TED日本語 - タニア・ルナ: 1セント硬貨がもたらした幸福

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - タニア・ルナ: 1セント硬貨がもたらした幸福

TED Talks

1セント硬貨がもたらした幸福
How a penny made me feel like a millionaire
タニア・ルナ
Tania Luna

内容

幼い頃、タニア・ルナはチェルノブイリ原発事故の影響から故郷のウクライナを離れ、アメリカに移住しました。ある日、当時家族で滞在していたニューヨークのホームレスシェルターの床で、タニアは1セント硬貨を見つけます。その時ほど、自分が豊かになったと感じたことはない ― タニアは、自身の子供の頃のほろ苦い、でも小さな幸せの記憶を回想し、それを心に留めておくことの意味を伝えます。

Script

I'm five years old, and I am very proud. My father has just built the best outhouse in our little village in Ukraine. Inside, it's a smelly, gaping hole in the ground, but outside, it's pearly white formica and it literally gleams in the sun. This makes me feel so proud, so important, that I appoint myself the leader of my little group of friends and I devise missions for us. So we prowl from house to house looking for flies captured in spider webs and we set them free.

Four years earlier, when I was one, after the Chernobyl accident, the rain came down black, and my sister's hair fell out in clumps, and I spent nine months in the hospital. There were no visitors allowed, so my mother bribed a hospital worker. She acquired a nurse's uniform, and she snuck in every night to sit by my side. Five years later, an unexpected silver lining. Thanks to Chernobyl, we get asylum in the U.S.

I am six years old, and I don't cry when we leave home and we come to America, because I expect it to be a place filled with rare and wonderful things like bananas and chocolate and Bazooka bubble gum, Bazooka bubble gum with the little cartoon wrappers inside, Bazooka that we'd get once a year in Ukraine and we'd have to chew one piece for an entire week.

So the first day we get to New York, my grandmother and I find a penny in the floor of the homeless shelter that my family's staying in. Only, we don't know that it's a homeless shelter. We think that it's a hotel, a hotel with lots of rats. So we find this penny kind of fossilized in the floor, and we think that a very wealthy man must have left it there because regular people don't just lose money. And I hold this penny in the palm of my hand, and it's sticky and rusty, but it feels like I'm holding a fortune. I decide that I'm going to get my very own piece of Bazooka bubble gum. And in that moment, I feel like a millionaire.

About a year later, I get to feel that way again when we find a bag full of stuffed animals in the trash, and suddenly I have more toys than I've ever had in my whole life.

And again, I get that feeling when we get a knock on the door of our apartment in Brooklyn, and my sister and I find a deliveryman with a box of pizza that we didn't order. So we take the pizza, our very first pizza, and we devour slice after slice as the deliveryman stands there and stares at us from the doorway. And he tells us to pay, but we don't speak English. My mother comes out, and he asks her for money, but she doesn't have enough. She walks 50 blocks to and from work every day just to avoid spending money on bus fare. Then our neighbor pops her head in, and she turns red with rage when she realizes that those immigrants from downstairs have somehow gotten their hands on her pizza. Everyone's upset. But the pizza is delicious.

It doesn't hit me until years later just how little we had. On our 10 year anniversary of being in the U.S., we decided to celebrate by reserving a room at the hotel that we first stayed in when we got to the U.S. The man at the front desk laughs, and he says, "You can't reserve a room here. This is a homeless shelter." And we were shocked.

My husband Brian was also homeless as a kid. His family lost everything, and at age 11, he had to live in motels with his dad, motels that would round up all of their food and keep it hostage until they were able to pay the bill. And one time, when he finally got his box of Frosted Flakes back, it was crawling with roaches. But he did have one thing. He had this shoebox that he carried with him everywhere containing nine comic books,two G.I. Joes painted to look like Spider-Man and five Gobots. And this was his treasure. This was his own assembly of heroes that kept him from drugs and gangs and from giving up on his dreams.

I'm going to tell you about one more formerly homeless member of our family. This is Scarlett. Once upon a time, Scarlet was used as bait in dog fights. She was tied up and thrown into the ring for other dogs to attack so they'd get more aggressive before the fight. And now, these days, she eats organic food and she sleeps on an orthopedic bed with her name on it, but when we pour water for her in her bowl, she still looks up and she wags her tail in gratitude.

Sometimes Brian and I walk through the park with Scarlett, and she rolls through the grass, and we just look at her and then we look at each other and we feel gratitude. We forget about all of our new middle-class frustrations and disappointments, and we feel like millionaires.

Thank you.

