TED日本語 - ジョナサン・ハイト: 宗教、進化、そして自己超越の恍惚

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョナサン・ハイト: 宗教、進化、そして自己超越の恍惚

TED Talks

宗教、進化、そして自己超越の恍惚
Religion, evolution, and the ecstasy of self-transcendence
ジョナサン・ハイト
Jonathan Haidt

内容

心理学者ジョナサン・ハイトは、シンプルですが難しい質問をします: なぜ私たちは自己超越を求めるのか? なぜ私たちは自己を失うことを試みるのか? 集団選択による進化の科学を見て廻り、彼は刺激的な答えを提案します。

Script

I have a question for you: Are you religious? Please raise your hand right now if you think of yourself as a religious person. Let's see, I'd say about three or four percent. I had no idea there were so many believers at a TED Conference. (Laughter) Okay, here's another question: Do you think of yourself as spiritual in any way, shape or form? Raise your hand. Okay, that's the majority.

My Talk today is about the main reason, or one of the main reasons, why most people consider themselves to be spiritual in some way, shape or form. My Talk today is about self-transcendence. It's just a basic fact about being human that sometimes the self seems to just melt away. And when that happens, the feeling is ecstatic and we reach for metaphors of up and down to explain these feelings. We talk about being uplifted or elevated.

Now it's really hard to think about anything abstract like this without a good concrete metaphor. So here's the metaphor I'm offering today. Think about the mind as being like a house with many rooms, most of which we're very familiar with. But sometimes it's as though a doorway appears from out of nowhere and it opens onto a staircase. We climb the staircase and experience a state of altered consciousness.

In 1902, the great American psychologist William James wrote about the many varieties of religious experience. He collected all kinds of case studies. He quoted the words of all kinds of people who'd had a variety of these experiences. One of the most exciting to me is this young man, Stephen Bradley, had an encounter, he thought, with Jesus in 1820. And here's what Bradley said about it.

(Music)

(Video) Stephen Bradley: I thought I saw the savior in human shape for about one second in the room, with arms extended, appearing to say to me, "Come." The next day I rejoiced with trembling. My happiness was so great that I said I wanted to die. This world had no place in my affections. Previous to this time, I was very selfish and self-righteous. But now I desired the welfare of all mankind and could, with a feeling heart, forgive my worst enemies.

JH: So note how Bradley's petty, moralistic self just dies on the way up the staircase. And on this higher level he becomes loving and forgiving. The world's many religions have found so many ways to help people climb the staircase. Some shut down the self using meditation. Others use psychedelic drugs. This is from a 16th century Aztec scroll showing a man about to eat a psilocybin mushroom and at the same moment get yanked up the staircase by a god. Others use dancing, spinning and circling to promote self-transcendence. But you don't need a religion to get you through the staircase. Lots of people find self-transcendence in nature. Others overcome their self at raves.

But here's the weirdest place of all: war. So many books about war say the same thing, that nothing brings people together like war. And that bringing them together opens up the possibility of extraordinary self-transcendent experiences. I'm going to play for you an excerpt from this book by Glenn Gray. Gray was a soldier in the American army in World War II. And after the war he interviewed a lot of other soldiers and wrote about the experience of men in battle. Here's a key passage where he basically describes the staircase.

(Video) Glenn Gray: Many veterans will admit that the experience of communal effort in battle has been the high point of their lives. "I" passes insensibly into a "we," "my" becomes "our" and individual faith loses its central importance. I believe that it is nothing less than the assurance of immortality that makes self-sacrifice at these moments so relatively easy. I may fall, but I do not die, for that which is real in me goes forward and lives on in the comrades for whom I gave up my life.

