TED日本語 - キャロル・フィッシュマン・コーエン: 空白期間後に仕事へ復帰する方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キャロル・フィッシュマン・コーエン: 空白期間後に仕事へ復帰する方法

TED Talks

空白期間後に仕事へ復帰する方法
How to get back to work after a career break
キャロル・フィッシュマン・コーエン
Carol Fishman Cohen

内容

空白期間を経て再び仕事をしたいと考えているなら、インターンシップを受けてみませんか?再就職アドバイザーのキャロル・フィッシュマン・コーエンはそうすべきだと考えています。このトークではキャロル自身が「40歳のインターン」として働いた体験や、「再就職者(リロンチャー)」の成功をサポートしている彼女の仕事、そして再就職を試みる人に対する雇用側の接し方の変化について話します。

Script

People returning to work after a career break: I call them relaunchers. These are people who have taken career breaks for elder care, for childcare reasons, pursuing a personal interest or a personal health issue. Closely related are career transitioners of all kinds: veterans, military spouses, retirees coming out of retirement or repatriating expats. Returning to work after a career break is hard because of a disconnect between the employers and the relaunchers. Employers can view hiring people with a gap on their resume as a high-risk proposition, and individuals on career break can have doubts about their abilities to relaunch their careers, especially if they've been out for a long time. This disconnect is a problem that I'm trying to help solve.

Now, successful relaunchers are everywhere and in every field. This is Sami Kafala. He's a nuclear physicist in the UK who took a five-year career break to be home with his five children. The Singapore press recently wrote about nurses returning to work after long career breaks. And speaking of long career breaks, this is Mimi Kahn. She's a social worker in Orange County, California, who returned to work in a social services organization after a 25-year career break. That's the longest career break that I'm aware of. Supreme Court Justice Sandra Day O'Connor took a five-year career break early in her career.

And this is Tracy Shapiro, who took a 13-year career break. Tracy answered a call for essays by the Today Show from people who were trying to return to work but having a difficult time of it. Tracy wrote in that she was a mom of five who loved her time at home, but she had gone through a divorce and needed to return to work, plus she really wanted to bring work back into her life because she loved working. Tracy was doing what so many of us do when we feel like we've put in a good day in the job search. She was looking for a finance or accounting role, and she had just spent the last nine months very diligently researching companies online and applying for jobs with no results.

I met Tracy in June of 2011, when the Today Show asked me if I could work with her to see if I could help her turn things around. The first thing I told Tracy was she had to get out of the house. I told her she had to go public with her job search and tell everyone she knew about her interest in returning to work. I also told her, "You are going to have a lot of conversations that don't go anywhere. Expect that, and don't be discouraged by it. There will be a handful that ultimately lead to a job opportunity."

I'll tell you what happened with Tracy in a little bit, but I want to share with you a discovery that I made when I was returning to work after my own career break of 11 years out of the full-time workforce. And that is, that people's view of you is frozen in time. What I mean by this is, when you start to get in touch with people and you get back in touch with those people from the past, the people with whom you worked or went to school, they are going to remember you as you were before your career break. And that's even if your sense of self has diminished over time, as happens with so many of us the farther removed we are from our professional identities. So for example, you might think of yourself as someone who looks like this. This is me, crazy after a day of driving around in my minivan. Or here I am in the kitchen. But those people from the past, they don't know about any of this. They only remember you as you were, and it's a great confidence boost to be back in touch with these people and hear their enthusiasm about your interest in returning to work.

There's one more thing I remember vividly from my own career break. And that was that I hardly kept up with the business news. My background is in finance, and I hardly kept up with any news when I was home caring for my four young children. So I was afraid I'd go into an interview and start talking about a company that didn't exist anymore. So I had to resubscribe to the Wall Street Journal and read it for a good six months cover to cover before I felt like I had a handle on what was going on in the business world again.

I believe relaunchers are a gem of the workforce, and here's why. Think about our life stage: for those of us who took career breaks for childcare reasons, we have fewer or no maternity leaves. We did that already. We have fewer spousal or partner job relocations. We're in a more settled time of life. We have great work experience. We have a more mature perspective. We're not trying to find ourselves at an employer's expense. Plus we have an energy, an enthusiasm about returning to work precisely because we've been away from it for a while.

On the flip side, I speak with employers, and here are two concerns that employers have about hiring relaunchers.

