TED日本語 - ムスタファ・アキオル: イスラムにおける信仰と伝統の対立

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ムスタファ・アキオル: イスラムにおける信仰と伝統の対立

TED Talks

イスラムにおける信仰と伝統の対立
Faith versus tradition in Islam
ムスタファ・アキオル
Mustafa Akyol

内容

TEDxWarwickにて、ジャーナリストのムスタファ・アキオルが、地方の習慣(ハンカチーフを頭に巻くなど)がどのように大衆心理に結び付けられ、イスラムの信仰体系に加えられるようになったのかについて話します。イスラムに対する世界の一般通念は、核心の教えではなく、その習慣についてばかりに比重が偏っていないでしょうか?

Script

A few weeks ago, I had a chance to go to Saudi Arabia. And the first thing I wanted to do as a Muslim was go to Mecca and visit the Kaaba, the holiest shrine of Islam. And I did that; I put on my ritualistic dress; I went to the holy mosque; I did my prayers; I observed all the rituals. And meanwhile, besides all the spirituality, there was one mundane detail in the Kaaba that was pretty interesting for me. There was no separation of sexes. In other words, men and women were worshiping all together. They were together while doing the tawaf, the circular walk around the Kaaba. They were together while praying.

And if you wonder why this is interesting at all, you have to see the rest of Saudi Arabia because it's a country which is strictly divided between the sexes. In other words, as men, you are not simply supposed to be in the same physical space with women. And I noticed this in a very funny way. I left the Kaaba to eat something in downtown Mecca. I headed to the nearest Burger King restaurant. And I went there -- I noticed that there was a male section, which was carefully separated from the female section. And I had to pay, order and eat at the male section. "It's funny," I said to myself, "You can mingle with the opposite sex at the holy Kaaba, but not at the Burger King."

Quite ironic. Ironic, and it's also, I think, quite telling. Because the Kaaba and the rituals around it are relics from the earliest phase of Islam, that of prophet Muhammad. And if there was a big emphasis at the time to separate men from women, the rituals around the Kaaba could have been designed accordingly. But apparently that was not an issue at the time. So the rituals came that way. This is also, I think, confirmed by the fact that the seclusion of women in creating a divided society is something that you also do not find in the Koran, the very core of Islam -- the divine core of Islam that all Muslims, and equally myself, believe. And I think it's not an accident that you don't find this idea in the very origin of Islam. Because many scholars who study the history of Islamic thought -- Muslim scholars or Westerners -- think that actually the practice of dividing men and women physically came as a later development in Islam, as Muslims adopted some preexisting cultures and traditions of the Middle East. Seclusion of women was actually a Byzantine and Persian practice, and Muslims adopted that and made that a part of their religion.

And actually this is just one example of a much larger phenomenon. What we call today Islamic Law, and especially Islamic culture -- and there are many Islamic cultures actually; the one in Saudi Arabia is much different from where I come from in Istanbul or Turkey. But still, if you're going to speak about a Muslim culture, this has a core, the divine message, which began the religion, but then many traditions, perceptions, many practices were added on top of it. And these were traditions of the Middle East -- medieval traditions.

And there are two important messages, or two lessons, to take from that reality. First of all, Muslims -- pious, conservative, believing Muslims who want to be loyal to their religion -- should not cling onto everything in their culture, thinking that that's divinely mandated. Maybe some things are bad traditions and they need to be changed. On the other hand, the Westerners who look at Islamic culture and see some troubling aspects should not readily conclude that this is what Islam ordains. Maybe it's a Middle Eastern culture that became confused with Islam.

