TED日本語 - パルル・セガル: 嫉妬の歌

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - パルル・セガル: 嫉妬の歌

TED Talks

嫉妬の歌
An ode to envy
パルル・セガル
Parul Sehgal

内容

嫉妬とは何でしょう?何が私たちを嫉妬に駆り立てるのでしょうか。そして、なぜ私たちはこれを秘かに楽しんだりするのでしょうか?パルル・セガルは、これまで嫉妬に関して、それがもたらす孤独、しつこさ、恐ろしい考えについての研究は無かったと語ります。ただしフィクションを除いて。セガルは滑らかな語り口で文学作品のページをめくり、嫉妬とは知識の探求とさして変わらないことを教えてくれます。

Script

So when I was eight years old, a new girl came to join the class, and she was so impressive, as the new girl always seems to be. She had vast quantities of very shiny hair and a cute little pencil case, super strong on state capitals, just a great speller. And I just curdled with jealousy that year, until I hatched my devious plan. So one day I stayed a little late after school, a little too late, and I lurked in the girls' bathroom. When the coast was clear, I emerged, crept into the classroom, and took from my teacher's desk the grade book. And then I did it. I fiddled with my rival's grades, just a little, just demoted some of those A's. All of those A's. (Laughter) And I got ready to return the book to the drawer, when hang on, some of my other classmates had appallingly good grades too. So, in a frenzy, I corrected everybody's marks, not imaginatively. I gave everybody a row of D's and I gave myself a row of A's, just because I was there, you know, might as well.

And I am still baffled by my behavior. I don't understand where the idea came from. I don't understand why I felt so great doing it. I felt great. I don't understand why I was never caught. I mean, it should have been so blatantly obvious. I was never caught. But most of all, I am baffled by, why did it bother me so much that this little girl, this tiny little girl, was so good at spelling? Jealousy baffles me. It's so mysterious, and it's so pervasive. We know babies suffer from jealousy. We know primates do. Bluebirds are actually very prone. We know that jealousy is the number one cause of spousal murder in the United States. And yet, I have never read a study that can parse to me its loneliness or its longevity or its grim thrill. For that, we have to go to fiction, because the novel is the lab that has studied jealousy in every possible configuration. In fact, I don't know if it's an exaggeration to say that if we didn't have jealousy, would we even have literature? Well no faithless Helen, no "Odyssey." No jealous king, no "Arabian Nights." No Shakespeare. There goes high school reading lists, because we're losing "Sound and the Fury," we're losing "Gatsby," "Sun Also Rises," we're losing "Madame Bovary," "Anna K." No jealousy, no Proust. And now, I mean, I know it's fashionable to say that Proust has the answers to everything, but in the case of jealousy, he kind of does. This year is the centennial of his masterpiece, "In Search of Lost Time," and it's the most exhaustive study of sexual jealousy and just regular competitiveness, my brand, that we can hope to have. (Laughter) And we think about Proust, we think about the sentimental bits, right? We think about a little boy trying to get to sleep. We think about a madeleine moistened in lavender tea. We forget how harsh his vision was. We forget how pitiless he is. I mean, these are books that Virginia Woolf said were tough as cat gut. I don't know what cat gut is, but let's assume it's formidable.

Let's look at why they go so well together, the novel and jealousy, jealousy and Proust. Is it something as obvious as that jealousy, which boils down into person, desire, impediment, is such a solid narrative foundation? I don't know. I think it cuts very close to the bone, because let's think about what happens when we feel jealous. When we feel jealous, we tell ourselves a story. We tell ourselves a story about other people's lives, and these stories make us feel terrible because they're designed to make us feel terrible. As the teller of the tale and the audience, we know just what details to include, to dig that knife in. Right? Jealousy makes us all amateur novelists, and this is something Proust understood.

In the first volume, Swann's Way, the series of books, Swann,one of the main characters, is thinking very fondly of his mistress and how great she is in bed, and suddenly, in the course of a few sentences, and these are Proustian sentences, so they're long as rivers, but in the course of a few sentences, he suddenly recoils and he realizes, "Hang on, everything I love about this woman, somebody else would love about this woman. Everything that she does that gives me pleasure could be giving somebody else pleasure, maybe right about now." And this is the story he starts to tell himself, and from then on, Proust writes that every fresh charm Swann detects in his mistress, he adds to his "collection of instruments in his private torture chamber."

