TED日本語 - マンディ・レン・カトロン: 恋に落ちるのは簡単だけど・・・

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マンディ・レン・カトロン: 恋に落ちるのは簡単だけど・・・

TED Talks

恋に落ちるのは簡単だけど・・・
Falling in love is the easy part
マンディ・レン・カトロン
Mandy Len Catron

内容

36の質問をするだけで、見知らぬ2人が恋に落ちるなんて想像できますか?マンディ・レン・カトロンが実際に試したところ効果がありました。そして、記事を書いたところ、あっという間に広まったのです(お母さんから記事が送られてきた人もいるかも)。しかし、それは真実の愛でしょうか?長続きするのでしょうか?そして、恋に落ちることと愛し続けることの違いとは何でしょうか?

Script

I published this article in the New York Times Modern Love column in January of this year. "To Fall in Love With Anyone, Do This." And the article is about a psychological study designed to create romantic love in the laboratory, and my own experience trying the study myself one night last summer.

So the procedure is fairly simple: two strangers take turns asking each other 36 increasingly personal questions and then they stare into each other's eyes without speaking for four minutes.

So here are a couple of sample questions.

Number 12: If you could wake up tomorrow having gained any one quality or ability, what would it be?

Number 28: When did you last cry in front of another person? By yourself?

As you can see, they really do get more personal as they go along.

Number 30, I really like this one: Tell your partner what you like about them; be very honest this time, saying things you might not say to someone you just met.

So when I first came across this study a few years earlier,one detail really stuck out to me, and that was the rumor that two of the participants had gotten married six months later, and they'd invited the entire lab to the ceremony. So I was of course very skeptical about this process of just manufacturing romantic love, but of course I was intrigued. And when I got the chance to try this study myself, with someone I knew but not particularly well, I wasn't expecting to fall in love. But then we did, and --

(Laughter)

And I thought it made a good story, so I sent it to the Modern Love column a few months later.

Now, this was published in January, and now it is August, so I'm guessing that some of you are probably wondering, are we still together? And the reason I think you might be wondering this is because I have been asked this question again and again and again for the past seven months. And this question is really what I want to talk about today. But let's come back to it.

(Laughter)

So the week before the article came out, I was very nervous. I had been working on a book about love stories for the past few years, so I had gotten used to writing about my own experiences with romantic love on my blog. But a blog post might get a couple hundred views at the most, and those were usually just my Facebook friends, and I figured my article in the New York Times would probably get a few thousand views. And that felt like a lot of attention on a relatively new relationship. But as it turned out, I had no idea.

So the article was published online on a Friday evening, and by Saturday, this had happened to the traffic on my blog. And by Sunday, both the Today Show and Good Morning America had called. Within a month, the article would receive over 8 million views, and I was, to say the least, underprepared for this sort of attention. It's one thing to work up the confidence to write honestly about your experiences with love, but it is another thing to discover that your love life has made international news --

(Laughter)

and to realize that people across the world are genuinely invested in the status of your new relationship.

(Laughter)

And when people called or emailed, which they did every day for weeks, they always asked the same question first: are you guys still together? In fact, as I was preparing this talk, I did a quick search of my email inbox for the phrase "Are you still together?" and several messages popped up immediately. They were from students and journalists and friendly strangers like this one. I did radio interviews and they asked. I even gave a talk, and one woman shouted up to the stage, "Hey Mandy, where's your boyfriend?" And I promptly turned bright red.

I understand that this is part of the deal. If you write about your relationship in an international newspaper, you should expect people to feel comfortable asking about it. But I just wasn't prepared for the scope of the response. The 36 questions seem to have taken on a life of their own. In fact, the New York Times published a follow-up article for Valentine's Day, which featured readers' experiences of trying the study themselves, with varying degrees of success.

So my first impulse in the face of all of this attention was to become very protective of my own relationship. I said no to every request for the two of us to do a media appearance together. I turned down TV interviews, and I said no to every request for photos of the two us. I think I was afraid that we would become inadvertent icons for the process of falling in love, a position I did not at all feel qualified for.

And I get it: people didn't just want to know if the study worked, they wanted to know if it really worked: that is, if it was capable of producing love that would last, not just a fling, but real love, sustainable love.

But this was a question I didn't feel capable of answering. My own relationship was only a few months old, and I felt like people were asking the wrong question in the first place. What would knowing whether or not we were still together really tell them? If the answer was no, would it make the experience of doing these 36 questions any less worthwhile? Dr. Arthur Aron first wrote about these questions in this study here in 1997, and here, the researcher's goal was not to produce romantic love. Instead, they wanted to foster interpersonal closeness among college students, by using what Aron called "sustained, escalating, reciprocal, personalistic self-disclosure." Sounds romantic, doesn't it? But the study did work. The participants did feel closer after doing it, and several subsequent studies have also used Aron's fast friends protocol as a way to quickly create trust and intimacy between strangers. They've used it between members of the police and members of community, and they've used it between people of opposing political ideologies. The original version of the story, the one that I tried last summer, that pairs the personal questions with four minutes of eye contact, was referenced in this article, but unfortunately it was never published.