There is a practice called female circumcision. It's something terrible, horrible. It is basically an operation to deprive women of sexual pleasure. And Westerners, Europeans or Americans, who didn't know about this before faced this practice within some of the Muslim communities who migrated from North Africa. And they've thought, "Oh, what a horrible religion that is which ordains something like that." But actually when you look at female circumcision, you see that it has nothing to do with Islam, it's just a North African practice, which predates Islam. It was there for thousands of years. And quite tellingly, some Muslims do practice that. The Muslims in North Africa, not in other places. But also the non-Muslim communities of North Africa -- the Animists, even some Christians and even a Jewish tribe in North Africa is known to practice female circumcision. So what might look like a problem within Islamic faith might turn out to be a tradition that Muslims have subscribed to.

The same thing can be said for honor killings, which is a recurrent theme in the Western media -- and which is, of course, a horrible tradition. And we see truly in some Muslim communities that tradition. But in the non-Muslim communities of the Middle East, such as some Christian communities, Eastern communities, you see the same practice. We had a tragic case of an honor killing within Turkey's Armenian community just a few months ago.

Now these are things about general culture, but I'm also very much interested in political culture and whether liberty and democracy is appreciated, or whether there's an authoritarian political culture in which the state is supposed to impose things on the citizens. And it is no secret that many Islamic movements in the Middle East tend to be authoritarian, and some of the so-called "Islamic regimes" such as Saudi Arabia, Iran and the worst case was the Taliban in Afghanistan -- they are pretty authoritarian. No doubt about that.

For example, in Saudi Arabia there is a phenomenon called the religious police. And the religious police imposes the supposed Islamic way of life on every citizen, by force -- like women are forced to cover their heads -- wear the hijab, the Islamic head cover. Now that is pretty authoritarian, and that's something I'm very much critical of. But when I realized that the non-Muslim, or the non-Islamic-minded actors in the same geography, sometimes behaved similarly, I realized that the problem maybe lies in the political culture of the whole region, not just Islam. Let me give you an example: in Turkey where I come from, which is a very hyper-secular republic, until very recently we used to have what I call secularism police, which would guard the universities against veiled students. In other words, they would force students to uncover their heads, and I think forcing people to uncover their head is as tyrannical as forcing them to cover it. It should be the citizen's decision.

But when I saw that, I said, "Maybe the problem is just an authoritarian culture in the region, and some Muslims have been influenced by that. But the secular-minded people can be influenced by that. Maybe it's a problem of the political culture, and we have to think about how to change that political culture." Now these are some of the questions I had in mind a few years ago when I sat down to write a book. I said, "Well I will make a research about how Islam actually came to be what it is today, and what roads were taken and what roads could have been taken." The name of the book is "Islam Without Extremes: A Muslim Case for Liberty." And as the subtitle suggests, I looked at Islamic tradition and the history of Islamic thought from the perspective of individual liberty, and I tried to find what are the strengths with regard to individual liberty.

And there are strengths in Islamic tradition. Islam actually, as a monotheistic religion, which defined man as a responsible agent by itself, created the idea of the individual in the Middle East and saved it from the communitarianism, the collectivism of the tribe. You can derive many ideas from that. But besides that, I also saw problems within Islamic tradition. But one thing was curious: most of those problems turn out to be problems that emerged later, not from the very divine core of Islam, the Koran, but from, again, traditions and mentalities, or the interpretations of the Koran that Muslims made in the Middle Ages. The Koran, for example, doesn't condone stoning. There is no punishment on apostasy. There is no punishment on personal things like drinking. These things which make Islamic Law, the troubling aspects of Islamic Law, were later developed into later interpretations of Islam. Which means that Muslims can, today, look at those things and say, "Well, the core of our religion is here to stay with us. It's our faith, and we will be loyal to it. But we can change how it was interpreted, because it was interpreted according to the time and milieu in the Middle Ages. Now we are living in a different world with different values and different political systems." That interpretation is quite possible and feasible.

