TED日本語 - エヴァン・ウィリアムズ: Twitterユーザーの声に耳を傾ける

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エヴァン・ウィリアムズ: Twitterユーザーの声に耳を傾ける

TED Talks

Twitterユーザーの声に耳を傾ける
Evan Williams on what's behind Twitter's explosive growth
エヴァン・ウィリアムズ

内容

Twitterの一口サイズのメモによる即座に反応が得られるコミュニケーションは、たくさんのライフキャスト信奉者を集めています。共同創業者であるエヴァン・ウィリアムズが、ユーザーから学んで驚いたことや、会社を進めてきた方法について明かします。

Script

Four years ago, on the TED stage, I announced a company I was working with at the time called Odeo. And because of that announcement, we got a big article in The New York Times, which led to more press, which led to more attention, and me deciding to become CEO of that company -- whereas I was just an adviser -- and raising a round of venture capital and ramping up hiring.

One of the guys I hired was an engineer named Jack Dorsey, and a year later, when we were trying to decide which way to go with Odeo, Jack presented an idea he'd been tinkering around with for a number of years that was based around sending simple status updates to friends. We were also playing with SMS at the time at Odeo, so we kind of put two and two together, and in early 2006 we launched Twitter as a side project at Odeo.

Now, it's hard to justify doing a side project at a startup, where focus is so critical, but I had actually launched Blogger as a side project to my previous company, thinking it was just a little thing we'd do on the side, and it ended up taking over not only the company, but my life for the next five or six years. So I learned to follow hunches even though you can't necessarily justify them or know where they're going to go. And that's kind of what's happened with Twitter, time after time.

So, for those of you unfamiliar, Twitter is based around a very simple, seemingly trivial concept. You say what you're doing in 140 characters or less, and people who are interested in you get those updates. If they're really interested, they get the update as a text message on their cell phone. So, for instance, I may Twitter right now that I'm giving a talk at TED. And in my case, when I hit send, up to 60,000 people will receive that message in a matter of seconds. Now, the fundamental idea is that Twitter lets people share moments of their lives whenever they want, be they momentous occasions or mundane ones. It is by sharing these moments as they're happening that lets people feel more connected and in touch, despite distance, and in real time. This is the primary use we saw of Twitter from the beginning, and what got us excited.

What we didn't anticipate was the many, many other uses that would evolve from this very simple system. One of the things we realized was how important Twitter could be during real-time events. When the wildfires broke out in San Diego, in October of 2007, people turned to Twitter to report what was happening and to find information from neighbors about what was happening around them.

But it wasn't just individuals. The L.A. Times actually turned to Twitter to dispense information as well, and put a Twitter feed on the front page, and the L.A. Fire Department and Red Cross used it to dispense news and updates as well. At this event, dozens of people here are Twittering and thousands of people around the world are following along because they want to know what it feels like to be here and what's happening.

Among the other interesting things that have cropped up

are many things from businesses,

from marketing and communications and predictable things, to an insanely popular Korean-barbecue taco truck that drives around L.A. and Twitters where it stops, causing a line to form around the block.

Politicians have recently begun Twittering. In fact, there are 47 members of Congress who currently have Twitter accounts. And they're tweeting, in some cases, from behind closed-door sessions with the President. In this case, this guy's not liking what he's hearing. The President himself is our most popular Twitter user, although his tweets have dropped off as of late, while Senator McCain's have picked up. As have this guy's.

Twitter was originally designed as a broadcast medium: you send one message and it goes out to everybody, and you receive the messages you're interested in. One of the many ways that users shaped the evolution of Twitter was by inventing a way to reply to a specific person or a specific message. So, this syntax, the "@ username" that Shaquille O'Neal's using here to reply to one of his fans, was completely invented by users, and we didn't build it into the system until it already became popular and then we made it easier. This is one of the many ways that users have shaped the system.

Another is via the API. We built an application-programming interface, which basically means that programmers can write software that interacts with Twitter. We currently know about over 2,000 pieces of software that can send Twitter updates -- interfaces for Mac, Windows, your iPhone, your BlackBerry -- as well as things like a device that lets an unborn baby Twitter when it kicks or a plant Twitter when it needs water.

Probably the most important third-party development came from a little company in Virginia called Summize. Summize built a Twitter search engine. And they tapped into the fact that, if you have millions of people around the world talking about what they're doing and what's around them, you have an incredible resource to find out about any topic or event while it's going on. This really changed how we perceived Twitter. For instance, here's what people are saying about TED. This is another way that our mind was shifted, and Twitter wasn't what we thought it was. We liked this so much we actually bought the company and are folding it into the main product. This not only lets you view Twitters in different ways, but it introduces new use cases as well. One of my favorites is what happened a few months ago when there was a gas shortage in Atlanta. Some users figured out that they would Twitter when they found gas -- where it was, and how much it cost -- and then appended the keyword "# atlgas" which let other people search for that and find gas themselves.

