TED日本語 - ジョン・ディレイニー: 海底ケーブル網で実現するリアルタイム海洋観測

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジョン・ディレイニー: 海底ケーブル網で実現するリアルタイム海洋観測

TED Talks

海底ケーブル網で実現するリアルタイム海洋観測
Wiring an interactive ocean
ジョン・ディレイニー
John Delaney

内容

海洋学者ジョン・ディレイニーは、高解像度カメラとセンサーのネットワークを構築することにより、海洋を全地球的な双方向の実験室にしようとしている。海底とその下の地中の世界について、膨大な量のデータを誰もが引き出せる時代がそこまで来ている。

Script

For a moment, what I need to do is project something on the screen of your imagination. We're in 17th century Japan on the west coast, and a little, wizened monk is hurrying along, near midnight, to the crest of a small hill. He arrives on the small hill, dripping with water. He stands there, and he looks across at the island, Sado. And he scans across the ocean, and he looks at the sky. Then he says to himself, very quietly, "[ Turbulent the sea, ] [ Stretching across to Sado ] [ The Milky Way ] ." Basho was a brilliant man. He said more with less than any human that I have ever read or talked to. Basho, in 17 syllables, juxtaposed a turbulent ocean driven by a storm now past, and captured the almost impossible beauty of our home galaxy with millions of stars, probably hundreds and hundreds of -- who knows how many -- planets, maybe even an ocean that we will probably call Sylvia in time. As he was nearing his death, his disciples and followers kept asking him, "What's the secret? How can you make haiku poems so beautiful so easily?" And toward the end, he said, "If you would know the pine tree, go to the pine tree." That was it.

(Laughter)

Sylvia has said we must use every capacity we have in order to know the oceans. If we would know the oceans, we must go to the oceans. And what I'd like to talk to you today about, a little bit, is really transforming the relationship, or the interplay, between humans and oceans with a new capability that is not at all routine yet. I hope it will be. There are a few key points. One of them is the oceans are central to the quality of life on earth. Another is that there are bold, new ways of studying oceans that we have not used well yet. And the last is that these bold, new ways that we are exploring as a community will transform the way we look at our planet, our oceans, and eventually how we manage probably the entire planet, for what it's worth. So what scientists do when they begin is to start with the system. They define what the system is. The system isn't Chesapeake Bay. It's not the Kuril arc. It's not even the entire Pacific. It's the whole planet, the entire planet, continents and oceans together. That's the system.

And basically, our challenge is to optimize the benefits and mitigate the risks of living on a planet that's driven by only two processes,two sources of energy,one of which is solar, that drives the winds, the waves, the clouds, the storms and photosynthesis. The second one is internal energy. And these two war against one another almost continuously. Mountain ranges, plate tectonics, moves the continents around, forms ore deposits. Volcanoes erupt. That's the planet that we live on. It's immensely complex.

Now I don't expect all of you to see all the details here, but what I want you to see is this is about 10 percent of the processes that operate within the oceans almost continuously, and have for the last 4 billion years. This is a system that's been around a very long time. And these have all co-evolved. What do I mean by that? They interact with one another constantly. All of them interact with one another. So the complexity of this system that we're looking at, the one driven by the sun -- upper portion, mostly -- and the lower portion is partly driven by the input from heat below and by other processes. This is very, very important because this is the system, this is the crucible, out of which life on the planet came, and it's now time for us to understand it. We must understand it. That's one of the themes that Sylvia reminds us about: understand this ocean of ours, this basic life support system, the dominant life support system on the planet.

Look at this complexity here. This is only one variable. If you can see the complexity, you can see how tiny, little eddies and large eddies and the motion -- this is just sea surface temperature, but it's immensely complicated. Now a layer in, the other two or three hundred processes that are all interacting, partly as a function of temperature, partly as a function of all the other factors, and you've got a really complicated system. That's our challenge, is to understand, understand this system in new and phenomenal ways. And there's an urgency to this. Part of the urgency comes from the fact that, of order, a billion people on the planet currently are undernourished or starving. And part of the issue is for Cody -- who's here,16 years old -- and I have permission to relay this number. When he,40 years from now, is the age of Nancy Brown, there are going to be another two and a half billion people on the planet. We can't solve all the problems by looking only at the oceans, but if we don't understand the fundamental life support system of this planet much more thoroughly than we do now, then the stresses that we will face, and that Cody will face, and even Nancy, who's going to live till she's 98, will have really problems coping.

