TED日本語 - キャサリン・シュルツ: 後悔を後悔しない

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キャサリン・シュルツ: 後悔を後悔しない

TED Talks

後悔を後悔しない
Don't regret regret
キャサリン・シュルツ
Kathryn Schulz

内容

私たちは、後悔しないように生きろと教えられてきた。でも、それはなぜ?自身のタトゥーを例にとり、キャサリン・シュルツが後悔を受け入れることについて力強く感動的な主張を展開する。

Script

So that's Johnny Depp, of course. And that's Johnny Depp's shoulder. And that's Johnny Depp's famous shoulder tattoo. Some of you might know that, in 1990, Depp got engaged to Winona Ryder, and he had tattooed on his right shoulder "Winona forever." And then three years later -- which in fairness, kind of is forever by Hollywood standards -- they broke up, and Johnny went and got a little bit of repair work done. And now his shoulder says, "Wino forever."

(Laughter)

So like Johnny Depp, and like 25 percent of Americans between the ages of 16 and 50, I have a tattoo. I first started thinking about getting it in my mid-20s, but I deliberately waited a really long time. Because we all know people who have gotten tattoos when they were 17 or 19 or 23 and regretted it by the time they were 30. That didn't happen to me. I got my tattoo when I was 29, and I regretted it instantly. And by "regretted it," I mean that I stepped outside of the tattoo place -- this is just a couple miles from here down on the Lower East Side -- and I had a massive emotional meltdown in broad daylight on the corner of East Broadway and Canal Street. (Laughter) Which is a great place to do it because nobody cares. (Laughter) And then I went home that night, and I had an even larger emotional meltdown, which I'll say more about in a minute.

And this was all actually quite shocking to me, because prior to this moment, I had prided myself on having absolutely no regrets. I made a lot of mistakes and dumb decisions, of course. I do that hourly. But I had always felt like, look, you know, I made the best choice I could make given who I was then, given the information I had on hand. I learned a lesson from it. It somehow got me to where I am in life right now. And okay, I wouldn't change it. In other words, I had drunk our great cultural Kool-Aid about regret, which is that lamenting things that occurred in the past is an absolute waste of time, that we should always look forward and not backward, and that one of the noblest and best things we can do is strive to live a life free of regrets.

This idea is nicely captured by this quote: "Things without all remedy should be without regard; what's done is done." And it seems like kind of an admirable philosophy at first -- something we might all agree to sign onto ... until I tell you who said it. Right, so this is Lady MacBeth basically telling her husband to stop being such a wuss for feeling bad about murdering people. And as it happens, Shakespeare was onto something here, as he generally was. Because the inability to experience regret is actually one of the diagnostic characteristics of sociopaths. It's also, by the way, a characteristic of certain kinds of brain damage. So people who have damage to their orbital frontal cortex seem to be unable to feel regret in the face of even obviously very poor decisions. So if, in fact, you want to live a life free of regret, there is an option open to you. It's called a lobotomy. But if you want to be fully functional and fully human and fully humane, I think you need to learn to live, not without regret, but with it.

So let's start off by defining some terms. What is regret? Regret is the emotion we experience when we think that our present situation could be better or happier if we had done something different in the past. So in other words, regret requires two things. It requires, first of all, agency -- we had to make a decision in the first place. And second of all, it requires imagination. We need to be able to imagine going back and making a different choice, and then we need to be able to kind of spool this imaginary record forward and imagine how things would be playing out in our present. And in fact, the more we have of either of these things -- the more agency and the more imagination with respect to a given regret, the more acute that regret will be.

So let's say for instance that you're on your way to your best friend's wedding and you're trying to get to the airport and you're stuck in terrible traffic, and you finally arrive at your gate and you've missed your flight. You're going to experience more regret in that situation if you missed your flight by three minutes than if you missed it by 20. Why? Well because, if you miss your flight by three minutes, it is painfully easy to imagine that you could have made different decisions that would have led to a better outcome. "I should have taken the bridge and not the tunnel. I should have gone through that yellow light." These are the classic conditions that create regret. We feel regret when we think we are responsible for a decision that came out badly, but almost came out well.

Now within that framework, we can obviously experience regret about a lot of different things. This session today is about behavioral economics. And most of what we know about regret comes to us out of that domain. We have a vast body of literature on consumer and financial decisions and the regrets associated with them -- buyer's remorse, basically. But then finally, it occurred to some researchers to step back and say, well okay, but overall, what do we regret most in life? Here's what the answers turn out to look like.