Now Swann and Proust, we have to admit, were notoriously jealous. You know, Proust's boyfriends would have to leave the country if they wanted to break up with him. But you don't have to be that jealous to concede that it's hard work. Right? Jealousy is exhausting. It's a hungry emotion. It must be fed.

And what does jealousy like? Jealousy likes information. Jealousy likes details. Jealousy likes the vast quantities of shiny hair, the cute little pencil case. Jealousy likes photos. That's why Instagram is such a hit. (Laughter) Proust actually links the language of scholarship and jealousy. When Swann is in his jealous throes, and suddenly he's listening at doorways and bribing his mistress' servants, he defends these behaviors. He says, "You know, look, I know you think this is repugnant, but it is no different from interpreting an ancient text or looking at a monument." He says, "They are scientific investigations with real intellectual value." Proust is trying to show us that jealousy feels intolerable and makes us look absurd, but it is, at its crux, a quest for knowledge, a quest for truth, painful truth, and actually, where Proust is concerned, the more painful the truth, the better. Grief, humiliation, loss: These were the avenues to wisdom for Proust. He says, "A woman whom we need, who makes us suffer, elicits from us a gamut of feelings far more profound and vital than a man of genius who interests us." Is he telling us to just go and find cruel women? No. I think he's trying to say that jealousy reveals us to ourselves. And does any other emotion crack us open in this particular way? Does any other emotion reveal to us our aggression and our hideous ambition and our entitlement? Does any other emotion teach us to look with such peculiar intensity?

Freud would write about this later. One day, Freud was visited by this very anxious young man who was consumed with the thought of his wife cheating on him. And Freud says, it's something strange about this guy, because he's not looking at what his wife is doing. Because she's blameless; everybody knows it. The poor creature is just under suspicion for no cause. But he's looking for things that his wife is doing without noticing, unintentional behaviors. Is she smiling too brightly here, or did she accidentally brush up against a man there? [ Freud ] says that the man is becoming the custodian of his wife's unconscious.

The novel is very good on this point. The novel is very good at describing how jealousy trains us to look with intensity but not accuracy. In fact, the more intensely jealous we are, the more we become residents of fantasy. And this is why, I think, jealousy doesn't just provoke us to do violent things or illegal things. Jealousy prompts us to behave in ways that are wildly inventive. Now I'm thinking of myself at eight, I concede, but I'm also thinking of this story I heard on the news. A 52-year-old Michigan woman was caught creating a fake Facebook account from which she sent vile, hideous messages to herself for a year. For a year. A year. And she was trying to frame her ex-boyfriend's new girlfriend, and I have to confess when I heard this, I just reacted with admiration. (Laughter) Because, I mean, let's be real. What immense, if misplaced, creativity. Right? This is something from a novel. This is something from a Patricia Highsmith novel.

Now Highsmith is a particular favorite of mine. She is the very brilliant and bizarre woman of American letters. She's the author of "Strangers on a Train" and "The Talented Mr. Ripley," books that are all about how jealousy, it muddles our minds, and once we're in the sphere, in that realm of jealousy, the membrane between what is and what could be can be pierced in an instant. Take Tom Ripley, her most famous character. Now, Tom Ripley goes from wanting you or wanting what you have to being you and having what you once had, and you're under the floorboards, he's answering to your name, he's wearing your rings, emptying your bank account. That's one way to go.

But what do we do? We can't go the Tom Ripley route. I can't give the world D's, as much as I would really like to, some days. And it's a pity, because we live in envious times. We live in jealous times. I mean, we're all good citizens of social media, aren't we, where the currency is envy?

Does the novel show us a way out? I'm not sure. So let's do what characters always do when they're not sure, when they are in possession of a mystery. Let's go to 221B Baker Street and ask for Sherlock Holmes. When people think of Holmes, they think of his nemesis being Professor Moriarty, right, this criminal mastermind. But I've always preferred [ Inspector ] Lestrade, who is the rat-faced head of Scotland Yard who needs Holmes desperately, needs Holmes' genius, but resents him. Oh, it's so familiar to me. So Lestrade needs his help, resents him, and sort of seethes with bitterness over the course of the mysteries. But as they work together, something starts to change, and finally in "The Adventure of the Six Napoleons," once Holmes comes in, dazzles everybody with his solution, Lestrade turns to Holmes and he says, "We're not jealous of you, Mr. Holmes. We're proud of you." And he says that there's not a man at Scotland Yard who wouldn't want to shake Sherlock Holmes' hand.