All right, let's talk about another perspective on the importance of the oceans. Look at this diagram, which is showing warm waters in red, cool waters in blue, and on the continents, what you're seeing in bright green, is the growth of vegetation, and in olive green, the dieback of vegetation. And in the lower left hand corner there's a clock ticking away from 1982 to 1998 and then cycling again. What you'll see is that the rhythms of growth, of vegetation -- a subset of which is food on the continents -- is directly tied to the rhythms of the sea surface temperatures. The oceans control, or at least significantly influence, correlate with, the growth patterns and the drought patterns and the rain patterns on the continents. So people in Kansas, in a wheat field in Kansas, need to understand that the oceans are central to them as well. Another complexity: this is the age of the oceans. I'm going to layer in on top of this the tectonic plates. The age of the ocean, the tectonic plates, gives rise to a totally new phenomenon that we have heard about in this conference.

And I share with you some very high-definition video that we collected in real time. Seconds after this video was taken, people in Beijing, people in Sydney, people in Amsterdam, people in Washington D.C. were watching this. Now you've heard of hydrothermal vents, but the other discovery is that deep below the sea floor, there is vast reservoir of microbial activity, which we have only just discovered and we have almost no way to study. Some people have estimated that the biomass tied up in these microbes living in the pours and the cracks of the sea floor and below rival the total amount of living biomass at the surface of the planet. It's an astonishing insight, and we have only found out about this recently. This is very, very exciting. It may be the next rainforest, in terms of pharmaceuticals. We know little or nothing about it.

Well, Marcel Proust has this wonderful saying that, "The real voyage of discovery consists not so much in seeking new territory, but possibly in having new sets of eyes," new ways of seeing things, a new mindset. And many of you remember the early stages of oceanography, when we had to use what we had at our fingertips. And it wasn't easy. It wasn't easy in those days. Some of you remember this, I'm sure. And now, we have an entire suite of tools that are really pretty powerful -- ships, satellites, moorings. But they don't quite cut it. They don't quite give us what we need.

And the program that I wanted to talk to you about just a little bit here, was funded, and it involves autonomous vehicles like the one running across the base of this image. Modeling: on the right hand side, there's a very complex computational model. On the left hand side, there's a new type of mooring, which I'll show you in just a second. And on the basis of several points, the oceans are complex, and they're central to the life on earth. They are changing rapidly, but not predictably. And the models that we need to predict the future do not have enough data to refine them. The computational power is amazing. But without data, those models will never ever be predicted. And that's what we really need. For a variety of reasons they're dangerous, but we feel that OOI, this Ocean Observatory Initiative, which the National Science Foundation has begun to fund, has the potential to really transform things. And the goal of the program is to launch an era of scientific discovery and understanding across and within the ocean basins, utilizing widely accessible, interactive telepresence. It's a new world.

We will be present throughout the volume of the ocean, at will, communicating in real time. And this is what the system involves, a number of sites in the southern hemisphere, shown in those circles. And in the northern hemisphere there are four sites. I won't talk a lot about most of them right here, but the one on the west coast, that's in the box, is called the regional scale nodes. It was once called Neptune. And let me show you what's behind it.

Fiber: next-generation way of communicating. You can see the copper tips on these things. You can transmit power, but the bandwidth is in those tiny, little threads smaller than the hair on your head in diameter. And this particular set here can transmit something of the order of three to five terabits per second. This is phenomenal bandwidth. And this is what the planet looks like. We are already laced up as if we're in a fiber optic corset, if you like. This is what it looks like. And the cables go really continent to continent. It's a very powerful system, and most of our communications consist of it.

