TED日本語 - メリッサ・マーシャル: 私に科学を熱く語って!

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - メリッサ・マーシャル: 私に科学を熱く語って!

TED Talks

私に科学を熱く語って!
Talk nerdy to me
メリッサ・マーシャル
Melissa Marshall

内容

メリッサ・マーシャルは、科学の門外漢として、全ての科学者にメッセージを送ります。「あんたたちのしていることに興味あるわ。だから語って聞かせてよ。ただしわかる言葉でお願い」。 マーシャルは、複雑な科学のアイデアを一般の人に紹介する時に有効となるコツを、たった4分で語り明かしてくれます。

Script

Five years ago, I experienced a bit of what it must have been like to be Alice in Wonderland. Penn State asked me, a communications teacher, to teach a communications class for engineering students. And I was scared. (Laughter) Really scared. Scared of these students with their big brains and their big books and their big, unfamiliar words. But as these conversations unfolded, I experienced what Alice must have when she went down that rabbit hole and saw that door to a whole new world. That's just how I felt as I had those conversations with the students. I was amazed at the ideas that they had, and I wanted others to experience this wonderland as well. And I believe the key to opening that door is great communication.

We desperately need great communication from our scientists and engineers in order to change the world. Our scientists and engineers are the ones that are tackling our grandest challenges, from energy to environment to health care, among others, and if we don't know about it and understand it, then the work isn't done, and I believe it's our responsibility as non-scientists to have these interactions. But these great conversations can't occur if our scientists and engineers don't invite us in to see their wonderland. So scientists and engineers, please, talk nerdy to us.

I want to share a few keys on how you can do that to make sure that we can see that your science is sexy and that your engineering is engaging. First question to answer for us: so what? Tell us why your science is relevant to us. Don't just tell me that you study trabeculae, but tell me that you study trabeculae, which is the mesh-like structure of our bones because it's important to understanding and treating osteoporosis.

And when you're describing your science, beware of jargon. Jargon is a barrier to our understanding of your ideas. Sure, you can say "spatial and temporal," but why not just say "space and time," which is so much more accessible to us? And making your ideas accessible is not the same as dumbing it down. Instead, as Einstein said, make everything as simple as possible, but no simpler. You can clearly communicate your science without compromising the ideas. A few things to consider are having examples, stories and analogies. Those are ways to engage and excite us about your content. And when presenting your work, drop the bullet points. Have you ever wondered why they're called bullet points? (Laughter) What do bullets do? Bullets kill, and they will kill your presentation. A slide like this is not only boring, but it relies too much on the language area of our brain, and causes us to become overwhelmed. Instead, this example slide by Genevieve Brown is much more effective. It's showing that the special structure of trabeculae are so strong that they actually inspired the unique design of the Eiffel Tower. And the trick here is to use a single, readable sentence that the audience can key into if they get a bit lost, and then provide visuals which appeal to our other senses and create a deeper sense of understanding of what's being described.

So I think these are just a few keys that can help the rest of us to open that door and see the wonderland that is science and engineering. And because the engineers that I've worked with have taught me to become really in touch with my inner nerd, I want to summarize with an equation. (Laughter) Take your science, subtract your bullet points and your jargon, divide by relevance, meaning share what's relevant to the audience, and multiply it by the passion that you have for this incredible work that you're doing, and that is going to equal incredible interactions that are full of understanding. And so, scientists and engineers, when you've solved this equation, by all means, talk nerdy to me. (Laughter) Thank you. (Applause)

5年前 私は 『不思議の国のアリス』のアリスになったような体験をしました ペンシルバニア州立大学から 工学部の学生相手に コミュニケーションの授業をするよう頼まれたんですけど 恐怖を感じたものです(笑) 工学部の学生は頭が良くて 分厚い本を抱え 分からない言葉を使うものだと思って 怖かったんです でも 彼らと会話をするにつれ 私は アリスがウサギ穴に落ちて 新世界への扉を見たときに感じたであろう体験をしました 不思議の国というのが まさに私が学生と話して 感じたことです 彼らのアイデアには驚かされました そして他の人にもこの不思議の国を体験してほしいと思いました その扉を開ける鍵こそが 素晴らしいコミュニケーションであると 私は信じています

世界を変えるために 私たちは 科学者やエンジニアと 意思疎通を図る必要があります 私たちの抱える最も難しい問題に 立ち向かってくれるのは 彼らなのです エネルギー問題 環境問題ヘルス・ケアなど 私たちがそれらの問題を理解しなければ 問題解決には至らないでしょうし 門外漢の私たちにも 問題を理解する責任があると思います こういった意思疎通を図るためには 彼らに 不思議の国へと 招待してもらう必要があります 科学者とエンジニアの皆さん どうか私たちに熱く科学を語ってください

科学の素晴らしさや工学の魅力を 私たち 門外漢にも分からせるための 重要なポイントを紹介します まずは「それがどうした?」という疑問に答えることです その科学が私たちにどう関わるのか 説明するのです 単に「骨梁を研究しています」ではなく こう言うのです 「骨にある網目状の構造の骨梁を研究していますが これは骨粗しょう症の理解と治療のために重要なんです」

そして科学について語るときは 専門用語に注意してください 専門用語は アイデア理解の障壁となります 時空なんたらという用語がありますけど もっと分かりやすく 「時間と空間」と言えませんか? ただ 話を分かりやすくしても不正確な内容にはしないことです アインシュタインが言ったようにするんです 可能な限り簡潔に でもそれ以上簡潔にしようとはしないこと 誤魔化しを入れずに 科学を明確に語ることだって可能なのです 良い方法は 説明に 例やストーリーや比喩を交えることです そうすることで 専門的な話が 私たちにとっても魅力的になります 研究を紹介するのに 箇条書き(bullet point) はやめましょう なんで bullet point (銃弾点) と呼ばれているか分かりますか?(笑) 銃弾が何をするものか考えてください そう プレゼンテーションを殺してしまうのです こういったスライドは退屈なだけでなく 脳の言語野に大きな負担をかけ 見る人を圧倒します 一方 ジュヌビエーブ・ブラウンが作ったこのスライドは ずっと効果的です 骨梁が特殊で頑丈な構造を持つことを示していて エッフェル塔の独特な設計にも応用されたことが分かります コツは 文を1つに絞ることです 聴衆が筋を見失っても 立ち戻れるように そして視覚的イメージを貼ることで 言語野ではない部分を刺激し 説明されていることに対する理解を いっそう深めることができます

この何点かに注意するだけで 門外漢を不思議の国へと誘う上で ずっと違ってくるんです さて 受講している工学部の学生たちに 内に秘めたオタク心をくすぐられたので 今回の内容を方程式に書いてまとめたいと思います (笑) 「科学」から 「箇条書き」と「専門用語」を差し引き 聴き手にどう関わるかを意味する 「関連性」で割り 研究に注いでいる「情熱」を 掛け合わせると 高い「理解度」を伴う 素晴らしい意思疎通が得られます 科学者やエンジニアの皆さん この方程式を解いて ぜひとも 私に熱く科学を語ってください (笑) (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画