TED日本語 - フィールズ・ウィッカー・ミウリン: リーダーシップに関する「隠れたマニュアル」

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - フィールズ・ウィッカー・ミウリン: リーダーシップに関する「隠れたマニュアル」

TED Talks

リーダーシップに関する「隠れたマニュアル」
Learning from leadership's missing manual
フィールズ・ウィッカー・ミウリン
Fields Wicker-Miurin

内容

リーダシップにはマニュアルはありませんが、地域レベルで働く素晴らしいリーダー達は良い見本になるとフィールズ・ウィカー・ミウリンは述べます。彼女がロンドンのTEDサロンで3人のリーダーについて語ります。

Script

I'm going to talk about some of my discoveries around the world through my work. These are not discoveries of planets or new technologies or science. They're discoveries of people and the way people are, and new leadership.

This is Benki. Benki is a leader of the Ashaninka Nation. His people live in Brazil and in Peru. Benki comes from a village so remote up in the Amazon that to get there, either you have to fly and land on water, or go by canoe for several days. I met Benki three years ago in Sao Paulo when I'd brought him and other leaders from indigenous peoples to meet with me and leaders from around the world, because we wanted to learn from each other. We wanted to share our stories with each other.

The Ashaninka people are known throughout South America for their dignity, their spirit and their resistance, starting with the Incas and continuing through the 19th century with the rubber tappers. Today's biggest threat to the Ashaninka people and to Benki comes from illegal logging -- the people who come into the beautiful forest and cut down ancient mahogany trees, float them down the river to world markets. Benki knew this. He could see what was happening to his forest, to his environment, because he was taken under his grandfather's wing when he was only two years old to begin to learn about the forest and the way of life of his people. His grandfather died when he was only 10. And at that young age,10 years old, Benki became the paje of his community. Now, in the Ashaninka tradition and culture, the paje is the most important person in the community. This is the person who contains within him all the knowledge, all the wisdom of centuries and centuries of life, and not just about his people, but about everything that his people's survival depended on: the trees, the birds, the water, the soil, the forest. So when he was only 10 and he became the paje, he began to lead his people. He began to talk to them about the forest that they needed to protect, the way of life they needed to nurture. He explained to them that it was not a question of survival of the fittest; it was a question of understanding what they needed to survive and to protect that.

Eight years later, when he was a young man of 18, Benki left the forest for the first time. He went 3,000 miles on an odyssey to Rio to the Earth Summit to tell the world what was happening in his tiny, little corner. And he went because he hoped the world would listen. Some did, not everybody. But if you can imagine this young man with his headdress and his flowing robe, learning a new language, Portuguese, not to mention English, going to Rio, building a bridge to reach out to people he'd never met before -- a pretty hostile world. But he wasn't dismayed.

Benki came back to his village full of ideas -- new technologies, new research, new ways of understanding what was going on. Since that time, he's continued to work with his people, and not only the Ashaninka Nation, but all the peoples of the Amazon and beyond. He's built schools to teach children to care for the forest. Together, he's led the reforestation of over 25 percent of the land that had been destroyed by the loggers. He's created a cooperative to help people diversify their livelihoods. And he's brought the internet and satellite technology to the forest -- both so that people themselves could monitor the deforestation, but also that he could speak from the forest to the rest of the world. If you were to meet Benki and ask him, "Why are you doing this? Why are you putting yourself at risk? Why are you making yourself vulnerable to what is often a hostile world?" he would tell you, as he told me, "I asked myself," he said, "What did my grandparents and my great-grandparents do to protect the forest for me? And what am I doing?"

So when I think of that, I wonder what our grandchildren and our great-grandchildren, when they ask themselves that question, I wonder how they will answer. For me, the world is veering towards a future we don't much want when we really think about it deep inside. It's a future we don't know the details of, but it's a future that has signs, just like Benki saw the signs around him. We know we are running out of what we need. We're running out of fresh water. We're running out of fossil fuels. We're running out of land. We know climate change is going to affect all of us. We don't know how, but we know it will. And we know that there will be more of us than ever before -- five times as many people in 40 years than 60 years ago. We are running out of what we need. And we also know that the world has changed in other ways, that since 1960 there are one-third as many new countries that exist as independent entities on the planet. Egos, systems of government -- figuring it out -- massive change. And in addition to that, we know that five other really big countries are going to have a say in the future, a say we haven't even really started to hear yet -- China, India, Russia, South Africa and Benki's own Brazil, where Benki got his civil rights only in the 1988 constitution.