(Applause)

5才の私にはとても自慢したいことがありました 父が 私達が住むウクライナの小さな村で 一番すてきな 屋外トイレを建てたんです 中は 地面に大きな臭い穴が開いてるだけ でも外側は パールホワイトの化粧板が 文字通り 陽の光を浴びて 輝いているんです それが とても誇らしくて とても偉くなった気がして 私は自ら 仲良しグループのリーダーになって 使命を課しました そして近所の家々をウロついて 蜘蛛の巣に捕まったハエを見つけては 逃がしていました

その四年前 私がまだ1才だった時 チェルノブイリの事故の後 黒い雨が降ったと思ったら 姉の髪の毛がごっそり抜けて 私は九ヶ月入院しました 病院は面会謝絶だったので 母はそこで働く関係者を買収して 看護師の制服を手に入れました そして毎晩 病室にもぐりこんでは私のそばについていてくれました それから五年後突然 雲の切れ間から光が射して チェルノブイリのおかげでアメリカに避難することになったんです

6才になった私は 故郷を離れてアメリカに向かう時も 泣きませんでした だって そこには珍しい物や素敵な物 バナナやチョコレートが満ちあふれているんですもの そしてバズーカバブルガム 漫画が描かれた小さな紙に包まれたバズーカバブルガム バズーカバブルガム ウクライナで貰えるのは一年に一度 そして一個のガムを一週間噛んだものです

ニューヨークに到着した最初の日 祖母と私は 1セント硬貨を見つけました 家族で滞在していた ホームレスのシェルターの床に落ちてたんです ただし そこがホームレスシェルターだとは知らなくて ― てっきり やたらとネズミが多いホテルだと思ってたの その床で 化石のような1セント硬貨を見つけて どこかのお金持ちが置いて行ったに違いないと思いました だって普通の人がお金を失くすなんて有り得ないから その硬貨を掌に握りしめると ベタベタして 錆びついていたけど まるで 大金を握っているような気分になって ”よし このお金でバズーカバブルガムを買おう” そう決心しました まるで 大金持ちになった気がしました

その約一年後 また同じような気持ちになりました ゴミ捨て場でぬいぐるみがいっぱい詰まった袋を見つけて 突然それまでで一番たくさんの おもちゃを手に入れたんです

そして再びこんなことがありました当時住んでいた ― ブルックリンのアパートのドアを叩く音がして 開けてみたら ピザの箱を持った 配達の人が立っていたのピザなんて注文していないのに 姉と私はピザを受け取ると生まれて初めのピザを 玄関先で配達の人が見つめる中 一枚また一枚とむさぼるように平らげました 彼は代金を払えって言ったけど私達は英語が分からない そこに母が出てきたの だけど 持ち合わせがない 母はバス代を節約するために家から職場まで50ブロックの距離を 毎日歩いて往復していました その時 別の部屋の住人が出てきたと思ったら 見る間にその顔が 怒りで赤くなっていったの 下の階の移民の家族が どういう訳か 自分のピザに手を付けたわけだから その場は大混乱 でもあのピザの味は 格別だった

それから暫くの間 自分達がいかに貧しいか気付きませんでした アメリカに移住して十年経った頃 最初に泊まったあのホテルを予約して お祝いすることにしたんですが フロント係が笑って言ったんです ”ここは予約できないよ ホームレスのシェルターだから” 家族みんな ショックを受けました

私の夫のブライアンも 子供の頃はホームレスでした 彼が11才の時 一家が全てを失って 父親とモーテルで暮らすようになりました そこでは持ってる食料を全て没収されて 部屋代を払うまで返してもらえなかったそうです ある時 彼がやっとの思いで コーンフレークの箱を取り戻すと中にはゴキブリがウジャウジャ そんな中 彼が大切にしてるものがあったの 片時も離さなかった その靴箱の中には 九冊のマンガと スパイダーマン仕様のG.I.ジョーが二体 それとロボットが五個 それが彼の宝物だった 彼が集めたヒーロー達 そのおかげでドラッグや非行に走らず 夢を持ち続けることができたんです

もう一人 かつて ホームレスだった家族の話をしましょう スカーレットです その昔 スカーレットは闘犬の “咬ませ犬” でした 鎖に繋がれ 闘犬のリンクに投げ込まれ 咬まれることで 闘犬達の闘争心を煽っていたんです 今 彼女はオーガニック食品を食べて 名前入りの整形外科用ベッドで寝ています でもいまだに ボウルに水を入れてあげるだけで こちらを見上げて 嬉しそうに尻尾を振るんです

時々 ブライアンとスカーレットを連れて公園を散歩します 彼女が芝の上を転がり そんなあの子の様子を ただ眺める そして思わず お互いを見詰め合う それだけで 感謝の気持ちでいっぱいになります そんな時は 今や中流階級となって感じる不満や 失望感もすっかり忘れて 気分はまるで 億万長者です

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画