Now if I were the only person thinking that way, we would be in trouble. But that's not the case at all. Actually, from the 19th century on, there's a whole revisionist, reformist -- whatever you call it -- tradition, a trend in Islamic thinking. And these were intellectuals or statesmen of the 19th century, and later, 20th century, which looked at Europe basically and saw that Europe has many things to admire, like science and technology. But not just that; also democracy, parliament, the idea of representation, the idea of equal citizenship. These Muslim thinkers and intellectuals and statesmen of the 19th century looked at Europe, saw these things. They said, "Why don't we have these things?" And they looked back at Islamic tradition, they saw that there are problematic aspects, but they're not the core of the religion, so maybe they can be re-understood, and the Koran can be reread in the modern world.

That trend is generally called Islamic modernism, and it was advanced by intellectuals and statesmen, not just as an intellectual idea though, but also as a political program. And that's why actually in the 19th century the Ottoman Empire, which then covered the whole Middle East, made very important reforms -- reforms like giving Christians and Jews an equal citizenship status, accepting a constitution, accepting a representative parliament, advancing the idea of freedom of religion. And that's why the Ottoman Empire in its last decades turned into a proto-democracy, a constitutional monarchy, and freedom was a very important political value at the time.

Similarly, in the Arab world, there was what the great Arab historian Albert Hourani defines as the Liberal Age. He has a book, "Arabic Thought in the Liberal Age," and the Liberal Age, he defines as 19th century and early 20th century. Quite notably, this was the dominant trend in the early 20th century among Islamic thinkers and statesmen and theologians. But there is a very curious pattern in the rest of the 20th century, because we see a sharp decline in this Islamic modernist line. And in place of that, what happens is that Islamism grows as an ideology which is authoritarian, which is quite strident, which is quite anti-Western, and which wants to shape society based on a utopian vision.

So Islamism is the problematic idea that really created a lot of problems in the 20th century Islamic world. And even the very extreme forms of Islamism led to terrorism in the name of Islam -- which is actually a practice that I think is against Islam, but some, obviously, extremists did not think that way. But there is a curious question: If Islamic modernism was so popular in the 19th and early 20th centuries, why did Islamism become so popular in the rest of the 20th century? And this is a question, I think, which needs to be discussed carefully. And in my book, I went into that question as well. And actually you don't need to be a rocket scientist to understand that. You just look at the political history of the 20th century, and you see things have changed a lot. The context has changed.

In the 19th century, when Muslims were looking at Europe as an example, they were independent; they were more self-confident. In the early 20th century, with the fall of the Ottoman Empire, the whole Middle East was colonized. And when you have colonization what do you have? You have anti-colonization. So Europe is not just an example now to emulate; it's an enemy to fight and to resist. So there's a very sharp decline in liberal ideas in the Muslim world, and what you see is more of a defensive, rigid, reactionary strain, which led to Arab socialism, Arab nationalism and ultimately to the Islamist ideology. And when the colonial period ended, what you had in place of that was, generally, secular dictators, which say they're a country, but did not bring democracy to the country, and established their own dictatorship. And I think the West, at least some powers in the West, particularly the United States, made the mistake of supporting those secular dictators, thinking that they were more helpful for their interests. But the fact that those dictators suppressed democracy in their country and suppressed Islamic groups in their country actually made the Islamists much more strident.

So in the 20th century, you had this vicious cycle in the Arab world where you have a dictatorship suppressing its own people including the Islamic-pious, and they're reacting in reactionary ways. There was one country, though, which was able to escape or stay away from that vicious cycle. And that's the country where I come from; that's Turkey. Turkey has never been colonized, so it remained as an independent nation after the fall of the Ottoman Empire. That's one thing to remember. They did not share the same anti-colonial hype that you can find in some other countries in the region. Secondly, and most importantly, Turkey became a democracy earlier than any of the countries we are talking about. In 1950, Turkey had the first free and fair elections, which ended the more autocratic secular regime, which was the beginning of Turkey. And the pious Muslims in Turkey saw that they can change the political system by voting. And they realize that democracy is something that is compatible with Islam, compatible with their values, and they've been supportive of democracy. That's an experience that not every other Muslim nation in the Middle East had until very recently.