But you know all that. You know more than Benki knew when he left his forest and went 3,000 miles. You also know that we can't just keep doing what we've always done, because we'll get the results we've always gotten. And this reminds me of something I understand Lord Salisbury said to Queen Victoria over a hundred years ago, when she was pressing him, "Please change." He said, "Change? Why change? Things are bad enough as they are." We have to change. It's imperative to me, when I look around the world, that we need to change ourselves. We need new models of what it means to be a leader. We need new models of being a leader and a human in the world.

I started life as a banker. Now I don't admit to that to anybody but my very close friends. But for the past eight years, I've done something completely different. My work has taken me around the world, where I've had the real privilege of meeting people like Benki and many others who are making change happen in their communities -- people who see the world differently, who are asking different questions, who have different answers, who understand the filters that they wear when they go out into the world.

This is Sanghamitra. Sanghamitra comes from Bangalore. I met Sanghamitra eight years ago when I was in Bangalore organizing a workshop with leaders of different NGO's working in some of the hardest aspects of society. Sanghamitra didn't start life as a leader of an NGO, she started her career as university professor, teaching English literature. But she realized that she was much too detached from the world doing that. She loved it, but she was too detached. And so in 1993, a long time ago, she decided to start a new organization called Samraksha focused on one of the hardest areas,one of the hardest issues in India -- anywhere in the world at the time -- HIV/AIDS. Since that time, Samraksha has grown from strength to strength and is now one of the leading health NGO's in India. But if you just think about the state of the world and knowledge of HIV/AIDS in 1993 -- in India at that time it was skyrocketing and nobody understood why, and everyone was actually very, very afraid. Today there are still three million HIV-positive people in India. That's the second largest population in the world.

When I asked Sanghamitra, "How did you get from English literature to HIV/AIDS?" not an obvious path, she said to me, "It's all connected. Literature makes one sensitive, sensitive to people, to their dreams and to their ideas." Since that time, under her leadership, Samraksha has been a pioneer in all fields related to HIV/AIDS. They have respite homes, the first, the first care centers, the first counseling services -- and not just in urban, 7-million-population Bangalore, but in the hardest to reach villages in the state of Karnataka. Even that wasn't enough. She wanted to change policy at the government level. 10 of their programs that she pioneered are now government policy and funded by the government. They take care of 20, 000-odd people today in over 1,000 villages around Karnataka.

She works with people like Murali Krishna. Murali Krishna comes from one of those villages. He lost his wife to AIDS a couple of years ago, and he's HIV-positive. But he saw the work, the care, the compassion that Sanghamitra and her team brought to the village, and he wanted to be part of it. He's a Leaders' Quest fellow, and that helps him with his work. They've pioneered a different approach to villages. Instead of handing out information in pamphlets, as is so often the case, they bring theater troupes, songs, music, dance. And they sit around, and they talk about dreams.

Sanghamitra told me just last week -- she had just come back from two weeks in the villages, and she had a real breakthrough. They were sitting in a circle, talking about the dreams for the village. And the young women in the village spoke up and said, "We've changed our dream. Our dream is for our partners, our husbands, not to be given to us because of a horoscope, but to be given to us because they've been tested for HIV." If you are lucky enough to meet Sanghamitra and ask her why and how, how have you achieved so much? She would look at you and very quietly, very softly say, "It just happened. It's the spirit inside."

This is Dr. Fan Jianchuan. Jianchuan comes from Sichuan Province in southwest China. He was born in 1957, and you can imagine what his childhood looked like and felt like, and what his life has been like over the last 50 tumultuous years. He's been a soldier, a teacher, a politician, a vice-mayor and a business man. But if you sat down and asked him, "Who are you really, and what do you do?" He would tell you, "I'm a collector, and I curate a museum." I was lucky; I had heard about him for years, and I finally met him earlier this year at his museum in Chengdu.

