TED日本語 - クレイ・シャーキー: インターネットが (いつの日か) 政治を変える

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クレイ・シャーキー: インターネットが (いつの日か) 政治を変える

TED Talks

インターネットが (いつの日か) 政治を変える
How the Internet will (one day) transform government
クレイ・シャーキー
Clay Shirky

内容

オープンソースの世界では、ホスティングサービスのGitHubを活用し、時に対立する新しいアイデアの洪水に対処する方法を学んでいます。政府にはなぜそうできないのでしょう? この心躍る講演でクレイ・シャーキーは、透明性だけでなく、あらゆる市民の知恵を生かせるようにするため、民主主義がインターネットから学べる教訓について語っています。

Script

I want to talk to you today about something the open-source programming world can teach democracy, but before that, a little preamble. Let's start here.

This is Martha Payne. Martha's a 9-year-old Scot who lives in the Council of Argyll and Bute. A couple months ago, Payne started a food blog called NeverSeconds, and she would take her camera with her every day to school to document her school lunches. Can you spot the vegetable? (Laughter) And, as sometimes happens, this blog acquired first dozens of readers, and then hundreds of readers, and then thousands of readers, as people tuned in to watch her rate her school lunches, including on my favorite category, "Pieces of hair found in food." (Laughter) This was a zero day. That's good.

And then two weeks ago yesterday, she posted this. A post that read: "Goodbye." And she said, "I'm very sorry to tell you this, but my head teacher pulled me out of class today and told me I'm not allowed to take pictures in the lunch room anymore. I really enjoyed doing this. Thank you for reading. Goodbye."

You can guess what happened next, right? (Laughter) The outrage was so swift, so voluminous, so unanimous, that the Council of Argyll and Bute reversed themselves the same day and said, "We would, we would never censor a nine-year-old." (Laughter) Except, of course, this morning. (Laughter) And this brings up the question, what made them think they could get away with something like that? (Laughter) And the answer is, all of human history prior to now.

(Laughter) So, what happens when a medium suddenly puts a lot of new ideas into circulation?

Now, this isn't just a contemporaneous question. This is something we've faced several times over the last few centuries. When the telegraph came along, it was clear that it was going to globalize the news industry. What would this lead to? Well, obviously, it would lead to world peace. The television, a medium that allowed us not just to hear but see, literally see, what was going on elsewhere in the world, what would this lead to? World peace. (Laughter) The telephone? You guessed it: world peace. Sorry for the spoiler alert, but no world peace. Not yet. Even the printing press, even the printing press was assumed to be a tool that was going to enforce Catholic intellectual hegemony across Europe. Instead, what we got was Martin Luther's 95 Theses, the Protestant Reformation, and, you know, the Thirty Years' War. All right, so what all of these predictions of world peace got right is that when a lot of new ideas suddenly come into circulation, it changes society. What they got exactly wrong was what happens next.

The more ideas there are in circulation, the more ideas there are for any individual to disagree with. More media always means more arguing. That's what happens when the media's space expands. And yet, when we look back on the printing press in the early years, we like what happened. We are a pro-printing press society.

So how do we square those two things, that it leads to more arguing, but we think it was good?

And the answer, I think, can be found in things like this. This is the cover of "Philosophical Transactions," the first scientific journal ever published in English in the middle of the 1600s, and it was created by a group of people who had been calling themselves "The Invisible College," a group of natural philosophers who only later would call themselves scientists, and they wanted to improve the way natural philosophers argued with each other, and they needed to do two things for this. They needed openness. They needed to create a norm which said, when you do an experiment, you have to publish not just your claims, but how you did the experiment. If you don't tell us how you did it, we won't trust you. But the other thing they needed was speed. They had to quickly synchronize what other natural philosophers knew. Otherwise, you couldn't get the right kind of argument going. The printing press was clearly the right medium for this, but the book was the wrong tool. It was too slow. And so they invented the scientific journal as a way of synchronizing the argument across the community of natural scientists. The scientific revolution wasn't created by the printing press. It was created by scientists, but it couldn't have been created if they didn't have a printing press as a tool.

