TED日本語 - ダリア・モガヘッド: 私を見て、あなたはどう思いますか?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ダリア・モガヘッド: 私を見て、あなたはどう思いますか?

TED Talks

私を見て、あなたはどう思いますか?
What do you think when you look at me?
ダリア・モガヘッド
Dalia Mogahed

内容

イスラム教学者のダリア・モガヘッドを見てあなたはどう思うでしょうか。女性宗教家?学者、母親、女性の同胞でしょうか?それとも迫害され、洗脳された潜在的なテロリストでしょうか?この個人的で力強いトークの中で、モガヘッドは二極化する時代に於いて、我々にこう呼びかけます。「メディアで映し出されるイスラム教に対する否定的な認識と戦い、偏見よりも思いやりを選び取ろう」と。

Script

What do you think when you look at me? A woman of faith? An expert? Maybe even a sister. Or oppressed, brainwashed, a terrorist. Or just an airport security line delay. That one's actually true.

(Laughter)

If some of your perceptions were negative, I don't really blame you. That's just how the media has been portraying people who look like me. One study found that 80 percent of news coverage about Islam and Muslims is negative. And studies show that Americans say that most don't know a Muslim. I guess people don't talk to their Uber drivers.

(Laughter)

Well, for those of you who have never met a Muslim, it's great to meet you. Let me tell you who I am. I'm a mom, a coffee lover -- double espresso, cream on the side. I'm an introvert. I'm a wannabe fitness fanatic. And I'm a practicing, spiritual Muslim. But not like Lady Gaga says, because baby, I wasn't born this way. It was a choice.

When I was 17, I decided to come out. No, not as a gay person like some of my friends, but as a Muslim, and decided to start wearing the hijab, my head covering. My feminist friends were aghast: "Why are you oppressing yourself?" The funny thing was, it was actually at that time a feminist declaration of independence from the pressure I felt as a 17-year-old, to conform to a perfect and unattainable standard of beauty. I didn't just passively accept the faith of my parents. I wrestled with the Quran. I read and reflected and questioned and doubted and, ultimately, believed. My relationship with God -- it was not love at first sight. It was a trust and a slow surrender that deepened with every reading of the Quran. Its rhythmic beauty sometimes moves me to tears. I see myself in it. I feel that God knows me. Have you ever felt like someone sees you, completely understands you and yet loves you anyway? That's how it feels.

And so later, I got married, and like all good Egyptians, started my career as an engineer.

(Laughter)

I later had a child, after getting married, and I was living essentially the Egyptian-American dream.

And then that terrible morning of September, 2001. I think a lot of you probably remember exactly where you were that morning. I was sitting in my kitchen finishing breakfast, and I look up on the screen and see the words "Breaking News." There was smoke, airplanes flying into buildings, people jumping out of buildings. What was this? An accident? A malfunction? My shock quickly turned to outrage. Who would do this? And I switch the channel and I hear,

"... Muslim terrorist ...," "... in the name of Islam ...," "... Middle-Eastern descent ...," "... jihad ...," "... we should bomb Mecca." Oh my God.

Not only had my country been attacked, but in a flash, somebody else's actions had turned me from a citizen to a suspect.

That same day, we had to drive across Middle America to move to a new city to start grad school. And I remember sitting in the passenger seat as we drove in silence, crouched as low as I could go in my seat, for the first time in my life, afraid for anyone to know I was a Muslim.

We moved into our apartment that night in a new town in what felt like a completely different world. And then I was hearing and seeing and reading warnings from national Muslim organizations saying things like, "Be alert," "Be aware," "Stay in well-lit areas," "Don't congregate."

I stayed inside all week. And then it was Friday that same week, the day that Muslims congregate for worship. And again the warnings were, "Don't go that first Friday, it could be a target." And I was watching the news, wall-to-wall coverage. Emotions were so raw, understandably, and I was also hearing about attacks on Muslims, or people who were perceived to be Muslim, being pulled out and beaten in the street. Mosques were actually firebombed. And I thought, we should just stay home.

And yet, something didn't feel right. Because those people who attacked our country attacked our country. I get it that people were angry at the terrorists. Guess what? So was I. And so to have to explain yourself all the time isn't easy. I don't mind questions. I love questions. It's the accusations that are tough.

Today we hear people actually saying things like, "There's a problem in this country, and it's called Muslims. When are we going to get rid of them?" So, some people want to ban Muslims and close down mosques. They talk about my community kind of like we're a tumor in the body of America. And the only question is, are we malignant or benign? You know, a malignant tumor you extract altogether, and a benign tumor you just keep under surveillance.

