TED日本語 - クリス・アンダーソン: ウェブ上の動画が後押しする世界のイノベーション

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クリス・アンダーソン: ウェブ上の動画が後押しする世界のイノベーション

TED Talks

ウェブ上の動画が後押しする世界のイノベーション
How YouTube is driving innovation
クリス・アンダーソン
Chris Anderson

内容

TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンが、ウェブ動画の成長は世界中で「集団が加速させるイノベーション」を後押ししていると語ります。自らエネルギーを生み出す学びのサイクルが生まれていることは、印刷の発明と同じぐらい重要とも言えるのです。でもその力を引き出すためには、組織は徹底的にオープンにならなければなりません。それはTEDにとって新たな一章の幕開けとなるのです。

Script

If nothing else, at least I've discovered what it is we put our speakers through: sweaty palms, sleepless nights, a wholly unnatural fear of clocks. I mean, it's quite brutal.

And I'm also a little nervous about this. There are nine billion humans coming our way. Now, the most optimistic dreams can get dented by the prospect of people plundering the planet. But recently, I've become intrigued by a different way of thinking of large human crowds, because there are circumstances where they can do something really cool. It's a phenomenon that I think any organization or individual can tap into. It certainly impacted the way we think about TED's future, and perhaps the world's future overall.

So, let's explore. The story starts with just a single person, a child, behaving a little strangely. This kid is known online as Lil Demon. He's doing tricks here, dance tricks, that probably no six-year-old in history ever managed before. How did he learn them? And what drove him to spend the hundreds of hours of practice this must have taken? Here's a clue.

(Video) Lil Demon: ♪ Step your game up. Oh. Oh. ♪ ♪ Step your game up. Oh. Oh.

Chris Anderson: So, that was sent to me by this man, a filmmaker, Jonathan Chu, who told me that was the moment he realized the Internet was causing dance to evolve. This is what he said at TED in February. In essence, dancers were challenging each other online to get better; incredible new dance skills were being invented; even the six-year-olds were joining in. It felt like a revolution. And so Jon had a brilliant idea: He went out to recruit the best of the best dancers off of YouTube to create this dance troupe -- The League of Extraordinary Dancers, the LXD. I mean, these kids were web-taught, but they were so good that they got to play at the Oscars this year. And at TED here in February, their passion and brilliance just took our breath away.

So, this story of the evolution of dance seems strangely familiar. You know, a while after TEDTalks started taking off, we noticed that speakers were starting to spend a lot more time in preparation. It was resulting in incredible new talks like these two. ... Months of preparation crammed into 18 minutes, raising the bar cruelly for the next generation of speakers, with the effects that we've seen this week. It's not as if J.J. and Jill actually ended their talks saying, "Step your game up," but they might as well have. So, in both of these cases, you've got these cycles of improvement, apparently driven by people watching web video.

What is going on here? Well, I think it's the latest iteration of a phenomenon we can call "crowd-accelerated innovation." And there are just three things you need for this thing to kick into gear. You can think of them as three dials on a giant wheel. You turn up the dials, the wheel starts to turn. And the first thing you need is ... a crowd, a group of people who share a common interest. The bigger the crowd, the more potential innovators there are. That's important, but actually most people in the crowd occupy these other roles. They're creating the ecosystem from which innovation emerges. The second thing you need is light. You need clear, open visibility of what the best people in that crowd are capable of, because that is how you will learn how you will be empowered to participate. And third, you need desire. You know, innovation's hard work. It's based on hundreds of hours of research, of practice. Absent desire, not going to happen.

Now, here's an example -- pre-Internet -- of this machine in action. Dancers at a street corner -- it's a crowd, a small one, but they can all obviously see what each other can do. And the desire part comes, I guess, from social status, right? Best dancer walks tall, gets the best date. There's probably going to be some innovation happening here. But on the web, all three dials are ratcheted right up. The dance community is now global. There's millions connected. And amazingly, you can still see what the best can do, because the crowd itself shines a light on them, either directly, through comments, ratings, email, Facebook, Twitter, or indirectly, through numbers of views, through links that point Google there. So, it's easy to find the good stuff, and when you've found it, you can watch it in close-up repeatedly and read what hundreds of people have written about it. That's a lot of light.