So this is the system that I'm talking about, off the west coast. It's coincident with the tectonic plate, the Juan de Fuca tectonic plate. And it's going to deliver abundant power and unprecedented bandwidth across this entire volume -- in the overlying ocean, on the sea floor and below the sea floor. Bandwidth and power and a wide variety of processes that will be operating. This is what one of those primary nodes looks like, and it's like a sub station with power and bandwidth that can spread out over an area the size of Seattle. And the kind of science that can be done will be determined by a variety of scientists who want to be involved and can bring the instrumentation to the table. They will bring it and link it in. It'll be, in a sense, like having time on a telescope, except you'll have your own port. Climate change, ocean acidification, dissolved oxygen, carbon cycle, coastal upwelling, fishing dynamics -- the full spectrum of earth science and ocean science simultaneously in the same volume. So anyone coming along later simply accesses the database and can draw down the information they need about anything that has taken place. And this is just the first of these. In conjunction with our Canadian colleagues, we've set this up.

Now I want to take you into the caldera. On the left hand side there is a large volcano called Axial Seamount. And we're going to go down into the Axial Seamount using animation. Here's what this system is going to look like that we are funded to build at this point. Very powerful. That's an elevator that's constantly moving up and down, but it can be controlled by the folks on land who are responsible for it. Or they can transfer control to someone in India or China who can take over for a while, because it's all going to be directly connected through the Internet. There will be massive amounts of data flowing ashore, all available to anyone who has any interest in using it. This is going to be much more powerful than having a single ship in a single location, then move to a new location.

We're flying across the caldera floor. There is a number of robotic systems. There's cameras that can be turned on and off at your will, if those are your experiments. The kinds of systems that will be down there, the kinds of instruments that will be on the sea floor, consist of -- if you can read them there -- there's cameras, there's pressure sensors, fluorometers, there's seismometers. It's a full spectrum of tools. Now, that mound right there actually looks like this. This is what it actually looks like. And this is the kind of activity that we can see with high-definition video, because the bandwidth of these cables is so huge that we could have five to 10 stereo HD systems running continuously and, again, directed through robotic techniques from land. Very, very powerful. And these are the things that we're funded to do today.

So what can we actually do tomorrow? We're about to ride the wave of technological opportunity. There are emerging technologies throughout the field around oceanography, which we will incorporate into oceanography, and through that convergence, we will transform oceanography into something even more magical. Robotics systems are just incredible these days, absolutely incredible. And we will be bringing robotics of all sorts into the ocean. Nanotechnology: this is a small generator. It's smaller than a postage stamp, and it can generate power just by being attached to your shirt as you move. Just as you move, it generates power. There are many kinds of things that can be used in the ocean, continuously. Imaging: Many of you know a good deal more about this type of thing than I, but stereo imaging at four times the definition that we have in HD will be routine within five years.

And this is the magic one. As a result of the human genome process, we are in a situation where events that take place in the ocean -- like an erupting volcano, or something of that sort -- can actually be sampled. We pump the fluid through one of these systems, and we press the button, and it's analyzed for the genomic character. And that's transmitted back to land immediately. So in the volume of the ocean, we will know, not just the physics and the chemistry, but the base of the food chain will be transparent to us with data on a continuous basis. Grid computing: the power of grid computers is going to be just amazing here. We will soon be using grid computing to do pretty much everything, like adjust the data and everything that goes with the data. The power generation will come from the ocean itself. And the next generation fiber will be simply magic. It's far beyond what we currently have. So the presence of the power and the bandwidth in the environment will allow all of these new technologies to converge in a manner that is just unprecedented.

So within five to seven years, I see us having a capacity to be completely present throughout the ocean and have all of that connected to the Internet, so we can reach many, many folks. Delivering the power and the bandwidth into the ocean will dramatically accelerate adaptation. Here's an example. When earthquakes take place, massive amounts of these new microbes we've never seen before come out of the sea floor. We have a way of addressing that, a new way of addressing that. We've determined from the earthquake activity that you're seeing here that the top of that volcano is erupting, so we deploy the troops. What are the troops? The troops are the autonomous vehicles, of course. And they fly into the erupting volcano. They sample the fluids coming out of the sea floor during an eruption, which have the microbes that have never been to the surface of the planet before. They eject it to the surface where it floats, and it is picked up by an autonomous airplane, and it's brought back to the laboratory within 24 hours of the eruption. This is doable. All the pieces are there.