The choices don't make sense, because it's the wrong question. Muslims, like all other Americans, aren't a tumor in the body of America, we're a vital organ.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Muslims are inventors and teachers, first responders and Olympic athletes.

Now, is closing down mosques going to make America safer? It might free up some parking spots, but it will not end terrorism. Going to a mosque regularly is actually linked to having more tolerant views of people of other faiths and greater civic engagement. And as one police chief in the Washington, DC area recently told me, people don't actually get radicalized at mosques. They get radicalized in their basement or bedroom, in front of a computer. And what you find about the radicalization process is it starts online, but the first thing that happens is the person gets cut off from their community, from even their family, so that the extremist group can brainwash them into believing that they, the terrorists, are the true Muslims, and everyone else who abhors their behavior and ideology are sellouts or apostates. So if we want to prevent radicalization, we have to keep people going to the mosque.

Now, some will still argue Islam is a violent religion. After all, a group like ISIS bases its brutality on the Quran. Now, as a Muslim, as a mother, as a human being, I think we need to do everything we can to stop a group like ISIS. But we would be giving in to their narrative if we cast them as representatives of a faith of 1.6 billion people.

(Applause)

Thank you.

ISIS has as much to do with Islam as the Ku Klux Klan has to do with Christianity.

(Applause)

Both groups claim to base their ideology on their holy book. But when you look at them, they're not motivated by what they read in their holy book. It's their brutality that makes them read these things into the scripture.

Recently, a prominent imam told me a story that really took me aback. He said that a girl came to him because she was thinking of going to join ISIS. And I was really surprised and asked him, had she been in contact with a radical religious leader? And he said the problem was quite the opposite, that every cleric that she had talked to had shut her down and said that her rage, her sense of injustice in the world, was just going to get her in trouble. And so with nowhere to channel and make sense of this anger, she was a prime target to be exploited by extremists promising her a solution. What this imam did was to connect her back to God and to her community. He didn't shame her for her rage -- instead, he gave her constructive ways to make real change in the world. What she learned at that mosque prevented her from going to join ISIS.

I've told you a little bit about how Islamophobia affects me and my family. But how does it impact ordinary Americans? How does it impact everyone else? How does consuming fear 24 hours a day affect the health of our democracy, the health of our free thought?

Well,one study -- actually, several studies in neuroscience -- show that when we're afraid, at least three things happen. We become more accepting of authoritarianism, conformity and prejudice. One study showed that when subjects were exposed to news stories that were negative about Muslims, they became more accepting of military attacks on Muslim countries and policies that curtail the rights of American Muslims.

Now, this isn't just academic. When you look at when anti-Muslim sentiment spiked between 2001 and 2013, it happened three times, but it wasn't around terrorist attacks. It was in the run up to the Iraq War and during two election cycles. So Islamophobia isn't just the natural response to Muslim terrorism as I would have expected. It can actually be a tool of public manipulation, eroding the very foundation of a free society, which is rational and well-informed citizens. Muslims are like canaries in the coal mine. We might be the first to feel it, but the toxic air of fear is harming us all.

(Applause)

And assigning collective guilt isn't just about having to explain yourself all the time. Deah and his wife Yusor were a young married couple living in Chapel Hill, North Carolina, where they both went to school. Deah was an athlete. He was in dental school, talented, promising ... And his sister would tell me that he was the sweetest, most generous human being she knew. She was visiting him there and he showed her his resume, and she was amazed. She said, "When did my baby brother become such an accomplished young man?" Just a few weeks after Suzanne's visit to her brother and his new wife, their neighbor, Craig Stephen Hicks, murdered them, as well as Yusor's sister, Razan, who was visiting for the afternoon, in their apartment, execution style, after posting anti-Muslim statements on his Facebook page. He shot Deah eight times. So bigotry isn't just immoral, it can even be lethal.

So, back to my story. What happened after 9/11? Did we go to the mosque or did we play it safe and stay home? Well, we talked it over, and it might seem like a small decision, but to us, it was about what kind of America we wanted to leave for our kids: one that would control us by fear or one where we were practicing our religion freely. So we decided to go to the mosque. And we put my son in his car seat, buckled him in, and we drove silently, intensely, to the mosque. I took him out, I took off my shoes, I walked into the prayer hall and what I saw made me stop. The place was completely full. And then the imam made an announcement, thanking and welcoming our guests, because half the congregation were Christians, Jews, Buddhists, atheists, people of faith and no faith, who had come not to attack us, but to stand in solidarity with us.

