TED日本語 - レズリー・ヘイズルトン: コーランを読む

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - レズリー・ヘイズルトン: コーランを読む

TED Talks

コーランを読む
A "tourist" reads the Koran
レズリー・ヘイズルトン
Lesley Hazleton

内容

レズリー・ヘイズルトンはある日、腰を落ち着けてコーランを読みました。イスラム教徒ではなく、自らをイスラム教聖典における”旅行者”と自称する彼女はそこで、思いがけない発見をすることになります。真剣な学識に温かいユーモアを交えてヘイズルトンが彼女の発見した恩恵、柔軟性や謎をこのTEDxRainierの場で紹介します。

Script

You may have heard about the Koran's idea of paradise being 72 virgins, and I promise I will come back to those virgins. But in fact, here in the northwest, we're living very close to the real Koranic idea of paradise, defined 36 times as "gardens watered by running streams." Since I live on a houseboat on the running stream of Lake Union, this makes perfect sense to me. But the thing is, how come it's news to most people? I know many well-intentioned non-Muslims who've begun reading the Koran, but given up, disconcerted by its "otherness." The historian Thomas Carlyle considered Muhammad one of the world's greatest heroes, yet even he called the Koran "as toilsome reading as I ever undertook, a wearisome, confused jumble."

(Laughter)

Part of the problem, I think, is that we imagine that the Koran can be read as we usually read a book -- as though we can curl up with it on a rainy afternoon with a bowl of popcorn within reach, as though God -- and the Koran is entirely in the voice of God speaking to Muhammad -- were just another author on the bestseller list. Yet the fact that so few people do actually read the Koran is precisely why it's so easy to quote -- that is, to misquote. Phrases and snippets taken out of context in what I call the "highlighter version," which is the one favored by both Muslim fundamentalists and anti-Muslim Islamophobes.

So this past spring, as I was gearing up to begin writing a biography of Muhammad, I realized I needed to read the Koran properly -- as properly as I could, that is. My Arabic's reduced by now to wielding a dictionary, so I took four well-known translations and decided to read them side-by-side, verse-by-verse along with a transliteration and the original seventh-century Arabic. Now I did have an advantage. My last book was about the story behind the Shi'a-Sunni split, and for that I'd worked closely with the earliest Islamic histories, so I knew the events to which the Koran constantly refers, its frame of reference. I knew enough, that is, to know that I'd be a tourist in the Koran -- an informed one, an experienced one even, but still an outsider, an agnostic Jew reading some else's holy book. (Laughter) So I read slowly. (Laughter) I'd set aside three weeks for this project, and that, I think, is what is meant by "hubris" -- (Laughter) -- because it turned out to be three months. I did resist the temptation to skip to the back where the shorter and more clearly mystical chapters are.

But every time I thought I was beginning to get a handle on the Koran -- that feeling of "I get it now" -- it would slip away overnight, and I'd come back in the morning wondering if I wasn't lost in a strange land, and yet the terrain was very familiar. The Koran declares that it comes to renew the message of the Torah and the Gospels. So one-third of it reprises the stories of Biblical figures like Abraham, Moses, Joseph, Mary, Jesus. God himself was utterly familiar from his earlier manifestation as Yahweh -- jealously insisting on no other gods. The presence of camels, mountains, desert wells and springs took me back to the year I spent wandering the Sinai Desert. And then there was the language, the rhythmic cadence of it, reminding me of evenings spent listening to Bedouin elders recite hours-long narrative poems entirely from memory. And I began to grasp why it's said that the Koran is really the Koran only in Arabic.

Take the Fatihah, the seven-verse opening chapter that is the Lord's Prayer and the Shema Yisrael of Islam combined. It's just 29 words in Arabic, but anywhere from 65 to 72 in translation. And yet the more you add, the more seems to go missing. The Arabic has an incantatory, almost hypnotic, quality that begs to be heard rather than read, felt more than analyzed. It wants to be chanted out loud, to sound its music in the ear and on the tongue. So the Koran in English is a kind of shadow of itself, or as Arthur Arberry called his version, "an interpretation." But all is not lost in translation.