So what about us? What about our generation, and our media revolution, the Internet? Well, predictions of world peace? Check. (Laughter) More arguing? Gold star on that one. (Laughter) (Laughter) I mean, YouTube is just a gold mine. (Laughter) Better arguing? That's the question.

So I study social media, which means, to a first approximation, I watch people argue. And if I had to pick a group that I think is our Invisible College, is our generation's collection of people trying to take these tools and to press it into service, not for more arguments, but for better arguments, I'd pick the open-source programmers. Programming is a three-way relationship between a programmer, some source code, and the computer it's meant to run on, but computers are such famously inflexible interpreters of instructions that it's extraordinarily difficult to write out a set of instructions that the computer knows how to execute, and that's if one person is writing it. Once you get more than one person writing it, it's very easy for any two programmers to overwrite each other's work if they're working on the same file, or to send incompatible instructions that simply causes the computer to choke, and this problem grows larger the more programmers are involved. To a first approximation, the problem of managing a large software project is the problem of keeping this social chaos at bay.

Now, for decades there has been a canonical solution to this problem, which is to use something called a "version control system," and a version control system does what is says on the tin. It provides a canonical copy of the software on a server somewhere. The only programmers who can change it are people who've specifically been given permission to access it, and they're only allowed to access the sub-section of it that they have permission to change. And when people draw diagrams of version control systems, the diagrams always look something like this. All right. They look like org charts. And you don't have to squint very hard to see the political ramifications of a system like this. This is feudalism: one owner, many workers.

Now, that's fine for the commercial software industry. It really is Microsoft's Office. It's Adobe's Photoshop. The corporation owns the software. The programmers come and go.

But there was one programmer who decided that this wasn't the way to work. This is Linus Torvalds. Torvalds is the most famous open-source programmer, created Linux, obviously, and Torvalds looked at the way the open-source movement had been dealing with this problem. Open-source software, the core promise of the open-source license, is that everybody should have access to all the source code all the time, but of course, this creates the very threat of chaos you have to forestall in order to get anything working. So most open-source projects just held their noses and adopted the feudal management systems.

But Torvalds said, "No, I'm not going to do that." His point of view on this was very clear. When you adopt a tool, you also adopt the management philosophy embedded in that tool, and he wasn't going to adopt anything that didn't work the way the Linux community worked. And to give you a sense of how enormous a decision like this was, this is a map of the internal dependencies within Linux, within the Linux operating system, which sub-parts of the program rely on which other sub-parts to get going. This is a tremendously complicated process. This is a tremendously complicated program, and yet, for years, Torvalds ran this not with automated tools but out of his email box. People would literally mail him changes that they'd agreed on, and he would merge them by hand.

And then,15 years after looking at Linux and figuring out how the community worked, he said, "I think I know how to write a version control system for free people."

And he called it "Git." Git is distributed version control. It has two big differences with traditional version control systems. The first is that it lives up to the philosophical promise of open-source. Everybody who works on a project has access to all of the source code all of the time. And when people draw diagrams of Git workflow, they use drawings that look like this. And you don't have to understand what the circles and boxes and arrows mean to see that this is a far more complicated way of working than is supported by ordinary version control systems.

But this is also the thing that brings the chaos back, and this is Git's second big innovation. This is a screenshot from GitHub, the premier Git hosting service, and every time a programmer uses Git to make any important change at all, creating a new file, modifying an existing one, merging two files, Git creates this kind of signature. This long string of numbers and letters here is a unique identifier tied to every single change, but without any central coordination. Every Git system generates this number the same way, which means this is a signature tied directly and unforgeably to a particular change.

This has the following effect: A programmer in Edinburgh and a programmer in Entebbe can both get the same -- a copy of the same piece of software. Each of them can make changes and they can merge them after the fact even if they didn't know of each other's existence beforehand. This is cooperation without coordination. This is the big change.