Secondly, in the past two decades, thanks to globalization, thanks to the market economy, thanks to the rise of a middle-class, we in Turkey see what I define as a rebirth of Islamic modernism. Now there's the more urban middle-class pious Muslims who, again, look at their tradition and see that there are some problems in the tradition, and they understand that they need to be changed and questioned and reformed. And they look at Europe, and they see an example, again, to follow. They see an example, at least, to take some inspiration from. That's why the E.U. process, Turkey's effort to join the E.U., has been supported inside Turkey by the Islamic-pious, while some secular nations were against that. Well that process has been a little bit blurred by the fact that not all Europeans are that welcoming -- but that's another discussion. But the pro-E.U. sentiment in Turkey in the past decade has become almost an Islamic cause and supported by the Islamic liberals and the secular liberals as well, of course.

And thanks to that, Turkey has been able to reasonably create a success story in which Islam and the most pious understandings of Islam have become part of the democratic game, and even contributes to the democratic and economic advance of the country. And this has been an inspiring example right now for some of the Islamic movements or some of the countries in the Arab world.

You must have all seen the Arab Spring, which began in Tunis and in Egypt. And Arab masses just revolted against their dictators. They were asking for democracy; they were asking for freedom. And they did not turn out to be the Islamist boogyman that the dictators were always using to justify their regime. They said that "we want freedom; we want democracy. We are Muslim believers, but we want to be living as free people in free societies." Of course, this is a long road. Democracy is not an overnight achievement; it's a process. But this is a promising era in the Muslim world.

And I believe that the Islamic modernism which began in the 19th century, but which had a setback in the 20th century because of the political troubles of the Muslim world, is having a rebirth. And I think the getaway message from that would be that Islam, despite some of the skeptics in the West, has the potential in itself to create its own way to democracy, create its own way to liberalism, create its own way to freedom. They just should be allowed to work for that.

Thanks so much.

(Applause)

数週間前、 サウジアラビアに行く機会がありました。 一人のイスラム教徒として私は メッカに行き、最も神聖なイスラム寺院であるカーバ神殿を 訪ねることが、まず第一にしたいことでした。 そして実際に訪ねました。 儀礼服を着て、 神聖な寺院に行き、 礼拝をし、 儀式を全て見学しました。 その間中、 その神秘性の他に カーバ神殿の持つひとつの風習が とても興味深いものでした。 性別の分け隔てがなかったのです。 言いかえると、男性と女性が 皆が一緒に、礼拝していたのです。 カーバ神殿の周囲を回る ターフという祈りの間、 男女が一緒だったのです。

それが、なぜそんなに興味深いのかと、 不思議に思うかもしれませんが サウジアラビアのその他すべての場所は、政府により、 男女は強固に分けられているのです。 つまり、 あなたが男性であるなら、 同じ場所に女性がいることは考えられないことです。 これはとても面白い方法で気付かされました。 カーバ神殿を離れ メッカの町へ食事をとりに行きました。 一番近くのバーガーキングに たどり着くと そこには男性区分があり、 注意深く女性区分から分け隔てられていました。 私は、男性区分で注文し、支払い、食べなければならなかったのですが ”可笑しなことだ” と思いました。 ”聖地カーバでは男女差を越えて一緒にいることが可能なのに、 バーガーキングではそれはできない。”

