TED日本語 - アナンダ・シャンカール・ジャヤント: 踊りで癌に挑む

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アナンダ・シャンカール・ジャヤント: 踊りで癌に挑む

TED Talks

踊りで癌に挑む
Ananda Shankar Jayant fights cancer with dance
アナンダ・シャンカール・ジャヤント

内容

著名なインド古典舞踊家アナンダ・シャンカール・ジャヤントは2008年に癌の宣告を受けました。アナンダはこのスピーチで、癌に向かい合った経験を語ると共に、癌に立ち向かう強さを踊りで表現しています。

Script

(Music)

[ Sanskrit ] This is an ode to the mother goddess, that most of us in India learn when we are children. I learned it when I was four at my mother's knee. That year she introduced me to dance, and thus began my tryst with classical dance. Since then -- it's been four decades now -- I've trained with the best in the field, performed across the globe, taught young and old alike, created, collaborated, choreographed, and wove a rich tapestry of artistry, achievement and awards. The crowning glory was in 2007, when I received this country's fourth highest civilian award, the Padma Shri, for my contribution to art.

(Applause)

But nothing, nothing prepared me for what I was to hear on the first of July 2008. I heard the word "carcinoma." Yes, breast cancer. As I sat dumbstruck in my doctor's office, I heard other words: "cancer," "stage," "grade." Until then, Cancer was the zodiac sign of my friend, stage was what I performed on, and grades were what I got in school. That day, I realized I had an unwelcome, uninvited, new life partner. As a dancer, I know the nine rasas or the navarasas: anger, valor, disgust, humor and fear. I thought I knew what fear was. That day, I learned what fear was.

Overcome with the enormity of it all and the complete feeling of loss of control, I shed copious tears and asked my dear husband, Jayant. I said, "Is this it? Is this the end of the road? Is this the end of my dance?" And he, the positive soul that he is, said, "No, this is just a hiatus, a hiatus during the treatment, and you'll get back to doing what you do best."

I realized then that I, who thought I had complete control of my life, had control of only three things: My thought, my mind -- the images that these thoughts created -- and the action that derived from it. So here I was wallowing in a vortex of emotions and depression and what have you, with the enormity of the situation, wanting to go to a place of healing, health and happiness. I wanted to go from where I was to where I wanted to be, for which I needed something. I needed something that would pull me out of all this. So I dried my tears, and I declared to the world at large ... I said, "Cancer's only one page in my life, and I will not allow this page to impact the rest of my life."

I also declared to the world at large that I would ride it out, and I would not allow cancer to ride me. But to go from where I was to where I wanted to be, I needed something. I needed an anchor, an image, a peg to peg this process on, so that I could go from there. And I found that in my dance, my dance, my strength, my energy, my passion, my very life breath. But it wasn't easy. Believe me, it definitely wasn't easy. How do you keep cheer when you go from beautiful to bald in three days? How do you not despair when, with the body ravaged by chemotherapy, climbing a mere flight of stairs was sheer torture, that to someone like me who could dance for three hours? How do you not get overwhelmed by the despair and the misery of it all? All I wanted to do was curl up and weep. But I kept telling myself fear and tears are options I did not have.

So I would drag myself into my dance studio -- body, mind and spirit -- every day into my dance studio, and learn everything I learned when I was four, all over again, reworked, relearned, regrouped. It was excruciatingly painful, but I did it. Difficult. I focused on my mudras, on the imagery of my dance, on the poetry and the metaphor and the philosophy of the dance itself. And slowly, I moved out of that miserable state of mind.

But I needed something else. I needed something to go that extra mile, and I found it in that metaphor which I had learned from my mother when I was four. The metaphor of Mahishasura Mardhini, of Durga. Durga, the mother goddess, the fearless one, created by the pantheon of Hindu gods. Durga, resplendent, bedecked, beautiful, her 18 arms ready for warfare, as she rode astride her lion into the battlefield to destroy Mahishasur. Durga, the epitome of creative feminine energy, or shakti. Durga, the fearless one. I made that image of Durga and her every attribute, her every nuance, my very own.

Powered by the symbology of a myth and the passion of my training, I brought laser-sharp focus into my dance, laser-sharp focus to such an extent that I danced a few weeks after surgery. I danced through chemo and radiation cycles, much to the dismay of my oncologist. I danced between chemo and radiation cycles and badgered him to fit it to my performing dance schedule. What I had done is I had tuned out of cancer and tuned into my dance. Yes, cancer has just been one page in my life.

My story is a story of overcoming setbacks, obstacles and challenges that life throws at you. My story is the power of thought. My story is the power of choice. It's the power of focus. It's the power of bringing ourselves to the attention of something that so animates you, so moves you, that something even like cancer becomes insignificant. My story is the power of a metaphor. It's the power of an image. Mine was that of Durga, Durga the fearless one. She was also called Simhanandini, the one who rode the lion.

As I ride out, as I ride my own inner strength, my own inner resilience, armed as I am with what medication can provide and continue treatment, as I ride out into the battlefield of cancer, asking my rogue cells to behave, I want to be known not as a cancer survivor, but as a cancer conqueror.

I present to you an excerpt of that work "Simhanandini."