So top six regrets -- the things we regret most in life: Number one by far, education. 33 percent of all of our regrets pertain to decisions we made about education. We wish we'd gotten more of it. We wish we'd taken better advantage of the education that we did have. We wish we'd chosen to study a different topic. Others very high on our list of regrets include career, romance, parenting, various decisions and choices about our sense of self and how we spend our leisure time -- or actually more specifically, how we fail to spend our leisure time. The remaining regrets pertain to these things: finance, family issues unrelated to romance or parenting, health, friends, spirituality and community.

So in other words, we know most of what we know about regret by the study of finance. But it turns out, when you look overall at what people regret in life, you know what, our financial decisions don't even rank. They account for less than three percent of our total regrets. So if you're sitting there stressing about large cap versus small cap, or company A versus company B, or should you buy the Subaru or the Prius, you know what, let it go. Odds are, you're not going to care in five years.

But for these things that we actually do really care about and do experience profound regret around, what does that experience feel like? We all know the short answer. It feels terrible. Regret feels awful. But it turns out that regret feels awful in four very specific and consistent ways. So the first consistent component of regret is basically denial. When I went home that night after getting my tattoo, I basically stayed up all night. And for the first several hours, there was exactly one thought in my head. And the thought was, "Make it go away!" This is an unbelievably primitive emotional response. I mean, it's right up there with, "I want my mommy!" We're not trying to solve the problem. We're not trying to understand how the problem came about. We just want it to vanish.

The second characteristic component of regret is a sense of bewilderment. So the other thing I thought about there in my bedroom that night was, "How could I have done that? What was I thinking?" This real sense of alienation from the part of us that made a decision we regret. We can't identify with that part. We don't understand that part. And we certainly don't have any empathy for that part -- which explains the third consistent component of regret, which is an intense desire to punish ourselves. That's why, in the face of our regret, the thing we consistently say is, "I could have kicked myself." The fourth component here is that regret is what psychologists call perseverative. To perseverate means to focus obsessively and repeatedly on the exact same thing. Now the effect of perseveration is to basically take these first three components of regret and put them on an infinite loop. So it's not that I sat there in my bedroom that night, thinking, "Make it go away." It's that I sat there and I thought, "Make it go away. Make it go away. Make it go away. Make it go away." So if you look at the psychological literature, these are the four consistent defining components of regret.

But I want to suggest that there's also a fifth one. And I think of this as a kind of existential wake-up call. That night in my apartment, after I got done kicking myself and so forth, I lay in bed for a long time, and I thought about skin grafts. And then I thought about how, much as travel insurance doesn't cover acts of God, probably my health insurance did not cover acts of idiocy. In point of fact, no insurance covers acts of idiocy. The whole point of acts of idiocy is that they leave you totally uninsured; they leave you exposed to the world and exposed to your own vulnerability and fallibility in face of, frankly, a fairly indifferent universe.

This is obviously an incredibly painful experience. And I think it's particularly painful for us now in the West in the grips of what I sometimes think of as a Control-Z culture -- Control-Z like the computer command, undo. We're incredibly used to not having to face life's hard realities, in a certain sense. We think we can throw money at the problem or throw technology at the problem -- we can undo and unfriend and unfollow. And the problem is that there are certain things that happen in life that we desperately want to change and we cannot. Sometimes instead of Control-Z, we actually have zero control. And for those of us who are control freaks and perfectionists -- and I know where of I speak -- this is really hard, because we want to do everything ourselves and we want to do it right.

Now there is a case to be made that control freaks and perfectionists should not get tattoos, and I'm going to return to that point in a few minutes. But first I want to say that the intensity and persistence with which we experience these emotional components of regret is obviously going to vary depending on the specific thing that we're feeling regretful about. So for instance, here's one of my favorite automatic generators of regret in modern life. (Laughter) Text: Relpy to all. And the amazing thing about this really insidious technological innovation is that even just with this one thing, we can experience a huge range of regret. You can accidentally hit "reply all" to an email and torpedo a relationship. Or you can just have an incredibly embarrassing day at work. Or you can have your last day at work.

And this doesn't even touch on the really profound regrets of a life. Because of course, sometimes we do make decisions that have irrevocable and terrible consequences, either for our own or for other people's health and happiness and livelihoods, and in the very worst case scenario, even their lives. Now obviously, those kinds of regrets are incredibly piercing and enduring. I mean, even the stupid "reply all" regrets can leave us in a fit of excruciating agony for days.