A laboratory: many of you heard what happened on 9/7. Some doctors in New York City removed the gallbladder of a woman in France. We could do work on the sea floor that would be stunning, and it would be on live TV, if we have interesting things to show. So we can bring an entirely new telepresence to the world, throughout the ocean. This -- I've shown you sea floor -- but so the goal here is real time interaction with the oceans from anywhere on earth. It's going to be amazing.

And as I go here, I just want to show you what we can bring into classrooms, and indeed, what we can bring into your pocket. Many of you don't think of this yet, but the ocean will be in your pocket. It won't be long. It won't be long.

So let me leave you then with a few words from another poet, if you'll forgive me. In 1943, T.S. Eliot wrote the "Four Quartets." He won the Nobel Prize for literature in 1948. In "Little Gidding" he says -- speaking I think for the human race, but certainly for the TED Conference and Sylvia -- "We shall not cease from exploration, and the end of all our exploring will be to arrive where we started and know the place for the first time, arrive through the unknown remembered gate where the last of earth left to discover is that which was the beginning. At the source of the longest river the voice of a hidden waterfall not known because not looked for, but heard, half heard in the stillness beneath the waves of the sea."

Thank you.

(Applause)

想像してみてください 心のスクリーンに思い描いてほしいのです ここは17世紀の日本 西の海岸です 真夜中近く 小山の頂へと 急ぎ足で向かう しわだらけの年老いた僧 小山にたどり着くと 濡れた身体のまま そこに佇み 佐渡の方を見やる 海を見渡し 空を仰ぐ そして静かにつぶやく 「荒海や 佐渡に横たふ 天河(あまのがわ)」 芭蕉はすばらしい人物でした 私の知る限り 誰よりも少ない言葉で 誰よりも多くを語りました わずか17音節で 芭蕉が描いた情景は 嵐が去った後の 荒海と 信じられないほど美しい 銀河にきらめく 無数の星々 何百万という星には 数えきれないほどの惑星が存在するはずで そこにはいつかシルビアと呼ばれる 海があるかもしれません 芭蕉は晩年 門人たちから よくこう問われました 「どんな秘密があるのでしょう これほど美しい句を なぜ そんなに易々と詠めるのですか?」 芭蕉はこう答えていました 「松のことは 松に習え」 それだけです

(笑)

海を知るには ありったけの力を傾けなければならないと シルビア(Sylvia Earle)は言いました 海を知りたければ 海に習わねばなりません 今日みなさんにお話ししたいのは 人と海との関係 人と海との相互作用に 変化をもたらしつつあるものです この新しい能力は 今はまだ普及していませんが いずれ広まればと願っています キーポイントを挙げておくと まず 地球上の生活の質を維持するのに 海が中心的な役割を果たしているということ 次に これまで海の研究に あまり使われなかった まったく新しい方法を 私たちが手にしているということ そして最後に 私たちのコミュニティが研究している この新しい方法は 地球や海についての見方を変え ひいては地球全体の扱い方を 一変させるでしょう その価値にふさわしいやり方へと 科学者がまず手をつけるのは 自分の扱う系を決めることです それがどのような系かを最初に定義します チェサピーク湾でもなく 千島弧でも 太平洋全体でもない 地球全体です 大陸も海も含めた この惑星全体 それが私たちの扱う系です

基本的に 私たちが挑戦しているのは この惑星に暮らす利点を 最大限に利用し リスクを軽減することです 地球の生命に影響するエネルギーは 2つのプロセス 2つの源からのみ供給されます 1つは太陽で 風や波 雲や嵐を起こし 光合成を可能にします もう1つは 地球内部のエネルギーです これら2つが ほぼ絶え間なく 互いにせめぎ合っています 山脈すなわち プレートテクトニクスが 大陸を移動させ 鉱床を形成し 火山を噴火させます それが私たちの暮らす惑星 きわめて複雑な系です