JH: So what all of these cases have in common is that the self seems to thin out, or melt away, and it feels good, it feels really good, in a way totally unlike anything we feel in our normal lives. It feels somehow uplifting. This idea that we move up was central in the writing of the great French sociologist Emile Durkheim. Durkheim even called us Homo duplex, or two-level man. The lower level he called the level of the profane. Now profane is the opposite of sacred. It just means ordinary or common. And in our ordinary lives we exist as individuals. We want to satisfy our individual desires. We pursue our individual goals. But sometimes something happens that triggers a phase change. Individuals unite into a team, a movement or a nation, which is far more than the sum of its parts.

Durkheim called this level the level of the sacred because he believed that the function of religion was to unite people into a group, into a moral community. Durkheim believed that anything that unites us takes on an air of sacredness. And once people circle around some sacred object or value, they'll then work as a team and fight to defend it. Durkheim wrote about a set of intense collective emotions that accomplish this miracle of E pluribus unum, of making a group out of individuals. Think of the collective joy in Britain on the day World War II ended. Think of the collective anger in Tahrir Square, which brought down a dictator. And think of the collective grief in the United States that we all felt, that brought us all together, after 9/11.

So let me summarize where we are. I'm saying that the capacity for self-transcendence is just a basic part of being human. I'm offering the metaphor of a staircase in the mind. I'm saying we are Homo duplex and this staircase takes us up from the profane level to the level of the sacred. When we climb that staircase, self-interest fades away, we become just much less self-interested, and we feel as though we are better, nobler and somehow uplifted.

So here's the million-dollar question for social scientists like me: Is the staircase a feature of our evolutionary design? Is it a product of natural selection, like our hands? Or is it a bug, a mistake in the system -- this religious stuff is just something that happens when the wires cross in the brain -- Jill has a stroke and she has this religious experience, it's just a mistake?

Well many scientists who study religion take this view. The New Atheists, for example, argue that religion is a set of memes, sort of parasitic memes, that get inside our minds and make us do all kinds of crazy religious stuff, self-destructive stuff, like suicide bombing. And after all, how could it ever be good for us to lose ourselves? How could it ever be adaptive for any organism to overcome self-interest? Well let me show you.

In "The Descent of Man," Charles Darwin wrote a great deal about the evolution of morality -- where did it come from, why do we have it. Darwin noted that many of our virtues are of very little use to ourselves, but they're of great use to our groups. He wrote about the scenario in which two tribes of early humans would have come in contact and competition. He said, "If the one tribe included a great number of courageous, sympathetic and faithful members who are always ready to aid and defend each other, this tribe would succeed better and conquer the other." He went on to say that "Selfish and contentious people will not cohere, and without coherence nothing can be effected." In other words, Charles Darwin believed in group selection.

Now this idea has been very controversial for the last 40 years, but it's about to make a major comeback this year, especially after E.O. Wilson's book comes out in April, making a very strong case that we, and several other species, are products of group selection. But really the way to think about this is as multilevel selection.

So look at it this way: You've got competition going on within groups and across groups. So here's a group of guys on a college crew team. Within this team there's competition. There are guys competing with each other. The slowest rowers, the weakest rowers, are going to get cut from the team. And only a few of these guys are going to go on in the sport. Maybe one of them will make it to the Olympics. So within the team, their interests are actually pitted against each other. And sometimes it would be advantageous for one of these guys to try to sabotage the other guys. Maybe he'll badmouth his chief rival to the coach. But while that competition is going on within the boat, this competition is going on across boats. And once you put these guys in a boat competing with another boat, now they've got no choice but to cooperate because they're all in the same boat. They can only win if they all pull together as a team. I mean, these things sound trite, but they are deep evolutionary truths.

The main argument against group selection has always been that, well sure, it would be nice to have a group of cooperators, but as soon as you have a group of cooperators, they're just going to get taken over by free-riders, individuals that are going to exploit the hard work of the others. Let me illustrate this for you. Suppose we've got a group of little organisms -- they can be bacteria, they can be hamsters; it doesn't matter what -- and let's suppose that this little group here, they evolved to be cooperative. Well that's great. They graze, they defend each other, they work together, they generate wealth. And as you'll see in this simulation, as they interact they gain points, as it were, they grow, and when they've doubled in size, you'll see them split, and that's how they reproduce and the population grows.