He's been a collector all of his life, starting when he was four or five in the early 1960's. Now, just think of the early 1960's in China. Over a lifetime, through everything, through the Cultural Revolution and everything afterward, he's kept collecting, so that he now has over eight million pieces in his museums documenting contemporary Chinese history. These are pieces that you won't find anywhere else in the world, in part because they document parts of history Chinese choose to forget. For example, he's got over one million pieces documenting the Sino-Japanese War, a war that's not talked about in China very much and whose heroes are not honored. Why did he do all this? Because he thought a nation should never repeat the mistakes of the past.

So, from commissioning slightly larger than life bronze statues of the heroes of the Sino-Japanese War, including those Chinese who then fought with each other and left mainland China to go to Taiwan, to commemorating all the unknown, ordinary soldiers who survived, by asking them to take prints of their hands, he is making sure -- one man is making sure -- that history is not forgotten. But it's not just Chinese heroes he cares about. This building contains the world's largest collection of documents and artifacts commemorating the U.S. role in fighting on the Chinese side in that long war -- the Flying Tigers. He has nine other buildings -- that are already open to the public -- filled to the rafters with artifacts documenting contemporary Chinese history. Two of the most sensitive buildings include a lifetime of collection about the Cultural Revolution, a period that actually most Chinese would prefer to forget. But he doesn't want his nation ever to forget.

These people inspire me, and they inspire me because they show us what is possible when you change the way you look at the world, change the way you look at your place in the world. They looked outside, and then they changed what was on the inside. They didn't go to business school. They didn't read a manual, "How to Be a Good Leader in 10 Easy Steps." But they have qualities we'd all recognize. They have drive, passion, commitment. They've gone away from what they did before, and they've gone to something they didn't know. They've tried to connect worlds they didn't know existed before. They've built bridges, and they've walked across them. They have a sense of the great arc of time and their tiny place in it. They know people have come before them and will follow them. And they know that they're part of a whole, that they depend on other people. It's not about them, they know that, but it has to start with them. And they have humility. It just happens.

But we know it doesn't just happen, don't we? We know it takes a lot to make it happen, and we know the direction the world is going in. So I think we need succession planning on a global basis. We can't wait for the next generation, the new joiners, to come in and learn how to be the good leaders we need. I think it has to start with us. And we know, just like they knew, how hard it is. But the good news is that we don't have to figure it out as we go along; we have models, we have examples, like Benki and Sanghamitra and Jianchuan. We can look at what they've done, if we look. We can learn from what they've learned. We can change the way we see ourselves in the world. And if we're lucky, we can change the way our great-grandchildren will answer Benki's question.

Thank you.

(Applause)

これからお話しするのは 私が仕事を通じて 世界中で発見したことです それは惑星や新しい技術の-- 発見ではなく 科学的な-- 発見でもありません 私は人について 人の在り方と 新しいリーダーシップについて 発見をしました

彼の名前はビンキーです アシャニンカ族の長で 彼の部族はブラジルと ペルーで暮らしています ビンキーはアマゾンの 奥地にある村の出身です そこにたどり着くには 空路で水の上に着陸するか カヌーで何日間も旅するしかありません 3年前 私はサンパウロで 先住民族の-- リーダー達と各国のリーダー達が 会う機会を設けた時に 初めて ビンキーに会いました 私達は互いに学びあい 状況を共有したかったのです

アシャニンカ族の人々は 南アメリカで 彼らの威厳 豊かな精神 そして侵略に対する 強い抵抗で知られています インカ帝国に始まり 19世紀には ゴムの木の樹液を採取する 労働者達と戦ってきました 今 アシャニンカ族とビンキーを 最も脅かしているものは 森林の違法伐採です-- 人々が美しい森林に侵入し マホガニーの古木を切り倒し 川に浮かべて世界の市場へと 運んでいます ビンキーは彼の森と環境に 起こっている異変に気がついていました ビンキーは2歳のとき 森林と 部族の生活様式を 学び始めるために 祖父のもとに預けられました 彼がわずか10歳のときに祖父が亡くなり ビンキーは10歳という若さで 彼の住むコミュニティのパジェになりました アシャニンカ族の伝統と文化において パジェはコミュニティの中で 最も重要な人物です 何世紀もの間積み重ねてきた 生命に関する知恵と知識の 全てを内に秘めた存在なのです それは自分達の 部族のことだけではなく 部族の生存に関わる全てのことを含みます: 木に鳥-- 水に土 そして森 ビンキーはわずか10歳でパジェに-- 部族のリーダーになり 彼らと話し始めました 彼らが守るべき森林について これから育んでいくべき生活様式について ビンキーは皆に説明したのです 大事なのは適者生存の問題ではなく 生き残るために そして 森林を守るために必要なものを 理解することだと伝えました