But the desire element is really dialed way up. I mean, you might just be a kid with a webcam, but if you can do something that goes viral, you get to be seen by the equivalent of sports stadiums crammed with people. You get hundreds of strangers writing excitedly about you. And even if it's not that eloquent -- and it's not -- it can still really make your day. So, this possibility of a new type of global recognition, I think, is driving huge amounts of effort. And it's important to note that it's not just the stars who are benefiting: because you can see the best, everyone can learn.

Also, the system is self-fueling. It's the crowd that shines the light and fuels the desire, but the light and desire are a lethal one-two combination that attract new people to the crowd. So, this is a model that pretty much any organization could use to try and nurture its own cycle of crowd-accelerated innovation. Invite the crowd, let in the light, dial up the desire. And the hardest part about that is probably the light, because it means you have to open up, you have to show your stuff to the world. It's by giving away what you think is your deepest secret that maybe millions of people are empowered to help improve it.

And, very happily, there's one class of people who really can't make use of this tool. The dark side of the web is allergic to the light. I don't think we're going to see terrorists, for example, publishing their plans online and saying to the world, "Please, could you help us to actually make them work this time?"

But you can publish your stuff online. And if you can get that wheel to turn, look out.

So, at TED, we've become a little obsessed with this idea of openness. In fact, my colleague, June Cohen, has taken to calling it "radical openness," because it works for us each time. We opened up our talks to the world, and suddenly there are millions of people out there helping spread our speakers' ideas, and thereby making it easier for us to recruit and motivate the next generation of speakers. By opening up our translation program, thousands of heroic volunteers -- some of them watching online right now, and thank you! -- have translated our talks into more than 70 languages, thereby tripling our viewership in non-English-speaking countries. By giving away our TEDx brand, we suddenly have a thousand-plus live experiments in the art of spreading ideas. And these organizers, they're seeing each other, they're learning from each other. We are learning from them. We're getting great talks back from them. The wheel is turning.

Okay, step back a minute. I mean, it's really not news for me to tell you that innovation emerges out of groups. You know, we've heard that this week -- this romantic notion of the lone genius with the "eureka!" moment that changes the world is misleading. Even he said that, and he would know. We're a social species. We spark off each other. It's also not news to say that the Internet has accelerated innovation. For the past 15 years, powerful communities have been connecting online, sparking off each other. If you take programmers, you know, the whole open-source movement is a fantastic instance of crowd-accelerated innovation. But what's key here is, the reason these groups have been able to connect is because their work output is of the type that can be easily shared digitally -- a picture, a music file, software. And that's why what I'm excited about, and what I think is under-reported, is the significance of the rise of online video.

This is the technology that's going to allow the rest of the world's talents to be shared digitally, thereby launching a whole new cycle of crowd-accelerated innovation. The first few years of the web were pretty much video-free, for this reason: video files are huge; the web couldn't handle them. But in the last 10 years, bandwidth has exploded a hundredfold. Suddenly, here we are. Humanity watches 80 million hours of YouTube every day. Cisco actually estimates that, within four years, more than 90 percent of the web's data will be video. If it's all puppies, porn and piracy, we're doomed. I don't think it will be. Video is high-bandwidth for a reason. It packs a huge amount of data, and our brains are uniquely wired to decode it.

Here, let me introduce you to Sam Haber. He's a unicyclist. Before YouTube, there was no way for him to discover his sport's true potential, because you can't communicate this stuff in words, right? But looking at video clips posted by strangers, a world of possibility opens up for him. Suddenly, he starts to emulate and then to innovate. And a global community of unicyclists discover each other online, inspire each other to greatness. And there are thousands of other examples of this happening -- of video-driven evolution of skills, ranging from the physical to the artful. And I have to tell you, as a former publisher of hobbyist magazines, I find this strangely beautiful. I mean, there's a lot of passion right here on this screen.