The first one is, employers are worried that relaunchers are technologically obsolete. Now, I can tell you, having been technologically obsolete myself at one point, that it's a temporary condition. I had done my financial analysis so long ago that I used Lotus 1-2-3. I don't know if anyone can even remember back that far, but I had to relearn it on Excel. It actually wasn't that hard. A lot of the commands are the same. I found PowerPoint much more challenging, but now I use PowerPoint all the time. I tell relaunchers that employers expect them to come to the table with a working knowledge of basic office management software. And if they're not up to speed, then it's their responsibility to get there. And they do.

The second area of concern that employers have about relaunchers is they're worried that relaunchers don't know what they want to do. I tell relaunchers that they need to do the hard work to figure out whether their interests and skills have changed or have not changed while they have been on career break. That's not the employer's job. It's the relauncher's responsibility to demonstrate to the employer where they can add the most value.

Back in 2010 I started noticing something. I had been tracking return to work programs since 2008, and in 2010, I started noticing the use of a short-term paid work opportunity, whether it was called an internship or not, but an internship-like experience, as a way for professionals to return to work. I saw Goldman Sachs and Sara Lee start corporate reentry internship programs. I saw a returning engineer, a nontraditional reentry candidate, apply for an entry-level internship program in the military, and then get a permanent job afterward. I saw two universities integrate internships into mid-career executive education programs.

So I wrote a report about what I was seeing, and it became this article for Harvard Business Review called "The 40-Year-Old Intern." I have to thank the editors there for that title, and also for this artwork where you can see the 40-year-old intern in the midst of all the college interns. And then, courtesy of Fox Business News, they called the concept "The 50-Year-Old Intern."

(Laughter)

So five of the biggest financial services companies have reentry internship programs for returning finance professionals. And at this point, hundreds of people have participated. These internships are paid, and the people who move on to permanent roles are commanding competitive salaries. And now,seven of the biggest engineering companies are piloting reentry internship programs for returning engineers as part of an initiative with the Society of Women Engineers. Now, why are companies embracing the reentry internship? Because the internship allows the employer to base their hiring decision on an actual work sample instead of a series of interviews, and the employer does not have to make that permanent hiring decision until the internship period is over. This testing out period removes the perceived risk that some managers attach to hiring relaunchers, and they are attracting excellent candidates who are turning into great hires.

Think about how far we have come. Before this, most employers were not interested in engaging with relaunchers at all. But now, not only are programs being developed specifically with relaunchers in mind, but you can't even apply for these programs unless you have a gap on your resume.

This is the mark of real change, of true institutional shift, because if we can solve this problem for relaunchers, we can solve it for other career transitioners too. In fact, an employer just told me that their veterans return to work program is based on their reentry internship program. And there's no reason why there can't be a retiree internship program. Different pool, same concept.

So let me tell you what happened with Tracy Shapiro. Remember that she had to tell everyone she knew about her interest in returning to work. Well,one critical conversation with another parent in her community led to a job offer for Tracy, and it was an accounting job in a finance department. But it was a temp job. The company told her there was a possibility it could turn into something more, but no guarantees. This was in the fall of 2011. Tracy loved this company, and she loved the people and the office was less than 10 minutes from her house. So even though she had a second job offer at another company for a permanent full-time role, she decided to take her chances with this internship and hope for the best. Well, she ended up blowing away all of their expectations, and the company not only made her a permanent offer at the beginning of 2012, but they made it even more interesting and challenging, because they knew what Tracy could handle.

Fast forward to 2015, Tracy's been promoted. They've paid for her to get her MBA at night. She's even hired another relauncher to work for her. Tracy's temp job was a tryout, just like an internship, and it ended up being a win for both Tracy and her employer.

Now, my goal is to bring the reentry internship concept to more and more employers. But in the meantime, if you are returning to work after a career break, don't hesitate to suggest an internship or an internship-like arrangement to an employer that does not have a formal reentry internship program. Be their first success story, and you can be the example for more relaunchers to come.

Thank you.

(Applause)

空白期間後 仕事に 復帰する人たちがいます 私は彼らのことを 「再就職者」と呼んでいます 中断の理由は 介護のためであったり 子育てのためであったり 興味を追及するためであったり 自身の健康問題のため であったりします これに近いものとしては 様々な職業変化をしている人があり 退役軍人や 軍人の配偶者 仕事に復帰する引退者 海外生活からの 帰還者などがそうです 中断後の仕事復帰は 難しいものです 理由は雇用者と 再就職者の間の 断絶です 雇用者は 再就職者の 履歴書に空白期間があると リスクが高いと考えます 中断の後 再就職しようとする人も 自身の能力に 疑問を持ちがちで 中断が長い場合は 特にそうです この断絶の問題こそ 私が手助けしたいと 思っていることです