It's one of the few times we see Holmes moved in the mysteries, and I find it very moving, this little scene, but it's also mysterious, right? It seems to treat jealousy as a problem of geometry, not emotion. You know,one minute Holmes is on the other side from Lestrade. The next minute they're on the same side. Suddenly, Lestrade is letting himself admire this mind that he's resented. Could it be so simple though? What if jealousy really is a matter of geometry, just a matter of where we allow ourselves to stand in relation to another? Well, maybe then we wouldn't have to resent somebody's excellence. We could align ourselves with it.

But I like contingency plans. So while we wait for that to happen, let us remember that we have fiction for consolation. Fiction alone demystifies jealousy. Fiction alone domesticates it, invites it to the table. And look who it gathers: sweet Lestrade, terrifying Tom Ripley, crazy Swann, Marcel Proust himself. We are in excellent company. Thank you. (Applause)

私が8歳のときです クラスに新しい女の子が転校してきました とっても素敵な女の子です 転校生は いつもそんな感じですね あふれるような髪をキラキラ輝かせて 可愛い小さな筆箱を持ち歩いて 州都を全部覚えていて 単語のつづりも完璧 その年 私は嫉妬に駆られました そこで悪巧みを企てたのです ある日の放課後少しだけ遅くまで残っていました 実は かなり遅くまで女子トイレに隠れていました 誰もいなくなった頃いざ出陣です 教室に 忍び込みました 先生の机から成績表を取り出して やってやりました ライバルの成績をいじったのです ちょっとだけですよいくつかのAを降格させただけ 実は全部のAです(笑) 机に成績表を戻そうとした時 ちょっと待てよと他のクラスメートたちも 怖いくらい良い成績でした 逆上した私は 全員の成績を修正しました 実際にやりましたよ 全員にオールDをあげて 自分にはオールAをあげました 折角 手元に成績表があったことですしね

今でも後ろめたい気持ちです こんな考え どこから思いついたんでしょう 何で あんなに気持ち良かったか分かりません 最高の気分でした ばれなかったのも不思議です 明らかに不正が分かるはずなのに 見つかりませんでした とりわけ 分からなかったのが なぜ こんなに気に障ったかです あの小さな小さな女の子が ちょっと頭がいいだけなのに 私は嫉妬に駆られたのです 嫉妬とは とてもミステリアスで皆さん良くご存知のものです 赤ちゃんだって嫉妬しますし 霊長類も嫉妬しますツグミも その傾向が強いです 嫉妬は配偶者間の殺人の1番目の原因です ここアメリカでです それにも かかわらず 嫉妬がもたらす孤独やしつこさ 悪巧みをさせてしまうことについての研究はありませんでした ですから フィクションに頼らざるを得ないのです 小説は あらゆる角度で 嫉妬を研究する 実験室だからです 実際 大げさかもしれませんが もし嫉妬という感情がなければ 文学は無かったかもしれません 不誠実な王妃ヘレンなしに『オデュッセイア』が 嫉妬深い王なしに『千夜一夜物語』は成り立ちません シェイクスピアもしかりです 高校の必読書が無くなってしまいますね というのも『響きと怒り』 『華麗なるギャッツビー』『日はまた昇る』 『ボヴァリー夫人』『アンナ・カレーニナ』も消えてしまいます 嫉妬が無ければプルーストも人々の心に残っていないでしょう プルーストは何でも知っていたというのは 粋な感じですが 嫉妬に関しては あながち間違いではありません 今年は彼の名作『失われた時を求めて』の100周年ですが この作品では男女の嫉妬について徹底研究しています それとライバル競争これは私のお気に入りで 皆さん興味がありますよね(笑) プルーストを想起すると 感傷的になりますよね? 小さい男の子が必死に寝つこうとする姿 熱い紅茶にマドレーヌを浸す場面を思い起こします 私たちは彼の見解が どれだけ辛らつで どれだけ無慈悲か忘れていますけれど ヴァージニア・ウルフによればこれらの本は 動物の腸から作る腸線のように頑丈だと 腸線って何でしょうね とにかく末恐ろしいんでしょう