(Applause)

I just break down at this time. These people were there because they chose courage and compassion over panic and prejudice.

What will you choose? What will you choose at this time of fear and bigotry? Will you play it safe? Or will you join those who say we are better than that?

Thank you.

(Applause)

Thank you so much.

Helen Walters: So Dalia, you seem to have struck a chord. But I wonder, what would you say to those who might argue that you're giving a TED Talk, you're clearly a deep thinker, you work at a fancy think tank, you're an exception, you're not the rule. What would you say to those people?

Dalia Mogahed: I would say, don't let this stage distract you, I'm completely ordinary. I'm not an exception. My story is not unusual. I am as ordinary as they come. When you look at Muslims around the world -- and I've done this, I've done the largest study ever done on Muslims around the world -- people want ordinary things. They want prosperity for their family, they want jobs and they want to live in peace. So I am not in any way an exception. When you meet people who seem like an exception to the rule, oftentimes it's that the rule is broken, not that they're an exception to it.

HW: Thank you so much. Dalia Mogahed.

(Applause)

私を見て誰だと思うでしょうか? 女性宗教家?専門家? 女性の同胞? 又は迫害され 洗脳された テロリスト それとも空港のセキュリティチェックを 長引かせる人 実際そうですよね

(笑)

あなたの認識が否定的なものであっても 責めはしません 単にメディアが私のような外見の人間を そう表現してきたのですから ある研究によると ニュース報道の80%でイスラム教や イスラム教徒は否定的に描写されており アメリカ人の殆どが イスラム教徒を知らないそうです Uber の運転手には 話しかけないのかしら

(笑)

イスラム教徒に出会った事がない方々 はじめまして どうぞよろしく 私が誰だかお教えしましょう 私は母親で コーヒー愛好家 お気に入りは ― ダブルのエスプレッソ クリーム添え 内向的な性格で 健康マニアを気取り 宗教上 イスラム教の生き方を 実践しています でも レデイー・ガガのように 「こんな風に 生まれついた」のではありません それは選択でした

17歳の時 カミングアウトすることにしました いいえ 友人たちのように 「ゲイ」をではなく 「イスラム教徒」である事を ヒジャブを身につけ 頭を覆い始めることにしました フェミニストの友人たちは仰天して 「何故 進んで自らを迫害するの?」 と言いました おかしなことに 当時それは 完璧で実現不可能な 美の基準を満たすプレッシャーからの 17歳のフェミニスト独立宣言だったのです 私は単に両親の信仰を 鵜呑みにした訳ではありません コーランと格闘しました コーランを読み、熟考し、疑問を持ち、疑い そして結局 信じることにしたのです 私と神の関係は 一目惚れではなかったのですが コーランを読む度 私の信頼は深くなり 少しずつ傾倒して行ったのです そのリズミカルな美しさに時折 感動で涙が出ました その中に自らを見い出し 神は私を理解していると感じました 自分を見守ってくれて 心から 理解してくれて かつ愛してくれる人に これまで出会った事がありますか? 私はそう感じたのです

そしてその後 結婚し 善良なエジプト人にありがちな エンジニアとして働き始めました

(笑)

結婚して子どもを授かり エジプト系アメリカ人の 夢を生きていました

そして2001年9月の あの悲惨な朝が来たのです おそらく あの朝 自分が何処にいたかを はっきりと 記憶している人は多いでしょう 私は朝食を終えて キッチンに座っていました テレビの画面を見ていると 「速報」という言葉が飛び込んで来ました 飛行機がビルに突っ込み 煙が上がっています 人々がビルから飛び降りていました これ何? 事故? 機体の不備? 私のショックは すぐに怒りに変わりました 誰がこんな事を? チャンネルを変え耳を傾けると

「・・・イスラム教のテロリストが・・・」 「・・・イスラムの名の下に・・・」 「・・・中東の出身者で・・・」 「・・・ジハードだ・・・」 「・・・メッカを爆撃すべきだ・・・」 何という事!