But if Rube Goldberg machines and video poetry aren't quite your cup of tea, how about this. Jove is a website that was founded to encourage scientists to publish their peer-reviewed research on video. There's a problem with a traditional scientific paper. It can take months for a scientist in another lab to figure out how to replicate the experiments that are described in print. Here's one such frustrated scientist, Moshe Pritsker, the founder of Jove. He told me that the world is wasting billions of dollars on this. But look at this video. I mean, look: if you can show instead of just describing, that problem goes away. So it's not far-fetched to say that, at some point, online video is going to dramatically accelerate scientific advance.

Here's another example that's close to our hearts at TED, where video is sometimes more powerful than print -- the sharing of an idea. Why do people like watching TEDTalks? All those ideas are already out there in print. It's actually faster to read than to view. Why would someone bother? Well, so, there's some showing as well as telling. But even leaving the screen out of it, there's still a lot more being transferred than just words. And in that non-verbal portion, there's some serious magic. Somewhere hidden in the physical gestures, the vocal cadence, the facial expressions, the eye contact, the passion, the kind of awkward, British body language, the sense of how the audience are reacting, there are hundreds of subconscious clues that go to how well you will understand, and whether you're inspired -- light, if you like, and desire. Incredibly, all of this can be communicated on just a few square inches of a screen.

Reading and writing are actually relatively recent inventions. Face-to-face communication has been fine-tuned by millions of years of evolution. That's what's made it into this mysterious, powerful thing it is. Someone speaks, there's resonance in all these receiving brains, the whole group acts together. I mean, this is the connective tissue of the human superorganism in action. It's probably driven our culture for millennia. 500 years ago, it ran into a competitor with a lethal advantage. It's right here. Print scaled. The world's ambitious innovators and influencers now could get their ideas to spread far and wide, and so the art of the spoken word pretty much withered on the vine. But now, in the blink of an eye, the game has changed again. It's not too much to say that what Gutenberg did for writing, online video can now do for face-to-face communication. So, that primal medium, which your brain is exquisitely wired for ... that just went global.

Now, this is big. We may have to reinvent an ancient art form. I mean, today,one person speaking can be seen by millions, shedding bright light on potent ideas, creating intense desire for learning and to respond -- and in his case, intense desire to laugh. For the first time in human history, talented students don't have to have their potential and their dreams written out of history by lousy teachers. They can sit two feet in front of the world's finest.

Now, TED is just a small part of this. I mean, the world's universities are opening up their curricula. Thousands of individuals and organizations are sharing their knowledge and data online. Thousands of people are figuring out new ways to learn and, crucially, to respond, completing the cycle. And so, as we've thought about this, you know, it's become clear to us what the next stage of TED's evolution has to be. TEDTalks can't be a one-way process, one-to-many. Our future is many-to-many. So, we're dreaming of ways to make it easier for you, the global TED community, to respond to speakers, to contribute your own ideas, maybe even your own TEDTalks, and to help shine a light on the very best of what's out there. Because, if we can bubble up the very best from a vastly larger pool, this wheel turns.

Now, is it possible to imagine a similar process to this, happening to global education overall? I mean, does it have to be this painful, top-down process? Why not a self-fueling cycle in which we all can participate? It's the participation age, right? Schools can't be silos. We can't stop learning at age 21. What if, in the coming crowd of nine billion ... what if that crowd could learn enough to be net contributors, instead of net plunderers? That changes everything, right? I mean, that would take more teachers than we've ever had. But the good news is they are out there. They're in the crowd, and the crowd is switching on lights, and we can see them for the first time, not as an undifferentiated mass of strangers, but as individuals we can learn from. Who's the teacher? You're the teacher. You're part of the crowd that may be about to launch the biggest learning cycle in human history, a cycle capable of carrying all of us to a smarter, wiser, more beautiful place.