As the Koran promises, patience is rewarded, and there are many surprises -- a degree of environmental awareness, for instance, and of humans as mere stewards of God's creation, unmatched in the Bible. And where the Bible is addressed exclusively to men, using the second and third person masculine, the Koran includes women -- talking, for instance, of believing men and believing women, honorable men and honorable women. Or take the infamous verse about killing the unbelievers. Yes, it does say that, but in a very specific context: the anticipated conquest of the sanctuary city of Mecca where fighting was usually forbidden, and the permission comes hedged about with qualifiers. Not "You must kill unbelievers in Mecca," but you can, you are allowed to, but only after a grace period is over and only if there's no other pact in place and only if they try to stop you getting to the Kaaba, and only if they attack you first. And even then -- God is merciful; forgiveness is supreme -- and so, essentially, better if you don't. (Laughter) This was perhaps the biggest surprise -- how flexible the Koran is, at least in minds that are not fundamentally inflexible.

"Some of these verses are definite in meaning," it says, "and others are ambiguous." The perverse at heart will seek out the ambiguities, trying to create discord by pinning down meanings of their own. Only God knows the true meaning. The phrase "God is subtle" appears again and again, and indeed, the whole of the Koran is far more subtle than most of us have been led to believe. As in, for instance, that little matter of virgins and paradise. Old-fashioned Orientalism comes into play here. The word used four times is Houris, rendered as dark-eyed maidens with swelling breasts, or as fair, high-bosomed virgins. Yet all there is in the original Arabic is that one word: Houris. Not a swelling breast nor a high bosom in sight. (Laughter) Now this may be a way of saying "pure beings" -- like in angels -- or it may be like the Greek Kouros or Kore, an eternal youth.

But the truth is nobody really knows, and that's the point. Because the Koran is quite clear when it says that you'll be "a new creation in paradise" and that you will be "recreated in a form unknown to you," which seems to me a far more appealing prospect than a virgin. (Laughter) And that number 72 never appears. There are no 72 virgins in the Koran. That idea only came into being 300 years later, and most Islamic scholars see it as the equivalent of people with wings sitting on clouds and strumming harps. Paradise is quite the opposite. It's not virginity; it's fecundity. It's plenty. It's gardens watered by running streams.

Thank you.

(Applause)

コーランでは72人の 処女が天国で待つと 聞いた方もいらっしゃるでしょう この処女の話は後にでもしましょう 事実 ここ米国北東部では コーランの説く楽園に とても近い生活をしています コーランには36回 「流れる川に潤う庭園」とあります ユニオン湖上のボートハウスで暮らす 私には正にその通りです しかしなぜ皆さんこれを知らないのでしょうか? コーランを読み初めて 途中で放棄してしまった 数多くの誠意ある非イスラム教徒の方は その異質さに戸惑うようです 歴史家のトーマス・カーライルは ムハンマドを世界のヒーローと認めましたが コーランについては 「これまでにない読み辛さに加え 退屈でわけの分からない寄せ集め」と酷評しています

(笑)

ここでの問題と思しき点は 私たちが普通に読書するように コーランも読めると思っていることです 雨の日の午後 ポップコーンを持って 気軽に読めるものだと・・・ コーランが神からの ムハンマドに対する啓示であることを忘れ まるで神も単なるベストセラー作家だと言うようなものです しかしコーランを実際に 読む人が少ないという事実は 引用を容易にしています それも誤った引用をです 抜粋された語句が文脈から離れ ハイライト版として イスラム教根本主義者と反イスラムの 両方に受け入れらています

この前の春 私はムハンマドの 伝記を書く準備をしていました 私はコーランをできる限り正しく読む必要が あるという結論に至りました 私のアラビア語能力は辞書を 要するまでに低下していたので 4つの有名な翻訳版を手に取り 隣に並べて読むことにしました 節ごとに 翻訳とオリジナルの7世紀の アラビア語版を比べていきました 私は有利な立場にありました 私が前回執筆した本は シーア派とスンニ派分裂にまつわる話で 私は初期イスラム史を詳しく研究していましたので コーランが絶えず 引き合いにだす出来事や その枠組みは知っていました 私は自分がコーランの 旅人にすぎないと 自覚していました 知識があり 経験もありましたが 依然として部外者でした 苦悩しながら他の宗教の 経典を読んでいるユダヤ教徒ですから (笑) そこで私はゆっくり読みました (笑) このプロジェクトに3週間を費やすことに決めました 実はこれは私の自惚れでした (笑) 実際には3ヶ月かかりました 途中 巻末の短く明らかに 神秘的な章まで 飛ばしたい誘惑と戦い