Now, I tell you all of this not to convince you that it's great that open-source programmers now have a tool that supports their philosophical way of working, although I think that is great. I tell you all of this because of what I think it means for the way communities come together.

Once Git allowed for cooperation without coordination, you start to see communities form that are enormously large and complex.

This is a graph of the Ruby community. It's an open-source programming language, and all of the interconnections between the people -- this is now not a software graph, but a people graph, all of the interconnections among the people working on that project - and this doesn't look like an org chart. This looks like a dis-org chart, and yet, out of this community, but using these tools, they can now create something together. So there are two good reasons to think that this kind of technique can be applied to democracies in general and in particular to the law.

When you make the claim, in fact, that something on the Internet is going to be good for democracy, you often get this reaction.

(Music) (Laughter)

Which is, are you talking about the thing with the singing cats? Like, is that the thing you think is going to be good for society? To which I have to say, here's the thing with the singing cats. That always happens. And I don't just mean that always happens with the Internet, I mean that always happens with media, full stop. It did not take long after the rise of the commercial printing press before someone figured out that erotic novels were a good idea. (Laughter) You don't have to have an economic incentive to sell books very long before someone says, "Hey, you know what I bet people would pay for?" (Laughter) It took people another 150 years to even think of the scientific journal, right? So -- (Laughter) (Applause)

So the harnessing by the Invisible College of the printing press to create the scientific journal was phenomenally important, but it didn't happen big, and it didn't happen quick, and it didn't happen fast, so if you're going to look for where the change is happening, you have to look on the margins.

So, the law is also dependency-related. This is a graph of the U.S. Tax Code, and the dependencies of one law on other laws for the overall effect. So there's that as a site for source code management. But there's also the fact that law is another place where there are many opinions in circulation, but they need to be resolved to one canonical copy, and when you go onto GitHub, and you look around, there are millions and millions of projects, almost all of which are source code, but if you look around the edges, you can see people experimenting with the political ramifications of a system like that. Someone put up all the Wikileaked cables from the State Department, along with software used to interpret them, including my favorite use ever of the Cablegate cables, which is a tool for detecting naturally occurring haiku in State Department prose. (Laughter) Right. (Laughter) The New York Senate has put up something called Open Legislation, also hosting it on GitHub, again for all of the reasons of updating and fluidity. You can go and pick your Senator and then you can see a list of bills they have sponsored. Someone going by Divegeek has put up the Utah code, the laws of the state of Utah, and they've put it up there not just to distribute the code, but with the very interesting possibility that this could be used to further the development of legislation. Somebody put up a tool during the copyright debate last year in the Senate, saying, "It's strange that Hollywood has more access to Canadian legislators than Canadian citizens do. Why don't we use GitHub to show them what a citizen-developed bill might look like?" And it includes this very evocative screenshot.

This is a called a "diff," this thing on the right here. This shows you, for text that many people are editing, when a change was made, who made it, and what the change is. The stuff in red is the stuff that got deleted. The stuff in green is the stuff that got added. Programmers take this capability for granted. No democracy anywhere in the world offers this feature to its citizens for either legislation or for budgets, even though those are the things done with our consent and with our money.

Now, I would love to tell you that the fact that the open-source programmers have worked out a collaborative method that is large scale, distributed, cheap, and in sync with the ideals of democracy, I would love to tell you that because those tools are in place, the innovation is inevitable. But it's not. Part of the problem, of course, is just a lack of information. Somebody put a question up on Quora saying, "Why is it that lawmakers don't use distributed version control?" This, graphically, was the answer. (Laughter) (Laughter) (Applause) And that is indeed part of the problem, but only part.