なんと皮肉なことでしょう 皮肉かつ、それは象徴的だと思います。 なぜなら、カーバ神殿やその儀式は 預言者ムハンマドの時代、 イスラムのもっとも早い時期のなごりなのです。 仮にその時期に男女を区分することを 重要視していたのであれば、 カーバ神殿に伝わる儀式もそのように生み出されたいたはずなのです。 しかし、明らかなことに、そのような論点はその時代にはなく 儀礼はさきほど述べた通りのものとして伝わっています。 もうひとつ立証できることがあります。 社会により作られた 女性の隔離は コーランの中にも書かれていないのです。 イスラムの核心部、 イスラムの神なる核心部 私や全てのイスラム教徒が信仰するそのコーランにも書かれていないのです。 イスラムの起源に 男女を分け隔てることを見出せないことは 偶然ではないのです。 なぜなら、学者たちの多く、 イスラムの歴史を学ぶ イスラム系や西洋人の学者達の多くは、 男女の区分は実際には より後になってから生まれた慣習だと 考えています。 イスラム教徒たちは中東の原住民の文化や伝統を 取り込んできたのです。 女性の隔離は実際は ビザンティンとペルシアの風習でした。 イスラム教徒はそれを取り込み、 自らの宗教の一部へとしてしまいました。

ただ、それはより大きな問題に対する ひとつの例にしかすぎません。 現在、私たちが一概にイスラム法、特にイスラム文化と呼ぶものの中には、 実際には沢山の異なる文化があります、 例えばサウジアラビアのそれは 私の出身地であるトルコのイスタンブールのそれとは大きく異なっています。 しかしそうではあるのですが、 イスラム教文化について話すなら、 イスラムという宗教を生み出した 真に核心をつく神聖なメッセージが最初にあったのですが、 様々な伝統や、解釈から 沢山の習慣がその様相に加えられていきました。 それらは中東の風習、中世の風習です。

真実をつかむ2つの重要な話、 2つの教訓があります。 まず初めに、イスラム教徒 -敬虔で、保守的で、宗教に対し誠実であろうとするイスラム教徒- は 文化の全てを宗教と一緒くたにすべきではないし 神によって統治されていると考えるべきではない。 多分、伝統の中のいくらかは悪習であり、 変えていくべきことである。 一方で、イスラム文化を見て その問題のある側面を知る西洋人は それがイスラムにより定められていると 簡単に結論付けるべきではない。 それは、多分、イスラムと混同されている ”中東”の文化なのです。

女性割礼と呼ばれる風習があります。 それは酷く、悲惨なもので、 根本的に、女性から性的快楽を 取り上げるためのものです。 その風習を知らなかった西洋人、 ヨーロッパ人やアメリカ人が 北アフリカから渡ってきた イスラム教徒コミュニティの その風習をを目の当たりにすると、 ”そんな行為を規則にするなんて なんて酷い宗教だ”と、思うことでしょう。 しかし、実際には、女性割礼は イスラム教によるものではなく 北アフリカの風習なのです。 それは北アフリカに 何千年も前からある風習なのです。 実際、いくらかのイスラム教徒もその風習を行うところがあります。 それは、北アフリカのイスラム教徒だけで、ほかのどの場所でもないのです。 しかし、北アフリカでは、イスラム教徒だけではなく アニミズム論者も、いくらかのクリスチャンや ユダヤ人でされ 女性割礼の風習を持つことで知られています。 イスラムの信頼を 脅かすかに見える問題も 人によって書き加えられた ”伝統”と言い得ることでしょう。

同じことは”名誉殺人”にも言えます。 それは西洋圏のメディアで取りざたになりますし もちろん、悲惨な伝統です。 いくらかのイスラム教コミュニティの中で実際に見られる伝統です、 しかし、それは中東の中ではイスラム教徒コミュニティに限らず、 クリスチャンや東洋人のコミュニティの中にも 見られる伝統なのです。 たった数カ月前、 トルコ内のアルメニア人コミュニティの中で 悲劇的な名誉殺人がありました。

そう、それは宗教ではなく、一般的な文化の出来事なのです。 私は、政治にも興味があります。 自由と民主主義は正当に評価されのか または独裁的な政治が市民に圧政をしくのか ということに強い興味を持っています。 中東内で、 沢山あるイスラムの運動は どれも独裁主義になりがちで、 いくつかの、俗にいうところの、イスラム政権 サウジアラビアや、イラン もっと酷かったアフガニスタンのタリバン政権、 それらが独裁政権であることは、疑いようものありません。