And this trend of people using this communication network to help each other out goes far beyond the original idea of just keeping up with family and friends. It's happened more and more lately, whether it's raising money for homeless people or to dig wells in Africa or for a family in crisis. People have raised tens of thousands of dollars over Twitter in a matter of days on several occasions. It seems like when you give people easier ways to share information, more good things happen.

I have no idea what will happen next with Twitter. I've learned to follow the hunch, but never assume where it will go. Thanks.

(Applause)

Chris Anderson: We're not quite done yet. So, look, if we could have this screen live. This is actually the most terrifying thing that any speaker can do after they've been to an event. It's totally intimidating.

So, this would be the Twitter search screen. So we're going to just type a couple of random words into Twitter. For example: "Evan Williams." "Evan Williams, give people more good ways to share information and follow your hunch at TED." "Currently listening to Evan Williams." "Currently listening to Evan Williams." "Evan Williams --" Oh. "Evan Williams is just dying on stage here at TED. Worst talk ever!" (Laughter)

Evan Williams: Nice. Thanks.

CA: Just kidding.

But, literally in the eight minutes he was talking, there are about fifty tweets that already came on the talk. So he'll see every aspect of the reaction: the fact that Barack Obama is the biggest Twitterer, the fact that it came out of TED. I don't think there's any other way of getting instant feedback that way.

You have build something very fascinating, and it looks like its best times are still ahead of it. So, thank you very much, Evan. EW: Thank you. CA: That was very interesting.

4年前 このTEDの場で その当時取り組んでいたOdeoという会社について 発表しました そして あの発表によって ニューヨーク・タイムズ紙に大きな記事が掲載され 更に多くのマスコミと 多くの注目を得たことで 僕はその会社のCEOを引き受けることになりました といっても,僕はただの相談役だったのですが そしてベンチャーキャピタルからの資金調達を経て 従業員を増やしはじめました

その中にジャック・ドーシーというエンジニアがいました 一年後 Odeoの方向性を決めようとしていた時に ジャックが何年も弄んでいたアイデアを披露してくれたのですが それは基本的には 友達に近況を簡単に伝えるというものでした 当時OdeoではSMSに取り組んでいたことから それらを合わせ 2006年の始めに OdeoのサイドプロジェクトとしてTwitterを立ち上げました

スタートアップにとって集中することが極めて重要な時期に サイドプロジェクトを行うというのは正当化しかねますが 僕は以前の会社において 実際にBloggerを サイドプロジェクトとして立ち上げたという経験があり 始めは片手間仕事くらいに思っていたものの 気づいた時には,それは会社ばかりか その後の僕の人生の5~6年をすっかり占めるものになりました それ以来 必ずしも正当化できなかったり どういう方向に向かうかわからなくても 自分の勘を大事にするようになりました そういうことがTwitterでは何度もありました

ご存じない方のために一応説明しておきますが Twitterというのは とてもシンプルで一見つまらないアイデアに基づいています 自分が今何をしているかを140文字以下で述べ 自分に関心を持っている周囲の人がそのメッセージを受け取ります すごく関心を持っている人であれば 携帯電話でテキストメッセージとして受け取ることもできます たとえば 「TEDで今講演をしている」と Twitterで伝えることができます 僕の場合 「投稿」を押せば 6万もの人々が瞬時にそのメッセージを受け取ることになります Twitterの基本的な考え方は 人々が 生活の瞬間を共有できるようにするということです 望んだ時にいつでも それが重大な出来事であれ ごく日常的なことであれ (笑) このように日々発生している瞬間を共有することによって 人々は離れていてもリアルタイムで触れ合い より強い繋がりを感じることができます Twitterの使い方として当初考えていたのは そして夢中になったのは そういうことでした

僕達が予想していなかったのは このとてもシンプルなシステムから さまざまな違った使い道が広がっていったことです 僕達が気づいたことのひとつは リアルタイムの出来事に対し Twitterが極めて有効だということです 2007年10月に サンディエゴで山火事が発生した際 人々は 何が起きているかを報告するため そして何が起きているのか隣人から 情報を得るために Twitterを利用しました

しかも 個人だけではなく ロサンゼルス・タイムズ紙も実際Twitterで情報を配信しました WebサイトのフロントページにTwitterフィードを入れたのです ロサンゼルス消防署や赤十字も Twitterで情報を伝えました この出来事では たくさんの人々がTwitterで情報を配信し 多くの人々が,実際に何が起きているのか その場にいるのがどういう気持ちなのか知るために 多くの人々がその人達の更新を取得していました