The bigger problem, of course, is power. The people experimenting with participation don't have legislative power, and the people who have legislative power are not experimenting with participation. They are experimenting with openness. There's no democracy worth the name that doesn't have a transparency move, but transparency is openness in only one direction, and being given a dashboard without a steering wheel has never been the core promise a democracy makes to its citizens.

So consider this. The thing that got Martha Payne's opinions out into the public was a piece of technology, but the thing that kept them there was political will. It was the expectation of the citizens that she would not be censored. That's now the state we're in with these collaboration tools. We have them. We've seen them. They work. Can we use them? Can we apply the techniques that worked here to this?

T.S. Eliot once said, "One of the most momentous things that can happen to a culture is that they acquire a new form of prose." I think that's wrong, but -- (Laughter) I think it's right for argumentation. Right? A momentous thing that can happen to a culture is they can acquire a new style of arguing: trial by jury, voting, peer review, now this. Right?

A new form of arguing has been invented in our lifetimes, in the last decade, in fact. It's large, it's distributed, it's low-cost, and it's compatible with the ideals of democracy. The question for us now is, are we going to let the programmers keep it to themselves? Or are we going to try and take it and press it into service for society at large?

Thank you for listening. (Applause) (Applause) Thank you. Thank you. (Applause)

今日は オープンソースプログラミングの世界に 民主主義が学べることについてお話ししますが その前にちょっと 見て頂きたいものがあります

この子はマーサ・ペイン 9歳でスコットランドの アーガイル・アンド・ビュートに住んでいます 数ヶ月前にペインは 『ネバー・セコンズ』という食べ物ブログを始め 毎日の給食を写真に撮って 記録しました 野菜がどこにあるか分かりますか? (笑) よくあるように 最初 読者は数十人ほどでしたが それから数百人 数千人と増え続け 彼女が給食につける点数を見ようと みんな立ち寄るようになりました 私が好きな部分は 「食品中の毛髪数」というやつです (笑) この日はゼロです良かったですね

それから2週間前にこんな投稿をしました 「さようなら」というタイトルです 「こう言わなければならないのはとても残念ですが 今日 授業中に校長先生に呼び出され もう給食中に写真を撮ってはいけないと言われました これまでとても楽しかったです 読んでくれてありがとうさようなら」

その後 何が起きたか分かりますよね? (笑) 寄せられた怒りの声は 怒濤のようで夥しく 徹底していました 学校側は その日のうちに決定を翻し 「9歳の子の検閲なんて まさかしませんよ」と言いました (笑) その日の朝は例外だったわけですね (笑) そこで持ち上がる疑問は 彼らはどうしてそんなことが まかり通ると思ったのか? (笑) その答えは これまでの人類の全歴史の中にあります

(笑) メディアが突然現れて たくさんの新しい考えを流し始めたとき 何が起きるのでしょう?

これは現代の問題というわけではなく 過去何世紀にも渡って人類がたびたび 経験してきたことです 電信が現れたとき ニュース産業が それで国際化されることは明らかでした それがもたらすのは何でしょう? 当然 世界平和です テレビは世界各地で起きていることを 聞くだけでなく 見ることもできるメディアです それがもたらすのは何でしょう? 世界平和です (笑) 電話はどうか? お分かりですね? 世界平和です ネタばれになって恐縮ですが 世界平和にはなりません 少なくともまだ 活版印刷でさえ カトリック知識人の支配をヨーロッパに広める ツールとして捉えられていたのです しかし実際に起きたのは マルティン・ルターの95ヶ条に 宗教改革 そして 三十年戦争です この世界平和の予言で合っていたのは 新しい考えが突如流れるようになると 社会は変わるということです 間違っていたのは それで具体的に何が起きるかということです

より多くの情報が流れるというのは 誰かの反対する考えが増えるということです メディアの増加は常に議論の増加に繋がります それがメディア空間の拡大で 起きることです それでも活版印刷の出現を振り返るとき そこで起きたのは良いことだと私たちは考えています 私たちは出版を支持する社会なのです

ではどうやって この2つが折り合うのでしょう より多くの議論を引き起こしながら それを良いものと考えるというのは?