この場ですべてを詳細に 理解してもらえるとは思いませんが 皆さんに分かっていただきたいのは 海の中で過去40億年にわたって ほぼ絶え間なく 続いてきたプロセスの これは約10パーセントだということです この系は非常に長期続いています あらゆるものが共進化してきました どういう意味かというと すべてが絶えず 相互に作用しあっているということ すべてが互いに影響を及ぼしています 私たちが目にするこの系の複雑さ 上層はほとんどが 太陽の影響を受けていますが 下層には 地下からくる熱 その他のプロセスの 影響を受けています このことは とても重要です 地球上の生命は このるつぼのような系から 生じたのですから 私たちはこのことを 理解すべき段階にきています ぜひとも理解しなければ これはシルビアが 注意を喚起したテーマの1つ 私たちの海を理解すること 生命を支える基本的な系 ― この惑星上の生命を支える 支配的な系を理解すること

この複雑さを見てください これは変数の一つです 複雑さに目を向けると 小さな渦や 大きな渦の 動きが分かります 単に海水の表面温度を示していますが ものすごく複雑です さらに下の層では 相互に作用する 温度の関数でもあり 他のすべての要因の関数でもある 2~300のプロセスが導入されます これは本当に複雑な系です 私たちが挑戦しているのは 新しい驚異的な方法で この系を理解することです これは緊急の課題です なぜなら 1つには いまこの惑星に暮らしている人々のうち ほぼ10億人が 栄養不足や飢餓に苦しんでいるから また1つには ここにいるコーディーのため ― コーディーはいま 16歳で ― 年齢のことを言う許しをもらっていますが ― 40年後 コーディが ナンシー・ブラウンの年齢になったとき この惑星上の人口は さらに25億人増えているでしょう 海に目を向けるだけで すべての問題を 解決できるわけではありませんが この惑星の生命を支える 基本的な系について 現在よりずっと詳細に 理解することができなければ 私たちは ― コーディーも 98歳になったナンシーも 本当に深刻な事態に直面するでしょう

では 海の重要性について 別の面からお話ししましょう この図を見てください 水温の高いところを赤 低いところを青で示しています 大陸の明るい緑の部分は 植物が生えているところ オリーブ色は植物が枯死しているところです 左下に時間の経過が示され 1982年から1998年までを 繰り返しています ここから何が分かるかというと 植物の成長のリズムは ― 大陸での食糧生産もそこに含まれますが ― 海水の表面温度のリズムと 直接結びついているということです 海は 大陸における植物の成長や 干ばつや 降水パターンと 関連があり はっきりとした影響を与え コントロールさえしています だから カンザス州で小麦を栽培する人々も 自分たちにとって 海がきわめて重要だということを 理解する必要があります 別の複雑さをお見せしましょう これは海洋の年代を示しています そこに構造プレートを重ねます 海洋の年代と 構造プレートを重ね合わせると まったく新しい現象が見られることが このカンファレンスで 紹介されました

ここで リアルタイムで捉えた 高画質ビデオをお見せしましょう この映像は 撮影時点からほんの数秒遅れで 北京やシドニー アムステルダム ワシントンDCで見られていました 熱水噴出孔のことはご存じと思いますが もう1つの発見は 海底よりずっと下の地中で 大量の微生物が活動しているということ まだ発見されたばかりで 研究する方法はほとんどありませんが ある人たちの推定によると この微生物 ― 海底やそのもっと下の 割れ目や小さな孔に棲んでいる 微生物のバイオマスは 地表に棲んでいる生物の バイオマス全体に匹敵するといいます これは驚くべき発見で ごく最近わかったことです たいへん刺激的です 製薬の分野にとって これが次の “熱帯雨林” になるかもしれません まだほとんどわかっていません

マルセル・プルーストはこう言いました 「真の発見の旅は 新しい土地を探すことよりも むしろ新しい目を持つことにある」 新しい物の見方 新しい考え方です 覚えている人も多いでしょうが 初期の海洋研究では 手近にあるものを使うしかありませんでした 当時は 本当に大変だったのです きっと覚えている人もいるはずです でも今は いろいろな道具が使えます 実に強力なツールが揃っています 調査船 観測衛星 係留ブイ 必ずしも期待通りではありません 必要を満たしてくれるとは限らない