So how are we supposed to live with this? I want to suggest that there's three things that help us to make our peace with regret. And the first of these is to take some comfort in its universality. If you Google regret and tattoo, you will get 11.5 million hits. (Laughter) The FDA estimates that of all the Americans who have tattoos,17 percent of us regret getting them. That is Johnny Depp and me and our seven million friends. And that's just regret about tattoos. We are all in this together.

The second way that we can help make our peace with regret is to laugh at ourselves. Now in my case, this really wasn't a problem, because it's actually very easy to laugh at yourself when you're 29 years old and you want your mommy because you don't like your new tattoo. But it might seem like a kind of cruel or glib suggestion when it comes to these more profound regrets. I don't think that's the case though. All of us who've experienced regret that contains real pain and real grief understand that humor and even black humor plays a crucial role in helping us survive. It connects the poles of our lives back together, the positive and the negative, and it sends a little current of life back into us.

The third way that I think we can help make our peace with regret is through the passage of time, which, as we know, heals all wounds -- except for tattoos, which are permanent. So it's been several years since I got my own tattoo. And do you guys just want to see it? All right. Actually, you know what, I should warn you, you're going to be disappointed. Because it's actually not that hideous. I didn't tattoo Marilyn Manson's face on some indiscreet part of myself or something. When other people see my tattoo, for the most part they like how it looks. It's just that I don't like how it looks. And as I said earlier, I'm a perfectionist. But I'll let you see it anyway.

This is my tattoo. I can guess what some of you are thinking. So let me reassure you about something. Some of your own regrets are also not as ugly as you think they are. I got this tattoo because I spent most of my 20s living outside the country and traveling. And when I came and settled in New York afterward, I was worried that I would forget some of the most important lessons that I learned during that time. Specifically the two things I learned about myself that I most didn't want to forget was how important it felt to keep exploring and, simultaneously, how important it is to somehow keep an eye on your own true north. And what I loved about this image of the compass was that I felt like it encapsulated both of these ideas in one simple image. And I thought it might serve as a kind of permanent mnemonic device.

Well it did. But it turns out, it doesn't remind me of the thing I thought it would; it reminds me constantly of something else instead. It actually reminds me of the most important lesson regret can teach us, which is also one of the most important lessons life teaches us. And ironically, I think it's probably the single most important thing I possibly could have tattooed onto my body -- partly as a writer, but also just as a human being. Here's the thing, if we have goals and dreams, and we want to do our best, and if we love people and we don't want to hurt them or lose them, we should feel pain when things go wrong. The point isn't to live without any regrets. The point is to not hate ourselves for having them.

The lesson that I ultimately learned from my tattoo and that I want to leave you with today is this: We need to learn to love the flawed, imperfect things that we create and to forgive ourselves for creating them. Regret doesn't remind us that we did badly. It reminds us that we know we can do better.

Thank you.

(Applause)

そう、ご覧のとおりジョニー・デップです。 そしてこれがジョニー・デップの肩。 そしてこれがジョニー・デップの肩にある有名なタトゥーです。 ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、1990年に デップはウィノナ・ライダーと婚約して 右の肩にタトゥーを入れました。 「ウィノナ・フォーエバー (永遠に) 」 そして3年後 -- ハリウッド基準で言えば3年は永遠ですよね -- ふたりは別れ ジョニーはちょっとした手直しを加えました。 今は「飲んだくれフォーエバー」です

(観衆 笑)

ジョニー・デップと同じく、 16歳から50歳までのアメリカ人のうち 25%の人たちと同じく、 私もタトゥーを入れました。 思いついたのは20代半ばでしたが、 すぐに実行せず、じっくり慎重に考えました。 誰でも知っているとおり 17歳のときにタトゥーを入れた人たちは 19歳でも23歳でもいいですが 30歳になる頃には後悔します。 私には当てはまりませんでした。 私は29歳のときにタトゥーを入れましたが、 即座に後悔したのです。 「後悔した」というのは タトゥーの店から外に出て -- ここからほんの数マイルのところですが ローワー・イーストサイドの先です -- 真っ昼間なのに感情の糸が切れてしまったのは イースト・ブロードウェイとカナル・ストリートの交差点でした。 (観衆 笑) ちょうど良い場所でした。誰も気にとめませんから。 (観衆 笑) その夜、家に帰ってからもっと大きな感情の波に飲まれましたが その話はまた後で。