では これから小説と嫉妬 嫉妬とプルーストがなぜ こんなにも相思相愛なのか見ていきます 嫉妬というのはそれを煎じつめて 人々の欲望や障壁にしてしまうと 確固たる物語の基盤になるものでしょうか? よく分かりませんが 核心には迫っているはずです ここで 嫉妬に駆られたときの 私たちの行動について考えてみましょう 嫉妬を感じたとき私たちは自ら物語を語り始めます 他人の生活について勝手に物語を語るのです この物語は私たちを嫌な気分にさせます そういう風に作られているからです 物語の語り手と観客が同一人物なんですから どんな情報を盛り込めば 傷つけられるか分かっています 嫉妬は 私たちを素人小説家に仕立て上げます プルーストは これを理解していました

第1篇である『スワン家の方へ』では 主要登場人物のスワンが 彼の愛人を愛情深く思い出して 官能的な思い出に浸っています 突然 数行先では ―数行と言っても プルーストの語り口ですから 川のように長いです ですが 数行を経て スワンは突如 動転します 「ちょっと待て この女性について 私が愛していることは 他の人も愛しているのかもしれない 以前は私に向けられていた彼女の愛情は 他の男に与えられているかもしれない まさに この瞬間さえも!」 ここから スワンは自ら物語を語り始めます プルーストはこんな風にしたためます スワンは愛人に認めた全ての美しさを 「自らを拷問する道具の1つにしたのだ」と

スワンとプルーストですがご存知のとおり 両者とも嫉妬深さで有名です プルーストの恋人たちは別れたければ 国外に出なくてはいけない程でした でも こんなに骨が折れるなら そこまで嫉妬しなくて良いですよね? 嫉妬はエネルギーを使います 渇望する感情なのでそれを癒す糧が必要です

嫉妬の好物は何でしょう? それは情報であり 詳細です 嫉妬はキラキラ輝く豊かな髪が好きで 可愛いくて小さい筆箱 写真も好きですね インスタグラムが流行しているのはこのためです(笑) プルーストですが学識と嫉妬が相俟った表現を用います スワンが嫉妬に狂ったとき 彼は戸口で盗み聞きしたり 愛人の召使を買収します こんな自分の行動を正当化して 「君には不快かもしれないが 古文書の判読や 記念碑の解釈などと 何ら違いない」と言うのです 「これは真に知的な価値をもった 科学的調査である」と プルーストが私たちに示したかったものは 嫉妬とは耐え難いものであり我々を愚かに見せる しかし その核心にあるのは知識の探求であり 己を傷つけるかもしれない真実の欲求で プルーストの考えとは 真実が苦痛であればあるほど良しとしたのです 苦悩 卑しめ 失うこととは プルーストにとって英知への道だったのです プルーストはこうも言っています「私たちが必要な女性とは 我々を悩ませ 絶大で生き生きとした感情を 引き出してくれる人であり私たちに興味を抱かせるような インテリよりも はるかに優れている」 私たちに残酷な女性を探せと言っているのでしょうか? 違います彼が言いたかったのは 嫉妬とは私たちに己の真の姿を見せるのだということ あらゆる感情の中で私たちが こんな独特な方法で 自己を曝け出すものは他にあるでしょうか? 他の感情でこんなにも敵意 隠れた野心 権利意識を 露呈させるものはありません 嫉妬以外の感情でこんなにも 特異な激しさを もたらすものはないでしょう

フロイトも嫉妬についてしたためています ある日 フロイトのもとを 自分の妻の不貞を疑う 若い男性が訪れます フロイトは この男性は少し奇妙だと言います なぜなら 妻がやっていることには目もくれないのです 彼女に非が無いのは明白でした かわいそうに いわれの無い 疑惑の目を向けられたのです しかし この男性は妻が無意識にやっている行動を 見ていたようでした 必要以上に笑顔を見せていなかったか? そこにいる男を意図的に触れたのか? フロイトは この男性は 妻の無意識の行動に執着してしまったのだと分析しました