プログラムのごく一部をここで紹介します プログラムには研究費が提供され 画面の下の方を動いていくような 自走式の機器も使えます モデリングは 右側に見えるような コンピュータによる 非常に複雑なモデルを使います 左側にあるのは 新しいタイプの係留ブイで これはすぐ後で お目にかけます いくつかの点で 基本となるのは 海は複雑であり 地球上の生命にとって 欠かせないものだということ 海は急速に変化していますが 予測はできません 将来を予測するにはモデルが必要ですが モデルを精緻化するための 十分なデータがありません コンピュータの計算能力は 驚くほど高まっています しかし データがなければ モデルを予測に役立てることはできません 本当に必要なのはデータです いろいろな理由で危険な面もありますが 海洋観測所イニシアチブ(OOI) ― このイニシアチブに 国立科学財団が 研究費を提供していて 状況が大きく変わる可能性があります プログラムの目標は 科学的発見と理解を 海底や さらにその下の領域に届かせること 広くアクセス可能な インタラクティブな テレプレゼンスを使ってです これが新しい世界です

広い海のどこにでも 思うがままに移動し リアルタイムで情報を得られます このシステムの 南半球にあるいくつかの観測点を 円で示しています 北半球には観測点が4つあります 詳しくは説明しませんが 米西海岸の 四角で囲った施設は 地域規模ノードと呼ばれています かつてはNeptune(ネプチューン)と 呼ばれていました この仕組みを支えるのは

光ファイバーによる次世代の通信技術です ここに銅の部分が見えますね 電力も送れますが データを送る広帯域の経路となるのは 髪の毛よりも細いファイバーです ここに示したケーブルで 1秒間に3~5テラビットの情報を 伝送できます きわめて大きな帯域幅です 地球全体がこんなふうに結ばれて いわば光ファイバーの コルセットをしたような具合です ちょうどこんなふうに 大陸と大陸をケーブルで結んで 非常に強力なシステムが 私たちの通信のほとんどを支えています

これが先ほどの 西海岸のシステムで たまたまフアン・デ・フカという プレートと重なっています 大電力を送れる給電路と かつてないほどの帯域幅が これほどの規模で 海中へ 海底とその下の地中へと供給され 広帯域の伝送路と電力 さらにいろいろなプロセスが 機能するようになります これが主要なノードの1つ ― 電源と通信機能を備えた 海中ステーションで シアトルほどの面積をカバーできます どんな科学研究に役立つか ― それは どれだけ多様な科学者が参加し 科学計測のアイデアを 出せるかにかかっています 計測方法を考案し 結びつける いわば 天文台で望遠鏡の使用時間を 配分するようなものです ただし自分のポートで利用可能です 気候変動 海の酸性化 溶存酸素 炭素循環 沿岸湧昇 漁業資源の変動 ― 地球科学と海洋科学の あらゆる領域において 同じ規模で 同時にデータが得られます 後から参加する人は誰でも ただデータベースにアクセスすれば どんな事象についてであれ 必要な情報を引き出せるのです これはほんの手始めで カナダの研究者たちと協力して作った システムです

では このカルデラを見てみましょう 左側にあるのは アキシアル海山という大きな火山です アニメーションで アキシアル海山の中に降りてみましょう このシステムは今 このように計画されています とても強力です 上昇下降を繰り返すエレベーターは 地上から 制御できます インドや中国にいる人に しばらくの間 制御を委ねることもできます すべてがインターネットを通じて 直接結ばれるからです 膨大なデータが陸上へと流れ 興味があれば 誰でも入手できるようになります どこか1箇所に船を出し また別の場所に移動する ― そんなやり方よりも ずっと強力です

いま カルデラの底を横切っています いくつもロボットシステムがあります カメラのスイッチも 実験内容に応じて ― 自由にオンオフできます 配置されるシステム ― 海底に設置される観測機器は ― 画面の文字が読めるでしょうか ― カメラ 圧力センサ 蛍光計 地震計… ありとあらゆる観測機器です そこの盛り上がっている部分は 実際はこんなふうに見えます これが実際の様子です そしてこれが 高解像度で見る実際の活動 ― ケーブルの帯域幅が きわめて広いので 5~10系統の ステレオHDシステムを 継続的に作動させつつ 地上からの ロボット技術で操縦できます たいへん強力です 現在 私たちはこうした活動に 研究費を得ています