Here's a group of kids in a village in Pakistan near where I grew up. Within five years, each of these kids is going to have access to a cellphone capable of full-on web video and capable of uploading video to the web. I mean, is it crazy to think that this girl, in the back, at the right, in 15 years, might be sharing the idea that keeps the world beautiful for your grandchildren? It's not crazy; it's actually happening right now.

I want to introduce you to a good friend of TED who just happens to live in Africa's biggest shantytown.

(Video) Christopher Makau: Hi. My name is Christopher Makau. I'm one of the organizers of TEDxKibera. There are so many good things which are happening right here in Kibera. There's a self-help group. They turned a trash place into a garden. The same spot, it was a crime spot where people were being robbed. They used the same trash to form green manure. The same trash site is feeding more than 30 families. We have our own film school. They are using Flip cameras to record, edit, and reporting to their own channel, Kibera TV. Because of a scarcity of land, we are using the sacks to grow vegetables, and also [ we're ] able to save on the cost of living. Change happens when we see things in a different way. Today, I see Kibera in a different way. My message to TEDGlobal and the entire world is: Kibera is a hotbed of innovation and ideas.

(Applause)

CA: You know what? I bet Chris has always been an inspiring guy. What's new -- and it's huge -- is that, for the first time, we get to see him, and he can see us. Right now, Chris and Kevin and Dennis and Dickson and their friends are watching us, in Nairobi, right now. Guys, we've learned from you today. Thank you.

And thank you.

(Applause)

今までTEDのスピーカーたちに どんな思いをさせてきたのかがわかりました 汗ばむ手のひら 眠れぬ夜 時計に対する異常なまでの恐怖 全くひどいものです

ところで 他にも心配事があります 地球の人口は今後90億に達します どんなに楽観的な夢にも 人類が地球を略奪していくという 見通しが影を落とします でも最近 人の集団を 別の視点で見るようになりました 集団が本当にすごいことを 成し遂げられる環境があるのです どんな組織や個人でも 活用することができます このことはTEDの将来に対する考え方を変えただけでなく 世界全体の未来に対する考え方すら変えるものです

一緒に見ていきましょう まずはちょっと変な動きをしている 男の子の話です この子はウェブ上でリル・デーモンと呼ばれています ダンスの技を見せています 6歳でこんなことができる子はいなかっただろうという技です どうやって身につけたのでしょう? 彼に何百時間もの練習をさせた動機は 何だったのでしょう? ヒントがあります

リル・デーモン: 上をめざそう 上をめざそう

CA: 映画監督のジョン M チュが これを私に送ってきました 彼は今年2月のTEDで述べています これを見た瞬間に インターネットが ダンスを発展させていることに気づいた と つまり ダンサーたちがオンラインで上達を競い合い 信じられないような新たな技が生み出されたのです 6歳の子どももそこに加わっていました まるで革命が起きたようです ジョンは素晴らしいアイデアを思いつきました YouTube上で最高に上手い ダンサーたちを集めて ダンスグループを結成しました 究極のダンサー集団 LXDです ウェブでダンスを学んだこの若者たちは とても上手で 今年のアカデミー賞と TEDでダンスを披露しました 彼らの情熱と才能には圧倒されました

ダンスの発展という この話は どこかで聞いたことがある気がしました TEDトークが注目を集め始めた頃 スピーカーたちがより多くの時間を 準備に費やすようになったことに気づきました 結果としてこのような素晴らしいトークが生まれました 18分に詰め込まれた何カ月もの準備は 次回以降のスピーカーが越えるべき ハードルを大きく引き上げました その結果は今週見てきた通りです J.J.やジルが話の最後に 「上をめざそう」などと言った訳ではありませんが そう言ったも同然です いずれにしても ウェブ上の動画を見た人たちが 改良のサイクルを 推し進めたのです