例えば、サウジアラビアでは、 宗教警察というものがあります。 宗教警察は全ての市民に、 イスラム教的生活を 強制するのです、それは ヒジャブという、頭を覆うベールによって 女性は頭を覆い隠すことを強要されるという具合にです。 それはとても独裁的で、 私はとても批判的です。 しかし同じ土地で住む、イスラム教徒ではない人達や イスラム的な考えを持たない人たちも 時々、同じようにふるまうことに 気が付いたとき、 問題は、ただイスラムにあるのでなく 政治にあるのだということに気がつきました。 私の出身地であるトルコを例にあげると、 トルコは、とても現実的な共和国なのですが、 本当に最近までは 私の言うところの、教育宗教分離派の警察がいて、 頭にベールを巻いた学生から 大学を守っていました。 どういうことかと言うと、彼らは学生に ベールを着用しないでいることを強制していました。 ベールを着けてはいけないと強制することは ベールを着けることを強制するのと同等に暴君的なことです。 そういったことは人々が自ら決めるべきことです。

しかし、私がそれを見たとき、 ”多分 問題はこの土地の独裁政権なんだ。 そして、それにイスラム教徒が 影響を受けてしまっていることなんだ。” と、思いました。 しかし教育宗教分離論者はそれに影響をうけてしまう。 問題は政治文化だと思うのです。 私たちはそれをどう変えることができるのか 考えなければならない。 数年前 本を書いていたときに 頭によぎった事があります ”イスラムがどのように今日にいたったのか それはどのような道筋だったのか、 そして、どのような他の道がありえたのかについて リサーチをしなくてはいけない。” 本のタイトルは ”過激さなしのイスラム:イスラム教徒にとっての自由 ”です。 副題が提案しているように、 私は、イスラムの伝統やイスラムの思想史を 個人の自由という観点から着目し、 個人の自由への敬意とは何であるのかを 調べていきました。

それはイスラムの伝統が持つ力なのです。 イスラムは実際に、 人間を責任能力のある者として定義する一神教で、 中東に、個人という考え方を生み出しました。 それは部族による共同主義や集団主義からの 脱却でした。 そこから沢山の着想を引き出すことができます。 また、イスラムの伝統における問題点にも着目しました。 ひとつ興味深いことに、 ほとんどの問題は後になってから表面化していったのです。 それはイスラムの神聖な核心である、コーランからではなく、 重複になりますが、伝統や知性、 中世のコーランの解釈の 違いによってなのです。 コーランは、例えば 石打ちを認めません。 棄教に罪を与えません。 飲酒といった個人的楽しみに罪を与えません。 イスラム法を成すこれらの事柄、 イスラム法の問題のある部分は 後に出てくる解釈によって生まれたのです。 それはつまり、イスラム教徒は今日 それらを俯瞰し、 ”私達の宗教の中心は 私達と共にある。それが私たちの信仰であり、 私達はそれに忠義をしめしていくのだ。” と言えばいいのです。 それが中世の時間感覚や環境によって解釈されたものならば 私達はそれを変えていけばいいのです。 私達は今日、中世とは異なる価値観や政治システムの中、 過去とは違う世界に暮らしているのです。 そういった解釈はまったくもって可能で実現できることです。