成功している再就職者は どんな場所 どんな業界にもいます 写真はサミ・カファラです 彼はイギリスで 原子核物理学者をしています 5人の子供と過ごすためにとった 中断期間は5年間でした シンガポールの新聞が最近 長期間の中断を経て 仕事に復帰をする看護師を 取り上げていました 長い中断をした人と言えば ミミ・カーンです カリフォルニア州オレンジ郡在住の ソーシャルワーカーです 社会福祉団体で 再び働き始めました 中断期間は25年です 私が知る中でも 最長の中断期間です 最高裁判事の サンドラ・デイ・オコナー 彼女は キャリア初期に 5年中断しています

彼女はトレーシー・シャピロです 中断は13年でした トレーシーはテレビ番組 「トゥデイ・ショー」が募集した 仕事復帰がなかなか できない人によるエッセーに 応募しました 彼女が書いたのは 自分が家での 時間が好きな5人の子の母であること 離婚したため 再び仕事をする必要があり それ以上に 仕事をする生活を 取り戻したいことでした 働くことが本当に 好きだったんです トレーシーは 皆さんと同じように 集中できる日に 職探しを始めました トレーシーが探していたのは 財務や会計の仕事でした そして 9ヶ月間 探し続けました インターネットで とても熱心に探しては 応募しましたが うまくいきませんでした

私がトレーシーと出会ったのは 2011年6月でした 彼女の状況が良くなるように トレーシーを手伝えないかと トゥデイ・ショーから 声がかかったのです まず初めに伝えたのは 「外へ出なさい」ということでした 職探しをもっとオープンにして 自分が再就職に興味があることを 周囲の人に知らせなさいと 結果が実らなくても良いので どんどん人と話をしなさい とも伝えました うまくいかないことを予期して 失望しないようにしなさい 仕事につながるチャンスが 少しでもあるはずだからと

トレーシーに起こったことは 後ほどお話しましょう その前に私が 常勤の仕事を辞めて 11年の時を経て 復帰したときに 発見したことを お話したいと思います それは 他人から見た自分に対する認識は 過去の時点のままだということです 私が言いたいのは 昔の職場の同僚や 学校の同級生など 古い知り合いに再び 連絡を取るようになったとき 彼らが思い出すのは 中断する前の 自分だということです 時がたって自分の価値が下がったと 思っている場合でも同様です 私たちの多くが 経験することですが 中断が長いほど職業人としての意識が そがれていってしまいます 自分のことを たとえば こんな風に 見ているかもしれません 1日中ミニバンを運転した後で イライラしている私です こちらは キッチンにいる私です ですが 昔の知り合いは こんな私を知りません 彼らが覚えているのは 昔の自分です そして 昔の知り合いと 連絡を取り合うことや 復帰の意志を知って喜ぶ彼らの言葉は 自信を取り戻させてくれます

自分の中断期間について 鮮明に覚えていることが もう1つあります ビジネス・ニュースを ほとんど追っていなかったことです 私の専門は金融でしたが 家で4人の小さな子供の 世話をしていたときは ニュースをほとんど 追っていませんでした そのため 面接に行って もはや存在しない会社の話を し始めやしないか不安でした 「ウォールストリートジャーナル」を 再び購読し始め 6ヶ月間 毎日 隅から隅まで読みつくしたら 再度 ビジネスの世界の状況を 把握できるようになりました

再就職者は 労働力として 宝石のような存在だと思います 理由を説明しましょう 人生の段階を考えてください 子育てを理由に 中断をした人たちは 今後産休を取る可能性は 低いです 既に取っていますから 配偶者やパートナーの転勤は ほぼありません 人生のより安定した 時期にあります 仕事の経験も 申し分なく より成熟した考え方を 持っています 雇用主の出費で 自分探しをするようなことはしません さらに 私たちは再就職への エネルギーと熱意を持っています 正に しばらく仕事から 離れていたという理由で

一方で 雇用主に聞いたところ 再就職者の雇用に際して 不安に思われることが 2点あります

1つめは 再就職者の 持つスキルが 時代遅れになっていないかです 私自身 ある時点で 技術的に時代遅れだった 人間として言えますが それは一時的なことです 私が金融分析をしていたのはかつて ロータス1-2-3を使用していた程昔の話で そんな昔のことを覚えている人が いるか分かりませんが 私はExcelを使って 金融分析を学び直しました さほど難しくありませんでした コマンドの多くは同じでした むしろ PowerPointの方が 難しかったですが 今では しょっちゅう PowerPoint を使っています 基本的なオフィスソフトくらい 使いこなせることを 雇用主は期待していると 再就職者には言っています 期待通りのスキルを 持たない場合 そのスキルを身に付ける 責任は本人にあります もちろん可能です