ここで起きていることは 「集団が加速させるイノベーション」とでも呼ぶべき現象の 最新の事例です これを起こすために必要なことは3つだけです 巨大な観覧車を動かす 3つのダイヤルを考えて下さい ダイヤルを回すと観覧車が動き始めます まず必要なのは… 集団 つまり共通の関心を持つ人々の集まりです 集団が大きくなるほど より多くの潜在的なイノベーターがいます でも実際には 集団にいるほとんどの人は 他の役割を果たしています イノベーションが生まれるための 生態系を作り上げているのです 次に必要なのは光です 集団の中で最高の能力を持つ人たちの技量が オープンにされ明らかにならなければなりません それによって学ぶことができ 参加を後押しすることにもなるのです 最後に必要なのは野心です イノベーションを起こすのは大変です 何百時間もの研究や練習が不可欠です 野心的でなければ起こるものではありません

インターネット以前の時代は こんな感じでした 街角にいるダンサーたち ‐ 小さな集団ですが お互いの能力はよくわかっています 社会的なステータスが 野心を生むのだと思います 最高のダンサーは堂々と振る舞い 一番モテます ここでもある種のイノベーションは起きているでしょう でもウェブ上では 3つのダイヤルがうまくかみ合います 今やダンスのコミュニティはグローバルなものです 何百万人もがつながっていて しかも驚くべきことに 一番上手い人の技量がわかるのです 集団自身がトップを照らし出すからです コメントやランク付け Eメール フェイスブックや ツイッターなどの直接的な評価もあれば 視聴回数や グーグルからのリンクなどが表す 間接的な評価もあります 良い動画を見つけるのは簡単ですし 見つければ何度も見返したり 他の人たちのコメントを読んだりできます いろいろな光が当たるのです

でも野心のダイヤルは 本当に振り切れています ウェブカメラを持ったただの若者でも クチコミで広まるようなことができれば 観客で埋め尽くされたスタジアムにいるかのように 多くの人に見られます 何百人もの見知らぬ人が興奮して書き立てます ちょっとしたコメントでも とても嬉しいものです 新たな形で世界に知られる可能性が 多大な努力を 後押ししているのだと思います 恩恵を得ているのはスターだけではありません 皆がトップを見て学ぶことができます

このシステムは自らエネルギーを生み出します 集団が光を当て 野心に火をつけます 光と野心は新たな人を集団に呼び込む上で 決定的な役割を果たします どんな組織でも このモデルを使って 集団が加速させるイノベーションの サイクルを育てることができます 集団を取り込み 光を当て 野心を育てるのです 一番大変なのは光を当てることでしょう オープンになり 自らの能力を世界に見せなければなりません 自らの最も奥深い秘密を明らかにすることで 何百万もの人々が それを伸ばすことに力を貸そうとするでしょう

ありがたいことにある種の人々は このツールを活用することができません 闇の勢力は 光に対するアレルギーがあります 例えばテロリストが オンラインに計画を公開して 「計画が上手く行くようこの日に手助けしてくれ」 なんて事は言わないでしょう

でも皆さんは自分の能力をオンラインに公開できます 公開してイノベーションのサイクルを回したら 周りを見てみましょう

TEDでは オープンであることを追求しています 仲間うちでは「徹底的なオープン性」と呼んでいますが それはいつもうまく行っています 世界に向けて講演をオープンにすると 突如として何百万もの人々が スピーカーたちのアイデアを広めてくれました こうして次のスピーカーを依頼して 引き受けてもらうのが容易になりました 翻訳プログラムをオープンにすることで 何千という多数のボランティアが- オンラインで今見てくれている人もいますね- TEDトークを70以上の言語に 翻訳してくれました そして非英語圏での視聴者数が3倍になったのです TEDxのブランドをオープンにすることで アイデアを広める1,000以上のライブ体験が 生まれました TEDxの主催者たちは 顔を合わせ互いに学びあっています 私たちも彼らから学んでいますし TEDxからは素晴らしいトークが寄せられています イノベーションの観覧車は回っているのです