それから8年後 18歳の若者だったビンキーは 初めて森を離れ 3,000マイルも 離れたリオで開かれる地球サミットに 参加する旅に出ました 彼の小さな村で起こっている-- 事を世界に知らせるために そして世界が耳を 傾けてくれることを願って 何人かは耳を傾けましたが 皆ではありません 想像してみてください 長いローブと髪飾りを纏い 英語はもちろんのこと ポルトガル語という 新しい言語を学んで リオに出かけていく若者の姿を 敵意の少なくないこの世界で 初対面の人達と繋がるため 架け橋を作りあげていく姿を しかし彼は落胆することなく

沢山のアイディアを持って 村に帰ってきました 例えば 新しい技術や研究結果 物事に対する新しい考え方などです それ以来彼は 仲間と共に 問題に取り組み続けました アシャニンカ族だけでなく アマゾンとその向こうに住む 人々を巻き込んで 彼は学校を建て 子供達に 森林を大事にするよう教えています 同時に彼は 森林再生を指揮し 伐採業者によって破壊された 土地の25%を再生したのです そして協同組織をつくり 生計を立てる手段を多様化しました 彼はインターネットと衛星技術を 森に持ち込みました-- そうすることで 森林伐採を監視するだけでなく 彼は その森林から世界へ 語りかけることができるのです もし あなたがビンキーに会い 「何故このようなことをするのですか どうして自ら危険を冒すのですか なぜ この敵意ある世界に 自分をさらすのですか」と尋ねたら 彼は私に答えてくれたように あなたにもこう答えるでしょう 「自分自身に問いかけたのです 私の祖父母や曾祖父母は 私のために 森を守るため 何をしていたのだろうか そして私は今何をしているのだろうか」と

この彼の言葉について考えると 私の孫やひ孫達が 自分達に その問いを尋ねた時 彼らはどんな答えを 見つけるのか 考えてしまいます 深く考えてみると 私には この世界があまり望ましくない未来へと 向かっているように思えます 未来の詳細は分かりませんが 未来についての サインは出ています ビンキーが彼の周りでサインを見たように 私達に必要な物が 足りなくなっています 新鮮な水が足りなくなり 化石燃料も足りなくなり 土地が足りなくなってきています 気候変動が皆に影響することも明白です どんな影響かはわかりませんが 影響はします 今までのどの時代よりも 人が増えます-- 40年後の人口は60年前に比べて 5倍に増えるのです 私達に必要な物は 足りないのです また 世界が別の意味で 変化していることもわかっています 1960年以降 この地球上に 存在する独立国家の数は それまでの 3分の1増えました エゴと政治システム-- 互いに模索しながら-- 本当に大きな変化です そのことに加え 5つの新しい大国が将来発言権を 持つことに私達は気付いています まだ聞こえぬ発言権を持つのは 中国 インド ロシア 南アフリカ そしてビンキーの国 ブラジルです 1988年に公布された憲法により ビンキーは公民権を認められました

しかし 皆さんは全てご存知です ビンキーが森を離れ 3,000マイルの 旅に出る前に得ていた知識より 多くを知っています さらにわかっているのは 今までと同じようなやり方を 続けていては 同じ結果を 繰り返すということです 百年以上前にソールズベリー卿が ビクトリア女王に「変わってください」と 詰め寄られたときに返した 言葉を思い出します 彼は言いました「変わる? なぜ変わるんですか? 見てのとおり すでに状況はとても悪いのです」 私達は変わらなければなりません 世界を見渡すと 私達自身が変わることが 不可欠だと私には思えるのです リーダーとしての新しい手本が 必要です リーダーとして 一人の人間として 新しいモデルが必要なのです