もし私1人がそのような考えをしているのなら、 それは問題でしょう。 しかし、そんなことは決してありません。 実際、19世紀から 修正主義者や改革主義者がいました。 -それはどのような 呼び名でもいいのですが - 伝統でも、 イスラム思想の中でのトレンドでも。 彼らは、19世紀 そして後の20世紀 沢山の尊敬すべき点を持った ヨーロッパの科学やテクノロジーを研究した 知識人や政治家です。 科学や、テクノロジーだけではなく、民主主義や議会制 講義や主張すること、 平等な市民精神などもです。 それらの19世紀のムスリムの思想家や知識人、政治家は ヨーロッパを観察し、そういったこと物事を学びました。 彼らは ”なぜ私達はそのような物事を持っていないのだろうか?” と考えました。 そして、イスラムの伝統を振り返ることをしたのです。 彼らは問題のある側面も見つけました。 しかしそれらが宗教の中心部ではなく、解釈しなおすことができるものと考え、 コーランも現代的な視点から 読みなおせると考えました。

そういった傾向は イスラムの近代化と呼ばれています。 それは知識人や政治家により 知的なアイデアとしてだけではなく、 政治的な計画として、進められました。 19世紀には、実際 当時、全中東を統治していたオスマントルコにより、 非常に重要な改革が行われました。 それは、クリスチャンとユダヤ人に 同等の市民権を与え、 国体を認め、 代表制の議会を認め、 宗教の自由を推し進めるものでした。 それゆえ、オスマントルコの最後の何十年間は、 民主主義の雛形、 立憲君主国へ移行したのです。 当時、自由というものは政治的重要性を強く持っていました。

似たように、アラブ世界において、 優れたアラブ歴史家であるアルバート・ハウラニの定義における 自由時代がありました。 彼は ”自由時代のアラブ思想” という本を書いています。 彼はその中で、19世紀から20世紀初頭を 自由時代と定義しました。 明白に、20世紀初頭では、 イスラムの思想家、政治家、神学者の中で、 優勢な考え方でした。 しかし、残りの20世紀では、 おかしなことになります。  イスラムの近代の歴の中で、 急激な勾配を描きます。 その代わりに、 イスラムは年を経るにつれて、 独裁主義のイデオロギーで、 非常に不快で 反西洋文化的で、 空想的な視点によって 社会を形作るものへとなりました。

つまり、今のイスラム教は、 20世紀のイスラム世界で作られた 多くの問題を孕んだ形なのです。 そして、極端な形式をもつイスラム教は イスラムの名の下で、テロリズムを招きます。 それは実際にはイスラムの教えに反することだというのにです。 しかし、明らかに、いくらかの過激思想の持ち主達なそのようには考えません。 疑問が残ります。 もしイスラムの近代化が、19世紀から20世紀初頭にかけて それほど人気だったのなら なぜ今日の形のイスラム教は残りの20世紀で こんなにも普及したのでしょうか? この疑問は 注意深く議論される必要があります。 私は著書で、私はこの疑問にも挑戦しました。 実際にこの問題を理解するに、最高水準の頭を持っている必要はありません。 ただ、20世紀の政治の歴史を見るのです。 沢山の変化をそこに見つけることでしょう。 その歴史は歪められたのです。

19世紀 イスラム教徒が西洋を参考にしていた時代では、 イスラム教徒は自立しており、今よりも自身に自信を持っていました。 20世紀初頭には、オスマントルコの終焉とともに、 全中東地区は植民地化されました。 植民地政策の中、人々はどのようなことを考えますか? アンチ植民地政策です。 もはや西洋は、見習うべき参考ではなくなったのです。 西洋は抵抗し、敵対する相手になったのです。 ここでイスラム世界の中での 自由の精神は堕落してしまったのです。 そして自己防衛的で、 柔軟性のない、植民に対す反動的な緊張が、 アラブ社会主義やアラブ民族主義や、 現在のイスラム教を形作ったのです。 植民地から開放された時、 代わりに何が残ったかというと、 自らを国と称する 世俗にまみれた独裁者達でした。 彼らは民主主義は持ち込まなかった。 かわりに、自らの独裁政権を築きあげていったのです。 西洋は、少なくとも、西洋の中のいくらかの勢力、 特に、アメリカは、そういった視野の狭い独裁者達を サポートするという過ちを冒したのです。 彼らは自分たちにとって有益だと考えたのです。 しかし、事実は、独裁者達は、 民主主義を抑圧し イスラム教のグループを抑圧し、 イスラム教を大変つまらないものへと変えてしまいました。