答えは このようなものに見出せます これは 『フィロソフィカル・トランザクションズ』の表紙です 英語で出版された最初の科学論文誌です 1600年代のことでした 作ったのは「見えざる大学」と称する 自然哲学者の集団で 彼らは後に「科学者」と 名乗るようになりました 彼らは自然哲学者同士の 議論のあり方を改善するために 2つのことを必要としました 1つはオープンさです 実験をしたら 結果だけでなく 実験方法も公開しなければならないという 規範が必要でした どうやったか教えてくれなきゃ信じるわけにいかないのです もう1つはスピードです 他の自然哲学者たちが知っていることを 素早く同期させる必要がありました そうでないと 議論をうまく進めることができません 活版印刷は そのための適切なメディアでしたが 本は時間がかかりすぎ適切なツールではありません それで自然科学者コミュニティで 議論を同期させる方法として 科学論文誌が生み出されたのです 科学革命は 活版印刷によって生じたのではなく 科学者たちによってもたらされたのですが 活版印刷というツールがなければ それはなしえませんでした

私たちはどうでしょう? 私たちの世代の メディア革命というとインターネットですよね? 世界平和の予言は? もちろんあります (笑) より多くの議論が起きたでしょうか? 記録的なくらいに (YouTubeコメント欄での罵り合い) YouTubeは議論の宝庫ですね より良い議論でしょうか? それは疑問です

私はソーシャルメディアを研究していますが これは一次近似としては 人々の議論を観察するということです 我々にとっての「見えざる大学」は何でしょう? より多くの ではなく より良い議論を ツールを使って実現しようとしている 我々の世代における集団を選ぶとしたら 私はオープンソースプログラマを選びます プログラミングというのは プログラマ ソースコード それを動かす コンピュータという3者間の関係ですが コンピュータというのは 命令の解釈について融通が利かず どう実行するかコンピュータにわかるように 一連の命令を書くというのはものすごく難しいのです 1人で書く場合でもそうですが 書く人間が複数になると 同じファイルをいじる2人が 互いに上書きしたり 矛盾した命令を送ってコンピュータを 立ち往生させることになりやすく 関わるプログラマの数が増えるほど 問題が大きくなります 大規模ソフトウェアプロジェクトの管理というのは 一次近似としてこの社会的カオス状態を いかに食い止めるかという問題なのです

長い間 この問題に対する正統的解決法は 「バージョン管理システム」を使う ということでした このシステムはその名の通りのことをします ソフトウェアのマスタコピーを どこかのサーバに保持していて それを変更できるのは アクセスする特別な権限を与えられた人だけで しかも自分に変更権限のある部分しか 変えることを許されません バージョン管理システムを図示させると みんなこんな絵を描きます 組織図みたいですね このようなシステムの 政治的帰結を読み取るのは難しくないでしょう 封建制です1人の所有者に 多数の労働者

これは商用ソフトウェアには適しています Microsoft Officeとか Adobe Photoshopとか 企業がソフトウェアを所有し プログラマは働きにやって来ます

しかしあるプログラマが これは自分たちのやり方ではないと思いました リーナス・トーバルズです 彼は最も有名なオープンソースプログラマで Linuxの作者として知られています彼はオープンソース運動が この問題に対処してきた方法について考えていました オープンソースソフトウェアのライセンスが約束しているのは すべての人がいつでも すべてのソースコードにアクセスできるということです もちろん そのままだとカオス状態に陥る怖れがあるので 何かを成し遂げようと思ったら それを未然に 防ぐ必要があります だからオープンソースプロジェクトの多くは 我慢して 封建的管理システムを使っています