私は最初 銀行員として働いていました といっても私は親しい友人以外に そのことは認めたくないのですが しかし この過去8年間 私は 全く違った事に取り組んできました 私は仕事で世界中を周り ビンキーのように それぞれの-- コミュニティーで変化を 起こしている人達に 出会えるという光栄を 賜ることが出来ました-- 世界を違う視点で見て 異なる質問を投げかけ 異なる答えを出し 世界に出た時に 自分達が持つフィルターを 理解している人達なのです

これはサンガミトラの写真です サンガミトラはバンガロールの出身です 8年前 私がバンガロールで 難しい社会問題に取組む NGOのリーダー達とのワークショップを 開いていた時にサンガミトラと出会いました サンガミトラは初めからNGOの リーダーだったわけではありません 大学教授としてキャリアを始め 英文学を教えていました しかし その仕事は周りと 繋がっていないと 仕事は好きでしたが 繋がりがないと気付きました そして 1993年に ずいぶん前の話になりますが サムラクシャと呼ばれる新しい団体を 設立する決意をしました その団体は インドで 当時の世界で最も困難な 問題に取り組むものでした-- HIV/AIDSです その時から サムラクシャは成長し 影響力を強め 今ではインドにおいて 健康問題への取り組みを リードするNGOの一つです しかし 1993年の世界情勢と HIV/AIDSに関する 知識について考えてみると-- 当時のインドでは患者が急激に増え 原因が誰にもわかりませんでした そして皆が非常に恐れていたのです 今日でもインドでは 300万人のHIV感染者がいます 世界で2番目に多い数です

ある時 サンガミトラに 「どうやって 英文学からHIV/AIDSに たどり着いたのか」とたずねました 2つは全く違った道のように見えます 彼女はこう答えました 「すべては繋がっていたのです 文学は人を敏感にさせ 人々や 彼らの夢やアイディアに 共感できるようになるのです それから彼女のリーダーシップの下 サムラクシャはHIV/AIDSに 関連するあらゆる分野での 先駆者になりました 彼らは初の介護ホームを持ち 初の治療センターを持ち 初の カウンセリングサービスを提供しました 都会--700万人の住むバンガロール-- だけではなく カルナタカ州にある 遠く離れた村に対してもです 彼女はそれだけで満足せず 政府レベルで政策を変えようとしました 彼女が先陣を切ったプログラムのうち 10個が現在政策として 予算がついています 彼らは現在 カルナタカ周辺の 1,000以上の村で20,000人余りの人々を

地元出身の このムラリ・クリシュナのような 人達と共に看護しています 彼は2年前にエイズで奥さんを亡くし 彼自身もHIV感染者です 彼はサンガミトラと 彼女のチームの村に対する 仕事 看護 そして思いやりを目にして その一員になりたいと思いました リーダズクエストの一員であることは 彼の仕事に役立っています 彼らは村々への情報伝達を新しい 先駆的な方法で行っています パンフレットを配布するような よくありがちな方法の代わりに 劇団 歌 音楽 そして踊りを提供します そして 席につき お互いの 夢について語るのです

先週彼女は教えてくれました-- 彼女は村に2週間滞在し そこで 大きな飛躍があったことを 彼らが輪になって座りながら 村の夢について 語っていたところ 村のある女性が声をあげ 「私達は夢を変えました 私達の夢は 私達のパートナーや 私達の旦那を占いによって 決めるのではなく HIVの 検査結果をもって 決めていくことです」と言ったのです あなたが幸運にもサンガミトラに会い 何故そしてどのようにして そのような 沢山のことを 成し遂げられたのかを尋ねたら 彼女はあなたを見て とても静かに そしてやさしく答えるでしょう 「ただそうなっただけです 心の内から湧いてきたのです」

