何も学んでいないことに 不満をもっていたのです

そこで、私たちは考えました どんな学校だったら ティーンエイジャーが 争って入学し、退学しなくなるのかを いくども討論を重ねました ティーンエージャーと、教師と、保護者と 経営者にも、さらには、 パラグアイからオーストラリアまで学校を見て、 教育学研究についても調べました 非認知的スキルと最近呼ばれる 動機づけスキルや 立ち直る力などは 認知スキル つまり学力と 同じくらい重要だとわかりました 非常にシンプルな解決方法を思いつきました スタジオスクールです スタジオスクールの名前は 仕事と学びが一緒になっていた ルネッサンス時代のスタジオにちなんでいます 学ぶことによって働き、 働くことによって学ぶのです そのデザインには次のような特徴があります

まず初めに、学校の規模を小さくしました 300?400人の生徒で 14才から19才まで 何よりも重要なこととして、80%のカリキュラムは 教室の座学ではなく 実社会での実用的なプロジェクトとして ビジネスやNGOと 連携しました 生徒全員に、教員と同じようにコーチがつきます、 コーチにも時間割があり、 ビジネスでの職場環境のようになっています すべて、公的教育の一環として 公費でまかなっています しかし、運営は任されています なんら特別費用はいりません、選抜もありません 生徒は大学への進学の道もあります 多くは起業家になりたがりますし、 手に職もつけます 根本的には、とても単純なアイディアです 行動によって 最も良く学べるティーンエイジがたくさんいます チームになることで最も良く学びます さらに実社会に即することで最もよく学びます 普通の学校が実際に行なっていることとは 全く逆です

とても良いアイディアであり 私たちは試行の段階に移りました 初めて試したのは ルートンです 空港だけは有名なところです そことブラックプールです、ビーチとレジャーで有名です 試行してみて、多くの間違いに気づき そこを改めました 若者たちは学校が大好きになりました 伝統的な学校に比べ、新しい学校はヤル気にあふれ、 実に刺激的でした おそらく何よりも大切なことですが、 2年後に試験を受けてみると このフィールドテストに参加した生徒たちは 以前は成績がよくないグループに属していましたが トップクラスに躍りでたのです 事実、トップ10%の成績となりました GCSEというイギリスの 義務教育終了試験での結果です

当然のことながら 私達が大事なことを見出したことを、理解してくれる人もいました はるか南のロンドンで 教育大臣が 自ら、大ファンだと言ってくれました ビジネス業界もこれは大事だと考えました 子供が実社会の仕事にむけて 準備できるのです 事実、商工会議所の会頭が スタジオスクール基金の代表になってくれました 大企業だけではなく 国中の小さな企業から支援されています

私たちは2校で始めました 今年は10校になりました 来年はイギリス全土で35校の開校を 予定しています それ以外に40の地域で 開校の要望があります スタジオスクールは 急速に広まっています 興味深いことに 報道されることもほとんど無く、広まったのです その背後にお金が動くことも無く広まりました ほとんど口コミだけで広がりました 教師、親、 教育関係者、といった人たちの口コミと このアイディアの魅力によって普及したのです とてもとてもシンプルなアイディアであり 教育の方向性を変え それまで軽視され、隅においやられていた 共同作業や 実践的なプロジェクトを 学習の中心に据えるのです

この秋には 一連の学校が開校します これはヨークシャーの学校で 実は、私の甥が通えると良いと思っています この学校はクリエイティブと メディア産業に特化しています 他の学校では医療や 観光、エンジニアリングなどに 特化しています

私たちは大事なことを見出せたと考えています まだ完全ではありません しかし、このアイディアは、 学校で退屈しているおそらく 何千、何万ものティーンエージャーの 人生を変えられるものだと考えています 学校では元気が出なかった生徒たちです 生徒たちは、みなさんと違って、並んで座って 何時間も講義を聞くことはできません 生徒は何かを実行したい、自らの手を汚したい、 世の中に役立つ教育を受けたいのです みなさんの中から手伝っていただける方が 現れるのを私は望んています

私たちは実験と改善を始めたばかりのところです スタジオスクールというアイディアを すべての子供への万能の回答には ならなくても、少なくとも世界中の どこにでもいるような、子供たちの何人かに 役立つ解決策にしていきたいのです みなさんの中からお手伝いいただける方が現れることを望んでいます

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画