But suppose then that one of them mutates. There's a mutation in the gene and one of them mutates to follow a selfish strategy. It takes advantage of the others. And so when a green interacts with a blue, you'll see the green gets larger and the blue gets smaller. So here's how things play out. We start with just one green, and as it interacts it gains wealth or points or food. And in short order, the cooperators are done for. The free-riders have taken over. If a group can not solve the free-rider problem then it can not reap the benefits of cooperation and group selection can not get started.

But there are solutions to the free-rider problem. It's not that hard a problem. In fact, nature has solved it many, many times. And nature's favorite solution is to put everyone in the same boat. For example, why is it that the mitochondria in every cell has its own DNA, totally separate from the DNA in the nucleus? It's because they used to be separate free-living bacteria and they came together and became a superorganism. Somehow or other -- maybe one swallowed another; we'll never know exactly why -- but once they got a membrane around them, they were all in the same membrane, now all the wealth-created division of labor, all the greatness created by cooperation, stays locked inside the membrane and we've got a superorganism.

And now let's rerun the simulation putting one of these superorganisms into a population of free-riders, of defectors, of cheaters and look what happens. A superorganism can basically take what it wants. It's so big and powerful and efficient that it can take resources from the greens, from the defectors, the cheaters. And pretty soon the whole population is actually composed of these new superorganisms. What I've shown you here is sometimes called a major transition in evolutionary history. Darwin's laws don't change, but now there's a new kind of player on the field and things begin to look very different.

Now this transition was not a one-time freak of nature that just happened with some bacteria. It happened again about 120 or a 140 million years ago when some solitary wasps began creating little simple, primitive nests, or hives. Once several wasps were all together in the same hive, they had no choice but to cooperate, because pretty soon they were locked into competition with other hives. And the most cohesive hives won, just as Darwin said.

These early wasps gave rise to the bees and the ants that have covered the world and changed the biosphere. And it happened again, even more spectacularly, in the last half-million years when our own ancestors became cultural creatures, they came together around a hearth or a campfire, they divided labor, they began painting their bodies, they spoke their own dialects, and eventually they worshiped their own gods. Once they were all in the same tribe, they could keep the benefits of cooperation locked inside. And they unlocked the most powerful force ever known on this planet, which is human cooperation -- a force for construction and destruction.

Of course, human groups are nowhere near as cohesive as beehives. Human groups may look like hives for brief moments, but they tend to then break apart. We're not locked into cooperation the way bees and ants are. In fact, often, as we've seen happen in a lot of the Arab Spring revolts, often those divisions are along religious lines. Nonetheless, when people do come together and put themselves all into the same movement, they can move mountains.

Look at the people in these photos I've been showing you. Do you think they're there pursuing their self-interest? Or are they pursuing communal interest, which requires them to lose themselves and become simply a part of a whole?

Okay, so that was my Talk delivered in the standard TED way. And now I'm going to give the whole Talk over again in three minutes in a more full-spectrum sort of way.

(Music)

(Video) Jonathan Haidt: We humans have many varieties of religious experience, as William James explained. One of the most common is climbing the secret staircase and losing ourselves. The staircase takes us from the experience of life as profane or ordinary upwards to the experience of life as sacred, or deeply interconnected. We are Homo duplex, as Durkheim explained. And we are Homo duplex because we evolved by multilevel selection, as Darwin explained. I can't be certain if the staircase is an adaptation rather than a bug, but if it is an adaptation, then the implications are profound. If it is an adaptation, then we evolved to be religious.