実を言うと、かなりショックなことでした。 なぜなら、そのときまで 誇りにしていたのです 後悔することなどひとつもないと。 間違うことは多々ありますし バカな選択をすることも、もちろんあります 1日に何度もありますよ。 でも、いつもはこう思っていたのです そのときの自分の状況や、 そのときの持てる限りの情報では それが私にできる最善の選択だった、と。 間違いから学ぶこともありました。 間違ったおかげで今の私の人生があるのだと。 だからOK、間違ったこともそのままでいい。 別の言い方をすれば、後悔に関してこのように信じ込まされていたのです 過去に起きたことを嘆くのは まったく時間の無駄で 後ろ向きにならず常に前向きであるべきで 私たちにできる最も崇高で最善のことは 後悔のない人生にするよう努めることである、と。

この考え方は、このセリフによく言い表されています 「取り返しのつかぬことなど 考えてみたってしかたがない 終わったことは終わったこと。」 一見、素晴らしい考え方に思えますよね -- 誰もが同意書にでもサインしてしまうような… これが誰のセリフなのかを知るまでは。 そう、これはマクベス夫人が そんなに意気地のないことでどうするの、と 人を殺して落ち込む夫に言ったセリフです。 ここにはシェイクスピアのなんらかの意図があります シェイクスピアがいつもそうするように。 なぜなら後悔を感じないことは 実際には精神病と診断される 特徴だからです。 それから、ある種の脳の損傷の特徴だそうです。 脳の眼窩前頭皮質に 損傷のある人は 後悔を感じることができないそうです たとえ、明らかにまずい決断を目の前にしても。 だからもし、本当に後悔の無い人生を送りたいのなら、 そのような選択肢もあります。 ロボトミーと言うんですけど。 ただ、もしも十分に脳が機能する状態で 十分に人間らしく 人道的でありたいなら、 後悔しないのではなく、後悔とともに生きることを学ぶ必要があります。

言葉を定義するところから始めましょうか。 後悔とは何でしょう? 後悔とは、過去に何か違うことをしていれば 現在の状況がもっと 満足のいくものであったのではないかと 思考をめぐらすときに伴う感情です。 別の言い方をすれば、後悔には2つのことが必要です。 まず第一に、対象が必要です -- なんらかの決断をしていること。 そして第二に、想像力が必要です。 過去に戻って違う選択をするところを想像できること、 そして、頭の中でその選択をスプール再生して、 違う選択をしていたら今頃どうなっていたか想像するのです。 事実、そのようなことを積み重ね -- 多くの決断をすればするほど、 そして違う過去を想像をすればするほど、 その後悔はどんどん研ぎすまされていきます。

例えばの話をしましょう あなたは親友の結婚式に参列するために 空港に向かう途中、ひどい渋滞にはまってしまいました。 そしてようやくゲートにたどり着いたら もう飛行機は飛び立った後でした。 あなたがもっと後悔するのは フライトに20分遅れたときよりも 3分遅れたときです。 なぜでしょう? それは、3分遅れたときのほうが 悲しいかな、想像しやすいのです もっと良い結果につながる 違う決断をすることもできたと。 「トンネルではなく橋を渡るべきだった。 黄信号で止まらなければ良かった。」 これは典型的な後悔の条件です。 決断が悪い結果に終わったのは自分の責任だ、 もう少しでうまくいったのに、と思うとき 私たちは後悔します。

このフレームワークで、 当然私たちはさまざまなことに後悔の念を抱きます。 今日の講演は行動経済学についてです。 後悔について知られていることのほとんどは 行動経済学に基づいています。 膨大な文献があります。それは 消費者と金銭的な決断 そしてそれにまつわる後悔 -- 基本的には購入者の悔恨についてです。 ところで、もっと大枠で捉えた場合、 人生で一番後悔することは何なのかという 疑問を持った研究者たちがいました。 ここにあるのが、その答えです。

上位6つの後悔 -- 私たちが人生で最も後悔することの 断トツの一位は、教育。 後悔していること全体のうち33%が 教育に対して下した決断に関連しています。 もっと勉強すれば良かったと思っています。 受けた教育をもっと活かせば良かったと思っています。 もっと違ったテーマを勉強すれば良かったと思っています。 これ以外に後悔のリストで上位なのは キャリアや恋愛、子育て、 自分自身に関するさまざまな決断と選択 余暇をどう過ごすか -- というよりも、より具体的には どうすれば余暇を無駄にせずに済むか。 残りの後悔は 次のようなことに関係しています 金銭、恋愛と子育て以外の家族問題、 健康、友人関係、 精神面のことや、地域社会。