自分の国が攻撃されただけでなく 一瞬にして 見知らぬ他人の行動によって 周囲からの疑惑の目が 私に向かいました

丁度その日 私たちは中央アメリカを横断して 新しい街に引越して大学院での 生活を始めるところでした 私は後方席で 出来るだけ身を縮めて 家族は黙って 運転していたのを憶えています 生まれて初めて イスラム教徒であると 知られるのを恐れたのです

その夜 私たちは 新しい街のアパートに引越しました そこは全く違う世界だと感じました その後 全米ムスリム協会からの 警告記事を読み こんな言葉を見聞きしました 「警戒せよ」「用心せよ」や 「明るい場所に居るように」 「集団行動を慎め」などです

丸一週間外出しませんでした 同じ週の金曜日になりました イスラム教の集団礼拝の日です 再び警告がありました 「事件後 初めての金曜日だ ターゲットになるだろう」 私はドアや窓を全て塞ぎ ニュースを観ていました 人々の感情は 予想通り 露骨でした イスラム教徒や それと見なされた人たちへの攻撃 彼らが通りに引きずり出され 暴力を受ける ニュースも観ました モスクが実際に爆破されました 我々は家に居るべきだと思いました

しかし何かがおかしいと感じました 自国を攻撃された人たちが 又自らの国を攻撃しているのです 皆がテロリストに対して 怒っていたのが分かります 想像してみてください 私もそう思いました 常に自己釈明をしなければならない事は 容易ではありません 私は疑問を持たれることは構いません むしろ大好きです でも責められるのは難しいのです

今日実際に こんな言葉を耳にします 「この国には『イスラム教徒』 という問題がある いつ取り除こうか?」 イスラム教を禁教し モスクを 閉鎖しようという動きもあります 彼らは私たちをアメリカという 体に巣くう腫瘍のような コミュニティだというのです 唯一の疑問は それが良性か悪性かという事です 悪性腫瘍は全て 除去しなければなりませんし 良性腫瘍の場合は監視下に おくだけでよいのです

間違った疑問なので どちらも筋違いです イスラム教徒は他のアメリカ人と同じく アメリカの腫瘍ではなく 活気ある臓器なのです

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

イスラム教徒は発明家であり教師です 緊急救助隊であり オリンピック選手です

モスクを閉鎖する事が アメリカの安全に繋がるのでしょうか? 駐車場の場所は増えるでしょうが テロの抑制にはなりません 定期的にモスクに通うと実際 他人の信仰に対し より寛容な視点が持て 市民参画ができるようになるのです ワシントンDC地区の 主任警察官が 最近 私にこう言いました 「実際は モスクでは 過激な事はやらないよ 地下室、寝室、コンピューターの前で行うんだ 過激化の過程で分かったのは インターネットから始まることなんだ でも最初に起こるのは 彼らが 自分のコミュニティや家族からさえ 切り離されることなんだ 過激グループが 彼らを こう洗脳する為に 『テロリストこそが 本物のイスラム教徒であり 自分たちの行為や イデオロジーを憎悪する他の信者は 裏切り者や背信者だ』 とね」 だから過激化を防ぎたければ 皆をモスクに通わせ続ける事が 必要なんです

イスラム教が暴力的だと 未だに言う人も居ますが ISISのような集団はその残忍性の 基礎をコーランに置いています イスラム教徒として、 母親として、人間として ISISのような集団は全力で 阻止せねばならないと思います しかし私たちは 彼らに屈するかもしれません 彼らがもし16億人の信者の代表者と みなされるのであればの話ですが

(拍手)

ありがとうございます

ISISはイスラムと大いに関係がありますが それは 秘密結社KKKがキリスト教と 関係あるのと同じなのです

(拍手)

2つの集団は そのイデオロジーを 自らの聖典を基にしていると主張します しかし彼らを見ていると 聖典に書かれた事に 触発されてはいないのです 「自らの残忍性」を 聖典の中に見出しているのです

最近 高名なイマームが 驚くべき話をしてくれました ある少女が彼のもとに来ました ISISに参加しようと 考えていたからです 私は心底驚き 彼に尋ねました 「彼女は過激派のリーダーと 連絡を取っていましたか?」 すると問題は 全く逆だと彼は言いました 彼女と話した全ての聖職者が 彼女を締め出し こう言いました 「あなたの怒りや 世界に対する 不公平の感覚は自分を トラブルに巻き混むだけだ」 と 結局 自分の怒りの はけ口を見つけられず 過激派の 恰好のターゲットになり 彼らが解決策を与えたのです このイマームは 彼女を 聖典やコミュニティと繋ぎました 彼は少女の怒りを咎めることなく 世界を良くする 建設的な方法を教えたのです そのモスクで学んだお陰で 彼女はISISに加入する難を逃れました

ここまで イスラム嫌いが 私や家族に どう影響しているかお話ししました でも一般的なアメリカ人はどうでしょう? 他の人々にはどう影響するでしょう? 絶え間ない恐怖を味わうと 民主主義にどう影響するのでしょう? 自由な思想には?