しかしトーバルズは「そんな風にはやりたくない」と思いました この点について彼の考え方は明確です 何かのツールを採用するときには そのツールに埋め込まれている思想も採用することになります 彼はLinuxコミュニティのやり方に合わないものを 採用したくなかったのです このような決断が いかに大きなものか 理解するためこれを見て頂きましょう Linuxオペレーティングシステムの内部的依存関係のグラフです プログラムのそれぞれの部分が 別のどの部分に依存しているかを表しています とんでもなく複雑なプロセスになっています これほど複雑なプログラムでありながら 長年の間 トーバルズは自動化ツールなしで メールの受信箱を使って管理していました 人々が文字通りメールで 変更部分を送ってきて 彼がそれを手で組み込んでいたのです

そして15年にわたってLinuxを見続け コミュニティの働き方を把握し 思い至ったのです 「自由な人々のためのバージョン管理システムを どう作ればいいのか分かった」

彼はそれをGitと名付けましたGitは分散バージョン管理システムです 従来のバージョン管理システムと 大きく異なる点が2つあります 1つは オープンソースの思想に合っているということです そのプロジェクトで働いているすべての人が すべてのソースコードにいつでも触ることができます Gitのワークフローを図に描くと こんな感じになります ここで丸や四角や矢印が 何を意味するのか分からなかったとしても これが従来のバージョン管理で 想定されているよりも はるかに複雑な動きをすることは 見て取れるでしょう

しかしこれは再びカオスを手にするということでもあります それがGitのもう1つのイノベーションです これはGitホスティングサービスであるGitHubのスクリーンショットです プログラマがGitを使って ファイル作成や既存ファイルの修正 2つのファイルの統合といった変更を行うとき Gitは一種の署名を生成します この長い英数字の列は 個々の変更に割り当てられた固有の識別子で これは中央での調整なしに行われます Gitシステムはすべて 同じやり方でこの数字を生成し それは特定の変更に直接結びついた 誤魔化しようのない署名となります

これがもたらす効果は エジンバラのプログラマと エンテベのプログラマが 同時にソフトウェアの同じ部分を取り出して それぞれが変更をし 後からそれを統合できるということで 2人があらかじめ互いの存在を 知らなくともいいのです これは調整なしの協同であり とても大きな変化です

この話をしているのは オープンソースプログラマが その仕事の仕方に合ったツールを手に入れたのは素晴らしい と言いたいからではありません 実際素晴らしいことだと思いますが この話をしているのはコミュニティで協力する方法に対して これが持つ意味のためです

Gitによって調整なしの協同が可能になると ものすごく大きく複雑なコミュニティが 形成されるようになります

これはオープンソースのプログラミング言語 Ruby の コミュニティのグラフです 人の関連を表しています ソフトウェアのグラフではなく 人のグラフです このプロジェクトで働いている 人の間の関係です これは組織図のようには見えません むしろ非・組織図です それでもこのコミュニティは こういったツールを使うことで 一緒に何かを作り上げられるのです このようなテクニックが 民主主義一般 特に法律に対して適用できると 考えられる理由が2つあります

インターネット上の何かが 民主主義に良いと主張したとき よくある反応はこういうものです

(恋のマイアヒ)

「ああ あんたが話しているのって あの歌う猫のこと? あれが社会のためにいいって言うの?」 それに対する私の答えは歌う猫の問題は いつでも起きるということですインターネットでいつでも起きる ということではありません メディアにおいていつでも起きるということです 商業的な印刷が出現してから 官能小説を出版するのはいいアイデアだと 誰かが気付くまでに さほど時間はかかりませんでした (笑) 本を売る経済的インセンティブが発生してほどなく 「大衆がいったい何に金を出すと思う?」 と考える人間が現れたのです (笑) 科学論文誌が考え出されたのは その150年も後のことですだから・・・(笑いと拍手)

「見えない大学」が活版印刷を使って 科学論文誌を作ったのは 極めて重要な出来事でしたが それは大規模でも 短時間でも 迅速でもありませんでした 変化が起きている場所を見つけるには 周縁に目を向ける必要があります