金融関係の調査だけを見ていると、後悔するのは 金銭面に関わることばかりのように思われがちです。 人生で後悔することの全体像を見てみると、 いいですか、金銭的な決断などランク外なのです。 全体の後悔の3%にも満たないのです。 だから今あなたがストレスに感じている 大型株か小型株か、 会社Aか会社Bか、 スバルを買うかプリウスを買うか、 そんなことは気にしなくていいです。 5年後にはどうでも良くなっています。

しかし、私たちが本当に気にかけている事柄を 心の底から後悔するとき それはどんな気分でしょう? 誰もがその答えを知っています。 悲惨です。後悔は最悪の気分です。 後悔が最悪の気分になるのには 普遍的な4つの要素があります。 さて、後悔を構成する1つめの要素は 基本的に、否定です。 私がタトゥーを入れて家に帰った夜、 ほぼ一睡もできませんでした。 そして始めの数時間、 私の頭の中にはひとつのことしかありませんでした。 それは、 「消えて無くなれ!」 これは信じられないほど原始的な情動反応です。 「うえーん!ママー!」と同じですよね。 問題を解決しようとしていません。 なぜその問題が起こったのか考えようとしていません。 ただひたすら消えて欲しいのです。

後悔の2つめの特徴的な要素は 困惑です。 私がその夜に寝室で考えていた、もうひとつのことは、 「どうしてこんなことをしたんだろう? 一体私は何を考えていたの?」 です。 後悔するような決断をした 自分の中の何者かを、切り離すような感覚です。 それが何者なのか分かりません。 それを理解することもできません。 決して共感できるところなどなく -- そしてこれが後悔の3つめの要素ですが、 自分を罰したいという強い願望になります。 だから後悔している人はいつも 「自分自身を蹴飛ばしてやりたい」と言います。 4つめの要素は 心理学者が保続と呼ぶ後悔です。 「保続する」 とは、全く同じことを 何度も繰り返すという意味です。 ここでの保続の働きは 後悔のはじめの3つの要素を取り出して 無限に繰り返すループを作ることです。 ですから、あの夜私が寝室で考えていたことは 「消えて無くなれ」 ではなく、 こう考えていたのです 「消えて無くなれ、消えて無くなれ、 消えて無くなれ、消えて無くなれ」 心理学の文献を読むと、 以上が後悔の4つの特徴的な要素だそうです。

でも私はここに5つめを提案したいと思います。 後悔を経験することで ある種の「気づき」に到達するのです。 あの夜アパートの部屋で、 自分を蹴飛ばし終わってから、 ベッドに横たわって長い時間、 皮膚の移植について考えていました。 それから考えたのは 旅行保険が天災など神の領域には適応されないのなら、 私の健康保険も愚かさの領域には効かないのでは? 事実、愚かさをカバーしてくれる保険などありません。 愚かな行動に出ることは、本質上、 無保険のままでいるのと同じです。 無防備なまま世界に身をさらし 正面から真っすぐに、公正で公平な世界に 自分の弱さや過ちを見せつけます。

これは言うまでもなく、非常に辛いことです。 そして、特に私たちのように 「Ctrl+Z」に慣れてしまった 現代社会の人間には -- コンピューターの取り消しコマンドの 「Ctrl+Z」のことです。 私たちはある意味で、信じられないほど不慣れです 人生の厳しい現実に向き合うことに。 問題が起こったら資金を投入するか テクノロジーを駆使すれば -- 「取り消し」 や 「友達から外す」 「フォローを解除」 できると思っています。 問題なのは、人生に起こることの中には どんなに変えたいと願っても 変えられないことがあるのです。 ときには「Ctrl+Z」どころか、 一切コントロールが効きません。 コントロール中毒で完璧主義の人たち -- 私もそのうちのひとりですが -- こうした事態に対応するのは非常に大変です 何もかも自分でやりたいし、思い通りにしたいのですから。

ここに良い例があります コントロール中毒で完璧主義の人は、タトゥーを入れてはいけません。 この件については数分後にまた話します。 始めに言っておきたいのは 後悔という感情の要素を味わうときの その激しさと、持続性です もちろんこれは そのとき後悔している事柄によるのですが 例えば、ここに私の大好きな 現代社会の自動後悔製造装置があります。 (観衆 笑) 「全員に返信」 この非常に狡猾な 技術革新の素晴らしいところは これたったひとつで さまざまなレベルの後悔を経験させてくれることです。 間違って 「全員に返信」 を押すだけで 人間関係を撃沈できます。 その日だけ職場で気まずい思いをするかもしれませんし その日が職場の最後の日になるかもしれません。