So a few months ago, I was giving a talk at a small liberal arts college, and a student came up to me afterwards and he said, kind of shyly, "So, I tried your study, and it didn't work." He seemed a little mystified by this. "You mean, you didn't fall in love with the person you did it with?" I asked.

"Well ..." He paused. "I think she just wants to be friends."

"But did you become better friends?" I asked. "Did you feel like you got to really know each other after doing the study?" He nodded.

"So, then it worked," I said.

I don't think this is the answer he was looking for. In fact, I don't think this is the answer that any of us are looking for when it comes to love.

I first came across this study when I was 29 and I was going through a really difficult breakup. I had been in the relationship since I was 20, which was basically my entire adult life, and he was my first real love, and I had no idea how or if I could make a life without him. So I turned to science. I researched everything I could find about the science of romantic love, and I think I was hoping that it might somehow inoculate me from heartache. I don't know if I realized this at the time -- I thought I was just doing research for this book I was writing -- but it seems really obvious in retrospect. I hoped that if I armed myself with the knowledge of romantic love, I might never have to feel as terrible and lonely as I did then. And all this knowledge has been useful in some ways. I am more patient with love. I am more relaxed. I am more confident about asking for what I want. But I can also see myself more clearly, and I can see that what I want is sometimes more than can reasonably be asked for. What I want from love is a guarantee, not just that I am loved today and that I will be loved tomorrow, but that I will continue to be loved by the person I love indefinitely. Maybe it's this possibility of a guarantee that people were really asking about when they wanted to know if we were still together.

So the story that the media told about the 36 questions was that there might be a shortcut to falling in love. There might be a way to somehow mitigate some of the risk involved, and this is a very appealing story, because falling in love feels amazing, but it's also terrifying. The moment you admit to loving someone, you admit to having a lot to lose, and it's true that these questions do provide a mechanism for getting to know someone quickly, which is also a mechanism for being known, and I think this is the thing that most of us really want from love: to be known, to be seen, to be understood. But I think when it comes to love, we are too willing to accept the short version of the story. The version of the story that asks, "Are you still together?" and is content with a yes or no answer.

So rather than that question, I would propose we ask some more difficult questions, questions like: How do you decide who deserves your love and who does not? How do you stay in love when things get difficult, and how do you know when to just cut and run? How do you live with the doubt that inevitably creeps into every relationship, or even harder, how do you live with your partner's doubt? I don't necessarily know the answers to these questions, but I think they're an important start at having a more thoughtful conversation about what it means to love someone.

So, if you want it, the short version of the story of my relationship is this: a year ago, an acquaintance and I did a study designed to create romantic love, and we fell in love, and we are still together, and I am so glad.

But falling in love is not the same thing as staying in love. Falling in love is the easy part. So at the end of my article, I wrote, "Love didn't happen to us. We're in love because we each made the choice to be." And I cringe a little when I read that now, not because it isn't true, but because at the time, I really hadn't considered everything that was contained in that choice. I didn't consider how many times we would each have to make that choice, and how many times I will continue to have to make that choice without knowing whether or not he will always choose me. I want it to be enough to have asked and answered 36 questions, and to have chosen to love someone so generous and kind and fun and to have broadcast that choice in the biggest newspaper in America. But what I have done instead is turn my relationship into the kind of myth I don't quite believe in. And what I want, what perhaps I will spend my life wanting, is for that myth to be true.

I want the happy ending implied by the title to my article, which is, incidentally, the only part of the article that I didn't actually write.

(Laughter)

But what I have instead is the chance to make the choice to love someone, and the hope that he will choose to love me back, and it is terrifying, but that's the deal with love.

Thank you.

今年の1月に ニューヨークタイムズ紙の 現代恋愛コラムに こんな記事を載せました 『こうすれば あなたも恋に落ちる』 この記事は 恋愛を人為的に作り出すという 心理学研究と 私自身が昨年の夏 実際に試してみた際の 実体験を書いたものです

手順はとても簡単です 初対面の2人で36の質問を交互にします 内容は少しずつ個人的になっていきます 質問が終わったら お互いの目を 黙って4分間見つめます

質問をいくつか見てみましょう

質問12 明日の朝 目覚めたら 新しい資質や能力が1つ備わっているとします それは何ですか?

質問28 最近 人前で泣いたのはいつですか? ひとりで泣いたのは?