I don't mean that we evolved to join gigantic organized religions. Those things came along too recently. I mean that we evolved to see sacredness all around us and to join with others into teams and circle around sacred objects, people and ideas. This is why politics is so tribal. Politics is partly profane, it's partly about self-interest, but politics is also about sacredness. It's about joining with others to pursue moral ideas. It's about the eternal struggle between good and evil, and we all believe we're on the good team.

And most importantly, if the staircase is real, it explains the persistent undercurrent of dissatisfaction in modern life. Because human beings are, to some extent, hivish creatures like bees. We're bees. We busted out of the hive during the Enlightenment. We broke down the old institutions and brought liberty to the oppressed. We unleashed Earth-changing creativity and generated vast wealth and comfort.

Nowadays we fly around like individual bees exulting in our freedom. But sometimes we wonder: Is this all there is? What should I do with my life? What's missing? What's missing is that we are Homo duplex, but modern, secular society was built to satisfy our lower, profane selves. It's really comfortable down here on the lower level. Come, have a seat in my home entertainment center.

One great challenge of modern life is to find the staircase amid all the clutter and then to do something good and noble once you climb to the top. I see this desire in my students at the University of Virginia. They all want to find a cause or calling that they can throw themselves into. They're all searching for their staircase. And that gives me hope because people are not purely selfish.

Most people long to overcome pettiness and become part of something larger. And this explains the extraordinary resonance of this simple metaphor conjured up nearly 400 years ago. "No man is an island entire of itself. Every man is a piece of the continent, a part of the main."

JH: Thank you.

(Applause)

1つ質問があります: 皆さんは宗教的ですか? 手をあげてください、 自分のことを宗教的だと思う人は。 えーと、3、4パーセントでしょうか。 知りませんでした、TEDカンファレンスにこんなに多くの信者がいるとは。 (笑) わかりました、別の質問です。 自分のことをスピリチュアルだと思う人は? どんな方法、姿、形であってもです、手をあげてください。 わかりました、こちらが大多数です。

今日の私のトークは、 その主な理由、またはその理由の1つについてですが、 なぜほとんどの人が自分のことを 何らかの方法、姿、形でスピリチュアルだと考えるのか、です。 今日の私のトークは、自己超越についてです。 まさに人間であることの基本的事実なのです、 時に自我がただ溶け去るように思えるのは。 そして、それが起こると、 恍惚を感じ、 私たちはこうした感じを説明するのに 上下の比喩に向かいます。 私たちは、高められたとか、 高揚したといいます。

ここで、このような抽象的なことを、具体的なうまい比喩もなく 考えるのは本当に大変です。 そこで、私が今日提案する比喩はこれです。 こう考えてくさい、心とはたくさんの部屋がある家のようなもので、 その部屋のほとんどをよく知っていると。 しかし時に、あたかも戸口が 何もないところから現れて 階段に通じているようです。 階段を昇ると 意識変容の状態を経験します。

1902年に、 偉大なアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームスは 多種多様な宗教的体験をまとめました。 彼はあらゆる種類の事例を集めました。 あらゆる種類の人々の言葉を引用しました、 様々なこうした体験をした人々です。 私にとって最も刺激的だった事例の一つは、 ステファン・ブラッドリーという若者が 1820年にイエスと遭遇した、と思ったことです。 ブラッドリーはそれについてこう言ったのです。

(音楽)

(ビデオ)ステファン・ブラッドリー:救世主が人間の姿で 約1秒ほど部屋にいるのを見たと思いました、 両腕を広げて、 「来なさい」と私に言ったように思われました。 次の日、私は身悶えして喜びました。 私の幸福感は大変なもので、死にたいと言ったほどです。 この世には愛着がありません。 以前は、 私は非常にわがままで自分本位でした。 しかし今は、全人類の幸福を望み、 思いやりのある心で、 最悪の敵を赦すことができます。