少し視点を変えましょう イノベーションは集団から生まれるというのは 別に新しい話ではありません 孤高の天才の閃きが 世界を変えるというロマンチックな考えは 誤解を招くものだというトークを 今週聞いたばかりです 巨人の肩に立つと言ったニュートンは気づいていたようです 人間は社会的な生きものです 互いに刺激を与え合うのです インターネットがイノベーションを 加速させるというのも新しい話ではありません この15年 強力なコミュニティがオンラインでつながり 互いを刺激してきました プログラマーにとっては オープンソースの動きは 集団によって加速されるイノベーションの好例です ここで大事なのは こうした集団がつながることができるのは 彼らの作品が デジタル化して簡単に共有できる 写真や音楽 ソフトウェアなどだからだ ということです だから私はオンライン動画の興隆に ワクワクしています その重要性があまり知られていませんが オンライン動画の技術は

世界の様々な才能を デジタル化して共有し 集団によって加速されるイノベーションを 新たに作り出すことができます 初期のウェブには ほとんど動画がありませんでした 動画ファイルは重くてウェブに乗らなかったのです でもこの10年で 帯域が100倍に広がり 現在に至りました 毎日八千万時間のYouTube動画が見られています シスコは 4年以内にウェブ上のデータの 9割以上が動画になると予測しています もしそれが全てペットやポルノや海賊版だったとしたら 暗い気持ちになります でもそうはならないでしょう 動画が多くの帯域を使うのは 大量のデータを含んでいるからです 私たちの脳はそれを解読することができます

これはサム ヘイバーです 一輪車乗りです YouTubeが現れる前は このスポーツが持つ真の可能性を知る術は ありませんでした これを言葉で伝えるのは不可能です でも見知らぬ人が投稿した動画クリップが 可能性を開きました 突如として彼は競い始め 革新が生じました 世界の一輪車乗りのコミュニティがオンラインで互いを見つけ 刺激しあってスキルを高めました 他にも同じようなことが山のように起きています スポーツから芸術まで 動画がスキルを向上させるのです 以前 趣味の雑誌を編集していた者として これは本当に素晴らしいことだと 断言します スクリーンに情熱があふれています

もしルーブ ゴールドバーグのからくり装置や 詩のビデオが好みでなければ これはどうでしょう Joveは 査読済みの科学研究を ビデオとして公開するための ウェブサイトです 伝統的な科学論文には問題があります 別の研究所にいる科学者が 紙に書かれた実験を再現するのに 何ヶ月もかかるのです それを不満に感じたのが Joveの創設者 モシェ プリツカーです 実験再現のために何十億ドルものお金が 無駄遣いされていると彼は言います でもこの動画を見てください 言葉で記すだけでなく 見せることができたら 問題は解決します いずれ動画が科学の進歩を 劇的に加速させる日が来ると言っても 過言ではありません

TEDと似た理念を持つ取り組みは 他にもあります アイデアを広める上で 動画はしばし印刷物より強力なのです なぜ人々はTEDの動画を好んで見るのでしょう? TEDトークで話されるアイデアは既に紙で発表されています 読む方が動画を見るより速いのに なぜわざわざ手間をかけるのでしょう? 動画では話すだけでなく見せることもできます でも見せるための演出をしなくても ただの言葉よりずっと多くのことが伝えられるでしょう 非言語的な部分に 重要な秘密があります 体を使ったジェスチャーや 声の抑揚 顔の表情 アイコンタクトや 情熱 ぎこちないイギリス風のボディランゲージ 聴衆の反応を感じとる力 本当に沢山の無意識的な手かがりから 聴衆がどれほど理解しているのか インスピレーションを受けているのか 光や野心を得たのかといったことが わかります 信じられないことに これら全ては 数インチの画面上で伝わります

読み書きというのは 実は比較的最近の発明です 対面コミュニケーションは 何百万年という進化の中で発展してきました だから神秘的で大きな力を持っているのです 誰かがしゃべると 聴き手の脳がそれに呼応して 集団全体がともに活動します 対面コミュニケーションは 何千年にもわたって文化に育まれ 人々をつなぐ役割を果たしてきました でも500年前に 強力な長所を持つ 競争相手が現れました 印刷が普及したのです 世界のイノベーターや有力者たちは 印刷で自らのアイデアをより遠くへ広められるようになり 一方で 話し言葉の技法は 大きく衰えました でも今 瞬時にして 再び状況が変わってきています グーテンベルクが書き言葉にもたらしたものを オンライン動画は対面コミュニケーションに もたらすことができます オンライン動画は脳とぴったりつながる 重要なメディアであり グローバルで