でもコーランのドアの把手を やっとつかんだように思う度 「わかった」と感じても 一晩で忘れてしまい 翌朝に戻ってきては どこに迷い込んだのだろうと思うのです 見覚えのある風景なのですが コーランとはモーセ五書と 福音書を改定したものだそうです なので3分の1は 聖書の人物 アブラハム モーゼ ジョセフ マリー ジーザス 物語の再現です 神自身はヤハウェとしての 初期の現れからわかるとおり 嫉妬深く自分のみが唯一絶対神と主張します ラクダや山 砂漠の井戸 水源の記述を見て私は シナイ砂漠を彷徨った あの年を思い出しました それから言語はというと そのリズミカルな韻律は ベドウィンの年長者の方が数時間に 渡って物語詩を朗吟してくれた 夜を思わせました こうして私はアラビア語で 書かれたコーランのみが 真にコーランであると言われる所以を つかみ始めました

ファーティハの節を例にとると 序章は7節で構成された 「主の祈り」と「イスラエルよ 聞け」の合わさったものです アラビア語では29文字ですが 訳文では65から72文字程になっています 文字数が多ければ多いほど 情報を曖昧にしているようです アラビア語というのはおまじないの様な いわば催眠術のような 頭で読むよりも心で聞いてくれ といった音質を持っています アラビア語は口に出されて初めて 耳の中へ 舌の上で奏でられる音楽なのです つまり英語版のコーランは オリジナルの幻影みたいなもの もしくはアーサー・アーベリーが呼んだような 「コーラン解釈」なのです しかし翻訳で全情報が失われたわけではありません

コーランが定める通り 忍耐は尊ばれます 驚くことがたくさん書かれています 例えば環境への意識度や 人は神の創造物の管理人にすぎないこと 聖書とは一致していません 聖書は二人称や三人称に男性称を使うことで もっぱら男性に語りかけています コーランでは女性も含まれており 例えば 信ずる男性 信ずる女性や 高貴な男性 高貴な女性の ような形で出てきます または悪名高い一節 不信心者の殺害 これは確かに書かれています ただしコンテクストはかなり制約されています 聖なる都市メッカの 領域とみなされる場所では 戦いは通常禁止されています その許可には条件がついています 「不信心者はメッカで殺せ」ではなく 殺すことが許されるのは それは猶予期間が切れた場合のみで しかも他に何の約束事もなく そしてカアバ聖殿への道を阻まれ 攻撃を仕掛けられた場合に限ります それでもなお-- 神は慈悲深く 赦しは無限-- なので 本質的には 殺さないほうが無難です (笑) これは多分最大の驚きでした コーランはなんて柔軟なんだろうか 少なくとも基本的に柔軟性を 欠いていないという点において

「いくつかの節は意味において限定的である」とあり 「その他は多義的である よこしまな心は 両義に取れる表現を追及し 自分なりの解釈を押し付けることで 不和を作り出そうとする 真の意味は神のみが知っている」 「神はとらえがたい存在である」 という節が折々登場します 実にコーラン全体が曖昧模糊です 私たち多くが思うよりずっと微妙です 小さなところでは あの処女が待つという 楽園の話もその一例です 時代遅れの'東洋風'がここに現れます 四回出てくる単語は 「フーリー(天女)」で 黒い瞳の 豊満な胸の乙女と翻訳されています または巨乳の処女 オリジナルのアラビア語版には 「フーリー」の一語のみです 豊満な胸とも巨乳とも書かれていません (笑) 多分これは天使のような 純粋な存在の呼び方なのでしょう またはギリシャ語のクーロスやコレ 永遠の若さでしょうか

しかし本当は誰も知らないのです これが重要な点です コーランには明確に 天国にて生まれ変わることは その人の知らない別の何かに 生まれ変わることであると 書かれており 私からすれば 処女達よりもこちらの方が かなり魅力的に思えます (笑) そして72という数字はどこにも出てきません コーランには 72人の処女は出てきません この説ができたのは300年後で 大半のイスラム教学者が フーリーは 羽根があり 雲の上でハープを奏でる人と 同様だと解釈しています 楽園とはまったく逆のもので 処女性ではなく 生殖能力であり 活力あふれる 流れる水に潤う 庭園なのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画