JH: 注目してください、 どのようにブラッドリーの小さな道徳的な自我が まさに階段の途上で死んだのかに。 そして、この高いレベルで 彼は愛し赦す人になったのです。 世界の多くの宗教が、多くの方法を見つけています、 人々がこの階段を昇る方法です。 ある人たちは、自我を瞑想により遮断します。 別の人たちは幻覚剤を使います。 これは16世紀のアステカ族の巻物であり ある男がサイロシビンを含むキノコを食べようとし それと同時に、神によって階段の上に引っ張られます。 他の人たちは踊り、回転し、旋回することによって 自己超越にまい進しています。 でも、階段を通過するのに、宗教心は必要ありません。 多くの人が自然に自己超越を見出しています。 別の人たちはレイブで自我を克服しています。

しかし、すべてのなかで最も変わった境遇は: 戦争です。 戦争に関する非常に多くの本が同じことを言っています。 戦争ほど人々を一つにするものは ありません、と。 そして、人々を一つにすると、並外れた 自己超越の体験の可能性を開きます。 皆さんにグレン・グレイによる本からの 抜粋を再現しましょう。 グレイは第二次世界大戦のアメリカ陸軍の兵士でした。 そして彼は、戦争の後、多くの他の兵士にインタヴューし 戦いにおける男たちの体験をまとめました。 これが、重要な一節です。 彼が階段をおおむね記述した一節です。

(ビデオ)グレン・グレイ: 多くの退役軍人によれば 戦いにおける共同活動の経験は 人生の最高の時であったと認めるでしょう。 「私」は無意識に「私たち」に移り、 「私の」は「私たちの」になり、 個人的信条は その中心的重要性を失います。 これは、不死の保証に ほかならないと思います。 そうした瞬間に自己犠牲を それほど相対的に容易にさせるでしょう。 私は倒れるかもしれないが、死にはしない、 私の中の本物であるものが 生き続けるからです、 命をささげた仲間の中で。

JH: これらの事例のすべてに共通するのは、 自我が少なくなるか、溶け去り、 そして気持ちよく、本当に気持ちよくなり、 その感じ方は普段の生活とは全く異なるのです。 何か高められたように感じます。 上昇するというこの観念は、偉大なフランスの社会学者 エミール・デュルケームの書物の中心的なものです。 デュルケームは、私たちのことをホモ・デュプレックス、 すなわち 2-レベルの人間とさえ考えています。 彼のいう下位レベルは俗のレベルです。 ここで、俗は聖の反対です。 まさに普通とか平凡を意味します。 私たちは、普段の生活では個々人として存在しています。 私たちは個人的な欲求を満たしたい。 私たちは個人的な目標を追求します。 しかし、時に何かが起こり 相変化を引き起こします。 個々人が一体化します、 1つのチーム、1つの運動、1つの国家に そして、部分の合計をはるかに超えます。

デュルケームはこのレベルを聖のレベルと考えています。 というのは、彼は確信したからです、宗教の機能は 人々を1つの集団、 1つの道徳上のコミュニティに一体化するものであると。 デュルケームは、私たちを一体化するものはなんであれ 神聖さを帯びると信じています。 人々が聖なる物や価値観を 取り囲むと、 彼らはチームとして働き、それを守るために戦うことになります。 デュルケームは記しています、 一揃いの強烈な集合的感情について そして「多くから作られた一つ」という奇跡を成し遂げるのです、 個々人から1つの集団が作られるという奇跡です。 第二次世界大戦が終わった日の英国での 集団的な喜びを考えてみてください。 独裁者を倒したタハリール広場での、 集団的な怒りを考えてみてください。 そして、9/11の後のアメリカ合衆国での 集団的な悲しみ 私たちすべてが感じ、私たちを一つにした悲しみを 考えてみてください。

ここでまとめさせてください。 私が言っているのは、自己超越の能力は 人間存在のまさに基本部分であるということです。 私は、比喩を提案しています、 心の階段についてです。 私たちは、ホモ・デュプレックスであるということです、 この階段は、私たちを俗のレベルから 聖のレベルへ連れて行きます。 この階段を昇ると、 自己の利益が薄れ、 まさにそれほど自己本位でなくなり、 気分がよく、気高く まるで何か高められたかように感じます。