お気づきのように 進めば進むほど 個人的な内容になります

質問30 これは私のお気に入り ― 相手の好きなところを言ってください 初対面では口にしないようなことも 正直に言いましょう

数年前 この研究と出会ったとき すごく気になったことがありました 実験の参加者2人が 6ヶ月後に結婚して 研究室全体を式に 招待したという噂です もちろん 単に恋愛を作り出すだけの手順なんて 信じていませんでした でも 興味をそそられました そして 私にも実験する機会が やって来ました 相手は知人だったのですが 特に親しくもなかったですし 恋に落ちるなんて期待してませんでした でも 落ちちゃいました

(笑)

いい記事ができたと思って 数ヶ月後 新聞のコラムに 投稿しました

記事は1月に掲載され 今 8月です たぶん こんな風に思っている人が いるのではないでしょうか まだ付き合ってるの? なぜ そう考えたかというと 私自身がこの7ヶ月間 何度も何度も尋ねられたからです そして この質問が今日の本題です でも 答えはまた後で

(笑)

記事が掲載される1週間前 私はとても不安でした 恋愛についての本を書き始めてから 数年になります ブログに自分の恋愛について 書くことには慣れていました でも ブログ投稿の閲覧数は 多くても数百件で ほとんどがフェイスブックの友だちです そこで ニューヨークタイムズの 記事になれば 数千件にもなるかもしれない この比較的新しい交際にしては それでも ― かなりの注目度だと思っていました でも 蓋を開けて見て びっくり

記事は金曜日の夕方 インターネットで公開されました 土曜日までの ブログのアクセス数がこれです 日曜日までには 朝のトーク番組の 出演依頼が2件ありました 1ヶ月の間に記事の閲覧数は 800万件以上にのぼりました 少なくとも 私は こんなに注目を集めるとは 思っていなかったのです 自分の恋愛経験について オープンに書く自信を持つことと 自分の恋愛が 国際ニュースになってしまい

(笑)

世界中の人々が 始まったばかりの 私の恋愛の行方に 本気で一喜一憂することに 気づくのは別の話です

(笑)

何週間もの間 毎日電話やメールを もらったのですが 誰もが決まって最初に 同じ質問をします まだ 付き合ってるんですか? って 実際 今日の講演準備をしながら そんな質問が来ているかどうか メールの受信箱を ちょっと見てみました すぐに 何通か見つかりました 差出人は学生や記者や ― こちらのような好意的な他人でした ラジオに出たら 同じことを尋ねられました 講演をすれば 大声でこんなことを言う聴講者もいました 「ねえ マンディ 彼氏はどこにいるの?」 途端に顔が真っ赤になりました

これも記事の反響の1つなのだと思います 自分の恋愛についての記事を 国際的な新聞に載せたら 読者が気兼ねなく質問してくることは 想像つきます ただ これほどの反響になるとは 思ってもみなかったのです 36の質問は ひとり歩きしているようでした 実際 ニューヨークタイムズ紙は バレンタインデー当日に 追加記事を載せました この研究を自身で試した 読者を特集したもので 成功度合いも様々です

これだけの注目を受けて 私はまず反射的に 自分の恋愛関係を守ろうとしました 彼と一緒にマスコミの前に出る依頼は 全て断りました テレビのインタビューも ツーショット写真を求められても 断りました 恋に落ちるというプロセスの 象徴に 思いがけず なってしまうことが 怖かったのだと思います 自分にふさわしいとは全く 思えない立場でしたから

ええ 分かっています 皆さんが知りたいのは 研究の成果ではなく 実際に効果があるのかどうかです 単なる遊びの恋愛ではなく 本物の 長続きする愛を 作り出すことができるかを 知りたいのでしょう

でも 私には答えられない 質問のような気がしました 付き合い始めてから ほんの数ヶ月でしたし そもそも 皆の質問自体が 間違っているように思えました まだ続いているか知ったところで 何になるのでしょうか? もし 別れたと言えば 36の質問を試す価値が 無くなってしまうのでしょうか? アーサー・アーロン博士が 36の質問についての 研究を発表したのは1997年です 研究の目的は 恋愛を作り出すことではありませんでした 大学の学生たちの間に 親密な人間関係を作るという 目的でした そこで用いられたのが 博士曰く 「持続的に個人的な相互開示欲を高める」方法である例の36の質問です 何ともロマンティックな名前ですよね? (笑) でも 効果は確かにありました 参加者たちは お互いに より親近感を持つようになりました 見知らぬ人同士の間に信頼と 親密な関係を手早く作る方法として 博士の「ファスト・フレンド」方式は その後の研究でも使われました 警察と地域住民の間や 対立する政治思想を持つ人々の間で 利用されました 個人的な質問をした後 4分間見つめ合うという ― 私が昨年の夏に試した実験の原型は この論文でも言及されていますが あいにく 公表されなかったようです