巨大なものです 昔の技法を再発明しなければならないでしょう 今は1人の話を 何百万もの人が見る時代です 良いアイデアは注目を集め 学びたい 反応したいという 強い欲求を生み出します この場合は「笑いたい」ですね 人類史上で初めて 才能ある学生が どうしようもない教師に 才能や夢を潰されずに済むようになりました 世界の最前線をすぐそばで感じることができるのです

そこでTEDが果たす役割は小さなものです 世界の大学がカリキュラムを公開し始めています 何千もの個人や組織が 知識やデータをオンラインで共有しています 何千という人々が 新たな学びと発信のサイクルを 見出しています そんなことを考えるうちに TEDが進化すべき方向性が 見えてきました TEDトークは一方通行や「1対多」では駄目なのです TEDの未来は「多対多」にあります 世界のTEDコミュニティーが それを実現するための方法を考えています 講演者に返事をしたり 自らのアイデアを披露したり 自家製のTEDトークを寄せて その中から最良のものに光を当てるというのも面白そうです 巨大なストックから 最良のものを浮かび上がらせることができれば イノベーションの観覧車が動き出します

これと同じようなことが 世界の教育界で起きていることを ご存知ですか? 骨の折れる トップダウンのプロセスである必要はありません 誰でも参加できる 自律的なサイクルでいいのです 今は「参加の時代」なのです 学校はタコ壺化してはいけません 我々は21歳で学ぶことを止める訳にはいかないのです 人口が90億になった時に その集団が学びを通じて 互いに略奪するのでなく 互いの役に立てたらどうでしょう? 全てが変わります かつてなかったほど多くの教師を必要としますが 教師なら至る所にいます 集団の中にいます 集団が光を当てることによって初めて 教師のことが見えるようになります 区別のつかない他人の集まりではなく 教わるべきことを持つ人たちなのだとわかるのです その先生とは誰でしょう? あなたです あなたは 人類史上で最大の 学びのサイクルを回そうとしている 集団の中にいます そのサイクルを使えば より賢く より良い方向へと向かうことができます

パキスタンの 私が育った場所の 近くの村に住む子どもたちです 彼らは5年以内に ネット動画を視聴したりウェブに動画をアップできる 携帯電話を持つようになるでしょう 後ろの右側にいる少女が 15年後には あなたの孫のために 世界をより魅力的な場とするアイデアを 語っているかもしれません そうしたことは実際に起こりつつあります

アフリカ最大のスラム街にいる TEDの友人を紹介します

(ビデオ)CM: 私はクリストファー マカオ TEDxキベラの主催者の一人です キベラでは今 素敵なことがたくさん起きています ある自助グループは ゴミ捨て場を菜園にしました そこは 強盗事件が起きる 犯罪地域でしたが ゴミを使って 堆肥を作ることで 30家族以上の 食料を賄うようになりました 私たちは自前の映画学校を持っています Flipのカメラで録画、編集したリポートを キベラTVという コミュニティ チャンネルで 流しています 土地が限られているので ずた袋で野菜を育て 生活費も節約しています 視点を変えることで変化が起こります 今では私はキベラを別の見方で見ています TEDの皆さんと 全世界に言わせてください キベラは イノベーションとアイデアの宝庫です

(拍手)

CA: クリストファーはいつも 元気あふれる人に違いありません 初めて試みたチャレンジでしたが 今日 初めて私たちは スクリーンを通してお互いの顔を見ています 今 クリス、ケビン、デニス ディクソンと仲間たちは ナイロビで私たちのことを見ています みんな 今日 君たちから学ばせてもらいました ありがとう

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画