ここで私のような社会科学者にとっての 難しい質問です: この階段は 私たちの進化的設計の特徴なのでしょうか? これは、自然淘汰の賜物なのでしょうか? 私たちの手のように? あるいは、システムのバグか、間違いでしょうか-- この宗教的なものは 脳の配線が混線した際に起こる何かなのでしょうか-- ジルは脳卒中になり、このような宗教的経験をしましたが、 あれは単なる間違いなのでしょうか?

えー、宗教を研究する多くの科学者はこのように見ています。 新無神論者は、例えば、 宗教は一揃いのミームである主張しています、 寄生ミームのようなものであり、 私たちの心の内側に入り 私たちにあらゆる種類の常軌を逸した宗教的なこと、 自爆攻撃のような自己破壊的なことをさせます。 結局、 一体どうして私たち自身を失うことが 私たちにとっての善になり得るのでしょうか? 一体どうして自己の利益を克服することが 何かの生命体にとって 適応であり得るのでしょうか? では、お見せしましょう。

「人間の進化」において、 チャールズ・ダーウィンは多くを割いています、 道徳の進化-- その由来やその理由について。 ダーウィンは記しています、徳の多くが 私たち自身にはほとんど役に立たないが、 私たちの集団には大いに役に立つと。 彼は次のシナリオについて書いています、 初期の人類の二つの部族が接触し 競合したであろうシナリオです。 彼は言います、「一方の部族が 勇敢で思いやりがあり 信頼できる構成員を多く含み その構成員がいつも互いに助け、守り合うなら、 この部族は成功し 他方の部族に勝利したであろう」と。 彼は続けて言います、「自己中心的で論争好きの人たちは 一致団結せず、 一致団結がなければ 何も成し遂げられない」と。 言い換えれば、 チャールズ・ダーウィンは信じていたのです、 集団選択を。

ここで、この考えは過去40年間、議論の的になっていましたが、 今年、見事な返り咲きを果たそうとしています、 特にE.O.ウィルソンの本が四月に出て、 非常に強力な主張を唱えています、 私たちや他のいくつかの種は、 集団選択の賜物である、と しかし、実際この考え方は マルチレベル選択のとおりです。

では、このように見てみましょう: 集団内でも集団間でも競争が起こっているとします。 大学のクルー・チームに、ある集団の連中がいます。 このチーム内で 競争があります。 互いに競争している連中がいます。 最も遅い漕ぎ手、最も弱い漕ぎ手は、チームから外されます。 そして、少数の連中のみがスポーツを続けることになります。 ひょっとしたら、そのうちの一人はオリンピックに行けるかもしれません。 それで、チーム内では、 実際に彼らの利害は互いに対立します。 そして、時には、有利になるでしょう、 そのうちの一人にとって 他の連中の妨害をすることが。 ことによると、彼は最大のライバルの悪口を 監督に言うかもしれません。 しかし、その競争がボート内で 進行する一方で、 この競争はボート間でも進行します。 そして、別のボートと競争するボートにこの連中を乗せると、 協力するしか選択肢はなくなります。 というのは、彼らはすべて運命共同体だからです。 彼らがチームとして一団とならなければ 勝つことはできないからです。 と言うか、こうしたことは古臭く聞こえますが、 これが深遠な進化の真相なのです。

集団選択に対する主な反論は常に よしわかった、 協力者の集団はいいが、 協力者の集団は途端に、 ただ乗り連中に占領されることになる、というものでした。 他人の労力を搾取しようする個々人です。 皆さんに例示してみましょう。 小さな生命体の集団があると仮定します-- バクテリアでも、ハムスターでも; なんでもかまいません-- ここにいるこの小さな集団は協力するように進化しました。 素晴らしいことですね。彼らは、食べ、互いに守り、 共に働き、富を生み出します。 そして、このシミュレーションで分かるように、 彼らが互いに交流すると、ポイントを得て、言わば、成長し、 サイズが二倍になると、分裂するのが分かります。 そしてこれが、彼らが繁殖し、個体群が成長するやり方です。