ある研究によると ― 実際は 神経科学のいくつかの研究によると 恐れを抱くと 少なくとも 3つの事が起こるというのです 私たちは権威主義、服従、偏見といったものを より受け入れ易くなります ある研究によると イスラム教徒に関して 否定的なニュースが話題に晒された時 人々はイスラム圏の国々への 軍事攻撃や イスラム系アメリカ人の権利を 抑える政策を容認するようになりました

これは学術界に限りません 2001年から20013年の間 反イスラム感情が 広がった時期を見ると それは3度に渡ったのですが テロ攻撃を受けた時期ではありません それはイラク戦争前と 2度の大統領選挙時でした 予想に反して イスラム嫌悪は イスラム教徒のテロリストに対する 自然な反応ではなかったのです 理性的で博識な市民がいる 自由な社会という基盤を覆すような 公然と人々を操る ツールとなり得るのです イスラム教徒は 炭鉱のカナリアのようです 危険には一早く気づきますが 恐怖という名の危険物が 私たち全員を蝕んでいるのです

(拍手)

集団的に犯罪とみなされることは 常に自己釈明をしなければならない というだけではありません 新婚のデアとその妻ユーソルは ノースカロライナ州チャペルヒルに 住んでいました 2人共 学校に通っていました デアはスポーツマンで 歯科大学に通い 才能豊かで 将来有望で・・・ 彼の姉はこんな風に言うでしょう 「彼は私が知る限り 最も優しくて 心の広い人間よ」 彼女が彼を訪れて 彼の履歴書を見ると 驚いて こう言いました 「私の可愛い弟は いつの間に こんなに立派な青年になったのかしら?」 スザンヌが 弟とその新妻や ご近所を訪問した 僅か数週間後 クレイグ・ステファン=ヒックスが 彼らを殺害しました その午後 彼らのアパートを訪ねた ユーソルの妹ラザンも 殺害しました 死刑執行のやり方で 自身のフェイスブックページに 反イスラム教の投稿をした後です 彼はデアに8回発砲したのです 偏狭さは 道徳に反するだけでなく 死をもたらすものになり得るのです

では話を戻します 9/11の後 何が起こったか? モスクに行ったでしょうか それとも 無事を祈りながら家に居たでしょうか? 実際には 私たちは語し合いました 小さな決断に見えるかもしれませんが 私たちにとっては 子どもたちにどんなアメリカを 残したいかに関するもので それが恐怖によって コントロールする場所か 自由に宗教を実践する場所か についてです それでモスクに行くことにしました 息子を車に乗せ シートベルトを着けて 静かに 緊張しながらモスクまで走りました 息子を車から降ろし 靴を脱ぎ 祈りの場に足を踏み入れました そこで私は立ち止まりました 祈りの場は満員でした その時イマームのアナウンスがあり ゲストに感謝を述べ 歓迎しました 集まった人の半数は キリスト教徒、ユダヤ教徒、仏教徒、無神論者だったからです 信仰のある人もない人も 我々を攻撃する為ではなく 一緒に立ち上がるために来たのです

(拍手)

この時は ただ立ち尽くしました この人たちは恐怖や偏見より 勇気や思いやりを選択した末 ここにやって来たのです

あなたなら何を選択しますか? 恐怖と偏狭の時代に 何を選択しますか? 安全策を取りますか? それより何かできるはずだと言う 人たちの輪に加わりますか?

ありがとうございました

(拍手)

どうもありがとう

ヘレン・ウォルターズ:ダリア 皆の共感を得たようですね でも こう主張したい人も いると思うんですよ 貴方はTEDトークをして 明確で鋭い思考を持ち 素晴らしいシンクタンクで働いている 貴女は例外だ 普通じゃないとね そんな人たちには何と言いますか?

ダリア・モガヘッド:このステージを見て 混乱しないでと言いたいわ 私は全く普通だし 例外ではありません 私の話は珍しいものではありません 私は皆さんと同じくらい普通なのです 世界中のイスラム教徒を見回すと ― 私はこれまで かなりの研究してきたので 確信を持って言いますが 世界中のイスラム教徒は 皆 普通の事を望んでいます 皆 家族の繁栄や仕事を 望んでいます 平穏に暮らしたいのです 私だって例外ではありません 規則に当てはまらないような人に出会うと 問題があるのは規則の方だと いうことが よくあります 彼らが規則から 外れている訳ではないのです

ヘレン:どうもありがとう ダリア・モガヘッドでした

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画