20世紀は、その独裁主義が イスラムの宗教者を含めた 人民を抑圧する 負の連鎖になり アラブ世界を支配しました。 しかし、そういった負の連鎖から 抜け出すことができた 国があります。 それは私の故郷の、トルコです。 というのも、トルコは一度も植民地化されなかったのです。 だから、オスマントルコ崩壊後も、自立した人民が残ったのです。 注目すべきは、 近隣の国々が持っていたアンチ植民地主義という考えを 共有しなかった点です。 次に、これが一番重要な部分なのですが、 トルコは近隣のどの国よりも早く 民主主義になりました。 1950年に、初の自由な平等選挙を持ちました。 それにより、、独裁的で低俗な政治体制は終わりを告げました。 それはトルコの始まりだったのです。 トルコにいる敬虔深いイスラム教徒は 投票することで政治は変えれるのだと知りました。 そして民主主義はイスラムや、その価値観と 矛盾なく共存していることに気が付いたのです。 そしてトルコ人達は民主主義を支持するようになりました。 それは中東の他の国のイスラム教徒が、 この近年になるまで 知らなかった経験なのです。

次に、この過去20年は グローバリズムや市場経済、 中流家庭の増加へ感謝しなければなりません。 それによりトルコ人は、 イスラムの近代化の再来の中にいます。 そして現在では、 自身の伝統を尊重し、その問題点にも目も向ける より都市的で中流階級の信心深いムスリム達がいるのです。 彼らは変わっていき、自問し、改善していく必要があることを理解しています。 そして、またヨーロッパを参考とし 模範とするようになりました。 少なくもそこから創造的刺激を受けています。 そういった経緯で、トルコが E.U.に加盟しようと努力は 他のアラブ国家が反対する中で、 トルコ内のイスラム教徒に 支えられているのです。 今のところE.U.加盟への道筋は、全てのヨーロッパ人が 歓迎しているわけではないということもあり、まだあやふやなままです。 それは、他の問題です。 この10年のトルコ内でのE.U.加盟への賛同は イスラムの問題になり、 イスラム自由主義者はもとより、 もちろんそうではない自由主義者にも支えられています。

喜ばしいことに、 トルコは イスラム教とイスラムに対する敬虔な理解を持ったまま 民主主義を取り入れることに成功したのです。 そして、イスラムはむしろトルコの民主主義と 経済の前進に貢献したのです。 このことは、現在 イスラムの革新や 他のアラブ世界の国々に 創造性に満ちた実例となり刺激を与えています。

皆さんもご存知のように、チュニジアとエジプトにて始まった アラブの春が起こりました。 アラブの大衆は 独裁者達に反旗をひるがえしたのです。 彼らは民主主義を、自由を求めていたのです。 独裁者達が自らの政治体制を 正当化するのに利用したようなやり方で イスラムを使うような馬鹿げたことはしません。 彼らはただこう言ったのです。、”自由が欲しい。民主主義が欲しい。 私たちはイスラム教信者です。しかし、 自由な社会で自由な市民として生きたいのです。” もちろん、長い道のりです。 民主主義は一晩で実現されるようなものではありません。 それは、持続的な進展なのです。 ただ、今はイスラム世界において、 有望な時期を迎えています。

私は信じています 19世紀に始まり、 政治状況により20世紀で停滞してしまった イスラムの近代化が また芽吹くことを。 西洋圏には懐疑的な方もいるのはわかりますが、 イスラムは、それ自身が 自身のあり方で、 民主主義、自由主義、 そして自由を持ちえるポテンシャルが あるのです。 それらは機能するように許容されさえすればいいのです。

有難うございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画