ですが、その後、彼らの一つが突然変異するとします。 遺伝子に突然変異があり 彼らの一つが突然変異して利己的な戦略をとります。 他人を利用します。 それで、緑が青と相互作用するとき、 緑が大きくなり、青が小さくなるのが分かります。 これが、展開の仕方です。 私たちはたった一つの緑でスタートし、 相互作用すると 富、すなわちポイントや食料を得ます。 そして迅速に、協力者はもう終わりです。 ただ乗り連中が優勢になりました。 もし集団がただ乗りの問題を解決できないなら 協力の恩恵を受けることができず 集団選択は始まりもしません。

しかし、このただ乗り問題の解決策があります。 それほど難しい問題ではありません。 実際、自然はこの問題を何回も解決してきました。 そして、自然のお気に入りの解決策は みんなを同じボートに乗せることです。 例えば、 なぜ全細胞のミトコンドリアは独自のDNAを 持っているのでしょうか? 細胞核のDNAとは完全に分離した独自のDNAです。 それらはかつてミトコンドリアが 自由生活性のバクテリアであり 一緒になって 超個体となったからです。 どうにかして--たぶん、あるものが他のものを飲み込んだのか; なぜかはわかりませんが-- 彼らの周りに膜ができると、 彼らは全員同じ膜の中にあり、 これですべての富は分業で創られ、 すべての偉大さは協力によって創られ、 膜の内部にこもり 超個体となります。

そしてここでシミュレーションに戻り 超個体の一つを ただ乗り連中、離反者、詐欺師の集団に入れて 何が起こるかを見てみましょう。 超個体は、基本的にほしいものを取ることができます。 大きくて、強くて、効率的なので 資源をとることができます、 緑から、離反者、詐欺師からです。 そして間もなく全集団は 実際にこれらの超個体で構成されます。 ここで皆さんにお見せしたのは 進化の歴史における主要な移行と 呼ばれることがあります。 ダーウィンの法則は変わりませんが、 場に新種のプレーヤーが出現し ものごとが全く変わって見え始めます。

この遷移は、一回かぎりの自然の異常ではなかったのです、 一部のバクテリアで起こっただけではないのです。 再び起こりました、 約一億二千万か一億四千万年前に 一部の単生スズメバチが 小さくて簡単で原始的な巣 すなわち群れを創り始めたときです。 いくつかのスズメバチが同じ群れで一つになると、 協力するしかなくなります、 間もなく彼らは競争を余儀なくされるからです、 他の群れとの競争です。 そして、最も団結力のある群れが勝利します、 まさにダーウィンの言うように。

これらの初期のスズメバチは ミツバチやアリにつながります、 世界を覆い 生物圏を変えたミツバチやアリです。 そして、また起こりました、 さらにもっと壮大に、 過去五十万年に 私たちの祖先が 文化的な生き物になり、 暖炉やキャンプファイアの周りに集まり、 作業を分担し、 体にペイントしはじめ、独自の方言を喋り、 ついに独自の神を崇拝したときに。 彼らがすべて同じ部族になると、 内部に閉じ込められた協力の恩恵を維持することができました。 そして、彼らは強力な力を解き放ちました この星で今までに知られている最も強力な力です。 人間の協力-- 構築と 破壊の力です。

もちろん、人間の集団は、ミツバチの団結力には 遠く及びません。 人間の集団は僅かな瞬間に群れのように見えるかもしれませんが、 その後、分裂する傾向にあります。 私たちは、ミツバチやアリのように協力を余儀なくされていません。 実際、多くの場合、 アラブの春の多くの反乱で起こったことを見ると、 多くは、それらの分裂は宗教の線に沿っています。 それにもかかわらず、人々が一緒になって 彼ら自身がすべて同じ行動にでると、 山を動かすことができます。

皆さんにお見せしたこれらの写真の人たちを見てください。 彼らはそこで自己の利益を 追求していると思われますか? あるいは、彼らは、社会的な利益を追求し、 それによって彼らが没入し 単に全体の一部になることを要求しているのでしょうか?