小説は この点を得意とします 小説は嫉妬によって私たちが どのように感情的に ― しかし 正確さを欠いた状態で物事を捉えるようになるか示してくれます 事実 私たちは嫉妬の虜になるほど 架空の世界の住人になってしまうのです 私が考えるに 嫉妬は 私たちを暴力や違法行為に 向かわせるだけでなく 思いもよらないような行動に 駆り立てます 私が8歳の時にしたことは間違っていました でもニュースでこんな話も知りました ミシガンに住む52歳の女性が 偽フェイスブックアカウントを作成したことで逮捕されました 罪状は不謹慎で不愉快なメッセージを送り続けたことで なんと彼女自身に対してで1年もです 1年ですよ 1年も 彼女の たくらみは 元彼の彼女を犯人に仕立てることでした 正直に告白しますがこのニュースを聞いて 讃辞が浮かびました (笑) なぜなら・・・現実的に考えてみましょう 間違った方法だとしてもなんと素晴らしい想像力でしょう 小説ものだと思います パトリシア・ハイスミスの小説並です

ハイスミスの小説は私のお気に入りです アメリカの作家でとても知的で風変わりです 『見知らぬ乗客』の作家で 『太陽がいっぱい』も有名ですね 彼女は これらの小説で嫉妬が心をかき乱す様を 描き出しました ひとたび嫉妬の領域に足を踏み入れると 事実と仮定を隔てていた薄い膜が 瞬く間に消えてしまうことを描写します 特に有名なのがトム・リプリーです トム・リプリーは人物や その人の持ち物に憧れると やがて その人物になりすまし彼を殺して 人生を乗っ取ります 犠牲者の名前を使い 彼の指輪をはめて 彼のお金で優雅に暮らします 1つのやり方でしょうけれど

私たちはどうしたら良いでしょう?トム・リプリーのやり方は真似できません 私だって 全ての人にDをつけれません いつの日か やってみたい願望はありますけど これは残念なことだと思いますなぜなら私たちは 嫉妬の時代に生きているから 私たちはソーシャルメディアの世界に住んでいますが その裏にあるのは羨望ですよね?

小説が嫉妬の解決法を教えてくれたでしょうか?私には分かりません それでは小説の登場人物は不可解なことがあったら どうするでしょうか? ベーカー街221Bに行って シャーロック・ホームズに尋ねてみましょう ホームズを思い浮かべると 宿敵のジェームズ・モリアーティ教授を思い起こします そう あの悪党一味の統領です 私はレストレード警部派ですけど 彼はスコットランド・ヤード所属のネズミ顔の警察官で ホームズの才知に頼りますが ホームズを良くも思っていません あー すごく親近感がわきます レストレード警部はホームズの助けが必要だが同時に不快でもある そして 事件を進めながら苦々しい思いを噛み締めている でも一緒に事件を解いていくうちに変化が訪れます ついに『六つのナポレオン』で ホームズが見事に事件を解決して周りを魅了すると レストレード警部はホームズに向かってこう言います 「ホームズさん スコットランド・ヤードはあなたに嫉妬したりしない あなたは誇りです」こう続けます 「スコットランド・ヤードで年上の警部から 若い警部まであなたと握手したがらない者はおりません」

するとホームズは珍しく感激し とても感動的だと思います この小さなシーンですがこれも謎めいていますね? ここでは嫉妬を 感情の問題ではなく幾何学の問題として捉えているのです 少し前までホームズはレストレード警部から敵視されていて 次の瞬間には全員が仲間になったのです 突如として 警部は不快に思っていたことを 賛美し 受け入れたのです でも こんなに単純なものでしょうか? 嫉妬とは実は幾何学的問題であり 他人との関係で自分をどこに位置づけるかと言う 指標でしかなかったら? そうだとすれば他人の素晴らしさを 不快に思う必要はありませんよね 仲間になれば良いのです

私は万一に備えて計画を立てるのが好きなので 嫉妬が解明されるまでは 安らぎのために小説があることを覚えておきましょう フィクションだけでも嫉妬を説明してくれますし 嫉妬をマスターでき 議論の場にもなります 優しいレストレード警部 恐ろしいトム・リプリー 嫉妬に狂うスワンやマルセル・プルースト自身 私たちは素晴らしい仲間に囲まれています ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画