数ヶ月前 小さなリベラルアーツ・カレッジ で 講演をした後に 1人の学生が私のところへ来て 少し恥ずかしそうに言いました 「この研究を試したけど 効果がなかったんだ」 と キツネにつままれた様子でした 「一緒に試した人と恋に落ちなかった ということね?」と私は尋ねました

「う~ん・・・」 と一息ついて 「彼女は ただ友だちでいたいんだ」 と言いました

私は聞きました 「以前より親しくなれた?」 「この研究を試した後 もっとお互いを分かりあえたと思った?」 彼はうなずきました

「それは 効果ありよ」 と私は言いました

これが彼が求めていた回答だ とは思いません 実際 恋愛において 誰も こんな答えは 求めていないと思います

初めてこの研究に出会ったのは 29歳のときでした 本当に辛い別れを経験した頃でした その彼とは 20歳から付き合っていました つまり 成人してからずっとです 私が初めて本当に愛した人で ― 彼なしの生活なんて 考えられませんでした だから 科学に頼りました 恋愛の科学について 見つけられる限り調べました 二度と心が痛まないように 免疫をつけようとしたのでしょう 当時 そのことを自覚していたかどうか わかりません 自分が書いている本のリサーチを しているだけだと思っていました でも 今思うと 本当に 見え見えですね 恋愛について知識を増やせば 当時 経験したような 辛くて寂しい思いを二度としないで済む と思ったのでしょう この知識は全て それなりに役立っています 恋愛で我慢強くなり ゆったり構えるようになりました 自分の要求を伝える自信がつきました 自分自身が はっきり見えるようにもなりました また 自分の欲求には 時折 無理があるということも わかるようになりました 私が恋愛に求めているのは 保証です 今日愛されて 明日も愛される保証ではなく 愛する人から永久に愛され続ける という保証です 私と彼が続いているかを知りたい人々が 本当に聞きたいことは この「保証」の部分なのかもしれません

メディアが伝えた36の質問の記事は 恋に落ちる近道があるかもしれない 起こりうるリスクを和らげる方法が あるかもしれないという内容でした とても魅力的な話ですよね 恋をするのは素晴らしいけれど 怖いことでもありますから 誰かを愛していると自覚したら 失うものが たくさんあることにも気づきます 36の質問は誰かと 手っ取り早く親しくなれる ― 方法であるのは確かですし 自分を知ってもらう方法 でもあります これこそ 恋愛において 私たちが本当に望んでいることですよね つまり 知ってもらい 見てもらい 理解してもらうこと しかし 恋愛をするとなると 私たちはこの手順をすぐ 短縮したがる傾向にあります 短縮版は「まだ 付き合っているの?」 という質問で始まり 「はい」 か 「 いいえ」で 満足してしまいます

そこで それよりも もっと難しい質問をすることを 提案します 例えば 誰が自分にふさわしくて 誰がふさわしくないかを どのように決めるのか? うまくいかなくなったとき どのように関係を守るのか? 別れるべき時をどう見極めるのか? 恋愛につきものの不安を どう乗り越えるのか? もっと難しい質問をするなら どのように 相手の不安と付き合うのか? こういった質問に 私が答えられるわけではありません でも 人を愛する意味について 深く考えながら会話をする ― 大事なきっかけになる問いだと 思います

さて 皆さんが気になっている ― 私の体験談の短縮版は こんな感じです 1年前 私は知人と 恋を人為的に作り出せるかを 試してみました そして 私たちは恋に落ち 今も付き合っていますし ありがたいことです

でも 恋に落ちることと 愛し続けることは同じではありません 恋に落ちるのは簡単です だから記事の最後に こう綴りました 「偶然 恋愛が降ってきたのではなく ― それぞれが 自分の意思で 選んで恋愛をしているのです」 でも今 改めて読むと 少し気まずい気分になります これが真実ではないからではなく 当時は その選択が意味することにまで 考えが及ばなかったからです つまり こういう選択の時が それぞれに 何度訪れるのか 彼が常に 私を選んでくれるとは限らないのに ― 私は何回 同じ選択を繰り返さなければ ならないのか ということです 36の質問を 交互に質問して答えたこと 寛大で、優しく、面白い人と 恋愛することにしたこと それをアメリカで最大の新聞で 発表したことで満足だったのです でも その代わり 私たちの関係は 自分ではイマイチ信じられないタイプの 神話と化してしまいました 私が望むこと おそらく この先も一生ずっと望むことは この神話が真実になることです

記事のタイトルがほのめかす ハッピーエンドにしたいと思います ちなみに 偶然にも 唯一 私が書いてない部分が このタイトルなんです

(笑)

その代わり 私には 誰かを愛することを選ぶチャンスと 彼も私を愛することを 選んで欲しいという願いがあります 怖いけれど これが恋愛なのです

ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画