他に発生した面白い出来事としては

ビジネスに関することです

マーケティングやコミュニケーションなど当然予想される使い方をはじめ ロスで大人気のコリアン・バーベキュー・タコスの トラックが停車位置をTwitterに配信し その周囲に長い行列ができることにもなりました

政治家も最近Twitterを利用しはじめました 事実として 47人ものアメリカ連邦議会の議員は 現在 Twitterのアカウントを持っています しかも 彼らはあるケースにおいては 大統領との秘密会議の裏でTwitterを利用したりしています この人は聴いている内容を好ましく思っていないようですね 大統領自身が 僕達の最も有名なTwitterユーザーでありますが 最近 彼の更新頻度が落ちてしまった反面 一方で マケイン議員の更新頻度は高くなっているようです それにこの人(クリス・アンダーソン)も

Twitterは 元来放送メディアに近い形で設計されました 自分の送ったメッセージは人々へと伝わり 自分が興味のある情報を受け取ります ユーザーがTwitterの進化を促した例の一つは 特定の人やメッセージに対して返信する手段を 生み出したことです ここで シャキール・オニールが使っている「@ユーザー名」という構文は あるファンへの返信に使われていますが これは完全にユーザーによって考え出されたものであり この機能が広く使われるようになった後で より簡単に使えるようにシステムを改良しただけです これは ユーザーがTwitterを方向付けた数ある例の一つです

もうひとつは APIからの利用です 僕達がTwitterにAPIを付けたことで プログラマーは Twitterとやり取りするソフトを開発できます 現在 僕達にわかっているだけで2000以上のソフトが Twitterの更新を送信することができるということです ソフトには Mac Windows Linux iPhoneやBlackBerry用のものがあり 他にも お腹の中の赤ちゃんが蹴ったことをTwitterで知らせる装置や 鉢植えに水をやるタイミングをTwitterで知らせるものもあります

サードパーティーが開発したもので最も重要なのは Summizeというヴァージニアの小さな会社によるものでしょう Summizeは Twitter用の検索エンジンをつくりました 世界中で大勢の人が 何をしていて どんなことが起きているのか 互いに話をしているのであれば それは今起きている出来事や話題を見出すためのすばらしい道具になる という事に彼らは気づいたのです これはTwitterに対する僕達の認識を大きく変えました 例えば みんなが今TEDについて何を言っているかがわかります これは僕達の考え方を大きく変えたもう1つの特徴であり Twitterは僕達の思っていたのとは違うものだったのです 僕達はこの検索エンジンをとても気に入り 実際に会社を買い取り サービスの本体に組み込むことにしました これはTwitterに対して違った見方ができることだけでなく 新しい用途を生み出すことにも繋がるでしょう 僕のお気に入りの出来事の一つは 数ヶ月前に 発生したアトランタのガソリン不足です あるユーザーが ガソリンを見つけ出したら Twitter上で 場所はどこで いくらだったか 最後にキーワード「#atlgas」を付けて更新することで 他の人達がそのメッセージを見つけて ガソリンを手に入れられるようにしました

このコミュニケーションネットワークを使って 人々が互いに助け合うというトレンドは 家族や友達の近況を知るという元のアイデアから逸脱したものです この現象は最近ますます多く起きており ホームレスの人々の為に募金を集めることから あるいはアフリカで井戸を掘る場合や 危機にある家族を助けるためにも役立っています 人々はTwitter上で 度々ほんの数日のうちに 何万ドルもの基金を集めることに成功しています どうやら人々に情報を簡単に共有する方法を与えることによって たくさんいいことが生まれるようです

Twitterで次に何が起きるのか 僕には全く予想がつきません 自分の勘に従うことにはしましたが それがどこへ向かうのかは全くわからないのです ありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン: 実はまだ終わりじゃないよ このスクリーンをライブで見えるようにして... 実はこれが講演者がイベントに参加したあとで 最も恐れる行為でもある訳です 全くもって恐ろしいことです

これはTwitterの検索画面なわけですが いくつか適当な単語を打ち込んでみましょう 例えば 「エヴァン・ウィリアムズ...」 「…人々により多くの情報を与え 自分の勘に従う #TED」 「今エヴァン・ウィリアムズの話を聞いてる」 なになに 「... エヴァン・ウィリアムズがTEDのステージで死にかけている 今までで最も酷い講演だ!」 (笑)

エヴァン・ウィリアムズ: 良いね ありがとう

クリス・アンダーソン: 冗談だよ

でも 本当に 彼が話していた8分の間に 講演に関して既に50くらい投稿がされています だから様々な観点の反応を見られるのです バラク・オバマが最大の利用者だという事実や TEDから生まれたという事実に対して このように瞬時にフィードバックを得られる方法は他にないでしょう

君は非常に魅力的なものを作りましたね でも この先まだまだ面白いことがありそうです ありがとう エヴァン 大変興味深かったよ

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画