オーケー、これが、標準的な TEDのやり方でのトークです。 そしてこれから、全トークをもう一度やることにします、 三分で 言わばもっと広範囲のやり方で。

(音楽)

(ビデオ)ジョナサン・ハイト: 私たち人間には、多種多様な 宗教経験があり、 ウィリアム・ジェームスの説明の通りです。 最も一般的なものの一つは、秘密の階段を昇り 自己をなくすことです。 この階段は、私たちを 俗または通常の人生経験から 上に向けて聖、すなわち深くつながった人生経験に 連れて行きます。 私たちはホモ・デュプレックスであり、 デュルケームの説明の通りです。 そして、私たちがホモ・デュプレックスであるというのは マルチレベルの選択によって進化したからであり、 ダーウィンの説明の通りです。 私にはこの階段がバグではなく、適応であるかは 定かではありませんが、 適応だとすれば、 その意味は深遠です。 適応だとすれば、 私たちは宗教的になるように進化したのです。

私たちが組織化された巨大な宗教に参加するように進化した という意味ではありません。 こうしたものはつい最近のものです。 私たちは進化したのです、 周りのすべてに聖を見るように そして他人とチームに参加し 聖なる物、人、考えの周りを回るように、 進化したという意味です。 政治があれほど部族的なのはこのためです。 政治はある程度は俗であり、ある程度は自己の利害に関するものですが、 政治は聖に関するものでもあるのです。 他人と共に参加して 道徳的観念を追求することに関するものです。 善と悪との間の永遠の戦いに関するものであり、 私たちはみな私たちこそ善のチームの側であると信じているのです。

そして最も重要なことは、 この階段が本物なら、 現代生活の不満の絶えざる底流を 説明しています。 というのは、人間存在は、ある程度、ミツバチのように 群れたがる生き物だからです。 私たちはミツバチです。私たちは、啓蒙主義の間に群れから抜け出しました。 私たちは、古い制度を壊し 抑圧に解放をもたらしました。 私たちは地球を変える創造性を解き放ち 広大な富と快適さを生み出しました。

近頃、私たちは飛び回っています、 自由を謳歌する個々のミツバチのように。 しかし、私たちはふと思います: これがあるものすべてなのか? 私の人生でなすべきことは何なのか? 何が欠けているのか? 欠けているのは、私たちはホモ・デュプレックスなのに、 現代の非宗教的な社会が私たちの低い俗の自己を 満足させるように構築されている、ということです。 この低いレベルにいるのは本当に快適です。 私の家の娯楽施設にいらして、おくつろぎください。

現代生活の一つの偉大な挑戦は ガラクタの真っただ中で階段を見つけることであり そして頂上まで昇ったら 何か善で気高いことを行うことです。 バージニア大学で私の学生の中にこの欲求を見ました。 彼らはみな、大義ないし使命を見つけたいと望んでいます、 彼らが自己を投げ出せるものを。 彼らはみな自分たちの階段を探しているのです。 これによって私は希望を与えられます。 人々は全く利己的なのではありません。

ほとんどの人々は、狭量さを克服し 何か大きなものの一部になりたいと切望しています。 そして、これは、ほとんど400年前に呼び起された この単純なメタファーの たぐいまれな反響を説明しています。 「どんな人間も、 独りで全ての島なのではない。 あらゆる人間は、大陸の一部、 本土の一部分なのである。」

JH: ありがとう。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画