この方はファン・ジェンチュアン博士です 彼は中国の南西に位置する 四川省の出身で 1957年に生まれました 過去50年間の混乱の中で 彼が幼少期に何を見て 何を感じたか 想像するに難くありません 彼は兵士 教師 政治家 副市長 そして企業家 それら全てを経験しました でも もし彼と対面し 「あなたは本当は何なのですか お仕事は何ですか」と聞くと 彼はこう答えるでしょう 「私はコレクターで 博物館を所有しています」と 彼のことはよく耳にしていて 幸運なことに 今年の初めに 成都市の彼の博物館で 彼に会うことができました

60年代はじめ 4~5歳くらいだった時から 彼は生涯を通してコレクターです 1960年代初期の中国を 考えてみてください 文化大革命やその後に起こったこと すべてを乗り越えて 彼は生涯を通して 作品を集め続けているのです そして現在 彼の博物館には 中国の現代史を映し出す 800万以上の作品が保管されています これらは世界中 他のどの博物館でも 見ることは出来ません 理由の一つは それらの作品は中国の人達が 忘れようとしている 歴史を記録しているからです 例えば 彼は日中戦争を記録した 作品を100万以上所有しています 中国ではあまり語られない戦争で 戦った英雄の名誉は認められていません なぜ彼はこのようなことを-- しているのでしょう? それは彼の国が 過去に犯した間違いを 繰り返さないようにするためです

日中戦争で戦った英雄達-- 互いに殺し合い 敗れて 中国本土を離れて-- 台湾に向かった者達も含む-- 彼らの 実物大より-- 少し大きな銅像の設置から 全ての無名の 生き残った 兵士達を称えるために 彼らの手形を 取ることに至るまで 彼は伝えようと-- 一人の男が伝えようとしているのです-- 歴史は忘れ去られていないと それに彼は中国の英雄だけを 気にかけている-- わけではありません この建物には-- 長い戦争の間 中国側に 味方をしたアメリカ兵-- フライングタイガーを-- 称える文書や展示品の 世界最大のコレクションがあります 他にも9つの建物があり すでに一般公開されています それらの建物は現代中国史を記録した 展示品で埋め尽くされています 最もデリケートな2つの建物には 生涯にわたり集めた文化大革命に-- 関するコレクションがあります これは中国の人々の多くが 忘れ去りたいと思っている時代です しかし彼は 自分の国にこの時代を 決して忘れてほしくないと思っています

彼らの様な人達は私に希望を-- 与えてくれます なぜなら彼らは私達に 世界の見方を 自分達が生きる-- 世界の見方を変えれば-- 何を成し遂げられるか 教えてくれるからです 彼らはまず 外の世界に目を向け そして 内側を変えていきました 彼らはビジネススクールに通わず 「良いリーダーのための10ヶ条」 のようなマニュアルも読んでいません しかし 彼らには誰にでも分かる 共通点-- やる気と情熱 献身の気持ちがあるのです 従来の行いから離れ 知り得なかった 何かへと 彼らは進んでいきました 存在していたことに気付いていなかった 世界と繋がろうとしました 彼らは架け橋をつくり その上を渡ったのです 彼らには大きな時間の流れと 自らの小さい存在の自覚があり 自らが過去の人達を引き継ぎ 自らが引き継がれることを知っています 彼らは自分達が全体の一部であり 他者に頼っていると気づいています 自分達のためではない けれども 自分達が始めなければならない そして彼らは謙虚です それはただ起こるのです

しかし ただ起こりはしません ですよね? 物事の実現には多くが必要で なおかつ 今世界が どこへ向かっているか-- 私達はわかっています なので私は-- 世界規模での 後継者育成が必要だと考えます 次の世代や新しく来る人達が 良きリーダーに なるのを待つことはできません 私達から始めなければならないと思います 私達も 彼らのように それがいかに困難か わかっています しかし 私達は完全に手さぐりではなく ビンキーやサンガミトラやジェンチュアン のような モデルと模範があるという 幸運に恵まれています 彼らが成し遂げたことに 目を向けることが出来 そしてそこから学ぶことができるのです 世界の中の 自分の在り方について 見方を変えられるのです そしてもし幸運であれば 私達のひ孫がビンキーと同じ 質問を尋ねた時の答えを 変えることができるでしょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画