将来はどんなことが可能に? いまはちょうど 技術的発展の波に乗ろうというところ 海洋学に関連する分野で 新しい技術がどんどん生まれていて やがて海洋学の研究に 取り入られていくでしょう さまざまな技術が組み合わされて 海洋学はさらに驚異的な変貌を 遂げるでしょう いまやロボットシステムは 驚くほど高度なものになっています 私たちはあらゆる種類のロボット技術を 海に持ち込もうとしています これはナノテクを使った小さな発電装置 切手よりも小さく シャツに付けて身体を動かすだけで 発電できます ただ動くだけで 電力が得られるのです 海で継続的に使える装置が いろいろあります 画像処理技術については 私より皆さんの方が詳しいでしょう 解像度が現在のHDの4倍という 立体画像が 5年以内に当たり前のものになります

本当に見事なものです ヒトジノム解析の成果により 私たちは今や 海で起きている事象についても ― たとえば海底火山の噴火 といった事象について 試料を収集することが出来ます 噴出物を システムに送り込み ボタンを押すと ジノム解析が行われ データは直ちに陸上へと送られます 広大な海について 物理や化学だけでなく 食物連鎖の基盤も 絶え間なく流入するデータに基づいて 見通せるようになります グリッドコンピュータのパワーは 本当に驚異的です グリッドコンピューティングは近いうちに データの調整その他 データに関係する ほぼすべての作業に 使われるようになるでしょう そのための電力は 海で作られます 次世代の光ファイバーも 本当に素晴らしい 現在の光ファイバーを はるかに超えるものです 電力と広帯域の伝送路が 環境に供給されることで すべての新しいテクノロジーを かつてないやり方で組み込めます

5年から7年のうちに テレプレゼンスを使って 海のどこからでも 情報を収集し すべてがインターネットで結ばれ 大勢の人たちとやりとりできます 電力と広帯域の伝送路を 海に張り巡らすことで 適応力が劇的に増大します 一例をあげると 地震が起きたとき これまで見たこともない新種の微生物が 海底から噴き出してきます 新しい方法で これを分析できるのです ここに示す地震活動から 火山の噴火が始まったと判断して 部隊を派遣します もちろん 自律走行する機器の部隊です 活動を始めた海底火山へと急行し 海底からの噴出物の サンプルを集めます そこには今まで 一度も地上に出たことのない 微生物が含まれています サンプルの入った容器が射出され 海面に浮上すると 自律飛行する航空機がそれを拾い上げ 研究所に運びます 噴火が始まって24時間以内にです これは実現可能で 技術はすべてそろっています

9月7日に何があったか ご存じの方は多いでしょう ニューヨークにいる外科医のチームが 遠隔操作で フランスにいる女性の患者の 胆嚢切除術をしたのです 海底でも 驚くようなことができるでしょう 見ていて面白い作業なら テレビで生中継もできます まったく新しいテレプレゼンスを 世界中の海へと広げられるのです ここでは海底の様子を見てもらいました 目標は 地球上のどこからでも 海とリアルタイムでやりとりできる技術 本当に驚くようなことが実現します

たとえば教室の中に 何を持ち込めるかということ さらには ポケットの中にさえ持ち込める 考えたこともないという人は多いでしょうが ポケットの中に海があるという時代がきます 遠い先の話ではありません

では 締めくくりとして また別の詩人の言葉を 皆さんに贈りたいと思います 1943年に T.S.エリオットは 『四つの四重奏』を 書きました ノーベル文学賞を受賞したのは 1948年 『リトル・ギッディング』で エリオットは ― 人類全体のことを語っています もちろん TEDカンファレンスと シルビアのことでもあります 「われらは探索をやめることがない すべてわれらの探索は われらが出発した場所に回帰して終わる しかもその地を 初めて知ることになる 未知でありながら 記憶の中に残る門を抜け 地上で最後に見出すその場所は 最初にあったところなのだ 最も長い川の源には 隠された滝の声 知られていないのは 探していないから それでも聞こえる かすかに聞こえる 海の波の下 静けさのなかに」

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画