そしてこれは人生の 本当に深い後悔には遠く及びません。 なぜなら私たちは、ときに取り返しのつかない 悲惨な結果になるような決断をしてしまうからです 自分自身に対してであれ、他の人に対してであれ、 健康や幸福や生活、 最悪のケースでは、命に関わることも。 そう、明らかにこの種の後悔は 身を切るように辛く、いつまでも続きます。 例のバカな 「全員に返信」 の後悔にしても 数日間、耐え難い苦痛に置かれることもあるでしょう。

ではこの苦しみと共に生きるにはどうしたら良いのでしょう? 私からは3つ、提案があります 後悔と和解する助けになるはずです。 まずはじめに 後悔の普遍性に慰めを見いだしましょう。 グーグルで「後悔」「タトゥー」で検索すると 1150万件ヒットします。 (観衆 笑) FDA (食品医薬品局) の試算では アメリカ人でタトゥーのある人のうち 17%が後悔しているそうです。 それはジョニー・デップと私 それから700万人の仲間です。 タトゥーを後悔する仲間です。 みな同じなのです。

後悔とうまく付き合う2番めの方法は 自分を笑い飛ばすことです。 私の例では、これは問題ありませんでした だって実際、笑える姿ではありませんか 29歳にもなって、入れたばかりのタトゥーが 気に入らないからと言って泣いているなんて。 ただこれは、もっと深い後悔の場合には 意地悪で軽薄な提案に聞こえるかもしれません。 でも、私はそれは違うと思います。 後悔したことのある人間はみんな 本物の苦しみと、本物の悲しみを味わいます ユーモアと、ときにはブラック・ジョークを理解することは 生きていく上でとても大切なのです。 人生のプラス極とマイナス極 両極端をひとつにつなぎ、 バラバラになりそうな人生の流れを自分のなかに戻してあげるのです。

私の考える後悔と和解する3番目の方法は 時間の力を借りること 知っての通り、どんな傷も癒えます-- タトゥーは消えませんが。 私がタトゥーを入れてから 何年か経っています。 お見せしましょうか? いいでしょう。 ただ、いいですか、言っておきますが、 がっかりするかもしれませんよ。 それほど酷くないじゃないか、と。 マリリン・マンソンの顔を とんでもない場所に入れたとか、そういうわけではないです。 人にこのタトゥーを見せると、 大抵の場合は誉めてもらえます。 ただ、私自身が気に入らないというだけです。 すでに言いましたが、私は完璧主義なのです。 まあとにかくお見せしましょう。

これが私のタトゥーです。 みなさんがどう思っているか、想像がつきます。 だから安心してください。 みなさんの後悔も、自分で思うほど 醜くないかもしれません。 私がこのタトゥーを入れたのは 自分の20代のほとんどを 外国に住んで旅することに費やしたからです。 その後、ニューヨークに戻って落ち着こうというとき、 忘れてしまうのではないかと心配になったのです 外国で学んだ、とても重要なことを。 特に、私が自分自身について学んだ いちばん忘れたくない2つのこと 探検しつづける気持ちの大切さ、 そして同時に、 自分の軸から目をそらさないことの大切さです。 このコンパスの図柄が気に入っていたのは この2つのことが1つのシンプルな絵に 表わされていると思ったからです これが永久に記憶をとどめてくれるのではないかと思ったのです。

まあ、その通りでした。 ただ結果として、期待したのとは違って 別のことを繰り返し思い出させてくれます。 思い出させてくれるのは 後悔が教えてくれるいちばん大切なこと それは人生が教えてくれるいちばん大切なことでもあります。 皮肉にも、タトゥーとして体に刻みたいほど とても大切なことだと思います。 作家としてだけでなく、 単にひとりの人間として。 それというのは、 目的があって 夢があって、 ベストを尽くそうとするなら、 そして人を愛し その人を傷つけたり失いたくないと思うなら、 うまく行かないときに痛みを覚えるのは当然です。 大切なのは後悔しないで生きることではなく、 後悔する自分を嫌いにならないことなのです。

最終的に私がタトゥーから得た教訓を 今日、みなさんと共有して お別れしたいと思います。 自分が生み出す 欠点のある完璧でないものを 愛しましょう それを生み出してしまう自分を許しましょう。 後悔が思い出させてくれるのは、失敗そのものではなく 自分次第でもっと良い結果を出すこともできたのだ、ということです。

ありがとうございました。

(観衆 拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画