(Applause)

(Music)

(Applause)

(音楽)

[サンスクリット語] これは地母神の抒情歌です インドでは この歌を 子供のころに習います   私は4歳のときに 母から習いました 同じ年に 母からダンスを習い始めました   以来ずっと 私は古典舞踊を続けています   それから40年ほど過ぎました 素晴らしい先生に恵まれ 世界中で舞踊を上演し 幅広い年齢の方々に舞踊を教えたり 創作や合作に携わり 振り付けを行い 舞踊家として 名実ともに第一人者となりました   もっとも記憶に残っているのは2007年に インドで 4番目に栄誉あるパドマシュリを 受賞したことです

(拍手)

それでも 2008年の7月1日に ある宣告を受ける心の準備は まったくできていませんでした   悪性腫瘍という言葉を聞きました 乳がんだったのです 医師の目の前で言葉を失いました 他に聞こえた単語は 「キャンサー」「ステージ」「グレード」でした 「キャンサー」と言えば かに座というイメージでした  「ステージ」は舞台のことだと思っていましたし 「グレード」は学校の成績のことだと思っていました   宣告を受けた日 自分の中に 招かざる客がいることを知りました 舞踊家として 9つの感情表現方法を身につけています 怒り 勇気 嫌悪 笑い そして恐怖 宣告を受けた日に 私は本当の恐怖の意味を知りました

ことの重大さと 癌に逆らえない無力さに 泣き続けました 私は夫に尋ねました 「私はこれで終わってしまうのかしら 舞踊家としても終わってしまうのかしら」 私の夫はポジティブで 「違うよ これは一時的なもので 休んで治療を受ければ 元通りになるよ」と言いました

そのとき 人生の主導権は自分にあると考えていた私は 3つしかコントロールできないのだと知りました 思考や心 思考と心が創造するイメージと そこから作り出す動き   私は ことの大きさに 感情の波にもまれて ひどく落ち込んだりもしました   癒しと健康 幸せを求めていました 自分のありのままを認めず 自分のなりたい姿を求めていました   そのために なにかのきっかけを必要としていました 泣くのはやめて ある日私は宣言しました 癌は人生のごく一部であって 今後の人生に影響させるわけにはいかない

そして 癌を乗り越え 癌に負けないと宣言しました しかし現状から 抜け出すには 何かが必要でした 頼りになるイメージや 支えを利用して この状況から 抜け出す必要がありました   私は その支えを舞踊に見出しました 私の踊り 強さ エネルギー 情熱 生命の表現   でもそれは 本当に難しかったのです   美しい姿から3日間で 髪を失ったとき 陽気でいられるでしょうか 化学療法の副作用で 階段を上ることさえも苦痛であるときに 絶望せずにいられるでしょうか   以前私は3時間踊り続けることができたのに このような状況で 絶望したりみじめに思わずにいられるでしょうか 私は身をかがめて泣きたい気持ちでしたが 恐怖と涙に負けてはいけないと 自分に言い聞かせました  

私は体を引きずるようにダンススタジオに行き 体も心も全てをささげて 4歳のときに習ったことを 全て習い直しました   全てをやりなおすのは とても苦痛でしたが それでもやり遂げました 辛かったです 私は手を使った表現方法であるムドラや 私の踊りのイメージや 踊りの感情表現や 人生観に意識を集中させました そして徐々に 悲しみから抜け出したのです

でも もうひと踏ん張りするために ほかの何かを探していました そしてあるとき 私が4歳のころ母に習った マヒシャースラマルディニーの ドゥルガを思い出しました   ドゥルガは恐れを知らない地母神で ヒンズーの神々によって創られました   ドゥルガはきらびやかで美しく 18本の腕をもち その腕で戦うのです ライオンにまたがって マヒシャースラを攻撃に行くのです ドゥルガは シャクティと呼ばれる 女性の強さを象徴しています 恐れを知らないドゥルガを 私はイメージして 彼女の性格 感情を 私なりに表現しました

神話の力と 私の稽古への情熱が 私をより舞踊に集中させました どのくらいの集中力だったかというと 私は手術の数週間後から踊り 化学療法と放射線治療の期間も踊りました 担当医もびっくりしていました 舞踊のスケジュールに合わせて 治療を行うように 担当医にお願いしました 私は 癌から 舞踊に向かいました 癌は私の人生の一部でしかありません

私が伝えたいのは 人生に生じる 障害や困難を 乗り越えていくことです 私が伝えたいのは いかに思考のパワー 自分で選択するパワー 集中するパワー そして自分を 元気づけるパワーがあれば 前に進むことができ 癌ですら大したことではなくなるということです 私が表現するのは象徴のパワー いわば 想像力のパワーです   私はドゥルガを表現します ドゥルガは恐れを知りません ドゥルガはシンハナンディニとも呼ばれ ライオンにまたがります

私もまたライオンにまたがるように 自分の内面の強さと 自己回復力を備え 薬を飲み 治療を続け 癌と闘い 癌細胞におとなしくするように といっています また 癌の生存者ではなく 癌を克服した者となりたいのです  

その様を表現した舞踊を披露します  タイトルは「シンハナンディニ」です  

(拍手)

(音楽)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画