法律もまた依存関係を持っています これはアメリカの税法のグラフで 法律が 全体として機能する上で持つ 個々の法律の依存関係を表しています ソースコード同様の関連があるのです そしてまた 法律も 多くの意見がある中で 唯一の正式なバージョンに 収斂させる必要があります GitHubに行って見て回っていると 何百万というプロジェクトがあって そのほとんどは ソースコードですが 周縁に目を向けると このような政治的派生物で 実験している人たちがいます ウィキリークスが公開した すべての米国務省公電を 処理用のソフトウェアと一緒に登録した人がいます これは流出公電の活用事例として私が特に気に入っているものですが 米国務省の文書中に自然に現れる 俳句を抽出するツールです (笑) ご覧の通り (笑) ニューヨーク州議会では 「オープン立法」と呼ばれるものをGitHubに作っていて これもまた更新や流動性に対応するためです 議員を選んで その人が起草した 法案を見ることができます divegeekというユーザはGitHubにutahcodeという ユタ州の州法を登録する場所を作りました 単に州法を見られるだけでなく 法律を作っていく過程にこれを活用するという とても興味深い可能性がここにはあります 去年議会で 著作権の議論が行われていたとき ある人がこのページを作りました「カナダ国民よりも ハリウッドの方が カナダの議員に意見できるのは変な話だ 市民が作ったら法案がどんなものになるか GitHubで見せてやろうじゃないか」 これはその示唆に富むスクリーンショットです

画面右側は diff (差分)と呼ばれるもので たくさんの人が手を入れた文章について いつ誰が どんな変更を加えたか 分かるようになっています 赤は削除された部分 緑は追加された部分です プログラマにとっては当たり前のツールですが 世界の民主主義のどこも この機能を市民に提供してはいません 法案についてであれ 予算についてであれ それが我々の同意のもと 我々のお金で 行われるものであるにも関わらずです

オープンソースプログラマは 大規模分散的で安価な 協同作業の方法を生み出していて それは民主主義の理想にぴったり合っています ツールは既にあり イノベーションは不可避だと言いたいところですが そうなってはいません その理由のある部分は 単なる情報の欠如です Quoraで質問した人がいます 「どうして立法で分散バージョン管理を 使わないのでしょう?」 これはその答えを図で示したものです (笑) (GitHubユーザ | 法律家) これは確かに原因の一部ではありますが 全部ではありません

より大きな問題はもちろん 権力です 参加の実験をしている人たちは立法の力を持たず 立法の力を持つ人たちは 参加の実験などしません 彼らはオープン化の実験はしています 透明化の努力をしないものは 民主主義の名に値しません しかし透明化というのは一方向のオープン化でしかありません 民主主義が市民に 手綱なしのダッシュボードを 与える約束をしたことはいまだかつて ありません

考えてほしいのは マーサ・ペインが自分の意見を 人々に伝えられるようにしたのはテクノロジーでしたが それを公開し続けられるようにしたのは政治的意志だったということです マーサが検閲されないことを 市民が望んだのです コラボレーションのツールを手にしたというのが今の我々の状態です 我々は それを持ち 目にしていますそれは機能します 我々は使えるでしょうか? マーサの時にうまくいったやり方をここでもやれるでしょうか?

T・S・エリオットは言いました 「文化で起こりうる最も重要なことは 新しい散文の形式を手にすることである」 これは間違っていると思いますが・・・(笑) 「議論」ということであれば正しいと思います 文化で起こりうる最も重要なことは 新しい議論のスタイルを手にすることです 陪審員による裁判 選挙 ピアレビュー そして分散管理システムです

議論の新しい形式が我々の生きている間に 実際この十年の間に発明されたのです 大規模で 分散的で 低コストで 民主主義の理想に合致しています 我々が今問われているのは それをプログラマだけのものにしておくのか それとも社会全体に役立てるため これを取り入れるのか ということです

ご静聴ありがとうございました (拍手) ありがとうございます (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画