雇用主が再就職者に対して 持つ心配事の2つ目は 自分で何をしたいか分かって いないのでは ということです 中断していた間に 自分の興味やスキルが 変わっているのか いないのか じっくり見つめ直すよう 再就職者には言っています それは雇用主の 仕事ではありません 雇用主に対して自分が 価値を発揮できる場所を 示すことは 再就職者の責任です

2010年に 気づき始めた ことがあります 2008年以来 再就職プログラムを 追ってきましたが 2010年 目に付くようになったのは それがインターンシップと 呼ばれているにせよ いないにせよ インターシップ的な 短期有給の仕事が 職務経験者の再就職の 方法として 使われているケースです ゴールドマンサックスや サラ・リーといった企業が 再就職インターンシップ プログラムを開始しました 仕事復帰したエンジニアがいましたが 通常とは異なる再就職候補者で 軍の新人向けインターンシップ プログラムへ応募して その後 正規採用になりました また2つの大学が インターシップ・プログラムを 職務経験者向け経営人材 教育プログラムに組み込みました

そういったことを レポートにまとめると 「ハーバードビジネスレビュー」に 取り上げられました 題名は「40歳のインターン」でした 題とイラストを付けてくれた 編集者に感謝したいです 学生インターンに混ざって 40歳のインターンがいる絵です そして FOXビジネスニュースにも 感謝します 「50歳のインターン」と 紹介していただきました

(笑)

金融最大手5社が 仕事に復帰をする 金融業務経験者向け 再就職インターンシップを導入しています 現時点で何百人もの 人たちが参加しています これらのインターンシップは 有給です そして正規採用になった人たちは 非常に魅力的な給料を得ています また エンジニアリング業界 最大手7社は 「婦人技術者協会」の働きかけで 再就職エンジニア向けインターンシップ プログラムを試行しています なぜ企業は 再就職インターンシップを 採用しているのでしょうか 理由はインターンシップをすると 雇用主は 働きぶりを見て 採用を決められるからです 何度も面接をする 必要がありません また雇用主は インターンシップ期間が終了するまで 正規雇用の決定をする 必要がありません 試用期間があることで 再就職者の雇用に伴う リスクを取り除く ことができます そしてインターンシップは いい人材へと変わる 優秀な候補者を 惹き付けることができます

私たちはここまで 来ることができました これまでは 多くの雇用者は 再就職者の雇用に 全く興味を持っていませんでした しかし今では 再就職者を想定した プログラムが 発展しているだけでなく そういったプログラムは 履歴書に空白期間がないと 応募できないのです

このことこそが 真に制度が進化したことを示す 本当の変化の 象徴であるといえます 再就職者について この問題を解決できるのなら 他の職業変化の場合にも 解決できるでしょう 実際 ある雇用主が 最近言っていました その人の会社の 退役軍人仕事復帰プログラムは 再就職インターンシップ・プログラムを ベースにしていると そして引退者向けのインターンシップが 存在していけない理由はありません 対象は異なりますが コンセプトは同じです

ではトレーシー・シャピロの ことをお話しましょう 覚えていますか 彼女は 再就職に興味があることを 知り合い皆に 言わなければなりませんでした 彼女のコミュニティの 別の親との会話のおかげで トレーシーは 採用通知をもらいました それは財務部門での 会計職でしたが 臨時の仕事でした その会社は この臨時の仕事が より待遇のいい仕事になる可能性があるが 保証はできないと伝えました 2011年秋のことでした 彼女はこの会社だけでなく 働く人たちのことも気に入り またオフィスが 自宅から10分以内でした 彼女は別の会社から 2つめのオファーを受けていて 正規雇用の仕事でしたが 最初の会社の インターンシップを選び うまくいくことを願いました 彼女は会社の期待を はるかに超える働きをして 2012年始めに その会社は 正規雇用のオファーを しただけでなく 職務内容をさらに興味深く 挑戦的なものにしました トレーシーならできると 知っていたからです

2015年まで話を進めます トレーシーは昇進しました 夜間MBAコースの受講は 会社が負担しました 彼女は部下として 再就職者を採用しました はじめの臨時の仕事は テストでした インターンシップと同様です それはトレーシーと雇用主の どちらにとっても正解でした

私の目標は より多くの雇用主たちへ 再就職インターンシップの コンセプトをお伝えしていくことです ですがその間も もし中断後に再就職したいと 願っているのであれば 雇用主が再就職インターンシップ プログラムを持っていなくとも インターンシップや それに似た契約ができないか 積極的に提案してみてください サクセスストーリーの 第一号になって 未来の再就職者たちの 見本となりましょう

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画